2018-04-16 12:15:36 更新

概要

シリアスです。


「わたしを埋めたら、桜を植えてね」

 夕暮れも終わりを告げる空の下、彼女は屈託なく微笑んだ。

 彼女の背後には複数の、白とも紅とも判別のつかない花びらが無数に散っていく。

 少し離れた場所に立つ僕の後ろからは、開けっ放しの自室の窓からピアノの音色が響いて来る。

 つい先ほどまで、彼女に乞われるまま僕が奏で、録音したばかりのものだ。

 ショパンの別れの曲。

 彼女は無造作に、被っていたニット帽とウィッグを脱ぐように外して、軽く首を振った。

 黒く艶やかで長い髪が、さらさらと滑るように宙を舞う。その動作すら絵のように美しいと、そう思う。

「わたしに根を張って、ぐんぐん育つの。咲く花はやっぱり赤いのかしら。楽しみね」

 どこか台詞染みた口調が、やけにしっくり来るのがおかしかった。

 静かに、ゆっくりと近付いて来た彼女が僕の手を取る。

 その指先が、酷く冷たくてゾッとした。

 とても非現実で、夢のよう。だけど、その冷たさだけが現実だと思い知らされて。

 まだこれから起こる非現実を、決して忘れるなという、暗示かのように思えた。

 そして、彼女はその口で、更に告げる。

「幹や枝が伸びて、蕾をつけ、花開くの。それをずっと見守ってね、貴方が」

 儚げに柔らかく微笑みながら、彼女はいつも僕の心を突き落として殺す。

 暗示で、呪いの言葉だ。

 僕が用意した薬が、一つでないことを知っていて。

「……ああ」

 それでも僕は彼女が望むままに、彼女の終の言葉に従うのだろう。

 だから、掘ったのだ。

 二人で一緒に。大きな、穴を。


 だから、その穴には僕が君を。


「さようなら、好きだったわ」

「さようなら、僕も好きだよ」


 殺して埋めよう。


このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください