2020-01-15 15:29:21 更新

概要

前回のあらすじ、提督が首を吊った。
以上!


前書き

前回の続きです、深夜テンションで書いたため内容が変です。
いつ病院に行ったかは気にしないで下さい。
キャラ崩壊注意⚠


      [part2提督の目覚め]

??「失礼する!」


雷「長門さん!」ナミダメ


長門「雷、提督の様子は?」


雷「まだ眠ってるわ、先生が言うには起きるかどうかも分からないって」


長門「そうか・・・」


看護師「面会時間はもうすぐ終了です。」


雷「は〜い、長門さん行きましょ。」


長門「あぁ、分かった。」


       


       その頃執務室

武蔵「んー、疲れた。」ノビー


大和「そうねー」ノビー


武蔵「提督はこれを毎日やってるんだな。」


大和「それなのに私は提督に押し付けて・・・」キュウッ


      「「ただいま〜」」


大和「雷お帰り〜」


武蔵「長門もお帰り〜、提督はどうだった?」


長門「まだ目を覚ましてなかった。」


武蔵「そうか・・・」


全員「・・・」


一方その頃・・・

曙「提督が自殺をしようとしたのって私達のせいだよね。」


霞「ち、違うわよ。」


龍田「あの人は、それぐらいで自殺しようとしないわよ〜」


曙「でも私は聞いてしまったのよ」


龍田、霞「「何を?」」


part1参照


霞「うそ、でしょ?」


??「本当ですよ!」


龍田「誰だお前は!!」


アオバーマン「鎮守府のパパラッチ、アオバーマン!!」てーててーててれ


青葉「実はここにその時のボイスレコーダーが有りますが、聞きますか?」


霞「聞くわ」


以下略


龍田「本当だったのね・・・」


       シーンは病院へ

        ピッピッピ

何処だここは、真っ白な空間?


テイトクサーン

うん?


声が聞こえるが幻聴かな?

ヒドイデスネ!


提督「なんだ妖精さんか。」

ナンダトハナンダ

ミンナーテイトクサンニイタズラシテヤレー


提督「・・・はっ?」


提督が目覚めるまであと1時間


50分後


響「提督、早く起きてよ暁が泣いてるよ?」


響「何でこんな所で寝てるんだい?」


響「早く起きてよ、提督、」ポロポロ


         ギュゥ

響「・・・へ?」


提督「おはよう、響」







後書き

続きがいつかは未定
to be continued


このSSへの評価

2件評価されています


SS好きの名無しさんから
2020-01-17 00:01:22

SS好きの名無しさんから
2020-01-15 01:03:08

このSSへの応援

2件応援されています


SS好きの名無しさんから
2020-01-17 00:01:24

SS好きの名無しさんから
2020-01-15 01:03:09

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください