2021-07-23 22:53:52 更新

概要

前回の続きです。


こころ「ここで最後、台所、霊夢は普段から帰るのが遅いから私が作ってる」


 こころはどうだすごいだろと言わんばかりか誇らしげにしてくる。


釟「偉いなー」


こころ「本当?」


釟「ああ」


こころ「ならいいけど」


霊夢「ここに居たのね」


 霊夢は慌てた様子で来る。


こころ「どうしたの?」


霊夢「まずいわ、魔法の森へ侵略しようとしているわ」


こころ「でも魔法の森は‥‥‥」


霊夢「人が入ったら最後帰ってこない魔法にかかっているから大丈夫と思っているかもしれないけどその魔法が解かれそうなのよ!!」


こころ・釟「!!!」


霊夢「なんで釟も?」


釟「その魔法の森?が幻想郷にとって大事なところみたいだなって」


霊夢「そのとおりよ、魔法の森が支配されてしまったら妖怪の山への本格的な侵略が始まってしまうから」


こころ「私がいうのもなんだけどもなんでやり返さないの?」


霊夢「妖怪同士の連携が取れていなくて‥‥‥」


釟「あの‥‥‥」


霊夢「なに?」


釟「今ってどこまで支配されているんですか?」


霊夢「確かに、釟は分からないよね」


 霊夢は地図を出してきた。


霊夢「ここが元々人里だったところ、今ではここにある紅魔館とかも支配されてる、幸い永遠亭は迷いの竹林があって支配は免れているから負傷した妖怪は休めているけど」


釟「ありがとうございます」


こころ「地霊殿はどうなの?」


霊夢「今のところは大丈夫、でももしかしたら妖怪の山の一つ前に侵略されるかも‥‥‥」


こころ「そんな」


釟「あの?質問なんですけど俺がちょっと人間と話してもいいですか?」


霊夢「いいけど、釟は人間だし問題ないと思うけどその服は不審がられるわよ」


釟「ですよね」


 釟の服装は外の世界の人とわかるものなので妖怪側が連れてきた人と判断されて敵対行為をされるだろう。確かに釟は妖怪側が連れてきた。


霊夢「男性用の袴を貸すわ、ありがとうございます」


こころ「でも今はもう夜だよ?」


釟「まじか、明日でも行こうかな」


霊夢「釟の泊まる部屋はこっちよ」


 霊夢に案内される。


霊夢「料理ができたらこころが呼んでもらうようにしているから」


釟「ああ、すまんな」


 釟は霊夢がこの後、どこかに行くことぐらい分かっていた。しかし深くは聞かない。

そうして霊夢が去っていった。


釟「とりあいず入るか」


 釟が部屋に入る。

床は畳になっているだけでないも置かれていないが釟はあまり気にしていない。

だって布団のシーツに顔を埋めているから。


釟(推しと同居だぁぁぁあああ!!そして手料理を食えるのだ!グヘェへ)


 釟はその気持ち悪い顔を隠すために埋まっているのだ。


釟(しかし俺の能力はなんだろう?異変のことを考えると戦闘系がいいな)


こころ「はちー、ごはんー」


釟「すぐ向かう」


 釟はすぐに起き上がり台所に向かう。


こころ・釟「いただきます」


 こころは釟が来るまで待っていた。釟はさすがに気づかなかったみたいだ。

そうして二人は食事を済ます。


ーーーー


?「いつか分かるか、霊夢?」


霊夢「明確ではないけど最短で明日、最長で一週間かしら」


?「そうか、もう行っていいぜ、この森にいる妖怪達には私から伝えておく」


霊夢「ありがとう、魔理沙」


魔理沙「ああ、じゃあ」


 霊夢は魔理沙の家から出ていった。


紫「来たわね」


霊夢「ええ」


紫「本題に入ってちょうだい、魔法の森についてはもう聞いているわ」


 霊夢が魔理沙の家を出て五分ぐらいでここに来たのだ。だから紫は事前気づいていたということになる。

霊夢はそのことに気づいたが気にしない。


霊夢「なら着決に聞くけど、釟の能力はなに?」


紫「分からない」


霊夢「どういうこと?」


紫「釟の能力も過去もわからない」


霊夢「過去もってどういうことよ!?」


紫「釟の過去を調べてもなにも出てこないの」


霊夢「なぜ釟を幻想郷に来させたのよ!」


紫「だからこそよ、この異変を終わらす鍵になるでしょ?」


霊夢「そのとおりかもしれない‥‥‥」


 霊夢も気づいたあの男のおかしさを。釟は唐突な出来事に驚いていても混乱はしていなかった。


ドォン!!!


轟音が幻想郷を包む。


霊夢「なにかしら」


 霊夢と紫は外の様子を見ると、人里の一部から煙が上がっていた。


霊夢「なにがあった?」


紫「藍なにが起こっているの?」


藍「すぐに確認してきます、でもあれは粉塵爆発ではないでしょうか?」


 人里には爆発による煙とは別に小麦粉のような白い粉が舞っていることはここからでも確認できた。


紫「なるほど、藍行かなくてもいいわ、多分人間側がしたことだろうね」


 紫は人間側の失態だと思っており、霊夢も藍もそう思っている。本当は違うが。




釟「こころさん!なにしてんすか?」


こころ「てへぺろ」


 こころは走りながらてへぺろをする。


釟(かわいい)


 釟もこころの横で同じく走っていながらこころのてへぺろを見てかわいいと思ってしまう。表情はあまり変わっていないが仮面が陽気のものに変わっていることに気づいている。


???「待てぇ!!」


 その二人を追うのはもちろん人々。こころは普段活動している時の服だが釟は顔を隠すため、仮面を被って人里の徴収(盗んだ)した服を着ている。

 二人は小麦粉を蒔いてファイアした犯人なのだ、というかこころがコケて足元にあった小麦粉の袋を倒して踏ん張ろうとしたこころは手にグッと力を入れるとなぜかチャッカマンがあり火がついた。


釟「どうする?このままいけばずっと追ってきそうだがスタミナが切れてきそうなのだが?」


こころ「私も、でもあと少ししたら魔法の森ではない普通の森に入るからそこで仕留める」


釟「了解」


 そうして鬼の形相をした人々に追われながら森へ逃げていく。

なぜこいつらは食事をしていたはずなのにここにいるのだ?


こころ「私が時間を稼ぐから釟がどうにかして」


釟「え」


こころは森の入口で止まり、釟は通っていく。


こころ(スペルはあまり使いたくないから)


 こころは薙刀で追ってきた人々と対峙する。敵の数は20人以上。


こころ「釟次第か‥‥‥できるだけ頑張ってみよう」


 こころはそうこぼして、不利な戦闘が始まった。


釟(どうする?!霊夢は紫のところだから助けに来れないし、多分俺らがやったことに気づいていないはずだ)


釟「うぉ」


 考え事をしていた釟は木の根に足を引っ掛けコケてしまう。

そこで擦り傷を負ってしまう。


釟(痛いな、さっさと治ってくれんかな?)


釟「あ」


 釟がコケたことによりとあることに気づく。


釟「これだ」


 釟は急いでこころのもとに向かう。


??「おらぁ!!」


大柄な男はこころに剣を振る。


こころ「くっ」


 パワー負けしておりこころはすぐに一歩後ろに引く。

普段なら妖怪であるこころの方が強いが数が多くて疲れが溜まっている。

こころはもう10人ほど倒しているから疲れるのは当たり前だ。


こころ(キツイ、釟まだかな)


 こころは釟が逃げたとは思わずにただ待つ。


釟「こころ!!」


 釟が強くこころの名前を呼びとすぐ釟の方に向かい、走っていく釟の横に行くようにこころも走る。

さすが妖怪、疲れていても走るスピードをさきほどとあまり変わっていない。


こころ「どうするの?」


釟「もうそろそろしたらあれがあるから、俺が合図したらこころは木の上に行けるか?」


こころ「あれが分からないが‥‥‥分かった」


 こころは釟の作戦に賭けてみようと決める。


釟「こころ!!」


 こころはすぐにジャンプして木の上に移動する、それと同時に釟は今まで走ってきた方向に向く。

はやりそこには人々がいた。


??「死ね!!」


人々は釟を狙って攻撃してくるが、


釟「それを待っていた」


 釟は少しにニヤッとする。

釟の作戦は冷静になればすぐに気づくだろうしかし人々は興奮状態、なら足元なんかに気づかないだろう。


??「「「「「「「「「「グァ」」」」」」」」」」


人々は木の根に足を引っ掛けコケるがジャンプしながらだったので着地するところがズレる。例えば崖に。


ヒュウウウウ


崖から風の音が聞く。


こころ「よいしょ」


 こころが木の上から降りてくると、


こころ「中々残酷だな」


釟「そんなに褒めてくれなくてもいいのに」


こころ「褒めてないから」


釟「嘘だぁ」


こころ「はいはい」


釟「じゃあ、霊夢が帰ってくる前に帰りますか」


こころ「そうだな」


 なぜかこころの足取りが軽い。


こころ(下の名前で呼ばれたな、食事の時は秦さんだから)


 こころは嬉しがっていた、そして仮面も変わっていた。

しかしこころの後ろにいた釟はこころの様子を見ていなかった。


釟(いてぇ)


 実は人々がコケた時に一発だけ攻撃を受けているのだ。


釟(でも痛いのに傷がないんだよな)


 釟に傷跡がないのに痛みがあることに不思議に思っている釟なのだが、徴収した服は崖から投げ捨てる。

証拠を隠滅する。


そうして二人は帰った。
























このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください