2020-07-03 00:41:52 更新

概要

比叡がメシマズを脱却する物語


前書き

このssは他の方のssの一部を基盤にして作ってます
要はこのssの基盤はパクリです
苦手な方はご注意ください


提督「ゴハッ!」バターン


比叡「ヒエー!大丈夫ですか司令!?」


シツレイシマ…ダイジョウブデスカ!?


ドウシタンデスッテ提督!?


ワタシハコビマス!!


比叡「…」


明石「比叡さん…何やってるんですか…」


比叡「ごめんなさい…」


明石「全く…気をつけてください」


比叡「はい…」


またやってしまった


比叡「…」ツカツカ


本当は私も


比叡「ただいま…」


金剛「おかえりナサイ!」


榛名「おかえり〜」


霧島「お姉様おかえりなさい」


比叡「うん…」


金剛「…そんなに気にすることないデス」


比叡「はい…」


榛名「でも…もうちょっと料理、練習してみたらどう?」


比叡「…」


違う


比叡「…うん」


違うんだよ…


比叡「…今日はもう寝ます」


金剛「…おやすみなさい。あんまに気に病まないでネ?」


比叡「はい…」


本当は私も…


比叡「…」


料理は上手いんだ


早朝


比叡「ん…?」


時計:0600やで


比叡「いつもより、早起きかな」


榛名『料理、練習してみたらどう?』


比叡「…作ろうかな」


比叡「…おはようございます、お姉様」ガチャ…バタン


比叡「…」ツカツカ


吹雪「あっ、おはようございます!比叡さん、」


比叡「あ、吹雪ちゃん。おはよう」


吹雪「どうしたんですか?こんな朝早くから」


比叡「(そちらこそ…)ちょっと早起きしちゃってね。そう言う吹雪ちゃんは朝練?」


吹雪「いえ、眠気覚ましに散歩を」


比叡「元気だね…」


吹雪「このくらいへっちゃらです!」


比叡「そっか…偉いね」


吹雪「ありがとうございます!ではそろそろ再開しますね」


比叡「うん。頑張ってね」


比叡「さて…行こっと」


厨房


比叡「さて…と始めますk…!?」


張り紙:比叡さんはしばらく立ち入りを遠慮してください


比叡「え…そんな」


比叡「…なんで」


比叡「…」ジワ


比叡「…帰ろう」


比叡「…」




提督「…」




自室


比叡「…」


比叡(確かに、私は司令を寝込ませてしまった)


比叡(でも…)


比叡「こんなの…って」


比叡(…)


コンコン


比叡「!?」ゴシゴシ


比叡「はい」ガチャ


提督「うぃ、比叡。おはよう」


比叡「司令!その、昨日はごめんなさい!」


提督「ハハハ…大丈夫だよ」


比叡「…」


提督「なあ、1つ聞いても良いか?」


比叡「…はい」


提督「比叡の料理ってさ…」


比叡「…」ビクッ


比叡(怒られられるのかな…)


提督「ほんとにあの腕なの?」


比叡「ふぇ?」


提督「いや、料理の腕がさ」


比叡「え、いやもちろんですよ!」


提督「本当か?」


比叡「はい!」


比叡「んじゃなんでさっき厨房で泣いてた?」


比叡「え?」


提督「さっき泣いてたの、見えたぞ」


比叡「それは…その」


提督「いいよ。言ってくれて」


比叡「…キャラが、欲しかったんです」


提督「キャラ?」


比叡「金剛お姉様は外国産まれで紅茶が1品、榛名は大和撫子で家事もできる、霧島は天才、料理も家事も計算通りで上手い…でも、私は特に特徴がありませんでした」


提督「…」


比叡「料理も、性格も、特徴的な語尾も何も特徴がありませんでした」


比叡「そんな私が出来るのは、埋もれずに、忘れられずに居るには、…アレしか思い浮かばなかったんです」


提督「…じゃあ比叡って、本当は料理は上手いのか?」


比叡「はい…本当は人並みには出来ます」


提督「ふむ…」


比叡「でも、こんな覚えられかたで、厨房に出入り禁止にされてまでキャラ付けする必要あったのかなって…」


提督「…」


比叡「それで…悲しくなっちゃって」


提督「なるほど、大体事情は分かった。比叡、お前に1つ言っとく」


比叡「?」


提督「俺はお前を忘れない」


比叡「…!」


提督「俺はお前らの家族で、上司だ。絶対に忘れない」


比叡「はい…!」


提督「うん。それで比叡、このイメージ、覆したくないか?」


比叡「え?」


提督「だって、このままずっとメシマズの状態で覚えられるのは嫌だろう?」


比叡「はい…でも、みんなに忘れられちゃうんじゃ」


提督「何言ってんだ。メシマズだと思ってたらキャラ付けで、本当は料理が上手かった。十分じゃないか」


比叡「あ…」


提督「どうだ?このイメージ、変えてみないか」


比叡「…はい!比叡、気合い、入れて、行きます!」


提督「よし!さて、まず何をしていこうか…」


比叡「あの…司令」


提督「ん?」


比叡「明日のみんなの朝食、やらせてくれませんか?」


提督「朝食?食堂の?」


比叡「はい」


提督「だが…あの量を1人は大変だぞ?」


比叡「大丈夫です!」


提督「そうか…よし、頼んだ」


比叡「はい!」


提督「んじゃ、間宮と伊良湖には言っておく」


比叡「お願いします」


提督「じゃ、頼んだよ。寝坊するなよ」


比叡「大丈夫ですよぉ…」


提督「うい、んじゃ、よろ」


比叡「はい!」






提督「〜って訳で、明日比叡に朝食をやらせたいんだがいいいか?」


間宮「…」


伊良湖「う〜ん…」


提督「…そんなに信用ならんか」


間宮「…まあ、比叡さんは何度か提督をダウンさせてますからね」


提督「…まあ」


伊良湖「それに、あのレベルの料理をほんとに普通の人が出せるのかな…って」


提督「…」


間宮「だからちょっと…」


提督「比叡のあの目は本気だった」


間宮 伊良湖「?」


提督「話してくれた時の、あの目は本気だった」


提督「俺は比叡を信じたい。どうか、頼めんだろうか」


間宮「…分かりました」


提督「!」


間宮「でも1人で、大丈夫なんですか?」


伊良湖「まあ、そうですよね」


提督「大丈夫。本人がそう言ってるし、なんなら俺も手伝う」


間宮「分かりました。では、お願いします」


伊良湖「します」


提督「…ありがとう。では、これで失礼するよ」


間宮「はい」


伊良湖「明日、お願いしますね」


提督「ああ」


バタン


間宮「…でもほんとに大丈夫かしら」


伊良湖「まあ心配になりますよね…」






比叡「…」トントントントン


提督「おう比叡、おはよう」ヌッ


比叡「えっ、あっ司令!おはようございます」


提督「ん。どうだ?できそうか」


比叡「はい、大丈夫です!」


提督「ん、今日は何を作るんだ」


比叡「今日は和食です!」


提督「ほう、和食か」


比叡「はい、ご飯、味噌汁、卵焼き、ひじきの煮物です!」


提督「いかにも和食だな。美味そうだ」


比叡「任せてください、腕によりをかけて作ります!」


提督「おう、頑張ってくれ。じゃあ、1回俺は仕事するから。楽しみにしてるぞ」


比叡「あ、はい頑張ってください!」


提督「あんがと。じゃ」


比叡「…さて、司令も楽しみにしてくれてるししっかり作んなきゃ!」


クツクツ


比叡「闇に沈む冷たさも〜取り残される切なさも〜♪」混ぜ混ぜ


比叡「1人になった寂しささえ〜超えて行けるから〜♪っと」カチャ


クツクツ


比叡「いい匂い…どれどれ」ズズ


比叡「うん!良さげかな」カチャカチャ


比叡「あとはご飯っと〜。あと少しかな」


比叡「あなたの〜優しい微笑み〜♪」


ピー ピー ピー


比叡「あ、炊けた炊けた」パカ


ホワッ


比叡「わお、炊きたてご飯〜!」


比叡「よし、これで終わりっと時間は…」チラ


0750


比叡「ん、まあ大丈夫かなっと。意外と疲れるなぁ〜」


提督「比叡、終わったか?」


比叡「あっ司令!はい、終わりました」


提督「お、そうか。いい匂いだな」


比叡「さて…みんなどんな反応するかな」


提督「ああ…まあ大丈夫だと思うがな」


比叡「さて、そろそろみんな来るかな」


吹雪「〜」


睦月「〜、〜」


提督「お、きたきた」


吹雪「〜、あ、おはようございます!司令官」


睦月「おはようございます!」


提督「はいおはよう。ほれ、さっさと飯取りな」


比叡「今日は私が作ったんです」


吹雪「え、比叡さんが…?」


睦月「…なんか…やな予感が…」


吹雪「こら睦月ちゃん!」


比叡「ははは…大丈夫ですよ!」


提督「2人とも大丈夫だ。比叡は実は料理が上手いんだぞ?ほんと」


吹雪「ええ…じゃあなんであんな料理が」


提督「キャラ付けだ」


睦月「はい?」


比叡「いや〜…金剛お姉様や榛名霧島は何かしら特徴があったんですが、私にはなくて…それで忘れられちゃうかと思って」


吹雪「…え」


比叡「?」


吹雪「比叡さんって…そんなに影薄かったですっけ」


比叡「ふぇ?」


睦月「うん…そんなにキャラ薄いとか感じませんよ?」


比叡「え?え?」


比叡「ええええええ??」


提督「……なんか…比叡の影が薄いってのは比叡の勘違いだったみたいだな」


比叡「ええ…じゃあ私は一体」


提督「…ドンマイ」


比叡「ま、まあ2人とも、とりあえずご飯どうぞ!」


吹雪「え、あはい」


睦月「大丈夫かな…?」


提督「さ、食べ始めるが評価はいかに」


吹雪「ンムンム…あ、美味し」


睦月「ほんとだ!」


吹雪「じゃあほんとだったんだ…料理が上手いって」


睦月「なんか意外にゃしい」


吹雪「ね」




提督「良かったな。美味しいらしいぞ」


比叡「はー良かった…」


ワイワイ


提督「おう、他の奴らも来たか。俺は仕事あるから、この辺で失礼するわ」


比叡「あ、はい!ありがとうございました!」


提督「うん」


タッタッタッ


比叡「さて、忙しくなります!」


オハヨウゴザイマスー


今日ナンダロ


比叡「今日は和食です!」


ナンデ比叡サンガココニ?


比叡「えへへ…今日は私が担当なので」


…oh……


エ、マジ?


オワタ


比叡「いやいや大丈夫ですから!食べてみてください!」


…覚悟キメヨウ


…ウン


比叡「ささ、どうぞどうぞ」


イタダキマス


イタダキマス〜


比叡「…」ワクワク


アレ?オイシイ!


エ、ホントダ!?


エエエエエエ!?


比叡(そんなに驚くのかぁ…)


比叡サンオイシイデス!


意外デシタ!


比叡「あ、ありがとうございます!」


〜〜〜


比叡「はぁ〜疲れたぁ」


提督「よ」ヌッ


比叡「あっ司令!」


提督「どうだった?」


比叡「思ったよりみんな喜んでくれました!」


提督「よし!まずこれで下地は出来たかな」


比叡「次は何します?」


提督「ああ、次は甘味を作ってみないか?」


比叡「甘味?」


提督「ああ、羊羹とかな。」


比叡「ほう…面白そうですね」


提督「やるか?」


比叡「是非!」


提督「その意気だ!さて、何作る?」


比叡「うむむ…」


提督(うむむて)


比叡「…ケーキ、とか?」


提督「ケーキ?」


比叡「はい。チョコケーキとかならできますよ!」


提督「なら、それをやってみよう」


比叡「はい!」





後書き

長くなるか短くなるか
久しぶりの更新…申し訳ない


このSSへの評価

5件評価されています


やまりょうさんから
2020-12-07 17:58:15

SS好きの名無しさんから
2020-07-03 20:20:34

seiさんから
2020-05-23 19:40:35

ねむさんから
2020-05-22 16:00:48

T提督さんから
2020-05-22 09:22:26

このSSへの応援

5件応援されています


やまりょうさんから
2020-12-07 17:58:18

SS好きの名無しさんから
2020-07-03 20:20:37

SS好きの名無しさんから
2020-06-03 00:35:23

seiさんから
2020-05-23 19:40:36

ねむさんから
2020-05-22 16:00:52

このSSへのコメント

9件コメントされています

1: T提督 2020-05-22 09:22:27 ID: S:9TBTbC

どこか既視感を感じる気がしますがそんな事はいいです!
この後がすごく気になります!楽しみにしてます!

2: セレ 2020-05-22 10:49:53 ID: S:B4XCgx

実際参考にしましたはい
こんな作品で良ければよろしくお願いします

3: ねむ 2020-05-22 16:01:48 ID: S:pjDEs-

良いですね!
この後が気になります!

4: セレ 2020-05-22 18:11:26 ID: S:gpCw6s

ありがとうございます!
まあこのssほかの方のssを元にしてるんですがね…
こんな作品で良ければどうぞよろしくお願い致します!

-: - 2020-06-16 22:16:52 ID: -

このコメントは削除されました

-: - 2020-06-16 22:30:17 ID: -

このコメントは削除されました

-: - 2020-07-03 20:23:10 ID: -

このコメントは削除されました

-: - 2020-07-03 21:59:51 ID: -

このコメントは削除されました

9: セレ 2020-07-03 22:15:42 ID: S:hujmIO

>>7
ネタバレになりかねないのでコメント削除させていただきます
投稿をお待ちください…!


このSSへのオススメ

2件オススメされています

1: ねむ 2020-05-22 16:02:11 ID: S:L3dLOE

オススメ!

2: SS好きの名無しさん 2020-07-03 20:23:53 ID: S:5qfEpW

他の作品がんば(特に意味深はない)


オススメ度を★で指定してください