2021-02-28 12:11:45 更新

概要

とある鎮守府の川内と提督のおはなし。


前書き

ようこそ皆様おはこんばんみー。
知ってる方は今回もありがとう

初めての方はお初めまして。
名前は読みにくいと思いますが
毎度おなじみくろゆめと言います。

「黒癒愛」こう書いて「くろゆめ」と読みます。
こちらはメインが行き詰まり気味の為
ちょっと浮気します。

サラッと短めにする予定ですので
お付き合い頂けると不幸中の幸いです。

それでは川内と提督始まり始まり…


川内と提督


提督「」カリカリ…


川内「」カリカリ…カリッ


提督「」カリカリ


川内「んはっ、もう無理っ」バサー


提督「おい、馬鹿。書類が舞ったじゃねぇか 」


川内「あはは。ほんとだ」ケラケラ


提督「笑い事じゃない」ペチン


川内「あいたっ」ピシッ


提督「ったく仕事増えたじゃねぇかよ」


川内「ごめんね꙳★*゚」キャミッ


提督「可愛くねぇよ 」ツーン


川内「え…可愛く…ない?」ウルウル


提督「嘘だから泣くんじゃねぇ。」ヤレヤレ


川内「もぅ。夜戦してくれなきゃ許さない」ムスー


提督「南西海域でも単艦で行ってこい」


川内「え?いいの?」キラキラ


提督「んなわけねぇだろ」チョップ


川内「あいたっ」トスッ


提督「そんな事よりぶちまけた書類片せ。それが終わったら考えてやる


川内「ほんと?」ヤッター


提督「ったく。夜戦バカには困ったもんだ」ヤレヤレ


川内「」ズババババ…


〜〜〜ー数十分後ー〜〜〜


川内「提督っ、終わったよキラキラ


提督「え?嘘だろ?」アゼン


川内「ムフー」ドヤーッ


提督「ちっ、仕方ねぇ。被弾したら帰ってこいよ」ヤレヤレ


川内「かしこまりー」シュタッ


提督「」


川内と提督2


提督「」カリカリ


大淀「提督、こちらの決済もお願いします」


提督「かしこまり」カリカリ


提督「ん?んん?んんん?」ペラッ


提督「大淀なんだこの破損報告書は」


大淀「あ、それは…あのぅ、なんといいまs…「ていとくー」」


川内「夜戦したい」ドアバーン


大淀「」


提督「」


提督「せーんーだーいー、何だこの破損報告書は」オコ


川内「えへ。ちょっと魚雷発射管と主砲をね…」キャミッ


提督「キャミッじゃねぇ。魚雷発射管は高いんだよ。壊すんじゃねぇよ」グリグリ


川内「だってぇ、姫級と対峙したんだよぉ」イタイイタイ


提督「何?姫倒したんか?」グリグリヤメ


川内「ん。こっちも数発貰ったけど倒したよ」ドヤ


提督「よし、今度夜戦セッティングしてやろう」


川内「やったー」ピョンピョン


提督「ただし俺とな」


川内「」


川内と提督3


〜演習場〜


提督「うし、やるか」コキコキノビー


川内「」チーン


提督「お前さんの大好きな大好きな夜戦だぞ。綾波ー照明落としていいぞー」インカム


綾波「かしこまりましたー」パッ


提督「さーてさーて、いっちょやりますか」シャキン


川内「やばいなぁ、提督相手だとやりづらいなぁ…」ハァ


提督「」スチャドーン


シュルルルルー

ボガーン


川内「あぶなっ」シュバッ


提督「お、あそこか」シャキッズバッ


川内「っく…」ガキン


提督「お、」


川内「危ないなぁ、本気で殺しに来てんじゃん」グググ…


提督「そりゃ演習と言えど本気で行くもんだろ?」グググ…


川内「もってよ、あたしの吉見左文字」ギリギリ…


提督「俺の日光一文字を止めるか」ギリギリ…


※注2人は名刀馬鹿


川内「そりゃ、演習前に見てたからさ(常に見てるなんて言えないけど…ボソッ)」


提督「俺は鈍感系提督やるつもりは毛頭ないからな、聞こえてんぞ」シャキン


川内「おっと、聞こえちゃってたか」ズサー


提督「そりゃな、それ置き土産」センコウダンポイ


ビカッ


川内「くっ、」シュターン


提督「おぅふ、あんな跳躍すんのかよあいつ…」


川内「っと。閃光弾は予想外だったな。思わず飛んじゃったじゃん」ザバーン


提督「へっ、とかいいつつ、避けてんじゃんよ」ヤレヤレ


川内と提督4


川内「ほんと提督って歩く武器庫みたいな装備だよね」ヤレヤレ


提督「それは褒められてんのか?よくわかんねぇな」ソウテン


川内「ほめてないよ!?!?」


提督「んしっ、発射」ズドーン


川内「んなっ、海上で迫撃砲っ!」シュタッ


ボチャーン

ドガーン


提督「っち!避けられたか」クソッ


川内「当たり前じゃん。そんな遅いの当たらないよ」フフン…


提督「さーてね。それはどうかなぁ」ニヤッ


川内「何にやk…」カチッ


ズドーン

バッシャー


川内「っててて…何、今の」イテテ


提督「俺様特性の機雷だ」フハハハ


川内「「ホント厄介だなぁこれ」」キョロキョロ


イチメンキライミレ


提督「「むやみに動くと触れて爆発すんぞー」」ケケケ


川内「(どーせ、提督の事だから海中にもあるハズ…)」


提督「(俺だから海中にもって考えてる顔だなありゃ)」ウケケケ


川内「さてさて、どーしたもんかね。あたしの兵装は単装高角砲2基、魚雷4基8門16本。あとはクナイと吉見左文字と直胤…」


提督「悩んでんなぁ。直胤かあれ。あんなの脇差にしてやがんのかぁ。俺なんぞ日光一文字の一振だけだっつうの」ヤレヤレ


川内「とにかく、周りの機雷をなんとk…」ドドドドーン


提督「おぉー、全部爆発しちまった」カランポシャン


川内「いったぁ!何よライフルって無茶苦茶じゃん」ボロッ


提督「何言ってやがんだ?俺は人間だぞ?」


川内「そーだけどさ」







後書き

ぼちぼちではあるけど更新していきますよー
学校とかの合間ですが…

Twitterしてます
良ければどーぞ>>>>kuroyua_ss

さてさて今回もここまでお読み頂きありがとうございます。
勘のいいニキ達はもしかしたら気付いてるかもだけど
それは内緒だゾ✩.*˚


このSSへの評価

1件評価されています


SS好きの名無しさんから
2021-02-01 22:16:17

このSSへの応援

1件応援されています


SS好きの名無しさんから
2021-02-01 22:15:44

このSSへのコメント

1件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2021-02-01 22:16:05 ID: S:9hmMyd

提督の()がよい


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください