2017-01-16 19:31:42 更新

概要

6章です


前書き

注意事項
【勢い】
・ぷらずまさんと称しているだけのクソガキな電ちゃんの形をしたなにか。

・わるさめちゃんと称しているだけの春雨駆逐棲姫の形をしたノリとテンションの女の子。

・明石さんの弟子をしているアッシーという短気で無礼気味な明石君。


もう矛盾あっても直せない恐れあり。チート、にわか知識、オリ設定、独自解釈、日本語崩壊、キャラ崩壊、戦闘描写お粗末、魔改造、スマホ書きスマホ投稿etc.

ダメな方はすぐにブラウザバックお願いします。


【1ワ●:例の北方棲姫】

 

 

1



阿武隈「提督、用事というのは?」

 

 

阿武隈「少し眠いです、はい……」

 

 

阿武隈「もうすぐ阿武隈艤装を改装しないとダメな時間ですね……」


 

提督「今作戦がどういうものかは?」

 

 

阿武隈「はい。もちろん理解しています」

 

 

阿武隈「今回は中枢棲姫勢力を滅ぼすのではなく、あの深海棲艦達から情報を得るための作戦だと」

 

 

阿武隈「この鎮守府(闇)と将校全員で取りかかる、今後の戦況を揺るがす大きな戦いです」

 

 

提督「そうですね。では」

 

 

提督「伏せていたことを必要な分だけお話したいと思います」

 

 

提督「わるさめさんからの情報も踏まえて色々と中枢棲姫勢力について調べたのですが」

 

 

提督「中枢棲姫勢力にいる」

 

 

提督「北方棲姫」

 

 

提督「間違いなく、あなたがあのキスカの事件で遭遇した北方棲姫です」

 

 

阿武隈「……」

 

 

阿武隈「それは本当ですか」

 

 

提督「顔が怖いです。まずは落ち着いて深呼吸でもしてください」

 

 

阿武隈「……仇ですよ」

 

 

阿武隈「落ち着いています」

 

 

阿武隈「続きを、早く」

 

 

提督「話すべきではなかったんでしょうけどね、気付かれて暴走される危険性を潰しておきたかったからです」

 

 

提督「あの北方棲姫の全資料です。もともと探ることが出来た情報から、その傾向をストーカー真っ青のレベルで書き記してあります」

 

 

阿武隈「これを渡すということは、そういうことですね?」

 

 

提督「いえ、今回の陣形、自分達とは離れた場所、北方棲姫と交戦するのは甲大将になる、と思います」

 

 

提督「ただあの北方棲姫は激しく動く。これも万が一の時のためにあなた達が北方棲姫を相手することになった場合について」

 

 

提督「旗艦のあなたに教えておくべき情報だと判断しました。すみません、本当に悩んでこのように遅くなってしまいました」

 

 

阿武隈「そうです、か。わざわざありがとうございます。この内容は3時間頂ければ丸暗記しますし」

 

 

阿武隈「絶対に忘れません」

 

 

提督「阿武隈さん」

 

 

提督「今回は卯月さんを出しません。あの艤装は故意的に明石君にメンテを頼んで自分にも知らないところに保管してもらっています」

 

 

提督「そしてこの情報は卯月さんには絶対に教えないでください」

 

 

提督「あなたと卯月さんに暴走されるのは作戦の成功率に影響します。それがかなり恐ろしいので」

 

 

提督「今回は卯月さんを出撃させないことにしました」

 

 

提督「卯月さんはあなたより感情的な部分がありますので。しかし、阿武隈さん、あなたなら聞き分けていただけると」


 

阿武隈「……大丈夫です」

 

 

阿武隈「私を旗艦にした理由は、釘打ち、責任を負わせるためですね?」

 

 

提督「あなたの個人的な私情で第2艦隊全員を危険にさらします。それがどういう意味かは分かりますよね?」

 


提督「自分は卯月さんの後にあなたもスカウトするつもりでした。卯月さんを引き込んで協力してもらおうと」

 

 

提督「あなたをスカウトした理由ですが」

 

 

提督「いずれこの鎮守府(闇)の第1艦隊旗艦を任せたいと思ったからです」


 

阿武隈「龍驤さんのほうが優秀だと思います。全員生還の指揮も出来ますが……」



提督「そうですね。だから龍驤さんを旗艦にして自分も勉強させていただいております」



提督「ですが、彼女とあなたには違いがあります」



提督「海から逃げたか否か。ずっと海から背を向けなかったか否か」



阿武隈「どう考えても強いのは龍驤さんです」



提督「いえ、自分はそうは思いません。どちらかが優れている、とかそういう話ではないので」



提督「どちらが旗艦として上に行けるか。そこです。その点だけは今の阿武隈さんが龍驤さんに勝っているところです」



提督「一言でいうと、期待です」



提督「なので、お願いします」

 

 

提督「作戦や艦隊メンバーを」

 

 

提督「あなたの私情に巻き込まないようにこの場で誓っていただきたい」

 

 

阿武隈「あたしの勝手に巻き込まないよう、この場で誓います」

 

 

提督「……、……」

 

 

提督「そんな顔をしていませんけど」

 

 

提督「信用させていただきます」

 

 

提督「自分からは以上ですね。卯月さんには決して悟られないように」

 

 

提督「なにかあれば阿武隈艤装をぶち壊してまでも、無力化し、あなた一人の命を捨てます。自分はそれができる人間ですので」

 

 

阿武隈「了解しました。この資料はもらっていきますね」

 

 

阿武隈「それでは、失礼します」

 

 

――――パタン

 

 

提督(作戦、考えないと……)

 

 

提督(あの感じ、やっぱり年頃の子供の面もありますね。暴走、なきにしもあらず……)

 

 

提督(わるさめさんのこともやらなきゃいけないし……ぷらずまさんに頼んで作ってもらった……)

 

 

提督(……暗号も駆使しなければ)

 

 

提督「中枢棲姫勢力……あの時の借りは返します」

 

 

提督「きっちりと土産は用意してあげないと……」

 

 

提督「時間が足りない……」



【2ワ●:中枢棲姫勢力、前夜の祭】

 


1



レ級・ネ級「……」

 

 

リコリス棲姫「今のが私からあなた達に教えておくべきことね」

 

 

レ級「……そうかよ」

 

 

ネ級「悲しい。聞きたくなかった」

 

 

リコリス棲姫「あなた達は薄々察してはいたけど、確信を持ちたくなかったのでしょう」

 

 

リコリス棲姫「子供のように振る舞って、毎日を楽しそうにしていたのだもの」

 

 

レ級「そうだね。気づいていなきゃおかしい」

 


レ級「深海棲艦なんだから」

 

 

リコリス棲姫「真実を知ったって、そのままでいい。無理に変わる必要なんてないわ」

 

 

リコリス棲姫「深海棲艦であることは関係ないのだから」

 

 

リコリス棲姫「困難は多いわ。だけど、あなた達はあなた達の思うように生きることが出来る」

 

 

リコリス棲姫「願わくはあなた達が」

 

 

リコリス棲姫「それぞれ理想の散り様に殉じられることを、今宵はあの丸いお月様とこのお花に祈りを捧げようかしらね……」

 

 

レ級「……僕らからも」

 

 

ネ級「皆のために祈る……!」

 


中枢棲姫「レ級、ネ級、作戦お疲れ様でした。将校の兵士と話をしたのなら、こちらの確かな価値を把握してもらえたかと思います」

 

 

リコリス棲姫「あなたもあだ名で呼んであげてよね。最後の夜になるかもしれないんだから」


 

水母棲姫「……いい話の最中に失礼するわね」

 

 

水母棲姫「なんとか引き上げて来たわ。頭のいい潜水棲姫いればいいのだけど、低級のザコだとなかなかスムーズに行けないわ」

 

 

中枢棲姫「深海棲艦を使わずともあなたの特殊艤装で」



水母棲姫「そっちのが疲れるから嫌よ」



リコリス棲姫「その、残骸」

 

 

レ級・ネ級「センキ婆!」

 

 

リコリス棲姫「スイキちゃん、ありがとう。私のワガママを聞いてくれて」

 

 

水母棲姫「死んでるけどね。核の艤装からセンキを形成していたものが失われてると思う。深海妖精で作って直しても、センキではないんじゃないかしら。本当にただの残骸よ」

 

 

水母棲姫「ま、リコリスのセンキのお墓くらいは作ってあげたいってのも分かるから、一応ね。一応よ? 私はどーでもいいけど」

 

 

水母棲姫「よく分からないけど。変よね。バグってるのを実感する」

 

 

水母棲姫「おまけに最近になって」

 

 

水母棲姫「水上機母艦水穂の頃の記憶もまたまた思い出したのよねー……」

 

 

水母棲姫「私を弄びやがった丁准将ぶち殺してやった時の……」

 

 

水母棲姫「あー、腹立つ……」

 


中枢棲姫「……リコリス、レッちゃんにネッちゃん、スイキも」

 

 

中枢棲姫「あの子が軍に寝返り、与えた情報のアジトを襲撃してきたのは、恐らく深海妖精を陸地に誘えていないからです」

 

 

中枢棲姫「……」

 

 

中枢棲姫「ですが、それだけに向こうは私達に接触し、情報を求めに来ます」

 

 

中枢棲姫「鹵獲もあり得ますが、こちらが協力を求めたがっているというのも、どなたかは気付いてはいると思います」

 

 

中枢棲姫「その動きが軍として出ています。前に情報のやり取りが出来た司令官は保身のため、こちらの要求を濁し続け、我々は見切りをつけました」

 

 

中枢棲姫「秘匿、となるでしょうが、今度は軍そのものと協力できる可能性もあります」

 

 

中枢棲姫「温存していた深海妖精の情報をすべて渡してでも、こちらの欲しい情報を向こうから探り、入手します」

 

 

中枢棲姫「その場合、向こうの組織としての存在意義を考えますと」

 

 

中枢棲姫「我々はこの決戦で」

 

 

中枢棲姫「今まで犯してきた敵対行動の償いを避けては通れません」

 

 

中枢棲姫「彼等が降りあげた刃を、どこかに降り下ろさせてあげなければなりません」

 

 

中枢棲姫「この組織の頭である」

 

 

中枢棲姫「私かリコリスですね」

 

 

中枢棲姫「その首を土産にします」

 


中枢棲姫「両方を差し上げはしませんが、どちらかの首は落ちるでしょう」

 

 

水母棲姫「そうねー……」

 

 

ネ級「絶対ダメ……!」

 

 

レ級「ネッちゃんのいう通りだよ! そんなのずるいだろ!」

 

 

レ級「人間はたくさんいるからいいさ! でも僕らはこのメンバーしか仲間がいない! あいつらと違うんだ!」

 

 

レ級「この世界でこの5人しか、家族がいないんだぞ!?」

 

 

中枢棲姫「レッちゃんネッちゃん」


 

中枢棲姫「最低、一人の首です」

 

 

中枢棲姫「闇丙乙甲連合艦隊。最悪、全滅すらあり得ます」


 

中枢棲姫「全滅しないよう、最小限の被害で済むよう頭を回したつもりです」

 


中枢棲姫「期待に応えられず申し訳ありませんが、お約束します」

 

 

中枢棲姫「誰一人として」

 

 

中枢棲姫「無駄死にはさせません」


 

レ級「チューキさんはほんとにズレてんな! そーいうことじゃねえだろ!」


 

ネ級「大馬鹿……!」

 


リコリス棲姫「聞き分けなさい?」

 

 

レ級・ネ級「……!」

 

 

リコリス棲姫「仲間として家族として生きる日々は終わったのよ。私達の使命がある。それを理解できるはず」

 

 

リコリス棲姫「子供のまま、遊び続ける日々は終わりを迎えたの」

 

 

リコリス棲姫「目的を持った組織としてやらなければいけないの」

 

 

リコリス棲姫「あなた達がワガママいっても止まらないわ」

 

 

リコリス棲姫「成長、しなさい」

 

 

リコリス棲姫「チューキや私に未練を持たせないでよね」

 

 

リコリス棲姫「また化けてこの世に出させる気なんて、不孝過ぎるわ」

 

 

リコリス棲姫「それはあなた達だって嫌なことでしょう」

 

 

リコリス棲姫「泣きそうよ、私」

 

 

レ級「………ママ」

 

 

ネ級「なら、今日は甘えようと思います……!」

 

 

リコリス棲姫「仕方ないわねー……」

 

 

リコリス棲姫「あ、そうだ。なんか懐かしくて持っていたんだけど、おにぎり食べる?」



リコリス棲姫「腐ってるけど、嫌がらせのつもりではないからね?」



レ級「もらうよ。分かる」



ネ級「心。銀紙で包んでくれてるし、レッちゃん&ネッちゃんって名前もマジックで……!」




リコリス棲姫「もー」



リコリス棲姫「本当に可愛いんだからー……」



リコリス棲姫「それ食べて元気出したらセンキのお墓を作りましょうね」



2

 

 

中枢棲姫「寝ましたか」

 

 

リコリス棲姫「寝かしつけてきたのよ」

 

 

水母棲姫「あの二人はガキよねー。わるさめとよくはしゃいでいたけど、あの3人ではわるさめが一番大人だったと思う」

 


リコリス棲姫「あの子も元気だといいのだけど……こちらを探ろうとしていたからあまり優しくしてあげられなかったわ」

 

 

リコリス棲姫「悲しいわね。あの子だって被害者なのに」

 

 

水母棲姫「……あいつは向こうで元気だと思う。コミュ力あるし」

 

 

中枢棲姫「正直あの子はもう少し頭が回ると思っていました。気分でムラがあるのは承知でしたが……」

 

 

水母棲姫「センキを撃沈、よりも寝返りの手土産として鹵獲しろってことで切り離したのにね」

 


水母棲姫「やっぱりあいつに口で伝えずそこまで要求したチューキの落ち度ね」

 

 

中枢棲姫「返す言葉もありません」

 

 

水母棲姫「時々すごい大人な1面見せてたけどさ、あいつはやっぱりどちらかといえばネッちゃんとレッちゃん寄りよ」

 

 

リコリス棲姫「あの子いじめられていないかしら。心配だわ」

 

 

水母棲姫「大丈夫だって……」

 

 

水母棲姫「はあ。割と話が合うセンキが死んでから私も暇だし。まあ、こんなこといえるのもなんだか変な感じ」

 

 

リコリス棲姫「奇跡よね」

 

 

水母棲姫「そうねー。こんな風に物を冷静に考えて、緻密な作戦を立てて」

 

 

リコリス棲姫「私達が出会えたことよ。もとはバラバラだったでしょう。先に軍に捕まらず、私達はこうして出会えた」

 


水母棲姫「そりゃ深海棲艦同士だし、みんな右往左往しながらも、この異常事態は把握していたし、少なくともここまで物を考えられたら向こうサイドには行かないし、知能は隠すでしょーよ」

 

 

中枢棲姫「出会えたことは天文的確率だと思います。ここまでこうして生きてこられたことも含めて」

 

 

水母棲姫「この面子のなかでは私が一番の新参だし、深海棲艦の過去なんて聞きたくないわね」

 

 

水母棲姫「ハッピーエンドなんてないし」

 


中枢棲姫「そうですね。私達は必ずやこの星から消え去るでしょう。人としては生きられません」

 

 

リコリス棲姫「結末が最悪でも、その過程に生きていてよかった、とそう思えるなにかと出会えればいいのだけど」

 

 

水母棲姫「……私の口からいうわね」

 

 

水母棲姫「レッちゃんとネッちゃんのことは任してくれていいわ。あなた達のどちらかが先に逝っても、あの子達は私が出来る限り面倒見てあげる」

 

 

リコリス棲姫「よろしくね」

 

 

中枢棲姫「感謝します。私は皆さんと出会えてよかったです」

 

 

中枢棲姫「それとスイキ、念のための建造のほうは終わっていますよね?」



水母棲姫「終わってるわよ。またあれ埋め込むの嫌だったけど、肉に撃沈艦救出用の装備は埋め込んで本体と繋げてある」



水母棲姫「でも死んだやつは捨てるわよ。鹿島の時みたいに死体を運ぶのは嫌だからね。味方でも嫌。私は霊柩母艦じゃないんだからね」



中枢棲姫「懐かしいですね。わるさめさんを拉致した時の作戦ですか」



水母棲姫「あんたは鹿島の顔を見てないからそんな風にいえるのよ。お願いだから止めて、持って行かないでって泣き叫ばれた時、深海棲艦なのに心が壊れそうになったわよ……」



中枢棲姫「申し訳ありません。あれは私の策が甘かったです」



水母棲姫「そこら辺もなんとか出来ればあんたは最高の軍師なんだけどね。ま、深海棲艦だし、最高でなくても、最強であればいいのよ」



中枢棲姫「リコリス達は?」



リコリス棲姫「私はネッちゃんと同じく耳ね。レッちゃんは目のほうを」



水母棲姫「深海妖精ほんとに便利よね。でも、向こうサイドは艤装を弄れるんだっけ」



リコリス棲姫「そうね。私達の場合は艤装があくまで基だから変に弄ると、どんな後遺症出るか分からないし、リスク的にやるべきではないわ」



リコリス棲姫「まあ、向こうサイドと反して外付けの肉体を気軽には弄れるのはいいけれど」



リコリス棲姫「あくまでこの決戦に備えて、よ」



中枢棲姫「上手く事が運べば」

 

 

中枢棲姫「夢の終わりの始まりです」

 

 

中枢棲姫「しかし、明日に夢を見るのは止めておいてください」

 

 

中枢棲姫「明日に希望を抱き、今日を捨てるなど愚者の思考です」

 

 

水母棲姫「ま、私は割と気楽だけどね。人間の時よりしがらみがなくて楽よ。人間じゃないし人間賛美をする気はないわねー……」

 

 

リコリス棲姫「分かる。ずいぶんとくだらないことで悩んでいたと思うもの。後悔と、懺悔だけどね」


 

水母棲姫「リコリス棲姫っぽくはないわよね。リコリス棲姫って他の個体的にママより女王様みたいなイメージがあるわ」



水母棲姫「『フ……トンデキタリ……ウッテキタリ……イソガシイモンダナ……』」



リコリス棲姫「ちょっと止めてよ……」



水母棲姫「……そういえばこの間、お酒持ってきてあげたでしょ」

 

 

水母棲姫「今日は酌してあげるわよ。このスイキちゃんが」

 

 

中枢棲姫「あなたがですか。珍しい」

 

 

水母棲姫「うるさいわね……」

 

 

リコリス棲姫「ふふ、そういえば、ネッちゃんとレッちゃんも基地から拾ってきたって」



水母棲姫「なにその小さくて丸いもの。銀紙にマジックで」



水母棲姫「『リコリスママ、チューキさん、スイキさん』ってあるけど、もしかして私達へのプレゼントかなんかなわけ?」



リコリス棲姫「中身は……米粒、おにぎり?」



中枢棲姫「その銀紙、裏の方に『レッちゃん&ネッちゃん』とありますので、先程リコリスがあげたものでは……」



リコリス棲姫「もー……私達のために残してくれたのね。可愛い過ぎるー……」



水母棲姫「私はいらないわ。臭いもきついし、もはやそれ汚物じゃない……」



リコリス棲姫「ダメ。あの子達の気持ちを無下にするのは私が許さないからねー?」



水母棲姫「……分かったわよ」パクッ



水母棲姫「……お、美味しいわ(震声」



リコリス棲姫「私も食べるー。うわ、まっず」



水母棲姫「おいコラ」



リコリス棲姫「でも心が温かくなったわ」



リコリス棲姫「ほら、チューキも」



中枢棲姫「……いただきます」



リコリス・水母棲姫「……」



中枢棲姫「問題はありません」



水母棲姫「あんたはそーいうやつよね……」



中枢棲姫「い、いえ、心は伝わりますよ」



中枢棲姫「この残りは」



リコリス棲姫「センキのお墓ね」



水母棲姫「潔癖気味だったセンキに汚物供えるとか死んだ時、ねちねちいわれるわよー……」



【3ワ●:決戦開始】

 

 

1

 

 

丙少将「そんなことはどうでもいい、と思ってる」


 

江風「はあ? レ級と接触して深海妖精を抑える手段が欲しいっていってたって教えてやったのに?」

 

 

江風「お前ら身内まで送りつけてあの提督のやることなすこと注視してるじゃん」

 


丙少将「聞くが、あの男が地位や名声欲しさに動いているように見えたか」


 

江風「そーいう欲はなさそうに見えたぞ」

 

 

丙少将「なら、何のために動いている」

 

 

丙少将「この戦いを終わらせるため以外にあるか?」

 

 

江風「むー……」

 

 

丙少将「その一点は信用してもいい。まあ、逆に言えば信用できないともいえるんだが」

 

 

江風「?」

 

 

丙少将「終わらせるためなら裏切りも視野に入れそうだしな。断じて軍に魂を捧げてはいないだろ」

 

 

丙少将「軍は目的のための手段だよ」

 

 

丙少将「だから、あいつは大人しくさせておくべきだと思うんだが、乙さんも甲さんも好意的みたいだ。だから、嫌いの目で見るのは俺の役割かな」



丙少将「軍や人類のためになった、はただの結果的なことに過ぎんのだから、いつ害が出るか分かったもんじゃないだろ」

 

 

江風「まあ……一理あるが、厳しいねえ……」

 

 

丙少将「深海妖精の1件は甲さんを支持するがな。あいつは評価されるべきだ」

 

 

丙少将「人体実験だからどうのこうのだっけ? 確かに俺個人としても許せねえけど、軍がいう分には笑っちまう」

 

 

丙少将「上も電を利用するために、あいつを着任させたし、兵士に死ね、という命令だってする。上はあいつを良い駒だと思ってるよ」

 

 

丙少将「電と春雨の手綱が握れる。あいつほどやりたいが、やれないことを仕事してくれるやつはいないだろ」

 

 

丙少将「それこそ艦娘を実際に殺しかけて沈めた例の実験とかな」

 

 

江風「……あー、なるほどー」

 

 

丙少将「俺には元帥に踊らされているようにしか見えん」

 

 

丙少将「知ったことか、といわんばかりに淡々と進む精神は嫌いではないが……」

 

 

丙少将「馬が合わねえやつっているだろ?」

 

 

江風「だね。丙ちゃんって後輩のこと思ったよりちゃンと見てんだね」

 

 

丙少将「闇とはけっこう近いんだぞ。後ろから刺してきそうな相手を見ないほど、俺は楽観的じゃないだけだ……」

 

 

丙少将「今回、向こうの幹部、海屑艦隊のメンバーは分かりやすい優先事項であり、功績だ。俺も機会があれば接触に行くが」

 

 

丙少将「やはり情報を得るための今作戦の遂行において電とわるさめのいるあそこを支援するのが手っ取り早い」

 

 

丙少将「リコリスか中枢棲姫、この二人に接触するための作戦といっても過言じゃねえ」

 

 

丙少将「ある程度はあいつんとこの道を舗装してやるさ。全体的な被害を最小限にしてな」

 

 

丙少将「甲さんだからぐちぐちと細かいことはいわれてねえけど、それが俺の任務だ」


 

丙少将「どこが接触しても中枢棲姫とリコリスとの会話は元帥、将校、そして大淀さん、軍の上部にも伝わる通信システムにしてある」

 

 

丙少将「見ろよ、これ」パラ

 

 

江風「規約書類かこれ」

 

 

丙少将「そうだな。敵は会話が出来たとしても怨敵である深海棲艦だ。意思疏通したとしても、今回参加する兵士も司令官にも『情報のライン』が設定されている。これを破りゃ」

 


丙少将「対深海棲艦海軍の軍法会議」

 

 

江風「江風は賢いほうじゃないけどさ、深海棲艦にあのレベルの頭がいるとなると下手な情報を与えるわけにはいかねーってのは分かるよ」

 

 

丙少将「ここにおいてあいつは遵守するとは思えねえのが怖いんだよな」

 

 

江風「そン時ゃそン時だ」

 

 

丙少将「それにいうべきことじゃねえが、俺はぶっちゃけ中枢棲姫勢力ともう戦いたくねえ」

 

 

江風「はあ?」

 

 

江風「丙ちゃんが優しいのは知ってるけど、深海棲艦相手になにをいってンのさ?」

 

 

丙少将「人間並の知能、それを踏まえてもう1度データを調べると、俺には深海棲艦には思えないからだよ……」

 

 

丙少将「どうしてもこいつらが」

 

 

丙少将「人間に見えちまう」

 

 

丙少将「この戦いは人類同士ではなく、化物退治であって欲しかった。俺が軍に入る前はインデペンデンス・デイとかエイリアンとかの映画みたいに侵略から人類を守るイメージ持ってた」

 

 

丙少将「今もあんまり変わらねえ。だからやれてきた面もあんだよ。多分そこが今の俺の」


 

丙少将「限界なんだと思う」

 

 

丙少将「ゲームで無限沸きするゾンビぶち殺す感覚に等しかった。だからそんなやつらをどうこうよりも」

 

 

丙少将「第1に人間の命を尊べた」

 


丙少将「これから先の海に行くためにここはきっちり乗り越えてかねえと」

 

 

江風「きひひ」

 

 

江風「大将には及ばねえけど、やっぱり丙ちゃんいいな。そういう人間臭さは江風達も理解してあげられるよ」


 

江風「そこンとこ、あの提督は人間味があんまりねえからなー……」

 

 

丙少将「江風もあそこには好かんやつが一人はいるし、レ級に借りがあるんだろ。お前はあいつらに尽くせるか?」

 

 

江風「……正直、電やわるさめよりも、面を見たくねえのはいる」

 

 

江風「いるんだろ」

 

 

江風「秋月」

 

 

丙少将「あー、着任しただろ。今回は支援艦隊として組み込まれてたはず」

 

 

丙少将「そっか。あの秋月の後釜のやつだもんな。甲さんが声かけなかったのはそのせいか」

 

 

江風「うちの秋月は一人でいーンだよ。今年は山風が来たし充分だ。明石には声かけたかったみたいだけど、例の欠陥でセットだからな」

 

 

丙少将「……」

 

 

丙少将「お前もガキなとこあるよなあ……」

 

 

江風「認めたくないけど、自覚はしているよ。だけど欠陥っていうほどじゃねえし」

 

 

丙少将「……今回最もやる気があんのは闇連中だ。わるさめは微妙だが、電は必ずやる気満々で出てくる」

 

 

丙少将「江風、下手に手を出して邪魔をしたら、恐らく」

 

 

丙少将「お前だろうと沈むぞ」

 

 

江風「そーいうの嫌い。相手が強い。それが負けるっつー絶対的な理由にはなンねえだろ」

 

 

江風「江風は強い。弱くても、そう吠える」

 

 

丙少将「姫と鬼のパレードだぞ?」

 

 

江風「大丈夫、暴走した時は任せろー。球磨型以外には負ける気はしないよ」

 

 

丙少将「気合いはあるよなあ。なら、お前にはそうだな、こういおう」

 


丙少将「好きにやっていいぞ」

 


江風「了解」



江風「……つかさー、あいつら味方だよなー。なンでこの大一番に味方倒す話しなきゃなンないの……」

 

 

丙少将「俺や乙さんのところ出身はともかく、あいつらはあの提督の指揮に従ううえ、個々の欠陥的な部分が重なって全体的にピーキー、扱いずらいんだよ」

 

 

丙少将「まあ、江風のいう通りだよ」

 

 

丙少将「俺も味方に殺されるとか、その時はなんとか止めるとか、そんなん作戦開始前に話したの初めてで戸惑ってるわ……」

 

 

2

 

 

阿武隈「第2艦隊旗艦阿武隈、編成艦隊の抜錨準備完了しました!」

 

 

阿武隈「いつでも行けます!」

 

 

提督「……了解です」

 

 

榛名「第一艦隊旗艦榛名です。こっちの編成艦隊の抜錨準備も終わりました!」

 

 

金剛「ヘイ榛名! 古参組を差し置いての栄光ある第1艦隊の旗艦デース!」



金剛「私は異常事態時の戦艦戦力として鎮守府に残りますが、金剛型のラヴ&パワーを中枢棲姫勢力と将校に見せつけてきてくだサーイ!」



榛名「もちろんです! 金剛お姉様!」



榛名「榛名! 全力で参ります!」



わるさめ「納得いかねっス……」

 

 

わるさめ「なんで第1艦隊の旗艦がハルハルなのお。わるさめちゃんもこの鎮守府の旗艦やりたーい。司令官さんの愛が欲しーい」



わるさめ「幹部接触の大役もどーしてわるさめちゃんじゃなくて、ぷらずまのやつなのお?」

 

 

わるさめ「海屑艦隊のことはわるさめちゃんのが詳しいのにー……」

 

 

ぷらずま「●ワ●」ハ?

 

 

ぷらずま「お前、乙中将と遊んだ時にお前の気分で司令官さんを悩ませたこと忘れたのです?」

 

 

ぷらずま「司令官さん、どうやらこのダボは更年期傷害のようなので出すのは止めたほうがいいと思うのです」

 

 

わるさめ「●ω●」ア?

 

 

ドゴッ

 

 

初霜「クロスカウンターが……」

 

 

秋津洲「あたしの晴れ舞台でケンカは止めて欲しいかも!」

 

 

ぷらずま「まあ」

 

 

ぷらずま「この鎮守府(闇)に」

 

 

ぷらずま「いまだ敗北はありません」

 

 

提督「まあ、今回はわるさめさんにそう大した責を与えてないので。わるさめさんはぶっちゃけ扱いづらいです」

 

 

わるさめ「今晩、確かめて?」ツツー

 

 

わるさめ「わるさ……春雨は、ベッドの上では従順なんですよ……?」



提督「そういうところが、です」チョップ

 

 

提督「すでに伝えてありますが、今一度」

 

 

提督「第3艦隊はぷらずまさんとわるさめさん。ここは特殊な任務、そしてメインです」

 

 

提督「第4艦隊は初霜さん、金剛さん、卯月さん、ゴーヤさん、鹿島さんも」

 

 

提督「ほぼないとは思いますが、鎮守府(闇)の防衛と、緊急事態に備えて必要と判断したら抜錨させます」

 

 

龍驤「うちもそのほうがええと思うー」

 

 

提督「わるさめさんの件もありましたからね。異常事態の場合は第4艦隊をメインに、それでも足りなければ支援艦隊を無理に動かします」

 


提督「そして旗艦ですが、第1艦隊の榛名さんが撤退含めトラブルが起きた場合、龍驤さんに引き継ぎ、第2艦隊は阿武隈さんから瑞鳳さんに引き継ぎます」



龍驤「了解やで」



瑞鳳「分かりました。しかし、事前に申し上げた通り、私の旗艦経験は少ないので、出来る限りの」


 

提督「フォローはします。しかし瑞鳳さんの素質自体は旗艦適性は強いです。それとうちのような新設の鎮守府、連携も十分とはいえない艦隊です。瑞鳳さんの経歴的にも、うちの旗艦はこなせるかと」



瑞鳳「まあ、雷さんほどではないとしても色々異動して様々な鎮守府で活動してましたからね……」



瑞鳳「連携の不安面は私につきまといましたし、そこに関する皆の動きはある程度は把握してフォロー出来るとは思います」



提督「お願いします」



提督「そして暁さん、響さん、雷さん」



提督「今回は護衛、対潜、対空、駆逐艦としての機能をフル回転させて、場合によっては撤退艦の帰投護衛、単艦戦力で動く場面も予想されます」



提督「そして今回自分は中枢棲姫勢力幹部との質疑応答、そのための作戦ですから、代理の司令官として初霜さんにも残ってもらいますが、あなた達の活動が艦隊の継戦能力に直結すると」



暁「大丈夫っ!」



響「そうだね。私と暁、陽炎さんと不知火さんは駆逐艦としての基礎を徹底されてる」



不知火「丙さんらしいです」



陽炎「あの人、艦隊のお守り代わりに雪風とかプリンツを入れてたわねー。ここ来てから目まぐるしくてもう懐かしい記憶ですらあるわ」



提督「雷さんも、頼りにしていますよ」

 

 

雷「!」

 

 

雷「ま、まっかせなさい!」フンスッ

 

 

秋月「お兄さん! 秋月にもな、なにか!」



秋津洲「あたしにもー!」



明石「今回の俺の仕事はガキのお守りかなー」



提督「秋月さんは防空に関してはさすがの一言に尽きます。明石君の回避性能のお粗末さは自分よりもご存じかと思うので、よろしくお願いしますね」



提督「秋津洲さん、あなたの二式大艇は支援艦隊の重要な索的です。あなたの艤装、装備は魔改造せずとも個性が強く、訓練とともに大きな武器となり得ますので、死に物狂いで経験を積んでください」



提督「秋月さん秋津洲さん、明石君は海上で兵士を直せる技術を有しており、これは死ぬはずの味方を救うどころか、継戦すらさせられます。存在自体が味方の士気上昇に貢献します」



提督「その代わり、沈めば反動も凄まじいです。ここら辺は給糧艦の間宮さんが沈む、といえば分かって頂けると思います」



提督「秋月さん、秋津洲さん、支援艦隊ですが、あなた達はかなりの責を担っていることを忘れずに、明石君のフォローお願いしますね」



提督「将校艦隊ですら出来ない仕事を担っていると自覚して気を抜かないように」



秋月「アッシーについては日常的にフォローしてましたので、お任せください!」



秋津洲「大役。感動で泣きそうかも~……」



提督「明石君もお二人に頼るだけではダメですよ。その改造アンカー弾、用途は様々で回避にも応用できるのですから」



明石「大丈夫だよ。アッキーみたいな欠陥あるわけじゃねえし……」



秋月「あります。明石のお姉さんと山風ちゃんからもいわれてましたよね?」



明石「うるせえ。それは俺より明石の姉さんのほうが酷いだろ。愛の鞭かなんかは知らんけど」



提督「明石君の場合は役割を考えると、あなたの短気は大きな欠陥です。海のように深く穏やかな心をお持ちください」



明石「……うす」



提督「それでは第1、第2、第3、支援艦隊は」

 

 

提督「海に」

 

 

一同「ビシッ」


 

……………


……………


……………



卯月「……へっ」



提督「やさぐれてますね……」



卯月「ゴーヤにも頼んで探すの手伝ってもらってるんだけどー……」



提督「……」



卯月「うーちゃんの艤装どこぴょん?」



提督「あー……」



卯月「しれいかぁ~ん!」



卯月「今日は一段とうっざぁ~い~!うっそぴょんのうっそぴょ~ん、あははは~♪」ω・)凸



提督「今回は待機組として残ってください」



卯月「夜に司令官に呼び出されてからのアブーの様子が変だぴょん。その件について憲兵呼びたいんだけど、なんか酷いことした?」



提督「いいえ」



卯月「……理由はまだよく分からないけど」



卯月「いざとなったら奥義懐中電灯3つ装備で海へ戦に出るぴょん」



卯月「司令官も」



提督「意味が分からない……」



卯月「……北方棲姫?」



卯月「まさか、あの北方棲姫とか?」



提督「……いいえ」



卯月「なるほど、うーちゃんもなめられたものだぴょん」



卯月「うーちゃんはゴーヤと精神統一してるからなにかあれば館内放送使って呼ぶぴょん。なにかあれば、は分かるよね?」



卯月「アブーが暴走して北方棲姫と戦った時だぴょん。うーちゃんの声はきっとアブーの助けになるし」



提督「あなたは大人びてますね……うっそぴょんが怖いので出しはしませんが、まあ」



提督「了解です」



3

 

 

日向「敵水雷戦隊、沈めたが……」

 

 

伊勢「数が多い、ね。倒しても倒しても沸いてくる……拉致が明かない」


 

日向「レ級とネ級はこちら側にいるものの、明らかに鎮守府(闇)のほうを意識してるな」

 

 

伊勢「まあ、膠着しているのは今だけで丙さんの読みでは」

 

 

伊勢「あそこが右の戦線をこじ開けに来るみたいですから、それまではきっちりと敵数を減らしておきましょう」

 

 

日向「待て。通信だ」

 

 

日向「……了解。中央のほう」

 

 

日向「戦線をすごく押し上げてるとさ」

 

 

伊勢「乙中将かな」

 

 

伊勢「ま、誰でもいいよ。レ級やネ級は向こうに任せて狙うは同じく優先度の高いあの陸地にいる中枢棲姫、リコリスに繋がる道を」

 

 

伊勢「なるべく舗装してあげないと」

 

 

伊勢「甲さんと乙さんの艦隊も楽にしてあげなきゃだから」



日向「敵を倒しまくればいい」



4

 

 

レ級「うわ、中央の重巡棲姫が押されてる。つうかあの艦隊なにさ。得意な長距離砲撃せずにひたすらガンガン突進してるんだけど、怖っ」

 

 

ネ級「ネッちゃん達も押されてる……!」

 

 

ネ級「例の鎮守府の連中に」

 

 

レ級「とりあえずまだ持つでしょ。あの孤立上等の中央艦隊からお望み通り相手してあげようよ」

 

 

レ級「余計なやつらが本陣に行かないよう僕らも別れたほうがいいかも」

 

 

ネ級「へへ」

 

 

ネ級「ネッちゃん達、人気者!」

 

 

5

 

 

江風「ん、この反応、レ級か」

 

 

江風「まあ、見つけたならしゃーなし、あん時のリベンジしに江風が怒濤の勢いで」

 

 

江風「魚雷発射……ああ!?」

 

 

ドオン!

 

 

わるさめ「●ω●」オッス

 

 

わるさめ「あれは渡さないゾ?」

 

 

江風「味方に砲撃とか正気かテメエ!」

 

 

わるさめ「負けてもあいつだけは渡さないというのがこちらの優先なのだよ!」

 

 

江風「バーカ、今回の作戦の趣旨は知ってンだろ」

 

 

わるさめ「アーホ、お前がレッちゃん&ネッちゃんの相手だなんて役不足だっつの」

 

 

わるさめ「これはマジでわるさめちゃんからの優しさ。球磨型の艦隊引き連れてこねーと死ぬぜー」

 

 

 

わるさめ「それと、司令官から伝言」

 

 

わるさめ「なんでもするといったあの約束は今ここで」

 

 

わるさめ「内容は海屑艦隊幹部に関わるな、だってさ」

 

 

わるさめ「約束、守ってくれる?」

 

 

江風「…………」

 

 

江風「……ふざけてンの?」

 

 

わるさめ「あの司令官にそんなユーモアあればいいっスね……」

 

 

わるさめ「約束破るならどうぞ、ともいってたなー。まあ、お前はその程度の気軽な気持ちでなんでもする、とかいっちゃう」

 

 

わるさめ「約束の1つも守れねえダサ女☆」

 

 

江風「……恥は忍ぶし、詫びる」

 

 

江風「丙ちゃんからも、お前らに協力っていわれてンだ。その範囲で好きに動いていいとも」

 

 

江風「だけど、気楽に散歩して黙って見てろ……?」

 

 

江風「捕獲でも会話でも首でもお前らに従うよ。これでいいだろ。あのレ級には借りがある」

 

 

わるさめ「これだから甲のヤンキー姉ちゃんのところは……」

 

 

わるさめ「なんも分かってねえ。邪魔だから手を出すなって」ジャキン

 

 

わるさめ「見ている場所が違う。お前らの見ている景色に繋がる道を作るの。お前らは我慢してそのために私達の道を作るの」

 

 

わるさめ「話を聞く限りー、丙のやつは分かっているみたいだけど?」

 

 

わるさめ「ここから先は進ませないよー。このわるさめちゃんの屍を乗り越えて行けって感じかな」


 

ぷらずま「江風さん、邪魔なので大人しくザコに従事しているか、わるさめさんとやり合っていればいーのです」

 

 

ぷらずま「5分は止めておいてもらえるとこちらも助かりますが」スイイー

 

 

わるさめ「春雨ならまだしもこのわるさめちゃんが江風程度に負けるわけないじゃん」

 

 

江風「テメーらだけに任せンのは怖えンだよ」

 

 

わるさめ「まろーんっていわせてやるぞー」

 

 

江風「……しゃーなし」

 

 

江風「恨みっこなしで」



わるさめ「おーう! 後腐れなしの割り切った付き合いで夜露死苦!」



 

【4ワ●:勇気はあるかい?】


 

1

 


レ級「大破撤退する艦隊多いなー」

 

 

ネ級「押されてる。作戦で、数が」


 

レ級「全てチューキさんの予定通りの順風満帆だけどねー……」

 

 

レ級「まあ、ぷらずまかわるさめが会いに来るまでは退かないけどね」

 

 

 


白露「いっちばーん!」

 

 

時雨「扶桑さんが強引に道を開いてくれたお陰で」

 

 

夕立「レ級を捉えたっぽい!」

 

 

レ級「あれ、乙中将のとこか。なんか私が狙われてる……ならそうだなー」

 

 

時雨「本当に饒舌にしゃべるんだね……」


 

飛龍「白露一同! 君達はそーいうはしゃぐところを直せっていわれたでしょーが!」

 

 

飛龍「レ級を前にして、その態度はある意味大物だけど、油断したら沈むから!」

 

 

飛龍「それに前に出すぎたからすぐ下がるよ! レ級は電が相手する!」

 

 

 

レ級「こっちから向かおう」

 

 

レ級「先制魚雷あーんど」


 

レ級「砲雷撃戦じゅーんび」


 

2

 

 

ぷらずま(さて、深海棲艦verで懐に潜り込みましたが……)

 

 

ぷらずま(飛龍さんと夕立さん……乙さんのところですか)

 

 

ぷらずま(……)

 

 

ぷらずま(真正面からオールラウンダーのレ級とやるだなんて賢くないのです)

 

 

ぷらずま「司令官さんレ級を捉えました。白露、夕立、時雨、飛龍の4隻がレ級と交戦、しそうですね」

 

 

提督「まずはその4名を退けてレ級との接触に邪魔が入らないようにしてください」

 

 

提督「乙中将には申し訳ないのですが、1分1秒が惜しいので」

 

 

提督「ぷらずまさん」


 

提督「やり方は任せます。迅速な方法を取捨選択してください」

 

 

ぷらずま「●ワ●」

 

 

ぷらずま「了解なのです」

 


ぷらずま「では、味方を」

 

 

ぷらずま「攻撃します」

 

 

3

 

 

白露「や、やばい! 空母と雷巡と戦艦攻撃してきた!」

 

 

ガガガガ

 

 

時雨「手を動かそう」

 

 

夕立「む、向こうからまた艦載機が飛んできてるっぽい!」

 

 

時雨「あの艦載機、あの方角にそんな敵って索的で見当たらなかったけど……」

 

 

ガガガガ!

 

 

白露「……へ?」

 

 

白露「あの深海棲艦艦載機、私達を攻撃してるよー!?」

 

 

ドオン!

 

 

夕立「魚雷もきたっぽい!」

 

 

白露「時雨、ど、どういうことなのかなあ?」

 

 

時雨「このケース、乙さんが出撃前にいってたよ。恐らく鎮守府(闇)のわるさめさんかぷらずまさん……」

 

 

時雨「じゃないかなあ……」

 

 

飛龍「はい白露型の皆さん!」

 

 

飛龍「一旦退くよ!」

 

 

飛龍「電のやつ、こっちを!」

 

 

時雨・白露・夕立「了解!」ッポイ

 


ザパン



ぷらずま「●ワ●」

 

 

ジャキン

 

 

飛龍「潜水棲姫ver……」

 

 

ぷらずま「子犬ども」

 

 

ドンドンドオン!

 

 

白露「……、……あぶな!」

 

 

時雨「味方にどうして……」

 

 

ぷらずま「邪魔なのです」

 

 

夕立「い、電ちゃん……?」

 

 

ぷらずま「夕立さん、この間に遊んだ時から思っていましたが、作戦ですか?」

 

 

ぷらずま「なにが面白くて命を奪う場所で」

 

 

ぷらずま「楽しそうに」

 

 

ぷらずま「はしゃいでいられるのです……?」

 

 

ぷらずま「犬だからですか? まさか人のつもりではないですよね?」

 

 

ぷらずま「● ●」

 

 

飛龍「はい皆! 下がるよ!」

 

 

時雨「う、うん、白露、大丈夫かい?」


 

白露「なんとかー……」

 

 

夕立「電ちゃん」

 

 

夕立「夕立は悲しい」

 

 

夕立「っぽい」

 

 

ぷらずま「犬語は分からないのです。退くか私と戦うか、どちらか選べ」

 

 

夕立「……退くよ」

 

 

夕立「ばーか」ッポイ

 

 

 

ぷらずま「語彙が貧弱すぎてなにがいいたいのかよく分からないのです……」

 

 

飛龍「電」

 

 

飛龍「当てなくてよかったね」

 

 

飛龍「当ててたら絶対に許さなかったよ」

 

 

ぷらずま「外したこと、後悔したのです」

 

 

飛龍「……」



飛龍「ま、ちゃんと役割果たしてね。それじゃ私達は中央に戻るから」

 

 

 

 

 

 

ぷらずま「本当に……嫌になる」

 

 

 

 

ぷらずま「さて……」クルッ、スイイー

 

 

ぷらずま「お待たせしたのです」

 

 

ぷらずま「なにを陽気にくるくると踊るみたいにこっちに来て?」

 

 

 

レ級「…………まあ」

 


レ級「気にするなよ。こっちも余計な邪魔が入らないほうがいいんだ」

 

 

レ級「散歩するかい?」


 

レ級「化物同士で」スイイー

 

 

ぷらずま「……、……?」

 

 

レ級「相手はあの第6駆の電ちゃんだからね。僕がエスコートしましょう」

 


レ級「マドモワゼール♪」

 

 

レ級「深海棲艦と」

 

 

レ級「手を繋いでみないかい?」

 

 

レ級「その勇気は」

 

 

 

 

レ級「あるかい?」

 

 

4

 


ぷらずま「エスコート下手なのですか。私に合わせろなのです。引っ張られて手が……痛いです」

 

 

ぷらずま「お前」

 

 

ぷらずま「き"ら"い"な"の"で"す"」

 

 

レ級「ごめんごめん」

 

 

レ級「こっち側から眺める景色はどう?」



レ級「周りの低級深海棲艦。お前を同類認識して攻撃しないやつらをこっちに寄せてる」

 

 

レ級「君のためのロードだぞ?」

 

 

ぷらずま「最悪な景色なので帰りたいのです。私はテメーらのいない海を所望しているので」

 

 

レ級「聞いた通りの子だなー」

 

 

レ級「わるさめのやつは元気かー。リコリスママが気にしてたんだよ」

 

 

ぷらずま「ゆっくりお話は構いませんが、まずはエスコートされる私のほうからというのはどうなのです?」

 

 

ぷらずま「深海妖精の情報を喋れば、生かしてママのところに帰してあげてもいいのです」

 

 

ぷらずま「私を信じる」

 

 

ぷらずま「勇気は」

 

 

ぷらずま「ありますか?」

 

 

レ級「…………」

 

 

レ級「それ、こっちの言葉を信じるの?」

 

 

ぷらずま「それはこちらが判断することなのです。教えなければテメーは用済みなのです」

 

 

ぷらずま「知能はどの程度なのです。まさか、たかがレ級ごときで、私に勝てるとでも」

 

 

レ級「まあ、チューキさんからお前に教えてやれーって情報を渡されてはいるね」

 

 

ぷらずま「信憑性はこちらで判断するので、どうぞ」

 

 

レ級「……あー、いいよ」

 

 

ぷらずま「司令官さん、今からレ級と質疑応答を始めるのです」

 

 

提督「了解です」

 

 

レ級「……まあ」

 

 

レ級「深海棲艦の知能はしゃべれはするけど、バグってるからね。強く覚えているのは、ごくごく一部の思い出だから」

 

 

ぷらずま「艦娘だった頃の、ですか?」

 

 

レ級「……お前らどこまで知ってる?」

 

 

ぷらずま「司令官さん」

 

 

提督「自分の論説は教えてあげても構いません」

 

 

ぷらずま「私達とは違って、ベースを艤装として、肉体をまとった生物。艤装を核として動く」

 

 

レ級「バーカ」

 


レ級「ではないかな。かなりいい線いってるけど、肝心なところー」

 

 

レ級「深海妖精は確かに艤装と人間から、深海棲艦を建造するよ」

 

 

レ級「けどさ、それはなんていうんだろ。媒体に近い」

 

 

ぷらずま「……媒体?」

 

 

レ級「見ての通り僕らは生きてる」


 

レ級「艤装にどうやってここまで命を吹き込むか、考えたことある?」

 


ぷらずま「妖精の技術……?」

 

 

ぷらずま「深海妖精ならもしくは」

 

 

レ級「まあ、そうなんだけどさ」

 

 

レ級「人が人であるために必要なのは、なんだ。人間の身体を作ってもそこに魂がないと動かないだろ?」

 

 

ぷらずま「魂……なにをいうかと思えば、オカルトですか」

 


ぷらずま「まあ、妖精自体オカルトですが……」

 

 

レ級「君ら、軍艦の夢を見るだろ」

 

 

レ級「それは艤装のせい」

 

 

レ級「重要なのは艤装や人間の身体そのものではなく」

 

 

レ級「想いを宿した媒体」

 

 

レ級「君らが艤装の想いを宿すように、艤装は君らの想いを宿す」

 

 

レ級「なんで、だろうね」

 

 

レ級「なんで想いのこもったものはたくさんあるのに」

 

 

レ級「艤装のみ、なんだろうね」

 

 

ぷらずま「なら、あの司令官のいう通り」

 

 

ぷらずま「艤装をベースに人間の体をまとうことで」

 

 

ぷらずま「私達は反転する、と」

 

 

レ級「そうさ。君達の建造手順が反転したのが僕ら深海棲艦」

 

 

レ級「艤装がベースだぞ?」

 

 

レ級「艦娘が軍艦の性能を宿した人間と例えるのなら、僕らは」

 

 

レ級「人間の機能を宿した軍艦だ」

 

 

レ級「ま、ほとんどは君らが蟻を踏み潰すように葬りまくってるザコ敵になるんだけどねー……」

 

 

ぷらずま「他には?」

 

 

レ級「沈んだ時の艦娘ってさあ、なにを想い、艤装がどんな感情を強く刻むか、僕らを見て分かるだろ?」

 

 

レ級「分からないはずがないよね」

 

 

レ級「僕らは理解し合えるのに愛し合えない隣人だ」

 

 

レ級「綺麗な想いも汚い想いも強ければ、その全ては」

 

 

レ級「怨念」

 

 

レ級「お前らの戦いの想いに縛られた過去の亡霊だ」

 

 

ぷらずま「……へえ、やけに民間人を襲わずに艦娘や提督ばかりを狙うとは思っていましたが」

 

 

レ級「思い入れがある、からね。生物として矛盾した本能だよ」

 

 

レ級「君達しか見えなくなる」

 

 

ぷらずま「しかし、よくもまあペラペラと簡単に真実っぽいことゲロってくれましたね」


 

レ級「あー、深海妖精発見されたし、どうせ近い未来に行き着く」

 

 

レ級「とチューキさんが」

 

 

レ級「それに僕は勝とうが負けようがやることは変わんないからね。知能ある分だけ理性で本能を抑え込めるだけで」

 

 

レ級「君らの怨念で動く軍艦だぞ?」

 

 

レ級「沈むまで艦娘も提督も殺しまくるだけ」


 

レ級「一応、聞いとくけど約束守って帰らせてくれんの?」


 

ぷらずま「もちろん」

 

 

ぷらずま「ところでどこに帰るんですか?」

 

 

レ級「想い出の基地は江風のやつに潰されちゃったしなー……」

 

 

ぷらずま「ダボが。帰る場所を基地ではないのです」

 

 

ぷらずま「ちゃんと深海に還らせてあげるのです。お前らはそこで産まれたのですから」ジャキン

 

 

レ級「僕らは君達なんだけど」

 

 

ぷらずま「● ●」

 

 

ぷらずま「違います。甦った人間はゾンビといって、別の生き物ですから」

 

 

ぷらずま「お前らに限り、思考があるくせに、恨む。戦う。倒す。進む。なぜそんな行動原理をほざくのです」

 

 

ぷらずま「人を忘れた盲目だから」

 

 

ぷらずま「浅い海で」

 

 

ぷらずま「溺れる羽目になるのです」

 

 

レ級「……」

 

 

ぷらずま「っち。ただの死体処理に私達はどれだけ手こずっているのか」

 

 

ぷらずま「それを改めて思い知らせてくれたテメーには引導を渡してやるのです」

 

 

レ級「お前が人間だって?」


 

レ級「いいこと教えてあげよう」

 

 

レ級「お前は元には戻れないだろーね。無事に考えたらパズルして、考えてみればー?」

 

 

レ級「いや、辿り着けば?」

 

 

レ級「ママが、お前に会いたがってる」

 

 

ぷらずま「元に戻るとか戻れないとかくだらない。そんなこと目的ですらないのです」

 

 

レ級「さて、お話はここまで」

 

 

ぷらずま「なのです。最強クラスの深海棲艦のお手並みを拝見したいと」

 

 

レ級「憐れだよねえ。そろそろ……」

 

 

レ級「どっちつかずの!」

 

 

レ級「化物(フランケンシュタイン)だって気付けよなア!」

 

 

ぷらずま「なにをいうかと思えば。くだらないことを。もういいのです」

 

 

ぷらずま「ぷらずま」

 

 

ぷらずま「の」

 

 

 

ぷらずま「本気を見るのです」

 

 

 

レ級「ガ!」

 

 

レ級「オー!!」



5

 

 

ぷらずま(レ級は確か、16inc三連装砲と12.5inc連装副砲と高速深海魚雷と)

 

 

ぷらずま(この艦載機発艦数……)

 

 

ぷらずま(100くらい、いや、まだ艦載機発艦をし続けているので、もっと増える……)

 

 

ぷらずま「空を跳ね、海を跳ねて」

 

 

ぷらずま「まるで、生きてるみたい」

 

 

ぷらずま「綺麗、なのです」

 

 

ぷらずま「これが最強と名高い爆撃艦載機」



ぷらずま「飛び魚型ですか」

 

 

ぷらずま「……トランス」

 

 

ぷらずま「● ●」

 

 

6



レ級(確かセンキ婆と、リコリスママと、と北方棲姫と潜水棲姫と、駆逐古鬼と、空母棲姫と、深海海月姫)

 

 

レ級(今はリコリスママと北方棲姫マジモードと、空母棲姫)

 

 

レ級(深海海月姫の艦載機と)

 

 

レ級(例のギミック装甲、か)

 

 

レ級「くっそ、航空戦はかなり自信あったんだけどなー……」

 

 

レ級「発艦数がヤバすぎる……よくもまあ周りの深海棲艦を塵芥みたいに葬ってくれて……」

 

 

レ級「でも、例のクールタイムか。動きがトロいし、攻撃もしてこない」

 

 

レ級「16inc三連装砲と12.5inc連装副砲で」

 

 

ドドドドドド!

 

 

ぷらずま「……クールタイムの私を」

 

 

ぷらずま「攻撃してこず、艦載機を」

 

 

レ級「そのギミックさー、海月の艦載機を壊せばその装甲は死ぬんだろ! まずはどう考えてもそっちだろーが!」

 

 

レ級「さすがは鬼畜艦! 木を隠すなら森の中とは性格が悪いよね!」

 

 

レ級「でもさ! 深海棲艦型艦載機である限り、僕の砲撃範囲外に隠すこともないよね!」

 

レ級「味方に撃ち堕とされるかもしれないから!」

 

 

レ級「さー、飛び魚も艦載機を堕としまくれ!」

 

 

レ級「そんでレッちゃんの深海妖精による魔改造視力なめんなよ! 空に舞ってる海月型艦載機全部、見えてるからなア!」

 

 

ドドドドドド!

 

 

ぷらずま「……、……」

 

 

レ級「ぷらずまー! そこはわざと開けてるスペースだぞー!」

 

 

レ級「高速深海魚雷のために!」

 

 

ドオオン!

 

 

ぷらずま「……っ!」

 

 

レ級「ギャハハ、飛び魚と深海魚雷に耐え続けるなんてさすがだね。戦艦クラスでさえも真っ青になるのにさ!」

 

 

レ級「見て見て! 雨みたいに艦載機が堕ちてるよ! もうすぐ空のお掃除が終わるから覚悟しとけよテメエ!」

 

 

レ級「……?」

 

 

レ級(ぷらずまのやつが消えた……?)

 

 

レ級(いや、クールタイムから回復して潜ったのか……?)

 

 

レ級「聴音器も電探も僕には、ないけど」

 

 

レ級「……ギャハハ」

 

 

レ級「『最強深海棲艦:海屑艦隊』のレッちゃんだ」

 

 

レ級「雄々しく凛々しくたくましく」

 

 

レ級「百獣の王のごとし!」

 

 

レ級「ガオー!!」

 

 

7

 


ぷらずま(潜ったまではいいのですが、あのレ級の移動、かなり低速なのが気になる……)

 

 

レ級艤装「……」

 

 

ぷらずま(……ま、見つけやすいですけどね。あの長い尻尾みたいな魚雷発射管のおかげで)

 

 

ぷらずま(……、……)



レ級艤装「水中で見っけー」ギョロ

 

 

ぷらずま(……っ!)

 

 

レ級艤装「お前らと反転してんだよ」

 

 

レ級艤装「人間の馬鹿なところー。僕達の生命力が異常だと誤解してる」

 

 

レ級艤装「あくまで本体は艤装のこっちなだけなんだよね」

 

 

レ級艤装「全部撃ち堕としたからな。ギミックもないその柔い装甲耐久で」

 

 

レ級艤装「泣く子も黙る高速深海魚雷を受けてみろ!」

 

 

8

 

 

レ級「やっべ、直撃した。遊ぶつもりが本能に従い過ぎちゃった」

 

 

レ級「殺しちゃってはいないよな……?」

 

 

ザッパーン

 

 

ぷらずま「心配ご無用なのです。くたばれ」

 

ドオオン!

ドオオオン!



レ級「!?」

 


レ級「っぐ……!」クルッ、スイイー

 

 

レ級「この一撃は……」

 

 

レ級「センキ婆の、威力……!」



レ級「海月の艦載機ギミックは、解いて高速深海魚雷をっ、喰らわせ、たのに」

 

 

レ級「小破……止ま、り……?」

 

 

ぷらずま「中枢棲姫かリコリスに聞けばバレると思うので、そのくらい教えてあげるのです」

 

 

ぷらずま「なかば深海棲艦化に犯されているこの体、皮膚自体が装甲に切り替わります」

 

 

ぷらずま「応用、なのです」

 

 

ぷらずま「最後の海月型艦載機は」

 

 

ぷらずま「私の」

 


ぷらずま「身体の内側」

 

 

ぷらずま「ギミック解除とか、無理なのです。その鍵は私の装甲の内側にある限り」

 

 

ぷらずま「ギミック自体を破る方法はないです」

 

 

ぷらずま「史実効果艦は例外ですけどね」

 

 

ぷらずま「● ●」


 

レ級「ずる、過ぎるだろ……」

 

 

ぷらずま「さて、大破ですね?」

 

 

レ級「まだ……」

 

 

レ級「死ぬわけには、行かない」

 

 

ぷらずま「あーあ……」

 

 

ぷらずま「そっちには第1艦隊がいるのです。まあ、あの大破状態ならお友達でもどうとでもできますか」

 

 

ぷらずま「まだ中枢棲姫とリコリス棲姫がいますし、少し」

 

 

ぷらずま「司令官さんに報告がてら、休憩しますかね」

 

 

ぷらずま「司令官さん」

 

 

提督「はい」

 

 

ぷらずま「情報を渡します。その後5分程度を再生時間に消費し、次に進みます」

 

 

提督「了解です」

 

 

提督「しかし、自分が許可を出すまでは次の作戦は待っていてください」

 

 

提督「この通信の後、しばらく初霜さんに司令官を任せます」

 

 

ぷらずま「なぜなのです?」

 

 

提督「初霜さんに地下にいてもらったのです。鹿島さんも興味本意でついていきましたっけ」

 

 

ぷらずま「……混乱してます?」

 

 

提督「少し興奮してますね」

 

 

提督「深海妖精を確保出来たので、そちらを確かめる必要があります」

 

 

ぷらずま「!」

 

 

ぷらずま「了解なのです」

 

 

ぷらずま「では、レ級から得た情報を教えますね」



【5ワ●:見えた暁の水平線:長ったらしい人間(ファンタジー)の話】

 


1

 

 

提督「…………168時間で」

 

 

提督「ようやく誘えましたか」

 

 

 

 

 

提督「そして、想」

 

 

提督「確信の一言、ですね」


 

鹿島「……」

 

 

提督「鹿島さんのいう通り、彼等には心がありますね。あの手の深海棲艦はひどく人間的で情にも響く。動揺するのも致し方ありませんね」

 

 

鹿島「提督さん……それ、は?」

 


提督「1週間、168時間」

 


鹿島「その水槽の中にある腕と、艤装の破片と、艦載機の、残骸………?」

 

 

提督「……よっと」

 

 

提督「艤装と手を取り出しますね」

 

 

提督「……なるほど、消えるのか」

 

 

提督「もう1度、ぽいっと」

 

 

提督「……現れます、か」

 

 

鹿島「提督さん、1体なにを……」

 

 

提督「見えませんよね。妖精もいます」

 

 

提督「深海妖精です」

 

 

鹿島「ほ、本当ですか!?」

 

 

 

提督「はい。自分は」

 

 

提督「ずっと」

 

 

提督「君と再会したかったです」

 

 

 

深海妖精「?」

 

 

2

 

 

提督「大がかりなモノが要らないとは、睨んでいましたけどね……」

 

 

提督「この鎮守府の過去にやらかしてくれた例の提督の人体実験は……」

 

 

提督「提督の立場、いや、この戦争に関わるものなら、入手自体は可能。実に低燃費です。筋も通る」

 

 

鹿島「筋ですか?」

 

 

提督「ローリスクの手段でなくては、多くの人間が行き交う鎮守府で隠し通すのは難しい」

 

 

提督「恐らくぷらずまさんやわるさめさんに投与したあまりにも多くの深海棲艦の数、それに大佐の権限では難しい隠蔽の数々」

 

 

提督「将校の支援を受けていたのかと。丁准将、でしょう」

 

 

提督「……この戦いの」

 

 

提督「輪廻の仕組みは」

 

 

提督「艦娘が深海棲艦にリサイクルされるそのシステムが幅広く応用されています」

 

 

提督「いくつものファンタジーによりヴェールがかかっていました」

 

 

提督「妖精にも関係していたんです」

 

 

提督「明石さんが教えてくれた妖精の2面性、建造妖精は解体妖精に変わっているかもしれない。開発妖精は廃棄妖精に変わっているかもしれない」

 

 

提督「妖精可視の才もあり、その意思疏通レベルも高い。妖精とともにその人生を歩んだ彼女ですら、気付くのに30年以上もかかり、ようやく」

 

 

提督「なんとなく、のレベル」

 

 

提督「ならば、現存妖精のなかで意志疎通による融通を除いて、大きな二面性が現れていないのは」

 

 

提督「装備妖精」



提督「これらは多種多様ですね。女神妖精もそして操縦妖精も、たくさんの種がいます」



提督「その中で、最も臭いのは」



提督「操縦妖精」

 


鹿島「……?」



提督「理由はこいつが最も海に多く沈むからです」



提督「鹿島さん、あなたのあの過去は自分の思考を持って判断すれば、ある意味でぷらずまさんやわるさめさん以上の」



提督「悲劇、だと思います」



提督「あなたにも、自分が知り得たこの戦いの全てを自分の口から伝えておきたいです」



鹿島「す、べて……?」



提督「はい。順を追いますね」



提督「艦載機に搭乗していた妖精が海に沈むと消失するというのが一般の知識ですが」

 

 

提督「様々な条件をクリアしなければ発見が出来ない」

 

 

提督「こちらサイドの話ですが、条件1、深海妖精が観測できるのはごくごく1部、情報を加工し、拡散し、世界中の人に見てもらってなお」

 

 

提督「指の数で足りること」

 

 

提督「妖精可視に新たな分野、ですね」

 

 

提督「条件2、深海妖精へと輪廻するために約168時間を要する」

 

 

提督「条件3は今、試しました。艤装と、肉体を認識していること」

  

 

提督「それがなければロストを解きません」

 

 

提督「自分からも見えなくなります」

 

 

提督「そしてこれは後に調べるべきことですが、この深海妖精がロストの能力を持っていて、艤装と肉体をともにロストさせてその建造行程を隠すと思われます」

 

 

提督「まあ、深海妖精の詳細は後で軍にお任せしたほうが捗ります、かね……」

 

 

提督「これだけの条件に加えてそもそもの妖精という未知の隠れ蓑。なるほど、今まで上手く隠れていたのも頷ける」

 

 

鹿島「……でも、そこの艤装と肉体はロストしていませんよ?」

 


鹿島「おかしくないですか?」

 

 

鹿島「確か提督さんの予想では人間の体の一部と、艤装の断片のベース、資材……もあれば深海棲艦は建造可能、でしたよね?」

 

 

鹿島「違っていたということでしょうか……?」

 

 

提督「悔しい、ですね。自分の深海妖精論はけっこう間違っていました。まずこいつらロスト空間で深海棲艦を建造、するのでしょうね」




提督「ええと、確かこの冷凍庫に。こちらは通常艦娘の肉です。自分がこれをつかんだまま、水につけてみますね」

 

 

パチャン

 

 

深海妖精「……!」


 

鹿島「あ、なにかに引きずられるように、艤装が動いています!」

 

 

グイッ

 

 

提督「おっと、失礼」

 

 

提督「これを渡してしまうと、深海棲艦の建造が始まるので取り上げます」

 

 

提督「艤装が動いたのは深海妖精が触れて動かしたからですね。自分が持った艦娘の肉を取ろうとしてもいました。恐らく渡していればそれらを持って、ロスト空間に移動します」

 


鹿島「先程の手のほうでは反応をしても、建造はしなかったのですよね?」

 

 

提督「まあ、こちらの肉のほうがわるさめさんのものであるからです」

 

 

提督「彼女という特異な体に触れることで、その肉の情報を観測。深海棲艦のものと見なされている」


 

提督「深海棲艦から深海棲艦は造れない」

 

 

提督「ゆえにわるさめさんの肉では深海棲艦の資源として利用できない」

 

 

提督「しかし、中枢棲姫勢力の情報を踏まえますと、意思疏通できるものがいれば」

 

 

提督「すでに建造されている深海棲艦において彼等が失った肉はわるさめさんの肉でも構わない。艤装を直すように、修理できますね」

 

 

提督「そしてわるさめさんの肉は、ぷらずまさんの時とは反応が違います。破壊、いえ、失敗(ペンギン)現象ですが、それを起こそうとしない」

 

 

提督「深海妖精の認識において、わるさめさんはぷらずまさんとは違うということ、ですかね」



鹿島「……これは聞いた話ではあるのですが、確か電さんを深海に沈めた時、深海妖精は電さんに対してペンギン現象ですが、解体のような作業を行ったとか」



鹿島「深海妖精は反応したんですよね。でも、わるさめさんのその一部には反応しなかったのなら、むしろ電さんが解体可能で、わるさめさんが不可能、なのでは?」



提督「そこはまだ謎です。ですが、あの時はぷらずまさんを丸ごと、で、今回はわるさめさんの一部です。帰投したぷらずまさんとわるさめさんをこの水槽に入れたら判明すると思います」



鹿島「……」

 

 

鹿島「深海妖精は電さんやわるさめさんのような艦娘を改造できるんですよね?」

 

 

提督「まだ確かめてないので推測の域を出ませんし、長くなるので割愛しますが」

 

 

提督「恐らく深海棲艦の艤装と艦娘、それをそのままここに投げ入れ、意思疏通を駆使すれば」

 

 

提督「ぷらずまさんや、わるさめさんみたいな兵器が建造可能かと」

 

 

提督「まあ、その具体的な手法に辿り着くには狂人の域に踏み込まなければなりませんね」

 

 

提督「しかし、あくまですること自体は出来る、ですね」

 

 

提督「深海棲艦艤装を適応させられても、それはあくまで彼等の持つ深海棲艦建造技術の応用の範囲内です」

 

 

提督「解体のほうも建造の技術の逆行程なので可能ではあるでしょう。建造妖精が解体も、拙くとも少しは出来る仕組みと同じく」

 

 

提督「しかし、ぷらずまさんは解体できないとされている」



提督「それはなぜか」

 

 

提督「解体のほうはあくまで意思疏通により、妖精さんが行うことが可能となる技術なだけで」

 

 

提督「もともと彼等は『深海棲艦建造』の役割しか持たないからでしょう」

 

 

提督「技術的には可能だが、役割ではない。これは明石さんがいったのですが、建造妖精も解体もある程度できるが、意思疏通を駆使して少しだけ」



提督「深海妖精は深海棲艦建造妖精ですから、意思疏通で解体をさせても、少し程度になるのだと思います」

 

 

提督「だから『解体』のほうは可能ではありながらも、不備が出てくる」

 

 

提督「恐らく深海棲艦艤装の投与数、ですね」

 

 

提督「5か6の数までは解体可能なのかもしれません。しかし、ぷらずまさんの7の数は出来ない」

 

 

提督「7以上の数を投与すると」

 

 

提督「深海妖精はその被験者を艦娘ではなく、建造されている深海棲艦と認識する」

 

 

提督「対象に対しての役割を全うしたと認識するゆえ」

 

 

提督「深海妖精は役割を越えた意思疏通だと判断。それゆえ、解体を拒む。女神妖精がロストのこと聞いてもダンマリなのと同じです」

 

 

鹿島「……、……」

 

 

提督「ぷらずまさんやわるさめさんの建造についてはここらで置いておきますね」



提督「彼女達の『トランス現象』のシステムが、まだいまいち分かりません。こちらは中枢棲姫勢力に聞くほうが早いですかね……」

 

 

提督「……、……鹿島さん」



提督「その1、深海棲艦が沈んでも深海棲艦にはならない」

 

 

提督「その2、艦娘が沈めば深海棲艦が建造される」

 


提督「鹿島さん、これは前に龍驤さんとぷらずまさんの前でいったのですが……」



提督「クエスチョンです」

 

 

提督「ぷらずまさんが沈めば?」

 

 

鹿島「えっと、深海棲艦と艦娘の反応の両方が出ているので……あっ」

 

 

鹿島「その水槽の腕、わるさめさんのもの、なんですよね?」

 

 

鹿島「さきほど、深海妖精で建造出来なかったみたいなので……」

 

 

鹿島「ぷらずまさんやわるさめさんが沈んでも深海棲艦には、ならない?」

 

 

提督「自分と同じ見解です」

 

 

提督「そしてこの戦いを終わらせるためには今のところ考え付くのが2つ」

 

 

提督「深海妖精を産み出さない」

 

 

提督「が、これはこちらに艦載機、厳密には操縦妖精ですが、これを使用しないことと、なります」

 

 

鹿島「それは、む、無理です」

 

 

鹿島「航空戦力が勝敗の結果を決める、といわれているほどに、空母は重要視されているんですよ……?」

 

 

提督「ええ、なので現実的ではないですね」

 

 

提督「加えていえば」

 

 

提督「我々はこの戦いにおいて数えきれないほどの艦載機を墜とし」

 

 

提督「もしも、ですが、その全てが深海妖精と化しているのなら」


 

提督「深海妖精をどうこうするのは困難です」

 

 

鹿島「……ええ、現実的ではないですね」

 

 

提督「そしてもう1つが比較的、現実的です」

 

 

提督「深海妖精に深海棲艦を建造させない」

 

 

提督「この方法は」

 

 

提督「ぷらずまさんやわるさめさんを大量生産し、彼女達だけで深海棲艦と戦う」


 

提督「彼女らは深海棲艦に転生しない。倒せば倒すだけ敵が減る」

 

 

提督「と自分は考えていましたが……」



提督「見落としです。彼女達の肉は深海棲艦の資材とされないどころか、『艤装そのものが普段は消失しており、彼女達の想により現界するトランス現象』により、艤装すら資材として深海棲艦に与えない」



提督「自分が考えていた『深海棲艦を建造させない方法』により」

 


提督「『深海妖精を封じて深海棲艦を滅ぼす』」



提督「のではなく」


 

提督「『兵士の輪廻を封じる』」

 

 

提督「ことにより」



提督「『神に反逆する兵士』となる」



提督「自分より、広く深く高い視点です。ようやく確信に変わりました」

 

 

鹿島「……、……」

 

 

提督「正直、その信念だけは尊敬しますよ。彼は狂人ですが、科学者ではなかった」

 

 

提督「間違っても素晴らしいとはいいません。ですが、この戦いに終止符を打つために魂を燃やし、非道に魂を染め上げた」

 

 

提督「提督ではあるのかも、です」

 

 

鹿島「疑問ですね。なぜそれだけの功績を生んでおきながら、記録に残さなかったのでしょう」

 

 

鹿島「電さんやわるさめさんといった置き土産があるにしても、記録にして伝えてくれていたのなら……と」


 

提督「まあ、足がつかないように証拠を少なくしていたのが仇になったのかと」

 

 

提督「ここを滅ぼした深海棲艦が唯一の記録を抹消したのですかね。知能があるやつもいることですし……」

 

 

提督「まあ……」


 

提督「深海妖精そのものより」



提督「レ級のいった『想い』こそが」



提督「艤装、人間、妖精。その全てに共通しているんです」



提督「想がこの戦いの根源である妖精に繋がる情報であるということ」

 

 

提督「艤装に疑似生命とする、いえ、想を与えるのは妖精の技術であるということ」

 


提督「そして妖精が役割に忠実なのは、その一途さは、きっと」

 

 

提督「そういう想の塊であるからだと思われます」

 

 

提督「我々は彼らを『妖精』と認識していますが、彼等は『精霊』に近いですね」

 

 

提督「魂という名の想の塊」

 

 

提督「想だからこそ、そうであるかもしれないし、そうじゃないかもしれない。全てが曖昧であやふやで」

 


提督「ファンタジー染みています」


 

提督「想なら、船が女と例えられる認識から、艤装適性の男の小数点以下の適性率、女性に対しては異常な高い数値が出るのも説明はできますし」

 

 

提督「逆に、その船を操舵する提督は圧倒的に男性が多いのも」


 

提督「なぜ妖精は過去の軍艦ばかり真似るのか、なぜ最新式兵装の艤装は造ってくれないのか……」

 

 

鹿島「作れないから、ですか……?」

 

 

提督「そんなの彼等が……」

 

 

提督「過去の大戦に携わった、過去に生きた」

 

 

提督「その想だからじゃないですか?」

 

 

提督「だって、そんな昔の兵器ばかり作るのは……そんな想いを一途に持っているのは」

 

 

提督「精霊、いえ、妖精が過去の大戦に生きた人の想で出来ているからでは……?」

 

 

鹿島「っ! なる、ほど」

 

 

鹿島「艤装も建造も出来るし、解体だって、装備の開発だって、そのバラシだって、操縦だって出来、ますね」

 

 

提督「想だからこそ」

 

 

提督「予想できても断定が困難です。しかし、だからこそ彼等に対しての意思疏通のように付け入る隙もありますね……」


 

提督「まずは結果としてそうなっている、という事実から考えるべきでしょうけど……」


 

提督「ここらは置いておいて、今、見るべき点は……」

 


鹿島「彼等が故人の想で作られているのなら、疑問となるおかしい存在が、いますよね?」

 

 

鹿島「ぱっと思い浮かんだ深海棲艦を造る深海妖精に違和感が、あります」


 

提督「はい、同じくです。深海妖精は特殊過ぎる。深海棲艦を作るなんて、おかしいです」

 

 

鹿島「もしかして、この戦いで沈んだ艦娘の想、から出来て……」

 

 

提督「いえ、最初期の兵士は深海棲艦と戦ったのです。なので、艦娘が沈む前から深海棲艦はいた、と」

 

 

鹿島「では深海妖精の想は故人の恨みや憎しみから出来ているのでは……?」

 

 

提督「恨みや憎しみで、沈んだ艦娘をリサイクルして深海棲艦にする想、ですか……」

 

 

鹿島「そういわれると……」

 

 

提督「ですよね。その想の視点で考えるとモヤがかかります」



提督「最初、装備妖精のなかでなぜ操縦妖精に当てをつけたか、です」



鹿島「全ての妖精のなかでダントツで海に沈む妖精だから、でしたよね?」



提督「はい。深海妖精の想ではなく、その役割に焦点を当ててみますと……」

 

 

提督「大きな影が見えます」

 


提督「操縦妖精が墜とされ、海へと還り深海妖精となり、海に沈んだ艤装と人間を資材に深海棲艦を作る」



提督「まるで人間が思考したかのような」

 

 

提督「効率」

 


鹿島「……、……っ!」

 

 

提督「見えて、きました」

 

 

提督「すべての根元である妖精を生み出す想を、統べる存在」

 

 

提督「そしてそいつはその影を歴史に見せています」

 

 

提督「最初に殉職したのは始まりの艤装の電です。そして電の死体は確保された」

 

 

提督「しかし、初期には深海棲艦という下地は爆発的に増加した。そんなに大量の深海棲艦を作るために必要な人間を、艤装を、どこから? となりますね」

 

 

提督「その影の主がこの戦いの全てを作成する想を統べているのならば、深海妖精も含め、全ての妖精の能力を使用可能と見るべきです」

 

 

提督「つまり、輪廻を散りばめずとも、そいつの意思により、深海棲艦も艤装も量産可能であると思われます」

 

 

提督「それこそが、神が手を加えざるを得なかったこの戦いの下地です」

 

 

鹿島「で、でも、提督さんの疑問、に行き着きます。人間が必要なら深海棲艦が爆発的に増加した最初期には、かなりの数の人間が必要となるはずで」

 

 

鹿島「どこかで調達したのならそんな大量の殺人や行方不明者は記録に残りますし、人間自体を造り出せはしないです……よね?」

 

 

提督「『媒体』というレ級の言葉」



提督「深海棲艦を建造するにおいて、艤装がベースである彼等の肉は艦娘の肉体である必要はない、のかと」



提督「深海棲艦のいなかった海」

 

 

提督「先祖は、どこまでも行けました」

 

 

提督「多くの海で戦った」

 

 

提督「19世紀に、いえ、今まででどれだけの人間が海へと沈んだのでしょうね……」

 

 

鹿島「……あ、」

 

 

提督「資材は調達出来る。人間も集められ、艤装も作ることができる」

 

 

提督「この世界の海さえあれば、深海棲艦を大量にこしらえるのは可能です」

 

 

提督「そして多くの艤装もまるで、深海棲艦への対抗策を与えるかのように、妖精が製造を始めていますよね?」

 

 

提督「……、……」

 

 

提督「『河水が海へと流れ、雲を風が運び、大地に雨を降らし、木々が河に水を流す。この戦争はそれと同じく神が仕組んだ摂理だ』」

 

 

鹿島「それは先代元帥のお言葉、でしたか」

 

 

提督「ええ、自分の論説の源です。そもそも神とか、自然とかの前に」

 

 

提督「この戦いを、1つの世界として見るべきでした」

 

 

提督「でも、ファンタジーであるゆえに解明がなかなか進まなかった。手探りで進む対深海棲艦海軍の歴史のなかで」

 

 

提督「特異とされた人の命を救う女神や、応急修理要員も、その役割を創る想は人の心で比較的、想像が容易く説明もできます」



提督「しかし」



提督「深海妖精。人間と艤装の想から、深海棲艦を創る役割とか……」



提督「こいつの役割だけは明らかに何者かの影を踏めるほどに」

 

 

提督「意図的かつ」

 

 

提督「作為的すぎる」

  

 

提督「深海妖精、彼等だけは」

 

 

提督「『想の魔改造』をしたかのようです。この輪廻のため、足りない歯車として用意された存在だとしか思えません」



提督「妖精が自然、その自然は人の想で構成されている」



提督「ならそれを」

 

 

提督「仕組んだ」

 

 

提督「その影の主は、」



提督「神」



提督「『妖精は何者なのか』」

 


提督「その問いは『妖精の想はどこから来ているのか』と、より確信へ」

 

 

提督「その想を管理しているやつが」

 

 

提督「必ず、います」

 

 

提督「そいつが初期に、水を、大地を、雲を、木々をこしらえ、この戦いという世界の下地を作り上げ、効率的な輪廻をそこに植え付けた」

 

 

提督「妖精の想を管理する役割を持って、この輪廻戦を絶妙なバランスで仕上げた存在」

 

 

提督「死人の魂をも利用して、今を生きる人間を過去に縛り付けている」

 

 

提督「我々に過去の戦争の傷跡を突き付けて、多くの命を奪い続けている無垢な殺戮者が」

 

 

提督「妖精を従え、我々に」

 

 

提督「終わらない夢を見せている」

 

 

提督「純粋な神様がいる」

 

 

提督「深海棲艦じゃなかった」


 

提督「その神こそ我々がこの戦争を終わらせるために」

 

 

提督「倒すべき敵です」

 

 

 

 

 

 

鹿島「そ、んな……」


 

鹿島「では私達は……」ポロ


 

鹿島「何百人も……いえ、この戦いに携わっている全ての人間が、」

 

 

鹿島「深海棲艦じゃなくてっ」

 

 

鹿島「そいつに、弄ばれて傷つけられていた、ということでしょうか……!」ポロポロ

 

 

鹿島「深海棲艦は、私達以上の被害者なのに」

 

 

鹿島「私達はっ、」

 

 

鹿島「容赦なく彼等の尊き命を奪っていたと、いうことでしょうか……!」

 

 

提督「……、……」

 

 

提督「この説が当たればそうなります。鹿島さん今の話を別室のシステムから甲大将にお伝えください」

 

 

鹿島「っ……」

 

 

提督「お願いします」

 

 

鹿島「……了解、しました」

 

 

2




提督「中枢棲姫勢力が欲しがっている情報は恐らく……」

 

 

提督「なぜ全ての役割をこなせるその神がわざわざ輪廻を植え付けたのか」

 

 

提督「そこの疑問から生じる答えを、求めているんですね……」

 

 

提督(心当たりが、ある)

 

 

提督(中枢棲姫勢力、あなた達が人を傷つけたがらないのも、戦艦棲姫を犠牲にしてまでもわるさめさんを寄越して)

 

 

提督(いいたいこと、分かりました)

 

 

提督「『我々は仲間割れをしている場合ではない』」

 


提督「ファンタジー……」



提督「人の想(ファンタジー)なら、そんなの、我々は今まで――――」



提督「人間が人間を観て『理解できない未知だ』と頭を悩ましていたってことで――――」



提督「これ、何度目のオチだよ……?」



提督「我々が過去からなにも学べていないから歴史は繰り返すのか……?」



提督「??」



提督「分から、ない」



提督「中枢棲姫さん。あなたの、人間は人間に対しての理解が足りない。その言葉に、反論でき、ない」



提督「人類は、深海棲艦より愚かじゃないか……」



深海妖精「……」ジーッ



提督「…………聞こえ、ますか」



提督「先祖の魂…………」



 

提督「深海妖精さん」

 

 

提督「いえ、想、ですね」

 

 

提督「ごめんなさい」

 

 

提督「あなた達の過去のこと。もうあなた達の傷跡を、過ちを、命を燃やして生きようとしたその頃の痛みを、自分は知ったかぶりでしか語れません」

 

 

提督「あなた達の心を、苦しかったんだろうな、痛かったんだろうな、とか、そういう風にしか分からない」

 

 

提督「自分はまだ炎に焼かれることも砲弾で砕け散ることも、艦とともに沈むことも体験してなくて」

 

 

提督「分からないんだ」

 

 

提督「でも、今の人間だって」

 

 

提督「大切な人を失う悲しみは分かる人がたくさんいるから」



深海妖精「……」

 

 

提督「18世紀には」

 

 

提督「神が、死んだね」

 

 

提督「19世紀には」

 

 

提督「人間も、死んだよね」


 

提督「そんなんだから」

 

 

提督「今世紀では」

 

 

提督「神と人が化けて出たのかな?」

 

 

 

提督「自分は、昔に君を見た」

 

 

提督「でも艤装もなかったし、条件がおかしい。合っているはずの理論が崩れる」

 

 

提督「それが、心の力……?」



提督「理論を置き去りにする可能性なの?」



提督「なぜあの時、自分の前に」

 

 

提督「姿を、現したの……?」

 

 

提督「想いによる奇跡、だとでもいうのかな」



提督「妖精さん、もしかして、あの時さ」




提督「自分が、君を見つけた」

 

 

提督「そうじゃなくて」

 

 













――――君が、自分を見つけてくれたのかな?

 

 




提督「自分を見透かして、心とか想をさ、理屈で語る自分を嘲笑いに来たの?」

 

 

提督「それとも、助けてって、伝えたかったの?」

 


提督「それとも、なんとかしろって、ことだったのかな……?」

 

 

提督「分かんない。想って苦手でさ」

 

 

 

提督「……対面する」

 

 

提督「武器を手に入れましたから。自分否定のために、戦争終結を心したあの時を越える」

 

 

提督「怒りだ」

 

 

提督「深海棲艦と手を結んでまでも。この戦いの傷跡をこの胸に抱いて」

 

 

提督「この鎮守府は闇と向き合います」

 

 

提督「人間が死んだ。そう評された時代と向き合い」

 

 

提督「なおも厚かましく」

 

 

提督「嵐のなかを押し進み」

 

 

提督「命の炎で闇を照らし」

 

 

提督「大きく帆を張ります」

 

 

提督「どこにいる………」

 

 

提督「過去の人間の心を玩具のように愚弄しただけに留まらず」

 

 

提督「この時代に産まれた子供達さえも」

 

 

提督「過去の軍艦のように扱い、闇に縛り付け、成長と未来への歩みを妨害した……」

 

 

提督「あの子達は今を生きる人間だ……」



提督「馬鹿に、しやがって……」

 

 

提督「お前だけは絶対に」

 

 

提督「赦さない」

 

 

提督「必ず引きずり、出す」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

――――――――海の傷痕。



【6ワ●:例の北方棲姫 2】

 


1

 

 

瑞鳳「敵機発見……」

 

 

阿武隈「……、……!」

 

 

瑞鳳「阿武隈さん、姫級、ですね」

 

 

阿武隈「あたしは……この深海棲艦を忘れた日はありません」

 

 

阿武隈「ずっと、会いたかった」

 

 

阿武隈「北方棲姫!」


 

 

 

 

 

北方棲姫「……?」

 

 

2

 

 

提督「阿武隈さん、倒す必要はありません。甲大将と乙中将が対象の敵艦隊を殲滅していますので」

 

 

提督「北方棲姫の行動のパターンは知っているはずです。探知した大きな動きのほうを叩きにかかる、ので」

 

 

提督「その現在位置からまずは乙中将艦隊のほうに旋回して向かいます」

 

 

提督「背を追えば敵地の中心部を通過せざるを得ないので、退いてもらえると」

 

 

阿武隈「なら敵陣に斬り込まず、迂回して追えばいいんですよね?」

 

 

提督「いえ、阿武隈さんが北方棲姫を倒す必要はありません。乙中将と甲大将に任せればいいです」

 

 

阿武隈「必要は、ありますっ!」

 

 

提督「阿武隈さん、自分がわざわざあの場で誓わせたこと、お忘れですか」

 

 

阿武隈「いえ、いいえ、覚えてます。けど、けど……いざ目の前にしたら、ダメ、でした」

 

 

阿武隈「由良さん、いえ」


 

阿武隈「皆の、仇です」

 

 

提督「いえ、仇は深海棲艦です」

 

 

提督「仇を取ることは彼女達の志を引き継ぎ、この戦いに勝つことであり、北方棲姫に固執することでは決してありません」

 

 

阿武隈「ズレています」

 

 

阿武隈「提督さんは大切な人を誰かに殺されたら、その犯人ではなく、人間そのものを恨み、滅ぼすのですか」

 

 

提督「それは揚げ足取りですし、ズレているのは阿武隈さんの焦点のほうです」

 

 

提督「阿武隈さん、もう1度、質問です」

 

 

提督「これは個人の戦いではないと分かった上ですか?」

 

 

提督「第2艦隊をわざわざしなくても済む戦いに巻き込んでまで、仇討ちをしたいのですね?」

 

 

阿武隈「……それ、は」

 

 

提督「お答えを。それによって自分からのお願いが変わります」

 

 

阿武隈「なら! あたし一人で行きます!」

 

 

提督「……了解」

 

 

3

 

 

提督「瑞鳳さん」

 

 

瑞鳳「はい」

 

 

提督「第2艦隊の旗艦、お願いします。阿武隈さんはとりあえず今は放置で構いません」

 

 

提督「甲大将に自分からお願いしておきますので」

 


瑞鳳「構わないんです、けど」

 

 

瑞鳳「本当に阿武隈さん一人で行かせる気ですか?」

 

 

提督「まあ、後々阿武隈さんを追ってくださると」

 

 

瑞鳳「北方棲姫と戦闘するということですか?」

 

 

提督「……ええ。正し味方の後方を通る安全航路です。交戦までのルートはこちらから指示します」

 

 

提督「そして今からこの戦い終了までの遭遇する敵艦隊を教えますので、それを頭に入れてください。そのうえで第2艦隊に今から帰投までの指示を出しますので」


 

提督「この展開に備えて支援艦隊をそちら方面に近い場所で待機させています」

 

 

提督「敵艦隊がその自分の予想以外の行動を取った場合のみ、連絡を。初霜さんが応答するかもですが彼女には伝えておきますので、その指示に従ってください」

 

 

提督「その時以外は旗艦の瑞鳳さんに第2艦隊の指揮をお任せします」

 

 

瑞鳳「私は旗艦経験は薄いですけど、それほどの指示をくれていますし、問題はありません。提督は第一艦隊の指揮に専念なされるのですか?」

 

 

提督「いえ、すでに第1艦隊のほうには指示を出していますし、後のことは現場の指揮はすでに龍驤さんにお任せしております」

 

 

提督「自分は中枢棲姫勢力幹部とのやり取りという優先事項があります」

 

 

瑞鳳「そう、ですね。了解です」




【7ワ●:スイキの心】



1



水母棲姫「……やばー、小破だわ」



大井「はい? 木曾、こいつ今なんていったのか分かります?」スィィー



木曾「小破だと」スィィー



水母棲姫「あんたらなんなのよ! なんでどんどん接近してくるの!?」



北上「お話したいからさ」スィィー



水母棲姫「お話したらどっかに消えてくれるのかしら?」



大井「深海棲艦さん、耳が腐るので喋りかけるの止めてもらえます?」



水母棲姫「ムチャクチャね!?」



水母棲姫「話すことなんてないわよ! 戦闘民族球磨型御一行にストーカーされるとかほんっと最悪!」



水母棲姫「くじ引きで甲大将のところ相手することになるなんて、生きている頃も死んだ後も、私の素の運のなさを呪うわ!」



大井「……」



北上「名前はスイキちゃんだっけ。どうぞ続けてー。今回はあんたらを地獄に落とす作戦じゃないし」



木曾「姉さんあのさ、こいつの相手は俺がしていいか?」



大井「まあ、突っ込み過ぎて味方から孤立して深海棲艦に囲まれています。周りに大したやつは見当たらないとはいえ、油断大敵ですね」



北上「じゃー大井っち、周りのやつは私らがなんとかしよっか」



木曾「さんきゅ」



水母棲姫「馬鹿めー! 一人なら少しだけ遊んであげるわ! 5inch連装両用莢砲アーンド5inch連装両用莢砲!」



水母棲姫「ドドドドド!」



水母棲姫「ドン!」



木曾「おらよっと」



水母棲姫「アアアアア!?」



水母棲姫「その抜刀術なによ! その剣で弾を全部、弾いちゃうの!?」



水母棲姫「動体視力とか反射神経とか色々と素質が、狂ってない!?」



木曾「あのさ、お前は」



木曾「『最強の深海棲艦』だろ」