2019-02-03 02:41:29 更新

概要

提督達が同じ部屋に閉じ込められちゃった!?


前書き

みがめにさまはんさみかたきです
出願が見事昨日終わったので記念
………ただ帰宅予定時刻が1時間オーバーしてしまったのがクソ悔しい


提督「……!?」


提督「だ、誰だお前らは!?」


提督「ちょっ!俺のプリンどこや!?」


提督「ぬお!?俺は死んだはずじゃ…」


提督「………えぇ」


提督「エァァ!?俺は自分の部屋に…」


松「ファッ!?」


━━こ、ここどこですか!?


提督「たまっ、卵焼き、玉子焼き、ずい、ほ…」


提督「ぎゃぁ…頭がんがんする…」


提督「!?皆は!?」キラキラ


提督「フタフタマ……にゃああああああ!?」


提督「かぁっ!気持ち悪ィ!やだおめぇ…」


提督「味噌を踏んだと思ったらそんなことはなかった」


提督「………ん?」イヤホンー


提督「なぁ電、今日の飯は………あり?」


提督「とりあえず解りにくいな…んん…数字で分けようか」


提督1「せやな…まずは自己紹介しよか。俺は提督……まぁ本名不詳でええやろ。名前はええねん。ここに来るまでにやっていた事をはなそう。

俺は……レ級と潜水艦狩りしてた」


提督4「レ級と!?」


提督3「レ級なら仕方ないな」


提督2「え…じゃあ俺か。俺は………ん~…あ、そうだった。着任したばっかだったから艦娘に挨拶周りしてたんだ」


提督3「ほーん…俺はちょっと食堂で…」


提督2「何があったんだ?」


提督3「………多摩がな、シュルストパカッって…」


提督s「………」


提督4「えー、あー…俺はだな、死んだ」


提督s「ンッ!?」


提督4「正確には北上さんを守るために自爆したんだよ……狂ったふりしてな」


提督5「よくやった」


提督6「ぐう有能」


提督4「なんだお前ら…お前らはなにやってたんだ?」


提督5「俺?俺は北上さんと深海棲艦狩り」


提督6「俺は北上さんにプロポーズしてOKもらった」


提督5「やっぱ北上さんは」


提督6「まさに女神だな」


提督4「それな」


提督1「……で?そこの艦娘はなんなん?」


松「私………いや、俺も提督だったんだ。今は『松』という。瑞鳳を守るために囮になって………死んだ。」


提督7「ずいほうっ!?瑞鳳どこなんだ!?教えろ!オシエロオオオオオオオオオオオオオ」


提督14「当て身」


提督7「ガッ……」


━━━で、私と融合転生したんです


提督8「へぇ…そんなことがあいたたた」


提督5「気分悪そうなお前はどうしたんだ?」


提督8「艦娘達と三日三晩酒盛り……」


提督s「………」


提督2「そこのキラキラしてる提督は?」


提督9「僕………ですか?僕は皆からの印象を払拭しようと…それよりそこの女装してる…」キラキラ


提督10「言うな」


提督5「……それ、北上改ニの…」


提督10「北上のやつが時報をしろ、とな…」


提督9「あ、すいません……」


提督11「次は俺か。俺はタシュケントとこどもの日を満喫してた」


提督4「……平和な鎮守府だな」


提督11「お褒めに預り御光栄……とな」


提督12「…………」


提督11「次はお前だぞ」


提督12「…………言わなきゃ、だめか?」


提督3「当たり前やな。皆言うとるんやから」


提督12「………の準備」


提督10「ん?」

       アンチョビサンドフラッシュ

提督12「大井と【自主規制】する準備してたんだよクッソ!大井シャワー浴びてんだぞあああああああああ」


提督9「うわぁ…」キラキラ


提督11「アンチョビサンドフラッシュってなんぞ」


提督13「………で、俺かぁ。龍驤とお茶してた」


提督1「普通」


提督3「ぐう普通」


提督2「それでいいじゃないっすか!?」


提督14「俺は電と二人でバシー島で夕食食おうとしてた」


提督3「まてまてまてまてまてまてまて、二人で?二人でっつったかお前」


提督14「だって島流しにあって二人しかいないんだもん」


提督s「えぇ………」


提督1「……まぁとにかく、だ。どうすればいいとおもう?」


提督6「………どうでもいいけどコイツどうする?」


提督7「」チーン


提督14「待ってろ」ガサゴソ


提督13「なにやってるの?」


提督14「いや?特になにも」チャキッ


提督12「いやいや特になにもじゃないよね?そんな物騒なもん取り出すなんて絶対なんかあるよね?ってかどこから取り出した!?」


提督9「なんですかそれ…」キラキラ


提督1「……M198榴弾迫撃砲。口径155mm、全長11.3m、全幅8.53m、全高1.80m、重量は驚くなかれ7tだ。

アメリカ合衆国が誇る迫撃砲の一つで最大射程は18000キロ。

この大きさでも軽量で中型なんやで……」


提督9「すみませんなにいってるのかわかりません」キラキラ


提督14「この大きさなら空砲撃てば起きるだろ。そーれふぉいやー…【ガキリ!】……あ、弾入ってた…」バッチィィィン!キィィィィイ…イイン


提督12「あんぎゃああああ!?耳があああ」グワングワン


提督4「くっ!砲口が真横向いてたからこっち来たぞ!」


提督14「すまんにー」ヘラヘラ


提督13「任せろ」ジャキィィィン!


砲/弾<スパッ


提督s「!?」


砲← ヒュルルルルルル →弾


≡パァァァァァァァァァァァアアアアン!≡


提督s「耳があああああああああ!?」


提督7「ぬわーっ!?」ガバッ


松「あぶなかった…耳栓あってよかった…!」


━━━ギリセですね



提督14「およ?骸狩じゃんか」


提督13「知ってるのか?」ジャリン!


提督14「だって俺が鍛えた剣だもん」


提督13「………ってことは、父さん?」


提督14「……俺の名前をいってみろ」


提督13「………真田葵。」


提督14「なんとまさかのマイサン…」


提督7「っちょ!?え?なに!?なんなの!?ここどこ!?」


提督1「あー、あー……起きたか。それで、だ。お前はここに来る前なにしてた?」キーンキーン


提督7「え?俺は、瑞鳳をさがし………え?あ、あぁ、ああああああ!?あぁ、ああ…ごめんなさい、ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ……!」


提督13「話せ」


提督7「っ!!……瑞鳳を追って後追い自殺を…「そうじゃない」ヒッ」


提督13「なぜそんな怯える必要があるんだよ。ほら、お兄さん怒らないから言ってみなさいな」


提督7「……おれ、は……」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


提督4「……なぁ、」


提督5「あぁ」


提督6「…わかってる」


提督12「これはもう」


提督45612「「死にさらせこんのドクズがあああああああああ!!」」クワッ!


提督1「おら待っただ待った。」バチーン!


提督4「ぎゃんっ!」バタッ


提督2「やめろよ!怖がってんだろうが!」ガシッ


提督5「黒酢!コイツだけはコロサライト……ダメだァァァァァァ!」


提督4「やめろ!トラウマが蘇る!」アーアーキコエナーイ


提督2「チッ」ドゴォ


提督5「うわらば!」ドサッ


松「ノーウェイノーウェイ、俺の師匠が言っていた。『悪人を不公平に裁こうとするのはそれもまた悪人の考えだ』と」ガシッ


提督6「俺はコイツをって俺基本的に強くないから腕が折れれれれれれ」ミシミシ


提督14「はーいうぇいとうぇいと」ジャキッ


提督12「待つからそのメタルキングの剣をしまってくれ」


提督13「あ~…こりゃうちの友達でもあったな…たべりゅ中毒。」


提督s「たべりゅ中毒?」


提督13「言っちゃうと瑞鳳っちの玉子焼きの沼にはまって他のものが見えなくなる症状。」


松━━━まさか瑞鳳さんの玉子焼きにそんな力が…


「いやまさかすぎんだろ。」


提督13「こればっかりは自然治癒を待つしか…ってもう治ってるなこれ」


提督7「ウェッ!?ディドゥーザン,オンドゥルディスカ!?」


提督13「ほんとほんと。良かったなー、お大事に」


提督10「いやでもお前自殺したんじゃん」


提督8「お前マジ空気読めないな」


『━━━マスカ』


提督3「ん?マスカット?」


『あなたはそこにいますか?』


提督1「そう思うんならそうなんちゃう?お前ん中ではな」


提督2「いるともいないとも言えなくもなくもなくもないような気がする」


提督3「 マスカットならあるで」


提督4「居ねぇしつか死んでるし」


提督5「黙れ小僧」


提督6「貴様に北上さんが救えるか」


松「居るとおもう?」


━━━割りと微妙なラインですよね


提督7「俺死んだんだけど…」


提督8「いたい」


提督9「ダメだお前は!」キラキラ


提督10「消えてなくなりたいです」


提督11「フェストゥムやんけ、ファフナーで返り討ちにしたろ」


提督12「あなたさんはここには居ませんよ、他を当たってください」


提督13「ちくわ大明神」


提督14「カはないけどココアといい鱒ならあるよ」


『ストップ、ごめん、間違えた。聞こえてますかー?』


提督s「はーい」


『私は神の使徒です』


提督10「サキエル?」


提督9「リリスじゃないですか?」キラキラ


提督11「ラミエルに一票」


提督14「レールガンならあるぞ」


みがめにさまはんさみかたき『そうじゃねぇよようは作者だ作者。メタいから言いたくなかったんだよクソッタレ』


みがめにさまはんさみかたき『つか改めて俺の名前なっげぇな!』


提督10「もうサキエルでいいんじゃない?」


みがめにさまはんさみかたき『なにそのサキエル推しは。まぁいいけど』


サキエル『はい、で用件はですね』


提督1「ようは飽きたから元の世界に戻すねってことだろ」


サキエル『やめろ、そうだけど』


提督13「もう終わりにしようぜ…俺達ももうこんがらがってきた」


サキエル『えっ、そんな急に?まぁいいけど』


サキエル『ホントは承太郎とDIOを閉じこめたやつみたいにクッソ長くしようと思ってたんだけどね。じゃ、バイバーイ』


提督s「おつかれっした~」








OMAKE


提督7→提督「ふぁあ……って俺ゃ死んだ筈じゃ」


瑞鳳「あ!提督ぅ!」


提督「瑞鳳?どうしたんだ?」


瑞鳳「私ね!玉子焼き焼いたんだけど…たべりゅ?」


提督(……!!これは……)


提督「あぁ、食べるよ。でも━━━━」


瑞鳳「?」


提督「"皆で"食べようか」ニコッ


瑞鳳「!!はいっ!頑張って焼いてきますっ」ダダダ


提督「……サキエルさんありがとう」


『だからみがめにさまはんさみかたきだと何度いったら(ry』


OMAKE2


提督4→提督「んー…戻ってきた…………か???」


北上「」ポカーン


提督「」ポカーン


北上「……え、あの、その、えっと…」アタフタ


提督(……ったく、ご都合主義ってのは嫌いなんだがな)


提督「━━━━ただいま、北上さん」


北上「あ、えっと……うん」


「お帰り、提督」



艦!


後書き

はい打ちきりENDですはい。
ちなみに
提督1→金剛「私はアンタが憎いネー、北上」北上「あっそ…」
提督2→提督「着任したときの話をしよう」
提督3→提督「美味しいご飯」
提督4→提督「きょうもちんじゅふはへいわです」&北上「明日も鎮守府は平和だから」
提督5→提督と北上さん
提督6→まどろっこしい提督と北上さん
松→提督は鎮守府と共に
提督7→たべりゅ中毒
提督8→艦娘達がただ騒ぐだけ
提督9→提督「艦娘からのイメージを払拭したい」
提督10→提督による時報
提督11→ロシア艦とJAPAN提督
提督12→提督「クリスマスだ!」&提督「OH!味噌か!」
提督13→曙「提督が無能すぎる」
提督14→電「司令官さんと二人きり」
のキャストです


このSSへの評価

1件評価されています


2019-02-04 08:22:41

このSSへの応援

1件応援されています


2019-02-04 08:22:43

このSSへのコメント

6件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2019-02-03 05:55:38 ID: S:P1Lg_P

下らないSSを書いている暇があったら、受験勉強、最後の追い込みをしろ!!

2: ログインパスを忘れたリスト作り 2019-02-04 08:24:27 ID: S:XiMU4s

>1お前・・・暇なのか・・・?朝早くからご苦労さンッ!

3: みがめにさまはんさみかたき 2019-02-05 12:38:04 ID: S:C3j22K

※2
的確すぎて草はえる
まぁ朝五時とか仕事のために早起きするか徹夜しないと書き込めない時間ですしますのおすし

4: 叢雲–改 2019-02-05 21:36:45 ID: S:boCKQR

アンチョビサンドフラッシュってマジでナンゾw

5: SS好きの名無しさん 2019-02-06 06:19:09 ID: S:XvVo_n

NHKニュース(2月6日(水)0521)

戦艦『比叡』発見される。

アメリカの調査チームが発見

『長年の国防の任、本当にありがとう。ゆっくり眠れ。』

6: みがめにさまはんさみかたき 2019-02-06 16:47:27 ID: S:BpvG4P

※4
提督12「アンチョビサンドフラッシュはアンチョビサンドフラッシュだよ。」
提督14「ちくわ大明神」
提督13「こけし大歓喜」
提督12「それ以上でもそれ以下でもねぇ」
提督12「誰だ今の」


このSSへのオススメ

1件オススメされています

1: SS好きの名無しさん 2019-02-03 05:55:54 ID: S:wK2Iwo

下らないSSを書いている暇があったら、受験勉強、最後の追い込みをしろ!!


オススメ度を★で指定してください