2021-05-03 09:52:11 更新

概要

なんかいつの間にかレ級と一緒に鎮守府で過ごしてた提督のお話。


前書き

レ級と提督のラブコメみたいなもんです
初めてSS書くので文章おかしかったらごめんなさい!
とりあえずレ級は可愛い。


○二○○ ~執務室~


提督「…レ級ってさ…」ボソボソ


レ級「ん?何か言った?」


提督「いや、なんでもないよ」


レ級「ふぅん…そう…」


提督「…」ジーッ


レ級「…」


提督「…」ジーッ


レ級「…?」


レ級「(すごい見られてる…僕なんかしちゃったかなぁ…)」


提督「…」ジーッ


レ級「あ、あのさ…」


提督「ん?」


レ級「ど、どうしたの?」


提督「何がだ?」


レ級「さっきからずっと僕の事見て来てさ…僕の顔に何か付いてるの?」


提督「いや、そんな事ないぞ」


レ級「ならなんで…」


提督「いやさ、綺麗な顔立ちしてんなぁって思ってさ」


レ級「…」


提督「…」


レ級「えぇっ!?///」


提督「おぉう…急にどうした」


レ級「こっちのセリフだよ!!急になんて事言ってんのさ!!///」


提督「何って…」


レ級「いくらなんでも急過ぎるよ!!

それに直球過ぎるよ!!!」


提督「えぇ?」


レ級「忘れてるかもだけどさ、僕一応女の子なんだよ?」


提督「分かってるよ?」


レ級「分かってるなら尚更だよ!!」


レ級「そもそもそういう事言うならさ…!

もっと…こう…雰囲気とか考えようよ!」


提督「いや…でもさ…」


レ級「でももだっても無いy…」


提督「可愛い人に可愛いって言ったら駄目なのか?」


レ級「…ふぇっ?」


提督「綺麗な人に綺麗って言ったら駄目なのか?」


レ級「…え、えぇと…///」


提督「好きな人に好きって言ったら駄目なのか?」


レ級「…///」


提督「もう言っちゃうけどさ、俺お前の事好きなんだぞ?」


提督「お前も分かってるだろ?ここに来て長いんだからさ」


レ級「分かってる…つもりだけどさ…」


提督「つもりだけど?」


レ級「…やっぱりさ、その…」


提督「?」


レ級「…まず大前提にさ、僕は深海棲艦なんだよ?」


提督「うん」


レ級「人間の敵なんだよ?」


提督「うん」


レ級「本来ここに居ちゃ駄目なんだよ?」


提督「なんでだ?」


レ級「なんで理解出来ないんだよ!!」


提督「だってお前…あれだぞ?

お前の為に本営まで行って許可取ってきてんだぞ?」


レ級「だから言ってるj…へ?」


レ級「…ごめん、もっかい言ってくれない?」


提督「だーかーら、本営から許可取ってんの」


レ級「…」


提督「…」


レ級「えぇええええええ!!??」


提督「うるせぇな今何時だと思ってんだ」


レ級「こんなの静かにしてられないよ!!!」


レ級「まず大本営アホかよ!!!なんでそんな事許可したのさ!!!!!」


レ級「もし仮に僕が提督殺して鎮守府ごと崩壊させたらどうするんだよ!!!」


提督「(絶対無いと思うが)」


レ級「じゃあ僕が味方だったとしたら君らは何と戦ってんのさ!!!」


レ級「突っ込む所が多過ぎるよ!!!!」


レ級「ハァ…ハァ…」


提督「叫び終わったか?」


レ級「ハァ…ハァ…うん…」


提督「ほい、お茶」


レ級「ありがと…」ゴクゴク


レ級「…」


提督「…」


レ級「…提督はさ」


提督「ん?」


レ級「僕のどこを…好きになったの?」


提督「…」


レ級「…僕って…色白だし、発育も悪いし、変な尻尾は生えてるしさ」


提督「…」


レ級「女の子らしさどころか、魅力すらないよ」ハァ


提督「…」


レ級「そんな僕のさ、どこを好きになったの?」


提督「…うーん、そうだなぁ」


レ級「…」


提督「…そういう謙虚な所とか…性格とか…」


レ級「…」


提督「いつもは強がってるのに俺の前だとしおらしくなったりする所とか…」


レ級「…」


提督「自分の事を敵だと自負しつつもなんやかやで俺の執務手伝っててくれたりする所とか…」


レ級「…」


提督「はっきり言うと…全部だな!」


レ級「…」ギュッ


提督「おう」ギュッ


レ級「…ちょっと、このままで居させて」ギュー


提督「全然構わんぞ」ギュー


─────────────────────


レ級「…ありがとう、もう大丈夫だよ」


提督「ん、そうか」


レ級「…あのさ」


提督「ん?」


レ級「あの…えっと…」


提督「?」


レ級「…じ、実は僕もさ…その…///」


提督「その?」


レ級「…えっと…///」モジモジ


提督「なんだ?」


レ級「…提督のいじわる…ちょっとは察してよぉ!/////」カァァアアア


提督「お前の口から聞きたいんだ」


レ級「え、あ…うぅ…///」


提督「言って?」


レ級「…も…き…/////」ボソッ


提督「何だって?」


レ級「ッ…!僕も!好きなの!提督の事!!//////」


提督「…」ギュッ


レ級「ふぁ…/////」


提督「…」ギュー


レ級「…///」ギュー


提督「…」ギュー


レ級「…///」ギュー


提督「…いつかはさ…」


レ級「うん…///」


提督「幸せにするよ」


レ級「…!」


提督「俺、頑張るから」


提督「待っててくれ」


レ級「…待ってるからね?///」


レ級「ずっと…ずーっと…♪///」




─────────────────────


後書き

いかがでしたでしょうか
ベタな展開で申し訳ありません

また書きたくなったらまた書きます


このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください