2018-01-30 19:54:41 更新

概要

鎮守府のすぐ隣にあるお店で働く鳳翔さんの日記です。


前書き

鳳翔さん可愛いよ鳳翔さん。
この作品の中の提督は「俺が鎮守府の提督に?」の提督とは別人になります。
艦娘の呼称などが違う場合もありますが仕様です。
登場キャラ、お料理のリクエストはコメントにどうぞ。



【プロローグ】



皆さん、こんにちは。初めましての人がいらっしゃいましたら初めまして。


航空母艦、鳳翔です。


私は今、先日の進水日に提督がプレゼントしてくださった食事処を営んでいます。


工事中は提督からは「倉庫を作っているんです」と伺っていたので、サプライズでこの食事処を頂いた時は、嬉しさのあまり泣いてしまいました。


思い返すと少し恥ずかしいですが、私たちの提督は本当に素敵なお方です。


いつも私たち艦娘のことを第一に考えてくれる人で、その優しい目を見るだけで私は安心することができます。


あの人が私たちを信頼してくれるからこそ、私たちもあの人を心から信頼しているのです。


あら、少し話がずれてしまいました。


この日記は、この食事処で見ることのできる、みんなの笑顔、泣き顔、しょんぼりした顔、情けない顔、たくましい顔、嬉しそうな顔を書き綴った、そんな日記です。


もしお時間があるのでしたら、少しお読みになっていってください。


きっと、あなたも私たちの鎮守府に、そして御食事処「鳳翔」に足を運びたくなるはずです。




【鮭フレーク入りあったか茶漬け】


「〜〜♫」


鎮守府での宴会が終わり、今はフタフタマルマル。


駆逐艦の子達をはじめとした、夜に弱いみんなが眠り始める時間です。


私はいつも日付が変わるくらいの時間まで起きていますから、この時間はまだまだお仕事をします。


毎日遅くまで起きていると提督に怒られたりもするんですけどね。


「鳳翔さんも、周りのみんなだけじゃなく自分の体も大事にしてください」って。


提督はいつも私たちを気遣ってくださいます。


そう言う提督自身も、みんなが眠ってからこっそり装備の調整をしたり、旗艦の子の分の書類仕事をこなしたりしているんです。


そんな提督のためなら、この身を尽くして差し上げたいと思うのは当然でしょう。


そんな提督は、今も私の手伝いをしてくださっています。


「鳳翔さん、食洗機回しますね」


「はい、お願いします」


この食事処は、外からの入り口とは別に、鎮守府とも繋がっています。


なので講堂で行われた宴会の食器などは、みんなでこの食事処に運んで後片付けをしているのです。


本当は私1人で済ませるつもりだったのですが、提督が「今日は書類仕事も無くて暇なので手伝いますよ」と仰ってくださったのです。


私は「それなら今日くらいはゆっくりなさってください」と言いましたが、提督は手伝うと言って聞きませんでした。


嬉しくもあり、少しだけ不安でもあります。


提督はあまりにも優しいから。


「……鳳翔さん? どうかしましたか?」


「あ、いいえ。すみません」


いけません、手が止まっていました。


とりあえず、今は提督のご厚意に感謝してお皿を洗ってしまいましょう。



〜しばらくして〜



2人でやったおかげで、後片付けはあっという間に終わりました。


「お手伝い、本当にありがとうございました」


私が軽く頭を下げると、提督は優しい声色でこう言います。


「いいですよ、お礼なんて。むしろ僕の方がお礼を言いたいくらいです。いつもいつも、宴会の日にも、みんなのために美味しい料理を作ってくれてありがとうございます」


そう言われることが、私にとってどれだけ幸せなことか。


提督はいつもこうです。


「もう……そんなに褒めても何も出ませんよ?」


少し上機嫌でそう言うと、提督は軽く笑って言います。


「いいですよ。ただでさえ鳳翔さんには色々貰ってばかりですから、これ以上何かしてもらったら僕の立場がありません」


謙虚にも程がある、時々私はそう思います。


もちろん悪い意味ではありません。


この鎮守府にいる艦娘全員が、提督の優しさに救われて生きているのに、それでも提督は「自分は何もしていない」と言うのですから。


少しはご自分の素晴らしさを認めたらいいのに、なんて思うこともあるのです。


「相変わらず謙虚ですね」


「慢心は軍人の大敵、ですからね」


「ふふ、その通りですね」


私は後片付けに使ったタオルやスポンジを元あった場所に戻しながら、提督に尋ねます。


「提督、この後はどうなさいますか?」


「この後……そうですね、予定は特に無いですが……」


心の中で小さく「やった」と呟きます。


提督はご多忙ですから、なかなか2人で言葉を交わす機会も無いのです。


「でしたら、少しお話でもしませんか?」


「分かりました、じゃあお言葉に甘えて」


提督が調理場を出てカウンターの席に腰掛けます。


私は湯のみと急須を持ってその隣へ。


コポポポポ……と、いつ聞いても心地の良い、お茶を注ぐ音。


ふんわりと香る、緑茶の匂い。


提督はうっとりしたような顔で見つめています。


「はい、どうぞ。熱いのでお気をつけて」


「いただきます」


2人並んで、ふー、ふー。


少しづつ、ずずず、と緑茶を啜ります。


まだ12月、ヒーターがあってもお店の中は冷えます。


ですが、それも温かいお茶を飲めば安心。


「ああ、あったかい……」


ほうっ、と息をつく提督。


私も同じく一呼吸。


「この鎮守府も、ずいぶん大きくなりましたね。食器の数もたくさんです」


「そうですね。最初は僕と鳳翔さんだけだったこの鎮守府も、今や寮が5つもある大きな鎮守府になって。人が増えるってのも楽じゃありません」


苦笑いしながらそう言う提督ですが、そのお顔はとても楽しそう。


私も釣られて表情が綻んできます。


そして、やっぱり私たちの提督は素敵なお方です。


提督は私たちのことを何のためらいもなく「人だ」と言います。


提督にそのことの素晴らしさが分からなくても、私たちには分かるのです。


「私は、今のここでの暮らしが幸せです。どんなものとも変えられないくらい。提督はどうですか?」


「もちろん僕だって幸せです。みんながいるだけで僕は頑張れる。みんなが笑ってくれるだけで、僕は努力できる。この鎮守府は、僕の宝物です」


「……」


提督の答えは、何となく予想は出来ていました。


もちろん嬉しいし、私だって同じ気持ちです。


けど、ちょっとだけ不服です。


「提督、みんなみんなって言いますけど……」


「はい?」


ああ、私ってなんて嫌な女なんでしょう。


「私のことも見てくださいませんか?」


「……」


提督は少し驚いたような顔をしました。


けれど、私だって何もせず提督にくっ付いていた訳じゃありません。


提督がここにきた時から、ずっとお側に居たんです。


もう少し構って欲しい。


「……はは」


「な、なんですか?」


恥ずかしいことを口走ってしまったと後悔する私の横で、提督はクスクスと笑い始めました。


「いや、鳳翔さんにもそんな可愛いところあるんだなって思いまして」


「ッ……!?」


不意に可愛いと言われ、そして再三自分の恥ずかしい言葉を思い出して私は顔が真っ赤になってしまいました。


どうしようもなくて俯く私の頭を、提督は優しく撫でてくれました。


そして提督はこんなことを言うんです。


「ちゃんと伝えられなくてすみません。でも、僕はちゃんと鳳翔さんのこと見てますよ。ずっと一緒に居るんですから」


手のひらから伝わる提督の体温。


言葉から伝わる提督の優しさ。


それらが私の心を暖めてくれます。


年下の男の子に頭を撫でられるなんて恥ずかしい経験ですが、これは病み付きになりそうです……。


そんな時。


ぐぅ〜。


「あっ」


提督のお腹が鈍い音を立てました。


「提督、お腹空いたんですか?」


「……すみません、実は宴会ではあんまり食べてなくて」


提督のことです、きっと艦娘のみんなに食べ物が行き届くように気を遣っていたら、自分の食べる分が無くなっていたのでしょう。


「ふふっ、仕方の無い人ですね。何か作りますよ」


「おお、ありがとうございます!」


分かりやすく明るくなる提督の表情。


提督はそういう性格なので、考えている事が顔に出るのです。


「今あるものだと……これと、これ……」


それでは、簡単にレシピを。


まず、お茶碗に7割ほどご飯を盛り付けます。

温かいものでも、冷たいものでも構いません。そこはお好みでどうぞ。


次に、ご飯の上に刻み海苔、天かす、鮭フレークを散らします。


これだけでも充分な味が出ますが、少し濃いめがいいという方はここで塩胡椒やお醤油を少し加えるといいでしょう。


あとは熱い緑茶を注ぐだけ。よくかき混ぜて、やけどに気を付けて食べましょう。


「はい、お待ちどうさまです」


「おお〜!」


提督ったら、目をキラキラさせて、まるで子供のようです。


こんな簡単な品でも、こうして喜んで貰えるとすごく嬉しく感じます。


「頂きます!」


ふー、ふー。ざくざく。もぐもぐ。


今回はお夜食ということで、味付けは鮭フレークだけ。


ですが充分な味は出ているようです。提督のお顔を見れば分かります。


天かすもいい具合に食感のアクセントになっているようです。


「うま〜……」


再びほうっ。


冬場に食べる温かいものって、どうしてこう美味しいのでしょうね。


少し経つとお茶の温度も適温に。


そうなったらあとは勢い良くかき込むのみ!


小さめのお茶碗はすぐに空っぽになりました。


「ご馳走様でした!」


「はい、お粗末様です」


ご飯粒の1つも残っていないお茶碗を軽く洗って片付けます。


その間も提督は湯呑みに注いだ緑茶の美味しさに浸っていました。


そんなこんなで、時刻はフタサンマルマル。


夜も更けてきて、提督も少し眠そうです。


「くあぁ……ふう」


「そろそろお休みになられますか?」


「そう、ですね……。明日も平日ですし、今日は寝ようかな……」


「今日も冷えますから、ちゃんと暖かくして寝てくださいよ?」


「は〜い……」


提督は目元を擦りながら店を出ていきます。


そんな後ろ姿を、少し名残惜しく思いながらは私は見つめるのです。


すると、提督が振り向いて一言。


「お茶漬け、すごく美味しかったです。また夜に、来てもいいですか?」


「はい、もちろんです」


即答で言うと、提督はまた嬉しそうな顔をしました。そして、軽く会釈をして鎮守府の自室に戻っていきました。


誰も居なくなったお店の中に、1人。


「よーし、明日も頑張るぞ!」


明日はどんなお客さんが来るでしょうか。




【3種のふんわりホットケーキ】



「ほ、鳳翔さん! お願いがあるの!」


小さな体を目一杯使って、調理場にいる私に訴えかけるのは、今日の小さなお客さん。


そんなことを言ったら拗ねてしまうかも知れませんけどね。


「お願い? どうかしたの? 暁ちゃん」


第六駆逐隊のお姉ちゃんの、暁ちゃんです。


とっても妹想いで、大人なレディーを目指す明るい女の子。


そんな暁ちゃんのお願いなら、恐らくは姉妹の子達が関係することでしょう。


「響たちが、ホットケーキを食べたいって言ってたの。だけど私たちのお小遣いじゃ街のお店に行くには足りなくて。司令官にお願いすればきっと足りない分も出してくれるけど、それじゃまた司令官に甘えちゃうから……」


確かに、提督にお願いすれば間違いなく足りない分のお金を工面してくださるでしょう。


あの人はそう言うお人ですから。


ですが、暁ちゃんはそれじゃあ納得が出来ないようです。


頼れるお姉ちゃんとして、自分で何とかしたいと思ったのでしょう。


「分かりました、私が手伝いますよ」


「ほ、ほんと!? ありがとう鳳翔さん!」


弾けるような笑顔に、クスリと小さく笑ってしまいます。


小さな子の無邪気な笑顔というのは、どうしてこう胸が暖かくなるのでしょうか。


「それじゃ、明日の同じ時間にここへ来てください。材料は用意しておきますから」


「ありがとう! あの、お金は……?」


少しだけ不安げに尋ねる暁ちゃん。


私たちからすれば十分立派なレディーです。


提督もきっと同じことを仰るでしょう。


「今回は暁ちゃんも料理を作る側。だからそのお金は、また姉妹のみんなで何かする時のためにとっておいてください」


「鳳翔さん……!」


パァァ、と表情が明るくなっていきます。


そんな素直な暁ちゃんに、また軽く笑ってしまいます。


何度もお礼を言いながら走り去る暁ちゃんを見送りつつ、冷蔵庫と戸棚をガサゴソ。


ホットケーキなら、卵と牛乳、それとホットケーキミックスと……。


良かった、アレもちゃんとありました。


「せっかくだし、他にもいくつか買いに行きましょうか」


「お買い物ですか? 良かったらお供しますよ」


「て、提督!?」


独り言に返す声にビックリしながらお店の入口の方を見ると、小さく笑う提督が立っていました。


「すみません、通りかかったらすごく嬉しそうな顔で暁が走っていったので、何かあったのかなと思って」


「うぅ〜、独り言聞かれた……」


恥ずかしいと思いつつも、提督に会えた事を内心喜ぶ私。


最近は少し多忙だったようで、何日かお店にもいらっしゃらなかったのです。


「あはは、別に変な事を言っていたわけでもないんですから」


「そういう問題じゃないですよぅ……」


嬉しさと恥ずかしさが入り交じる微妙な感情のまま、手提げ袋を取り出します。


「提督も、お買い物に?」


「はい。ボールペンのインクと、コピー用紙の追加を買いに」


相変わらず真面目です。


提督くらいの年齢ならば、流行りの洋服とか、時計とか、そういったものに興味を持つのではないのでしょうか?


私は、私たちは、思っていたよりも提督のことを分かっていないのかも知れません。


隣に並んで歩いていて、ふと提督のお顔を見ても、提督の目線は何処か遠くを見据えているようでした。


私たちには想像も出来ない、遠い何かを。



〜次の日〜



「こ、こんにちは」


「暁ちゃん、いらっしゃい」


時刻はヒトヨンマルマル。


お昼ご飯を食べてから少し経った、ポカポカ陽気の眠くなる時間帯。


そんな時間に、小さなアシスタントさんはやってきました。


「それじゃあ早速始めよっか。まずはしっかり手を洗いましょう!」


「は、はい!」


この時期は空気が乾燥しているせいで喉を痛めたり風邪を引いたりしやすいです。


なので、お料理の時には特に衛生管理に気を遣います。


石鹸で手首までしっかり洗って、清潔なタオルで吹いたら準備完了!


暁ちゃんも、可愛らしいエプロンがお似合いです。



それでは簡単にレシピを。


まず、ボウルに卵の黄身を2つ入れます。


暁ちゃんはお手玉のやり方が苦手そうで、思わず笑ってしまいました。


卵2つで作る時は大体4〜5枚分くらいの元が作れます。


お夕飯もあるし、このくらいの量がちょうどいいでしょう。


次に、牛乳200mlとホットケーキミックスの小袋を1袋分。


零れないように気を付けて、よ〜くかき混ぜます。


ここでひと工夫。


ダマが少なくなってきたら、大さじ一杯のマヨネーズを加えます。


ここでマヨネーズを加えることで、ふんわりとした仕上がりになるのです。


マヨネーズの味が出るわけでもないので、皆さんもぜひやってみて下さいね。


次に、しっかり混ざったホットケーキの素を半分に分けます。


そして片方にはココアパウダーを。


せっかくですし、姉妹のみんなで分け合って食べた方が楽しいでしょうからね。


さあ、いよいよ焼きましょう!


焦げないように、生焼けにならないように気を付けながら、焼いていきます。


焼き上がったものに、すぐにラップを被せておけば、冷えるのを防ぐことも出来ますよ。


プレーン味2枚、ココア味2枚が出来上がりました。


どちらも良い焼き加減で、とてもいい匂い。


それを少し大きめのお皿に載せたら完成です!


「いい匂い……!」


「流石はお姉ちゃんです。とても上手ですよ」


「ありがとう鳳翔さん! 響たちもきっと喜ぶわ!」


暁ちゃんは凄く嬉しそうに、そして大事そうにホットケーキの載ったお皿を持って、響ちゃんたちの元へ走っていきました。


その後ですが、私は片付けをしようと、調理場に再び目を向けたんです。


そうすると、ホットケーキの素がちょうどあと1枚分くらい残っていました。


捨てるのも勿体無い、けどひとりで1枚を食べ切るのも……。


そんなことを考えていると、あの人がお店にやってきました。


「あれ、なんだか甘い匂いがしますね」


「あ、提督……」


「こんにちは。今日は暁が美味しそうなものを持って出てきたので」


提督は期待を込めた眼差しでこちらを見ています。


まるでおねだりをする子供のようなその目に、私は応えるしかありません。


「あと1枚分なら素がありますよ。すぐに作りますね」


「おお! お願いします!」


せっかくですし、すこし趣向を変えてみましょうか。


さっきココアパウダーを入れたところで、コーヒーを入れてみます。


すると、焼き上がりと共に濃厚なコーヒーの香りがお店に満ちていきました。


「これは、コーヒーの匂い……?」


提督も少し不思議そう。


私はニヤリと笑いながら、ホットケーキを切っていきます。


「どうぞ、コーヒーホットケーキです」


「おお〜……頂きます!」


「どうですか?」


「……」


ムグムグと、ホットケーキを味わう提督。


大きな失敗はしていないはずなのですが……。


「めっちゃ美味いっす」


「本当ですか? 良かった……」


満足気な提督のお顔に少しホッとしました。


もし失敗してたらどうしようって。


「何かこう、甘すぎず、かといってブラックコーヒーのような過剰な苦さでもなく……大人のスイーツって感じで」


どうやら、コーヒーとバターがいい味を出してくれたようです。


何はともあれ、お客さんに満足して頂けて良かったですね。



〜数日後〜


「あら、これは……?」


買い物を終えてお店に戻ってくると、カウンターの上に1つの包が置いてありました。


その上には「鳳翔さんへ」と書かれた付箋。


恐る恐る開けてみます。


「あ、これ……」


すると、中からは何枚かのメッセージカードと、美味しそうなクッキーが出てきました。



鳳翔さん、暁にホットケーキの作り方を教えてくれてありがとう。ホットケーキもすごく美味しかったし、何より、暁が「鳳翔さんのおかげでしっかりホットケーキを作れた」ってとても嬉しそうなんだ。ホットケーキ、とっても暖かい味がした。本当にありがとう。 響



鳳翔さん、ホットケーキ美味しかったわ! 胃袋を掴むっていうのは、あーいうのを言うのね! 私も花嫁修業として鳳翔さんに料理を習いたいわ! 今はまだ下手だけど、頑張って上手にできるように頑張るから、その時はよろしくお願いします! 雷



鳳翔さん、ホットケーキありがとうなのです! 暁ちゃんも響ちゃんも嬉しそうで、ホットケーキも美味しくて、みんなですごく楽しい時間を過ごせたのです! またお店に行ったら、美味しい料理を食べさせてくださいなのです! 電



鳳翔さん、今回は本当にありがとう。響たちもすごく喜んでくれたし、ホットケーキもすごく美味しかったわ。これを自分で作ったって思うと、すごくワクワクした。いつか鳳翔さんのお手伝い無しで美味しいものを作って、鳳翔さんにご馳走するわ! クッキーは、司令官に手伝ってもらいながらみんなで作ったの! 良かったら食べてください! 暁



鳳翔さん、本当に色んなところで活躍してるんですね。僕の食べたコーヒーホットケーキも絶品でしたが、響たちの喜びっぷりを見れば暁と一緒に作ったホットケーキがどれだけ美味しかったかは想像に難しくありません。なので、本人たちからの要望と、僕からの日頃のお礼としてクッキーを作りました。って言っても、僕はほとんど何もしていませんが笑。ぜひ食べてあげてください。あの子達の想いが詰まっています。いつも鳳翔さんが作ってくれる料理みたいに。 提督



私ったら、感動して思わず泣いてしまいそうになりました。


歳をとると涙腺が緩くなってきて困ってしまいますね、まったく。


料理を振る舞う者として、これほどに嬉しいことはありません。


自分のした事が誰かの役に立った。


誰かの笑顔の元になった。


その事実があるだけで、また明日も頑張れます。


このクッキーは、とっておきの紅茶を添えてゆっくり食べましょう。


勿体無くて、少しずつしか食べられないでしょうから。


さあ、次はどんなお客さんが来るでしょうか。




【みんなで分け合う特盛チャーハン】


「〜


後書き

更新ペースはゆっくりめ。悪しからず。


このSSへの評価

3件評価されています


SS好きの名無しさんから
2018-01-29 22:12:07

SS好きの名無しさんから
2018-01-24 09:35:17

SS好きの名無しさんから
2018-01-20 10:07:50

このSSへの応援

2件応援されています


SS好きの名無しさんから
2018-01-24 09:35:39

SS好きの名無しさんから
2018-01-20 10:07:52

このSSへのコメント

1件コメントされています

1: 桐風レン 2018-01-21 23:05:00 ID: jmUzK8by

第六駆逐隊の子達おねがいします!


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください