2022-09-27 02:15:20 更新

概要

戦闘狂が提督をやってる鎮守府のお話。ちょくちょくタイトル変わります()
ありがちな設定でありがちな短話をちょくちょく出していく予定です。よろしければお楽しみください。


戦闘狂の提督



ある戦闘海域。


戦闘狂提督(以下提督)「沈め沈め沈めゴルァァァ!!!!」ドガッバキッエンペラッ


イ級「いーっ!?」


ロ級「ろーっ!?」


ヲ級「ヲーーー」


初霜「……。」


武蔵「うむ!今日もいい暴れっぷりだな!」


北上「むしろ調子悪いかもね。」


提督「まだこっちは暴れたりねぇぞおんどりゃァァァっっ!!!」ドッガッハンマーッ


天龍「けっ…今日も俺達は余りの掃除かよ…」




提督「あ゛ぁ゛~~のどがやべぇ…」


北上「そりゃあんなに叫んでたらね。任務は終わったし、帰投するよ。」


武蔵「うむぅ…この武蔵まだ暴れたりないのだが…提督よ。今日は付き合って貰えぬか?」


提督「あぁ?!いいぜぇ。俺のニードルメイスでその46cm砲へし折ってやらァ!」


天龍「やめろ!例えがなんか卑猥だぞ!?」


初霜「あの…」


天龍「あ?」


初霜「その…なんで提督が堂々と戦闘に参加しておまけにMVP取ってるんですか…?」


天龍「…なあ、初霜っていったっけか…」


初霜「はい…」


天龍「お前は着任したてだよな…?」


初霜「はい…。」


天龍「この鎮守府ではあんまり細かいことは気にするな…!こと、家の提督に関してはな…そういうもんだと思っといてくれ…!」


天龍「それがお前のためにもなるからっ……!!!」


初霜「は…はい!」


初霜(あまりにも心がこもり過ぎててびっくりした……。)


遠くから狙うよりは近づいて殴ったほうが良い。



鎮守府にて。


提督「帰投したぜ!」


明石「おかえりなさーい。お疲れさまでした!」


夕張「どうでした!?私の作った振動破壊ハンマー軽量型!」


北上「なにその化け物みたいな武器」


天龍「なんかめっちゃでかいハンマー持ってきて驚いたわ。ホントに。」


提督「あぁ…持ち心地は悪くないんだけどなぁ…当たれば絶対粉砕できるってのはいいんだが反動がでかすぎてね。いっそ先端をチェーンで柄と繋げてアイアンハンマーみたいにするのは?」


夕張「なるほど!参考にしますね!」


初霜「????」


北上「あヤバ。初霜があまりの意味不明さにパンクしそう…」


天龍「初霜ォォォォ!!??」


 演習の話


演習中…

提督「オラオラぁ!俺のメイスはいてぇぞぉぉぉ!!!!」ドガドガC:巨大メイス


武蔵「ふははは!面白い!だがあまり舐めてもらっては困るな!この武蔵の主砲、伊達ではないぜッ!!」ドンッドンッ


提督「舐めるなんてよ!尊敬してるからこんなに楽しめるんだぜッ!!最大船速!!」


武蔵「流石にあの見え見えの主砲には当たらんか!さすが我が相棒だッ!」


暁「」ガクガクブルブル

雷「」ガクガクブルブル

電「」ガクガクブルブル

響「素敵な光景だね。」


天龍「ちび共ビビってら…そりゃそうだよな。」


吹雪「せ…戦闘の参考にするつもりが…」


天龍「あいつらの戦い方は参考にならねぇよ。」


吹雪「確かに…あれだけ激しい戦闘の中で話してるくらいですからね…」


天龍「…いや…よく聞いてみな。」


提督「あぁすごい!明石!君の作ったメイスは…俺の手足よりも自由だッ!!!」


武蔵「そうだ…コレとやりたかった!もはや深海棲艦等目ではない!私自身の意思で!!!」


吹雪「」


天龍「会話になってるようで会話になってないんだよ…おっかないわ。」


二人は戦闘狂()



演習後……

武蔵「ふう…無理を言ってすまなかったな。」


提督「なあに。俺もいい汗かせたし、何より数少ない戦闘仲間の為に何かができるってんなら本望ってやつだぜ?」


武蔵「ふっ…私にはもったいない程の相棒だな。」


提督「そいつぁこっちのセリフって奴だな。」


天龍(……。)


天龍(一応こいつらケッコンカッコカリしてんだよな…)


戦闘狂でも提督です。


提督「……。」カキカキ


武蔵「…うむ…。」


天龍「……。っとこっちの書類終わったぞー?」


提督「あぁ、先上がっておいてくれ。」


天龍「はいよー。お前ら案外真面目なんだよな…」


提督「いくら戦闘が好きでも、こういった執務はちゃんとやらないとな。」


武蔵「あぁ、そして相棒を支えるのは秘書艦として当然の理だ。」


提督「柄にもねぇ冗談言いやがる。」


武蔵「ふむ…受けなかったか…。」


天龍「…楽しそうで何よりだね。…」


機械の腕ってなんかいいよね。


工房にて。

提督「明石ー。」


明石「はいはい?今日はどうしました?」


提督「いやあな。今度の出撃で使えそうな武器はないかと思ってな。」


明石「なら…こちらの腕部装着型の鋼鉄ネイルが。」


提督「ほお?」


明石「近接戦闘型の提督にあった武装だと思うのですが…掻っ切ってよし、掴んでよし、殴ってよしの便利仕様ですから。」


提督「なるほど気に入った。今度使おう。」


明石「一応肩まで覆う形になるので、もうメイスやハンマーをぶん投げて肩が外れたみたいなことにはならないかと。」


提督「あれは忘れてくれ。俺の黒歴史なんだから。」


初霜「……。」←明石に用があってきてた。


初霜「提督の過去って…。」


恐れの対象


提督「なあ北上…。」


北上「どったの?珍しく暗い顔して…」


提督「俺って駆逐艦に嫌われてるのかな…。」


北上「うん。」


提督「即答…か…。来るものがあるな…。」


北上「なんであんた普段あんな化け物みたいな状態なのにそういうところはナイーブなの?」


提督「俺さぁ…子供嫌いじゃないんだよ。無邪気で。」


北上「子供の心が純粋だと思ってるのは大人だけだよ?」


提督「やめろお前。」


北上「それにさ…演習やら出撃であんなに鬼みたいな状態になってたら嫌でも悪く映るって。」


提督「それで昔元帥の孫にも泣かれたっけか…」


提督「あいつは気にするなとは言ってたけど…」


北上「メンドクサッ」ボソッ


提督「ゔぇ!?」


北上「なぁんでもないよ。」


ここの提督が気が狂ってます

食堂にて。

提督「腹減った…なんか作っておくれ…」


鳳翔「はいはい…何が食べたいですか?」


提督「冷たいうどん。」


鳳翔「ざるうどんですね…。」


提督「あぁ…頭がスパーキングするゥ〜〜〜。」


鳳翔「もう手遅れじゃないかしら?」


提督「えっちょっ…」


天龍「実際お前常に気狂いしてるようなもんだからなあ…この前なんかお前…」


〜回想〜


執務室

提督「はっ!?命を大切にしないやつがいる気がする!」


天龍「はっ!?お前何言って…」


提督「ええい!命を大切にしないやつなんか抹殺してやる!」バタンッ


天龍「は!?おいちょ…執務作業ほっぽり出すな!」


天龍「……。」テートクナニヤッテルンデス!?


天龍「あいつトチ狂ったのか…?」エエイ!テイトクデルゾ!マトメテシマツシテヤルッ!!


〜回想終わり〜


提督「あれはすまん。戦闘がなさすぎてつい…」


天龍「ついで済ませていい領域じゃねぇからな?」


鼻歌はいつの間にか本当に歌ってたりする


提督「〜♪二度と迷わな〜いで〜♪」ピッ


提督「ん?」ダッ


提督「人の気配…!?青葉か!?」ダッ


青葉「ふふっ。提督の歌頂きました!このままコピーして鎮守府の放送で流してやりますよ!」


提督「あぁぁぁぁぁぁやめろお前ーーー!!!!!」


青葉「げっー!?もう追いついてきた!?」


提督「おんどりゃぁぁあ!!!」ブンッ


青葉「わぁなんか投げてきた!?鉄パイプ!?消化器!?」ガンッメリッ


青葉「……。」


メイス「ヤァ」メリコミ


青葉「」ソウハク


提督「はあ…はあ…あお…ば…そのデータ…け…せ…」


青葉「けっ…け゛し゛ま゛す゛ぅぅぅぅ!!」ウェーン


提督「えっちょ…青葉…お前っなんで泣いて…」


響「やってしまったね提督。」|ω・`)


提督「なっ響!お前いつからそこに…」


響「自体の一部始終は見てたよ。だけど…これでますます駆逐艦から怖がられるだろうね。」


響「青葉さんとはいえ。重巡を泣かせたとあってはね…」


提督「ちょっ!じゃあお前から言ってくれよ!駆逐艦で俺のこと怖がんないのってお前くらいなんだから!」


響「面倒だから嫌だね。それじゃ」ヌッ


提督「ちょっ!響ぃぃ!?」


天龍「おい!青葉の泣き声がして…げっ!?メイス!?」


提督「あってってっ天龍!」


天龍「お前まさか…これを青葉に!?」


提督「そうなってたら青葉は原型をとどめてないよ!!」


青葉「うぇぇぇぇぇん!!!!」。゚(゚´Д`゚)゚。


結局天龍たちへの誤解は溶けましたが、ますます駆逐艦に怖がられました!泣きそう!by提督


自然は見てるだけで癒やされる。割と本当に。


鎮守府の中庭。

提督「うぅ…どうしたら俺駆逐艦たちに好かれるようになるんだろう…」


提督「…あぁ…なんか泣けてきた…ん?」


コスモス「サイテルヨ」

コスモス「タクサンサイテルヨ」


提督「花…か…。」


提督「水でもまいてやるか…」シャワーホース装備


提督「……おっきくなって種ばらまけよー」ジャー


提督「〜♪若さってなんだ〜♪」ジャーパシャリ


提督「…?今なにか音が…気の所為か…。」


準備運動


提督「オラオラぁ!!!腕部装着のネイルを喰らえやおらァァァ!!!」ワシヅカミ


ハ級「○※▲〆✶✚」


提督「お次はこっちのメイスを食らって吹っ飛べぇぇぇ!!!!」メイスブンマワシ


へ級「ぐぅぅぅぅ!!!」


提督「あぁ?いまので終わりがよ…準備運動にもならねぇなあ…」


天龍「戦闘が準備運動って…一体いつなら本番になるんだよ…。」


提督「武蔵とやり合ってるときとか?」


天龍「ははっ…あながち否定できねぇからこええよ…」


武器の話

工房にて。

提督「〜♪撃ち落とせな〜い♪」


木曾「何やってるんだ?」


提督「あぁ、木曽か。なに、すこしメイスの整備をな。」


木曾「メイスに整備…?」


提督「あぁ…ま、錆取りくらいなもんだけどな。こうやって手入れしたほうが自分の武器感でるし…。」


木曾「なるほどな。」


提督「お前は?」


木曾「あぁ…普段使ってる剣が…な。」


提督「あぁ、お前が改二になったときに俺がやった奴か……ボロボロだな…。」


木曾「結構無理をさせたし、そろそろ換え時だとは思うんだが…どうしてもこの馴染み具合を捨てきれなくてな…今日こそはとここへ足を運んだ次第だよ。」


提督「なるほどな…明石に頼めば打ち直してくれるし、態々総取っ替えしなくてもすむぞ?」


木曾「何っ!?本当か!?よかった…長い間連れ添った相刀だからな…」


提督「そこまで言ってもらえると、渡した俺も嬉しいよ。」


木曾(…本当はお前から貰った物だから…なんだけどな…。)


木曾(ここで言っても困らせるだけ…か!)


自分で似てるっ!って思う人は大体違う。


電「武蔵さん!ここを教えてほしいのです…」


雷「武蔵さん!ここはどうしたらいいのかしら?」


暁「武蔵さん!ここはこうすればいいのよね!」


武蔵「落ち着け落ち着け。順番だ。順番。」







提督「くそっ!なんで俺は嫌われて…武蔵は好かれるんだよ…!」


天龍「日頃の行いだろ。」


提督「なんで!?俺も武蔵も日頃の行いそう変わんねぇぞ!?」


天龍「人間があんなでっかいメイスを持って暴れたら誰だって怯えるわ。」


龍田「天龍ちゃんも着任したての頃は大ビビリしてためのねぇ…」


天龍「ちょっ!余計なこと言うなよ龍田!というかなんで知ってんだ!?俺が着任したときお前いなかったろ!!」


龍田「提督に話を聞いたのよ?」


天龍「てめっ…!!」


提督「何の話やら…」


子供は世界の宝。


提督「あぁ…でも武蔵羨ましいな…」


天龍「まだ言ってら…」


電「あの…」


提督「ん…?あぁ、天龍に用か…」


電「ち…ちがうのです!提督さんになのです!」


提督「…えっ?俺…?あれ…俺なんかやらかしたか…?」


天龍「子供に呼ばれて最初に出る言葉がソレってだいぶやべぇぞお前。」


雷「提督!これ!」


暁「私からもよ!」


電「どうぞなのです!」


提督「これ…押し花の栞と…レジンストラップ?中に花材が入ってる…。」


提督「でも…なんで…。」


雷「この前鎮守府の中庭のお花にお水あげてくれたでしょ?」


提督「えっ…?なんでその事知って…」


電「青葉さんが教えてくれたのです!」


提督(あん時の音って青葉のカメラのシャッター音だったのか…。)


雷「あそこの花壇、私達が花を植えてるのだけれど…あの時は姉妹みんな遠征で水をあげられなかったから、提督が水を上げてくれて助かったの!」


暁「だから一人前のレディとしてお返しのプレゼントをあげたのよ!」


電「作り方は武蔵さんに教わったのです!」


武蔵「うむ!」ニコッ


提督「……。」


暁雷電「提督!ありがとう!」


天龍「おーおー。良かったじゃねえか!…あり?提督?」


暁「て…提督?」


雷「ど…どうしたの?」


電「や…やっぱり嬉しくないのです…?」


提督「っ!?いや違う!そうじゃない…嬉しいよ…滅茶苦茶うれしいよっ…!本当にっ!!」ニコッ


電「っ」ドキッ


提督「滅茶苦茶大事にするよ…!!」メガキラキラ


暁「喜んでもらえて嬉しいわ!」


雷「これからもよろしくね!提督!…あれ?電?」


電「…っ!な、なのです!よろしくなのです!」


電(ど…ドキドキしてしまったのです…///)


天龍(おー、お盛んだねぇ…。)


天龍(当の本人は気づいてる様子はねぇが…)


提督「綺麗だなー…」


花言葉って誰が決めたんでしょうね。



青葉「うーん…ネタがない…。」


提督「お、いた。あーおば!」


青葉「ひっ!て…提督ですか!?」ビクッ


青葉「ま…まさか、あの写真を駆逐艦の子たちに見せた事ですか!?ご…ごめんなさい!」


提督「待ってくれ。話が飛躍しすぎだ。俺は別に起こってない…むしろ感謝してるくらいだ。」


青葉「か…感謝…?」


提督「カクカクシカジカ」


青葉「マルマルウマウマ…なるほど…よかった…てっきり提督の極太メイスでふっ飛ばされるのかと…」


提督「あんときはすまんかった…ついいつもの癖で…」


青葉「もぉ…まあ、それなら良かったです。駆逐艦のこと仲良くなれたのなら。」


提督「おう。ありがとな!…あとこれ!」


青葉「これ…髪飾り…ですか?」


提督「あぁ、レジンと花材でな。電達に作り方教えてもらって作った。」


提督「受け取ってくれるか?」


青葉「〜〜!恐縮です!いただきます!…それでなんの花を…」


提督「あぁ…たしかホテイアオイだったかな…。」


提督「青い花だったからついな。」


青葉「ホテイアオイ…ですか…。花言葉は…」


提督「『恋の楽しみ』とか『好意』だな。」


青葉「…ふふっ。それじゃあこれはありがたく受け取っておきます!」


青葉「あの写真も新聞に載せます!」


提督「ん?」


青葉「そしてこの提督の鼻声を録音した物も鎮守府で流します!」


提督「はっちょっ!お前それは…!!!」


青葉「逃げます!」


提督「ちょっ!てめぇ!!!またメイス投げられてぇのか!?」



狙う撃つぜ!


提督(艤装装備)「っ!」ドンッ


武蔵「命中。」


提督「っと!」ドンッ


武蔵「命中!」


提督「そりゃ!」スカッ


武蔵「ハズレ。惜しいな…」


提督「うーん…やっぱり俺に遠中距離戦はむかんな…。」


武蔵「お前は射撃に特化してるわけじゃないからな。」


提督「正直俺が最大船速で敵陣の懐まで突っ込んで掻き乱したほうが早く済むしな…」


木曾「お前が危ないだろ。それ。」


提督「俺ならやれる!」


木曾「無理…とは言えないのがこいつの恐ろしいところだ。」


提督「せっかくならもっと近距離向けに改良してもらうか…変わりに太刀とか収納できるようにして…。」


武蔵「もう艤装ではない別の何かになりそうだが…。」


 止まれないし止まらない


提督「……。」バリボリ


武蔵「おい相棒。袋菓子食い過ぎだぞ。」


提督「んえ?…あっ3袋目だこれ…。」


武蔵「まったく…」


提督「止まらないのよね…こう言うの…。」


武蔵「まあ気持ちはわからんでもないが…。」


提督「特にガキの頃こういうの食べさせてもらえなかったからさ。余計に。」


武蔵「…ったく。しょうがねえな。」バリボリ


武蔵「ん…美味いなこれ…。」


提督「だろ?」


南斗編集戦斧拳


夕張「提督ッキー!見てください!」


提督「どうした夕張メロン。」


提督「…バトルアックスか?なんかごちゃごちゃしてるが…。」


夕張「ただのバトルアックスと侮るなかれ!この柄の先端を見てください!」


提督「なんか2つ円柱のなんかがくっついてるな…何だこれ。」


夕張「なんとこれ銃口なんです!」


提督「銃口!?」


夕張「ここから弾丸を発射することができるんです!当然威力はご察しですが…でも牽制用にはなりますよ!」


提督「夕張メロン!!」


夕張「気に入っていただけ…」


提督「ふざけてんのかぁぁ!?」


夕張「ひぇ…」


提督「こんな構造してたらすぐジャムったり動作不良起こすのがオチだろうが!」


提督「だいたいお前の作る武器はロマン武器すぎるんだよ!この前作ったのなんかなんだあれ!」


夕張「メイスに小型ミサイル発射装置つけたやつですか?」


提督「あぁそうだよ!あれ衝撃半端ねぇしおかげで腕脱臼したし…何より腹がたつのがな?」


提督「案外実戦投入したらどの武器もそれなりに使えることなんだよ!!」


夕張「嬉しいです!」


提督「しかし!だがしかし!いとおかし!もっと堅実な武器もお前作ってみせろ。」


夕張「堅実な武器というと…?」


提督「…先端が巨大なペンチみたいになってるメイスとか?」


夕張「オルフェンズの見過ぎですよ。」


不健康な食生活は週一でも多いくらい


提督「やべぇ執務終わんねぇ。」


提督「飯時だけど食堂に行く時間ももったいねぇ…カップ麺作るか…。」


提督「お湯を入れて3分〜。画期的よなぁ。」


3分後


提督「しかしまあ一週間ラーメン程度しか食べて泣いて流石に飽きる…そうだ!」


カップ麺(濃厚醤油マシマシ)「」


提督「よおし!味変完了!」


天龍「誰かあの馬鹿を止めろ!」


いくらなんでも。


天龍「いくらなんでもこれは駄目だ。これは。」


提督「いいだろうに!カップ麺の味変くらい…」


天龍「こんなもんばっか食ってたら体壊すぞ?お前が倒れたら誰が指揮やらなんやらすんだよ!」


提督「武蔵や北上がやってくれるって…」


天龍「じゃあもうお前の存在価値なくねぇか?」


提督「みんなの心の拠り所。」


天龍「自分で言うのかそれ?」


私のお墓の前で


伊58「た…大変でち…。」


伊168「あれ?ゴーヤ?」


伊19「どうしたのね?」


伊58「提督が…」


提督「」チーン


伊168「出オチ!?」


伊19「死んじゃったのね!?」


伊58「多分…動かないし…。」


伊168「可愛そうね…お墓を建ててあげましょう。アイスの棒でいいわよね?」


伊58「金魚のお墓でちか!?」


伊19「もったいないのね。鉛筆でいいのね。」


伊58「もっとひどい!!」


伊168「もう爪楊枝でいいわ。面倒臭い…。」


伊58「ふたりとも提督に恨みでもあるでちか…?」


提督「!」ビクッ


伊58「起きたでち!」


提督「墓は…墓はガ○ガ○くんの当たり棒でおねが…い」ガクッ


伊58「…どうしょうもないでち…」


初めて作ったガンプラはバウでした。



提督「……。」パチッカキカキ


提督「…あれ?あの書類と紙やすりどこおいたっけ?」パチッ


北上「何プラモ作りながら執務やってるの…そしてなんでまぁまぁなスピードで執務が終わってんの。」


提督「執務なんて片手間で終わるのよ。」


北上「そこはガンプラの方を片手間にしてほしかったな…何作ってんの?」


提督「ユニコーンガンダムのユニコーンモード。」


北上「前組んでたでしょ。」


提督「パーツは無くて困ることはあってもあって困ることはない。」


北上「…それでどんだけパーツ今あるっけ?」


提督「いつか使うから!マジで!!」


北上「もういっそヤ○オクとかでバラで買いなよ。」


提督「あっ名案!」



人の印象は見る面で違う。


初霜「うぅ…最近提督が怖い…。」


若葉「何故だい?いい司令官じゃないか。お菓子くれるし。」


初霜「それはそうなんだけど…」


若葉「言わんとすることはわかるよ。あの暴れぶりを見たんだろう?」


初霜「う…うん。」


若葉「気にするな…とも言えないけど、少なくとも敵ではないんだから。気楽にゆっくり慣れていけばいい。」


初霜「…わかった!」ヤバイ!テイトクガサクランシタゾ!


初霜「……。」ダメダ!ダレカムサシヨンデコイ!エッ!?シュツゲキチュウ!?


若葉「ははっ!変わらないなぁあの人も。」


初霜「若葉は相当なれたのね…。」


ユニバースは感動詞()


提督「喰らえやァァァ!!!!」バキッ


提督「WRYYYYYYYYY!!!」ドゴッ


提督「烈火!業火!心火ァァァ!!」グチャ


提督「無病!息災!抜刀!搭載!」ドメスッ


ハ級「が…ガグギャ


若葉「毎回気になるんだが、あれは何を叫んでいるんだ?」


天龍「あぁ、あれは適当に思いついた言葉を叫んでるだけだ。」


北上「まだあの癖治ってないのー?」


吹雪「うぅ」バタンキュー


伊58「ちょ!吹雪ちゃんがあまりの凄惨な光景にぶっ倒れたでち!」


北上「ヤバぼーっとしてた早く止めないと。」


眠いときは素直に寝なさい。


提督「ね…眠い…」


木曾「昨日徹夜で書類整理してたもんな。」


提督「で…でも出撃はするぞ…!」メイス装備


木曾「寝ろよ。そしてそのメイスを下に置け。危ない。」


提督「やだ…俺は出撃…するんだ…」


木曾「その状態じゃ無理だ。」


提督「俺は…戦いの中で戦いを忘れ…」


木曾「しょうが無い…この新調した剣でお前の首をスパッといくか…。」


提督「永眠物だぁ…Zzzz。」


木曾「寝たか…全く。」


木曾「……。」


木曾「ま…枕無しで寝ては首が痛むからな!しょうがないな!」


提督「Zzzzz……」←木曾に膝枕されてる。うらやまけしからん


木曾「……ふふっ。ゆっくり寝な。いつもありがとう。提督…愛して…」


青葉&天龍&若葉「……。」ジーッ


木曾「な…何を見てるお前らっっ」///


青葉&天龍&若葉「いんや?別に?」


木曾「うぅ…はずくて死にそ…」///


出てないだけで着任してる(設定の)娘はまだいます。


提督「……うわっ…やな写真出てきたな…」アルバムミナガラ


川内「なになにぃ?」


提督「うわビクッたお前いつから!?」


川内「割と最初から。」


提督「お前神出鬼没すぎんだよ…今までだって川内のセの字もないじゃん」


川内「そんなこと言ったらうちにはアトランタとかも着任してるけど出てこないじゃん。」


提督「あいつは基本的に籠もり気味が早朝から出撃とかだからなあ…中々あえんのよ。」


川内「はええ。まあちょくちょく会いに行ってるから知ってるけど。」


提督「あいつの部屋鍵かけてなかったっけ?」


川内「ニンジャを舐めないでほしいね!」ニンニン


提督「赤いニンジャには気をつけろよ。」


別のことに気を取られると何をしようとしてたから忘れる。


川内「結局何見てたの?」


提督「あぁ?俺の負の歴史。」


川内「負…?なっ!」


アルバム「なんか綺麗な人が写ってる。それも何枚も。」


川内「ま…まさか提督の元カノ…?」


提督「ちげえよ。これはな…」


川内「じゃ、じゃあまさか…そう言う活動ではべられせた女の…こ?」


提督「待てお前は洒落にならん誤解をしてる。待て、待てよ?」


川内「そ…そんなに強く否定するって事は…や、やっぱり」


提督「違うって言ってるよな?ちげえってよ。」


川内「わぁぁぁ!!提督が○○○○だったよー!!」トビダシ


提督「待てって言ってるだろうがぁぁぁぁ!?」


悪ふざけのときの団結力はパない。


川内「大変だ青葉!」


青葉「ど…どうされました!?」


川内「て…提督が○○○○だった…」


青葉「な…なんですって!?」


川内「鎮守府のみんなの安全確保のためにすぐにこのことを新聞にしないと!」ニヤニヤ


青葉「そ…それは大変ですかすね!みんなのために青葉!がんばります!」ニヤニヤ


提督「いい加減にしろやオラァァァァ!!!!」ぶん投げ!


メイス「」床に食い込んだ。


青葉&川内「……。」


青葉&川内「逃げよ逃げよ!」


提督「待ておらァァァ!!!」


悪ふざけの噂に限って早く広まる


天龍「提督……。」


提督「おぉ天龍!青葉と川内をみなかっ…なんだそのゴミを見るような目はぁ!!」


天龍「俺はもう少しお前は節操のあるやつだと思ってたよ…。残念だ。」


提督「なんでガチ目の失望してんだよ!違うからね!?」


若葉「お盛んだったんだねぇ。」


提督「若葉!?」


武蔵「ふむ!殴りたくなるな!」


提督「武蔵さん!?」


北上「ウチとかちょっと危なそうよねぇ…目えつけないでね?」


提督「……。」ガクッ


木曾「そのくらいにしてやれ…もうツッコむ気力もないほどに疲弊しきってるから…な?」


天龍「しょうがねえな」ケロッ


女装男子と男の娘は似ているようで全く違う文化



武蔵「しかし…このアルバムの少女たちは一体誰なんだ?艦娘ではなさそうだが…。」


若葉「その辺どうなんだ?提督。」


提督「……。」


提督「オレ…」ジブンユビサシ


天龍「……聞き間違いかな?俺って聞こえたんだが…」


木曾「…俺もはっきりと聞こえたぞ…?」


提督「……俺だよっ!!」


一同「!」ビクッ


北上「つまり…女装ってコト…?」


提督「そうだよ!昔少しハマってた時期があったんだよ!」


天龍「た…確かに言われてみれば違うが…みんな髪色違うだろ!?」


提督「化粧ってすげえのな…最近のかつらってすげえのな!!!」


若葉「ふむふむ…これはこれは…。」


武蔵「ふぅむ。提督とわかるとそれはそれで味があるな…」


若葉「わかる。」


提督「死にたい…。」


北上「まあまあ!」


面白いことを見逃すほど人は優しくない


提督(結局あのあと青葉に女装の件を新聞にされ散々ネタにされた…ので!)


提督「今日は青葉を武器にして戦闘海域に突入したいと思いまぁーす!!」


青葉「〜〜っ!!〜!!」モゴモゴ


提督「ははっ!猿轡してるから何言ってんのかわかんねぇ!」


初霜「」ガクガクブルブル


若葉「大丈夫、あれは青葉の自業自得さ。」


天龍「つーか元凶は川内だろ。あいつはどうすんだよ。」


提督「あいつは普通に強いからな。捕まえるときにどうしても戦闘になる…それじゃ駄目だ。」


提督「楽しくなり過ぎちまう。」ニヤ


天龍「この戦闘狂めっ…。」


どこかで見たネタ。

あるちょっと激しい戦闘海域


提督「ちっ!敵の数が少し多いな…あれ天龍眼帯変えた?」


天龍「お前前後の台詞があってねぇんだよ!」


武蔵「焦りの現れだよ。今日はまともな武器持ってきてないっぽいしな。」


若葉「っ!くそ…数が減らないな…」


提督「ここで俺の渡世も終わりかね…」


天龍「この程度でお前の渡世が終わるなら俺らはもっと前に渡世渡り終えてるよ。」


提督「っし!行くか!」メイスニ本装備


武蔵「む?そのメイスは見たことがないな…」


提督「夕張の新作らしい…おらいっけぇぇぇぇ!!!」メイスぶん投げ


天龍「そうやってすぐ投げるのやめろ!!」


メイス「」ヒューン


ヲ級「ヲ?」


ル級「ル?」


メイス「爆発!!」ドゴーン


若葉「メイスが爆発した!?」


天龍「なんでメイスが爆発するんだよ!」


提督「あんにゃろミサイル付きの方渡しやがったな!?」


結局なんとか勝てましたby提督


憧れは憧れのままでも良かったりする


初霜「この前の出撃大変だったみたいだね…」


若葉「あぁ。なにせ報告されてたのと数が違くてねぇ」


天龍「お前らお疲れー。」


若葉「あ、天龍だ!」


天龍「呼び捨てかよ…まあいいや。今更気にもせん。」


初霜「若葉姉さんは古参の一人なんですよね?」


天龍「あぁ…懐かしいな…俺と提督と若葉と武蔵…この四人だけで回してた時代が…」


初霜「そんな地獄みたいな時代が…」


天龍「まぁ、当時は俺も若くてな。提督や武蔵ほどじゃねぇがとことん戦闘狂いしてたからな。」


若葉「あのときの天龍たちのシゴキはすごかったよ…」


天龍「おまけにあの頃はまだガキでな…『死ぬまで戦わせろよ!』とか平気で唸ったもんさ。その都度提督にぶん殴られたけどな。」


初霜「提督…そういうセリフ嫌いですもんね…」


天龍「あいつの男女平等パンチは滅多に飛んでこないけどその分死ぬほど痛いんよな…」


天龍「そういえばお前らこんな所に何しにきたんだ?工房?」


初霜「は、はい!艤装の調整を!」


天龍「そうか!頑張れよ!…間違っても提督や武蔵は目指すなよ?」


若葉「ふふ、僕は日々提督を目指してメイスの練習を」


天龍「頼むからこれ以上脳筋メイスハッピーを増やさないでくれ…」


(#^ω^)お?


天龍「おーい明石!邪魔するぞー!」ガラッ


提督「(#^ω^)お?てめぇなんだあの誘爆するメイスは?(#^ω^)お?」」ムナグラツカミ


夕張「す…すいませ!くるし…」ムナグラツカマレ


天龍「はーいお邪魔しましたー。」バタン


初霜「今の!?今のなんです!?」


天龍「あの(#^ω^)お?は提督がブチギレてるサインだ。」


初霜「(#^ω^)お?で!?」


天龍「まぁ近距離武器で誘爆するようなものを掴まされたんじゃあぁもなるだろうが…。」


若葉「仕方ないか。」


(#^ω^)お? その2


提督「(#^ω^)お?俺前いったよな?(#^ω^)お?もっと堅実な武器作れって(#^ω^)お?」


夕張「は…はい…。」


提督「手持ちの近接武器で誘爆ってどういうことだ(#^ω^)お?」


夕張「ホントすいませんでした…」


提督「メイス殴って衝撃でドーンとか洒落にならんで(#^ω^)お?」


夕張「おっ…」


提督「…俺はお前の技術力は頼りにしてるんだ。もっと普通の武器を作ってみろ。アレンジはそれからだ。」


夕張「はい…。」


提督「…まぁ言ってくれれば運用試験くらいは手伝ってやるよ。な?」


夕張「っ!はい!!」


明石(結局いい感じでまとめちゃった…)


ケッコンの概念


天龍「お前らさ…カッコンをなんだと思ってる?」


提督「どうしたよ薮からスティックに…」


武蔵「どっちの話だ?」


天龍「カッコカリの方だよ。お前らケッコンしてるだろ?俺もだが…」


提督「あぁ…まあそうだな。他のところだと一大イベントらしいな、やっぱり。」


天龍「だろ?それがウチはなんだよ!」


提督「えぇっと…武蔵の時は適当なタイミングで渡して…天龍の時はお前が遠征帰りのときに渡したっけか…。」


天龍「だろ!?お前はまるで書類かなんかを渡すように渡しやがって!」


武蔵「まぁロマンチックの欠片もなかったのは確かだな…。」


提督「何?お前らそういうの欲しがるタイプ?」


天龍「いや別に欲しがるってほどじゃないが…ロマンチックじゃないなぁ…って。」


提督「まぁ俺はケッコンをただの強化イベントとしか見てなかったからな。」


提督「他のところだとそれが引き金で鎮守府の機能が麻痺したりとかあるらしいべよ?」


武蔵「あくまでも今は戦時中だ。恋愛に現を抜かすことはできまいよ。」


天龍「…お前らってケッコンの後キスもしたこと無さそうよな…」


提督「キス島か?前に任務で武蔵といったが…」


天龍「言うと思ったぜ…。」

 

提督「お前むしろ俺がいきなりそういうことしたら怒るだろ。というか俺が龍田に殺されらぁ」


天龍「お前龍田相手なら勝てるだろ…。」


提督「まぁね★」


体を動かせば紛れたりする


天龍「お前らってアッチの欲求なさそうで羨ましいわ…」


武蔵「アッチとはなんだ?」


提督「俺はないわけじゃねぇぞ?それよりも戦いが楽しくて気持ちいいだけだ。」


武蔵「なあアッチっていうのは…」


天龍「羨ましいわ…戦闘狂いは…。」


提督「むしろあっちの欲求がデてくるとイライラしてくるくらいでな?作業中断されるし。」


天龍「お前らしいわ…」


武蔵「アッチでドッチ…」


ちょろい


青葉「女装癖の提督どーも恐縮です青葉てす!」


提督「やめろお前!!」


青葉「突然ですがこの前提督にやってほしいことランキングを鎮守府にアンケートを取ったのですが!」


提督「何勝手なことしてんのおまえ!?」


青葉「なんと一位が満場一致で女装披露だったんですよ!」


提督「どうせそういうオチだと思ってたよ!絶対やらねぇからな!」


青葉「というわけで!こちらにいくつか服を用意いたしました!」


提督「てめぇ本当に人の話聞かねぇな!?」


天龍「おら女装みせろおら!」


川内「はーやーく!はーやーく!」


北上「根性見せろー!」


提督「ギャラリーできてる!?」


青葉「ふっ…今やってくださればこちらのポ○モン最新作を…」


提督「しょうがねぇな…やってやるよ!」


一同(ちょろい…!)


後悔


提督(セーラー服)「…似合うわねぇだろ流石に…///」


天龍「うわ…普通に可愛いのなんか腹立つわぁ…」


提督「ころすぞまじで…」


武蔵「元々中性的な顔立ちだもんな。あいつ。」


提督「やめろっての…」


北上「こんどはこっちの学生服ね。」


提督「おまえら…あとで演習な…」


一同「えっ?」


提督「まとめてぶつつぶしてやるよ…!」///


一同(あっ…オワタ…)


どっちもよきかな…


北上(学ラン男装状態)「まぁそれはそれとしてアタシも男装好きなのよねぇ」


大井「北上さん…凛々しいわ…」


提督(ブレザー女装状態)「お前どっから湧いてきたの…?ここに着任してなかったよね…?」


大井「北上さんの男装が見られると聞いて!」


提督(誰が流したんだ誰が!)


北上「……。」


提督「ん?どうしたきたか」


北上「よっと!」


提督「…え?」


天龍「北上…お前何やってんの…?」


北上「提督をお姫様抱っこしてる。」


天龍「だよね!?」


提督「」


北上「つーか提督かっる…これでどうやって戦ってるんだろ…。」


提督「お…男としての尊厳をひどく傷つけられた…」ズーン


天龍「元々傷物じゃねぇか…」


閉じこもると外に出るタイミング失う。


武蔵「それで部屋に閉じこもったのか…」


木曾「まぁまぁ可愛そうだな…」


北上「ねぇ提督悪かったってばぁー。良い加減出てきてよー。」ドンドン


提督『無理…今の俺には無理…』


北上「うーむ…どうしたものか…」


川内「ここは私に任せて!提督ー!今出てきたら夜戦してあげるよー!」


武蔵「この武蔵もご一緒しよう!」


天龍「しゃあねぇな…俺も付き合ってやるよ…」


若葉「同乗」


木曾「やめとくわ。多分死ぬ。」


提督「しょうがねぇなぁ!」バタン


一同「ちょろっ!?」




青葉「提督!」


提督「あ?どった?」


青葉「提督っていっつも右腕隠してるじゃないですか!手まで覆うタイプのヒートテックまで着て…」


提督「つまり新聞のネタになりそうだから右腕見せろ…ってか?」


青葉「はい!」


提督「暇だねお前も…あんまり気持ちいいもんじゃないぞ?」ヌギヌギ


青葉「いえいえ!提督の上裸の時点で価値ありまくりっていう…か………。」


提督「ほら。」右半身が首まで大火傷の跡がある。」


青葉「……。えっと…その…それは…戦場で?」


提督「…どっちから聞きたい?」


青葉「え…?」


提督「俺が言ってもいい方と言いたくないほう…どっちから聞きたい?」


青葉「い…いえ…もう結構…です………。」


提督「そーかい。」


青葉「その…ネタになりそうとか思ってごめんなさい…」


提督「別に気にしてねぇよ。新聞にしたって構わねぇけど…前これで駆逐艦に泣かたことが…うっ涙が…。」


ダサい今にはかっこいい過去がある。


提督「まあ、言っちまうと魚雷を殴って爆発してできた火傷痕だなこりゃ。」


青葉「すいません突っ込み所が多くて何から突っ込めばいいのか…。」


提督「しょうがねぇだろ。潜水艦の方に飛んできてとっさにやっちまったんだよ。」


提督「今考えればメイスでかっ飛ばすだのやり方は色々あったんだが…失敗したねえ…」


青葉「経緯滅茶苦茶カッコいいじゃないですか…」


提督「そうかえ?まぁ腕の火傷はガキのころからあったんだけどな。」


青葉「…何があったのか聞いても?」


提督「再婚 義父 虐待」


青葉「本当にもういいです。」


提督「あらそう?もっと家が燃えたりとかエンコ詰められそうになったりとか深海棲艦に喰われたとか色々あるのに…」


青葉「はい。ツッコミませんよ?」


提督「一応ホントのことなんだけどねぇ…」


青葉「疑ってるわけじゃないですけど…なんで拗れずにすんだのか…」


提督「別に今が幸せならそれでいい。」


青葉「幸せ…ですか。」


提督「そ。戦場で戦えて腕を競い合えるほどの戦友にも出会って嫁もいてみんなとバカできて…俺はそれだけで幸せだよ。」ピッ


青葉「そうですか…では私はそろそろ失礼して…」


提督「ん。またなぁ。」


提督「…なんか知らぬ間にとんでもねぇカッコつけしたきがする。」


後日。案の定記事にされ赤恥をかきました。by提督


章タイトル


提督「っち!」ガキッ


武蔵「っはっ!」ドガッ


提督(流石にこのままだと俺のスタミナ切れの方が先か…なら…!!)


武蔵「最大船速で突っ込んでくるか!!面白い!!!」


提督「届けよ!!」メイスぶん投げ


武蔵「っ!くっ」ガキッ


武蔵(とっさに艤装でガードしたが…主砲がやられたな…)


提督(このまま近距離ネイルで殴れば…!)


武蔵「甘い!」ガシッ


提督「っ!掴まれ…」


武蔵「今回は…俺の勝ちだ!」ミギストレート


提督「その台詞…俺が貰い受ける!!」ヒダリストレート


武蔵「っぐ!」ミシッ

提督「ッッッ!!!」グシャ


天龍「はいはいそこまでだ。新人ビビらずなよ」


初霜「す…すごかった…」

吹雪「基本的に何やってるのかわかんなかったけどね…」


提督「いやぁ、負けた負けた。まさかメイス投げをいなされるとは思わなんだ…」


天龍「言っておくがあれ普通なら直撃コースだからな?普通の艦娘には絶対やるんじゃねぇぞ。首折れるわ。」


武蔵「おい提督。」


提督「あ?どうしたむさ」


武蔵「…。」ガシッ


提督「イダダダダダダ!!!!腕!腕掴むな!!」


武蔵「やはり骨折してるだろお前…不自然に左腕かばいやがって…」


提督「えっ!?な…なんのコト…」


天龍「はいはい。連行連行。」


武蔵「天龍…お前わかってただろ…」


天龍「いやこいつなら大丈夫かなって…」


武蔵「気持ちはわかるが。こういうのは早めに治すに限る。こいつはあくまで人間なんだからな。」


提督「ちょ…ちょっとぉー!?」


章タイトル


明石「あぁ…バッキバキですね。もう粉々です。」


提督「粉々!?」


天龍「そんな馬鹿な…」


夕張「粉バナナ」


明石「まぁ提督なんでさした問題はないでしょう。まず高速修復材をぶっかけて」バシャッ


提督「わぁちょっ!やめろお前!なんかすっげぇぬるぬるする!」


明石「これで粉々からバキバキになったはずです。」


提督「それ何か変わってんのか!?」


天龍「もうそれでギプスつければいいだろおまえだし」


提督「怪我人の扱い雑すぎんだろ!」


天龍「お前にとっての怪我は全身粉砕骨折とかだろ。」


提督「流石に死ぬぞ!?」


明石「魚雷殴って火傷で住んでるんだから生きてるんじゃないですか?」


提督「そんなこと無い…って声を大にして言えないのが何より辛いわ。」


怪我するのも怖くない


提督「つー訳でしばらく左手使えないからよろしく。」


北上「やばっww腹痛いwww」


若葉「くくっ…本当に…馬鹿みたいwwwww」


伊58「もう…駄目でち…笑いこらえられwwwwwww」


提督「おう。てめぇら笑いすぎだろ。」


川内「おっす提督!笑いに来た!」


アトランタ「…同じく。」


提督「おう神出鬼没コンビ!よく来たな!帰れ!」


川内「もぉ酷いなぁ…」


アトランタ「ん…でも残念。久々に提督と殺ろうと思ったのだけど。」


提督「やだよ。お前のやり方荒すぎんだから。」


川内「そーそー。私を見習いなって!」


提督「お前は目とか喉とか下腹部とか急所しかねわなくなるから余計質が悪んだよ…。」


暇を持てまして。


提督「暇だな…」


夕張「いい事を聞きましたぁ!」バギィ


川内「きゃっほう!」ジャギィ


アトランタ「いえーい。」ランポス


提督「天井破ってくんじゃねぇよ。」


夕張「どうせ提督は暇を持て余してるだろうと思って!」


川内「どうせなら四人でボードゲーム祭りでもしましょうぜ!つまみとかなにやら持ってきて!」


アトランタ「ボドゲなら片手使えなくてもできるしね。」


提督「は?なんだそれ。ふざけてんのか?」


提督「そんなの楽しそうなのやるに決まってんだろ。」


夕張「さっすが提督!じゃあ早速色々持ち込みましょう!」


提督「ホームビデオとしてカメラ置いておくか…」


アトランタ「いえーい見てる?」


川内「酒とか鮭とか酒もってきた!」


提督「飲む気まんまんかよ…しぬぞ…」




翌日


天龍「おーい。おきろいいかげん。執務あるんだか…」ガチャ


夕張「」爆睡


アトランタ「zzzz」ほぼ上裸


川内「zzzz」ほぼ下着


提督「zzzzz」


天龍「…お邪魔しましたー。…」バタン


天龍「…やば…さきこされた…」


章タイトル


夕張「誤解です」


提督「ゴカイだ。」


川内「五階」


アトランタ「豪快」


天龍「あの惨状をみて誤解と信じられるやつはピュアすぎるぞ。ツボとか買わされるぞ。」


天龍「やましいことはなにもないんだろうな?」


一同「……。多分ありません。」


天龍「……。どうしたものがねぇ…とりあえず全員武蔵のタイキックな。」


提督「はぁ!?待って俺けが人なんだけど!?」


夕張「あの人のタイキックは普通死にます!勘弁してください姉御!」


アトランタ「先立つ不幸をお許しください…。」


川内「そもそも武蔵さんのキックならタイキックじゃなくてジャパンキックにならない!?」


武蔵「よんだか?」


マッテクダサイマッテタスケテ!マッテクダサイオネガイシマグェ


天龍「…この鎮守府やっぱ飽きねぇわ。」


それでも


提督「暇だなぁ怪我してると…ん?人の声…?」


吹雪「でも…――――だよ?」


電「それでも…それでも助けたいのです!」


初霜「それができればいいけど…」


提督「なぁに話してんだ?」


初霜「わっ!提督さん!?」


吹雪「な…なんでもないんです!ね?」


電「そ、そうなのです!なんでもないのです!!」


提督「そんないかにも後ろになにかいます的な感じで隠されてもな…ほら、見せろ。」


電「い、嫌なのです!絶対!」


提督「はい。見せなさい………っと。」


電「わっ!」


提督「……はあ、なるほどね…」


駆逐水鬼「……。」ボロボロ


初霜「て…提督…?」


提督「…悪いがこれは容認出来ねぇな…。」


電「ま…待ってほしいのです!」


提督「待つも何も…こいつは敵だ。殺さなきゃ。」


電「でも…大怪我してるのです!」


提督「こいつらに大怪我どころか殺されたやつだって数多くいるはずだ。」


電「でもこの子が殺したことがあるとは限らないのです!」


提督「それでもだ。あんまり変な正義感を持つのはやめておけ。」


吹雪「そ…それは流石に言いすぎですよ!」


提督「腐ってもここは戦場だ。敵を見つけてうかうか返すのもしてやれねぇ。」


提督「唯一取れる道は研究材料として大本営に送るくらいだ。」


提督「表向きは保護されたことになるぞ?」


電「…そんなのだめなのです!」


提督「…なぁ、俺は聞き分けの悪い子は好きじゃないんだ…」


提督「俺がいい言葉使ってるうちによせよな。」


初霜「っ!」


吹雪「て…提督…。」


提督「俺はお前を…お前らを軍法会議に引っ掛けたくねぇんだ。」


電「……。」


提督「大体、深海棲艦と人間が本当に和解ができるって…そんな日が来るって信じてるのか?」


電「……。」コクッ


提督「先に手を出したのは深海棲艦…それに殺された民間人も多い…」


提督「そんな相手とわかり会えるなんてこと…ないだろ?普通は。」


電「……でも…」


提督「なあ?たのむぜ?電…。」


提督「俺をこれ以上イライラさせないでくれや…」


吹雪「…なんてこと…言うんですか?提督…なんでそうやって…決めつけて…殺そうとするんです…?」


吹雪「なんで…知ろうともしないで…」


提督「…おれはな。こいつらに沈められた艦娘も多く見てきた…あいつらをみて…思い出すと…な。」


初霜「……お気持ちはわかります…けど!」


電「それでも…なのです…。」


提督「あ?」


電「それでも…それでも…それでも!!!」



電「それでも助けたいのです!!わかり合いたいのです!それができるって…信じてるのです!!」


電「信じたいの!!電は!!!!」ナミダメ



吹雪「提督…お願いします!!」



初霜「私達は…助けたいんです!見殺しに…したくないんです!」



提督「それでも…ね。」



提督(…)



いつかは



『頼む!助けさせてくれ!』



??『駄目だ。助けたとしても…裏切られるのはお前が一番わかってるだろ。』



『やめてくれ…!!頼む…!!』



??『…悪いな…これも戦争なんだよ…』





提督(…あぁ、忘れてたな…俺が提督になった理由…) 



提督(おれは…それでも…)



提督「わかった…見逃してやるよ。」



電「っ!提督!」



提督「でもな。電…吹雪…初霜…お前らはこの選択肢を取ったのなら…全部とは言わない…助けられる奴は助けてみせろ…」



提督「その行為をどれだけ馬鹿にされようとも…それでも…って言い続けろ。」



提督「絶対に自分を見失うな…ってな。」



提督「約束してくれ。頼む」



初霜「もちろん…!」



吹雪「そのつもりです…!」



電「絶対に…言い続けるのです!」



提督「とりあえず家に上げろ…話はそれからだ。おれはてつだわんからな。」



電「わかったのです!行くのです!」



吹雪「わぁ待って!」



初霜「ふ…ふたりとも速いって!」



駆逐水鬼「」ズルズル



提督「ごめん俺も手伝うわ。引きずられ方が見てられない。」



信じたい


色々終わって


提督「あぁ…ちかれたー」



提督「まぁ怪我は直せるっぽいしいいか…」



川内「やっほー提督。」



提督「何…?どのへんから見てた?」



川内「割と最初から。」



提督「…どう思った?」



川内「どうも何も…けど…提督ってそういうとこあったんだなぁって…」



提督「甘いと思うか?」



川内「まぁね。」



提督「…電達の夢を否定するのも…流石にな…なにより…俺が見てた夢だったから。」



川内「提督…」



提督に「忘れてたな。俺が提督になった理由…。」



川内「そりゃ戦場に出てれば忘れもするよ。」



提督「…まぁ、次の世代に何かを任せるのも…悪くないってか。」



川内「あんたは…まだ次の世代に託しちゃいけないよ?まだあんたはやれる。そう信じてる。」



提督「なら…言い続けるか…それでもって…俺も。」



川内「そうしな。」



そりゃ慌てるって


2日後


武蔵「提督…なんか電が深海棲艦と遊んでいたんだが…」



提督「あいつもうそんなに元気になったのか…良かったぁ…」



武蔵「いいのか…?」



提督「あんま気にすんなよ。」



武蔵「相手は敵だ…ばれたら軍法会議物だぞ?」



提督「それでも…だよ。武蔵は不満か?」



武蔵「上官はお前だ。お前の命令ならきくさ…」



提督「あんがとよ。」


謎のような


提督「しかしな…なんで水鬼があんなところに…奴さんは少なくとも雑魚じゃねぇ。硬いし…それがあんなにボロボロになるって何があったんだ…?」



武蔵「他の鎮守府の攻撃にあって…」



提督「たしかにこの辺に鎮守府は少なくねぇよ…だからって…まぁ考えるのも面倒くさいわ…」



武蔵「…この愚夫め…」



提督「ヒデェな……しかし…馴染めるかねぇ…」



武蔵「まぁ、外に出さなければいいだけだ。鎮守府は…強かれ弱かれ、深海棲艦との和解を望むものばかりだからな。」

 


提督「なんで知ってるんだよ…って思ったがツッコまないでおくぜ。」



武蔵「そうしろ。」


適応力:A


電「すいちゃん!」



駆逐水鬼「ナニ?デンチャン?」



天龍「おぉ水!ちょっと手伝ってほしいことが…」



提督「馴染むの早すぎね?」



北上「そりゃ物珍しいしねぇ…しっかし、提督もまさか敵を匿うとは思わなかったよ。」



提督「そりゃどうも…」



北上「まぁ、それでいいよ。そっちのほうが提督っぽいし。」



提督「俺っぽいねぇ…」



木曾「そういえばお前、腕もういいのか?」



提督「あぁ、なんかいつの間にか治ってた。」



木曾「また適当な…」



提督「俺もそう思うぜ…。」


悪気のある悪口


駆逐水鬼「コノクッキーアマスギル…」



間宮「そんなに甘いかしら…」



駆逐水鬼「フトル…」



電「そ…そんなことないのです!」



提督「あれ…電…お前、前よりモチモチになってない?」



電「っ!」ゲシッ



提督「イタイ…ゴメン…」




ユメ


駆逐水鬼「ネエ。アナタ?」



提督「どうしたよ水鬼。」



駆逐水鬼「ドウシテアナタハ、テキノワタシヲタスケタノ?」



提督「…電に駄々こねられたから。」



駆逐水鬼「ホントウニソレダケ?」



提督「…わあったよ。本当はな…俺、提督になったのってある夢があったからなんだわ。」



駆逐水鬼「ユメ?」



提督「深海棲艦と人間が…いつか和解できるようにするって…そういう夢…いまの電みたいにな…」



提督「結局、色々あってその夢捨てちゃったんだけどなぁ…最近まで忘れてたし…」



提督「ほんっと…俺ってなんで戦闘狂いになったのか…」



提督「…水鬼?」



駆逐水鬼「Zzzzz……」



提督「寝たか…早いな…」



提督「おれもそろそろ寝て…」



天龍「おい提督!大変だ!」



駆逐水鬼「フニャ…」



提督「天龍!?どうした!?」



天龍「敵の大群がこっちに攻めてきてるらしい!早く出るぞ!」



提督「っ!…わかっ…」



天龍「何やってんだよ!ちび共はもう出てんだ!あの数はお前がいないと…」



提督「わかった…水鬼!一緒に来い!」



駆逐水鬼「エッ!?ナンデ…」



提督「頼む!」



駆逐水鬼「ワカッタ…」



後悔しないために



港湾棲姫「クチクスイキ…ドコ…?」



北方棲姫「チカヅクナ!カエレ!」




木曾「それはこっちのセリフだ!」



木曾(なんてタンカ切ってるけど…無理だな。提督がくるまで保つか…)



駆逐棲姫「…スイキ…ドコ…?」



戦艦棲姫「ワルイコトハイワナイワ。ハヤクカエリナサイ。コノグンゼイニカテルワケナイデショウ?」



タ級「ー〜、、。?!」



ヲ級「をー…」



レ級「イヒヒ…」



重巡棲姫「シズミタク…ナイ…デショ?」



軽巡棲鬼「エイエンニミナゾコヘシズムキョウフ…シリタイノ…?」



空母棲鬼「……シズム、?シズメ、?シズ…ミ…、タイ?」



木曾(っ…下手に戦っても勝てねぇ…ならいっそ…)



若葉「妙なことは考えないほうがいい。」



木曾「若葉!暁たちは!?」



若葉「後ろへ下がらせたよ…流石にあの子らに死に戦はさせられないし…させないよ。」



港湾棲姫「アラテ…ネ?ワルイケドモウカマッテラレナイノ…ドイテ…?」



木曾「悪いな…こっちも引けないんでな!本当の戦いってヤツをみせてやるッ!」



若葉「来るなら…最期まで来な…!行くぞッ!」



港湾棲姫「ソウ…ソレガアナタタチノカクゴ…ナラ…ココデテヲヌクノハ…ブジョクネ…」



戦艦棲姫「ミセテアゲル…ウミノソコノソコヲ…!!」



駆逐棲姫「ゴメンネ…デモ…ショウガナイノ…」



ドンッ



木曾「!?なんの音だ!?」



電『木曾さん!』



木曾「電!?どうした!?新手か!?」



電『ち…違うのです!提督が…提督さんがとんでもなくとんでもないスピードでそっちに向かってるのです!』



木曾「とんでもなくとんでもない!?」




港湾棲姫「アノ…ナニカアッタンデスカ?ナラナニカテツダイマショウカ?」




戦艦棲姫「シナクテイイカラネ?ナンデコレカラタタカウアイテノテツダイヲシヨウトシテルノ?」



若葉「…っ!?来る!」



提督「ッ!!」バシャッ



木曾「えっちょ!?ていと…なんか飛んでるし!?」



若葉「しかも重り(メイス)を持って…」




提督「避けろよ!!」ビュン



港湾棲姫「ッ!」ガシッ



提督「ほぉ…俺のメイスを受け止めるか…!」



港湾棲姫「ジャマナノッ!」ドンドン



提督「おっと、っぶねぇ…!?」ビュン




港湾棲姫「ワルイケド…シズンデ…ッ!」ガシッ



提督「ッ!メイスを掴んで!?」



港湾棲姫「ッッ!!」ビュン



提督(メ…メイスごと俺を投げやがった…!)



提督「っと!あぶねぇじゃねぇか!」バシャッ



提督「メイスもどっかいっちまったしよぉ!」ビュン



港湾棲姫「モラッタ!」ガシャ



提督「俺もだよ!」ガシャ



シーン



提督(…互いに艤装の銃口を向け合う…か…)



港湾棲姫(スコシデモウゴケバ…ウタレル…!?)



木曾「提督!」



電「提督さん!」



若葉「電!?なんでこっちに…」



提督「近寄るな!…よるなよ…」



北方棲姫「コウワン!ダイジョウブカ!?」



戦艦棲姫「スグニエンゴヲ!」



港湾棲姫「シナクテイイ!!」



シーン



提督「……。撃てよ…速く…」



港湾棲姫「コッチノセリフ…!ダッ!」



提督「……。」



提督「面倒だな」ポーイ



一同「!?」



引き金をひかぬ道



木曾「おまっ!?艤装を投げ捨てるってなんてことを…撃たれるぞ!?」



提督「ほら。俺は武器を捨てたぞ…お前も捨てろとは言わないが…攻めてソレを下ろしてくれ…話もできん。」



木曾「無視か!?」


港湾棲姫「……。」スッ



戦艦棲姫「…イイノカ?」



港湾棲姫「イイモワルイモアイテハマルゴシ、ソノキニナレバブキナシデカテルワヨ。」



提督「俺も甘く見られたもんだ。」



港湾棲姫「ドウヤラ…ハナシノツウジルアイテノヨウネ…」



提督「そいつはどうも…だ、用によってはこっちも何かしらのアクションを起こさせてもらうのも事実だ。何しに来たよ?」



港湾棲姫「クチクスイキ…ヲ…サガシニキタダケダ…ソコノカンムスヲシズメルキハナイシ、ヒトニキガイヲクワエルキハナイワ。」



提督「なんか後ろの人達が沈めるとかなんとか言ってたんだが…」



港湾棲姫「アレハショクギョウビョウミタイナモノヨ…アナタタチ…ゴメンナサイネ、オドロカセテ……」



木曾「あっはい…なんかこっちもすいません…」



若葉「謝ることはないと思うが…」



はじめの一歩


提督「まぁそれならいい…駆逐水鬼!出てきていいぞ!」



駆逐水鬼「…シンパイカケテゴメンナサイ…」



港湾棲姫「クチクスイキ!!ヨカッタ…ブジデホントウニヨカッタ…!」



電「よ…良かったのです!」



港湾棲姫「アナタガタスケテクレタノ…?」



提督「いんや?助けたのは、そこの電だ。」



電「なのです!?」



港湾棲姫「ソウ…イナズマチャン…アリガトウ…ホントウニ…!!!」ナデナデ



電「っ!!お礼なんて言わなくて大丈なのです!お役に立ててよかったのです!」



戦艦棲姫「エエコヤ…!」



軽巡棲鬼「ツレテカエリタイ…!!」



重巡棲姫「ダメダカラネ!?」



駆逐水鬼「デンチャン…スコシノアイダダケドアリガトウ…!タノシカッタヨ!」



電「私もなのです!」



見返り



提督「さてとそれで見返りの話だが…」



木曾「いい話を台無しにしてんじゃねぇよ!?」



提督「嫌だって一歩間違えられたら鎮守府解体で俺2つの意味でクビだし…」



木曾「いやいやいや!だからってなお前!」



港湾棲姫「イインデス…ナニガノゾミデスカ?」



提督「戦争をやめてほしい…と言いたいが…あんたらはそれに加担してなさそうだもんな…」



港湾棲姫「エェ…シンカイセイカンモ、イチマイイワデハ、ナイノデス…」



港湾棲姫「ワタシタチハヘイワニクラシタイダケナノニ…」



港湾棲姫「タタカイヲシカケタヤツラノセイデ、ワレワレモコマッテイルノデス…キガルニウミノウエニデレナイ…。」



提督「…大変だな…あんたらも…それじゃあそうだな…たまに魚を持ってきてくれ。」



港湾棲姫「サカナ…サカナ!?」



港湾棲姫「イエソノテイドナラモンダイナイノデスガ…チンジュフニ、チカヅクコトニナルノデスガ…イインデスカ?



提督「まぁこの辺は田舎だし人もほとんどいない。深夜に海から来ればバレることはほぼないだろうぜ。それに…」



駆逐水鬼「サビシクナル…」



電「きっとまた会えるのです!絶対!」



提督「あれを見て金輪際二度とここに近寄るなってのも…俺の心が持たないんでね…」



港湾棲姫「ワカッタ…ツキイチデモッテコヨウ。」



提督「頼んますわ。それじゃ今日はとりあえず解散ということで…」



港湾棲姫「…ハイ。ミンナーカエルヨー!」



ワーワーツカレターヨカッター



提督「大所帯だと大変そっすね…」



港湾棲姫「ナレタモノデス。」



お人好しは苦労するけど、いいことも多い


提督「みたいなことがあったのよ。」



武蔵「…それでか、妙に機嫌がいいのは…」



提督「そんなにいいか?」



武蔵「あぁ、面白いくらいだ。」



提督「まぁ…なあ…ちょっと前までの俺なら問答無用の滅殺だろうが…電にああいった手前な…」



武蔵「それでも…か…お前UC好きだもんな。」



提督「まぁ半分近く俺の本音だしな…あと…その…なんつーか…」



武蔵「…単純に港湾棲姫に惚れた?」



提督「だぁー!言うなよ!わかってるよ俺だって!俺ああいうタイプに弱いんだよ!」



武蔵「私はその港湾棲姫にあったことはないが…だいたいわかるぞ、どうせ母性がとかバブみを感じてオギャるとかそんなところだろ。」



提督「武蔵お前はそれを言うな…キャラ崩壊もいいとこだ…」



武蔵「あってるんだろ?」



提督「はぁい↑あってまぁーす↓チクショウ!!」



武蔵「ほんとに機嫌いいな…」



提督「遊ぶな俺で…」



章タイトル


提督「この季節茶漬けだわ…」



木曾「提督、お前それほぼ年中言ってる…」



提督「わさびが至高」



木曾「…あぁそうかい…」



章タイトル


提督「あぁ…暇だからウロウロしてるけど…みんな演習かぁ…」



ヲ級「ヲー…。」



提督「あっどうも…すごいナチュラルにいるじゃん…」



ヲ級「ヲーヲー!」



提督「いなずまカモン!」



電「のです!」



提督「翻訳!」



電「『北方棲姫がこっち来たんだけど知らない?だそうです!』」



提督「マジか…アトランタとかこのこと知らないからな…あいつマジで部屋から出てこないし…」



電「川内さん経緯で知っているのでは?」



提督「どーだろ…」



アトランタの部屋


アトランタ「……。」



北方棲姫「ホッポー!」



アトランタ「…お、お菓子食べる?」



北方棲姫「タベルー!」



アトランタ「何食べたい…?」



北方棲姫「ねりあめー!」



アトランタ「すごいチョイス!?」



社会的に死んでまう


青葉「バブみを感じてオギャる提督ー!」



提督「待てお前…それはアカン…洒落にならん…かんにんして…」



北上「いいじゃーん本当のことだし…」



提督「余計質悪いよ!」



青葉「まぁでもぉ?流石にその年で母性感じてオギャるみたいなのはちょっと…」



提督「…るっせぇよ…」ボソッ



青葉「え…?」



提督「うるっぜぇんだよ!!!!」



青葉「あう…」ビクッ



北上(やば…地雷踏みすぎたか…)



提督「悪いか!?こっちとらガキのころから愛情なんて注がれたことねぇんだよ!そういう人に魅力を感じて何が悪いよ!!」ナミダメ



青葉「ちょ…提督…泣かないでくださいよ…」



提督「ないで…ない!」ゴシゴシ



青葉「私も悪かったっですって。その…提督の事情も知らず散々なこと言って…」



提督「いや…おれも怒鳴って悪かった…ちょっと腹切する…短刀ある?」



北上「はいよ。」ノ短刀



青葉「ちょちょちょ!なんでそんなも…提督もきがえようとしないで!」


カラコン


提督「たまにはカラコン外すか…」



木曾「提督ってカラコンつけてたのか?」



提督「俺元の目の色が変でな。隠すためにカラコンつけてた。けど流石にもういいや。」ゴソゴソ


木曾「まぁ艦娘の目なんて個性の塊の色だもんな。」



提督「こんな感じよ…どうだ?」



木曾「うわ…白…?水色…?銀…?」



提督「何色かわかんねぇだろ?俺もわかんないんだわ…」



木曾「…なんかその…深海棲艦みたいな目だな…」



提督「だろ?それで結構いじめられてねぇ。黒のカラコンつけたんだわ。」



木曾「はええ…」



提督「やっぱ裸眼ってらくだわ。」


流派


ピンポーン


武蔵「客人か?」



初霜「客人…ですか?」



提督「そんな予定なかったはずだが…」



提督「どちら様ですか…?」ガチャ



??「なんじゃ。もうワシの顔を忘れたのか…」



提督「いや…覆面被って顔見えないんで…誰ですか?」



??「これは笑止…我々のこともわからないとは…」



??「これは…一つ仕置が必要かのう…!」ビュン



初霜(飛んだ!?)



提督「その動きまさか…し…師匠!?元帥の師匠ですか!?」



初霜(ししし師匠!?)


〜テテテテテテン♪

元帥「答えよ!『流派!東方不敗ハ!』」シュン



提督「『王者ノ風ヨ!』」ビシィ



元帥「『全新!!』」ズドドドドドドッ



提督「『系列!!』」バシバシハシバシバシッ



提督・元帥「『天破侠亂!!!!』」ズドバシズドバシズドバシズドォンッッ!!!



提督・元帥「『見ヨ!!東方ハ紅ク燃エテイル!!』」テーレレテッテッテッテッテーン♪



初霜(????)



武蔵「…長門音楽を止めろ…」



長門「うむ。」ピッ



提督「お久しぶりです。元帥の師匠!それに長門の姉御!」



長門「うむっ!ひさしいな!我が弟弟子よ!」



元帥「相変わらず勝手をやっているようで何よりじゃわい!!」



初霜「どういうことなの…?」



武蔵「あぁ…少し話そう…」



元帥神話


初霜「つまり…提督の師匠で…親代わり…ってことですか?」



武蔵「あぁ。かれこれ十年は一緒にいたと聞いている。」



初霜「十年も…」



武蔵「あいつは親からろくな愛情をもらえてないからな…親であり…尊敬する師でもあるん。」



元帥「腕はなまっておらんだろうな?」



提督「えぇ。何なら一戦しますか?」



元帥「ほう…タンカを切ってくれる…演習場へ行くぞ!」



武蔵「演習場の近くの娘達をみんなひなんさせろ!」



初霜「えっ!?あっはい!!!」



思い出話


元帥「フハハハハ!!!その程度の受け流しで我が脚技、いなせると思ったか!?」←空中に浮きながら連続で提督を蹴っている



提督「チィッ!しかしっ!その満身が命取りだっ!」←元帥の足技を拳で受け流している



元帥「言うようになったわ!この馬鹿弟子がぁッ!!」ズドドドドドドッ




初霜「あれって人間がしていい動きなんですか…?」



北上「普通は駄目だよ。普通はね。でもあの二人普通じゃないし…」



武蔵「あの人は私が大本営にいたときからあんなんだったからなぁ…」



初霜「えっ!?武蔵さんって大本営所属だったんですか!?」



武蔵「あぁ、相棒が提督になる三年前まではな。それでも天龍よりかは付き合いは短いが…」



天龍「まぁあいつの初期艦だからな。俺。」



初霜「普通は駆逐艦じゃないんですか?」



天龍「あいつが提督になったときにはまだ人手が無くてな。しょうがないんで俺が着任した…まぁ我ながら驕ってたよ…」



天龍「その驕りを提督にバッキバキの粉々にされたおかげで今の俺があるって言ってもいいんだが…。」



北上「というか意図的に傲った優等生が送られてんのよねここ…アタシもそうだったし…」



若葉「懐かしいな。」



武蔵「着任したて…いい思い出はないな…」



初霜「なるほど…」



天龍「だから正直お前達駆逐艦がキラキラ過ぎて眩しい。」



初霜「えっ!?」



木曾「まぁ初霜や吹雪、第4駆逐はみんないい子だからな…昔の自分と重ね…重ね…」



木曾「…」カァ…///



木曾「グフ…」バタン



北上「あかん木曾があまりの恥ずかしさに倒れた…」



天龍「まぁ木曾は別な意味で酷かったからな…【我こそ群海の支配者木曾である!我が聖なる鉛の一撃、耐えられるものなら耐えてみるが良い!】とか平気で言ってて…」



木曾「やめろォ!やめろ天龍!!!」



元帥「これで終いよぉ!」トビゲリィ



提督「ガアァァァァァァァ…!!!」ビューン



ガッシャーーン




北上「あかん提督が元帥殿にふっ飛ばされて鎮守府へ激突した!?というか鎮守府に穴あいてんだけど!?」



武蔵「あいぼーーう!!!???相棒生きてるかぁ!?」




元帥「……あかん。」



長門「…総司令…やりすぎだ…」



元帥「すまん…想像以上に強くなってて…楽しくなっちゃって…」



長門「治すぞ…しっかりと…」



元帥「うむ…至急妖精さん手配してくれ…」



異能生命体



祥鳳「総司令…久々に愛弟子に会えるというのです興奮していたのはわかります…。護衛の我々を先おいて長門さんと先に鎮守府に到着するのもいいでしょう…。」



祥鳳「ですけどね!なんで鎮守府壊しちゃうんです!?しかも愛弟子を玉にサッカーをして!長門さんも止めてくださいよ!」



長門「いやもうほんとに面目無い…」



元帥「正直すまんかったと思ってる。」



提督「まぁまぁ…俺もわかっててやったことだから…それに俺もほら。五体満足だし。」



祥鳳「それもそれで結構おかしいですからね!?」



明石「いや…ウチの提督どんな怪我をしても高速修復材使えば普通に治るので…」



祥鳳「あれって人間に使えるんですか!?」



元帥「使えるぞ。あれは人間や艦娘の治癒力と言うものを極限まで高めて傷や疲労を回復するからな。おまけに副作用なし。病気には流石にきかんがな。」



提督「まぁ普通の人間に使ってもせいぜい折れた骨が元に戻るまで短くなるって程度だけど…艦娘の治癒力はすごいから傷とかもすぐに回復する。」



祥鳳「つまり…?」



長門「こいつはデフォルトて艦娘なみの治癒力を持っているということだ。」



祥鳳「貴方人間ですか!?」



提督「多分…?」



祥鳳「なんで疑問形!?」



提督「正直俺も魚雷が至近距離で爆発して生き延びたときから本当に人間なのかなって疑ってる。」



祥鳳「気が狂いそうですよ……。」


みんな本題忘れがち



提督「それで結局何しに来たんですか?師匠。」



元帥(あぁ、この書類を渡しにな。」ノ書類



提督「…なんか塩水に濡れて読めないんですが…」



元帥「あっ」



提督「その…すごい僭越なことを言いますが…師匠って時々ものっそいアホですよね。」



元帥「ぐっ…弟子の正論が痛い。これでも指揮は的確なつもりだが…」



提督「長門の姉御に指揮丸投げして自分は前線に突っ込んでるって聞きましたが…長門の姉御が飲みの席で愚痴ってましたよ?」



元帥「ぐっ…まぁいい。要件は口で伝えよう。近いうちに何人かこっちに艦娘送る。」



提督「いいんですか?」



元帥「正直人足りてるのでな。」



提督「まぁウチも空母が鳳翔さんしかいないので良かったですが…。」



元帥「まだ空母入れておらんのか…そのうち回しておこう。」



提督「正直ウチのエースで空母無しでもどうにかなりますから…。」



提督「というかそれだけのために態々こっちへ…?」



元帥「うむ。あとそれと話したいことがあってな。」



提督「話したいこと?」



元帥「お前最近深海棲艦出入りしてるだろ。」



提督「」ダラダラ



提督(ばっ…バレてたァァァァ!!!!!)



元帥「うむ。これからはもっとバレぬようにしておけ。」



提督「えっ?お咎めなし?…ですか?」



元帥「まぁ…正直ワシも和解望んどるし。」



元帥「それにお前のことじゃ。どうせ怪我してる深海棲艦救って懐かれた…とかじゃろ。」



提督「………。いや、俺も忘れてたよ。」



提督「俺が提督になった理由…うちの若いのが止めてなかったら…俺は多分…止めを指してた…」



元帥「……。」



提督「まだまだおれも未熟の証だな!…精進しないと…!」



元帥「当たり前じゃ。お前ん歳で一人前になんかなれるか。」



元帥「若ければ迷うことも…原点を忘れることもあるだろう…これからじゃ…これからじゃよ。お前は。」



提督「師匠っ…!」



元帥「修行してた頃を思い出すのじゃな…それじゃワシはそろそろ帰るぞ!」



提督「えぇ!お元気で!」



鎮守府は今日も血の気溢れ出てます。


提督「ってなわけで結構な人数が鎮守府へ着任するからそのつもりでなぁー。」



天龍「新しい奴らか…この鎮守府についてこれんのか?」



北上「ついてこれずにやめたやつ結構多いから…」



提督「てめぇらがスパルタスレスレのことやるからな…怒られんの俺だし新入りにマジで申し訳なかったんだぞ!?」



北上「すんません…」



天龍「悪かったと思ってる。」



提督「まぁ師匠が送ってくれるってことは何かしら光るものを持ってるってことだ。一気に来られると面倒だから分けて送ってもらうことにした。」



木曾「荷物みたいに言いやがる…」



提督「辺に大人数抱え込んで一人ひとりの癖がわかりませんとか洒落にならん。…俺が合わせられん。」



天龍「お前も合わせられないにお前にも合わせられない…お前頑張れよ。」



提督「合わせる側は俺か…」


新兵器



明石「テイトクー」



提督「どうした明石。」



明石「例の腕部装着型ネイルに新武器追加しましたぁー。」



提督「どんなの?」



明石「まず肩部分に刃を追加しまして…これをワイヤーで伸ばしておまけに自由に扱うことができます。」



提督「それ使えるのか?」



明石「まぁ提督ならなんとか…」



提督「お前は俺を便利アイテムだとでも思ってるのか?」


再開?


??「ふふっ!ついに着任先が決まったくま!」



??「姉さんがどこに着任しても艦娘をボコボコにしちゃうからにゃ…もう少し節操を学ぶクマ…」



球磨改二「ふふっ!いってろくま!さて!ここの提督はどこかくまぁー?」



多摩改二「……?なんかあっちの方で音がするニャ…」



球磨「演習中かくま?ならちょっと乱入を…」



提督「喰らえや天龍!!元帥師匠直伝!天海極烈脚」ズババババ



天龍「おまっ!空中で連続で蹴ってくるんじゃねぇ!あぶねぇだろ!」



提督「どつちがぁ!?」



天龍「どっちもぉ!!」



多摩「……見知った顔ニャ。」



球磨「なんであいつここにおるくま…」



馴染み


提督「まさかお前らとはな…球磨…多摩…」



木曾「姉さんたちと知り合いなのか?」



球磨「軍学校時代の同期くま!」



多摩「もっというと子供の頃からの幼なじみ的な奴にゃ。」



提督「相変わらずちっちぇなあお前ら…」ポスポス



多摩「やめ…やめろにゃ!」



球磨「くまぁ〜。お前がおっきなだけだクマ!」



木曾「いや…姉さんたちはちっさいよ…末っ子の俺よりも小さ…」



球磨「うるっせぇくま!平均だくま!艦娘がでかいやつが多いだけくま!」



提督「つーかお前の制服腹出しすぎだろ。」ツンツン



球磨「ヘソツンツンすんじゃねぇくま!お前これ球磨じゃなかったら憲兵に捕まってんぞくま!!」



提督「ふっ…俺が憲兵にやられるか!」



多摩「長門の姉御呼ぶにゃ。」



提督「すんませんマジ勘弁してください…ほんの…ほんの冗談じゃないっすか…」



球磨「お前ほんとに長門の姉御に弱いくま…」



提督「姉御のシゴキは思い出しただけで…あぁ…」ブルブル



木曾「そ…相当やばいんだろうな…」



多摩「多分死人が出てないのが奇跡にゃ。」



古い関係


天龍「なんだ、新入りってお前らだったのか。」



球磨「相変わらずでっけぇクマ…色んな意味で…」



多摩「球磨がないだけにゃ…」



球磨「聞こえてるぞくま。多摩だって似たようなものくま!」



多摩「胸は球磨よりあるにゃ。」



球磨「くまぁぁぁぁ!!!!(憤慨)」



天龍「そこまでにしとけよ…」



木曾「というか天龍も知り合いなのな…」



天龍「まぁ提督の馴染みだからな。俺と武蔵と若葉、あと川内とアトランタも知ってるはずだ。」



木曾「川内はともかく…アトランタ…?」



提督「川内もアトランタも比較的古参だからな…大本営が送ってきた。」



木曾「はえぇ…」


期待は相手に伝わりにくい


提督「そういえばお前ら、なんで異動になったんだ?こんな田舎よりも行く宛なんていくらでもあるだろうに。」



多摩「球磨が調子に乗って着任先の艦娘をボコボコにして心折らせたからにゃ。」



球磨「…正直本当に申し訳ないと思ってるくま。でも、あの娘たちには悪いけど戦闘に対する甘えが見えたくま。あぁいう子は遅かれ早かれ挫折することになるくま。」



提督「正直その子には同情するな…まぁお前が期待してたからこそなんだろうが。」



球磨「まぁ傍からみればただのイビリにしか見えなかっただろうな…まぁでも立ち直ったのなら相当強くなってると思うぞ?それができるだけの才能があったからな。…まぁ私の教え方が厳しすぎたのも本当だけどな。」



多摩「球磨、語尾。」



球磨「あっ…クマ~!」



提督「お前って考えてるようです考えてなくてやっぱり考えてんのな…ややこしいわ。」


姉妹



球磨「しかし…このメンツで大井がいないのが寂しいくま…」



北上「大井っちねぇ…」



木曾「大井姉さん北上姉さんの話題になるとどっからかわいてくるからね…」



多摩「…『あっ!北上がストリップダンスしてるにゃ!!』」



北上「はぁ!?」



大井「どこ!?どこですか!?」シュタ



球磨「どっから湧いてくるくま!?」



新兵器【連装砲さん】



明石「か…完成しました…新兵器…です…」



夕張「バタンキュー…」



提督「お前ら無理し過ぎだろ…別に倒れるまでやらなくても…無理やり開発しろって頼んだ覚えもねぇし…」



明石「い…いえ…提督の役に立つと思ったら…手が…進んじゃって…ごめんなさい」



提督「……おう。別に怒ってないけど、もう少し体、大事にしろよ?」



明石「か…かしこ…ま…です…カモン!妖精さん!」



夕張「イェーーーー!!!!」



提督「お前ら本当はまだまだ余裕だろ。」



妖精「わー。」



??「ガコ…ガコーピーピー」



提督「…何…これ…」



明石「これが提督専用に開発した新兵器…【連装砲さん】です!」



提督「連装砲!?これが!?俺の知ってる連装砲じゃねぇぞ!?」



連装砲さん「ピーガガガピーピーピピピー」



提督「なんか黒いしキューブ型だしキャタピラだし赤いモノアイだし!なんかモールス信号打ってくるし!」



明石「これすごいんですよ!?連装砲さん!天開!」



連装砲さん「ピーガガガ」ガシャガシャガジャン



提督「うわっ開いてなんか出てきた!?なにこれ…銃口…?魚雷!?」



明石「背中には提督のメイスや太刀、ハンマーやら腕部装着ネイルを格納可能!」



夕張「もはや動く武器庫!」



提督「キャタピラは…?」



明石「キャタピラは横になって…ホバーの要領で海上でも陸上でも動けます!」



提督「流石天下の明石…とんでもねぇバケモンを作って…」



明石「こんなのワンオフものですよ…もう一度同じ出来のものは作れません。」



提督「だろうな…今度の出撃で使ってみるわ…」


章タイトル


ある戦闘海域


提督「というわけで連装砲さんです。」



天龍「絶対違う…それは連装砲じゃない…新手のジオンの兵器だ…」



連装砲さん「ピーガガガ」ガシャガシャガジャン



連装砲「ピピピーピーピッガガガ」ドンドンドンバキュンバキュン



ハ級✕8くらい「ぐぁごが………」



天龍「連装砲じゃねぇよあんなん!」



提督「明石驚異のメカニズム…使えるな…」






提督「そろそろ連れ戻すかぁー…」



木曾「何をだ?」



提督「俺のペット。」



木曾「何!?ペット飼ってたのか!?」



球磨「そういえば色々可愛がってたくま…」



提督「あぁ、この鎮守府にもいるぞ?」



木曾「見たことないが…」



提督「ついてきな。」


設備費のほうお金はかかる


中庭


提督「色々あった中庭だ。プランターとか花壇とかもある。あと温室も…」



木曾「相変わらず空気美味いなここ…」



球磨「や…野生が呼び起こされるくま!」



提督「ほらあそこ。あの池。」



ミドリガメ達「……」



提督「放し飼いしてんの。勿論一匹たりとも外へ逃したことはない。」



木曾「はえぇ…」



提督「あと…あそこの木、見てみろ。」



木曾「木…?」



ミミズク「……」ジッ



木曾「ひっ!?」



球磨「ミミズク!?」



提督「元は元帥師匠の飼ってたミミズクだったんだけどな。何故かめちゃくちゃ俺になついたから譲り受けた。」



球磨「逃げないのか球磨?」



提督「こいつの一族自体ずっと昔から人に世話されてた一族でな?ここにいれば人間と一緒にいれば餌をもらえるっていうのが完璧に染み付いてるから逃げないんよな…。足にGPS付きのリングもかけてるし、呼べばくるしな。」



提督「おーい!」ピュー



ミミズク「ッ!!」バサッ



ミミズク「っ……」スタッ



木曾「腕に止まった!」



提督「まぁ普通なら飼うのは難しいどころの話じゃないけどな…部屋1つ渡すくらいの気合いは無いとままならん。」



球磨「おぉ…なれてるくま…触っても怒らん…」



ミミズク「……」クックー



伝書ミミズク


木曾「しかしミミズクか…飼おうとは思わんが…かっこいいな…」



提督「本当はもう一羽いるんだが…そろそろかな…」



ミミズク(雌)「クックッー」



木曾「あっ来た…」



提督「このミミズクのつがいだ。このオスの方と同じ理由で人にはなれてる。」



ミミズク(雄)「クルルッ」(*´∀`*)


ミミズク(雌)「クルックルッ」(*^▽^*)



木曾「かわいいな…」ナデナデ



ミミズク(雌)「クルッ!?…クルルックルルッ」(´vωv`*)



提督「ん?珍しいな…こいつが初対面の人間に素直になでらせるなんて…」



球磨「くまぁー」ソーット



ミミズク(雌)「グルルッ」(# ゚Д゚)



球磨「いてっくま!突かれたくま!」



提督「お前、暇な時でいいから世話してみるか?」



木曾「い…いいのか?」



提督「あぁ…でもお前冷凍マウスとか苦手そうだもんな…裁かなきゃならんし…」



木曾「安心しろ。お前が出た戦闘海域の跡地のほうがよっぽどグロい。」



提督「はは…世話かけるなぁ…まぁ、なれるまでは俺も手伝ってやる。」



木曾「うむ…そういえば名前はなんと言うんだ?」



提督「雄がエン、雌がエイだ。」



エン「クルルッ!」( ゚∀゚ )


エイ「クククルアッ」(*'ω'*)


木曾「これからよろしくな!エイ!エン!」


好きなことに関しては何でもできる。


提督「えぇっと…まず部屋をいくつか用意して…んで苦手なことのために施錠もしっかりと…そういえば中庭で使ってないスペースが…いっそあそこを…」



武蔵「…あいつ…あんなにテキパキ仕事できたか…?」 



天龍「自分の大好きな生物の飼育系のことだからな…気合入ってる…」



多摩「まぁ…昔っからバイト代は全部飼育してる子達のために使ってたにゃ…あのときの笑顔は眩しかったニャ…」



提督「〜〜♪」


戦督



暁「失礼するわ!遊びに来たわよ!提督!!」



提督?「……」



暁「あり…?提督?」



提督?「遊びかぁ…?いいぜぇ…血と肉が喚き擦れ臭ってゆく…そんな狂っちまいそうな遊びをしようぜ…なぁ?あかつきぃ…?」



暁「ピッ…」バタン



暁「何あれ何あれ何あれ!?」



多摩「あれは提督の第二人格…その名も戦督にゃ…」



暁「戦督!?」



多摩「提督の戦闘狂の部分だけを切り取った人格にゃ…滅茶苦茶荒くなるニャ…月一であの人格が出てくるのニャ…」 



暁「し…知らなかった…そんな厨ニな能力を持ってるなんて…」



多摩「あれに近づいちゃだめニャ…距離を取るのニャ…」



冷督


初霜「提督!失礼します!」



提督?「………。」



初霜「こちらの書類を届けに…」



提督?「いいよ…そんなの…」



初霜「え…?」



提督「…それよりも…今日は天気が悪い…戦わないか?初霜…」



初霜「えっ!?無理です無理です!8秒でミンチになるます!」



提督?「大丈夫…4秒でおわらせるから…なぁ?俺とさいっこうに楽しい戦を…」



初霜「わぁぁぁ!」バタン



初霜「あ…あれは一体…」



球磨「あれは提督の第3人格…冷督くま…」



初霜「第三!?冷督!?」



球磨「静かな割に冷徹で残忍。態度に似合わないエグい殺し方をするくま…」



初霜「こ…怖いです…」



球磨「あの提督が多分一番危険くま…」



章タイトル



提督「最近は落ち着いてから出てこないと思ってたんだが…」



武蔵「お前も大変だな…」



提督「戦の方はまだいいが冷の方が洒落にならん。あれ鈍感のレベルじゃないから知らんうちにセクハラ(無資格)するしむちゃして体壊すし…」



武蔵「…やばいな…知ってたが…」



提督「幸い満足したらすぐ引っ込むのがいいところだ…正直やってられん。」



武蔵「まぁまぁ…」



提督「あぁ、いい忘れてたが近いうちに大本営へ行くから。」



武蔵「なにか不都合か…それとも任務が?」



提督「元帥の師匠に呼ばれたからな。出ないわけにゃいかんのよ。」



武蔵「気をつけろよ。」



提督「道中は大本営から迎えが来るが?」




武蔵「向こうの艦娘はお前のこと怖がったりしてるやつも多いがそれと同じくらい慕ってるやつもいるからな…」



武蔵「何かあったら倫理的にかなわん…」



提督「…冷の人格が出ないようにするわ…」


出張の日


提督「さてと…!迎えも来たし大本営言ってくるわ。」



天龍「気をつけろーよなぁー。」



提督「妙にやつれてたら察しろよなー」



天龍「お前の場合ありえないわけじゃないから割とまじでやめろ。」



提督「んじゃあ行ってきますっと。」



天龍「おう。留守は任せとけー」



やってきてしまいました



提督「ついたー!大本営!」



長門「よく来たな!弟弟子!」



提督「長門の姉御!この前ぶりです!」



長門「すまんが元帥殿は出撃で不在なのだ…まぁ室内を自由に回ってくれ。」



提督「師匠も老体なのに…流石ですね!」



長門「先行グセは治ってないかな…」



章タイトル



提督「とはいっても…よる場所もないし…待合室とかないのか?まぁ暇なだけだが…」



オーアレガウワサノ…コウテツノケモノ…



??「あっ!あの!!」



提督「ん?」



??「れ…例の横須賀の鎮守府の方ですよね!?」



提督「横須賀…?あぁ、俺が着任してるのって横須賀か…」



??「ご存じなかったんですか!?」



提督「だいぶ田舎で端の方だからねぇ…横須賀って感覚ないの…町田みたいなもんよ…」



??「わかるようなわからないような…」


章タイトル


提督「あぁ…それで?なにかごよう?」



??「あっあの!直接へ戦場へ向かうって噂の…あの提督ですよね?メイスとか持って!」



提督「あぁ…戦場へでる提督なら他にもいるが…メイス持ってるってなると俺だな…」



秋月「そうですよね!?あっ!申し遅れました!私、秋月型一番艦秋月と申します!その…私…貴方のふぁん…?というものでして!」



提督「ふぁ…ファン…?」



秋月「はい!ほら!初月も!」



初月「姉さん…僕は大丈夫だから…」



秋月「そう言わないで!私達、貴方の戦闘時の動画を見せていただいて…その動きを少しでも再現できるようにしたくて練習してるんです!良ければ少し見ていただけますか!?」



初月「姉さん…ちょっとがっつきすぎだって…いきなり色々と申し訳ない…」



提督「いいよいいよ!そこまで言うなら見せてくれ!俺も大本営の艦娘の力…少し気になるしな…!」



初月「三軍ですよ僕らは!」



章タイトル


秋月「初月!大丈夫!気合い入れていくよ!」ビューン



初月「あぁ!」ビューン



提督「…フム…」ガキガキッドンドン



元帥「待たせたの!…?一体誰の訓練を見て…あぁ秋月と初月か!あの二人は訓練生卒業したてじゃが…なるほど、いい動きをしておる!」



提督「すいません師匠…唐突で悪いのですが…あの二人ウチに貰えませんか?」



元帥「ほぉ?お前からねだるとは…」



提督「俺の動きを学んで再現しようとしてる…とは聞いてましたが…まさかここまで再現されてるとは…連携も良く出来てるし…基礎体力を仕上げれば相当いいのができますね…正直俺が見てやりたくてたまらないですよ…!」



元帥「ほぉ?お前がそこまで言うとは…まぁそこまで言うのならあの二人さえ良ければお主に任せても良いが…」



提督「ありがとうございます!」



元帥(……しかし確かに動きはいい…荒削りではあるが…訓練生卒仕立てでこやつの動きをここまで再現するのは…相当学んだか…才能か…)