2020-12-27 03:27:50 更新

概要

たぴおさん,ありがとう。
感動の最期にして,読者を包むあたたかな優しさを。





荒らしや批判するような暇人は回れ右じゃ


前書き

もう一度言う。

荒らしや批判するような暇人は回れ右じゃ








時雨と提督がやたらいちゃいちゃするお話...?







時雨「ねえ提督,ちょっと時間あるかな?」


提督「おう、時雨か。どうした?」


時雨「あのね,ちょっとねえ」ニヤア  


時雨「ここにさ,何故か映画のチケットがるんだけれども」


提督「おう、夕立と行ってきたらどうだ?」


時雨「残念だけど,その夕立も用事があるらしくてね」


時雨「このままだと,ボク一人で行かなくちゃなんないんだよね」


提督「え、それは大変だなぁ…」


(夕立は今日暇って言ってたし、多分これ、俺を誘ってるんだよな…)


提督(そう言えば最近、全然時雨と一緒にいられなかった、よしここは久しぶりに2人で楽しむとしよう)


提督「じゃあ時雨、良ければ俺と行くか?」


時雨「!!!」アホ毛 ピョンピョン  


時雨「じゃあ,今から頼めるかい?」


提督「おう、勿論だ。」ニコッ 


提督(にしても…時雨と映画かぁ…楽しみだなぁ…)







ー映画館にてー

 






時雨「おお!あの映画だよ!」 


時雨「えっと...題名は,『愛と哀しみのしぐしぐ』だって!楽しみだね!」


提督「お、時雨にぴったりだな!もっとも…」


提督「俺達には愛と哀しみじゃなくて、愛と幸せだな。」ナデナデ


時雨「~\\\」アホ毛ピョンピョン 

 

時雨「ちなみに,映画のおまけで,主人公のしぐしぐのアホ毛を再現したキーホルダーが貰えるらしいよ!」


提督「じゃ、お揃いにするとしよう。ま、俺専用の時雨のアホ毛ならここにあるけどな。」アホ毛ツンツン


時雨「___ッッ___\\\」ビクッ  


時雨「て,提督!触らないでよ!\\\」プンスカ


提督「え、俺に触られるの嫌だったか…」シュン


時雨「そ,そんなことないよ!?むしろ嬉しいよ!?」アセアセ


提督「本当か!なら良かった、良かった。さっ映画行こうぜ。」 (サリゲナク)アホ毛ツンツン


時雨「へあッ\\\」ビクッ  


時雨「と,とにかく,もうすぐで始まるし,座席に着くよ!」ダダダダダ


提督「おう!」






ー映画館上映室 上映中ー

 





時雨「もっしゃもっしゃもっしゃ」ポップコーン


提督(食べてるとこも、横顔も可愛いなぁ…)


ポップコーンヒトツマミ


提督「時雨。」ヒソッ


時雨「?」テヲトメ


提督「はいあ〜ん」


時雨「!?み,見られちゃうよ...\\\」ヒソヒソ


提督「俺にされるの嫌か?…そうか、そうだよなぁ…うん、ごめん…」シュン


時雨「そっ,そんなわけないよ!?なんなら,もっと凄いことでも...」ボソッ


提督「もっと凄…ゴホォン…じゃ、ほらあーん。」


(もっと凄い事は聞かなかった事しておこう…一線を越えるのはまだ早い…)


時雨「チェ...あ,あーん\\\」


提督(可愛い…)


時雨「もぐもぐもぐ」ゴクン 


時雨「えへへ...おいしいね\\\」ニコッ


提督(これが…天使…!)


提督「しっ時雨…?その…俺にも…やって欲しいかなぁ…とか思ったり…」


時雨「いいよ。はい,アーン\\\」ヒョイッ


提督「もぐもぐもぐ」ゴクン


提督「幸せの味がする。」ニコッ


時雨「よかった♡」ニコデレ 






ー映画内容が,主人公が好きな人をかけてライバルと争う内容にー 

 





時雨「...提督。突然だけどさ」


提督「…ん?」


時雨「...今,提督,他の艦娘のこと考えてないよね...?」ハイライトオフ


提督「…」


提督「馬鹿だなぁ…時雨は。」ギュ


提督「そんな事全然無いし、俺はもう全部時雨のものだよ」


時雨「...ホッ」


時雨「...じゃあ,帰ってから調教する必要ななさそうだね...」ボソッ


提督「...」


提督(何も聞かなかった事にしておこう…俺は時雨だけを愛している、もし時雨の愛がどれだけ暴走しても俺は受け入れる覚悟は出来てる、それが例え…調教だとしてもな…)


時雨「...」ニコニコ


提督(まぁでも今は…この幸せな時間を楽しもう…)ギュウ


時雨「...\\\」ハイライトオン ギュッ (握り返した) 






ー最終場面 主人公とヒロインのキスシーンー 





時雨「」ガン見


提督(すげぇ見てるな…最後にキスしたのいつだっけ…)


提督(ごめん、時雨。ちょっと強引だけどーーー)


提督「時雨。」 カタツカミ


時雨「え?______」








ーーーチュッーーー








時雨「!?!?!?」アホ毛ピーン! 


時雨「へあ,ふあ,ふふぁあ...\\\」ボフッ =))


提督「ごめん、時雨。君の唇が魅力的すぎて耐えられなかった…」


時雨「_____どうしてだい?」


時雨「どうしてDK(ディープキス)じゃないんだい!?」


提督(怒るどころか、それ以上を要求された…!?)


提督(時雨が望むなら…いや…今俺もしたがってる…)


チュ〜 シタイレ




時雨「~~~~~~\\\\\\\」気絶&アホ毛ピョンピョン




提督(気絶した…!?)


時雨(のアホ毛)『提督!提督!』テレパシー


提督(アホ毛が心に直接…!?)


提督(なっなんだ…?)


時雨(のアホ毛)『今夜はこのまま近場のホテルに連れてって!』ピョンピョン


提督(なっ何が何だか分からないが…ここは従うしか無いな…!)


提督(分かった、連れて行こう、時雨は起きれないよな…仕方ない)オヒメサマダッコ






ーその頃,時雨の脳内ではー






時雨(よくやった,アホ毛) 


アホ毛(任せときなって) 





ーホテル 夜分 割愛ー





ホテル従業員「きのうはおたのしみでしたね」リア充爆発しろ


提督(やってしまった…遂に一線を超えてしまった…)


時雨「~\\\~\\\」ニコニコ


時雨「ねえ,提督...」


提督「おう…」


時雨「ケッコンカッコガチって,まだあったよね?」ニコニコ


提督(これはまぁ…そういう事だよな…)


提督(責任…取らないとな…)


提督「そうだな、婚姻届、書きに行くか。」


時雨「あるれぇ?おっかしいなぁ...」


時雨「ここにさ,何故か婚姻届けがあるんだけれども」


提督(あぁそうか…そういう事か。でも、受け入れるって決めたもんな…時雨なら…)


提督「時雨、俺怖かったんだ…時雨が沈んだりしてもし居なくなるのが…」


提督「時雨の事全部受け入れるって決めたのに、居なくなるのが怖くて一線が越えれなかった…情けないよな…」


提督「怖いんだよ…時雨が消えるのが…だから約束してくれ…俺の目の前から居なくならないって…」


時雨「提督...」 


時雨「約束するよ。」




時雨「雪が桜になって...

   

   桜が向日葵になって...


   向日葵が,たとえ枯れてしまったとしても...


   この先,何度季節が巡り巡っても___...





時雨「ボクは,提督と,その景色を,一緒に見たいんだ」





時雨「ボクは,提督のいる限り,不沈艦だからね」ニコッ


提督「時雨…」


提督「信じるよ、君を。」


提督「だから、よろしく。俺のお嫁さん。」ニコッ


時雨「...うん!」ニコッ


時雨「さあ,早くバレないうちに,鎮守府に帰r____」







夕立「...二人共...?」ギロリ







提督「夕…立…?」


提督「お前…どうしてここに…」


夕立「奇遇っぽいね...まさか,友達がホテルに泊まってて,迎えに来たら,友達じゃなくて,雌犬と提督だなんて...」ハイライトオフ


時雨「...誰が...雌犬だって...?」ハイライトオフ


提督「待て、時雨…」


提督「夕立、お前とはいえその発言は看過出来ない…」


夕立「何を言ってるっぽい?いい加減提督もその雌犬から離れるっぽい。汚らわしいっぽいよ?」シッシ


提督「夕立…誰に対して言ってるのか分かってるのか…?相手は時雨だぞ…?」


提督「お前の姉妹であり…そして…そして…」


提督「俺の愛した時雨だ…!」


夕立「っぽい?聞いて呆れるっぽいね」ハハン


夕立「その雌犬を提督が愛してる?見え見えな嘘は止めるっぽい」ハイライトオフ 


夕立「さあ提督,私の鎮守府に帰るっぽいよ」


提督「お前の鎮守府じゃない…俺の鎮守府だ…」


提督「俺は時雨を連れて帰る…!」


夕立「____らしいっぽいよ?大将?」デンワ 


???「フンッ。キミ程の奴が,そんな大口を叩けるのか。聞いていて呆れる他ないな」


提督「大将…?」


夕立「まあ,そんなことはさておき」デンワピッ 


夕立「まあ,帰るか帰らないかは提督の好きにすればいいっぽい。ただし...」


提督「なんだ…」


夕立「あそこにいた鎮守府の艦娘達全員が,提督の仲間だとは限らないっぽい」


夕立「正直,全員提督を探し求めてるっぽい。だから...」


提督「まさか…逃げ道はない…!?」


夕立「いいや,あるっぽい。それは...」


夕立「そこにいる雌犬を捨てて,夕立と一緒に逃げることっぽい」


提督「だったら…」


提督「俺に逃げ道はなさそうだよ…!」


夕立「なっ!?」 


時雨「提督ッッ!」ダキッ


提督(考えろ…どうする…最悪俺は犠牲になっても良い…時雨…時雨だけでも…)


提督(待って、今までの発言から察するに夕立も…まずは確認だ…)


提督「なぁ夕立、お前も俺の事を?俺が欲しいって解釈で良いのか?…」


夕立「そうっぽいね。物理的にも,精神的にも」 


夕立「けどまあ...大体,提督のことだから,『じゃあいくらでもいいよ』って言うっぽいね」


提督「俺の事を良く理解してるようで…だが残念ながら不正解だ…」


提督(もう、これしか無いな…あまり褒められた手段ではないが…)


提督「なぁ夕立…」サッ


提督「そこまで欲しい提督が今からこのナイフで喉を突き刺すって言ったらどうする?」ニヤリ


夕立「...!!」 


夕立「お,脅しは効かないっぽいよ...!」ビクビク


提督「脅しか…んなら一回お試しといこうじゃねぇか…」


グサッ!

 

提督「ッ!今回は左手だが、次は喉かもな。」


夕立「わ,分かったっぽい!だから,やめるっぽい!」 


夕立「な,仲間になるっぽい!だから,止めて!」


提督「仲間ねぇ…」


提督「なら条件がある。」


提督「一つ目、時雨の身柄だが、今から俺の信頼できる同期を呼ぶ、んで持ってそいつに時雨を引き渡す。お前らじゃ時雨を殺しそうだからな。」


提督「二つ目、俺の身は好きにして貰って構わない、その代わり時雨に手出しはしない事、因みに手を出そうとした時点で俺は死ぬ。更に言うとその同期は元帥の御曹司だ、簡単に手が出せると思うなよ。」


夕立「...分かったっぽい...」 


夕立「...そういえば,こんな鎮守府,他にもあったっぽいよ」


提督「こんな鎮守府…?」


夕立「そうっぽい。艦娘達が,原因不明に突然病みだしたらしいっぽい」


夕立「えっとね...め,める...めるだ...う~ん!」


夕立「そうっぽい!メルダー鎮守府とかいう新しくできた鎮守府っぽい!」 


夕立「提督,今からそこの司令に元に行くっぽい?」


提督「半分正解、半分不正解、その同期の鎮守府の名前はそうだ、時雨はそこに引き渡す。だが、俺の身はお前らにくれてやるさ。」続く


提督「お前らの監視にもなるし、俺がいれば時雨に手は届かないだろうしな…」


時雨「提督,頭いいね...」 


夕立「じゃあ,今から引き渡しに行くっぽい?」


提督「あぁ、もうじきここに着くさ。」


提督「駆逐艦時雨、本日をもって本艦をメルダー鎮守府に転属とする。」


提督「時雨、悪いな…どうやら俺の方がお前の前から居なくなりそうだ。大丈夫、あいつは良い奴だからお前もきっと上手くやれる。」


提督「愛してるよ時雨、さよならだ…永遠に…」


時雨「提督...そんな...!」


時雨「イヤだよ...提督...!!!」 


???「そんなこともあろうかと」いきなり登場


提督「…?」


異逆「私がそのメルダー鎮守府の司令,異逆でございます」コンニチハ 


異逆「えっと,今回は,お嫁さんをお預けにするとのことで確認に来させていただきました。以上でよろしいでしょうか?」


提督「あぁ、問題無い。お前なら時雨は大丈夫だ。悪いな…最後の最後まで世話になっちまってよ…」


異逆「気にするな。古い付き合いからだよ。んでだが」続ける


異逆「私は決めた。嫁さんを守る上,キミも守ろう」


提督「んな事、出来るわけねぇだろ…」


異逆「分身すればいい」ブォン…


提督「……は?」


提督「はぁぁぁぁ!?」


異逆「えーまあ,面倒くさいことは置いておこう」 


異逆「てな感じで,私は二人を護衛する。よろしく頼む」


提督「おいおい…お前何でもありかよ…」


提督「恩にきるよ…全く…」


異逆「いやいや。そんなことないさ」 


夕立「では,早速,提督の鎮守府に戻るっぽいよ!」ガッツポーズ!


提督「おい夕立、お前しばらく謹慎だからな…」ジト


夕立「わ,分かってるっぽいよ...」








時雨無事送還









異逆「時雨はとりあえず送っといたし,どうする?」


提督「そうだな…取り敢えずは情報収集だ…」


提督「まぁ夕立の行動は、恐らく俺を奪うためなんだろうが…その後ろにいた大将がどうも匂う…あいつの目的を確かめないことにはって奴だ…」


異逆「大将,か...」


異逆「実は,和泉中尉という方から,大将についての情報を貰っていてな」


提督「お前は毎回準備が良いな…やっぱし、異世界人ってやつは優秀だねぇ…」


提督「続けてくれ…」


異逆「聞いて驚け。奴には,賄賂罪,艦娘を個人的な理由で使用,その艦娘に海賊に密輸という密輸罪,性的暴行罪...etc.」 


異逆「その上,情報局長の立場を利用し,情報の操作」


提督「そいつはまた…稀に見る屑だな…」


提督「面倒くせぇのに目をつけられたもんだな。」


異逆「まあ,とりあえずは,キミの鎮守府に戻ってみるか。状況を伺いたいところだ」


提督「ま、それが1番だな。」


異逆「んじゃいくか」


提督「おう。」








ーーー提督の鎮守府ーーー








提督「さてと、鎮守府にご到着な訳だが…」


提督「大分混乱してるな…」


異逆「憲兵が一人残らず消えているぞ。まるで賊が侵入した後のようだな」


提督「ッ!これが大将の仕業って言うのは明らかだな…」


提督「それよりうちの艦娘達だ、どこにいる?」


異逆「...聞こえる」


提督「きっ聞こえる…?」


提督「俺には何も聞こえねぇんだが…異世界人の耳には聞こえるって奴だろ?んで、何が聞こえる?」


異逆「...そういうことではないのだが...」


異逆「...地下だ。床に耳を当ててみろ」


提督「はいはい、俺は元々そう言うことにも気づけねぇですよって。」


提督「どれどれ…」


???「___けて!助けて!」


提督「ッ!これは…まずいぞ異逆…」


異逆「...地下に行く道は...むう,探すのが面倒だな」 


異逆「提督。あとで賠償金は払うから,許せ」 


異逆「ピカッ」 ズドドドドドォオオオン 


異逆「即席地下通路の完成だ」


提督「はぁ…何となくこうなる気がしてたぜ…全く…」


提督「一つ聞きたいんだが…今から一度でも戦闘は起こる解釈で良いのか?」


異逆「まあ,艦娘が地下牢に閉じ込められてる時点で,何者かが見張ってると解釈するのが自然だな」


提督「だよな...悪いが戦闘になったら任せるぞ。」


提督「俺はお前とは違う、非力な人間だ…指揮はできてもお前みたいな大層な技なんか使えねぇ…悪いが完全にお前頼りって訳だ…」


提督(まぁ…異逆が駄目な場合は最終手段があるが…こいつの場合、言ったら止められるからな…黙っておこう…)


異逆「ふむ...(こやつ,何かを隠しておる...まあよいか...)では,いざという時は指揮を頼むよ」


提督「あいよ…了解だ。(馬鹿言え、指揮に関してもお前が優秀だろうが…全く華を持たせるのがうまい…)」


異逆「では,下降するぞ...あえて,キミが行動する前に言っておく。絶対に,私より先に落ちるn____」(提督は聞いていない)


提督「先落ちたぞ、なんか言ったか?」


異逆「地下1㎞の高度から紐無しバンジージャンプだな」


提督「知ってるか?ここの世界の奴もな、力はなくても度胸と根性はあるんだよ。」


提督「んで持って、大事なもんが危ない時にはそれが遺憾なく発揮される。まぁつまりーーー」


提督「こんなもん根性でどうにかなる。」ニヤ


提督「ほら、先行くぞ。」


異逆「...何という奴だ,キミは」ハア (下降中) 


異逆「もうじき地面だ。上手く着地しろよ。」


提督「あいよ。」


着地 ジ〜ン


提督「ッ!(足がジ〜ンとする、いってぇ…根性…根性…)


提督「余裕だな。」


異逆「そうと信じよう」スタッ 


異逆「ほら,後ろにいるぞ。監禁されていた艦娘が」


榛名「うう...だ,誰!?」


提督「榛名!俺だ、分かるか?」


榛名「てい...とく...?」


榛名「本当に...提督なんですか...?」ポロポロ


提督「ごめんな…助けるのが遅くなって…」ナデナデ


榛名「提督!提督!」 


榛名「これで...ずっとイッショ...」ハイライトオフ 艤装展開


提督「なっ!まずい、異逆…!」


異逆「伏せろ!」ジャキンッ (刀で薙ぐ)


提督「ッ!危ねぇ…(どうなった…?)


榛名「うっ!」(艤装切断) 


榛名「なんなんですかあなたは...せっかくいいところだったのに...」ギロリ


提督「優秀だろ?俺が連れてきたんだ。」


提督「いつも言ってるだろ?念には念を押せ、保険をかけろって。」


榛名「まあ...想定内ではあるんですけどね」 


榛名「いい加減に死んでください!」(至近距離による艦砲射撃)


提督(完全に異逆狙いか…!)異逆…!」


異逆「違う!狙いはキミの方だ!こっちにこい!」 


榛名「提督!当たってくださいよ!なんで逃げるんですか!?」バン!バンバン!


提督(クソっ!また判断をミスった!あいつと違って俺の勘はあたらねぇ…)


提督(駄目だ…異逆の所に近づけねぇ…!)


異逆「ディメンションミラー展開!」(提督を謎の障壁が囲む) ピシャアン!


異逆「提督!そこから出るなよ!んでだが,榛名の戦闘時の特徴を教えてくれ!」


提督「榛名は高速戦艦だ!素早い動きで高火力の攻撃を叩き込む!ただかなり打たれ弱い!」


異逆「なかなかに攻撃が当たらんのはそのせいか」


提督「あぁ…だが榛名は勝負決まると確信した時動きが直線的になる…最大限の攻撃を叩き込むためだ…そこを狙え。」


異逆「流石は一鎮守府の提督。敵のみならず,仲間の理解も得ているとは」 


榛名「ええい!邪魔ですこの壁!提督が殺せませんよ!」(提督の周りの壁を殴る) ガンガン


提督(焦りが見える…焦れば焦る程榛名の動きは単純になる…異逆もさっきの話を踏まえればそのことに気づくはずだ…)


異逆「焦りが見えたな。そこか」 


異逆「提督,榛名をなんかしてもっと焦らすことは出来ないか?例えば,なんでこんなことしたのかとか,過去のこととかさ」


提督 コクリ


提督「所でだ榛名、何故俺の命を狙う?」


榛名「なんでって...決まってるじゃないですか」


榛名「私はね...提督のことが大好きだから,殺したいんですよ」


提督「好きだから殺す…?意味がわからないな…」


榛名「簡単ですよ。要するに,『殺して自分の好きなようにする』為です♡」ハイライトオフ


榛名「そうすれば,提督はいつでも私の言うことを聞いて,何も文句を言わない『お人形さん』になるんです♡」


提督「そうか…お前の気持ちは分かった…だがな。」


提督「お前は家族としては愛しているが…」


提督「俺を好きにして良い相手はもう決まっててな…そいつに殺されて好き勝手にされるなら良いが…」


提督「お前はお断りだ…!」


榛名「なっ...!!!」 


榛名「提督!誰なんですか!誰なんですか!そのクソ女は!教えて下さい!」ドンドンドン


提督(異逆まだなのか…?もう少し時間を稼ぐか…)


提督「さぁな、この壁一つ壊せないお前に教えるものはねぇよ。」ニヤ


異逆「見えた!」カッ

 

異逆「遅れてすまない」 


異逆「さあ眠れ。 【睡眼:昏倒への誘い】」 


榛名「あっ...」バタッ


提督「ったく…オセェよ…死にかと思ったぜ。」


提督「助かったよ。」


異逆「すまんな。この『目』は,ちょいと時間がかかるもんで」 


異逆「まあ,細かく言えば,1目薬刺す 2二人の話を聞く 3ポテチを摘まむ 4技発動 の順だ」


異逆「まあ,2と3は,しようと思えば省略できんこともないが」


提督「ポテチはいらねぇだろ!?」


提督「ったくマイペースな奴だぜ…取り敢えず、榛名はここに拘束して、進むとしよう。」


異逆「そうだな。ちなみにだが,ポテチは嘘で,相手の脳を支配するのに時間がかかっただけだ」


提督「この際どっちでも良い…昔からお前の小難しい技はイマイチ分からん…」ハァ


異逆「簡単に言えば,相手の脳を支配し,昏倒するように信号を送らせることによって発動する技だ」ドヤァ


異逆「とりあえず,先に進むかね」


提督「おうよ。(こいつの小難しい技は未だに良く分からんが…これならこいつを使う事は無さそうだな…グッ)」






ーーー地下通路ーーー






異逆「...酷い有様だな。エレベーターのケーブルが,根元からちょん切られてるぞ」


提督「これじゃどうにも出来んぞ…どうする?」


異逆「掴まれ」リョウテヒロゲ


提督「…?分かった。」


異逆「行くぞぉ.....せーのッッ!!!」(地上に向けて提督をぶん投げる)


提督「うぉっ!?」


ドン! 


提督「こっ腰が…!いきなり投げるなっての…」


異逆「度胸と根性!」( ´∀`)bグッ!


提督「はぁ…(突っ込だけ体力の消耗だな…)」


提督「さてと、こっからどうする?」


異逆「地下はさっき行ったから,次はキミの執務室かな?」


提督「はいよ、ついて来い、執務室はこっちだ。」


異逆「うむ」ツカツカ


提督「なぁ…お前はどう思う?」


異逆「何がだ」


提督「大将の狙いだよ、お前ならある程度の察しが付いてるんじゃないかと思ってな。」


異逆「じぇえんじぇんわかんないんだよな,それが」


異逆「私には,キミ達人間という生き物の考えが分からない」


提督「そうかい、お前が分からないなら俺にも分かりそうにない。」


提督「あと…これは俺の何の根拠もない勘なんだが…」


提督「艦娘達がここら先かなりいる気がするぜ…」


異逆「そうか。面倒だな」ハア 


異逆「なあなあ提督,もうさ,ここら一帯吹き飛ばしてもいいと思わんか?思うだろ?」


提督「何で毎回発想がぶっ飛んでるんだ…お前は…異世界人ってのはみんなそうなのか?…」ハァ


提督「賠償金の弁償…あと…殺すなよ…」


異逆「おう。百万倍にしてくれてやる。殺さない程度の火力にもする」 


異逆「あ,これ付けといて」つカード


提督「はいはい、また良く分からんやつね…」


異逆「耐熱ガラス板。それないとキミ死にますので☆」


提督「笑えねぇよ!?」板ソウビ


異逆「では行くぜ!久しぶりだから加減が分からないが,どうにかなるさ☆」


提督「もうどうにでもせい。」アキラメ


異逆「<咆哮>!」ドチューン 


土地「サラチニナッタデ!」


提督「(^ω^)」


異逆「(o^―^o)ニコ」


提督「いっ行くか…」


異逆「そうだな!いつまでもくよくよしてたらダメだもんな!」爽快


提督「(今度こそこいつに突っ込むのはやめよう…)執務室の跡に行けば良いのか…?」


異逆「まあそうなるな!」爽快


提督「はいよ。」アキラメ




ーーー執務室 跡ーーー




異逆「ありゃ?あそこにいる艦娘達は誰だ?分かるか,提督?」


提督「恐らくうちの艦娘達だが…」


異逆「見えぬ...(技使った後で体力が減っている)誰だか教えてくれ」


提督「あれは…白露に村雨と春雨だな…」


提督「まず敵かどうかだが…」


異逆「ふう...おーい!そこの3人!」


「待て、様子がおかしい…!」


白露「...提督?」


提督「よぉ白露…今日は随分と様子が違うんだなぁ。」


白露「そうね!今日は私が,ホントの意味でいっちばーん!になる日なの!」


提督「1番…だと…?」


白露「そうそう!提督の...イッチバーンに!」ハイライトオフ


異逆「提督,指示を」構え


提督「おい…お前大丈夫なのか…?いつものお前ならあんな安易に声は掛けない…」


提督「体力の消耗…あれだけの能力を使っておいたら避けられないはずだが…」


異逆「ちょっち無理かもな。まあ,全力運転フル稼働で行く」


提督「まぁ戦闘はお前頼みだしな…無理してもらおう…」


提督「良いかよく聞け…白露型の奴らは火力が駆逐艦のそれじゃねぇ…舐めたら潰される。それで持ってすばしっこい、さっきの榛名よりも早い、気づかれたら懐に潜り込まれるなんてザラだ。」


提督「正直…体力消耗してるとこ悪いが…消耗戦して動きを鈍くするほかねぇ…」


異逆「...承知」 ジャキンッ 

 

異逆「まずは...<クロスチェンジ×40>」(十字の爆発が襲う) ピカッピカッ  ドドオオオオオン… 


村雨「これは...遅いです...」シュー


提督(動きが鈍い…!?やはりかなり限界か…!?)


異逆「なっ...<地雷原>!!!」ドガガガガガガガ 


村雨「へっへーんだ!遅い遅い!」ダダダダダ 


異逆「ディ,ディメンションミラー展k____」 





白露「______殺すの,イッチバーン!」
 





ーーーーーードガッーーーーーー
 





異逆「」 バタッ





提督「異逆…!」


提督「もう…これしかねぇな…」


提督「おい異逆、まだ意識はあんだろ。よく聞いとけ。」


提督「ここは俺が引き受ける。お前は一旦引いて体力を回復しろ。」


提督「そんな顔してんじゃねぇよ…俺には奥の手がある…」


提督「見とけよ異逆、異世界人みたいにカッコ良くはねぇけどさ…この世界の人間が…泥臭く、醜く、足掻いてやるからよ…!」


提督「人間用艤装展開!抜錨!」


提督(さて、相手の数は4人、しかも人間用艤装は身体能力を飛躍的に挙げるが、反面パワードスーツに近いため銃を使うか殴り合うしかな


い…)


提督(対して向こうは素の状態で人間艤装を取り付けた俺と身体能力が互角、その上の艤装だ…一見勝ち目はないが…)続く


提督(俺はこいつらをよく知ってる。戦闘の特徴、長所、弱点、癖、全て知ってる。)


提督「悪いがこの勝負、勝たせてもらう!」




異逆「う...」


異逆「自己修復が...遅い...」ズズズズズ…


異逆「提督は...」


異逆「なんだ?アレは...」




提督「おらぁぁ!!」ドガッ 


提督(やっぱり、戦闘の癖まで理解している状態なら…どれだけ武装で劣っていようが…勝てる…)


提督(まぁ…随分野獣見たいな戦い方だけどさ…それに、今の一発で足の指の骨にひびが入りやがった…やはりこいつは反動が強い、早めに


決めるとしよう!)


村雨「何つけてるか知らないけど,早く沈んで!」バババババ


提督「相変わらずだな…思い通りに行かなくて動きがヤケクソになってんぞ、そんなんじゃ…勝てん!」


提督「村雨、まずお前だ…!」ドガッ!!


(腹にモロに入る)


村雨「げほっ」気絶


提督「まず1人、あと2人だ、あんまし大事なことねぇな?」ニヤリ


(ちっ!口ではそう言ったが…左手の骨が…!左は拳を握れねぇ…!異逆は…)クルリ


(駄目だ…回復しきれてない…仕方ない…ここで2人とも俺が仕留める…持ってくれよ…俺の身体…!)


白露「ふっふふーん♪いっちばーん!」バババババ!


提督「…ッ!危ねぇ…(白露はこう見えても長女…戦闘においては1番隙がない…あの夕立や時雨よりもだ…)」


提督(だとしたら…狙いは春雨だ!)


白露「提督!突然だけどクイズゥ!」


提督「クイズだぁ?」


白露「春雨は今,どこにいるでしょ~かッッ!!!」ハイライトオフ


提督(春雨はいつもどこからともなくひょっこり出てくる…気付かないのでビックリする事がよくあった…なら…)


提督「後ろか…!」


提督「緊急回避!」ポチッ


春雨「チッ!」


白露「けど,これで退路はなくなったね!」


提督「どうやら…そのようで…」


提督(今の緊急回避で避けられたのは良い…だがそれしか考え無かったせいか…壁際まで引いちまった…しかも…)


提督(緊急回避の機能は無理矢理身体を動かす…左足が重い…この状況…いや逆に使える)


提督「なぁ…退路が無いなら…目の前に立ち塞がってる奴を蹴散らして作れば良い、なぁ?春雨!」ドン!(体当たり)


春雨「キャッッ!?」ヘタリコム 


白露「無駄よ。提督は,もう射程範囲内だもの。それに,今動こうとしても遅いわ」銃


提督「そうくると思ったさ、さぁ打ってみな…(頼む…素直に撃ってくれ…じゃ無いと奥の奥の手を今起動した意味がないからな…)」


カチッ


白露「じゃあね!提督!」一斉射撃 ドォン!




シュゥ〜


ムクッ


提督「っとまんまと引っかかってくれたな。」ニヤリ


提督「何でって顔してるなぁ、いつも言ってるだろ?油断するなって。」


提督「俺が今使ったのはこの艤装の能力の1つ、全身に艦娘の細胞を注入し5秒間だけ耐久力を戦艦級の艦娘レベルまで引き上げる。そした


らあら不思議、耐えられるってわけ。」


提督「いつも見たことない装備の時にはきおつけろって言ってるんだけどなぁ…因みに春雨は射撃で煙だってる間に気絶させといたよ。」


提督「あいつは予想外の事態になるととことん反応が鈍るからなぁ。」


白露「( ^ω^)・・・」


白露「( ^ω^)・・・」ポチっとな 


ウィィィィイン...


異逆「...!提督!」


提督「なんだよ…」



提督(今までの戦闘の反動で両方の足の骨が逝ってる…立てない、あばらも何本か逝ってるし、左腕も使えない、右腕はまだ振ることが出来


るが、今何かしろと言われても何も出来ないぞ…)


地面「ゴゴゴゴゴゴ…」 


大和&武蔵「...」ハイライトオフ 


異逆「( ^ω^)・・・」\(^o^)/オワタ


提督「あぁくっそ…油断してたのは俺だったかぁ…」


提督「よぉ大和、武蔵、正直身体中の骨がボロボロで見逃してくれるとありがたいんだが…」


大和「見逃すわけ...」ハイライトオフ 


武蔵「ないだろう...?」ハイライトオフ 


異逆「提督,逃げるぞ」(魔法陣展開)


提督「ハハハッ…一歩も…動け…ねぇよ…」


異逆「よいしょっと」ビュルビュルビュル 脚生やす 


異逆「ほら,行くぞ」(提督の隣に立ち) 




ーーーーーーーーー 




異逆「...テレポーテーション完了」


提督「全身が、痛い…これからどうするんだ?」


異逆「取り敢えず,今からキミの傷をフルで治す」


異逆「その後,暴れているであろうさっきの戦艦二人組を倒しに行く」


提督「了解だ、お前の方は回復は出来たか?正直、戦闘となるとこいつは反動がでかすぎる。しかも病み上がりの今使えばさっきよりヤバく


なる気がする。」


提督「と言うか、この艤装は使えば使うほど体の寿命も削るからな…使い勝手が悪すぎる…」


異逆「私の方は自己修復したから大丈夫だ。」


異逆「どれ。傷を見せてみろ」


提督「左腕の骨が逝ってる、両足が粉砕骨折、あとあばら骨が3本くらいだ。寿命に関してだが、おそらく身体能力強化のために細胞分裂の


スピードを早めるからだろうな…細胞分裂の回数が決まっている俺達人間にとっては寿命の短縮に繋がるわけだよ。」


異逆「息子,出てこい」パチン 


鴉「はい」


異逆「この人の傷治してくれないかな?


鴉「了解。じっとしててね」


シュウウウ... 


鴉「治った...はず」


提督「そうかい、恩に着るよ。」


鴉「荒治療ですまないね」


提督「気にする必要はない、一つ聞きたいんだが細胞分裂の回数も戻ったりしたのか?」


鴉「『再生』だからね。モチのロンでだよ」( ´∀`)bグッ!


提督「ふむ…」


提督「すんげぇ申し訳ないが…異逆、今度から寿命を伸ばしたりするのは無しだ。」


異逆&鴉「( ´∀`)bグッ!」  


鴉「そんじゃ,またね。父さん」 


異逆「ああ」 (鴉退室)


提督「少し語るがな、人間ってのは限りある命の中で輝くものだ…限りある人生だからこそ輝く、例えそれが僅かな時間だとしても。」


提督「細胞分裂の回数を戻すって事は定期的にやれば人間は老衰する事はない、外傷を除けば不死身になる訳だ。でもそれはな…人間が本当


の意味で腐ることを意味するんだ。」


提督「限りがあるから生きようとする。その意思があるから人間は輝く、限りがなければ生きようと思えない、輝けない、だからこういうの


はこれっきりだ。約束してくれ。」


異逆「ふむ...」ウデクミ 


異逆「私には...キミ達人間の思考回路が理解できない...」 


異逆「だが...言いたいことも分からんでもないな」ニコッ 


異逆「私もそう思えるようになりたいものだ。」


提督「だと良いな。」ニコッ


提督「さぁ、お喋りはここまでだ。いくぞ。」


異逆「おうよ」魔法陣展開 


異逆「目的地は...先刻の場所へ...!!!」 




ーーーーー 




異逆「...着いたぞ...」


提督「近いぞ…俺も艤装を身体の負担を少なくして戦うがそれはつまり最大限まで能力が落ちるってことだからな…基本お前頼りだ。」


異逆「Oh...」 


大和「てい...とく...」ユラアリ


提督「よぉ…大和、何のようだ?」


大和「にげ...て...」闇放出 


異逆「様子がおかしい。下がれ,提督」


提督「分かった…(大和、こいつ今正常じゃ無かったか…?)」



異逆「見ろ。大和の背後に,黒い靄が掛かっている」


大和「てい...とく...てい...とく...」闇ユラァ


提督「…ッ!大和…!」


大和「てい...トク...テイ...トクゥゥゥ!!!」闇増出 


異逆「なんだこの状態は...提督,この症状に見覚えは?」


提督「見た事もねぇよ…あれは一体何だってんだよ…!」


異逆「分からぬ...ただ,彼女の欲望と現実が混沌としたもの...つまりは...」


異逆「深海棲艦の,初期症状だ」


提督「何で…そんなことに…」


異逆「知らん。ただ,『欲望』に関しては,大将が何かしらしたのだろうな」 


大和「テイトク...コロ...」


異逆「提督,大和の解説を頼む」


提督「大和は…とにかくバケモンだ。火力は今までのやつとは比べ物にならない一発でも貰えば跡形もなく粉砕、さらに防御力も驚異的だ、


お前の火力でも削り切れるかどうか…スピードは速くはない…だがそれを補って有り余る防御力と攻撃力だ。」


異逆「勝てるかな?」槍ブンブン


提督「正直な所…全くわからん!」


異逆「んじゃ殺す気で行くか」


提督「待て…殺したら…」ギロ


異逆「怖えな。んじゃ,半殺しキムチ程度でOK?」


提督「ギリのギリッギリ許容範囲で…」


異逆「やり過ぎたら止めてな」


提督「了解。」


異逆「んじゃ,全力回転フル稼働だ」翼広げる 


大和「シズメェェェェェ!!!」ダダァン!ダダァン!


提督「ありゃ、深海棲艦によく生えてるもんだ、つまり…深海棲艦化が進んでるって事だ。早めに倒さないと手遅れになっちまう。」


提督「んで、作戦だが、お前あの手をどうにかして無力化できないか?3秒くらいで良い、そしたら俺が艤装で最大限に身体能力を強化して


懐に潜り込んで一発でキメる。あの手がなけりゃ俺は懐に潜り込めるからな。」


異逆「不可能だ。背中から腕が生えているあたり,それ相当に,反対側の腹の部分も強化されているはずだ」


提督「じゃあどうすんだよ…それ以外に何も思いつかんぞ…」


異逆「腕をちょん切って,終いに艤装を全部外しにかかる」 


異逆「まず,私が腕をちょん切る。その間,キミは,大和の頭部に,何かしらの強い衝撃を与え続ける」 


異逆「いくら深海棲艦とはいえ,度重なる衝撃には耐えられず,気絶する」 


異逆「そこで,私と君で,艤装を全部外す。つまりは,『傷なくして無力化する』のだ」


提督「了解だ…!」


提督「艤装展開、抜錨!」


異逆「今の作戦,失敗したら,大和は無事にはすまされない」


異逆「キミの手腕次第で,キミの願いが叶うかが決まるのだ」


提督「なに、安心しろ、なんやかんやでどうにかするのが俺ってもんだろ?」ニヤリ


異逆「全く...キミというヤツは」ハア 


大和「ウガアアアアア!」ダダァン!ダダァン!


提督「異逆、手を!」


異逆「了解」 


異逆「大和...だったか。悪く思うなよ」 


異逆「<断罪の軌跡>」


大和「アッ...ガアアア!」(腕ブッツン)


提督「ナイスだ異逆…!」サッ


提督「お前の動きはよく知ってる、どれだけ見てきたと思ってるんだ。後ろに回るくらい造作もない…!」


提督「悪いな大和、ちょっと痛いぞ…!」ドガッ!!


大和「アアアア!イ,イヤああああ...」 


異逆「!!黒い部分が,崩れていく!深海化が止まっているぞ!」


提督「大和…!」ダキッ


大和「テい...トく...?」


提督「あぁそうだ俺だよ、大丈夫か?」


大和「私は...私は...」


大和「私は...大本営から来た...大将を...鎮守府に...迎え入れて...」


提督「やっぱりあいつか…!」


大和「それで...鈴谷や...球磨が...」


大和「ああああああああああああああ!!!」ツップシ


提督「大和…!!」


提督「異逆、大和を頼めるか…?」


異逆「頼むとは,具体的には?」


提督「こいつの状態を見て欲しい、深海棲艦化の影響とか、今はこいつの情報が頼りだからな…記憶とか覗けたら良いんだけどな…」


異逆「ふむ...正直なところ,記憶については,記憶神が一番いいのだが...やれるだけやってみるか」 


異逆「大和,すまんが,頭を」


大和「は,はい...」ヨリカカリ

 

異逆「...」(読み込み中)


異逆「...!!」 


異逆「おえっ...かはッッ!!!」ウズクマリ


提督「異逆…!?」


異逆「がっは...うごごがが,ぐぎぎぎぎ...」アタマオサエ


提督「大丈夫か?取り敢えず落ち着んだ…」セナカサスリサスリ


異逆「ハア,ハア,ハア,ハア...」


異逆「...腐った...クソが...」 


異逆「...提督...キミは,知らない方がいい...」


提督「はぁ?何言ってんだよお前…この鎮守府で起こった事だ。俺が1番知らなきゃ行けねぇだろ…」


提督「話して見てくれ…」


異逆「...簡潔に言う」 


異逆「虐待・性的暴行・賄賂...その他の彼女らの記憶が,一気に私の脳に来たのだ...」 


異逆「不愉快極まりない...おえっ...」クチモトオサエ


提督「それは…俺の艦娘達がされた事か…?」


提督(違うと言ってくれ…)


異逆「...名前にあげられた,鈴谷も球磨も,該当内だ...」 


異逆「...ただ,一気にき過ぎたせいで,どれが誰の記憶なのかが...」


提督「そうかよ…」


提督「鈴谷…!」




(提督〜鈴谷とゲームしない?ニヤ)


(このゲームまじ楽しい!ねぇ提督、今日はオールナイトしよ!)


(ん?どうする?何する?ニヤ)




提督「多摩…!」




(提督の布団はあったかいにゃ〜)


(提督も一緒にこたつに入るにゃ!)


(多摩が優秀?にゃぁ、ただ闘争本能が高いだけにゃ、でも提督に言われたら悪い気はしないにゃ!)




提督「クソッ!」ガン!(地面に拳を叩きつける)


提督「なぁ…異逆…」


提督「誰かを殺したいって…今俺が思ってるって言ったらどうする…」


提督「俺は今…あいつを…死ぬほうが楽だというくらい拷問したい…指を一本一本切る取るのもいい…とにかくぐちゃぐちゃに引き裂いて殺


したい…!」


異逆「すればいいのではないのか?私は,殺す生かすの定理が,この歳だともうどうでもよくなってきておってな」 


異逆「まあ,そん時は協力してやるさ」


提督「今からどうするかはもう決まったよ…」


提督「あいつを…殺しにいく…その後はあいつらを守ってやれなかった責任を取る…」


異逆「んじゃ,大将んとこ行くか」 


異逆「...?なんか忘れてる気が...」 


武蔵「アアア...ガアア...」




異逆「...忘れてたわ。もう一人いたんだっけか。提督,詳細を」


提督「基本的に性能は同じなんだが、根本的な闘い方が違う。」


提督「大和はどちらかと言うと力任せで大雑把な戦い方だが、武蔵は武人でな、相手の動きをよく読んで戦うから戦い方に一切の隙がない。


大和より手強い。」


異逆「...戦うのが正直面倒臭いな。とっとと終わらせていいか?」(体力消耗)


提督「ふむ…殺さなければ何でもいいが…」


異逆「OK」


異逆「【睡昏への誘い】カッ!」


武蔵「」バッタン


提督「以外と…あっさり終わるものだな…」


異逆「昏倒睡眠させただけだからな。その代わり,1時間は,私の片眼が潰れたまんまになってしまう」


提督「それは、大丈夫なのか?」


異逆「自己修復し続ければ大丈夫」


異逆「さあ...二人を助けに行くか」


提督「あぁ、絶対に助ける…!(そんで持ってあいつは絶対に殺す…!)」





ーーー鎮守府寮内ーーー 





異逆「...提督」


提督「なんだよ…?」


異逆「思ったのだが...」


異逆「あの流れ込んできた記憶は...記憶にいた艦娘は...」


異逆「提督の艦娘ではない可能性がある...」


提督「はぁ?何言ってんだよ?」


提督「だったら大和の発言はなんだ?何でうちの艦娘達はこんなになってる?どうして鈴谷達が何もされてないと言える…!」


異逆「落ち着け...理由はちゃんとある」


異逆「1 大将が無理矢理連れてきたケース

   と,

    2 ノイズの不具合」

 

異逆「前者はあり得る。気に入った艦娘を連れてきているかもしれん」 


異逆「後者は,ノイズが混ざり過ぎて,大和の中でも,私の中でもぐちゃぐちゃになり過ぎているというケースだ」


提督「なら…俺の殺意は盛大な空振りって事になるが…」


提督「俺にはもう…何が何だかわからなくなってきたよ…」



異逆「まあ,今言えることは」


異逆「決して,提督の艦娘全員が魔の手に堕ちたわけではないということと」 


異逆「提督,キミは,本当に提督なのか?という大いなる疑問だ」


提督「何がなんだが分からなくなった。それがどうした?情報が多すぎるそうなるさ。」


異逆「ふむ」


異逆「うーんとな」ポリポリポリ


異逆「一つ一つ説明する」 


異逆「簡単に言うと,提督の艦娘全員がやられたわけじゃないかもっていう希望の光がある」 


異逆「これについては分かるかな?」


提督「まぁそりゃな…」


異逆「問題は次だ」 


異逆「キミの発言に問題がある」


提督「俺の発言?」


異逆「これだ」 


提督『なら…俺の殺意は盛大な空振りって事になるが…』 


異逆「これが疑問点しか沸かない」 


異逆「キミは,被害に遭っているのが他の所の艦娘かもしれないと聞いた時,『盛大な空振り』と称した」


異逆「はたして,本当に空振りなのか?」 


異逆「例え他の鎮守府の艦娘であろうと,自分のところの艦娘と同じように接し,扱いのが提督というものだろうが...!!!」


異逆「それをなんだ?自分のとこじゃなきゃ怒らない?盛大な空振り?よく言ったものだ」 


異逆「提督たるもの,皆平等に接するのが常識だろう...!!!」ゴゴゴゴゴゴ… 


提督「フッ…」


提督「お前…全く俺という人間を理解できてねぇな…」


提督「俺が何で提督になったと思う?深海凄艦から救われたからだよ。ここの奴らに、その時誓った。絶対にこいつらを守るって。」


提督「俺はなぁ…異逆、ここの奴らが無事ならそれで良い、それ以外の犠牲なんかしらねぇよ。」


提督「大体だ、さっきから聞いてれば何だ、皆平等だ?そんなことは甘っちょろい奴が言う綺麗事だ。世の中そんな甘くない、人間誰しも自


分の大切な物を守りたい、その為には何だってする。それが人間だ。」


提督「醜いと思うか?何度だって言うがそれが人間だ、一つ言っておくが…」


提督「何かを守りたいなら何かを捨てる…!何も捨てられなければ、何も守れない…!それが例え、人間性さえ捨てるとしてもだ…!!」


提督「俺はあいつらを守る、どんな手を使っても。俺の命なんていくらでも差し出す、他の何を犠牲にしようが迷わない、お前のはなんだ?


理想論に過ぎない、平等に接する提督が何人いる?いやほとんどいない、みんな誰しも自分の子を優遇する。人間を理解できないと言った


な?俺はお前の考えが理解できない。何故なら俺はお前とは違う、特別な能力もなければ、特別優秀でもない、鈍臭くて、根性しかない、愚


かで醜い普通の人間だからだ。」


提督「俺は普通の人間だ。自分の守りたいものだけを守る。その為に何だってする。それが俺だ。俺と言う醜い愚かな人間だ。軽蔑したいな


らすれば良い。」


異逆「クックックックック...ハッハッハッハッハッハ!」


異逆「キミは,私が出会った者の中で,最も人間らしく,最も面白い人間だよ,提督!」 


異逆「今すぐにでも潰しておきたいとも思うが,生かしておいて,今後も眺めていたいと思うのは初めてだ!」


異逆「まあいい...然るべき時が来たら,きっと分かる...」


異逆「それまでは,キミの味方だ。提督」


提督「勝手にしろ…俺はあいつらのために動くだけだ。」


提督「取り敢えず大将の所に行かないと始まらない、さっさと向かうぞ。」


異逆「了解。と共に,提督。これ持っとけ」つ包帯


提督「どうも。」


異逆「...今のキミは危険だ。『闇』が深すぎて,具現化しかけている」

 

異逆「一応包帯で体を縛れ。さもなくば,『闇』で,大和のようになってしまう」 


異逆「そんなの嫌だろ?」


提督「そら、ああはなりたくないな。」シュルシュル


提督(まぁもし、うちの子が被害にあったならその具現化した力でぶっ潰すけどな、おまけに俺はその力の反動で死んで地獄行き、守れなか


った責任もそのまま果たせるだろうしな…まぁこれ以上手が出されていればだが…)


異逆「思ってることが現実になるのさ,『闇』ってのは...」


異逆「今キミの予想した通り...扱えるようになれば,最強になれて,彼女たちを守れる」 


異逆「しかし...『闇』に全てを飲まれてしまったら,文字通りの地獄逝きだ」


異逆「私も,キミには扱えるようになってほしいと思ってるからね。頑張れ」 つ「10歳からでも始められる闇の扱い方」


提督「呑み込まれるねぇ…案外俺にお似合いな死に方だったりして…なんてな、使わない事を願いながらありがたく貰っとくよ。」


提督「了解だ。」


異逆「突然ですが,ここで闇の扱い方レッスン1!『闇 で,テレポできるようになろう!』」


提督「はぁ?そんな事言われてもできるわけ…」


異逆「座標はココ。んじゃ,先行ってくるわ」翼広げ 


異逆「ああ,コツはね,『恨みを増やすほど』だから。憎しみの数が多ければ多いほど,闇は具現化して,ついには翼になる...はず。ん


じゃ」(さきにテレポした)


提督「憎しみねぇ…つかテレポートとか俺も人間じゃなくなるのかねぇ…」


提督「まぁ、あいつらを守る為なら人間である事も捨てられるが…憎しみか…」


提督(恨め、あいつの事を、何故平常な日常を俺たちから奪った、愛する時雨とも結べることができたのに…!横から邪魔しやがって!そし


てなりより、俺の艦娘、いや家族に手を出しやがって…憎い…!)


提督「うぉ!?なんか生えた!?」バサッ


提督「よく分かんないけど、テレ…ポート?」


異逆「よくできました」パチパチパチ


提督「俺にはこういうのは合わん…さっさと言って終わらせるぞ…」


異逆「んで,ここが,その大将の家の門なんだが...」 


異逆「やたらとでけえな」 


家「ズズーン!」


提督「…何だ…!」


家「モンヒラクデ!」 ギギギギギ…


提督「入れって事か?」


異逆「まあ,入らせてくれなかったら壊してたけど」オジャマシマース


提督「お邪魔しますっと。」


異逆「...」テクテクテクテク 


異逆「」ピタッ 


異逆「この部屋...!」トビラミル


提督「何がある?(ヒソッ」


異逆「...分かるはずだ」 


異逆「床にある,緑色のこの髪の毛...」


提督「ま…さか…」ギリ


異逆「ああ...鈴谷がいるはずだ」


提督「くそ…!今すぐ探すぞ!」


異逆「いや...これは...」


異逆「『私には開けられない扉』だ」 


異逆「何かしらの,私への対策が施されている。つまり,この扉は,キミにしか開けない」


提督「艤装で行けるか…?」ガン!


異逆「考えろ...鈴谷という艦娘がいる時点で,対艦娘は施されているだろうが...」ハア


異逆「つまりは,今のキミの持ち味は,『人間』と『闇』のどちらかだな」


提督「馬鹿言え…あいつらに何かあった時の俺は…人間じゃねぇよ…!」(手が深海棲艦のような色になり鋭利な刃物に変化する。)


提督「オラァ!!」シャキン


床「メリメリメリッ,バキバキバキ,ドゴゴゴゴッッ!!!」


異逆「...大穴が...空いた...!先に行け!提督!」


提督「鈴谷!」


鈴谷「...」ボーッ


提督「おい‼︎鈴谷!!俺だ‼︎分かるか⁉︎」


鈴谷「だ...れ...?」ボーッ


提督「鈴…谷…?俺だぞ…?分からないのか?」


鈴谷「...お,男!」 


鈴谷「嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い!」


鈴谷「来ないでッッ!!!」艤装展開


提督「そう…か…ごめん…なぁ…助けてやれなくて…守れなくて…ごめん…なぁ…」ポロポロ


提督「俺が…!守ってやらなきゃ行けなかったのに…!結局何も守れなかった…!本当に、ごめんなぁ…」ポロポロ


異逆「どうだった提とk____」


異逆「...これは...」


提督「俺が…守れなかったから…!ァァァァァァァァァ何も出来ねんだな俺はぁぁ!!」


提督「殺して…やる…絶対に殺す…!コロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコ


ロスコロスコロスコロスコロスコロスコロス。」


何かを捨てなければまだ守れない…例えそれが人間性だとしても…


提督「アイツヲ…!コロス…!」


異逆「(!不味い___ッッ!!!)」


異逆「闇吸収『反転麻痺』!」(提督に向けて)


提督「オマエカ…オマケガ、スズヤヲ…!」


提督「ソンナモガナンダ、コロス‼︎‼︎‼︎」


異逆「不味いな。このままだと収拾がつかない」 


異逆「____お願いだ。出てきてくれ____」 


???「____提督」


提督「ダレダ…!」


時雨「ボクだよ...テレポで飛ばされて来たんだ...」


時雨「ねえ,提督...自分を見失ないで」


提督「シ…グ…レ?…しぐ…れ…時雨か…」


提督「あぁ…そうか、俺暴走して…時雨には敵わないよ全く…」ハハ


提督「でも…助けて貰って悪いけど…もうそっちには行けない…」ポロ


時雨「いいや,行けるよ。絶対に」 


時雨「どんな運命が,どんな繋がりが,どんな人が邪魔しようとしても」

 

時雨「ボク達は,一緒だよ...」(再びテレポで消えた)


提督「それでも…」


提督「そっちには行けない。」


提督「ダメなんだよ…体が、心が…生きる事を拒否してるんだ…守るって決めたのに、守るって決めた奴はこんなにも壊されて、俺は何も出


来なくて…!だからもう…体が生きようとしない…心が生きる事を拒んでる…」


異逆「目を覚まさんか」コツン☆ 


異逆「お前は人間だ。なら,人間らしき生きる義務がある」


提督「じゃあ鈴谷は!鈴谷はどうなる!もう助からない…心も身体も壊れてる…!守るって決めた!なのに実際はどうだ?ただの役立たず


だ!何が闇の力だ、結局の結果はこれだよ!義務って何だ?勝手に押し付けるな!誰一人欠けさせないって!それが俺の義務だ!役目だ!そ


うしなきゃいけないんだよ!1人でも欠けたらダメなんだよ…」


提督「でも…俺だって生きたい…鈴谷も…皆んな…助かって、元の日常にもどりてぇよ…!」


異逆「これ読め」つ論文 


異逆「すげえな人間って奴は。2度までなら,精神崩壊した奴でも治せるってよ」 


異逆「これなら,鈴谷も助かるよ。なぁに,人間は凄いからな」(o^―^o)ニコ


提督「助…かる…」


異逆「そうなんだ。助かるんだよ?気を持て!しっかりしろ!ほら!行くぜ!」翼広げ


提督「そうだな…泣き喚くのは男らしくないよな…」


提督「鈴谷…ちょっと待っててくれ、大丈夫必ず助けるから、ほら、前に俺の笑顔が好きって言ってたから次は忘れないように目に焼き付け


とけよ。」ニカッ


鈴谷「...うん!」コクリ 


異逆「んじゃ,行くか。この床の真上にあるのが,奴の部屋」


提督「あぁ、決着をつけよう…!」


異逆「目標,この地面からあの天井を突き破った所までだ。行けるな?提督」


提督「当たり前…!」ニヤ


異逆「全速フル稼働ハイMAXで行け!!!」翼広げ


提督「病み上がりに無茶言いやがるぜ…!」バサッ!


異逆「ッッ,オラアアアアア!!!」バシュンッ


提督(アイツ…はや…)


異逆「急げ提督!逃げられる前に!」


提督「分かってるよ!」バシュンッ‼︎


大将「...!!」 


大将「来る!」


提督「っと(着地)、よぉ…会いたかったぜ…!」


大将「貴様は...何故ここに...!」 


大将「何をしている!夕立!」


提督「夕立?うちの夕立ならとっくにこち側だが?


大将「...まあ,想定内だが」闇出現 


大将「今宵は,楽しい会でも開こうじゃないか。」(o^―^o)ニコ 


大将「____行け。加賀。赤城。」


提督「そうやって…人の家族を弄んで…覚悟は出来てるんだろうなぁ?」


闇解放


提督(何だ?さっきとは違う、暴走もしなければ深海棲艦みたいにもならねぇ…それに変な気分だ…妙に落ちいている…)


異逆「提督。それが『鎮かな怒り』だ。素晴らしい。闇の頂点だよ。」


異逆「私は弾幕を張る。行け。提督」


提督「体の形状に変化は無し、しかし身体の極限まで無駄が削ぎ落とされている、いわゆる…単純な格闘戦向きか。」


提督「俺にぴったりだな」


提督「お前ら2人の戦闘はよく知ってる、勝てる…!」シュタッ!


大将「私が戦えないとでも?」ダダダダダンッ!


提督「そう思ってたんだが…!」サッ


提督「やっぱりこの状態だと常に落ち着く、今みたいな予想外の攻撃も冷静に避けられる。」ケロっ


大将「避けられたと思って舐め腐るなよ」クハハハハハ 


大将「ただの人間である私が,何故今こんな攻撃を放てると思う?」ニタァ 


大将「答えは簡単『ここに居るすべての艦娘から力を奪い続けているから』だ」


提督「へぇ…そんな事して…地獄見るぜ?」ビュン!!(※先程の数倍早くなる)


大将「馬鹿め。貴様,どういうことか分かってないだろ?」イヒヒヒヒ 


大将「私が貴様に追いつく=艦娘の力をもっと奪う であり, 私に怪我をさせる=艦娘にも怪我の分のエネルギーがいく ということ


だ!」

 

大将「さあどうする!?下郎が!」(数倍に早くなる)


提督「お前を殴るだけだ」


ピタッ


提督(なっ拳が動かない…)






(鈴谷…助けてくれるの待ってる…)




(提督、大和は提督のおそばに。)




(私が貴様と盾となろう、提督。)




(提督、いっちばーんだよ!)




(はいはーい提督、村雨さんだよ〜)




(春雨も、提督の事結構好きです!)




(提督さん、大好きっぽい!)




(ボクはその景色を提督と見たいんだ。)





提督(あっ皆んなの顔が浮かんで拳が動かなっ…)


大将「そこだァ!」ボコッ


提督「ガハッ!」


異逆「!」

 

異逆「チッッ!!!しょうがない!加賀!赤城!」


加賀&赤城「?」 


異逆「【睡昏への誘い 両目】!!!」 


加賀&赤城「」ガクッ 


異逆「提督!しっかりしろ!」



提督「拳が…うご…か…せない…」


異逆「何...?」


提督「人質に取られてる…アイツの怪我は俺の子達の怪我とイコールだ…」


異逆「......?」 


異逆「...そうか...分かったぞ...全てが...」


異逆「提督...」


提督「なんだ、何が分かった。」


異逆「私達は,踊らされていただけだ」 


異逆「そもそも,『闇』で,人質を取ること自体が不可能なんだ」


異逆「個人個人にしか宿らない『闇』で,人質が取れるわけがない上,エネルギーの供給なんて無理だ」 


異逆「つまりは,今の大将は,見栄を張っているだけの小動物!」


大将「!!」ビクッ


提督「成る程…」闇解放


提督「随分汚い真似してくれるな…!」


提督「一つ聞きたい、この能力が発動している限り俺の感情は常に落ち着いてる、怒りの能力にも関わらずだ。」


提督「そこからするに、怒れば怒るほどそれは技の精度や動きの精度に還元される、還元されるから感情から怒りが消えるので常に落ち着い


ていられる、要するに、怒れば怒るほど冷静に精度の高い動きができる様になると踏んだわけだが、どうだ?」


異逆「パーフェクトに『近い』な」 


異逆「トリガーが『負の感情』であるだけで,実際はキミの言う通りだ」 


異逆「提督。キミは今,『怒り』をコントロールできている。」 


異逆「その『怒り』を,最大限にしてぶつけろ!」


提督「言わずもがなだ…!」


提督「大将さんよ、ここで終わりにしようぜ。」ビュン‼︎


大将「望む所!」 


大将「術式展開【永遠闇(トワヤミ)】!!!」ズズズズズ…


提督「残念だが、俺は異逆みたいに複雑な考えはできなくてなぁ…」


提督「この激流じゃ正面から来ることはないと思っただろ?だが俺は単調なんでそうする!」ビュン!!


大将(馬鹿め!この激流に正面からだと?無理に決まってるだろうが!)


提督「そしてあんたは、予想外の方向からの攻撃に対処できる為じゃない!」懐に潜り込む


大将「なッッ!!!ば,馬鹿な____」


提督「歯を…食いしばれや…!」





ド カ ァ ン !!





大将「がはッッ!!!」(歯を食いしばっていなかった為,衝撃波の際に下を噛み千切ってしまう)


提督「もう1発!」ドガッ!


大将「げほッッ!!!おえッッ!!!」反吐血・腹に大穴が空く


提督「っと、やり過ぎると情報が聞き出せないな。」


提督「異逆、こいつを拘束してくれ、この怪我だ早めに情報を吐かせる。」


異逆「OK。【鎖縛】」ガシャシャシャシャ


提督「さてと、何を聞くかな…」


大将「わ,私は...何も...」


提督「もう1発穴開けて欲しかったか?それなら遠慮なく…」


大将「わ,分かった!な,なんでも...ゴファッ!」


提督「まず今回の事件のことの顛末、全部話してもらおうか、俺の艦娘に何をしたか、目的は何か、答えなかったら…分かるよな?」


大将「わ,私は...」


大将「ただ,この『闇』で...どこまでできるか...試したかっただけだ...」 


大将「小さい頃...艦娘の爆撃による誘爆で...両親は死んだ...!」


大将「どうせ試すなら...復讐の方がいい!」


提督「復讐ねぇ…」


提督「否定はしねぇ、あんたが復讐しようが関係ない、俺はここの子達が無事ならそれで良い、それにあいつらがそうなったら俺もそうなる


だろうしな。」


提督「ただそれが、俺たちに矛先が向いたとしたら…容赦なく殺す。それだけだ…。」ハイライトオフ


提督「もう聞くことはない、理由は分かった。あいつらの危険になるものは排除する。お前は生きているだけであいつらの危険になることは


が分かった。ここで殺して終わりだ。」


大将「や,やめろ!今私を殺すと,莫大な闇が...!」


異逆「闇は俺が喰うので」 


大将「」唖然


提督「さよならだ、復讐に囚われたクソ野郎…!」


大将「やめろ!やめてくr_____」









提督「この感覚は、何度経験しても慣れないな…」


異逆「んじゃ,闇は俺が喰うわ」クパッ


提督「終わったな…」


異逆「もっしゃもっしゃもっしゃ(そうだな...)」


提督「さてと、俺は帰るとするよ、俺の鎮守府に。」


異逆「...再興するのか。0から」


提督「皆んな沢山の傷を負ったそれでもみんな生きてる、生きていれば0からだろうがやって見せる、あいつらとだったらできる。」ニカッ


異逆「...人間というものは...」


異逆「人間というものは...何度壊されても,何度壊れても,必ず立ち上がろうとする...」 


異逆「そして...提督,キミもだ」 


異逆「私は,私の仕事がある。ここでお別れだ」


提督「なぁ、別れる前に一つ頼まれてくれねぇか?」


異逆「なんだ?時雨なら,ゆうパックでもう届けてるぞ?」


提督「ったく手際が良い…」


提督「この手紙を預かっていて欲しいんだ…」


提督「そして時雨に渡して欲しい…」


ーーー俺が死んだ時にーーー


提督「艤装の複数使用によって急速に進んだ細胞分裂と人間には大きすぎるこの力…長くはない…そして何度も言うがお前が寿命を引き延ば


すの無しだ。」


提督「お願いだ、寿命を引き伸ばさないでくれ。最後くらいは人間として残り少ない寿命で輝きたい。その後は…その手紙を時雨に渡してや


ってくれ。」


提督「それが俺からのお願いだ。黙って頷いてくれ、親友。」ニカッ


異逆「OKベストフレンド」コクリ


異逆「では,これで,サヨナラだな」 


ここからのBGMは,『今日の日はさようなら』でお送りします


異逆「じゃあな,提督!」ニコッ


提督「あぁ、またな…!」ニコッ




バッサバッサバッサ...




提督「さてと、異逆も行ったことだし俺も行きますかね。」


提督「まずは皆んなの所を回らないとだな、テレポートっと。」バサッ


提督「鈴谷〜?」


鈴谷「あーッッ!!!」跳ね起き


鈴谷「提督!どこ行ってたの!?」ピョンピョン


提督「なに、ちょっとこの騒動を起こしてた馬鹿を殴ってきただけど。」


提督「もうボロボロだな…ごめん…助けるのが遅くなって…!」ダキッ


鈴谷「だぁーじょーぶだぁーじょーぶ」ダキッ 


鈴谷「こうやって,また喋れるようになったしさ!」(o^―^o)ニコ


提督「そうか…それなら良かった…」


提督「んなら、今度とことんゲームに付き合ってやるぞ、いつも断ってたゲームでオールナイトも許可する!」ドンっ


鈴谷「いいよ!負けないからね!」ドヤア 


鈴谷「あ,あとね提督。もう一人怪しい奴がいたよ」


提督「怪しい人?」


鈴谷「私が虚ろ虚ろしてるときにね。真っ黒な人が来てさ」 


鈴谷「『こんぐらいの失語症ならどーだのこーだの』って言って頭触られたから,思い切り艤装で吹っ飛ばしたわ!」フンス 




異逆「ハックション!...私は失語症治してやっただけなのに...」(一人で帰ってる途中)




提督「あー…その人多分俺の友達でお前が治ったのその人のお陰だから後で謝っとけ…」


鈴谷「?」キョトン 


鈴谷「あ,そうそう,多摩もそこにいるよ」


提督「多摩がいるのか?あいつは何もされてないのか?」


鈴谷「実は...」 


多摩「嫌にゃ!離せにゃ!きゃあああああ♡」 


鈴谷「今も...」ナミダメ


提督「…多摩…」


提督(いや…諦めちゃだめだ…自分の力で多摩を戻す、取り戻してみせる…!大丈夫…さっきまでの泣き喚いた俺じゃない!)


提督「鈴谷、ちょっと待ってろ。」


提督「多摩?俺だぞ、分かるか?」


扉「ガチャン」 


多摩「ぎゃはははははwwwもう無理にゃあああwww」大笑い


提督「多摩…辛かったな…怖かったよな…ごめんな…」ダキッ


提督「なぁ多摩…覚えてるか?お前が初めて俺と会った時さ、いきなり寒いからって人の占領して俺が面食らったもんだ…」


提督「お前が初めてMVPを取った時さ、闘争本能が高いだけって言ってたよな、でも俺に褒められるのは悪い気がしないって、あれは本当に


嬉しかった。」


提督「気付けばお前はよく俺の布団に入り込んでばっかしだ…でも俺もさ…悪い気はしなかったぜ?お前が、俺の布団は落ち着くって言って


くれるのはさ…」


提督「なぁ…帰ろう、多摩…あの日常に、俺の布団でまた昼寝したいだろ?好きなだけして良いからさ…戻ってこいよ…!」ポロッ


鈴谷「提督,しみじみ語ってるとこ悪いけどさ」肩ポン


鈴谷「数分前の多摩のセリフ,もっかい見直して?」


提督「…え?」


提督「あ…」


提督「さようなら…私は英霊になります。」^ ^


鈴谷「現実を見ろアホ」グイッ 


多摩「ぎゃっははははwww面白すぎるにゃよwww」ガハハハハ 


鈴谷「多摩はね...大将に懐いちゃって,困った大将が,ガキ使を一日中見る刑に課せられたのよ」ハア…


提督「鈴谷…」


提督「俺は今とても恥ずかしい。」


提督「なのでオールナイトはなしだ。」


鈴谷「」唖然 


鈴谷「なぁーんーでぇー!?なぁーんーでぇーなぁーのぉー!?」ビエエエンビエエエン


提督「おっおまっ!泣くのは卑怯だろ!」


提督「分かった…分かったから…オールナイト、な?」


鈴谷「ヤッタネ」

 

???「イッチバァァァァァァン!!」ァァァァンンン…


提督「うおっ⁉︎」


白露「イッチバァァン!イッチバァァン?ITTIBALALALALANN!!!」ピョンピョン


提督「白露、お前…大丈夫だな…」


白露「勿論よ!イッチバァァン!」


提督「元気そうで良かったよ。さてと、白露。お前にも悪い事をした。何か俺にして欲しいことはあるか?」


白露「提督のイッチバァァン!を欲しい!」キラキラ


提督「ふむ、悪いな。俺の1番は決まってるんだ。他のお願いじゃダメか?」


白露「じゃあ,イッチバァァン!の称号を!」


提督「いっ1番の称号ってなんだ…」


白露「イッチバァァン!のバッジだよ!」キラキラ


提督「了解した。(よく分からんが後で妖精さんたちに頼もう。)」


提督「所で村雨と春雨はどうした?」


村雨「提督~」


提督「噂をすればっと。村雨大丈夫か?」ナデナデ


春様「私もー!」


提督「勿論だ、春雨も大丈夫そうでなによりだ。」ナデナデ


村雨「あ,これ」つ紙


提督「ん?」


白露「怪しい人が」


提督「怪しい人ってまさか…」



手紙「どうも恐縮異逆です!と,青葉風に言ってみたものの,一つ謝るべきことがある。白露の治療にミスが生じ,一週間の間,『イッチバ


ァァン病』に掛かった。一週間後には治るはずだ。誠に申し訳ない。  --異逆ーー」



提督「まーた、あいつは妙な事を…ハァ…」


提督「まぁそれぐらいなら良いだろ、それより村雨と春雨、お前達にも申し訳なかった。俺にできる事があればさせてくれ。」


村雨「龍が如く買って」

 

春雨「マロニー買って」


提督「え?そんなんで良いの?(つかマロニーって特殊すぎやろ!)」


提督「まぁ了解した。さぁお前達は先に大和達のとこに行ってきてくれ、俺は地下室で榛名を拾ってくる。」


3人「( ´∀`)bグッ!」



ーーー地下室ーーー



提督「榛名〜?」


榛名「提督!」ダッ


提督「おっと、榛名、体は大丈夫か?」ダキッ


榛名「はい!なんか怪しい人に襲われかけましたけど,その後吹っ飛ばしたら,自然と楽になってました!」(o^―^o)ニコ


提督「おっおう…(あいつはろくな目に合ってないな…後であいつの頼みも聞くべきか…?)」




異逆「...闇喰わせろ」ハラヘッタ  




榛名「そういえば,大和さんと武蔵さんって____」





ドガアアアアン!?





提督「なんだ!?」


春雨「て,提督!」タタタタタ…


提督「どうした、なにがあった⁉︎」


村雨「む,武蔵さんが!」

 

春雨「武蔵さんが暴走してて,それを大和さんと白露が...!!!」 




異逆『昏倒睡眠させただけだからな____』



提督「しまった!」


提督「榛名、春雨と村雨を頼む!」


提督「それから、榛名も俺にお願い考えといてくれ。」


榛名「は,はい!」


提督「テレポート!」バサッ





ーーー地上!--- 





武蔵「あアあアア!!!」ダダダダダァン!


提督「一旦吹き飛ばして距離を離す!」ビュン!!


ドガッ!


武蔵「うぐあぁ!?」ドタッ 


大和「提督!あなた!」ハア,ハア,ハア,ハア


提督「大和、無事か?」


大和「ええ...白露も大丈夫よ!」 


白露「イッチバァァァァァァン!!」ダダダダァン!


提督「なら良かった…あとは俺に任せろ。」


大和「...無理しないでくださいよ?」


提督「なぁに無理はしないさ…」


ーー少ししかな?ーー


提督(さて闇があるとは言え、異逆無しはきついな…艤装も使うとしよう。)


提督「抜錨。」艤装装着


武蔵「だっしゃらああああああ!!!」ダダダダァン!ダダダダダァン!


提督「っと、相変わらず火力馬鹿だねぇ…」


提督「まぁそんな暴れているようじゃいつも様な冷静さはないけどな…!」ビュッ!


提督(まずは少し遅めに動いて武蔵に当てに行かせる…)


武蔵「...」警戒中


武蔵「...」ズビュビュビュビュ(腕2本生やす) 


武蔵「アガアアアア!」ドタァン!


提督「お前もか…!チッ腕は聞いてないぜ…!」


提督「(あのクソ大将からもらった霧、俺なりに改良して使わせてもらおう。)」


シュウ〜(黒い霧が広がり提督を隠す)


提督「っと…一旦離脱成功、砲撃を艤装の硬化で防いで背後に回るつもりだったが失敗だな…」


提督「まぁ、冷静に避けられたのはやっぱり、静かなる闇って奴かね…さて、どう攻めますかね…」


武蔵「...ウウ...ガアアア!」 



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



武蔵『皆!皆!』

 

警報『ウ~...カンカンカン』 


『我,日本帝国軍海軍,戦艦武蔵,』 




ーーーレイテ沖戦,シブヤン海ニテ沈没スーーー




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


武蔵「ああああああ!!!」ダダダダダン


提督「っと!(これは。何かにうなされている…?)」


武蔵「うううう...がああああ!!!」


提督(今なら…!)


提督「艤装最大強化、闇解放…!一気に決める…!」ビュュュン‼︎


武蔵「うああああああ...」グダッ


提督「悪いが…もう一お昼寝してくれ…武蔵…!」ドガッ


武蔵「うぐっ...」(腕消える)


提督「危なかった…艤装と闇の併用はもうやめだ…これは結構疲れ…あれ…足が…体に力が入らなく…」バタッ


大和「提督!」



ーーー数日後ーーー



提督「…ん」


武蔵「覚めたか」


提督「おう、武蔵か。身体は大丈夫か?」


武蔵「おう,大丈夫だ。それより提督...」


武蔵「本当に申し訳なかった」土下座


提督「待て待て待て待て…お前が謝る要素が見つからん…」


武蔵「気を失っていたとはいえ,上官の貴様に怪我をさせたとは,この武蔵,一生の不覚」 


武蔵「さあ,煮るなり焼くなり好きにしてくれ」


提督「ふむ…それでは一つ命令を聞いてもらおう。」


提督「大和の好きな物って何だ?教えてくれ。あとお前が俺にしてほしい事だな、なんでも良いぞ、俺のできる範囲だが。」


武蔵「...ナマコ」ボソッ


提督「ナマコ?」


武蔵「...ペットとして,ナマコが欲しい...\\\」


提督「了解だ、今度一緒に水槽やらなんやら飼育に必要な物を買いに行くとしよう。」


提督「本来、上官を傷付けた場合処罰があるんだが…」


武蔵「」ビクッ


提督「ナマコの飼育道具を買いに行くときの荷物持ちで無しとしよう。」ニコッ


武蔵「」(´;ω;`)ブワッ


提督「大和はどこだ?あいつの要望も聞いておきたい。」


武蔵「アイツなら,『ホテル立てたい』って」


提督「………無理だろ…」


チャイム「ペンポーン」


提督「どうぞ〜」


???「すみませ~ん,いさパック郵便です~」


提督「どうも、ありがとうございます。」


提督「にしても何か頼んだっけな?」


武蔵「開けるか?」


提督「開けるとしよう」


時雨「しぐしぐしぐしぐしぐ」ぎゅう... 


武蔵「なんだ,このぎゅうぎゅう詰めになった少女は...まさか提督,こういう趣味を持ってたとは...」スススッ


提督「そんな訳ないだろ…全く…時雨だよ。友人に預けておいたがゆうパックで送ってくるって言ってた。だいたいそんな趣味あったらわざ


わざここで開けねぇだろ?」


武蔵「なんだ,そこまでコミのプレイなのかと」


提督「お前は俺を何だと思ってるんだ…」


提督「時雨?大丈夫か?」


提督「箱の中身はきつかったろ、ほれ。」(手差し出し)


時雨「大丈夫,こういうのは慣れてるから...」ヨッコイショ


提督(...慣れてる?何故に?異逆,アイツ時雨に何してたんだ...?)


提督「なら良かった。今回は…お世話になったな、何か俺にして欲しい事はあるか?」


時雨「ずっとボクの隣にいてくれたら,それでいいよ」(o^―^o)ニコ


提督(久しぶりに感じた…これが天使…!)


時雨「じゃあ,もう一度やりなおそうか」 


時雨「ボクとキミの生活を」


提督「あぁ、皆んな…いや家族との日常と、」


提督「愛する奥さんとの生活を」ニカッ


時雨「...うん...!!!」 





ーーー数か月後ーーー





桜と命舞う季節



提督「なぁ時雨、もうすっかり春だなぁ…」


時雨「そうだねぇ...」センタクモノ


提督「あの事件から何ヶ月と経った、鎮守府の修復も終わったし皆んなも今では楽しくやれてる。」


提督「勿論、時雨と俺も。」


提督「なぁ時雨、良い桜を見つけたんだ、2人で花見に行かないか?


時雨「いいね。お花見かい?」フフッ 


時雨「久し振りに行こうか」


提督「ありがとう、嬉しいよ。」ニコッ 


提督「少し、電話してくる。」


提督「もしもし、俺だ、異逆いま大丈夫か?」


異逆「なんだね」


提督「単純な話だ、腹は減ってるか?」


異逆「お前が潮時だということぐらい分かっている」ハア… 


異逆「何も私だって喰いたくて喰ってるのでもないしな」 


異逆「ただ...お前には,ちゃんと地獄には来てほしくないのだよ」


提督「お前が何を言ってるのかさっぱりだ、俺は親友に飯(闇)をご馳走するだけだよ。」ハハ


提督「手紙…忘れるなよ…」


異逆「...分かっている」 


異逆「...これで,お前と話すのは最後になる」


提督「何だ?寂しいってか?意外と可愛いとこあるじゃねぇか。」


異逆「うるさいな。何憶何万と生きている者が,誰が寂しがる」ハア…


異逆「じゃあな。提督」


提督「おう、さよならだ。異逆。」プツッ


異逆「...」

 

異逆「...慣れないな」 





ーーー花見場ーーー





提督「丁度良い感じに満開だなぁ…」


時雨「そうだね...」 


時雨「...ねえ,知ってる?」


提督「何を?」


時雨「死に際の桜は,必ず満開になるんだよ」

 

時雨「...最期だっていうのが,分かるんだろうね,きっと...」


提督「…」


提督「俺には何の事かさっぱりだね。」


提督「なぁ時雨、少し疲れた。この桜の木の下で膝枕してくれないか…」


時雨「...いいよ」

 

時雨「提督の為なら」





ーーー桜の木の下ーーー





提督「覚えてるか?初期艦として時雨を選んでさ、ダンボールだけの執務室に置いてかれて2人で唖然とした時。」


提督「お前が深夜まで執務を手伝うなんてザラだったなぁ…」


提督「ある時だ、お前が自分が死んでも海域を突破しようとした時、あれは本気で怒ったよ。死んだら、置いてかられたらどうするって…」


提督「思えばあの時だよ、お前が好きだって気づいたのは。そしたら何と両想い、あの時はテンションが上がったなぁ…」


提督「その後は結婚カッコカリもマジもして…結婚式のウェディングは世界で1番可愛かったよな…あぁ…本当にいろんなことがあった


よ…」


時雨「...何を突然に...」


時雨「何で...そんなこと言うのさ...」


提督「何でだろうなぁ…俺にも分からん…」


提督「今日は…寒いなぁ…」


時雨「寒くないよ...」


時雨「こんなにもあったかいのに...」


時雨「バカだね,提督は...」 


時雨「そうやって,まるで全部分かり切ったように話すのも」 


時雨「そうやって,分かってる上で言ってくるのも」 


時雨「皆皆そう。提督は,先を見越して物を言う」 


時雨「てことはさ,提督」 








時雨「もうサヨナラなのかな」












提督「…さっき…から…俺にはさっぱりだね…」


提督「時雨が…あったかい…」


提督「なぁ…時雨…なんだか…本当に疲れた…みたいだ…す…こし…寝ても…いい…かな…」


時雨「ダメだよ...逝っちゃ...」ポタッポタッ… 


時雨「......」 










時雨「...おやすみ,提督」










提督「おや…すみ…しぐれ…ありが…とう…あいしてるよ…世界で1番…永遠に…」









パタッ
















時雨「...」 


時雨「...うっ...」


時雨「...うっ...ううっ...」 


時雨「...うわああああん...あああああああん...」 


異逆「......」 


異逆「...安心しな」 


時雨「...うう...」


異逆「...」


異逆「...時雨。これを」スッ…


時雨「...うう...」


異逆「...」


時雨「...?」オキアガル 


時雨「...これは...」










ーー時雨へーー




この手紙を読んでるって事は俺はあの世かな。でも知ってたさ察しのいいお前が笑顔で見送ろうとしてたことくらいな。本当は寿命を伸ばすことができた。でもさ、俺は人間として終わりたかった。だからこんな俺を許してほしい、そして、お願いだから俺の後を追わないでほしい。人は与えたれた寿命で輝く物だ。俺に与えられた寿命はここまで、でもお前は違う。お前はまだ先がある。ここから先は俺はいない。ここから先はお前1人だ。それでも前に進め、お前なら進めるって信じてるよ。あと、いつまでも泣くなよ!お前は笑顔が1番可愛い。

愛する旦那様が1番それを知ってるからな!じゃあな!時雨、愛してるよ。 提督より


追記

手紙の裏に、ロケットがあります。結婚写真が入ってる、だいぶ遅くなったけど結婚祝いだよ。俺が1から作った、おっとクオリティーに文句言うなよ?これでも頑張ったんだからな?まぁ、大切に持っていてくれ。これで本当に最後だ。さようなら



時雨「...」 


時雨「...異逆さん」 


異逆「なんだ」 


時雨「...提督は...」 


時雨「提督は...」


時雨「本当に...ボクのことを愛してくれていたんだね...ッッ!!!」ポロッ…ポロッ…








異逆「...なあ,提督」 


異逆「お前は,私の中で,一生生き続けるよ」 


異逆「それでもいいかい?」




(俺は…上で見守ってるよ…時雨の事もみんなの事も、時々お前の中でお前がヘマしてないかも見てやるさ…)




異逆「...如何にも,お前らしい」 
























































「グシャッ」
 






































異逆「...提督」

































異逆「...これで,よかったのかな?」





























終劇


後書き

いつまでも 絶えることなく

友達でいよう

明日の日を夢見て

希望の道を



空を飛ぶ鳥のように

自由に生きる

今日の日はさようなら

またあう日まで



信じあう喜びを

大切にしよう

今日の日はさようなら

またあう日まで

またあう日まで


このSSへの評価

3件評価されています


昌一さんから
2020-12-14 13:19:39

S.L.KⅡさんから
2020-12-14 13:01:17

たぴおさんさんから
2020-12-14 02:09:31

このSSへの応援

4件応援されています


昌一さんから
2020-12-14 13:20:05

S.L.KⅡさんから
2020-12-14 08:35:05

たぴおさんさんから
2020-12-14 02:09:29

SS好きの名無しさんから
2020-12-14 02:08:30

このSSへのコメント

18件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2020-12-14 02:08:40 ID: S:ZZMw6j

楽しかったです♪

2: たぴおさん 2020-12-14 02:09:53 ID: S:KP9Vf1

コラボありがとうございました!いやぁ楽しかったです!

3: S.L.KⅡ 2020-12-14 08:35:00 ID: S:PNhjBV

こちらこそ,ありがとうございました!
楽しかったです!

4: 昌一 2020-12-14 14:16:12 ID: S:rN0Lrt

面白いです!!

5: S.L.KⅡ 2020-12-15 13:09:30 ID: S:S03C0c

個人的に思ったが,異逆のキャラが原作とだいぶ違う(笑)
キャラ崩壊注意報発令中

6: S.L.KⅡ 2020-12-15 13:15:51 ID: S:FBGEkD

段々と原作の異逆に戻していくつもり

7: SS好きの名無しさん 2020-12-23 02:28:16 ID: S:FfMvyN

これは…大切なものに手を出された提督くんの暴走が始まりそうな予感がします…
あと守れなかった責任というのが非常に気になります…

8: S.L.KⅡ 2020-12-23 08:30:10 ID: S:YIEPwH

コメントありがとうございます!
守れなかった責任については,後々語っていくつもりです。
斯う,ご期待下さい。

9: SS好きの名無しさん 2020-12-25 04:01:29 ID: S:N9wEeP

提督くんの他は犠牲になって良いや精神っていうのはうまく人間と言うものを評価できていて👍この作品は終始提督くんが普通の人間らしい考えなのが異逆くんとの対比になっててとてもいい
最後はちょっと悲しいな…

10: S.L.KⅡ 2020-12-25 04:10:06 ID: S:RPmXOA

コメントありがとうございます!
小躍り&号泣です!
人間との考えの違いが思わぬ展開を生んだので,
この考えを終始一貫して貫いた提督(たぴおさん)には感謝しかないです
どうもありがとうございます!

11: SS好きの名無しさん 2020-12-25 20:05:29 ID: S:LIeEJQ

どれだけ力に目覚めようとも、その反動で死ぬと言うのは結局は彼は異逆とは違い普通の人間だったて事か…「この感覚は何度経験しても慣れない。」ってとこから、皆んなを守るために結構手を下してきたことがわかる。おそらく危険性を排除する為、一見酷く思えるけど結構賢い選択だよね。あとは彼が最期の時を迎えた時、どんな結末を迎えるか楽しみにしようかな

12: SS好きの名無しさん 2020-12-27 03:30:18 ID: S:afpqyn

皆んなを守るために身体をはり、時には手を汚してきた。
ただ皆んなを守りたい、そのために頑張ってきた、「普通の人間」は穏やかに死んでいく、良い最後です…

13: SS好きの名無しさん 2020-12-27 13:01:11 ID: S:uvRfHd

人間は与えられた寿命の中で輝くか…作者さん(どっちか分からんけど)の人間に対する考え、そして人間の描き方はとても好きだな。終始人間は醜く、自分勝手で自分のことばかり、大切な物だけを守りたいと言う提督もそれにあってはまってて人間と言うものが何なのかよく表せている。ただそれだけの為に動く人間はその分強いと言う事も分かってる。本当に人間らしい人間を描いたなぁって感じです。そしてなおかつ、人間とはかけ離れた異逆くんと合わせる事で良い対比になってるね

14: SS好きの名無しさん 2020-12-27 13:11:46 ID: S:FKK9yc

人間は与えられた寿命の中で輝くか…作者さん(どっちか分からんけど)の人間に対する考え、そして人間の描き方はとても好きだな。終始人間は醜く、自分勝手で自分のことばかり、大切な物だけを守りたいと言う提督もそれにあってはまってて人間と言うものが何なのかよく表せている。ただそれだけの為に動く人間はその分強いと言う事も分かってる。本当に人間らしい人間を描いたなぁって感じです。そしてなおかつ、人間とはかけ離れた異逆くんと合わせる事で良い対比になってるね

15: SS好きの名無しさん 2020-12-29 09:18:59 ID: S:ZzZaRi

これ外伝とかで提督くんと異逆君が出会った時の物語とか欲しい。
つか私この作者さんが書く提督が人間臭くて本当に好きだからもっと見たい

16: S.L.KⅡ 2020-12-29 14:48:03 ID: S:vDtRLc

作者は二人いまして...
タイトルの如く,二人で執筆したものです。
S.L.K一人のものでもなく,たぴおさん一人のものでもありません。
そこを宜しくお願い致します(__)

外伝は検討します

-: - 2020-12-30 00:12:15 ID: -

このコメントは削除されました

18: SS好きの名無しさん 2021-01-13 00:03:11 ID: S:-Hgtnc

貴方とかぴおさんはコラボするのには合ってないのでは?かぴおさんの上手い表現の仕方や魅力的なキャラクター性の作り方、所々考えさせられる提督の考え方などなどがこの作品の良いところですが…異逆要素はいらない気が…かぴおさんの良いところを潰してる様にしか見えません…これは批判ではなく意見です。単体としてはあなたの作品もありだと思います


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください