弥生のSS一覧まとめ

「弥生」のSSを書いてみませんか?
SS投稿速報なら直ぐにSSを書き始めることができます。

提督「さて、ドッキリの時間かな?」

2018-06-11 23:01:48 更新

目には目を、歯には歯を、ドッキリにはドッキリを。 最近、鎮守府内で流行してるドッキリを無くすためにドッキリで対抗する提督のお話。

提督◯◯51 「提督とセーター」

2018-03-19 20:23:02 更新

提督と艦娘たちが鎮守府でなんやかやしてるだけのお話です 注意書き 誤字脱字があったらごめんなさい 基本艦娘たちの好感度は高めです アニメとかなんかのネタとかパロディとか 二次創作にありがちな色々

【艦これ】姉の目の前で妹の方を○○してみる

2018-04-06 01:21:44 更新

気まぐれとうこぉう

1から始める提督LIFE 現代編 part2

MAVIS 
2018-03-04 23:20:23 更新

いろんな方々のSSを見て自分も書いてみたいなぁ、と思い今回初めて書いてみました。文章がおかしかったり漢字が違うなど国語力が終わってますがすこしでも読んでいただければ幸いです。 ファンタジーなのかシ...

底へ

2017-10-10 23:59:18 更新

超短編ってか妄想 望月が沈んだり轟沈まなかったりする話 深夜テンション

提督「いろんな艦娘にマジギレドッキリを仕掛けてみる」2

2018-01-06 18:13:21 更新

艦これのマジギレドッキリssです 読者の皆様から頂いたネタを書いているので実質みんなのssです 皆様が少しでも面白いと感じていただければ幸いです

提督「弥生が」卯月「ハイエースで」夕立「ダンケダンケされたっぽい!」

2017-08-03 12:03:18 更新

ほら、ハイエースあるじゃん? で、ふと見ると、もうダンケダンケしたくなっちゃうんだよね。 全く、駆逐艦は最高だぜ!(犯人の供述)

たとえ不幸でも・・・弥生の章

2017-04-04 01:52:52 更新

長らくお待たせしております。結末の構想が完全に練りきれておりません故、今しばらくの時間をください。(少し更新はしました)

提督「もしも俺が突然いなくなったらどうなるんだろうなぁ」  漣「コイツは何を言ってるんだ?」

2018-04-23 16:27:55 更新

よく見るあのシリーズです 個人的にこの艦だとこういう反応をしそうということを思い浮かべながらやっていきます 戻ってきたときの反応も含めています 夏イベントが終わって思い出したように更新したわけで...

弥生との日常

2016-12-03 12:38:43 更新

弥生たちとの日常を書いていきます 一話一話が凄く短いです(なぜなら作者に文章力その他もろもろがないからです) ちょっとした時間などにどうぞ

自分を大切にしない提督 「ヲマケ」

Mino 
2016-08-29 21:58:09 更新

[chapter1:風邪] =================鎮守府・執務室=========================================08:00 上崎「や、弥生大丈夫か?」 弥生「だ...大丈夫だよお、お兄ちゃん」 ここは上崎の鎮守府の執務室...

自分を大切にしない提督 第四話「貴方に会えたから」

Mino 
2016-08-26 18:51:32 更新

=============五ヶ月前とある鎮守府===================================08:00==== 黒提督「よくぞ参られた我らが海軍の英雄上崎殿」 上崎「英雄なんかじゃないですよ」(ウゼーこのブラック提督○ねば良いの...

自分を大切にしない提督 題三話「襲撃者・後編」

Mino 
2016-08-26 18:50:48 更新

安全なはずだった海域に三つの戦火あり一つは仲間のためもう一つは逃げるため最後の一つは自分の欲望のため、それぞれの戦いが青年達に新たな力を授けるのか又は、青年達も友と同じ水底に沈むのか

自分を大切にしない提督 第二話「襲撃者・前編」

Mino 
2016-08-26 18:49:35 更新

=========深海================================================================ 由香?「ソウイエバ今日ハ彼ラハ演習スルラシイワネ」 レ級「アアソウラシイナ」 由香?「ナラアノ子達ヲ呼ンデレ級」 ...

自分を大切にしない提督 第一話 「第三世代」

Mino 
2016-08-26 18:48:43 更新

半年前の作戦で私は闇に落ちたそして今日最愛だった人を打ったでも彼はまだ生きている私には分かるでももう私は戻れないだから私はアノヒトヲコロスコロシテアノヒトヲワタシトオナジニ