2016-10-23 08:40:45 更新

概要

機密裏で作られていたエヴァ4号機。

そのパイロットの悲劇の物語


前書き

はじめまして、Rinと申します。

エヴァ4号機の存在を最近知りました。

なんとなく、かいてみたくなっちまったんですよ……










「最終電源接続完了。シンクロに入ります。」

「了解。」








「「「バギャッ」」」


「変です!エヴァ本体より高エネルギー反応!」

「何!?修正しろ!今すぐだ!」

「無理です!こちらからの指示がブロックされています!」

「エントリープラグ射出して!」

「出来ません!」

「プラグ震度、間もなく200です!」

「まずい!」










何故か俺は研究所みたいなとこにいる。


周りが慌ただしい。


周りにある変な機器が危なそうな雰囲気を醸し出す。


エヴァとは今俺がいる所だろうか。


……死ぬのか?



そう思ったあたりで

辺りが白い閃光に包まれ、

記憶が飛んだ。


後書き

そのうち増やす(あくしろよ)


このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください