2017-08-10 18:47:38 更新

概要

て事で第二話書けました内容わ湾岸に少し艦これアレンジを加えました


前書き

うおおおお書くのめっちゃ疲れた!!


第2話:新たなる世界(後編)


???「ホント俺ら大学生だって」


???「な?提督!」


提督「そうだっけ?」


???「おい!馬鹿合わせろよ!!」コソコソ


提督「もう良いよこいつら、帰ろうぜチャラ提督」


女A「どこの大学?」


チャラ提督「うっと...東大東大」


提督「おい...おい...」


バックミラーに映る黒いポルシェ


ボォォォォォォォォォ!!


キイイイイイイィィィィ


女A「キャア!!」


女B「キャアア!!」


チャラ提督「何だ!提督!!」


提督「ッ!!」


ボォォォォォォォォォ


提督「ブラックバードッ!!」


チャラ提督「ブラックバードって!!あの!?」


提督「いくぞチャラ提督!!」


チャラ提督「ッエ!!本気ィ!!」


ボオォン!!ボオオオオン!!


フュウウウウウウウウウボン!!


カチカチ!カチカチ!カチカチ!


ブラックバードのサイドミラーに映る提督たちが乗ったZ31


女A「行け!!行け!!」キャッキャッキャッキャッ


女B「いっけー!!」


チャラ提督「やめろって!!叶うわけねえから!!」


提督「いや!!行ける!!追いついてるぞ!!」


提督(よーし!!)


提督(並んだ!!)


ブラックバード車内ガチャ


パヒュン!!ボォォォォォォォォォ!!!!!!!!


突き放される提督達のZ


唖然とする提督とチャラ提督


チュンチュンチッチチチ


コウちゃん「良い車だな提督」


提督「でも...」


コウちゃん「おいおい相手はブラックバードだろ?」


コウちゃん「やっぱり凄いよ格が違うわ」


バン!!と音を立てながらボンネットを閉めるコウちゃん


コウちゃん「湾岸の黒い怪鳥ポルシェターボ」


コウちゃん「奴はもう何年も負け知らずの湾岸の帝王だぜ」


チャラ提督「何が帝王だ馬鹿野郎!!」


チャラ提督「あんまりうちの兄貴と話すんじゃないぜ」


チャラ提督「ほーんと車馬鹿なんだから」


コウちゃん「車屋が車馬鹿で結構じゃねえかよ」


チャラ提督「良い加減こんな商売やめてマンションでも買おうぜホントー」


コウちゃん「ケッ!!マンションなんてごめんだね!!」


コウちゃん「おっ、そうだ」


コウちゃん「提督!!」


提督「何?」


コウちゃん「クロんとこにZの事故車があったぞ」


コウちゃん「お前欲しがってただろ」


コウちゃん「初期型のZ」


提督「初期型、へぇー」


コウちゃん「良いパーツ付いてるってよ!!」


コウちゃん「暇な時組んでやっから見とけよ」


提督「うんサンキュー!!」


提督「じゃあ今から行ってみるよコウちゃん」


チャラ提督「えー!!提督、鎮守府は!!」


提督「良いから、良いからレッツゴー」


チャラ提督「おいおい...まあ良いか...」


コウちゃん「うっ...おい!!俺も行く!!」


黒イ左解体場にて


チャラ提督「ハァーアまた今日もサボりかよ...」


提督「大丈夫1200までには着くよチャラ提督」


提督「えーっとどれかなぁ...」


チャラ提督「こんなことよりナンパ行こうぜまったく」


提督の目に事故車のZが映る


その車は提督が昔見たZだった


チャラ提督「昨日の女にゃ逃げられたし」


チャラ提督「なんかおもしれえ事...ん?」


チャラ提督「何見てんだよ」


提督「あのZだよ...」


チャラ提督「はぁ?」


チャラ提督「Zォ?あれが?」


提督「ああ一番最初のS30っていう奴だ」


カチッ


ガチャ!!


コウちゃん「ツインターボだ!!」


コウちゃん「L28に載せ替えてきっちりやってる」


コウちゃん「足も凄え」


コウちゃん「ピロアシにローター車高調みんなバッチリだぜ」


チャラ提督「良い加減にしてくれよなお前らービョーキだよビョーキィ」


たったったったっ


???「おーいコウちゃんそいつの車検証とナンバー!」


コウちゃん「おう!!サンキュークロ!!」


クロ「これだよ」


提督「サンナンバー?」


クロ「うん」


提督「え...だってこのZ」


コウちゃん「なるほどぉ...公認とってんだ...ほら車検証にカイって入ってるだろう?」


コウちゃん「L28に変えてターボもみんな公認とったんだ」


チャラ提督「じゃあ切符切られないんだ」


提督「渋いじゃん」


コウちゃん「ん?あっ!!おい提督!!見ろよ!!」


コウちゃん「前のオーナーお前と同姓同名だぞ!!」


チャラ提督「ホントだ!!キモチワリィー!!」


コウちゃん「これはお前に買ってくれって言ってんだよ」


コウちゃん「クロいくらだこのZ?」


クロ「いや...それがさ...」


コウちゃん「なんだよ?もう買い手が決まってんのか?」


クロ「いや...そうじゃないんだけど...」


クロ「確実にスクラップにしてくれって言われてんだよね...」


コウちゃん「はぁ?」


クロ「その車検から数えて三人目って言ってたな」


クロ「とにかく普通じゃなかったんだ」


クロ「絶対にスクラップにしてくれって青い顔して」


クロ「唇なんかも震えてたな」


コウちゃん「いわゆるやばい車ってことか」


コウちゃん「あるよな、そういう縁起の悪い車も」


クロ「いやそいつは幽霊だって言うんだよ」


コウちゃん「幽霊?」


チャラ提督「これ?」手をデロン


クロ「ああ...とにかく普通の車じゃないらしいんだ」


クロ「普通何回も事故ったら普通廃車だろ?エンジンなんかも使い物にならなくなるし」


クロ「だけどこいつは違うんだ」


クロ「何回事故っても新車の様に蘇ってくるんだ」


クロ「そしてまた事故に」


提督「良いっすよ俺別に」


チャラ提督「提督!!」


提督「気にしないですよ僕あのZを売ってください」


チャラ提督で 「馬鹿言ってんじゃねえよあんな気持ち悪い車!!」


クロ「そうそうやめたほうが良いよ!!」


チャラ提督「おい提督!!」

ここでやっと鎮守府が始まります(理由)Zを買って良いか鎮守府の皆に聞く」


提督「て事で皆に集まってもらったのは重要なことがあるからだ」


金剛「一体何デスカ?まさかプロポーズとか?きゃー!!」


愛宕「あらあら一体何かしらねぇ」


天龍「まさか提督この俺様に近代化改修か?」


提督「いや全部違うそして一つ本当に重要な事だ」


提督「実は車を買おうと思うんだが良いと思うか?」


金剛「買っても良いデスガどんな車か見せてクダサーイ」


提督「これだ」つ後々悪魔のZの写真


金剛「提督ゥこれはどういう車デスカ?」


提督「Zの初期型のS30って奴だ」


金剛「内装ハ?」


提督「」つ内装の写真


金剛「オウッこれは良いデース」


天龍「確かにカッコいいぜ!!、でも事故歴とか無いのか?」


提督「いやすでに3回も事故歴がある」


艦娘全員!!


提督「しかもこの車は幽霊と言われている」


提督「それでもいいのか?」


金剛「少し心配デスガ提督が欲しいのならイインジャナイデスカ?」


提督「それなら多数決で決めよう」


提督「買ってもいい奴は手をあげろー!!」


赤城 加賀 大和 金剛 58 暁 響 電 雷 卯月 睦月 吹雪 青葉


提督「後あげてないのは不知火龍田天龍愛宕高雄か」


提督「てことは買ってもいいの方が多いから...」


提督「只今の結果買ってもいいと言うことなので買います!!」


提督「後急で悪いが金剛」


金剛「提督何デスカ?」


提督「少し留守番しててもらえないか?」


金剛「いいですケド何処か行くんですカ?」


提督「また見に言ってくるじゃあよろしく頼むぞ」


またアニメに戻ります


ボォォォォォォォォォ


コウちゃんが提督の<31の隣に車を止める


コウちゃん「クロが心配してたけど案の定か...」


コウちゃん「こいつにこんなに惚れ込んでるとはな」


提督「鎮守府の皆からも許可をもらいましたしね後これが一番て言うわけじゃ無いんですけどね」


提督「思い出しちゃってさこれ見ると」


コウちゃん「思い出す?」


提督「3年前山下通りで一度...パッと一瞬だけ目の前を走ったんだ...S30Zが...」


提督「隣にショートカットの女の子乗せて」


提督「凄え渋い」


コウちゃん「どっちだあ女か?Zか?」


提督「まあどっちも」


コウちゃん「んで憧れちまった訳だな?」


提督「あれからたまんなく欲しかったんだ」


提督「同じ30Zだ」


提督「ねぇコウちゃん直すの難しい?これ」


コウちゃん「そんなに乗りてえのか?」


提督「うん」コクッ


コウちゃん「クロの話だとかなり因縁のある車だそんなのに命を預けるようになるんだぜ?」


提督「関係ないよそんなの」


コウちゃん「......はぁやってもいいぜ」


提督「本当に?」


提督「頼むよコウちゃん!!」





湾岸ミッドナイト

MIDNIGHT


CM~♪~~♪♪~~~♪♪♪~


次回からこんな感じにします

ではではスタート


キュウルルルルルルルルルルルルルルルフォオオオオオオオン!!フォオオオオオオオン!!フォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!!!!!!


太陽の下でエンジンを吹く悪魔のZ


その立派な青いボディは光っていた


チャラ提督「お前がこんなに馬鹿だったとは思わなかったよ!!」


提督「残念だなチャラ提督」


提督「ほらこれ2シーターじゃん」


提督「もうナンパは無理だな」


チャラ提督「そうだァあっちのZの方がずっと良かったのに売っちまいやがって」


ピッピー!!


コウちゃん「提督新しい車検証だ」


コウちゃん「同じものだったからナンバーも引き継ぎだ」


コウちゃん「これでお前の車だ」


その日の夜...


アクセル全開で首都高を走る悪魔のZ


喜びに満ちた顔で乗る提督


コウちゃん「どうだ?ちゃんと乗れたか?」


提督「最高だよコウちゃん!!パワーが違ういくら走っても走り足らないんだ!!こいつとは!!」


コウちゃん「惚れ込むのも良いけど、それなりに過去がありそうな車だし、冷静にな、無茶するなよ提督、お前が死んだら鎮守府の皆悲しむからな」


ボォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!

フォオオオン!!


提督「こいつはまだまだ走れる!!」


提督「今までこの俺を」


元師「提督もうわかると思うが昇格できないんだお前勤務日数も少ないどうする?大佐のままで良いか?」


提督「はい」


がらがらがら


大本堂から出る提督


元師2「意外な奴が昇格出来ませんでしたねぇ」


元師3「成績はいいんですけどねぇ」


元師「学校に来ないんじゃ仕方ありませんよ」


キーンコーンカーンコーンキーンコーンカーンコーンキンコンカンコンキンコンカンコン


チャラ提督「鎮守府の皆全員泣いてやがるぜ、しかしよくやめなかったなお前ダブったら絶対提督やめると思ったぜ」


提督「まあダブりもいいかなって」


チャラ提督「俺は春に昇格だぜえ」


チャラ提督「いい女紹介してやろうか??」


提督「女はいいや」


チャラ提督「はぁ?やなやろー」


提督「どうせお前は女にモテるよ!!」ガサゴソタバコを取り出す


提督「そうじゃなくて」


提督「女よりも夢中になれるもんあるし」


チャラ提督「提督、お前...」


提督「さて...と」


提督「昇格出来ないの決まったし帰るかな」


提督「じゃあなチャラ提督」


チャラ提督「それってあのZのことか?」


チャラ提督「処分しろよあのZを」


チャラ提督「お前近頃変だぜ?元を言えばお前がダブったのはあのZのせいじゃねえか」


チャラ提督「あのZに乗る限りいつかぜってえ死ぬぜ絶対」


提督「大丈夫だよ」


チャラ提督「大丈夫じゃねえったら」


提督「俺とあのZは相性がいいんだ」


提督「ほんとだぜ?」


チャラ提督「提督!!」


提督「それよりも気をつけろよチャラ提督タバコ」


提督「今捕まったら卒業できねえぞ、じゃあな」


スタスタスタスタスタガチャ


男「結構見たって言うんだ毎晩の夜出るらしい皆幽霊だって」


男「あの悪魔のZだよナンバーも一緒だし」


男「オーバー200で走ると周りの車わ止まって見える」


ガチャガチャキュルルルルルルルルル!!


提督「こいつとなら負ける気がしない」


提督「そう相手がブラックバードでも」


提督「ッハ!!ブラックバード!!」


提督「出たか!!湾岸の帝王!!」


ボォォォォォォォォォォォォォォォォ

フォオオオンブオオオオンボォォォォォォォォォ!!!!

キキィィ!!ボォォォォォォォォォ!!


バックミラーに映るブラックバード


提督「行け!!Zッ!!」


一方その頃コウちゃんの方では


クロ「わかったよコウちゃんアサクラっていう奴2年前まで有名だったらしい」


コウちゃん「2年前?そいつはもうやめたのか?」


クロ「いや死んだんだ」


コウちゃん「死、死んだァ?!?!」


クロ「ああ明け方の湾岸で」


受話器に手を置くコウちゃん


提督「負けるわけがない!!このZなら!!」


提督「俺が先だ!!いけるッ!!」


提督「そうさ!!負けるわけがないんだ!!」


キュルルルルルルルルル!!!!


スピンする悪魔のZ


勢いで壁に突っ込んだZ


クロ「知ってるだろコウちゃんブラックバードって」


クロ「そいつがZと一緒に走ってたらしいんだ」


走り去るブラックバード


クロ「でそのZは修理されたらしいんだがオーナーが変わるたびに事故があったんだ」


ドアを開ける提督


提督「なぜ俺のいう通りに動いてくれなかったんだ」


頬から血が流れる提督











第1.2話:新たなる世界編完


次回第3話:ブラックバード



後書き

どうでしたか内容はコメントお願いします


このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント

3件コメントされています

1: 2-4-11 2017-08-10 01:03:19 ID: ZYfWQlQb

艦これ要素がほとんど無い...だと!?

2: (^o^)ssマン 2017-08-10 18:41:30 ID: t4jlL7zq

イエス

3: (^o^)ssマン 2017-08-10 18:42:02 ID: t4jlL7zq

本当に少しだからな


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください