2019-04-30 22:17:39 更新

概要

平穏な鎮守府。提督は艦娘たちと戯れながら仕事をし、料理をし、平和な日々を満喫するのであった。


【ヒトロクマルマル】


――執務室――



提督「Zzz」


島風「……」


提督「ん……」


島風「あ、提督起きた」


提督「ううん……ああ…………おはよぅ」


提督「で、なんで揃いも揃って人の顔見てんだ?」


島風「おもしろいから」


雪風「しれーの寝顔素敵です!」


時津風「見てて楽しかったよ」


天津風「別にあなたの寝顔に興味があったわけじゃないんだから!」


提督「ああ、そう……」


提督「まぁ僕もみんながくっついてすやすや寝てるの見て楽しんだし」


天津風「なっ!?」


提督「おあいこってことにしておこう」


島風「ふふ、提督がそれでいいならいいよー」


雪風「でも雪風たちはまだまだ楽しみます!」ダキッ


時津風「しれ~」ダキッ


天津風「……」///


提督「よーしよし。好きなだけ楽しめ~」ナデナデ


提督「ああ、でも。そろそろ仕事をしないといけないな。明日に響く」


島風「えー、今日はお仕事しないんじゃないの?」


提督「最低限のことはしとかないとな。資源確保と書類の整理くらいだが」


提督「みんな、手伝ってくれるか?」


駆逐艦s『はーい』


提督「天津風、工廠に行って建造開発と資源の確認をしてきてくれ」


天津風「しょうがないわね。行ってきてあげるわ」


提督「雪風、このリストのメンバーを招集して遠征に行かせてくれ」


雪風「はい! 雪風におまかせください!」


提督「時津風は育成艦隊に演習の指示を」


時津風「はーい。じゃあちょっと行ってくるね」


提督「島風は今日来た書類を分けてくれ」


島風「りゅーかいです! スピードなら誰にも負けません。速きこと、島風の如し、です!」


しゅぱぱぱぱぱ


提督(本当に書類分けんの速いなぁ……)


提督(これが大淀の持ってきた指令書か。どれどれ)


提督「ほぉう……。これはまた」


島風「提督! 仕分け終わりましたよ!」


提督「ありがとう。さて、ここから火急の案件だけちゃちゃっと始末するか」


島風「急ぐんですね! 速さなら島風にお任せください!」


提督「ま、そんな急ぎの案件なんてないとは思うけど。今日やった方がいいやつはやっておこう」


島風「了解です!」ピシッ


――――


――


提督「まぁ、こんなものか」


島風「今日のお仕事おしまーい!」


天津風「戻ったわよ」


時津風「はーぁ、疲れた疲れたー」


雪風「ただいま戻りました!」


提督「はいおかえりー。お疲れさま」


時津風「しれー、お腹空いたー」


提督「なんだもう腹減ったのか」


天津風「そうは言っても、もう6時前よ。そろそろ夕食の準備をする時間だわ」


提督「ああ、寝たせいで少し感覚がずれてた」


時津風「どこか食べにいこー」


提督「しかし夕食には少し早いな……」


提督「そうだ、僕が作るか。出来上がるころには丁度いい時間だろう」


雪風「しれーがつくってくれるんですか!」


時津風「え? しれーが作るってー? 大丈夫かなー……。手伝おうかー?」


島風「大丈夫じゃない? 提督そこそこ料理できるし」


提督「これでもみんなによく作ってるんだぞ?」


天津風「そういえば、ここの調度は『提督の作る食卓』だったわね」


提督「そういうこと。夕食なら任せなって」


提督「ああ、でも。みんなにも手伝ってもらおうかな。そのほうが早い」


島風「なにつくるのー?」


提督「手の込んだものじゃない。肉じゃがだ」


雪風「肉じゃがって簡単に作れるんですか?」


提督「切って炒めて煮るだけだ。そう手間じゃない」


天津風「そんなこと言ったら大抵の料理は切って火を通すだけじゃない……」


提督「とりあえず面倒なことはしないってことさ」


提督「みんなはジャガイモとかを皮剥いて切っといてくれ。僕は間宮さんからお肉もらってくる」


駆逐艦s『はーい!』



――――


――



提督「まぁ、こんなもんですよね」


時津風「とくにおもしろみのない調理だったねー」


提督「調理のどこにおもしろみを持たせろと」


時津風「えっとねー。具材を高速で返しながらワインを注いで火柱を立てるとか」


提督「難易度たかっ! ていうか鍋じゃどうやっても返せないだろ」


時津風「そこは気合で」


提督「んなバカな」


天津風「もう、ふざけるんじゃないわよ。そろそろ出来上がるんじゃない?」


雪風「いい匂いです!」


島風「はやく食べましょー」


提督「それじゃご飯や味噌汁をよそってくれ。肉じゃがは鍋ごと持ってって机で取り分けて食べよう」


時津風「わーい。ごっはん~♪ ごっはん~♪」


雪風「しれー! ごはんはどれくらい食べますか?」


提督「とりあえず普通に盛っといて」


雪風「りょーかいです!」


天津風「ねぇ、取り皿はどこにあるのかしら」


提督「そこの戸棚の下段だ。白いのがまとまっておいてある」


天津風「あら、シンプルなデザインね。いいじゃない」


提督「部屋に合わせて落ち着いたので揃えてある」


島風「ていとく~、飲み物どこ~」


提督「あー。冷蔵庫のはなくなったか。奥のウィスキー棚の下の収納にジュースがまとめてある」


島風「あ、あったあった♪ みんななに飲む?」


雪風「オレンジジュースがいいです!」


時津風「ラムネある?」


天津風「りんごジュースでお願い」


提督「マウンテンデュー」


島風「わかった。缶ジュースは洗って持ってくね」


提督「サンキュー」


雪風「しれー、はやくはやく!」


提督「おーう。今持ってくよー」


ゴト……パカッ


時津風「わ~。おいしそー」


雪風「雪風感激です!」


提督「さ、好きなだけよそりな。たくさんある」


天津風「いい仕上がりね」


島風「私の分も残しといてねー」ジャバジャバ


雪風「島風ちゃんのぶんもよそっておきますね」


島風「ありがとー」テクテク


提督「よし、じゃあみんな。一日お疲れ様」


提督「いただきます」


駆逐艦s『いただきまーす!』


ア、コレワタシガキッタヤツ


コノオニクオイシー


提督(みんな美味しそうに食べて。ほほえま~)


天津風「あら、あなた箸が止まってるわよ。自分で作ったんだからどんどん食べなさいよ」


提督「天津風も手伝ったんだ。遠慮せずどんどん食え」


天津風「言われなくても、そうするわよ」


島風「提督! はい、あーん」


天津風「!?」


提督「ああ、ありがとう」ぱく


島風「どう?」


提督「うん、おいしいよ」


島風「そう! じゃあ私にもあーんして!」


提督「はい、あーん」


ぱく


島風「ん~!! おいしい~!」


雪風「あ! ずるいです! 雪風にもしてください!」


時津風「わたしにもー」


天津風「……」///


提督「こらこらそう慌てない。みんなしてあげるから」


天津風「……」パァア!


提督「ほら、口出して。あーん」



【フタヒトマルマル】


――提督の私室――



島風「提督、お風呂出たよ」


提督「おう。今日は動いたからな。さっぱりできたか?」


島風「うん。すごく気持ちよかった」


提督「それはよかった」


時津風「しれー、ゲームしよー」


提督「お、いいぞ。たくさんあるからな。なにやりたい?」


雪風「雪風あの戦闘戦術偵察機が出てくるゲームがしたいです!」


島風「え~、速くてかっこいい車のゲームしようよー。赤いパッケージの3作目のやつ」


天津風「順番にやればいいでしょう」


提督「モニター2つあるから別々にやってもいいぞ」


時津風「えー。しれーと一緒じゃないとやだ~」


提督「わかったわかった。じゃあ、じゃんけんして順番な」


ジャーンケーンポン!


ヤッタ―!


――――――


――――


――


島風「すぅ……」


雪風「んー……」


天津風「ふぅ……」


時津風「むにゃ……」


ナデナデ


提督(ふふ……。またみんな遊び疲れて寝ちゃったな)


提督「よっこいしょっと」ダキッ


スッ


提督「毛布かけてっと……」


駆逐艦s『Zzz』


ナデナデ


提督「ゆっくりおやすみ……」


ナデナデ


提督「……」


ガチャ……バタン



【マルマルマルマル】


――宿舎・廊下――



加賀「お出かけですか?」


提督「ああ」


加賀「こんな時間に大変ね」


提督「仕事だから仕方ない」ヤレヤレ


加賀「そういえば大淀さんが持ってきた指令書、何が書いてあったの? 彼女も知らないみたいだったけど」


提督「なーに、また出張さ。大本営へ顔を出せとのお達しだ」


加賀「そう……」


提督「そんな顔するな。どうせすぐ戻る」


提督「明日……ってもう今日か。午前中に大本営に着いて午後には現場入り。翌日昼までに仕事を済ませて午後に帰投」


提督「かなり余裕がある。仕事が夕方まで伸びてもなんとかなるだろう。明日の夜には帰ってくるよ」


加賀「あの…………」


提督「なんだい?」


加賀「いえ。その……お気を付けて」


提督「ああ」ダキッ


加賀「……」///


提督「ちゃんと帰ってくるよ」ナデナデ


提督「みんなをよろしく頼む」


加賀「わかりました」


提督「じゃ、行ってくる」


スタスタスタ


加賀「……」


加賀「……お気を付けて」



後書き

なでなで


このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください