2017-01-01 04:04:40 更新

概要

雪ノ下×八幡の物語


前書き

【グロ注意】苦手な方は閲覧を控えてください。


八幡「あれ?珍しく俺が1番最初か。」


奉仕部の部室を開けるとそこに雪ノ下雪乃の姿はなく、由比ヶ浜結衣の姿もなかった。


八幡「由比ヶ浜はいつもの事だが、雪ノ下が遅れるなんてな。」


そう思った矢先に突然扉が開いた。扉の先には息を切らしてる雪ノ下雪乃。


八幡「雪ノ下?どうしたんだ?そんなに慌て・・・・・っ!?」


何が起きたのだろう。突然雪ノ下が抱き着いてきたのだ。


八幡「え!?ちょ・・!雪ノ下!?」


雪ノ下「良かった・・・・・・・八幡・・・・」


八幡(今俺の事を名前で呼ばなかったか!?)


八幡「おい!一旦落ち着け!!ってか離れろ!」


雪ノ下「あ、あぁ・・・・・ごめんなさい。この時間だとまだあなたと私はただの同級生だものね。」


八幡「は?この時間だと?・・・・・・雪ノ下・・・・・お前も中二病の発症か?」


雪ノ下「そういわれても仕方ないわね。・・・・・1つ忠告をしておくわ。」


八幡「忠告?なんのだよ。」


雪ノ下「いいから聞いて。・・・・・あなたはこの先に1人の女性と付き合うことになるわ。その女性から告白されて。」


八幡「俺が?告白される?死の宣告でもされるのか?」


雪ノ下「真面目な話をしているのよ。付き合ったとしてもあなたと仲のいい女性にはそれを報告しないでほしいの。例えそれが付き合った相手の望みでも。」


八幡「は、はぁ・・・・・。いまいち理解ができないんだが、俺が誰かと付き合って、それを俺と仲のいい女性には言わない方がいい。ってことであってるか?」


雪ノ下「えぇ。あってるわ。」


八幡「安心しろ。俺に仲のいい女性はいない。むしろ男子も仲いいやつはいない。材木座?知らないやつですね。」


雪ノ下「それと仲のいい女性から告白されても付き合っている女性がいる事を伝えないこと!!」


八幡「あ、あぁ。わかった。」


雪ノ下「それじゃ、私は帰るわね。」


八幡「部活はどうするんだ?」


雪ノ下「そのうちに私が来るわ。」


八幡「は?・・・・行ってしまった。今日の雪ノ下は何か変だな。」ガララ


由比ヶ浜「やっはろ~!!あれ?ヒッキーだけ?ゆきのんは?」


八幡「今出て行ったけど、すれ違わなかったのか?」


由比ヶ浜「いや?誰ともすれ違ってないけど・・・・・」


八幡「あいつどこ行ったんだ?」ガララ


雪ノ下「遅くなってごめんなさい。」


八幡「それはいいがさっきのは何だ?」


雪ノ下「さっきの?何の事かしら?」


八幡「さっき言ってた俺が付き合う女性がどうとかっていう話だよ。」


雪ノ下「えっと・・・・・あなたが何を言っているのかわからないのだけれど・・・・・」


八幡「お前がさっき部室に来て言ったんだろうが。」


雪ノ下「部室に・・・?私はさっきまで日直の仕事で職員室にいたのだけれど・・・・・」


八幡「へっ?」


雪ノ下「確かめてみる?職員室に行って。」


八幡「あ、いや。いい。すまん。寝ぼけていたらしい。」


雪ノ下「そ、そう・・・・ならいいのだけれど。」


八幡(じゃあさっきの雪ノ下は一体・・・・・)


その日に依頼が来ることはなく、下校時間になった。


家に帰っても今日の話のモヤモヤが取れず、気づいたら夕飯を食い終わっていた。小町の夕飯を味わう暇はなかった。


-----

----

---

--

-


1年の時が経ち、奉仕部も卒業式を間近に迎えていた。そんないつもと変わらない放課後。


俺は雪ノ下雪乃に呼び出された。


八幡「よう。どうした。俺に最後の毒舌か?」


雪ノ下「いえ。今日は毒は封印するわ。今日は言いたいことがあって呼び出したの。」


八幡「珍しいこともあるもんだな。」


雪ノ下「私と付き合ってください。」


八幡「・・・・・なんだって?」


雪ノ下「私と真剣に男女交際してください。」


八幡「それはつまり・・・・・雪ノ下が俺の事を好きだってことでいいのか?」


雪ノ下「さっきからそういってるじゃない。・・・・・恥ずかしいのだから早く返事をなさい・・・・////」


八幡「お、おう。悪い。・・・・・・俺も好きだ。雪ノ下が。だから・・・・俺と付き合ってください。」


雪ノ下「こちらこそよろしくお願いします・・・・・///」


この時の俺は告白された事が嬉しくて、かつてあった奇妙な出来事の事など、頭から抜け落ちていた。


雪ノ下「私・・・由比ヶ浜さんに言って来るわ。」


八幡「言うって、俺たちが付き合うってことをか?」


雪ノ下「えぇ。そうよ。・・・・・実は由比ヶ浜さんもあなたの事が好きだったのよ。それで勝負・・・・というかそれらしいことをしてたの。どっちが付き合っても恨みっこ無し。報告はする事って。」


八幡「そうだったのか。じゃあ・・・・・行くか。」


雪ノ下「そうね。行きましょう。」


-----

----

---

--

-


雪ノ下「由比ヶ浜さん・・・・・そういう訳で私と比企谷君は付き合うことになったの。」


由比ヶ浜「そ、そっか・・・・・・おめでとうゆきのん。ヒッキーも。」


八幡「・・・・・・俺、席外してるな。」


雪ノ下「えぇ。わかったわ。終わったら連絡する。」


八幡「あぁ。」


-----

----

---

--

-


由比ヶ浜「やっぱり辛い・・・・・早く告白するんだった・・・・・」


雪ノ下「由比ヶ浜さん・・・・・・その・・・・私・・・・」


由比ヶ浜「これだけは言っておくけど、ゆきのんの所為じゃないからね!・・・・あたしが弱かっただけ・・・だから・・。」


雪ノ下「そう・・・・奉仕部は卒業まで続くけれど・・・・」


由比ヶ浜「あたしはいなくなってりしないから安心して。ただ・・・・・」


雪ノ下「ただ・・・・何かしら。」


由比ヶ浜「今日は・・・・・今日だけは、この部室貸してほしい。」


雪ノ下「えぇ・・・わかったわ。鍵はここに置いておくわね。・・・・また明日。由比ヶ浜さん。」


由比ヶ浜「バイバイ。ゆきのん。」


帰りに部室の鍵を返しに行った由比ヶ浜の目は赤くなっていたそうだ。


-----

----

---

--

-


卒業式当日。式が終わると各自教室にて最後のHRが行われる。


我がクラスも最後のHRと先生に向けての色紙を渡して、3年間の高校生活に幕を降ろした。


八幡「さて、雪ノ下のクラスは。・・・・・まだHR中か。」


雪ノ下に「部室で待ってる」とだけメールをして最後の部室へ向かった。


・・・・・・・と思っていた。どうやら眠っていたか、眠らされていたらしい。


恐らく眠らされたんだろうが、目を覚ますと知らない天井が目に入ってきた。


???「あ・・・・ヒッキー起きた?」


そこにいたのは由比ヶ浜結衣だった。手には何故だか包丁を持っている。


八幡「ゆい・・・・がはま?・・・・!?」


手と足にはそれぞれ枷がつけられていて、それはベッドに繋がっているようだった。


八幡「なんだこれ!?おい!由比ヶ浜!何かの冗談なら許してやるから早く離せ!それと包丁を仕舞え!料理ならお前には無理だ!」


由比ヶ浜「ごめんねヒッキー・・・・・冗談でも料理でもないんだ・・・・・いや・・・・ある意味料理なのかなぁ?」


こちらを見る由比ヶ浜の目に光は灯っておらず、黒く濁った目になっていた。


由比ヶ浜「ヒッキーが悪いんだよ・・・・?ヒッキーがゆきのんと付き合うから・・・・・」


八幡「それは・・・!お互いに恨みっこなしなんじゃなかったのかよ!!」


由比ヶ浜「最初はそうだったよ・・・・・でも耐えられなかった・・・・・あの空間で疎外感を感じて・・・・・あたしのいる意味って何だろうって思ったよ・・・・・」


そう言葉を発しながら由比ヶ浜はゆらゆらとこちらへ近づいてきた。


八幡「や・・・・やめろ・・・・・由比ヶ浜!」


由比ヶ浜「ヒッキーがあたしのものにならないなら・・・・・・ヒッキーを殺してあたしのものにする・・・・!」


瞬間、俺は奇妙な出来事を思い出した。


【「真面目な話をしているのよ。付き合ったとしてもあなたと仲のいい女性にはそれを報告しないでほしいの。例えそれが付き合った相手の望みでも。」】


そうか。なんとなくだが分かった。あの雪ノ下は未来の雪ノ下だ。どういう理屈かわからないが、雪ノ下は過去に来た。そして報告をすればこうなってしまう事を事前に教えていたんだ。俺としたことが忘れているなんてな。そして事件が起こってから思い出すなんて。


八幡「ぐぁぁぁぁぁぁぁあぁ!!!!」


左腕に強烈な痛みが走った。由比ヶ浜の持っていた包丁が刺さっていたのだ。


左腕の包丁はどんどん深く刺さっていき、とうとう左腕を貫通した。


由比ヶ浜「えへへ・・・・これでヒッキはあたしのもの・・・・・・・えへへ・・・・・・」


由比ヶ浜は左腕の包丁を一気に引き抜くと次は右腕にその刃を突き立てて、一気に貫いた。


もう左腕と右腕の感覚は痛みで支配されている。刃は次に左足に向かってきた。


枷をされている俺は抵抗も出来ずに左足が大量の赤で染められた。右足も同様。


由比ヶ浜は俺の肌に包丁を刺す度に「えへへ・・・・これでヒッキはあたしのもの・・・・・・・えへへ・・・・・・」と呪文のように繰り返していた。


腹にも刃を突き立てられ、俺にはもう声を出す気力すらなくなっていた。


気づけば由比ヶ浜は俺の顔の目の前に来ていた。刃が指し示す方向は


【首】


痛みが全身を支配していた俺にはもう考える事すらできず、「あ。次は首だ。逃げなきゃ。」と思っている時にはすでに首に包丁が刺さっていた。


俺の意識はそこで途絶えた。


------

-----

----

---

--

-


雪ノ下「うっ・・・・・・・うぅ・・・・比企谷君・・・・・・・何であなたが・・・・」


部室で待ってるとのメールを貰い、部室に行くとそこに比企谷君の姿はなかった。


電話をしてもメールをしても一切連絡がつかなかった。不安になった私は由比ヶ浜さんに連絡を取った。


「ヒッキー?知らないよ。」と素っ気ない返事だけが返ってきた。


一応警察に事情を話したが取り合ってはくれなかった。


事態が動いたのはその相談から3日後。比企谷君の家族が比企谷君が帰って来ないと警察に連絡を入れた。


その連絡から解決まではそう長くはかからなかった。


犯人は由比ヶ浜さんだった。動機はヒッキーをあたしの物にしたかったかららしい。


あまりに酷いので思い出すこともしたくないのだが、比企谷君の遺体は血塗れで、上半身と下半身は綺麗に分けられ、テーブルの上に飾ってあった。腕や脚はこれまた綺麗に切断されており、所々に喰われた跡があった。由比ヶ浜さんは逮捕時、ヒッキーがここにいる・・・・・と言ってお腹のあたりをさすったらしい。


首は彼女の寝室の枕の上に置かれていたらしい。どうやら一緒に寝ていたようである。


私はしばらく立ち直ることができなかった。しかしある時過去に戻れば比企谷君を助けられるとファンタジーな事を考えるようになった。

・・・・・3年もしないうちにそれは完成した。時間転移装置。タイムマシン。呼び方は色々あるけど、私はそれを完成させてしまった。


恐らく原因は私と比企谷君が付き合った事。そしてそれを報告したこと。それを止めなければ彼は惨い殺された方で死んでしまう。


それも唯一心を落ち着かせることができる奉仕部の部員にだ。私は意を決して時間転移装置のスイッチを起動させた。


着いた場所は総武高校の昇降口だった。生徒たちが下校していることから今は放課後だろう。


すぐさま奉仕部の部室へ向かった。部室のドアを開けると久々に見る比企谷君の顔。


「良かった・・・・・・・八幡・・・・」気づくと私は彼に抱き着いていた。彼の不思議そうな顔。可愛いわ。おっといけない、本来の目的を忘れるところだったわ。


「あなたはこの先に1人の女性と付き合うことになるわ。その女性から告白されて。」


「付き合ったとしてもあなたと仲のいい女性にはそれを報告しないでほしいの。例えそれが付き合った相手の望みでも。」


これだけ言っておけばもう大丈夫だろう。「それじゃ、私は帰るわね。」そう言って私は未来に帰った。


これできっと未来が変わっているはず。・・・そういえば付き合っているのに比企谷君としか呼んでなかったわね。


-----

----

---

--

-


八幡「おう。お帰り。遅かったな。」


雪ノ下「比企谷・・・・君・・・・・・」


八幡「どうした?もう飯はできてるし風呂も沸いてるぞ。」


雪ノ下「比企谷君・・・・・っ!!」


八幡「お、おい!どうした雪ノ下!?なんかあったのか!?」


雪ノ下「いいえ・・・・なんでもないわ。ちょっと悪い夢を見ていたのよ。」


八幡「そうか・・・・・なら仕方ないな。」


雪ノ下「じゃあ・・・・先にお風呂入らせてもらうわね。・・・・・八幡。」


八幡「おう。・・・・・って今名前・・・・!」


雪ノ下「これからもよろしくね。八幡。」


八幡「・・・・・お風呂あがったら話したいことがあるんだ。」


雪ノ下「えぇ。わかったわ。」


-----

----

---

--

-


お風呂から上がると食卓にすっかり夕飯の準備ができていた。


八幡の話を聞いた私はその場で泣いてしまった。


どうやら苗字が雪ノ下から比企谷に変わるらしい。


私は喜んで「こちらこそよろしくお願いします・・・・・///」


と”あの時”と同じ返事をした。




このSSへの評価

4件評価されています


SS好きの名無しさんから
2017-01-08 21:04:08

SS好きの名無しさんから
2017-01-06 10:14:23

SS好きの名無しさんから
2017-01-04 10:18:40

SS好きの名無しさんから
2017-01-01 14:43:20

このSSへの応援

このSSへのコメント

10件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2017-01-02 06:08:15 ID: JGTRufMr

やっぱビッチは害やな。

2: SS好きの名無しさん 2017-01-03 22:45:23 ID: BhNqsNG5

これ八幡最後死んでて
雪の下の妄想オチだと思うの俺だけ?

3: 追ヰ鰹 2017-01-04 03:22:47 ID: j7vw6r4e

>>1 決して由比ヶ浜結衣が嫌いなんじゃないですよ。一応それだけは言わせてください。嫌いなのではないです。丁度いい感じになるんじゃないかなと思っただけです。

4: 追ヰ鰹 2017-01-04 03:24:29 ID: j7vw6r4e

>>2 そういう見方もあるんですね。ただ、これは雪ノ下の妄想オチではなく未来が変わったという設定で書きました。

でも妄想オチっていうオチもありなのかもしれない俺がいるwww

5: SS好きの名無しさん 2017-01-06 01:09:23 ID: KIAX0f9P

おもんないって思ったの俺だけじゃないよね
面白い同人SSって極限まで原作に似せるか、自分の色を押し通せるくらい内容のしっかりしたものか、キチガイ過ぎなものだけだと俺は思う
このSSはそのどれでもない

6: 追ヰ鰹 2017-01-06 02:04:27 ID: C74uHgU2

>>6 すいません。面白くないと感じてしまったのなら次回以降の作品を面白くできるように頑張ります。

すいません。

7: SS好きの名無しさん 2017-01-06 10:15:07 ID: kAYX3ghQ

キャラ叩きしてる様なのがコメントしてる時点でゴミ

8: SS好きの名無しさん 2017-01-08 03:19:21 ID: qA6JRTA3

俺は面白いと思った。

9: 追ヰ鰹 2017-01-12 02:35:06 ID: 1ADZK7rm

>>7 キャラ叩きをしているわけではありません。そう見えてしまったのなら申し訳ありません。

10: 追ヰ鰹 2017-01-12 02:35:36 ID: 1ADZK7rm

>>8 ありがとうございます。凄くうれしいコメントです。


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください