2018-11-11 22:22:20 更新

概要

満潮の個別シナリオその2


前書き

本編に出てきた提督の悪夢の内容がちらっと出てきます
それに対して満潮の母性があふれ出ます


満潮(髪下ろし「....」(書類確認執筆


提督「....」(書類確認中


満潮「....」(チラ

(...うぅ、ドキドキしちゃう真剣な顔、カッコよすぎるのよバカ///)


提督「満潮?」


満潮「へ?」(ビクッ


提督「いや、ジッと見られたら気になるだろ?」


満潮「み、みつめてなんてないし」(汗


提督「ならさっさと終わらせようぜ?」


満潮「うん」(書類片し

(…なんか違和感…○○、元気ないわね)


提督「満潮、お茶いれてきてくれないか?」


満潮「わかった。待ってて」(タタタ


提督「……ふぅ」


満潮「はい、お茶。緑茶よ」


提督「ありがと。なぁ、満潮?」


満潮「ん?」


提督「いや…なんでもない、ごめん」(書類確認


満潮「そう?」


満潮「でも、そういうのやめたほうがいいわよ?霞とかだったら怒られてるとこよ」


提督「すまん。じゃぁ」


満潮「?」


提督「よいしょ」(膝にのせ


満潮「ちょっと、執務中っ」


提督「いや、ちょっとこの前の夢思い出しちゃってな」


満潮「...そう」(抱き締められ

(そういえば、天津風とかが言ってたわね。久々に悪夢を見た、とか)


提督「俺の前からいなくなるなよ?絶対」(ギュゥ


満潮「あるわけないでしょそんなこと」(腕撫でり


満潮「司令官、私は沈むつもりなんてないわよ?司令官との子供を育てておじいちゃんおばあちゃんになるまでは死ぬ気ないから」


提督「そうか...そうだよな、ごめん」


満潮「....もう」

(声も震えちゃって...不安を溢す辺り相当キてるのね)


満潮「司令官、少し休憩するわよ。文句は言わせないわよ?」


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


提督の部屋


提督「お、おい?」(胸に抱き締められ


満潮「仮眠とればスッキリするでしょ」(クシャクシャ


提督「...満潮はやさしいな。あんなにツンツンしてたのに」


満潮「昔のことはいいでしょ今は。気を楽にして仮眠とりなさいよ」


提督「満潮の匂いでドキドキしちゃって寝れないよ逆に」


満潮「目を閉じてればそのうち寝れるでしょ」(ナデナデ


提督「んっ...」(スリスリ


満潮「あんっ///ちょっと、調子にならないでよ。あんたが不安だって言うからっ」


提督「そりゃ不安だけど」


満潮「はぁ、全く。好きにしてちょうだい」


提督「そうする」(胸に顔埋め


満潮「小さい胸なのに、全く」(頭抱き締め

(だめね、愛しすぎておかしくなりそう)


提督「...すぅ」


満潮「昨日もあんまり寝れてなかったのかしらね...今くらいは休みなさいよ○○」(ナデナデ


満潮「私も、不安なときあんたに頼ってたのよね...素直じゃなくってかわいくない私をいつも構って...。これくらい恩返しさせなさいよね」(ギュ(体密着


ーーーーーーーーーーーーーー


満潮「...んん、あ、やばっ。私まで寝ちゃってたわ」


満潮「時間は....2時間しか経ってないわね」


満潮「....幸せそうに寝ちゃって。ほら、司令官、起きて」


提督「んん、満潮?ごめん、起きるよ」


満潮「....んっ」(チュ


提督「...ん」


満潮「もう大丈夫?」


提督「ありがと、大丈夫。だけど」(抱き寄せ(胸擦りつき


満潮「ひゃぅっ。ちょっとっ///」


提督「乳首起ってる...」


満潮「やんっ...司令官も起たせてるじゃないの!やめなさいよっ。仕事残ってるんだから後にしてっ」


提督「う~ん、満足したいなぁ」


満潮「...むぅ、本番はなしっ。口でしてあげるから...私だって我慢してるのに」


提督「いや、こっちじゃなくって。こっちがいいな」(ボタン外し


満潮「えっ!?ちょちょっ!?シャツ脱がすなっ」


提督「んっ」(吸い付き


満潮「んっ...赤ちゃんじゃないんだからっ必死になるなっ...んっ...吸い方エッチっ」


提督「ペロペロッ」


満潮「んっ..やんっ..///あっ...っ」


提督「なんだろう、凄い背徳感」


満潮「ばかっ...全く」


提督「でも、少しおっきくなったよねおっぱい」


満潮「そうよ?下着だって変えなくちゃいけなくなるくらいにわね。でも吸ったっておっぱい出ないし、妊娠しても吸わせないわよ?お腹下すわよ?あれ」


提督「...え?そなの?」


満潮「あんっ///揉みながら吸うな。腹下すのは本で知ったけどね。もういいでしょ?」(下着つけてシャツ着て


提督「だって、その...満潮が珍しく母性マシマシだったからつい」


満潮「////」


満潮「は、恥ずかしいこというなっ////仕事再開するわよっ」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


提督「よっし、仕事終わり」


満潮「ようやく終わったわね。はい、これ…クッキー。焼いたやつじゃないけど、いい時間だしお茶にしましょ?」


提督「お、ありがとな」


満潮「ねえ、○○。悪いとは思ってるんだけどさ……夢のこと、聞かせて?」


提督「…そうだな。あいつらには話したのにお前には聞かせないっていうのは不公平だよな…わかった」


それはひどい夢だ


あの時代の夢


自分の部下が深海棲艦の脅威に倒れ、その事で上官から咎められ、周りからは「部下は消耗品として扱われる実験部隊の隊長」というレッテルを貼られ


孤立していった頃の夢


仕舞いには深海棲艦が部下を貪り食う光景を見せられ、今こうして鎮守府にいる艦娘、俺が率いる艦娘たちが目の前で食われる光景に変わっていき、最後には無残な死体を俺に見せ付ける夢


満潮「…○○」


提督「最近は見て、なかったんだけどな。あの作戦以来、また見るようになっちゃったんだよな…。はは、まだまだ心が弱いのかもな」


満潮「弱くたっていいじゃない。あんたが一人で背負う必要なんてないわよ」


提督「…そう、だけどな」


満潮「そんな答えはいらないわよ。わかったっていいなさいよ。好きな人が苦しんでるのはつらいのよ」(手握り


提督「ありがとな」


満潮「ん、お礼よりも結果がいいんだけどね、このことに関してはさ」


提督「そう、だな。うん、努力するよ」


満潮「…あ、でも。聞けばちゃんと話してくれるようになったのは大きな進展かしらね。前は「そんなこと聞いても面白くないだろ」とかいって話さなかったでしょ」


提督「そうだったか?」


満潮「そうよ。いつもそうやってつっぱねちゃって話してくれなかったわ」(膝にすわり(対面


満潮「だから、そばにいるのに遠く感じたわ」


満潮「なんでも聞いてあげたいのよ...」(頬撫で


提督「今日の満潮、なんでそんなに母性に溢れてるんだ?」(腰に手回し


満潮「○○がいつもより...大人しいから、かしらね。なんとなく心配だったのよ」(顔近づけ


提督「満t…ん」


満潮「チュ...ンチュ///んっ...ふぅ...」(口離し(糸引き


満潮「今ね..凄く○○が愛しくて...ドキドキしてるの///」


満潮「お腹の奥も...キュンキュンして...ハァ///」


提督(やばい、満潮が色っぽいどころかエロい)(汗


満潮「○○も顔、真っ赤よ...?フフ」(股間ナデナデ


提督「ここ、執務室だぞ?」


満潮「いやよ?やめない...///」(ファスナー下ろし


満潮「相変わらずおっきい///」(上下


提督「小さい手が...うぅ...」


満潮「○○…フフ...ねぇ?気持ちいい?」


提督「満潮。口でしてくれないか?」


満潮「口で?良いわよ...///」(膝から降り


満潮「あ、ちょっとどこいくのよっ」


提督「ちょっとまってて。立て札かけて部屋にいこう」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自室


満潮「ぺろ..チュ...ペロッ...ペロッ...」


提督「満潮、夢中になりすぎ」(秘部舐め


満潮「フフ...いいじゃないの♡んっ...○○だって私の...舐めて興奮してるじゃない...♡」


提督「ひくひくしてエロいよ」(ペロッペロ


満潮「入念すぎっ...奥がもどかしくなっちゃうっ」


提督「なら、そろそろ入れる?」


満潮「うん...でも服着たままでいいの?」


提督「うん。それでいいよ」


満潮「わかったわ。ほら、来て?」(仰向け(手を広げ


提督「すごい、優しい笑顔だな満潮」(挿入(服捲り


満潮「んっ...奥に当たってる♡」


提督「動くぞ?」


満潮「いいよ..たくさんシて?」


提督「わかったっ、満潮っ」(ピストン


満潮「あんっ♡んっ..んんっ♡」(身を捩り


提督「相変わらずキュゥキュゥ絞めて...刺激してくるっ」


満潮「ハンッ♡ぅんっ///○○のおちん...ちん♡すごいよぉ///」


提督「満潮、そんなに絞めて...ほんとに好きなんだね」(奥グリグリ


満潮「んうぅっ♡それダメっ...イッちゃうぅ///」


提督「奥が吸い付いてくるっ」


満潮「イクッ///イクイクゥっ///らめぇっ♡おま○こっイクウゥッ♡~~~っ///」(ビクッビクッ♡


提督「まだ、俺は出してないからっ...つづけるよっ」(パンパンパン


満潮「やっ///まだイッたばっかりっ...んううぅぅぅっ♡」


提督「連続中イキとはっ...満潮、すごいよっそろそろ出そうっ」


満潮「出してっ///いっぱいにしてっ///おま○こにだしてぇっ」


提督「ううっ」(ビュッビュッ


満潮「~~~っ♡」(ダイシュキホ-ルド


提督「すごい絞られるっ...んっ」


満潮「っ♡っっ♡」(ンチュ...ンンッ...レロ...チュ♡


ーーーーーーーーーーーーーー


満潮(裸「ハァ...ハァァ~...♡」


提督(裸「満潮、する度に...性欲強くなってるな...嬉しいけど」(引き抜き


満潮「んんっ♡らって...///3回4回じゃ...足らない...から///」(お腹撫でながら


提督「お腹ぽっこりしちゃってるじゃん...」


満潮「○○の...せーしで...苦しい♡」


提督「風呂、入っちゃおうか」


満潮「うん♡…つれてって?」(両腕広げ


提督「わかった...。正直その姿で広げられるとまた...」


満潮「○○も性欲すごいじゃない...フフ♡」


提督「でもとりあえずお風呂だお風呂」(お姫様抱っこ


満潮「ふふ♪○○のお姫様抱っこ大好き♪早くお風呂入ろっ♪」


提督「はいはい」(ニコニコ


END


このSSへの評価

1件評価されています


SS好きの名無しさんから
2018-11-12 10:30:22

このSSへの応援

2件応援されています


SS好きの名無しさんから
2018-11-16 02:04:40

SS好きの名無しさんから
2018-11-12 10:30:23

このSSへのコメント

2件コメントされています

-: - 2018-11-12 10:32:28 ID: -

このコメントは削除されました

-: - 2018-11-13 23:20:49 ID: -

このコメントは削除されました


このSSへのオススメ

1件オススメされています

-: - 2018-11-12 10:33:53 ID: -

このオススメは削除されました


オススメ度を★で指定してください