2021-04-20 11:39:57 更新

概要

細かすぎる文章なので読みにくいですがご了承下さい。
たくさんの評価+応援+オススメ+コメントお待ちしています!


前書き

優しい目で見守って下さい!
評価、応援、オススメ、優しいコメントよろしくお願いします!
(所属艦娘:吹雪 叢雲 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 長月 菊月 三日月 望月 朝潮 霞 綾波 敷波 白露型 野分 嵐 萩風 舞風 神風 朝風 旗風 曙 秋月型 島風 天龍型 夕張 大淀 川内型 アトランタ 香取 鹿島 多摩 木曽 長良型 明石 古鷹型 青葉型 高雄型 最上型 鳳翔 隼鷹 祥鳳 瑞鳳 赤城 加賀 蒼龍 飛龍 翔鶴 瑞鶴 大鳳 長門型 大和型 金剛型 伊勢型 扶桑型 アイオワ ガングート(オクチャ) ポーラ 速吸 大東)


-大本営 某所-


ガチャ


四人「…」ボロボロ


獅子丸「…本日をもって獅子部隊は解散する」


獅子丸「そして、俺達は二階級特進の待遇を貰うことになった」


参謀「…」


副長「待てよ…特進の上に解散ってどう言うことだよ!」ガシッ


大尉「副長!」


中尉「…解散の上に殉職扱いですか」


獅子丸「…上からの命令だ」


副長「なんでだよ…」ヘタッ


獅子丸「俺達はもう戦力外だ これからは艦娘達の時代だ」


大尉「艦娘か…」


獅子丸「海軍に残るのなら、艦娘達と共に戦う だが、前線に出ることはないだろう」


中尉「後方で指揮ですか…」


獅子丸「そうだ」


カチャン シュパ


参謀「隊長 申し訳ないですが自分は降ります」フー


獅子丸「…」


副長「俺もだ あいつらと戦うなんてまっぴらごめんだ」


副長「すぐにでも殺したい」


大尉「自分も降ります」


中尉「自分も降ろさせて貰います」


獅子丸「…そうか」


副長「隊長は?」


獅子丸「俺は残る だが、艦娘の指揮を取る気は無い」


副長「こんな腐った所になんの未練が」


獅子丸「…都合だ」


副長「…」


獅子丸「これで戻る」


ガチャ バタン


参謀「…」フー


参謀「…こんなに葉巻が不味いなんていつぶりだ…」


----


提督「…」パチッ


提督「…」ムクッ


提督「…気持ちいい朝ではないな」


-道場-


天龍「おら、提督! 今日こそ勝ってやるからな!」


木曾「絶対勝つ」


提督「あぁ、いいぞ」カマエ


天龍「行くぜ!」ダッ


パシン パシン パシン


天龍「おらっ!」ブン!


提督「小手!」パシン


天龍「痛って!!」


木曾「うりゃ!」ブン!


提督「胴!」パシン


木曾「痛!」


提督「まだ攻撃が大振りだな それでは敵に隙を与えるだけだ」


天龍、木曾「…」


提督「…だが、動きは良くなった いいセンスだ」


天龍「…ありがとうな」


提督「あぁ」


スタスタ


吹雪「あ、司令官!」


提督「おぉ、吹雪」


大鳳「おはようございます提督」


長良「おはよう司令官」


提督「三人は朝のランニング中か?」


吹雪「はい!」


大鳳「提督もいかがですか?」


長良「走ると気持ちいいよ♪」


提督「すまんな 儂も若ければお前達と走れたがな…」


長良「えー」


大鳳「仕方ないですね 御体に触るといけませんし…」


提督「すまんな… じゃあ、今日も頼むぞ」


三人「はい!」


-会議室-


長門「…以上が内容になる」


赤城「内容としてはいいですね」


提督「…」ボヤッ


提督(目が霞む)ゴシゴシ


…く …いとく


長門「提督!」


提督「はっ!?」


長門「大丈夫か?」


提督「あぁすまない…」


神通「提督 具合悪いのですか?」


提督「いや、そうでもないぞ」


赤城「ですが、提督 最近様子がおかしいと艦娘達が言ってますけど」


高雄「えぇ、前に秘書艦をした鳥海が咳き込んでばかりで体調が悪そうだったと言ってましたけど」


吹雪「駆逐艦の皆も心配しています」


長門「提督 病院に行ったらどうだ? 執務は任せてくれ」


提督「ありがとう だが、心配ない」


吹雪「で、でも…」


提督「大丈夫だ 少し顔を洗ってくる」ガタッ


スタスタ ガチャ バタン


艦娘達「…」


-手洗い場-


提督「ゴホッゴホッ」


提督「はぁ…はぁ…」


手←血がベットリ


提督「…女の感とは鋭いなぁ」


提督「もう少しだけ持ってくれればな」


-会議室-


長門「高雄 さっきの話は本当か?」


高雄「鳥海が言っていたことですか?」


長門「あぁ」


高雄「えぇ、凄く咳き込んでいたらしく…」


神通「そういえば、最近秘書艦の娘が早めに帰される事が多いそうです」


吹雪「風邪を移すといけないからって言って睦月ちゃんが帰ってきましたし…」


赤城「神通さん なにかわかりませんか?」


神通「いえ、あれ程具合悪そうな所見たことないので…」


赤城「古参でも見たことないですか…」


高雄「やっぱり休養を取って貰った方が…」


吹雪「私もそう思います…」


長門「決まりだな 提督には休養を取って貰おう 提督に何かあれば鎮守府の士気に影響する」


神通「そうですね」


ガチャ


提督「いや、すまんな」


艦娘達「…」


提督「ん?」


吹雪「司令官 お願いがあります」


提督「どうした?」


神通「提督 休養を取ってください」


長門「提督自身が体調を治さなければ、私達の士気に影響する」


赤城「お願いします」


提督「いや、儂は大丈夫なんだが…」


高雄「いいえ、そうは見えません!」


吹雪「司令官何かあったら困ります!」


提督「…」


提督「わかった 明日当たり、医者に見て貰おう」


艦娘達「」ホッ


提督(気は進まないがな)


-翌日 海軍病院-


主治医「…やはり、悪化してますね」


提督「だろうな」


主治医「申し訳ありません… 我々の力では…」


提督「気にしなくていい もう分かっていたことだ」


提督「若い時の無理が祟ったんだ」


主治医「…では、気休めですが薬を処方します」


提督「ありがとう」


-廊下-


提督「…」


タッタッタッ


大城大尉「提督!」


提督「どうした」


大城大尉「鎮守府の水本大佐より緊急通信がありました」


提督「…なに?」


-湯原鎮守府 ICU(集中治療室)-


提督「なにがあった?」


水本大佐「提督 あれを…」スッ


ミューロック「…」


提督「ミューロック? なんでここに?」


橘中佐「彼女だけではありません 他にも、龍驤 飛鷹 能代 球磨 初霜が現在入渠しています」


提督「なにが起きたんだ?」


水本大佐「救難信号がこちらに届き艦娘達を向かわせました そこで、ボロボロの彼女達を…」


橘中佐「ミューロックに関しては、意識不明で腹部には鋭い刃物で貫かれた痕がありました 危険と判断され、救難ヘリで一足早くここに運びました」


提督「…いったいなにが…」


-数時間前 とある海域-


龍驤(青)「ようやく終わりやな」


球磨(青)「ほぼ無傷で突破するのも凄いクマ」


能代(青)「これもミューロックさんのお陰ね」


飛鷹(青)「えぇ、本当にすごかったわ」


ミューロック「何を言ってるの 皆が活躍してくれたお陰よ」


初霜(青)「ミューロックさん あの時助けてくれてありがとうございます 助けてくれなかったら…」


ミューロック「仲間だから当然の事をしただけよ 気にしないで」ニコッ


初霜(青)「」パァァ


ミューロック「そうだ 帰ったら、皆で間宮行きましょう」


龍驤(青)「おぉ、ええな!」


球磨(青)「賛成クマ!」


飛鷹(青)「いいわね 私も行くわ」


能代(青)「勿論賛成よ」


初霜(青)「ご一緒させていただきます」


ミューロック「決まりね♪ さぁ、早く帰りましょ!」


-少し離れた場所-


仮面「…」


仮面「…またなにも知らない奴らがやってきたか」


仮面「まぁいい」ニヤッ


仮面「狩りを始めるとしよう」ピッ


ジジジジ←透明化


タッタッタッ


ミューロック「…」ビクッ


ミューロック(この悪寒あの時の…)


サァァァ…


ミューロック(間違いない あの時と同じ)


ミューロック「龍驤、飛鷹 艦載機を出して周囲を警戒して」


龍驤(青)「は? いきなりどないした?」


飛鷹(青)「どうしたのよ」


ミューロック「早く! 悪い予感がするの」


龍驤(青)「…しゃあないな」スッ


飛鷹(青)「お願いね」スッ


ビューン


-数十分後-


龍驤(青)「なにもおらへんで」


飛鷹(青)「こっちも…」


能代(青)「一体どうしたの?」


球磨(青)「そんなに…」


バシューン


球磨(青)「クマ!?」←艤装に命中


五人「っ!?」バッ


初霜(青)「球磨さん!?」


ミューロック「皆! 戦闘態勢!」


能代(青)「どこからの攻撃よ!」


初霜(青)「球磨さん 今助け…」


バン!


初霜(青)「きゃあっ!?」


龍驤(青)「初霜!」


初霜(青)「うぅ…」←中破


能代(青)「どこにいるの!? 電探にも反応がない!」


ミューロック(電探に反応しないって一体…)


ボフッ!←砂が守った


ミューロック「っ!?」


ガシッ


ミューロック「捕まえた!」


飛鷹(青)「捕まえたってなにを?」


ミューロック「わからない けど確かに…」


スカッ


ミューロック「っ!? 消えた…」


バシャン


六人「っ!?」バッ


ジジジジ


仮面「…」


龍驤(青)「な、なんやこいつ…」


能代(青)「なんで…海の上に立ってるの」


球磨(青)「何者だクマ!」


仮面「…お前達に喋る事はない」


飛鷹(青)「なっ!?」


ミューロック「…」


初霜(青)「ミューロックさん?」


ミューロック「私、あいつ見たことある」


球磨(青)「本当クマ!?」


ミューロック「深海棲艦を惨殺してた」


初霜(青)「え…」


能代(青)「嘘でしょ…」


龍驤(青)「なぁ、あいつの肩なんか付いてるで」


球磨(青)「あれは…階級章クマ」


初霜(青)「でも、おかしいですよ 右肩が”少佐”なのに左肩に”大佐”の階級章なんて…」


仮面「…」スッ←葉巻とライター出し


仮面「…」カチャン シュバ


仮面「…」フー


ミューロック「敵を前に”タバコ”を吸うなんていい度胸ね」


仮面「戦う前の一服だ それにこれは”タバコ”じゃない ”葉巻”だ」


仮面「全く、これも区別もつかないなんて 馬鹿だな」フー


艦娘達「」ブチッ


龍驤(青)「なんやと…」シュルル


能代(青)「馬鹿にするなんていい度胸じゃない」ガチャ


ミューロック「後悔させてあげる」サラサラ


ミューロック「Fire!!」


ドン! バンバン!


飛鷹(青)「どうよ」


仮面「…」スー フー


初霜(青)「そ、そんな…」


球磨(青)「なんでクマ!? 直撃したはず…」


仮面「悪いが、まだ葉巻が吸い終わらないもんでな こいつらが相手になろう」


スッスッスッ←印を結び


仮面「”口寄せ 穢土転生”」


バシャ バシャ バシャ…←棺×6


ミューロック「なにあれ?」


ギギギ バタン


艦娘達「…」


初霜(青)「か、艦娘…?」


(※誰がいいかコメントお願いします 6人です)


赤城(穢)「…」


加賀(穢)「…」


蒼龍(穢)「…」


飛龍(穢)「…」


翔鶴(穢)「…」


瑞鶴(穢)「…」


龍驤(青)「な、なんであんなかから赤城達が…」


能代(青)「あれもしかして…」


球磨(青)「どうしたクマ?」


能代(青)「あれ、”呉の艦娘”ですよ」


飛鷹(青)「なっ!?」


初霜(青)「どう言う事ですか!? 呉は壊滅したはずでは…」


ミューロック「一体どうなってるの…」


仮面「じゃあ、せいぜい楽しんでくれ」スッ


ビチャ ビチャ…


仮面「さて、高みの見物と行かせて貰おう」ジジジジ


龍驤(青)「赤城! どうしたんや!」


赤城(穢)「…」ギリギリ


加賀(穢)「…」ギリギリ


球磨(青)「ちょっと嘘クマ…」


バシューン バシューン


艦載機「」ブーン!


ミューロック「危ない!」スッ


ザザザッ←砂の壁


ザクザク ブーン!←機銃を撃って飛んでいった


龍驤(青)「なにするねん!! 危ないやろが!!」


赤城(穢)「…」


加賀(穢)「…」


蒼龍(穢)「…」ギリギリ


飛龍(穢)「…」ギリギリ


翔鶴(穢)「…」ギリギリ


瑞鶴(穢)「…」ギリギリ


バシューン!←一斉射


飛鷹(青)「くっ」シュルル


飛鷹(青)「艦載機 発進!」


ブーン!


ダンダン!


飛鷹(青)「だめ! 艦載機が多すぎる!」


能代(青)「来る!」


ブォォォン!


ミューロック「もう一回!」スッ


ザザザッ←砂の壁


ドン!ドン!


ミューロック「あの人達正気じゃないわ! 攻撃する!」スッ


龍驤(青)「ちょ、待ってや!」


ダダン!←砂弾


赤城(穢)「ぐはっ」←命中


龍驤(青)「赤城!」


能代(青)「ミューロックさん…」


ミューロック「やらなかったら、私達がやられるわよ!」


飛鷹(青)「でもいくらなんでも…」


初霜(青)「っ!? 皆さんあれ!」


赤城(穢)「…」サラサラ←やられたところ回復


ミューロック「なっ!?」


能代(青)「攻撃されたところが治ってる…」


球磨(青)「ど、どうなってるクマ!?」


赤城(穢)「…」ギリギリ


バシューン!


ミューロック「くっ 退避!!」


球磨(青)「初霜 掴まるクマ!」


初霜(青)「は、はい!」ギュ


ドーン!


龍驤(青)「…やるしかないんやな」


龍驤(青)「飛鷹!」


飛鷹(青)「わかった!」シュルル


龍驤(青)「艦載機の皆! お仕事や!」


ブーン!


瑞鶴(穢)「…」バシューン


ブーン!


飛鷹(青)「やっぱり突破できない…」


球磨(青)「任せろクマ!」ドーン!


初霜(青)「私だってまだ戦えます!」ドーン!


能代(青)「くっ… ミューロックさん!」


ミューロック「なに!」


能代(青)「ここは私に任せてあの仮面の人を何とかしてください!」


ミューロック「what!?」


球磨(青)「こう言うのは、操ってる奴を倒せばなんとかなるって言うのがセオリークマ!」


龍驤(青)「ここは、ウチらで食い止める はよ行け!」


ミューロック「…わかったわ」


ミューロック「皆、待ってて!」ズシャー


翔鶴(穢)「…」ギリギリ


ダダダ!


ズシャ←腕落とされた


龍驤(青)「翔鶴よぉ 余所見はいかんよぉ」


初霜(青)「貴女達の相手は私達です!」ガチャ


飛鷹(青)「負けないわよ」シュルル


能代(青)「覚悟しなさい」ガチャ


球磨(青)「かかってくるクマ!」ガチャ


艦娘達(穢)「…」


ズシャー ズシャー


ミューロック「…」ピタッ


ジジジジ


仮面「…」


仮面「…来るなら君だと思ったよ」


ミューロック「そう…」


カチャン シュバ←葉巻吸い


仮面「…」フー


ミューロック「ねぇ、聞いていい?」


仮面「なんだ?」


ミューロック「youは何故、艦娘や深海棲艦を殺しているの?」


仮面「…」


ミューロック「その肩の階級章は海軍の物 何故…」


仮面「…」


仮面「…確かに俺は昔海軍の人間だった 30年前までな」


ミューロック「30年…前?」


仮面「…」フー


仮面「ある部隊に所属していた 国のため 正義のため 身を粉にして深海棲艦と戦い続けた」


ミューロック「…」


仮面「だが、ある作戦の時に俺達は仲間のはずの艦娘達に背後から攻撃を受けた」


ミューロック「…え?」


仮面「背後からは艦娘の砲撃 前からは深海棲艦の砲撃 逃げ道が無く、仲間達は次々と命を落とした」


仮面「ある者は砲撃で体がバラバラにされ、ある者は瀕死のところ深海棲艦に食われたり、なぶり殺しにされた」


ミューロック「…酷い」


仮面「俺はその時両目を失明したが、手術でなんとか回復した」


ミューロック「…」


仮面「後でわかったが、俺達は捨て駒にされたってわかった それと同時に何もかもどうでも良くなって海軍を抜けた」


ミューロック「艦娘を殺すのは、その時の復讐って事?」


仮面「簡単に言えばな」


ミューロック「…」


仮面「…」フー


仮面「…なんで俺はお前なんかにこんな話しているんだろうな」


パコッ←葉巻を携帯灰皿に


仮面「さて、一服の時間は終わりだ」


仮面「楽しませてくれよ」スッ


ミューロック(目が赤く… なんなのあれ?)


仮面「さぁ、来い!」


-同時刻 東京湾付近-


ドーリア「…」


ドーリア「そんな遠くから見つめて、何か私にご用でしょうか?」


ドーリア「鳥仮面さん」


鳥仮面「っ!!」


(※この前のやり取りはミューロックⅡをご覧下さい)


スタッ


鳥仮面「これは驚いた バレてないと思ったけどなぁ」


ドーリア「見え見えですわ それで私に何かご用かしら?」


鳥仮面「あー、いやいや ただの通りすがりなもんでね」


ドーリア「殺戮集団が言う言葉ではありませんわね」


鳥仮面「っ...」


鳥仮面 (待て...何故こちらのことを知っている...しかも一発で場所を見抜いた...)


ドーリア「何故知っているのか...」


鳥仮面「っ!」


ドーリア「風が教えてくれます、貴方がどんな人でどんな罪を犯して生きてきたのか」


鳥仮面「罪...?」


ドーリア「どの生き物でも罪なきモノは存在しない、皆何かしらの罪を持って生きている、もちろん私も貴方も」


ドーリア「貴方は過去に艦娘に酷い憎悪を覚えた、貴方のプライドの為、細かくは言いませんが」


ドーリア「そして艦娘が貴方に犯した罪を貴方は償わせる為に艦娘、そして深海棲艦を魂を天に返す」


ドーリア「それが貴方の罪でもあります」


鳥仮面「私は艦娘を殺してはいない、確かに艦娘に怒りはあるが敬意もある」


ドーリア「獲物としてのですか?」


鳥仮面「...」


ドーリア「自分は殺してないから違う...それは少し疑問に思います」


ドーリア「仲間が殺戮を繰り返しているのをただ何もせずに彼女達の生への叫びを黙認した貴方も」


ドーリア「彼らと同じ殺戮者の同類です」


鳥仮面「....」


鳥仮面「....フッ...」


鳥仮面「あはははっ!」


ドーリア「何かおかしくて...?」


鳥仮面「いやいや、艦娘に論破されるとは思ってなくてね....」


鳥仮面「面白いねお嬢さん」


鳥仮面「手合わせをと思ったけどやめた...君は今までの娘とは違う」


ドーリア「....」


ドーリア「プッ...」


鳥仮面「...?」


ドーリア「手合わせ?」


ドーリア「一つだけ...教えておきますわ」


鳥仮面「っ?」


ドーリア「貴方が見てる世界はまだ狭い」


ドーリア「故に...」


ドーリア「私をただの艦娘とは思わないことです」


ドーリア「hai capito? Mammoni」

    (解りましたか?大きな赤ちゃん)


ドーリア「Buona giornata」

     (素敵な1日を)


鳥仮面「っ!」


鳥仮面「っ....」


鳥仮面 (消えただと....)


鳥仮面「…」


鳥仮面「世の中には不可思議な艦娘もいるもんなんですねぇ」


鳥仮面「隊長…」


-とある海域-


ドン! ドン!


ミューロック「Fire!」ドン!


仮面「…」スルッ←避けた


タッタッタ!


仮面「貰った!」ブン!


サラサラ ザシュ←砂で防御


ミューロック「甘い!」ドン!


仮面「ほいっ」スルッ


ミューロック「what!?」


タッ タッ タッ←距離をとった


仮面「やるな」


ミューロック「貴方こそ」


ミューロック(攻撃が当たらない… まるで見切られてるみたい)


仮面「動きが読まれていると感じるのか?」


ミューロック「っ!?」


仮面「図星か」


ミューロック「…」


仮面「無言は肯定と受け取ろう」


仮面「まぁ、いろんな奴と戦っていると動きが読めてくるってもんだ この眼の力のお陰でもあるけどな」


ミューロック「どう言うこと?」


仮面「この眼はな、洞察力に優れているんだ 相手の動きとかを観察するにはもってこいだ」


ミューロック「だから当たらなかったのね 攻撃パターンを見抜いていたってことね」


仮面「まぁな」


仮面「だが、お前は今まで戦った艦娘とは違う 読みにくい奴だったが…」


仮面「そろそろケリをつけるぞ」スッ


スッスッスッ←印を結び


ミューロック(なにあの手の動きは?)


仮面「”水遁 水龍弾”」


バシャャ!←水が龍になった


ミューロック「what!?」


グォォォッ!


ミューロック「くっ」サッ


バシャャ!


仮面「…」


仮面「…ん?」


ミューロック「残念だったわね 私の使っている砂は水に強いのよ!」サラサラ


仮面「ほぉ… 面白いなぁ」


ミューロック「今度はmeの番よ!」サッ


ミューロック「”デザートウォール”!」


ザッザッザッ←砂の壁に囲まれた


仮面「なんだ?」


ミューロック「終わりよ!」サッ


ドン!


仮面「なに!?」


カキン!


ドン!ドン!ドン!


仮面「ちっ」


ドン!ドン!ドン!…


仮面(避けきれん)


ドン!ドン!ドン!…


ミューロック「…」


サラサラ


仮面「」


ミューロック「これで…」


ポン←分身


ミューロック「っ!? 偽物!?」


サラサラ


ミューロック「上!?」サッ


仮面「これならどうだ」


スッスッスッ


仮面「ふぅー!」


モクモク←煙が発生


ミューロック(なにこれ… 目眩まし?)


クンクン


ミューロック(違う これは!?)


仮面「”火遁 灰積焼”」カチン←口を閉じた


ドカーン!!


火遁 灰積焼…周囲一帯にチャクラを変化させた火薬を吹き散らし、あらかじめ奥歯に仕込んでおいた火打石で着火する技


ピチャッ


仮面「…」


サー←晴れた


ミューロック「…今のは危なかったわ」←艤装と服が焦げた


仮面「あれも防御するか…」


ミューロック「変な技ばっか使うわね」


仮面「それは、どうも」スッ


スッスッスッ


ミューロック(なんか来る)


仮面「”火遁 豪火球の術”」


ブワッ!←巨大な火の玉


ミューロック「そんなもの通用しないわ!」


ミューロック「”キングクロウ”!!」


ザッ!←巨大な爪


バーン!←相討ち


ミューロック「…」


ミューロック「っ!? いない」


ミューロック「どこに…」


仮面「こっちだ」←ミューロックの背後


ミューロック「っ!?」バッ


仮面「闇に彷徨うがいい」


仮面「”月読”」


ミューロック「っ!?」←眼を見た


ミューロック「あ…あぁ…」


バタッ…ビチャン


仮面「…」


仮面「いい勝負だった だが、自分の力に過信しすぎだ」


シュワン←消えた


後書き

21/03/21 執筆開始


このSSへの評価

1件評価されています


多聞丸さんから
2021-03-25 21:40:21

このSSへの応援

1件応援されています


多聞丸さんから
2021-03-25 21:40:22

このSSへのコメント

2件コメントされています

1: 多聞丸 2021-04-04 22:05:03 ID: S:cQisEs

お疲れ様です!

一航戦、二航戦、五航戦でお願いします!

2: K,E 2021-04-05 20:09:15 ID: S:-LLihU

1さん>ありがとうございます!

では、この六隻でいかせて貰います!


このSSへのオススメ

1件オススメされています

1: 多聞丸 2021-03-25 21:40:42 ID: S:V8-Bsz

いよいよ最終章!頑張ってください!


オススメ度を★で指定してください