2017-07-20 10:35:45 更新

放課後〜〜


絵里「やっと授業が終わったわねー」


希「エリチおじさんくさいよ〜」フフフ


絵里「もう、たまにはいいじゃない///」


希「はいはい」


絵里「みんなきっと待ってるわね、早く行ってあげないとね」


ギャー!ギャー!ギャー!


希「??エリチ何か聞こえない??」


絵里「え??」


チョットヤメナサイヨ! ヤメナサイッテバ!


ガタン!ドカッ!


アンタラモタッテナイデオサエテ!


絵里・希「、、、、、、、」


絵里「この声って、、、」


希「にこっちと真姫ちゃんの声やな、、、」


ガタン!!バッターン!!


絵里・希「!?!?」


絵里「急ぎましょう!!」


希「うん!」


タッタッタッタッタッタッ


部室前到着


花陽「絵里ちゃん、、、希ちゃん、、、」


希「花陽ちゃんどうしたの?」


花陽「わからない、、、部室に入ろうと思ったら怒声が聞こえ、、、て、怖くては、、、入れなく、、、てぇぇ、、、」


絵里「大丈夫よ花陽。泣かないで。あとは任せて」


花陽「ご、ごめん、、、ね」


希「誰だって怖いよねこれじゃ。気にせんといてええよ。それよりこれで拭いとき」


花陽「ありがとう、、、」


希「スー、、、ハー、、、」


希「開けるで、エリチ」


絵里「ええ、お願い」


ガチャ、、、


目の前には穂乃果を抑えるにこと、真姫、ことり、凛の三人がかりで海未を抑えており二人ともすごい目つきで興奮していて、部室内は荒れていた。


穂乃果「離してよ!!」


にこ「嫌よ!」


海未「離しなさい!」


ことり「だめ!!」


凛「離さない!!」


真姫「離したら暴れるでしょ!!」


抑えていてもにこの体格では完璧に穂乃果を止める事はできず、じりじりと海未へ近く寄り穂乃果は右手を上げて、


穂乃果「このっ、、、!」


スパン!


海未「んぐっ、、、何するんですか!!」


海未が穂乃果の胸ぐらを掴み


グイッ スパン!スパン!


穂乃果「がっ!」


にこ「ちょっ!?」


ガッタァァァァァァァァァン


穂乃果「痛いなぁ!!」


海未「あなたから叩いてきたではないですか!!今更何を!!」


にこ「うっ、、、うぅぅ」


穂乃果はロッカーに倒れ、抑えていたにこは下敷きになる形になった。


真姫「にこちゃん、、、!!ちょっとあんたたちいい加減にしてよ!!」


でも二人には真姫の声は届いていない


凛「やっ、、、めるにゃー!!!」


ことり「んんんっ!!」


穂乃果「この、、、」


穂乃果を抑えていたにこが下になっている為誰も止めるものがいない。穂乃果は立ち上がり、すごい勢いで海未へ近いた。

穂乃果は掌を強く握り殴る体制なった。


海未「上等です!!」


海未は三人を振り払い穂乃果の方へ向かった。凛とことりは身体を強打し、真姫は運悪く机の角に頭をぶつけてしまった。


真姫「うっ!!、、、、、」


ことり「いっ、、、、、、」


凛「痛ぅぅ、、、」


真姫「、、、、、」


にこ「ま、、きちゃん?」


真姫「、、、、、」


絵里「真姫!真姫!!」


希「気失ってるだけやな、それよりも」


絵里「ええ。花陽、真姫をお願いね」


花陽「、、、、、」


絵里「花陽!しっかり!」


花陽「う、うん!」


絵里「あなたたちいいかっ、、、」


希「ええがげんにしろやあああああああ!!」


絵里「の、、、希??」


希は叫びながら二人を両手で押して突き放した。


穂乃果「希ちゃんには関係ないでしょ!!」


海未「すっこんでてください!!」


希「後輩の前で!!」


希は穂乃果に向けて右手を上げ、大きく振りかぶり、穂乃果の頰に平手打ちをした。


バチィィィン!!


そのまま裏手で海未の頰にも平手打ちをした。


希「なにやっとるんやぁぁ!!」


バチィィィン!!


二人共床に尻餅をつき、叩かれた頰を触っていた。


希「頭少し冷やし!!」


希はそう言って二人にもう一発ずつ平手打ちをした。


穂乃果と海未は床に横になって気を失ってしまった。


希「ハアッ、、、ハアッ、、、あっ、、、」


絵里「希、、、やりすぎたわね、、、」


希「どどどどどっどな、、、、どないしようぅぅぅ!!あかん!!死んでもうたぁぁ!」


絵「おっ落ち着きなさい!!」


真姫「あ、、、あなたこそ落ち着きなさいよ。人間叩かれてそんな簡単に死にはしないわよ、、、痛った、、、」


花陽「真姫ちゃん、大丈夫??」


にこ「あんた結構な勢いでぶつけてたわよ?」


真姫「それはにこちゃんも同じでしょ?人のこと言えないじゃない」


にこ「無事ならいいわ」


真姫「ことりと凛は??」


ことり「大丈夫だよ、、、」


凛「平気だよー」


絵里「とりあえず二人を保健室まで運びましょうか?」


希「そ、そやな」


真姫「私も行く、、、っ」


真姫(なに?周りが、、、クラクラして、、、)


花陽「!?真姫ちゃん!!!!!!」


絵里・希・ことり・凛・にこ「!!??」


ドサッ、、、


にこ「真姫ちゃん!!!!」


絵里「ちょっ、、真姫!!」


希「どうしたの!?」


凛「真姫ちゃんが倒れた!!」


ことり「保健室の先生よんでくる!!」


にこ「お願い!!」


その間も無く穂乃果と海未がほぼ同時に目が覚めた。


にこは倒れた真姫の心配もしていたがそれと同じくらい腹が立っていた。にこは二人の元へ全力疾走で向かって胸ぐらを掴みながら叫ぶ。


にこ「あんたら!!なにしてくれてんのよ!!あんたら二人の所為で仲間が一人倒れたのよ!!こんな大事な時に何喧嘩なんかしてんのよ!!どうして!!、、、ねぇ!!どうして!!」



にこは二人を睨みつけ、しばらくして胸ぐらを離し、その場で座り混んでしまった


穂乃果「、、、にこちゃん、、、」


海未「、、、にこ、、、」


絵里「喧嘩の件あとよ、今は真姫を優先しなくちゃ、、、そうでしょ?みんな」


にこ「そうね、、、絵里の言う通りだわ」


〜〜保健室〜〜


保健先生「軽く頭を打っただけだから問題はないわ、、、でもどうして打ったのかしら??」


穂乃果・海未「、、、、、」


真姫「足、、、」


保健先生「あら、目が覚めたのね。え?足?」


真姫「はい、ドアのちょっとした段差に足が引っ掛かって、、、体制が悪かったのね、「椅子」の角にぶつけたみたいです、、、」


保健先生「そう、、、気をつけなきゃダメよ」


真姫「、、、はい」


保健先生「みんなもね、気をつけて」


八人「はい、、、」


真姫の容体も悪くはなかったのでみんなは保健室を出て部室に戻った。


希「んで、、、何が原因やったの??」


絵里「そうね」


にこ「納得のいくようにね」


希「え?にこっち初めからいたんやないの?」


にこ「いなかっわ、そりゃ部室前であんなギャーギャーやってれば誰だって止めに入るわよ。私が割って入った時には二人とも口論になってたわ、、、それの前はわからないけど」


凛「凛が入った時には既にピリピリだったよ」

絵里「分かったわ。で、どうなの??」


穂乃果・海未「、、、、、」


絵里「はぁ、、、ことり、お願いしてもいい?」


ことり「うん、、、昨日は練習なかったのよね?で、帰り道の話なんだけどね、、、」


〜〜回想〜〜


海未「穂乃果またパンをそんなに食べて、、、間食とはいえ食べ過ぎですよ??」


穂乃果「ふぁいふぉーふぅ(大丈夫)!!」


海未「、、、最近また太りましたね??」


穂乃果「ぶぅうぇ!?」


穂乃果「んぐっ、、、ことりちゃん!!本当??本当に太ってる??」


ことり「、、、、、えへっ」


穂乃果「ぐはあああああああ!!」


海未「ほらみなさい、やっぱり太ったんですよ。だから普段からの、、、って聞いているのですか?穂乃果??」


穂乃果「、、、今日からご飯たべない!!」


ことり「えっ!?それは流石にやり過ぎだよ、、、」


穂乃果「食べる=太る!!食べない=痩せる!!うん!!シンプルイズベスト!!」


海未「そうですか、、、」


ことり「ちょっと海未ちゃんいいの??」


海未「大丈夫ですよ明日には元に戻ってます、いつもの事じゃありませんか」


ことり「そうだといいけど、、、」


穂乃果「じゃぁねぇぇ〜〜」


〜〜翌日〜〜


ことり「おはよう」


海未「おはようございます」


穂乃果「、、、ょ〜」


ことり「穂乃果ちゃんどうしたの??元気ないみたいだけど」


海未「どうせまた夜更かししていたのでしょ」


穂乃果「夜からなにも食べてないんだぁ。でも大丈夫、朝牛乳飲んできたかりゃ、、、」


海未「、、、、、」


ことり「、、、、、海未ちゃん、、、、、」


海未(う、嘘に決まってますよ、、、)


穂乃果「早くいこーよぉ?」


ことり「ねぇ穂乃果ちゃん、本当に大丈夫なの?フラフラしてるし、なんだか目も、、、」


穂乃果「へぇーきだょ」


海未「ほ、穂乃果、寝不足なだけですよね??そうなんですよね??」


穂乃果「、、、、、いこぅょ」


海未(!?)


ことり(海未ちゃん、、、)


ことり「穂乃果ちゃん、キツくなったらすぐに声掛けてね??」


穂乃果「ぅん、ありやとう、、、」


海未「む、、、無理はし過ぎないで下さいね」


穂乃果「わかってゆよ、、、」


海未・ことり(、、、、、)


〜〜学校〜〜


穂乃果「一時間目から体育かぁ、、、そういえば何やるんだっけ、海未ちゃん?」


海未「長距離マラソンです、、、」


穂乃果「、、、、、」


ことり「穂乃果ちゃん、今日は休んだ方がいいんじゃぁ、、、」


穂乃果「でるよ、一気に痩せられるチャンスだ

もん、、、」


海未「穂乃果、無理は、、、」


穂乃果「だいよーぶ」


ことり(目の焦点が、、、)


マラソンが始まり約二十分ほど過ぎた。が、穂乃果の足が止まり、その場で立ち尽くしている状態が数十秒続いたところで海未とことりが気付いたが遅かった。


穂乃果「ほ、、、星空だぁ」


バタン


海未「穂乃果ぁ!!」


ことり「穂乃果ちゃぁん!!」


先生「高坂さん!!」


海未とことりが肩を揺するが曖昧な返事しかしない。


穂乃果「ういちゃ、、、こよりちゃ、、、」


ことり(喋れてない、、、)


先生「園田さん、南さん、高坂さんを一緒に保健室までお願いしてもいいかしら??」


海未・ことり「はい!!」


〜〜保健室〜〜


保健先生「貧血ね、ちゃんと朝ごはんは食べて来ないとね??」


穂乃果「、、、はい」


ことり「無事で良かったよ、、、」


穂乃果「、、、ごめんね」


海未「、、、、、」


保健先生「じゃぁ、気をつけてねぇ」


穂乃果「はい、ありがとうございます」


〜〜お昼〜〜


穂乃果「ほどほどにダイエットしないとねぇ。今回は無茶しすぎちゃったし」


ことり「そうだね、本当に心配したんだよ?」


穂乃果「本当にごめんね」


海未「まったく、毎回無理するんですから」


穂乃果「えへへ、、、」


海未「大体、無理な事を分かっているのに無理をするなどどうかしてます、、、」


穂乃果「、、、、、え?」


海未「はい?」


穂乃果「私が馬鹿って言いたいの??」


海未「そうとしか思えませんよ」


穂乃果「海未ちゃんが痩せろって言ったのに」


海未「限度というものがあります」


穂乃果「なんでいつも私がやってる時にクドクド言うの!?」


海未「穂乃果が普段からしっかりやればいいだけです!!」


穂乃果「もう!!うるさいなぁぁぁぁぁ!!」


海未・ことり「!?」


穂乃果「大っ嫌い!!」


海未「っ、、、この、、、分からず屋!!」


〜〜現在〜〜


ことり「っていうことがあってね、、、」


絵里「、、、、、」


希「、、、、、」


にこ「、、、、、」


真姫「、、、、、」


花陽「、、、、、」


凛「、、、、、くだらないにゃ」


海未「、、、はい?」


凛「ひっ!?」


海未「あっ、、、ごめんなさい」


絵里「でもちょっと理由がね、、、フフ」


穂乃果「なんで笑うの!?」


絵里「だって穂乃果らしいと言えば穂乃果らしいでしょ?」


希「そうやね、フフ」


にこ「はぁー、まったく」


真姫「聞いて損したわ」


花陽「ご飯は大事ですよ?」


凛「だにゃー」


絵里「じゃぁ今日もお休みということで、私達は先に行きましょうか。穂乃果、海未、仲直りしてから帰ること。いいわね?」


穂乃果・海未「え??」


希「ほな、みんな帰ろうかぁ」


皆が出て言ってから五分くらい経った。


穂乃果「海未ちゃん、その、、、いつもなんだけどね、、、ごめんね、それといつもありがとう」


海未「私こそ、今回は、、、言い過ぎました申し訳ありません、私もいつも感謝していますよ穂乃果」


穂乃果「え??」


海未「なっ、なんでもありません!!それよりもあんな無茶は、、、」


穂乃果「うん、もうしないよ」


海未「ええ、、、では行きましょうか」


穂乃果「うん」


二人は笑顔で部室を出て行った。


絵里「良かったわ」


希「めでたしや」


にこ「内容は小学生だったけどね」


真姫「まったくよ」


凛「だにゃー」


花陽「まーまー」


ことり「あはは、、、」


穂乃果「あっそうだ!海未ちゃん!!」


海未「はい?なんですか?」


穂乃果「大っ嫌いじゃないよ大っ好きだよ!!海未ちゃん!!」


海未「は、恥ずかしい事を大声で言わないで下さい!!」


ことり「めでたし、めでたし」


どうして海未ちゃんを三人がかりで抑えていたかの説明ですが、海未ちゃんは普段から鍛えているので力が結構強いと思い、書きました。

長々となってしまいましたが、最後まで見てくださってありがとうございます!!













































このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください