2019-01-15 15:25:33 更新

概要

・提督はパンツが大好物


俺は鎮守府という職場に配属されそこで仕事をしている

そしてこの職場には一切憲兵を除いて『男性』がいない


男性がいない代わりに『艦娘』と呼ばれる女性たちと生活をともにしているわけなのだが、、


まあ、いってしまうと股間に悪いのだ

俺童貞ですし

周り女性だらけですし

女性と話し合ったのだって高校生のとき


クラスメート「あ、提督くんおはよう」


ぐらいだせ?

この職場は高校生時代のように挨拶だけでは終わらない

なぜならこの職場は『艦娘』とのコミニケーション何よりも優先されるからだ


もちろんこんな仕事辞めてやるっと考えたこともあった

だが俺には今見寄りがいないのだ

しかも俺はそこまで金を持っていない

つまり俺はこの職場を抜けるわけにはいけないのだ


これがアリさんが抜けようにも抜けられないアリ地獄なのかな、、


だから俺はもうこの職場を満喫してやると誓った、そして俺はこの職場でしかできないことをやってやるんだ!


そこで思いついたのがパンツを見ることだったんだ!





提督「っていう考えを持ったのだがどう思う漣?」


漣「ストレートに言って臭いです死んで下さい」キッパリ


提督「きついなあ、これでもみんな大好き提督さんだぞ?」


漣「はあ、どうしてそんなくだらないことが次から次へと浮かびあがんのやら」


提督「それは俺が健全な提督だからだ!」キリッ


漣「あ・ほ・く・さ」┐(´д`)┌


提督「じゃあ俺艦娘のパンツ見てくるわ」


漣「マジですかいな」


提督「っとその前に」


バッ!


漣「!?」


提督「おーイチゴパンツか眼福眼福うっしっしっし!」


提督「じゃなー」フリフリ


漣「」ワナワナ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

提督「いやー案外スカート捲りも興奮するもんだなww」


提督「いよーしこの調子でスカートめくっていくぞお!」wkwk


提督「お、あれは鈴谷じゃないか!うっしっしっしいつも俺にちょっかいかけてきやがって仕返ししてやるぞお!」


提督「おーい鈴谷~!」


鈴谷「お~提督じゃ~ンどうしたのー?」


提督「くらえい!奥義『スカート捲り』!!」バッ


鈴谷「え!?ちょ!?」


提督「おー鈴谷は白パンか!もっと派手なのかと思ってたけど普通なのな」


鈴谷「うう~」カオマッカ


??「あそこです憲兵さん!現行犯です!」


提督「ダニィ!?チクショウだれだ憲兵呼んだの!」


??→漣「ふふふ、さっきの仕返しですよ、さあ憲兵さん捕まえちゃってください!」


憲兵「サーイエッサー!」ッダッダッダ


提督「漣裏切ったなあアァァァァァ!!」ガシッ


漣「もともと味方じゃありませんよーっと」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

憲兵「どうして、あんなことしたんだい?」


提督「そ、そのつい出来心で、、」


憲兵「まあ、気持ちもわからないでもないさ、

あんな美人さんがたくさんいる職場じゃよくあることだと思うよ」


提督「じゃ、じゃあ」


憲兵「」バンッ


提督「」ビクウッ


憲兵「それでもなあ、やっていいこととやっちゃいけないことがあるんだよ!!」


提督「は、はひい!!」


憲兵「これにこりたらもうそんなことはやめような?」


提督「、、、」


憲兵「返事は!」


提督「はひい!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

提督「全くひどい目にあったぜ漣め、帰ったらお尻ペンペンしてやる」←懲りてない


憲兵「」ッヌ


提督「ハハハ」


提督「仕事に戻ります」


憲兵「ハイ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハローエブリワン提督だよ!


さっきは憲兵サンにこっぴどく叱られたけどまだ僕は諦めたわけじゃないからねうっしっしっしっしww


ということでまた艦娘たちのパンツを見てやるぞお!

え?君たちいま私が何も学習していないサルに見えたかい?ちゃーんと憲兵の対策を考えておきましたよ


ククク、さっきはよくも俺をコケにしてくれたなあ?憲兵さんよお


やられたらやり返す、倍返しだ!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

提督「お、あれは弥生と、、、卯月じゃないか!」


提督「絶好のカモ、キタコレ!」





漣「ヘクチッ」


漣「風邪かなあ?」


漣「ご主人様、ちゃんと反省したかな?」




提督「よし!じゃあ2人のパンツを拝みに行きましょう!」←反省してない


提督「おーい弥生ー卯月ー!」


弥生「はい?」


卯月「ぴょん?」


提督「なあ2人とも」


提督「俺がパンツ見せてって言ったらどうする?」


卯月「い、いきなりなにいいだすぴょん!?」


弥生「いってる、意味が、分かりません」


提督「そのまんまの意味だよ、なあ、頼むよ、見せてくださいお願いします!」ドゲザ


卯月「ちょ!?何やってるぴょん!」


弥生「頭、上げてください!」


提督「いやだ!俺は二人のパンツを見るまで土下座を辞めない!」キリッ


卯月弥生(う、うわこれはめんどくさいやつだ(ぴょん))


提督「なあ見せてよ、見せてくださいよお」ジメンスリスリ


卯月「で、でm」


艦娘s「うわ、何やってるのあの二人、そういうプレイ?」ヒソヒソ


艦娘s「提督さん可愛そう」ヒソヒソ


卯月「はわわわわ」


弥生「、、、、」


提督(この場面を待っていた!)ニヤリ


提督(この周りからの冷たい目線!ゾクゾクしちゃう、じゃなくてわざとこの状況を作り、二人はこう思うはずだ)


「早く終わってこの場から逃げたい!」っと


提督(これであいつらは俺にパンツを見せてくれるはずだあ!これこそがが俺の作戦、名付けて)


『合法的にパンツを見る!』っだ!


提督(クキキキwwこれなら憲兵も手出しはできまいww)


??「おい提督」カタガシ


提督(ッチなんだよ今いいとこなのに)


提督「なんでしょうか?」フリムキ


??→憲兵「ちょっとこの場を離れて一緒に豚箱に行こうか」ニッコリ


提督「い、いやまてまて俺は何も悪いことはしてないぞ!」


提督「さっきはセクハラだったと思うが今回は違う!頼み込んだだけだ!合法だ!合法!つまりノーカウントだ!」


憲兵「何を言ってるんだぁ?合法?ノーカウント?そんなもんはどこにもないぞぉ?」


憲兵「だってお前のやっていることは立派な『脅し』だからなあ?」


提督「い、いやいや脅してなどいないぞ、私は二人に頼み込んだだけさ!」


提督「なあ、弥生、卯月」


弥生「提督に、パンツを、見せろと、脅され、ました」ウルウル


卯月「うーちゃんもパンツを見せないと解体するぞと言われたぴょん」ウルウル


憲兵「っだとよ」


提督「お前らあああああああ!!」


憲兵「じゃあ、行こうか、今度は丸一日、いや3日たっぷりと仕込んでやるからな?」


提督「oh my god」


漣「やれやれだぜ」┐(´д`)┌

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このあとご主人様は3日かけて憲兵さんにみっちり教え込まれていました

時々ご主人様の悲鳴のような声がしたのですがまあ、無視しました

そしてご主人様は豚箱から出たあとも事情を知ってた艦娘から白い目で見られていましたとさ

だけどご主人様、何故か嬉しそうでしたね

結論を言いましょう


漣「パンツは悪くない」


後書き

2作目ですが気軽に見終わってくれることを望んでいます


このSSへの評価

1件評価されています


SS好きの名無しさんから
2019-01-04 07:10:28

このSSへの応援

1件応援されています


SS好きの名無しさんから
2019-01-09 02:09:40

このSSへのコメント

7件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2019-01-03 14:50:11 ID: S:dD2qM9

憲兵死すべし、慈悲は無い

2: ペリー大佐 2019-01-03 15:12:39 ID: S:aqW5SQ

返信:1
アイエー憲兵!?憲兵なんで!?

-: - 2019-01-03 15:15:05 ID: -

このコメントは削除されました

4: SS好きの名無しさん 2019-01-09 02:09:49 ID: S:FXGaB-

ねなあねれはひなアニアカならなはなれあに赤ね らならなあねなえひレプソルれへひへえいねへひらひ はけらなりらな阿原へなり阿原へなり阿原へなり
りあねねあなね。へれへれへれねひれりねひなりらはラフいらなにはあなれはああなあなかはハエはあねあへにらあなへいいへへないい屁あはあふくはあり2へへへにな華へ根はははnullあなならはあらあなれなら
にあねあな穴あねなあらあはりえああはあは

5: ペリー大佐 2019-01-09 08:23:17 ID: S:dwVxgS

4:返信
なんだあ?これ?日本語かあ?(書かれている言語は日本語)

6: SS好きの名無しさん 2019-01-15 16:07:34 ID: S:dXvg7k

パンツが見たいという事は・・・いらゆる褌艦娘は対象外だな!とねちくに至っては履いて無いから無視だな!
・・・憲兵もパンツは履いているんだよなぁ

7: ペリー大佐 2019-01-15 16:59:36 ID: S:mWUxP7

6:返信
その考えはなかった


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください