2019-02-06 08:01:15 更新

概要

どうもです!ここでは「僕は深海棲艦を許さない」のキャラ紹介のまとめを書こうと思います。作品の後書きに書いていますがそこには新キャラの説明だけ書こうと思います、後書きの文字数限られてますしね


前書き

あらすじ
子供の望は珍しく仕事が休みになった父と母と昼ごはんを済ませる予定だったが突如の深海棲艦の襲撃により、家が崩壊、望は父に助けられそれと代償に父と母が下敷きに、父に逃げろと言われどこか遠くに逃げた望、その後家に戻るが父と母は死去、望は深海棲艦に復讐をするために逃げた時に出会った場所、鎮守府で生活するのであった


望[主人公]

・年齢はだいたい10歳くらい。(現在)

・父母は深海棲艦の襲撃で死去してしまい一人ぼっちになったが吹雪がそれを見つけ、鎮守府で暮らすことになった。

・基本一人だったのでずっと勉強して頭脳は何故か高校生レベルになった。

・昔父の剣術を見学して、それを見ただけで取得した様子、実践はまだしてない

・料理が大好きだが比叡を超える料理音痴、自覚なし

望「僕は小さくない」




吹雪

・提督の秘書官であり初期艦でもある

・提督に少し好意を抱いている

・望のことは弟のように接している

吹雪「望くんどこ行きますか?」




提督

・年齢はだいたい20代前半

・指揮は上手いが、書類作業は苦手である、吹雪が居ないと絶対終わらない

・望の父とは飲み仲間だった、父が酔ったときに望の自慢話を毎回聞かされていた

提督「吹雪って可愛いよな…」




望の父(死去)

・鎮守府の工廠で働いていた。働いている人の中ではトップにいた

・割と酔いやすい

・親バカ

父「あいつはいつか仇をとってくれる」




望の母(死去)

・父と同じく鎮守府の食堂で働いていた。間宮さん程ではないか料理は美味いほうだった

・旦那にデレデレ

・息子の料理音痴がどうすれば治るかずっと考えていた

母「あの小料理大丈夫かしら……」





夕立

・第一艦隊の1人

・よく提督の匂いを嗅ぐ(匂いが好きらしい)

・犬っぽいので提督によく撫でられる(嬉しい)

夕立「提督さん褒めて欲しいっぽい!」




時雨

・夕立とよく一緒にいる

・ヤンデレで有名だがこちらの時雨は違う模様

・お世話好き

時雨「僕だって提督に褒められたいんだよ?」





間宮

・みんなのお母さん

・鎮守府内では1番料理が得意

・望からはお母さんと呼ばれている

間宮「お残しはダメだよ〜?」




天龍

・第一艦隊の1人

・出撃時では砲撃より槍で攻撃することが多い

・第一艦隊の中では強い方だが何故か龍田だけには勝つことがめったにない

天龍「フフフ……怖いか?」





龍田

・天龍のお世話役

・天龍と練習試合する時は毎回天龍の弱いところばっかり狙う(本人は気づいていない模様)

龍田「天龍ちゃんよりは上手でしょ〜?」





明石

・工廠のリーダー的な存在

・たまにこっそり趣味で謎の発明をする。基本提督が被害に会う

・望の父から息子の自慢話をよく聞かれてた1人

明石「何を作りましょうかね?」




叢雲

・駆逐艦の訓練の指導担当

・口は強いが中身は乙女

・一軍にはいないがだいぶ強い方(語彙力)

叢雲「あんたバカァ??」




赤城

・見た目は美しい!中身は大食い!

・正規空母のリーダー

・休日は食べるか弓道室で訓練している

赤城「おかわりまだですか」モグモグ




加賀

・正規空母の副リーダー

・極度のショタコン

・赤城さんほどではないが食べる方

加賀「望くんはどこにいるのかしら」




夕張

・明石の助手

・明石よりすごく研究家

・望の父とは顔合わせした程度(夕張がずっと部屋に引きこもってたため)

夕張「明石さんの役に立ってみせます!」




白露

・何でもかんでも1番になりたい子

・強さは白露型の中で1番だったが、夕立と時雨が改装されたため、いっちばーんが、さんばーんになった

・1番になりたいため負けず嫌いで努力家

白露「いっちばーん!になれない……」


村雨

・白露型お姉さん担当

・思考回路が早い

・提督を誘惑してるが振り向かない模様

村雨「どうしたら提督さん振り向くのかしら…」



せっかくなので今やってるPart全て貼っておきます


Part1



Part2



後書き

まだまだキャラは登場させる予定ですよ!
待っててください!


このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください