2019-08-07 12:07:22 更新

【ヒトヒトマルマル】


――鎮守府・執務室――



提督「最近艦隊のお艦こと鳳翔さんが着任された」


加賀「そうね。ここも随分と人が増えたわね」


提督「軽巡や戦艦も着任してなんとか戦力もまとまってきました」


加賀「これまでのように敵戦艦に苦しめられることも減って来たわね」


提督「そんなこんなで頑張ってた結果、本営から褒賞艦が来ることになりました」


加賀「あら、よかったわね」


提督「というわけでどうぞお入りください」


ガチャ


赤城「航空母艦、赤城です。空母機動部隊を編成するなら、私にお任せくださいませ」


加賀「赤城さん!」


赤城「加賀さん!」


加賀「お久しぶりです。いつこちらに? 連絡をくだされば迎えにいきましたのに」


赤城「加賀さんがいるとは聞いてなくて……。でもよかった。また一緒に戦えますね」


提督「2人は知り合いだと聞いたもんでね。ちょっとドッキリさせようかと思って黙ってた」


加賀「提督も人が悪いですね。赤城さんが来ると分かっていればそれなりに……」


赤城「いいんですよ加賀さん。私はあなたと再び肩を並べられるだけでも嬉しいです」


赤城「改めまして、航空母艦、赤城。本日付で着任となりました。何卒宜しくお願い致します、提督」


提督「よろしね~。部屋は加賀さんと同じところ使って」


加賀「やりました」


提督「加賀さん、赤城さんを案内してあげて」


加賀「了解しました。行きましょう。赤城さん」


赤城「ええ。よろしくお願いしますね」



【ヒトフタマルマル】



――食堂――



提督「そんじゃ、赤城さんの着任を祝して、かんぱーい!」


艦娘s『かんぱーい!』


提督「いや?やっぱ鳳翔さんの料理は美味な?」


鳳翔「お褒め頂き光栄です。言ってくださればいつでもお作りしますよ?」


提督「やったー!」


提督「いつでもこんな美味しいご飯が食えるなんて幸せだな?」


鳳翔「ふふ、提督ったらお上手ですね」


ワイワイガヤガヤ


赤城「とても賑やかなところですね」


加賀「そうね。ついこの前まで10人にも満たない小さな鎮守府のに今ではその倍近くまで大きくなりました」


赤城「ここの提督はいい人なのね」


加賀「どうでしょう。仕事はサボろうとしますし、いい加減なところも多いわ」


赤城「んふふ」


加賀「赤城さん?」


赤城「口ではそう言っても、私には分かります。先程から何度か提督を目で追ってますよ?」


加賀「そ、それは……」///


赤城「加賀さんが認めているんですもの。いい人に違いありません」


加賀「別に私はあの人を認めてるわけじゃ」


赤城「もっと自分に素直になっていいんじゃないですか?」


加賀「赤城さん……」


加賀「でも……」


赤城「モグモグモグ」丼10杯目


加賀「あなたは自分に正直過ぎではないかしら?」


ザワザワ


ナニアレ


スゴイ


赤城「んー!! 本当に美味しいですねここのご飯」モグモグ


加賀「はぁ……。まぁそこが赤城さんの魅力ですものね」


赤城「加賀さんもどんどん食べましょう!」


加賀「ええ。お供するわ」


提督(大食艦が2人……。資源が……資源が……)



【ヒトサンマルマル】


ーー執務室ーー


赤城「それで提督。私はどのような任務に就けばよろしいでしょうか?」


提督「うーん……。現状ウチでは戦力増強を図ってるから、基本的に演習や哨戒任務による練度向上かなー」


赤城「新海域での作戦は実施なさらないのですか?」


提督「それなんだよ。沖ノ島方面に偵察部隊を送ったんだけどさ。敵がめっちゃ強くて危なかった」


赤城「それは……危険ですね」


提督「なんで現状は艦隊の強化に努める。無策に突っ込むわけにはいかないからね。赤城さんは加賀さんと連携して航空隊の指揮を」


赤城「了解しました」


提督「まぁ今日は着任初日だし、のんびり鎮守府内を見て回るといい。まだ小さなとこだけどみんな頑張ってくれてる。きっと気にいると思います」


赤城「先ほどの歓迎会でも充分良くしていただきました。ここが良いところだということは肌で感じられました」


提督「それはよかった」


赤城「もしよろしければ、提督もご一緒にどうでしょう? せっかくですので、提督自ら鎮守府を案内して頂きたいのです」


提督「いいよ?。どうせ忙しい訳でもないし」


赤城「よろしくお願いします」


赤城「加賀さんも誘ってよろしいですか?」


提督「大丈夫だよ。やっぱり気心の知れた人がいると落ち着きます?」


赤城「はい。加賀さんがいるととても心強いですね」


赤城(それに、加賀さんはもっと積極的に行くべきです。この機会に……)


提督「それじゃあ、まずは空母寮から行きますか」


赤城「はい。よろしくお願いします」ニコッ


このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください