2014-11-17 21:53:38 更新

概要

寮監の指示を受けた御坂美琴が学園の園の紹介をするお話


前書き

ss初心者かつとある好きの馬鹿がクソスレを書きました。

時系列は大体大覇星祭のちょい前ぐらい

でも上条さんはしょくほうに会っています

全員丸いです


 御坂「ある夏のことです。学園都市にも外からの見学者がいらっしゃるこの季節。私はニコニコ子供たちの世話を・・・

     















できるかボケー」

 白井「だからといったてお姉さま別に自販機にけりを入れる必要はないと思いますの」


 御坂「こっちは今いらいらしているの話かけないでくんない。」


 白井「お姉ーさま」


 御坂「あのくそ寮監せっかくの休みをわざわざつぶさなくてもよかったでしょーが」


 白井「くそ寮監の部分は同調いたしますの」


 寮監「そうか御坂・白井。貴様の私に対する認識がよくわかった・・・」


 御坂・白井「御慈悲を・・・」


 寮監「与えん。

                                                                                                         といいたいところだがわが常盤台中学の顔を痣だらけにするわけにはいかないから許しといてやろう。」


 寮監「それに ゲコタの何かが・・・」


 御坂「????」


 寮監「だが白井は別だ後で寮監室に来い」


 白井「ソンナ・・・」


 寮監「早速だが御坂訓練を始めるぞ。」


 御坂「はーーー」


 寮監「私が教えたいのは山々なのだがあいにく時間がないその代わりといっては何だが私の知り合いを紹介しよう」

 

 御坂「何で学校紹介なのに持久走なんだー」


 黄泉川「ほーらぐずぐず言わずに走るじゃん」


 御坂「寮監の知り合いにろくなのはいないわねー」


 黄泉川「聞こえてるじゃん」


 御坂「わーーー」


 黄泉川「じゃあ後30周はやれるじゃん」


 同日 常盤台中学学生寮


 御坂「本当に死ぬッツーの」


 御坂「寮監の親友にやっぱりろくなのはいないわ」


 白井「そんなつかれたときには・・・


 御坂「添い寝はしないわよ」


 翌日


 寮監「御坂昨日のことは聞いている。よくがんばった。私も鬼ではない。お前のほかにも不良の生徒がいるから一緒になかよくやっていろ。」


 寮監「すでに玄関前に来ている早く行け」


 白井「あのー寮監様私もお姉さまと一緒に・・・


 寮監「だがおまえには風紀委員の仕事があるだろ」


 白井「其処を何とか・・・


 寮監「白井おまえがそこまで私の指導を受けたかったのか。わかった望み道理みっちり指導してやる」


 白井「不幸ですのー」


 同日常盤台中学学生寮前


 絹旗「超遅いですねー」


 絹旗「いくら常盤台に籍を置いているとは言えどもこれは超ないですねー」


 御坂「ごめーん待ったー?」


 絹旗「いえいえ」


 御坂「私は御坂美琴よろしく。あなたは」


 絹旗「絹旗最愛です超よろしくです」


 同日


 絹旗「持久走だなんて超聞いてないです」


 御坂「ごめんねー。うちの寮監の知り合いだから」


 黄泉川「愚だ愚だ言ってないで早く走るじゃん」


 学生寮


 御坂「死ぬまじ死ぬ明日には死ぬ」


 白井「お姉さまそういうときには水分補給ですの」


 白井「この黒子特製ドリンクを飲めば精力ギンギンいえお肌すべすべになること間違い無しですわ」


 御坂「媚薬入りのドリンクは飲まないわよ」


 アイテムアジト


 絹旗「超きついです」


 麦野「さすが常盤台練習方法もぴか一だわ」


 絹旗「超冗談じゃありませんよ」


 フレンダ「貧乳の絹旗にはぴったりってわけよ」


 絹旗「後で超覚えておいてください」


 大手家電量販店


 垣根「冷蔵庫のままだと誰も話しかけてくれないな」


 垣根「暇だ」


 月日は流れ見学日


 御坂「ハーイ皆」


 絹旗「ここが学園都市だよ」


 絹旗{長付けないのつらい}


 とある学校の男子寮」


 上条「暇だなー」


 上条「外にフラグ建てに行くか」


 食峰「あら上条さん。もしかして暇」


 上条「ああ食峰か」


 食峰「今御坂さんが面白い事しているの」


 上条「御坂ってビリビリか」


 食峰「ビリビリ?」


 食峰「上条さん一緒に見に行かない?」


 上条「オウ」


 学園の園前


 御坂「皆着いたよー」


 絹旗「ここにはね強い能力者の人たちがいっぱいいます」


 御坂「これからなかに入ろー」


 ガキA 「何で姉ちゃんスカートの下に短パンはいてるの」


 御坂「ただのファッションよ」


 絹旗「ぷっ」


 御坂「何」


 絹旗「いや超何でもありません」


 食峰「遊びに来ちゃったんだぞ★」


 御坂「帰って」


 食峰「今日は特別ゲストがいるんだぞ★」


 上条「ドーもー上条当麻です(棒)」


 御坂「あんたそんなに黒焦げになりたかったの」


 御坂「いいわよ子供たちの前で消し炭になりなさい」


 上条「申し訳ございません」


 上条「でも驚いたよお前がこんなのをやるなんてな」


 絹旗「超私の存在が忘れられている気がするんですけど」


 麦野「絹旗ー」


 絹旗「麦野ですか超どうしたんですか」


 麦野「いやお前がしっかりやっているのかにゃーと思って」


 フレンダ・滝壺「私もいるよ(訳よ)


 大手家電量販店


 垣根「・・・」


 垣根「・・・」


 垣根「チーーン」


 客A「冷蔵庫がほしいんですけど」


 垣根「はいはーーい」


 垣根「この冷蔵庫お勧めだよ」


 客A「あれ以外でいいのあります?」


 店員「でしたらあちらの最新モデルが」


 垣根「・・・」


 垣根「・・・」


 垣根「チーーン」


 垣根冷蔵庫編   終わり


 作者「何で書いたんだろう?」


 常盤台中学前


 御坂「ここが常盤台中学よ」


 絹旗「御坂さんあの超うざいストーカーをどうにかしてください。」


 麦野「仲間をストーカー呼ばわりするとはいい度胸だにゃー」


 絹旗「アジトで超殺されます」


 ガキA「常盤台中学ってすごい能力者の人がいっぱいいるんでしょ?」


 御坂「うん。でもねー強い能力を持つとはしゃぎだす人たちもいるんだけどね」


 御坂「しかもその能力がいろいろとめんどくさい人もいるのよ」


 御坂「たとえば 黒子とか黒子子とか黒子とか」


  学園の園入り口


 ガキABCDEFG「お姉ーちゃんたちありがとう」


 御坂・絹旗「いやいや。【超いやいやです】


 


 後日 常盤台中学学生寮


 寮監「御坂よくやった。これで子供たちにもいいアピールになっただろう」


 御坂「いえいえとんでもございません寮監様」


 寮監「御坂なにやら口調が違うぞ」


 御坂「いやいや」


 寮監「ところで御坂報酬なのだが・・・


 御坂(キラリーーーン)


 寮監「選択性にしようひとつは成績の単位に加点そしてもう一つが



       ゲコタの映画のチケットだ。」


 御坂「ゲコ・・・


 寮監「ちなみに絹旗は単位を選んだが・・・


 御坂(どうしよう絶対ゲコタ選びたいけど絹旗が単位を選んだのに私がゲコタってゆうのもでも・・・


 寮監「どうした御坂頭から煙が・・・


 御坂「ゲコタ」ボソッ


 寮監「何か言ったか御坂」


 御坂「ゲーコータ」


 寮監「わかった」


 寮監「ちなみにペアチケットだから白井も誘うといい」


 寮監「私から言っておく」


 御坂「え・・・・・・・


 御坂「え~~~~~



                                       完



 




 


 




 


 


 


 


 


 

 

 


後書き

最後までお読みいただきありがとうございました

この作者のせりふしかない駄文を読んでいただきまことに感謝しております

落ちがビミヨ~で申し訳ありません

読む気でこのスレタイをクリックされました方

間違ってクリックされた方もありがとうございました

では ss 界の繁栄を祈って


アディオス



このSSへの評価

5件評価されています


SS好きの名無しさんから
2015-07-30 11:37:49

SS好きの名無しさんから
2015-05-23 13:21:26

SS好きの名無しさんから
2015-02-14 00:57:20

SS好きの名無しさんから
2014-11-04 00:50:02

SS好きの名無しさんから
2014-11-08 07:50:38

このSSへの応援

2件応援されています


kadootigennkinnさんから
2014-10-29 22:36:19

SS好きの名無しさんから
2014-10-29 22:10:58

このSSへのコメント

35件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2015-02-14 00:57:41 ID: IeG1A9TZ

二度とssを書かないでほしい


このSSへのオススメ

1件オススメされています

1: SS好きの名無しさん 2014-11-04 00:50:38 ID: 8VkTL3PG

これはひどい


オススメ度を★で指定してください