2016-12-30 00:27:52 更新

前書き

既作品大分終わらせたので、時事ネタを…


元帥「いやぁ、突然呼び出してすまないね…」



提督「いえ、お気になさらずに。それで、用件とはなんでしょうか?」



元帥「君は、◯×鎮守府を知っているよね?」



提督「はぁ、まぁ…ブラック鎮守府…でしたっけ?」



元帥「そうそう、提督は艦娘に殺されちゃったやつ」



提督「あまり良い話じゃないので思い出さないようにしていたんですが…」



元帥「すまないね。だけど、今回の用件にはそれが大きく…」



提督「言っておきますが、艦娘は引き取りませんから」



元帥「…いやぁ、良く分かったね」



提督「はぁ…お言葉ですが、確かに私はブラック鎮守府が大嫌いです」



提督「艦娘をモノとして扱う人を軽蔑します。ぶっ殺したいくらいです。しかし、否定はしません」



提督「人が何に対してどう思うかなんて一々突っ込んだらキリがないですからね」



提督「だから私は、自分の見える、手の届く範囲だけを、私の望むように変えました」



提督「結果、ホワイト提督だとか穏健派だとか色々言われるようになりましたが…」



提督「私の思想なんて、ブラック鎮守府が一番だと思ってる人とさして変わらないんですよ」



元帥「あぁ、すまない。気分を損ねたのなら謝るよ…」



提督「提督の管理下でない艦娘は解体。それを定めてるのは貴方々じゃないですか」



提督「可哀想だと思うなら、元帥ならどうにかできるでしょう」



元帥「じゃ、じゃあせめて今やってるキャンペーンに参加してくれないかな…」



提督「なんです藪から棒に…」



元帥「恵まれない艦娘達にプレゼントを配るって言うやつなんだけど…」



提督「悪ふざけですか?」



元帥「い、いや、本当に!!」



元帥「実際これ、毎年やってるから!今人手が足りないのよ!」



元帥「それに、私的には、これで少しでも君の気が変わってくれれば…」



提督「変わる訳がないじゃないですか…ま、行くだけ行きます。そこまで断る理由はありませんしね…」



元帥「そうか…そうだよね」シュン



元帥「いや、引き受けてくれてありがとう。感謝するよ、場所は…」



提督「どうせ◯×鎮守府ですよね。任せてください。では、これで」ガチャ



元帥「よろしく頼むよ~…」















提督「と言う訳で今日の夜はその鎮守府に行ってくるから」



大井「そうですか…分かりました」



提督「元帥にも困ったもんだよ…全く」



大井「…あの、提督」



提督「うん?」



大井「その…鎮守府の艦娘は…」



提督「…なぁ、大井」



大井「…はい」



提督「俺はな、できそうに無いことは諦めてるんだ」



大井「…」



提督「本当は救ってやりたいさ。今すぐにでも飛んでいって、助けてペロペロ…じゃなかった、まともな生活をさせてやりたい」



大井「…」



提督「けど多分無理だ。資源が足りなくなるし、人数が増えればそれだけ仕事も増える」



提督「そうなったら、迷惑をかけるし、仕事が増えればミスも増える。最悪、何かしら取り返しのつかないことになるかもしれない」



大井「…はい」



提督「俺はそんなことは嫌だ。だから、目の見える、手の届く範囲だけは絶対に助ける。例えば、大井、お前とかな」ナデ



大井「…然り気無く触らないでください。不愉快です」



提督「ひどい」



提督「…じゃあ行ってくるから」ガチャ



大井「…行ってらっしゃい。どうか、お気をつけて」



















ー◯×鎮守府ー



提督「よし着いたか…」



提督「でかっ…ブラック鎮守府ってなんかでかいんだよなぁ。いやもう、嫌になっちゃうよ…」



提督「サンタクロースのコスプレ…暑いな…」



提督「プレゼントの袋を持って…」ヨッコラセ



提督「さて、良い娘にプレゼントを配りに行くか…」












提督「…」コソコソ



提督(…泥棒にでもなった気分だな)



提督「とりあえず、片っ端から扉を開けて、中を見ていくか…」ガチャ











提督 ヌキアシサシアシ



提督「…ここは…誰の部屋だ…」ソーッ



響「Zzz…」



提督「暁型…か。駆逐艦、響…」



提督「生憎俺の鎮守府には居ない…姉妹艦が居る筈だが…?」キョロキョロ



提督「…いないんだよなぁ」



提督「プレゼント、何が欲しいかだけ確認するか…」



提督「えーと…紙かなにかが…どこかに…」



提督「…テーブルの上に小さなクリスマスツリーがあるな」



提督「その横に…なんだこれ…暗くて見えない…」



提督「…」チラッ



響「…」



提督「寝てるな…ペンライトで…」カチッ



提督「…!これは…」



提督「写真…暁型の四姉妹…電、雷、暁…」



提督「この風景は…この部屋か…!」



提督「一先ず置いておいて…」



提督「紙はない…どういうことだ…?」



提督「…写真」



提督「…あっ」



提督(うわあああああああヘビー過ぎるだろぉ!やめてくれぇ!?)



提督「無理だよ!サンタクロースでもそれは無理だよ!!サンタ苦労すだよ!!!」



響「んっ…」



提督(やべっ!)ピタッ



響「…」



提督(…起きてない。取り合えず…このサンタの人形でも置いておこう…)スッ



提督(この気不味い空間から早く脱出…)



響「…」ポロポロ



提督(…泣いてる?)



提督(…起きていて…全部聞いていたのか…?)



提督「…」ガチャッ



響「…グスッ…やっぱり…無理だよね…ヒグッ…」ボロボロ











提督「…俺もう帰りたい」



提督「…ただ、引き受けたからには最後までやらないとな」



提督「次はこの扉だ」ガチャ











提督「…」ソーッ



長門「Zzz」



提督「戦艦長門…プレゼントをねだるようには思えないが…一応…」ガサゴソ



提督「おっ、またツリーだ…これが目印なのかな?」



提督「ん…紙があるな…何々…」



サンタ殿へ 可能であれば私達に、少なくとも解体という処分を下されない境遇を与えて欲しい。不可能であれば、私はどうなってもいい。せめて、駆逐艦の彼女らを助けることは出来ないだろうか。朗報をお待ちしている



提督「なんだこのくっそ丁寧な字…」



提督「また重いし…胃が痛くなるな…」



長門「Zzz」



提督「…すまないが…君達を助けることは出来ない…」



提督(…こいつもサンタの人形でいいか)













提督「次はこの扉…」ガチャ



提督「…鬱になりそう」












清霜「Zzz…」



提督「夕曇型…清霜だったか…」



提督「普通なら戦艦になりたいとかくださいとか…いや、また写真のパターンも…」ガサゴソ



提督「ん…紙だ…」



提督「えーと…戦艦…」



提督「…武蔵さんを返してください?」



提督「あぁ…提督を殺した罪で軟禁状態の…」



提督「…頼むよ…プレゼントは…モノで…頼むよ…」



提督(サンタの人形で…)スッ
















提督「あー、俺の良心が…いや、俺はここの鎮守府の提督じゃない。関係ないんだ…」



提督「次はここ…」ガチャ











提督「おじゃましまーす…」



提督(さて、紙はどこだ?)



??「トイレ…」スクッ



カチッ



提督「うぉっ、まぶしっ」



北上「 」



提督「あ」



北上「 」



提督「…どうも、サンタデース(裏声)」



北上「 」



提督「…アイムサンタ、ワッツユアネーム?」



北上「…」



提督(終わりだ…仲間を呼ばれてリンチにされるんだ…)



北上「…北上」



提督(おっ?いける?)



提督「ホーホーホー!北上さんは何が欲しいのデスカ?」



北上「…何でもいいの?」



提督「オーケデス!ワットエバー!!」



提督(流石にねぇ、サンタ本人に無理難題は…)



北上「…私…いや、私達に…」



提督「ハーイ」



北上「…提督ください」



提督「はい?」



北上「…や、やっぱ、無理か…」シュン



提督「…」



北上「あの…サンタさん…話だけでも聞いてくれないかな…」



提督「い、いいですよ(素)」



北上「ここの鎮守府さ…元々提督居たんだけど…」



北上「…はっきり言ってクズでさ…戦艦や空母には成果を挙げないと補給させなくて…体罰は当たり前だし、口では滅茶苦茶に言ってたし…」



北上「小型艦の奴ら…駆逐艦とか巡洋艦には補給無しで遠征行かして、限界になったら沈むまで壁にするか、爆弾持たせて特攻させるような奴で」



提督「…」ギリ



北上「…私的には、もう爆弾でぶっ飛んで、楽に沈んだ方がいいなって感じだったんだけどさ…」



提督「…?」



北上「…いや、私達ってさ…吹っ飛べないんだね…」



北上「こう…艤装って奴にダメージいくだけで、私達にダメージないのよ…」



北上「艤装が限界迎えると、私達は沈んで」



北上「…沈む時ってゆっくり沈むの…身体は無傷で、ゆっくりと…海の中に…」



北上「助けたいんだけど、こっちもそんな余裕ないし…」



北上「その、沈む時の顔…見たことある?…忘れられないよ…助けて、って聞こえるんだもん」



北上「でもさ…口では…構わないでとか…生き残ってねとか…私だったら、絶対そんなこと言えないし…」



提督「…」



北上「その提督…武蔵さんっていう戦艦の人がついに耐えかねて殺しちゃって…」



北上「武蔵さんは連れてかれて…これでお前達は助かるとか言ってくれてたけど…」



北上「結局…ここ、訳ありの鎮守府って扱いになって、着任する提督いないから…」



北上「私達…解体されちゃうかもしれないんだ…」



北上「ははは…私達ってさ…なんのために…」ポロポロ



提督「俺が提督になる」



北上「へ?」



提督「あっ、私が提督になるデースヨ!」



北上「…ほ、本当に?」



提督「ホーホーホ、サンタが嘘ついたら全世界の子供に顔向け出来ないネ!霜焼けはたまにデキルケド!ハッハッハ!」



北上「…そ、そう…」ヒキギミ



提督「…嘘じゃないデスヨ!これは約束の証です!!」スッ



北上「なにこれ…人形…?」



提督「はい!皆さんに配っていマース!約束を果たした時、その人形を返して貰いマス!」



提督「それまで、その人形は大切に持っていてくだサイネ!」



北上「…信じていいの?」



提督「サンタに不可能はナッシング!」



北上「…分かった」



提督「じゃあ、私は他の娘のお願いを見るのでもう行きマース!」



北上「…ありがとう。サンタさん」



提督「グッバイ!」ガチャ



シーン



北上「…」



カチッ



北上「…」モゾモゾ



北上「…変な夢だなぁ」



北上「…目が覚めたらトイレ行かなきゃ…」



北上「Zzz…」














ー提督の鎮守府ー



提督「…」ガチャ



大井「あら、お帰りなさいサンタさん」カキカキ



提督「…」スタスタ



大井「サンタさん。大本営にプレゼントしなければいけない書類の準備が未だですよ」スッ



提督「大井さん…タさん」



大井「良い子じゃないのでプレゼントはありませんし、ちっともうまくありません」



提督「助けてください…」



大井「はぁ?」













大井「サンタとして約束してきちゃったんですか?」



提督「はい…」



大井「私達の提督ですよね?それとも、彼方の鎮守府に異動するんですか?」



提督「無理だよ…あんな話聞かされたら…見捨てられないよ…」ウズクマリ



大井「数時間前の台詞は何処へ…」ヤレヤレ



大井「はぁ…元帥殿と相談してきてはいかがですか?」



提督「…うん」



大井「全く…責任取れそうにない約束をなんでしてきちゃうんですか…」プンプン



提督「…すいません」



大井「はぁ…」



大井「まぁ、ちょっとこっちに来てください」



提督「…?」



大井「…」ギュ



提督「!?…お、大井?」



大井「…ありがとうございます。部下としてはあれですが、艦娘として素直に嬉しいです」



提督「…」



大井「私に手伝えることはなんでもするので、言ってくださいね」



提督「…大井」ジーッ



大井「…提督」/// ウルウル



















提督「やっぱおっぱいでかいね」



大井「死ね」














提督「…と言うことなんです」ボコボコ



元帥「いや、馬鹿でしょ?」



提督「はい…後先考えずにあんな約束をしてしまい」



元帥「ちげーよ、最後ら辺だよ」



提督「…?」



元帥「マジかよこいつ…」



元帥「ねぇ、大井君のことどう思ってる?」



提督「えーと…優しく、頼れる部下だなぁと」



提督「今の私があるのも、彼女のお陰だと言っても…」



元帥「うん…で、なんだっけ?」



提督「いや、おっぱいがね、でかいんですよ。本当に」



元帥「なんでさぁ、その話になるかな!」



提督「はぁ」



元帥「直前まで超シリアスじゃん!ブラック鎮守府の娘達助けるんでしょ!?で、大井君がどんなことの力にもなるって言ってくれて!」



元帥「それで!?おっぱいでかいね?」



提督「いえ、当たり前すぎで気がつかないことがあるじゃないですか…」



元帥「そのタイミングで言わなくてもよかっただろ!?」



提督「はぁ…」



元帥「…もういいよ。とりあえず、提督が複数の鎮守府に着任するっていうのは認められてないから」スッ



提督「?…この紙は?」



元帥「特別発行、提督代理証明書」



元帥「ブラック鎮守府には君がサンタ(笑)として着任、君の鎮守府の準備が整うまでの期間、君の鎮守府には大井君にでも代理で管理してもらうといい」



提督「ありがとうございます!」ダッ



元帥「はぁ…ブラック鎮守府の提督の方が言動はまともかもしれない…」



元帥「…まぁ、彼みたいな人ではないと、完全なホワイト鎮守府は成り立たないのかもしれないな」

















提督「大井、見てくれ!」バッ



大井「急になんですか?」



提督「提督代理証明書だ!」



大井「代理証明書…ですか」



提督「これで、あちらの鎮守府に向かうことは出来るようになった!」



大井「…で、誰が代理するんですか?」



提督「…」



大井「あなたの仕事量、控えめに言ってもブラック鎮守府よりブラックなんですから」



大井「多分、代理の方ぶっ倒れますよ」



提督「…」



大井「ちょっと!都合が悪くなったら黙らないでください!そんなこと許されるのは幼稚園児までですよ!!」



提督「大井…たすけて…」



大井「はぁ!もう!貴方って人は!」



大井「いいですよ!やりますよ!でも、貴方の為じゃありません!あちらの鎮守府の為ですからね!!勘違いしないでください!」



提督「大井…」



大井(おっぱいの次はなんだ…)















提督「ありがとう。普段は恥ずかしくて伝えられないけど、今日は伝えるよ」



提督「いつもありがとう。どんな時でも、俺を支えてくれて。この鎮守府と、俺が俺としてが成り立ってるのは間違いなく君のお陰だ」



提督「毎日秘書艦を任せてすまない。知っている。他の鎮守府は秘書艦は交代制だ。だが、俺の勝手な都合で、君に一任している」



提督「だが、君は文句の一つもなく黙々と作業をこなしてくれている。しかも一切のミスがない」



提督「正直、俺自身、君の能力の高さに驚いている。大本営に推薦しようかと考えた程だ」



大井「あーーー!ストップ!!止めてください!!」///



提督「えっ!?」



大井「早く行ってください!貴方の戯言なんて聞きたくありません!業務に差し支えます!!」ゲシゲシ



提督「いたっ!痛いよ!大井!まだ話が!!大井ーー!!」ガチャ バタン



大井「ハーッ!ハーッ!」///



大井(わ、私…ちょろいのかしら…)///















提督「と言うことなんです…」



伊58「とんだのろけ話でち…」



加賀「流石に気分が逆撫でされます」



扶桑「羨ましい…幸だわ…」



摩耶「大井が可哀想で仕方ねぇよ…」



那珂「那珂ちゃん的には~、提督鈍感すぎだって思うなっ☆」



陸奥「あらあら~」



提督「散々な言われようだ…」



提督「…とにかく、これからサルベージ作戦を行いたいと思います!」



提督「あっちの海域にて!沈んだ艦娘をゴーヤが回収!その間、海面は俺達がカバー!扶桑は絶えず情報を伝えること!」



扶桑「お任せください…航空戦艦の力…」



摩耶「俺達って…お前なにもしないだろ…いつも言ってるけど、危険だから来るなよ」



扶桑「あの…私…喋って…」



提督「まぁまぁ」



扶桑「…不幸だわ」



加賀「馬鹿につける薬はありません。死ななければ治らないとも言います。今更言っても無駄でしょう?」



加賀「しかし、提督が居た方が私達の気が引き締まるのも事実」



加賀「油断と慢心は一番の敵です」



那珂「加賀さんが言うと説得力が違いますね☆」



伊58「止めろでち。煽るなでち」



提督「兎に角出発!」















伊58「一人目でち!暁型でち!!」ザボン



提督「よし!船に乗せてくれ!!」



摩耶「あらよっ!そっちからも頼むぜ!」



提督「あぁ!」ガシッ






提督「駆逐艦暁…」



提督「おい!しっかりしろ!」






提督「…ねぇ、どうすればいいの?」



伊58「決まってるでち。人工呼吸でち」



提督「え?」



伊58「さっさとするでち。次が来るでち!」ザボン



陸奥「女の子には優しくね~?」



提督「え、ええ…」



摩耶「なにもしてないんだから、それくらいはやれるだろ」



提督「でもさ…子供に口つけて…息ふきこむってさ…」



加賀「まどろっこしいですね。退いてください、私がやります」グイ



提督「うおっ…か、加賀…」



加賀「駆逐艦の娘に変な気を起こしてもらったらたまりませんからね」



提督「そ、そんなことは…」



加賀「ヤバイと思ったが覚醒して性的欲求がブレーキを上回った…」



提督「混ぜるな注意」



伊58「ほら次でち!さっさとしてほしいでち!」ザボン










伊58「もう居ないでち!」ザボン



提督「よし!」



加賀「全員に処置を済ませたわ。でも、大破状態で意識不明。とにかくすぐに入渠が必要よ。とびっきり(資源的な意味)のね」



提督「引き上げよう!扶桑!敵影は!?」



扶桑「見当たりません!」



提督「運も味方してくれてる!きっと皆助かる!全速力で鎮守府に帰投!」














サンタ(提督)「…」



摩耶「なんだその格好」



サンタ「諸事情だ…」



摩耶「お前どんな罰があたることをしてきたんだ?」



サンタ「諸事情だ…」



明石「全員の入渠終わりました!息を吹き返しましたよ!」



サンタ「そうか!…よかった…」



明石「ただこれみてください!」



サンタ「ん?」



資源四項目全て0 高速修復材 0 開発資材 0



サンタ「あ^~あ^~…イクッ…」(昇天)



明石「沈んだ艦娘を無理矢理サルベージするからですよ!我が鎮守府の経営は火の車です!!」



摩耶「…でもな、誰もお前は責めないぜ。むしろ褒め称えるよ」



明石「それには同感です!」



サンタ チ~ン



摩耶「ハハッ、聞こえてないか…」



間宮「提督~!」タッタッタッ



サンタ「…なん…ですか…」



間宮「あっ、あの!医務室にいる娘達なんですけど!!」



サンタ「…は…い…」



間宮「食べさせてあげていいですか!?すっごく痩細ってて…」



サンタ「ヤメテ…ヤメテヤメテヤメテ…」



摩耶「おう!いいって言ってるぞ!」



間宮「!…ありがとうございます!すぐに準備しますね!!」



サンタ「俺チンカスに…俺チンカスだった…」



明石「大井さん怒るでしょうね~」



摩耶「まぁ、提督のことだし…いつも通りだし!」



明石「そうですね!」














大井「…で、どのくらいの期間あちらの方へ?サンタさん」



サンタ「1日だけ…こっちの建築物の増設が終わるまでにしたいけど…可哀想だし…」



大井「はぁ…資金、資源、食糧。全部を使っていくとは…部下泣かせですね…」ヤレヤレ



サンタ「すいません…」



大井「まぁ、いいですよ。私も、今回の件に関してましては仕方がないと思ってますし」ニコッ



大井「それに、最初にそう望んだのは私ですからね…ここまでされるとは思いませんでしたが」



サンタ「…」



大井「…寧ろ、申し訳ないとも感じます…資金面では、貴方が全て負担しているそうですね…それも、向こうの鎮守府の方まで…」



サンタ「…まぁ、皆を食べさせる程度の見通しはついてるから」



大井「提督はどうするんですか?」



サンタ「雑草って食べられるらしいよ」



大井「…何が提督を、そこまで駆り立てるんですか?」



提督「…どういうことだ?」



大井「ホワイト鎮守府を一貫することに、どんなメリットがあるんですか?」



提督「皆が笑顔、幸せ」



大井「…それだけ?」



提督「あぁ、それ以外に何かあるかな」



大井「…」



大井「…提督のせいで、私はしかめっ面ですけど」



提督「ごめんなさい」



大井「…いいですよ。ですから、早く行って来てあげてください。サンタさん」



サンタ「あぁ、分かった」



大井「…ありがとうございます。提督」

















響「…可愛い人形だ」



長門「あぁ…さんた殿は一応来てくれたようだな…」



清霜「…」



北上(やっぱ、夢だよねー)









ホーホーホー!!



長門「!…なんだ!不審者か!?」



サンタ「メリークリスマース!!」



響「…不審者だね」



サンタ「ノーノーノー!見て分かんないのデースカ!?」



清霜「…不審者」



サンタ「オーウノッ!ジャパンの人は手厳しいデース!」



北上「…酷い冷やかしだね」



サンタ「違いますよ北上さん!約束を忘れたのデスカ?」



北上「…」



サンタ「信じてませんねー?ですが!現実です!」



サンタ「私は!ここの!提督になりました!!」パッ



北上「帽子…」



長門「そんなもの、似せて作ればどうにでも…」



サンタ「そうですか…ならこれを見てください!階級章入りの提督服デース!」バッ



響「!」



清霜「嘘…」



サンタ「嘘ないデース!サンタに不可能はありまセン!」



北上「…信じられない」



サンタ「イエス!サンタに常識は通じまセン!」



サンタ「さぁ!約束を果たしました!北上さん!人形を返してください!」



北上「あ…はい…」スッ



サンタ「グッド!ちゃんと持ってましたネ!」



清霜「あ…」



清霜「じゃ、じゃあ…サンタさん!」



サンタ「ん?」



清霜「む…武蔵さんは…?」



サンタ「…」



提督(しまった!…忘れてた…)



サンタ「んー…チョトマテ」



サンタ「…えーと…」



清霜「…や、やっぱり無理ですよね…」



サンタ「!そんなことナイヨ!常識通じないカラ!!」



清霜「!…本当ですか!?」



サンタ「本当!サンタ嘘つかない!」



サンタ「…だから、待ってて。良い子にしていれば、必ず願いはかないマス!かなえマス!」



清霜「うん…!分かりました!」



長門「…さんた殿」



サンタ「ん…?」



長門「さ、先程は失礼した…私の方からの願いも、かなえてくれて感謝する。人形だ」スッ



サンタ「おぅ、そうですか!それはよかったデス!」



提督(そう言えば、彼女の願いはそうだったな)



響「…」シュン



サンタ「おーっと!そこのあなた!暗いネ!夜道より暗いヨ!」



響「…」



サンタ「貴方の次の台詞は、やっぱり沈んだ人は戻ってこないね…デス!」



響「やっぱり、沈んだ人は戻ってこないね…」



響「…っ!どうして!…」



サンタ「ふっふっふっ…不可能はないと言いマシタ…いずれ、会うことができマース!」



響「ほ、本当に!?」



サンタ「えぇ…しかし今ではありません…待てマスカ?」



響「あぁ、待てるさ!」



サンタ「いい子デス…では皆さん、本題にハイリマース」



サンタ「残念なことに、私は明日で消えなければいけません…」



北上「えぇっ!?」



サンタ「ノープロブレム!サンタは友達作ったネ!イケメン!いい人ヨー!」



サンタ「その人に、貴方達任せマス!」



長門「し、しかし…その提督に問題がないとは…」



サンタ「信じてあげてください!彼はいい人ヨ!」



響「サンタがそこまで言うなら…私は信じるよ…」



清霜「うん…」



北上「まぁ、正直、前より酷い奴は考えづらいけどねー」



長門「…それもそうだな」



サンタ「アリガトー!じゃあ、サンタ最後の仕事あるから!今日の夜だけ耐えてね!お願いネ!」



北上「はーい」



長門「分かった…」



清霜「うん…」



響「…」
















響「…」スッ



写真



響「…姉さん」ポロッ



響「…」ゴシゴシ



響「…夢じゃないよね?」



響「…お休みなさい」



響「…Zzz」












清霜「武蔵さん…やっと会える…」



清霜「…」



サンタ『いずれ会うことができマース…』



清霜「わ、私も入ってないかな…」



清霜「…」



清霜「お休みなさい…」



清霜「Zzz」










長門「…」



長門「…助かった…か…」



長門「だが、本当に…」



長門「…寝るか」



長門「…Zzz」










北上「…」



北上「考えても仕方ないか」



北上「…Zzz」















提督「お願いします!武蔵をください!!」



元帥「いいよ」



提督「そこをなんとか!…え?」



元帥「いや、いいよって」



提督「本当ですか!?」



元帥「うん。彼女なにも悪くないし」



提督「いやぁ、話せる人ですね!!」



元帥「…ただねぇ、彼女がついていくかと言われたら…」



提督「…?」



















ー地下牢獄ー



武蔵「断る」



武蔵「閉じ込めたのは貴様ら、原因を作ったのも貴様らだ」



武蔵「今度は出てこいだと?嘗めるのも大概にしてほしいものだな」



提督「清霜という駆逐艦が、君の帰りを待ってるんだ!」



武蔵「!…こうなったのは何故だ!!お前達人間のせいだろうが!!」



武蔵「そちらの勝手な都合で!一々動いていたら霧がないだろう!!」



武蔵「フーッ!フーッ!」



提督「…」



元帥「…無理だよ、提督君。こればかりはね」



元帥「いいじゃないか…キツい言い方だが、たかが一人の駆逐艦の娘の願いだ。事情を話せば納得して、諦めてくれる…」



提督「…なら、どうすればいいか教えてくれ」



武蔵「帰れ」



元帥「提督くん…」



提督「何でもする覚悟はできている!引っ張っていく覚悟もな!」



武蔵「ほう…この武蔵、嘗められたものだ」



元帥「提督君!」



武蔵「そうだな、じゃあこんなのはどうだ?」



武蔵「その階級章が記された立派な服を燃やしてみろ!」



元帥「提督、命令だ。帰るぞ」



提督「…」



武蔵「どうした?やはりできないか?今までの苦労が台無しだものな?肩書き程度に固執し、私達に目もくれず…」



元帥「階級章の再発行は無理だ!そんなことをしたら!私は君から全て剥奪しなければいけなくなる!」



元帥「提督君!帰ろう!」



提督「…それ…だけ…」



武蔵「それだけは無理、か?」



提督「それだけでいいのか?」



武蔵「は?」



提督 ヌギッ



武蔵「おい」



元帥「提督君!何してるんだね!!」



提督「すいません元帥」ゴスッ



元帥「うっ…」バタリ



元帥「やめ…やめたまえ…提督君…」



提督「…」ボッ



武蔵「ふ、ふっ…誰だって火をつける位できるさ…」



提督「そっちに投げるぞ。ほい」ポイッ



武蔵「…!」



提督「檻の中だ。こっちは何も出来ない」



服 パチパチ…



武蔵「…」ジロッ



提督「安心してください。本物ですよ」



武蔵「そ、その様だな…」



服 ボーッ



武蔵「…おい、そろそろ火が強くなるぞ…消しにこい」



武蔵「血迷うなよ?まだ、間に合う」



提督「いや、燃え尽きるのを待っているんだが…」



服 ボーーッ



武蔵「おい!お前!提督だろ!?階級がなくなれば提督として終わりだ!」



提督「そうだな」



武蔵「消しにこい!お前の鎮守府の艦娘に迷惑がかかるんだぞ!!」



提督「まぁ、納得してくれるさ」



武蔵「…くそっ!腹立だしい!」ガシッ



武蔵「ふんっ!」ブンッ



炎 アッ 消火



提督「…」



武蔵「…」



武蔵「一つだけ聞こう」



提督「あぁ」



武蔵「本当の目的は?」



武蔵「たかだか駆逐艦一隻のために…階級章を燃やすとは思えない」



武蔵「この武蔵に…何を求める?」



提督「清霜って言う娘のために」



武蔵「それは先程聞いた!本当の目的はなんだとして聞いている!」



提督「んー…特に…ないな…」



武蔵「…ふざけているのか?それとも、ここでは言えないような事なのか?」



提督「…?」



武蔵「なんなんだ貴様は…」



元帥「…武蔵君。彼は本当に、心の底から清霜君との再開を望んでいるんだ」



武蔵「!…お前!何故意識が!」



提督「いやぁ、迫真の演技でしたね元帥殿」



武蔵「…!騙したのか!?」



元帥「いや、階級章を燃やした辺りは本当に驚いたよ」



元帥「断っておくけど、君が折れなかったら本当に階級章は燃え尽きたし、再発行する気もなかった」



武蔵「…もし折れなかったら、彼の処遇は?」



元帥「まぁ、そこまでの男だったんだなと言うことで…どうしたんだろうね」



武蔵「…」



提督「それで、結局来てくれるのか?」



武蔵「…」



武蔵「はぁ…まぁ、言ったことは守らねばな…」



提督「…感謝する」



元帥「で、どーするのその黒焦げの服」



提督「えーと…階級章に傷はないんで…」



提督「…黒い提督服ってありですかね?」



元帥「…ホワイト鎮守府のブラック提督か…おもしろいね」



提督「別にそこまで深い意味は…」
















サンタ「車から降りてください!ここデース!この鎮守府です!」



北上「んしょ…」



響「…あまり大きくないね」



長門「あぁ、突貫工事が行われている」



清霜「本当に大丈夫かな…」



サンタ「…そこまで言わなくても」



北上「?」



サンタ「おっと!では皆さんお別れデス!提督の元へは皆さん自信へ向かってクダサイ」



サンタ「あと…これはお返しシマス」スッ



響「人形…何故だい?」



サンタ「結局、私はなにもしてないカラネ…」



サンタ「北上さんの提督にもなれなカッタ。君達を救うのはサンタジャナイ。武蔵さんにもまだ会わせられてイナイ」



サンタ「サンタ何もシテナイネ」



長門「さんた殿…」



清霜「サンタさん…」



北上「…また、会えるかな」



サンタ「えぇ!サンタはいつでも見てます!クリスマスまで待ってテネ!」



サンタ「じゃあね!グッドバイ!」ブーン



清霜「ばいばーい!」



響「さよなら…」



長門「…泣いてなんかいないぞ…」グス



北上「…ばいばい、サンタさん」















青葉「どもっ!恐縮です!青葉です!」



青葉「4人纏めて撮りますね!笑って笑ってー!!」



パシャ



青葉「ありがとうございました!執務室は奥を左に曲がって右に…」











北上「ここが…」



長門「執務室…か…」



響「…」ゴクリ



清霜「…怖くない怖くない」ブルブル



北上「おっと、落ち着いてねー」ナデナデ



清霜「!…ありがとうございます…」



北上「…開けるよ」ガチャ













黒提督「…」



大井「…」



北上「…」



響「…」



清霜「…」



長門「…」



清霜(服が黒いです…怖いです…あれ?)



長門(…下には更に下がいるのか。イケメンでもない…さんた殿…ん?)



響「…?」



北上(…!)



黒提督「私がここの提督だ」



大井「…」



黒提督「君達が、あのブラック鎮守府から異動してきた艦娘だね?」



長門「…フッ」



清霜「…クス」



響「…ツ」



北上「…クスッ」



黒提督「…どうした?何がおかしい?」



大井「…サンタさん、多分バレてますよ」ボソッ



黒提督「えっ…何が?」ボソッ



大井「自分で考えてください」



黒提督「うーん…」



黒提督「…えーと…自己紹介…俺はこの鎮守府の黒提督…」



長門「すまない、自己紹介とは初めて会った者同士がする事だと思うのだが…」



黒提督「え、えーと…なんの事か…」



北上「変装も演技も下手すぎだったよ。はい、これ」スッ



響「…」スッ



清霜「どうぞ!」スッ



長門「言葉は不要…」スッ



黒提督「わ、わぁ…かわいいサンタの人形だな!」



大井「提督」



黒提督「はい?」



大井「演技はいいのでさっさと再開させてあげてください」



黒提督「…分かりました」



北上「ひょー…大井さん言うねー…」



大井「大井っちでいいですよ…北上さん…」ニコッ



北上「…じゃあ、大井っち。よろしくー」



黒提督「あ、球磨型初めての姉妹艦になるな」



大井「提督」



黒提督「はい!分かりました!案内します!」










響「あ…あぁ…」



暁「あっ、響!よかった!沈まなかったのね!!」



雷「一人で堪えてたみたいね!お姉ちゃんがいいこしてあげるわ!」



電「また置いていってしまったのです…申し訳なかったのです!」



響「うわあぁぁん!!」ダキツキ



暁「そ、そんなに泣いたら駄目よ!レディとしてよろしくないわ!」ナデナデ



雷「一人でよく頑張ったわね!えらいえらい…」ナデナデ



電「な、泣き止んでほしいのです!」ナデナデ



響「姉ざん!会いだかった!ずっと!!」ギュゥゥ



暁「…ごめんね。置いていって」ナデナデ



雷「もう大丈夫よ!ここの司令官はすっごく優しいんだから!」ナデナデ



電「これからは仲良く四人一緒なのです!」ナデナデ



響「うん…うん!」ギュュゥ









黒提督「…良い娘達だな」グスッ



大井「なに泣いてるんですか気持ち悪い…」



黒提督「ダメかな」



大井「泣くならこれ見て泣いてください」



黒提督「ん…何々…何これ…」



大井「私が見積もった平均資源、食料消費量です。日計算です」



黒提督「…これ月単位じゃないの?」



大井「艦娘を増やし過ぎですよ」



黒提督「あ^~…アッ…イクッ…(昇天)」











清霜「武蔵さん!」



武蔵「久しぶりだな!元気にしていたようで何よりだ!」



清霜「よかったです!」ギュ



武蔵「あぁ、あの提督には感謝しなければならないな…」



武蔵「ふっ…いや、嫌でも感謝することになる」



清霜「…?」



夕雲「清霜さぁん。だぁれだ…」メカクシ



清霜「!…な、なんで!…」フリカエリ



長波「おいおい!折角再開できたってのに、それはひどいだろ!」



早霜「無理もないわ…沈んでからの再開だもの…」



清霜「あ…え…?」



夕雲「ふふっ、一人で頑張ったわね~。いいこいいこ」ナデナデ



早霜「大丈夫だった…?」



清霜「あ…」ポロ



清霜「あ…あれ…?なんでかな…すごく嬉しいのに…涙が…」ポロポロ



長波「あっ、おいおい!夕雲よ、泣かせんなよ!」



早霜「いや…夕雲…悪くない…でしょ…」



夕雲「もう安心よ…ここの提督は…いい人だから…」ナデナデ



清霜「うん…」ポロポロ ギュゥ



武蔵「ふっ…姉妹水入らずだ、私は去るとしよう…」











大井「艦娘からは異様に好かれますね…提督」



黒提督「は、ってなんだよ。俺は昔から友達いっぱい居たぞ…」



大井「納得しがたいです…元帥殿が友達なのは正直驚いてます…」



黒提督「俺の回りの奴は出世ルートまっしぐらだからな!偉い人がいっぱいいるぞ!」



大井「…」



黒提督「おいおい…どうしていきなり黙るんだ…」



大井「申し訳ないのです…貴方は、間違いなくこんな小さな鎮守府にいるべき人ではないのに…」



大井「きっと、貴方もその友人の様になれた筈なのに」



大井「ホワイト鎮守府という存在が、貴方を縛り付けて、貴方という逸材を潰している…」



黒提督「…大井、それは違うぞ」



大井「…?」



黒提督「俺がさ、スッゴい偉い立場で、すっごい仕事してる人間に見えるか?」



大井「それもそうですね」



黒提督「即答ってひどい」



大井「ふふっ…」



武蔵「提督ー、すまない。話し相手になってくれないか?」



黒提督「おっ…武蔵…いいぞ」



大井「…」ムッ



武蔵「すまない。姉妹艦が居ないものでな…」



黒提督「あぁ、その事なんだがな…」



黒提督「近い内に大和は来るから。大丈夫だ」



武蔵「…何?」



黒提督「いや、どうせなら姉妹揃えたいと思ってな…頼りになるのは聞いている」



武蔵「…貴様…馬鹿なのか?」



黒提督「?」



武蔵「余程のことがない限り大和型を…しかも二隻引き受けるなど…」



大井「言っても無駄ですよ。そういう人なんですから…」



大井「雑草を食べてまで笑顔を見たいという提督が、この世に一人くらい居てもいいんじゃないでしょうか」



武蔵「…そうだな」



黒提督「よく分からんが…」



武蔵「…これからよろしく頼むぜ、提督…いや、相棒と呼ばせてもらっていいかい?」スッ



黒提督「好きに呼んでくれ、武蔵」ガシッ



大井「!…」



大井(あ、あんなに自然に提督に触れるなんて…しかもたった数日で相棒の関係に…!?)



北上(モタモタしてると取られちゃうよ)ボソッ



大井(そうですね…って!違います!北上さん!おちょくらないで!)



黒提督「ともかく、これで一段落だな」




ガヤガヤ




黒提督「いや、本当に賑やかになった…」



黒提督「そういえば、何でサンタの人形を渡されたんだ…?」



黒提督「…」



黒提督「あぁ、俺がサンタだってバレたのか」










終わり


後書き

短い間ごあいどくありがとうございました


このSSへの評価

24件評価されています


真喜さんから
2017-01-20 01:19:43

Ronnmel777さんから
2017-01-12 10:25:44

SS好きの名無しさんから
2017-01-04 05:14:51

SS好きの名無しさんから
2017-01-03 00:34:40

SS好きの名無しさんから
2016-12-31 12:22:40

SS好きの名無しさんから
2016-12-30 14:47:37

がっくらさんから
2016-12-30 11:19:35

かぼすさんから
2016-12-30 09:53:28

SS好きの名無しさんから
2016-12-30 07:32:00

SS好きの名無しさんから
2016-12-30 02:42:08

SS好きの名無しさんから
2016-12-29 23:20:33

Ace KTRさんから
2016-12-28 13:31:59

SS好きの名無しさんから
2016-12-28 04:33:21

SS好きの名無しさんから
2016-12-27 23:30:35

SS好きの名無しさんから
2016-12-27 16:52:17

SS好きの名無しさんから
2016-12-27 12:24:13

冴月さんから
2016-12-26 23:44:19

SS好きの名無しさんから
2016-12-26 16:39:33

SS好きの名無しさんから
2016-12-26 13:13:59

パルシステムさんから
2016-12-30 01:49:17

yazoraさんから
2016-12-26 04:08:38

SS好きの名無しさんから
2016-12-25 23:42:32

SS好きの名無しさんから
2016-12-25 23:06:29

戦艦れきゅーさんから
2016-12-25 01:05:34

このSSへの応援

22件応援されています


SS好きの名無しさんから
2017-02-25 03:15:55

真喜さんから
2017-01-20 01:19:43

SS好きの名無しさんから
2017-01-04 05:14:53

SS好きの名無しさんから
2016-12-31 12:22:46

SS好きの名無しさんから
2016-12-30 14:47:38

がっくらさんから
2016-12-30 11:19:37

かぼすさんから
2016-12-30 09:53:33

SS好きの名無しさんから
2016-12-29 23:20:46

Ace KTRさんから
2016-12-28 13:31:57

SS好きの名無しさんから
2016-12-28 11:38:01

SS好きの名無しさんから
2016-12-28 04:33:37

ジョーカーさんから
2016-12-28 02:23:38

SS好きの名無しさんから
2016-12-27 16:52:19

SS好きの名無しさんから
2016-12-27 12:24:14

SS好きの名無しさんから
2016-12-26 18:16:48

SS好きの名無しさんから
2016-12-26 17:45:56

SS好きの名無しさんから
2016-12-26 16:39:30

yazoraさんから
2016-12-26 04:08:40

SS好きの名無しさんから
2016-12-25 22:16:50

戦艦れきゅーさんから
2016-12-25 01:05:35

冴月さんから
2016-12-24 22:28:23

にかさんから
2016-12-24 20:47:49

このSSへのコメント

27件コメントされています

1: 戦艦れきゅー 2016-12-25 01:05:50 ID: jASkgaMC

これは重い
そして面白そう

2: 鯉大好きっ子 2016-12-25 02:40:10 ID: -uXYvLKy

更新ファイト!

3: SS好きの名無しさん 2016-12-25 14:24:37 ID: yY02XV6e

そりゃ姉妹艦や仲間がどーにかなってる
状況でのんきに物ねだってる場合じゃないよな…

4: Abcdefg_gfedcbA 2016-12-25 15:23:14 ID: RsE5xq_T

皆様コメントありがとうございます


安心してください


笑える程ハッピーエンドですよ


もう少しの辛抱です…しばらくお待ちください

5: のびかけ尋 2016-12-25 15:52:12 ID: 0A-A2PZl

結局まだ願い叶えられてないじゃんw
しかも俺のssの10分後に更新あったしwwwwwww

6: Abcdefg_gfedcbA 2016-12-25 16:15:13 ID: RsE5xq_T

…?

7: のびかけ尋 2016-12-25 17:22:50 ID: 0A-A2PZl

まぁ、そんなことはどうでもいいさ

8: SS好きの名無しさん 2016-12-25 23:42:08 ID: 5hzAXNph

サンタ苦労すwww

9: yazora 2016-12-26 04:08:28 ID: _RVLB_EH

これで終わりってことは・・・ないですよね?(期待の目)

10: パルシステム 2016-12-26 12:30:11 ID: p_pjKp6K

大井提督としてはこの甘さは素晴らしい←

11: SS好きの名無しさん 2016-12-26 13:14:36 ID: W19sOu29

早く続き、はよ

12: Abcdefg_gfedcbA 2016-12-26 18:51:15 ID: FzDMyO9_

コメントありがとう

サンタは苦労するんです…


はい。しばらく続きます!クリスマスは終わりましたが…


大井いいですよね。いつから彼女はレズビアンへの道を走るようになってしまったのか…


しばらくお待ちください

13: Abcdefg_gfedcbA 2016-12-26 18:51:54 ID: FzDMyO9_

コメントありがとう→コメントありがとうございます

です

失礼しました!

14: 戦艦れきゅー 2016-12-27 00:40:00 ID: dISleXsz

おお、 提督よ鈍感なのか情けない
だがそれが良い(キリッ
更新ガンバ

15: SS好きの名無しさん 2016-12-27 02:26:38 ID: uk2o9Tmx

はやくしろぉー!
正月になっても知らんぞ!!!

これ、サンタ路線引っ張って大丈夫なのかい(心配)

16: Abcdefg_gfedcbA 2016-12-27 13:22:26 ID: xfitcCc2

コメントありがとうございます


いつもありがとうございます!今回の提督はムカつく程くそ鈍感ですが、相変わらずホワイトです!お楽しみください


正月までまだまだあるからねヘーキヘーキ(無謀)

17: yazora 2016-12-28 19:17:53 ID: 1VkYWdzC

もう終わるんですか・・・不幸だわ・・・

18: SS好きの名無しさん 2016-12-28 20:58:13 ID: KQBd28yP

えっ、うそ、終わり・・・?
なんか、これから始まっていきそうな感じだったのに・・・

19: SS好きの名無しさん 2016-12-28 22:28:51 ID: YMgh-u50

続きが楽し…み…………終わりだと…?
お疲れ様でした!

20: Abcdefg_gfedcbA 2016-12-28 22:35:48 ID: 6X8sGpj5

すいません!

もう終わります→もうすぐ終わりますです!

もう少しお楽しみを!

21: 戦艦れきゅー 2016-12-29 00:32:15 ID: Ff50IaMe

俺に出来ない事(良作の作成)を平然とやってのける!!
そこに痺れる!
憧れるゥ!!

22: SS好きの名無しさん 2016-12-29 16:53:12 ID: 3cGU-ZcC

雲の字修正する?昔のだけど

23: SS好きの名無しさん 2016-12-30 00:38:13 ID: rC-XD4Jd

続編希望

24: Abcdefg_gfedcbA 2016-12-30 01:05:24 ID: i_Y9ZXNC

コメントありがとうございます


いつもありがとうございます。良作だなんてそんな…私の作品よりも良作はたくさんあります。埋もれているだけです。ですが、ありがとうございます


コメントありがとうございます。修正しました!失礼しました…


コメントありがとうございます。続編…考えておきます

25: SS好きの名無しさん 2016-12-30 07:32:31 ID: z0PCzDys

お疲れ様でした!

26: Abcdefg_gfedcbA 2016-12-30 23:52:18 ID: i_Y9ZXNC

コメントありがとうございます


無事終われました!ありがとうございました

27: とーぽ工場 2017-01-03 18:37:21 ID: TjGz-24N

提督さんの最後wwww


このSSへのオススメ

4件オススメされています

1: SS好きの名無しさん 2016-12-26 13:14:48 ID: W19sOu29

(≧∇≦)b

2: SS好きの名無しさん 2016-12-26 18:10:19 ID: DvSf8UZx

いいね!

3: SS好きの名無しさん 2016-12-27 12:25:12 ID: koMgIqLF

良いね!

4: 戦艦れきゅー 2016-12-30 00:39:51 ID: cYRWU0Us

最高に「high」ってヤツだ!!


オススメ度を★で指定してください