2018-08-11 12:21:24 更新

概要

提督の可愛いゲージが振り切れたようです


前書き

提督がただただ可愛い可愛いと艦娘に一方的にいうだけのお話始まります
だって可愛いもん仕方ないね


提督「いやな?なんというか…みんな可愛すぎない?」


木曾「お前は何を言ってるんだ…」


提督「だって可愛いんだもん!特にお前とか!」


木曾「はぁ!?俺のどこが可愛いんだよ!?」


提督「自信家だし被弾しても強がるししっかりしてるししかもお前オッドアイだろうが!俺の好みドストライクなんだよ!」


木曾「古鷹もいるだろうが!」


提督「あいつも可愛いさ!ことある事に加古を心配するし!被弾しても諦めようとしないし!艦娘全員可愛さの塊だろうがよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!」


木曾「1回落ち着け」


提督「おう…すまん」


提督「とりあえずだ。お前らは可愛い。かっこかわいい子もいるけどとりあえず可愛い」


木曾「あ、ああ…でも正面から言われると恥ずかしいもんだな…」


提督「あーもう我慢出来ん!ありったけの可愛いをぶつけてくらぁ!」


木曾「あ!おい!どうすんだよこの書類…」


ーーーーーー


夕立「ごっはん〜ごっはん〜♡」


時雨「今日にご飯はなんだろうね。夕立」


夕立「楽しみだっぽい!」


提督「夕立ぃ!時雨ぇ!」


夕立「ぽい?」


時雨「なんだい提督?」


提督「夕立はぽいぽい口癖だしMVPだと褒めてもらいたがるくせに姉妹思いなの可愛すぎるんだよ!」


提督「あと時雨ぇ!お前は雨はいつか止むさ…とかいちいちかっこいいんだよ!詩人か!それなのにいっつも夕立と一緒にいるし挙句に嬉しいことあると少しプルプル震えてるのわかってるからな!?可愛い!」


夕立「ぽい!?」


時雨「なっ…もう提督!からかうのはやめてくれないかな!?」


提督「今も震えてんじゃねぇか!まだ叫び足りん!うおおおおおおお!」


時雨「あ…行っちゃった…」


夕立「なんか照れるっぽい…」


ーーーーーー


提督「青葉ァァァァァァァァ!!!」


青葉「ちょっ!いきなりなんですか!?」


提督「青葉見ちゃいました!とかくそかわいいんだよ!あと被弾した時火力が…火力がちょこっと足りなかったのかなとかいきなり自信なくすところも可愛いしよぉ!あと敵見つかってんのに敵はまだ気づいてないよとかドジっ子かよ!好きだわ!」


青葉「なっ!?好きって…」ぼひゅん


提督「赤くなりやがってやっぱ可愛いわ!6人とケッコンカッコカリするつもりだったし執務室にさきにいっててくれ!可愛いぶつけてカッコカリもやってやらァァァァァァァァァァっァ!!!」


青葉「あ!え!?ちょっと…!ケッコンカッコカリ…」ぼひゅん


青葉「えへへ…執務室に行かないと…」


ーーーーーー


天龍「だーもー!1回離れろよ雷!」


雷「いやよ…落ち着くんだもん…」


天龍「っち…今だけだぞ…」


提督「とかやってんの俺は見たぞ天龍ぅ!」


天龍「なんで見てんだよ!恥ずかしいじゃねぇか!」


提督「恥ずかしがるお前も可愛い!ケッコンカッコカリしたいから執務室へいってろ!」


天龍「なっ!?ちょっと待てよ!」


天龍「行っちまった…ケッコンカッコカリ…執務室行くか…」カオマッカー


ーーーーーー


龍驤「そんでなー鳳翔のご飯食べて秋月がな?」


提督「龍驤ぅぅぅぅぉぉぉぉぉぉっぁぁぁぁぁぁっぁ!」


龍驤「なんやなんや!?一体どうしたんやきみ!?」


提督「いっつもMVPとるとやったー!うちの大活躍やー!ほめてほめてー!っていうけどな!あれむっちゃ可愛いんだよ!夕立とは違う可愛さなんだよ!しかも鳳翔の話もよくしてくるしお前ら仲いいな!好きだわ!あと俺は貧乳派じゃ!」


龍驤「な、な、なに言っとんねん!1回落ち着けや!」


提督「無理!ケッコンカッコカリしたいから執務室へいけ!後で俺も行く!」


龍驤「な、なんやそれ…行っちゃったか…はぁ…執務室へ行くか…」カオニヤケー


ーーーーーー


あきつ丸「鳳翔さんの料理はうまいですなぁ…いきなり来てしまって申し訳ないであります」


鳳翔「いえいえ、またいつでもいらしてくださいね」


提督「あああああああきつまああああああああああある!あああんどほうしょおおおおおおおおおおう!」


あきつ丸「なんでありますかいきなり!?」


鳳翔「ど、どうされたんですか!?」


提督「まずあきつ丸!寂しいなら相談しろ俺ならできるかぎりなんとかするからな!?で、相談出来ず一人寂しく鳳翔んとこきたんだろ!?可愛すぎかよ!さびしくなんかさせるかぁ!ケッコンカッコカリじゃオラァン!執務室へ先行っておいてくれ!」


あきつ丸「いやまってくださいであります!元陸軍でありますよ私!?」


提督「知らん!海に出れば自信家なのによォ〜!そういう時くらい俺を頼ってくれてもよかったろ!いいからいってろ!」


鳳翔「あ、あの?いきなりケッコンカッコカリってどうされたので…」


提督「次は鳳翔!お前がお風呂にしますかご飯にしますかそれとも…ふふ冗談ですとか悩殺する気か!美しいんだから自重しやがれ!あとそれなのにいつもご飯作ってくれてありがとう!それなのに時たまはしゃぐの可愛いんだよぉ!ギャップ萌えどころじゃねぇんだよ!好きだからケッコンカッコカリしやがれぇ!」


鳳翔「で、でもそれって貴重なものなんじゃ…」


提督「好きな人の分用意してあるわ!合計6個!ハーレムとかじゃねぇ!ただただ好きなんだよ!先に執務室へ行ってろよ!いいな!」


ウオオオオオオマダサケビタリナイゼェエエエエエエ


あきつ丸「…にやけてるでありますよ鳳翔さん」


鳳翔「…そういうあなたこそ顔真っ赤ですよ」


鳳翔、あきつ丸「…いきましょうか(であります)」ぼふぅん


ーーーーーー


古鷹「早く起きなって言ってるでしょ加古〜!」


加古「もう少しだけ寝させてくれよ〜」


提督「HU☆RU☆TA☆KAAAAAAAA!」


古鷹「て、提督さん!?いきなりどうしたんですか!?」


提督「艦隊の大天使古鷹はくそかわいい!何があっても加古を心配するしよォ!挙句にMVPでは自分ではなくあくまで重巡の活躍のおかげだァ!?お前が強いからだろうよォ!重巡の良さ知ってもらいたいです!とか俺はな…俺はな…その謙虚な姿勢のお前が好きだったんだよ!」


古鷹「えっちょ!?好きってどういうことですか!?」カー


提督「お前可愛い上に謙虚で自分を褒められるのなれてないとかどんだけだよ!可愛すぎだよ!ケッコンカッコカリするからあっほかの5人ともするけどな!行くぞ執務室!」


提督「あと加古ぉ!だらけ気味だけどやる時はやる系女の子俺くっそ好きだからな!でもちゃんと戦いの時は起きてくれよ!」


テイトクサンチョットハヤイヨマッテェ


加古「お、おう…」


ーーーーーー


提督「うぉぉおおおおお!って第六駆逐隊のみんなじゃないか!どうしたんだ?」


古鷹「待って…速いです…提督さん~」


電「司令官こそそんなに慌ててどうしたのです?」


提督「ケッコンカッコカリの準備だよ!やっぱ可愛いなこんちきしょう!」


雷「可愛いって…どうしたの司令官いつもとは違うじゃない?」


響「確かにいつも通りではないね…」


暁「いつもの司令官らしくないわね…」


提督「まず電ぁ!お前なのですとか梅雨にてるてる坊主作った時とか純真無垢すぎて可愛いんだよ!沈んだ敵もできれば助けたいのですとか優しさの塊だしよォ!だけど相手も殺す気でいることだけは気をつけな!戦う意志がないやつは捕縛名目で連れてこいよ!なんとかしてやるからな!」


電「は、はいなのです!」


提督「次に響!不死鳥の名は伊達じゃないよっていうけどな!お前それかっこいいわ!だけど結局撫でてもらおうとしたり色々幼い部分も相まって可愛いんだよ!もう好きすぎるわ!癒しだわ!だけどその名前にタカくくってたらダメだぞ!少しでも被弾したら撤退だ!いいな!」


響「う、うんわかったよ司令官」


提督「そして雷ぃ!もっと頼っていいのよ!とか色々と母性が人の形したお前だけどな!でも時たま幼いところを見せてくるチラリズムとかくそかわいいわ!あとみんな思いなのもいいわ!これからもそれは大事にしろよ!でも自分が無理するなよ!できる範囲からコツコツとやってけ!」


雷「わかったわ司令官!」


提督「ラスト暁ぃ!お前は1番長女だけど一番頑張ってるよな!レディになりたいんだろうけどまだその年じゃ研鑽が足りない!ゆっくりと頑張ることは大切だ!みんなにからかわれて怒る気持ちもわかるけどみんなお前のことを好きなんだよ!許してやってくれ!でも長女のくせに1番幼いところを見せるのも可愛くて好きだぞ!」


暁「わ、わかったわ!って子供扱いしないでよぉ!」


提督「ではさらばだ!」


ウオオオオオオ


古鷹「きゃっ!?引っ張らないで〜!」


ーーーーーー


〜執務室〜


ドア「バァン!」


提督「おおっしゃらァ!あつまったなこちきしょー!」


龍驤「で、なんやこちらの都合もお構い無しに…」テレテレ


提督「ここに6個指輪がある!お前らにケッコンカッコカリする意思があるならはめてくれ!」


机「バァン!」小破


天龍「こいって言われたから来たけどはめるとは言ってねぇぞ」テレテレ


あきつ丸「そうでありますそこまでわたくしは安い女ではないのであります!」テレテレ


鳳翔「私なんかよりもっといい人がいますって提督」テレテレ


古鷹「そうですよもっといい人がいますって…」テレテレ


青葉「提督さんと結婚…ふへへ〜」テレテレ


提督「じゃあまず青葉はいいんだな!あと5人はどうだ!?」


机「バァン!」中破


龍驤「そ、そこまで言うならしゃーないな!け、けっけけっけけ結婚したるわ!」


あきつ丸「し、仕方ないでありますね。それならわたくしもけっけっけっけけ結婚してあげるであります!」


提督「ありがとな!あと3人はどうだ!?」


机「バァン!」大破


天龍「し、しかたねぇにゃ!してやるよ!」


古鷹「そ、そこまで言うなら…結婚しましゅ…」


提督「よっしゃあああああ!最後鳳翔はどうなんだ!?」


机「バァン!」轟沈


鳳翔「わ、私より絶対いい人いますって…」テレテレ


提督「俺にとってはお前らしかいないんだよ!」


鳳翔「な、なら結婚させてくだしゃい…」


提督「あああああああ!よっしゃあああああ!皆食堂へ集めるんだ木曾ぉ!」


木曾「あ、ああ…わかった…」


ーーーーーー


提督「というわけで俺はこの6人とケッコンカッコカリすることになった!」


提督「だがいつかは全員とケッコンカッコカリしてやるから覚悟しとけテメェらァ!」


艦娘「ザワザワ…」


提督「そしてあと一人ケッコンカッコカリとかではなく生涯を共にすると心に決めた奴がいる!」


艦娘「ざわ!」


提督「それは木曾!お前だああああああああ!」


木曾「…へ?…はあああああああ!?」


木曾「この6人と結婚するんじゃなかったのかよお前!?」


提督「生涯ともにするのはこの6人も1緒だ!でもお前は嫁として生涯ともにしたいんだよ!」


木曾「なっ!?はああああ!?」カー


提督「この指輪は本物だ!給料全部つぎこんだぜヒャッハー!!!!」


提督「受け取っ手くれるか!?木曾!」


木曾「…お前…」


木曾「よ、よろしくたのみましゅ…」ぼひゅん



深海棲艦により制海権を失っていた時代その時代に戦いの終止符を打つものがいた


そのものは艦娘を溺愛しており


するそして生涯を艦娘とともに終えたそうな


そんな馬鹿らしいことをした提督のお話


〜fin〜


後書き

あああああああ!
語彙力が欲しいぃぃぃぃイイ!!!
むちゃくちゃ表現しきれてない…
これにて終わりです
艦娘は全員可愛い
これは自然の摂理


このSSへの評価

2件評価されています


SS好きの名無しさんから
2018-09-02 22:46:06

SS好きの名無しさんから
2018-08-07 17:22:53

このSSへの応援

2件応援されています


SS好きの名無しさんから
2018-09-02 22:46:04

SS好きの名無しさんから
2018-08-07 17:22:56

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください