2017-01-24 13:18:23 更新

概要

一応オリジナル。
メンタルは紙、だが修復は速い。(自称)
誤字沢山、中二病ぽい。


前書き

俺が嫌いなものは、奪うもの。
次に嫌いなものは、奪われた物を取り返そうとしない者。
俺は、奪い返して欲しいと頼まれればどんな手段を使おうとも取り返す。
俺は、執行者。
どんな願いも叶えるものなり。


[依頼、襲来]


「フー、やっぱりタバコはマズイな。」


コンコン


「入れ。」


『お、お邪魔します。』


「依頼かな?」


「は、はい!」


「何を願うのだ?」


「実は、詐欺のせいで家族を失いました。」


「家族ですか。」


「依頼は、家族を取り戻す事か?」


「違います、取り戻したいのは彼氏との関係です。」


「彼氏との関係ですか...。」


「構いませんが、詳しい事情を伺いますがよろしいですか?」


「彼が戻てきてくれるなら、何でも話します。」


十分後


「分かりました、1週間後に此処にいらしてください。」


「ありがとうございます。」


「(久しぶりの仕事は、関係の修復か...)」


「さて、仕事を始めようか。」



[依頼の遂行と報酬]


「まずは手始めに、彼氏さんを探そうか。」


『名義検索』


{名義検索・・・探したい人の現在地を調べる能力}


「検索、完了」


「現在地は○○県○○市○○町か。」


「とりあえず向かうか。」


『速度上昇Ⅴ』




~○○県○○市○○町~


「到着。」


「『簡単転移』発動」


{簡単転移・・・近い範囲を瞬間移動する事ができる能力}


「・・・」


「・・・・・」


「・・・・・・・」


(今日も辛い一日だったな。)


(今度の休みいつだっけ?)


(青華は今頃どうしてるのかな?)


「そこのお兄さん♪」


「俺ですか?」


「そうです、あなたです!」


(なんだろうこの子?)


「実はですね、あるお方の依頼で貴方を拉致しに参りましたー」


(今なんて言った?拉致て言ったよね拉致て)


(逃げよう、早く逃げなきゃいけないのに足が動かない)


「おい、何やてんだミーシャ」


「お、お久しぶりです氷山(ひょうざん)さん。」


「すいません、佐賀 信波さん。」


(何なんだこの人。)


「こんばんは、信波さん。」


「私は氷山 残夜と申します。」


「残夜さんは、俺に何の用でしょうか?」


「青華さんが、貴方に会いたいと依頼を受けまして此処に参りました。」


「青華がですか。」


「そうです、来てもらえますか?」


「分かりました、でも明日も仕事があるのでまた今度にします。」


「その件に関しては私がどうにかしましょう。」



翌日


「残夜さん、なんですかこれは」


(大量の札束)


「札束ですが何か?」


「すごい量の札束ですね、氷山さん」


「ミーシャはなぜ居るんだい?」


「氷山さんと子作りするためですよ。」


「帰れ。」


「氷山さんの子作りしましょうよ!」


(何この二人イチャイチャしてんの)


「ミーシャ、来週のこの時間に来い。」


「!?はい、分かりました氷山さん!」




後書き

更新は毎週火曜日、時間未定。


このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください