2021-02-25 22:44:25 更新

概要

嫌われていると思い込んでいる提督が片っ端からカッコカリを申し込んでいくお話


-某日 司令室-


大淀「はぁ」


提督「はぁ、っておまえなぁ」


提督「こっちは真剣に悩んでるんだよ? 部下全員に嫌われてるって死活問題だよ?」


大淀「みんなに嫌われてるって……あなた本気で言ってるんですか?」


提督「無論、そうだが?」


大淀「……」


提督「む。なんだ、その微妙な表情は」


大淀「いいえ、別に」


大淀「あなたは私にも嫌われてると思ってらっしゃるんだなぁ、と」


提督「いや、それは」


提督「……だって、それはさ」


大淀「それは?」


提督「……」


大淀「……」


提督「おまえは、そういうのじゃないだろ…………」メソラシ


大淀「……」


大淀「そうですね。私は大本営から派遣されているだけですからね。厳密には部下ではありませんね」


提督「なんでちょっと怒ってるんだよ」


大淀「……別に」プイッ


提督「なんでおまえまでそんな態度なんだよ。泣いちゃうよ?ギャン泣きしちゃうよ?」


大淀「どうぞ」


提督「冷たいなぁ、せめて胸を貸してやるくらい言ってくれてもいいじゃないか」


提督「俺とおまえの仲だろう?」


大淀「胸は貸してあげられませんが、工廠の実験室の鍵くらいは貸して差し上げますのでそちらで泣いてきて下さい」


大淀「大の大人の泣き声なんて聞くに堪えないので」


提督「冷たいどころか血も涙もなかった」


大淀「失礼、私は元艦(ふね)なものでして」


コンコンコン


提督「ん? 誰か来たな」


大淀「この時間だと、遠征の報告でしょうか」


大淀「第三艦隊が帰ってくる頃合いです」


提督「第三艦隊っていうと、旗艦はたしか……」


大淀「霞さんですね」


提督「霞か……ちょうどいい」


提督「霞の俺への悪態を見ればおまえもきっと態度を入れ替えるだろう」


提督「“せめて私だけは温かい目で見守ってあげよう”とな!」


大淀「改めて向けられる感情が哀れみでいいんですか……」


提督「俺がどれだけ嫌われてるか見とけよ見とけよ」


大淀「はいはい」


提督「こほん」


提督「どうぞ」


ガチャ


霞「失礼します」


提督「遠征お疲れ様。霞」


霞「」キッ


提督「」ビクッ


提督「ほら、見てよ。早速もろじゃん。もろ出しじゃん」ヒソヒソ


大淀「このくらいなら他の鎮守府でも同じですよ。根拠になりません」ヒソヒソ


霞「」ギリッ


提督「」ビクビクッ


提督(怖っ、歯軋りの音怖っ)


霞「ノックしてから返答まで随分間があったけど……すぐ入られたくない事情でも?」


霞「ええ、みなまで言わなくてもいいわ。どうせそこの秘書艦さまと乳繰り合ってたんでしょ?」ギロッ


大淀「……」


提督「数秒間があったくらいで大げさな……」


霞「勝手に口を開いていいだなんて一言でも言ったかしら?」


提督「……」


霞「まったく」


霞「大淀、あんたが甘やかすからこのクズはいつまで経っても唐変木のままなのよ」


霞「どう? 私に秘書艦代わってくれれば、このクズを毎日おはようからおやすみまで四六時中側で鍛えてまくって、立派な海軍将校に育ててあげるけど?」


大淀「いえ、霞さんには本鎮守府の高練度の駆逐艦として責務を遂行していただいてますし。これ以上の負担を強いるわけにもいきませんから。お構いなく」


霞「……そっ」


霞「まあ、あんたも毎日このクズの面倒を見るも大変でしょうから、嫌になったらすぐ代わってあげるから言いなさいな」ニコッ


大淀「お構いなく」ニコニコ


霞「……」


大淀「……」


大淀「……こほん」


大淀「それでは霞さん。遠征の結果をご報告ください」


霞「ええ」


霞「午前中の遠征結果は大成功。艦隊の損傷なし、大きな疲労もなし」


霞「昼食後、午後も同メンバーで再度遠征に向かうわ」


提督「大成功か。流石だな霞」


霞「ふんっ、当然の結果よ」


提督「そうか。じゃあ午後も頑張ってくれ」


霞「ええ」


提督「……」


霞「……」


提督「あの、霞?」


提督「もう下がっていいぞ」


霞「……」


霞「司令官?」


霞「私が旗艦の艦隊が大成功を収めたのよ?」


霞「部下が手柄をあげたら、どう労うべきか……教えてあげたわよね?」


霞「それともなに? 思い出すまで身体に教えて欲しいの?」


提督「あ、ああ」


提督「そうだな、そうだった」


霞「じゃあどうぞ?」


提督「……」


霞「……」


提督「ほら間宮k」


霞「司令官?」


霞「」ニコッ


提督「えっと」


霞「」ニコニコ


提督「霞?」


霞「」ニコニコニコ


提督「あー」


提督「わかったわかったよ。では霞、一歩前へ」


霞「」スッ


提督(俺は前に出た霞に手を伸ばし)


提督「」ナデナデ


提督(霞の頭頂をなで回した)


霞「~~~♪」


提督「こ、これでいいか?」


霞「ええ、これでいいのよ」


霞「最初から黙ってしなさいよ、このロリコン司令官」


提督(自分からさせておいて酷い言いぐさだ)


霞「じゃあ、これで失礼するわっ」キラキラ


提督「ああ、午後も頑張ってくれ」ゲッソリ


バタンッ


提督「……」


大淀「……」


提督「……な?」


大淀「な? ではないですが?」


提督「おまえの目は節穴か?」


大淀「あなたこそ、頭の中に蛆でもわいてらっしゃるんですか?」


提督「悪口強すぎない? 1に対して10で殴ってきてるよね?」


提督(一応、上官なんだけど)


提督「……なぜ、あいつが俺に頭を撫でさせたか分かるか?」


大淀「純粋にあなたにナデナデして欲しかっただけでは?」


提督「ばか、バニ淀ばか」


大淀「だれがバニ淀ですか」


提督「あいつが欲しかったのはな、俺が立場を利用して身体接触を行ったというセクハラの証拠だ」


提督「毎回欠かさず記録して、いつでも俺を訴えられる準備をしてるんだ」ガタガタガタ


大淀「それだけならすでに証拠は十分なはずですけどね」


大淀「毎回毎回おねだりしてくる理由にはなりません」


提督「精神攻撃も兼ねてるんだろう。俺の不安感を煽ってるんだ。こんな姿他の艦娘に見られたらどうなるでしょうねと」


大淀(そうなれば霞ちゃんの方がダメージ大きそうですけどね)


提督「ともすれば、大事になる前に辞職しろと暗に言っているのかもしれない」


大淀(そうなれば逆に全力で辞職を妨害しにかかるでしょうねかかるでしょうね)


大淀「あと、私に秘書艦を代われとも言ってきましたよね」


大淀「嫌いだったらそんなこと進言しないのでは?」


提督「本人も本気で代わる気はないんだろうよ」


大淀(瞳からハイライト消えてましたけどね)


提督「大方、俺が不甲斐ないから、遠回しに叱咤してくれたんだろうさ」


大淀「叱咤ですか?」


提督「ああ」


提督「人に厳しく、かつ自らも律する」


提督「上官のあるべき姿をあの小さい身体で示してくれている」


提督「凄い子だよ、霞は。ほんとにな」


提督「だから霞に旗艦を任せている」


提督「俺からの信頼と尊敬の証としてな」


提督「あ、これ霞にはナイショな」


提督「まあ、おまえはそういうことペラペラ言うタイプじゃないだろうけど」


大淀「私からは言いませんけれど」


大淀「それを一度本人に言ってさしあげればいいのに」


大淀(そうしたら霞ちゃんも、もう少し素直になれるでしょうし)


提督「こんなこっぱずかしいこと面と向かって言えるかよ」


大淀「だからって素っ気なくしなくてもいいんじゃないですか?」


大淀「まああなたはすぐ顔に出ちゃうから、頑張って隠してるだけなんでしょうけど」


提督「……うるさいやい」プイッ


大淀「ふふ」


大淀「霞さんの態度も、案外照れ隠しだからかもしれませんよ?」


提督「いや、あいつの態度が悪いのは純粋な俺への嫌悪だ」シレッ


大淀(変なところでブレないんですから)


大淀(まあ、彼女に関しては自業自得な面も大きいし。仕方ないとろこではあるけど)


大淀(ほんと、難儀な子ね。霞ちゃん)


霞「」クシュン

霞「」ズピー


提督「とまあこんな風に、ウチの艦娘たちは俺に対して霞のような態度を取ってくるのがデフォなわけだが……」


提督「どうしてこんなに嫌われちゃってんのかねぇ」ハハハ


提督「理由が分からん。オッサンだからかな……いや、でも20代後半は提督にしては若いよな」ブツブツ


大淀「仮にみんなに嫌われてるとして」


大淀「それはそれとして割り切って仕事をするしかないのでは?」


提督「そうなんだけどなぁ……分かるだろ?」


大淀「分かるだろって何を……ああ、もしかして」


提督「そう、ケッコンカッコカリだ」


大淀「ケッコンカッコカリですか、確かにそれは深刻な問題ですね」


提督「ああ、そうだ。戦力強化アイテムとはいえ仮にもケッコンとあるからな」


提督「当人も周りも嫌でも俺とケッコン艦との間柄を気にするだろう」


提督「それが最初のケッコンカッコカリともなれば尚更だ」


大淀「実際、最初のケッコン艦=正妻という風潮もありますからね」


提督「だろう?」


提督「しかし残念ながらウチの艦娘たちの好感度は振り切ってる」


提督「ともすればそんなウチの鎮守府の状況からしてまず間違いなく」


大淀「ええ、間違いなく」


提督「押し付け合いなるだろうな」

大淀「奪い合いになるでしょうね」


提督「えっ」

大淀「えっ」


提督「俺の話聞いてた?」


大淀「俺がモテすぎて艦娘からのアピールがすごい、って話でしたよね?」


提督「なんだその頭の悪い同人誌のタイトルみたいな文言は」


提督「俺が嫌われすぎて艦娘からの罵詈雑言がすごい、って話をしてたんだよ!徹頭徹尾」


大淀「私には終始一貫してノロケられているようにしか聞こえなかったんですが?」


提督「なんだおまえ、いつ海域に出撃してたんだ?」


提督「爆風で鼓膜が破れているようだから、入渠してきなさい」


大淀「提督こそ、人間ドックを受診されてみては? もう手遅れかもしれませんが」


提督「あー分かった。もう分かったよ、いいよもう」


大淀(なんか子供みたいなこと言い出しましたね)


提督「おまえはそうやって他人事だからってすぐ恋愛に結びつけようとする」


提督「あの罵倒がツンデレだとでも言いたいのか? 言われた事ないから分からないだろうけどフツーにツラいんだからな??」


大淀(ツラいのは読解力に乏しいご自身のせいですけどね)


提督「こうなったら目につく艦娘に片っ端からケッコンカリ申し込んで来る」


大淀「……正気ですか?」


提督「なぁに練度なら気にするな。みんな頑張ってくれてるからほとんど高練度の娘ばかりだし」


提督「もし練度が低くても練度上げの特別演習を組もう。俺の申し出を渋々でも受け入れてくれたせめてもの御礼にな」


大淀「やるのは構いませんが……」


大淀「鎮守府に血の雨が降ってもしりませんよ?」


提督「……え? カッコカリ申し込んだだけで殺されるくらい嫌われてるの?」


提督(殴られるくらいだと思ってたのに、殺意まで持たれてるの?)


提督(いいや、俺も日本男児。一度決めたことを曲げることはしない)


提督「いざ、嫁艦探しの旅へ!」


―鎮守府廊下―


提督「さて、どうしたものか」


大淀「本当になさるんですね」


提督「当たり前だ。俺は本気だ」


提督「というかなんでおまえは着いてきたんだ?」


大淀「そんなの……心配だからに決まってるでしょう?」


提督「そうか!」


提督「じゃあ、俺の申し入れが嫌すぎて失神した娘がいたら介抱を頼むぞ!」


大淀(……別に艦娘たちの事が心配で着いてきたわけじゃないんですけどね)


大淀「……ばか」ボソッ


???「あ、よ、ようっ。大淀」


???「……と、提督」


大淀「ええ。こんにちは、摩耶さん」


提督「……俺はついでかよ」


摩耶「っ」


摩耶「せぇっ、この摩耶さまに挨拶してもらえただけ感謝しなっ!」


摩耶「こっちはお前の顔見るだけで心臓バクバクして死にそうなんだからよ////」テレ


提督「何!?」


提督(まさか、摩耶お前……)


提督(脈が乱れるほど俺の顔を見たくないのか)ガックリ


大淀(とか考えてそうですが、思いっきり恋する乙女なだけなんですよね。本当にありがとうございます)


提督「ところで摩耶、お前顔が真っ赤だぞ。熱でもあるのかっ」ピトッ


摩耶「~~~~~っ!?!?!?」


摩耶「さっ、さわんじゃねぇ~~~っ////」ブンッ


提督「うぉう」ドサァ


摩耶「て、てめぇ。何勝手に触ってんだバカっ」


摩耶「コッチにも心の準備ってもんがあんだろーが」


提督「す、すまん」


提督(確かに嫌われている相手に対して軽率だった)


提督(しかも年頃の女の子だ。扱いには十二分に注意せねばな)


提督(まあ、180cm、75Kgの男を5メートル投げ飛ばせる女子は中々いないけど)


摩耶「……にんとれ」


提督「ん?」


摩耶「責任とれよっ//////」


提督「責任って……」


摩耶「寄越すものが、あるって言ってんだろ!」プルプル


提督(俺にあげられるもの……漢(おとこ)の責任の取り方……)


提督「分かった、摩耶」


提督「お前に受け取って欲しいものがある」


大淀「!」


大淀(まさか、摩耶さんの想いに)


摩耶「!?」


提督「少し準備するから待ったくれ」


大淀(まさかこんなに早く自分への好意に気がつくとは)


提督「」シュルシュル


大淀(ニブチンクソ野郎だと思っていましたが、私も評価を改めなければ……)


大淀(ん、いきなり服を脱いで正座をしてますがそれで告白するつもr)


提督「この命ッ!非礼のお詫びにお前に捧げようっ!!!」つ懐刀


大淀(なんでーそーなるのー????)


大淀「どっから出したんですかその刀」


提督「男は大事なものを守る為、心に一本、そして懐に一本の刀を常に忍ばせておくのさ」


提督「ああ、下半身にも一本あったかな」フッ


大淀「言ってる場合ですか」


摩耶「ば、ばかっ」


摩耶「アタシは提督のタマなんざ欲しくねーよ」


提督「だから竿もあるが?」


大淀「普通にセクハラですよ。ぶち殺されたいんですか?」


提督「じゃあ何が欲しいんだ?」


摩耶「そ、それは……」モジモジ


提督「金か?地位か?名誉か?」


提督「どれも俺がやるには限界があるし、時間もかかるしなぁ」


提督「取り急ぎ、渡せるものと言えば間宮券くらいか……あれ?」ゴソゴソ


大淀「間宮券でしたら、先ほど霞さんが持っていきましたよ?」


提督「……やろぅ」


提督(抜け目なさすぎるだろう……霞のやつ)


提督「と、なるとあとはお前らには鼻をかんだティッシュほどの価値もないこのカッコカリの指輪ぐらいしk摩耶「それだよっ!!」ん?」


提督「これが欲しいのか」


摩耶「あっ……いや……」


提督「そうだよな、嫌だよな」


摩耶「嫌っていうかなんていうか」


摩耶「まあ、なんだ。それしかないってんならそれで勘弁してやるか」


摩耶「いやホントは不本意だけどな? でも提督がどうしてもって言うならしょうがねぇよなぁ」


大淀(と、口では言っていても身体はとても嬉しそうにくねくねしてますね。摩耶さん)


提督「いや、いいよ」


提督「嫌がるやつに指輪押しつけたってしょうがないからさ」


提督「手間を取らせて悪かったな」


摩耶「なっ!?」


摩耶「貰ってやるって言ってんだよ!」


摩耶「よこせ!」


提督「やだ」


摩耶「よこせ!」


提督「やだ」


摩耶「ううぅ~」


提督「いやいいんだ。俺が聞き間違って勝手に舞い上がっただけだから……」


提督「んじゃ、俺たち行くから」


摩耶「寄越せよぉ、指輪ぁ~~~~」


~~~


提督「泣くほど嫌がられてしまった」


大淀「わざとやってます?」


提督「?」


大淀「そこであなたが疑問符を浮かべられる意味が分かりません」ハァ


提督「奇遇だな。俺もお前が言いたいことがまったく分からん」


大淀「……チッ」


提督「舌打ち!?」


提督「今舌打ちしたのかおまえ!」


大淀「ええ、しましたけど何か?」


大淀「砲弾を打たれなかっただけ感謝してください」


提督「……砲撃しないでくれてありがとう」


大淀「ございますは?」


提督「言うかよ!」


大淀「器の小さい男ですね」


提督「ったく、おまえはさっきからその態度はなんなn」


金剛「テートクぅ~!!バーニングラァブ!!」バッ


大淀「おっと」スッ


提督「ぐおらっ」ドゴッ


金剛「探したネー、テートクぅ~」ウマノリ


提督「こ、金剛か」


金剛「ザッツライ、ユーの金剛ネー」スリスリ


提督「とりあえず降りてくれるか?」


金剛「Oh、ソーリー」パッ


提督「いててて」サスサス


金剛「提督、大丈夫ネー?」ノゾキコミ


提督「だ、大丈夫だ」


大淀(金剛さんですか)


大淀(彼女は他の鎮守府においても言わずと知れた提督LOVE勢の筆頭)


大淀(勿論、この鎮守府でもそれは例に漏れず……)


大淀(そういえば、彼女の好意については一体どういう解釈をしてるんでしょうか)ウーム


大淀(日頃からバーニングラブだの、ボディタッチだの。猛アピールされていると思うんですが)チラッ


提督「……」


金剛「それでどうですカ?」


提督「」ビクッ


提督「どう、とは?」


金剛「私の燃え上がるエモーション、今日こそ伝わりましたカ??」ニカッ


提督「……」


大淀(ああ、これはまた気づいていない感じっぽいですね)


大淀(やっぱり駄目ですか……)


提督「もちろん」


提督「伝わってるさ」


金剛「!」


大淀(お)


提督「勘違いかとも思ったけど、今日確信したよ」


提督(薄々は気が付いていた)


提督(まさかと、当たって欲しくはないと思っていたが)


提督(金剛が俺に抱いている感情。それは……)


金剛「わぉ、とってもとっても嬉しいデース」パァ


金剛(いつもそっけない態度だから、気づいてくれていないと思ってましたが)


金剛(遂に提督のハートに届いたんですネ!)


金剛(この胸一杯に溢れんばかりの感情。すなわち……)


提督(殺意!)カッ

金剛(ラヴ!)ペカー


大淀「……あ、またすれ違いの予感」ピーン


提督「……」ダラダラ


金剛「……」ドキドキ


大淀「……」


大淀(面白そうなのでしばらく見守りますか)


金剛「ようやく気付いてくれたんですネ!私の気持ちに」ジリッ


提督「来るなっ」バッ


金剛「」ピタッ


金剛「What’s? どうしてデース?」


提督「金剛、正直に言おう」


提督「俺は君に近づかれるとどうにかなってしまいそうなんだ」


金剛「!?」ドキッ


金剛「提督、それは本当ですか」


金剛(まさかそんなに私のことを想ってくれていたなんて……)


提督「ああ、本当だ」


提督(恐怖でな)


提督「それだけじゃない」


提督「最近、君が視界の端に入るだけで、自然と追ってしまう自分が居るんだ」


提督「見失ってしまったら、もう消えてしまうんじゃないかと」


提督(むしろ消されてしまうんじゃないかと)


金剛「気が気じゃなかったんですネ」


金剛(出撃した私が轟沈してしまわないかと)


提督「そりゃあもう、気が気じゃないんだ」


提督(その瞬間背後を取られ、俺の胸に風穴が空いていないかと)


提督「今だって心臓がずっとバクバクいってるんだ」


提督(どのタイミングでしかけてくるのか。一瞬の判断ミスが命取りの場面だからな)


金剛「わ、私だってそうデース」


金剛「そんなこと言われたら、私だって……」モジモジ


金剛(今日の提督は大胆ネー)


提督「そうか……」


提督(ターゲットの俺が怯える姿を見せて、興奮しているのか?さながら、崖に追い詰めた兎に舌なめずりしながらゆっくりとにじみよるオオカミのように)


金剛(やっぱりしおらしい私は、可笑しいですよネ……)ハハ


提督「いや、無理もないだろう」


提督「もう少しで俺をヤレそうなのだからな……」


金剛「!!!」


金剛(俺“と”ヤレるですっテ!?!?)


金剛「い、いいんですカ?」ジュルリ


提督「嫌だと言っても無駄だろう?」


金剛「Off Course!!」ハァハァ


提督「……」


提督「俺も男だ、覚悟を決めたよ」


提督「本気でこいっ! 金剛っ」カッ


金剛「言われなくたって、私はいつでも全速前進デ~ス!」グッ


金剛「バーニングラァブッ~」バッ


提督「おらっ!」ブンッ


金剛「おごっ」ドゴッ


大淀「……え」


大淀「えええええ~!?!?」


大淀(な、殴ったぁ! しかも鳩尾にクリティカルヒットっ)


バゴッ ミシッ パラハパラパラ


大淀「こほっ、こほっ」


大淀(そして、衝撃でホコリが凄いことに)


金剛「て、提督……これは、どういう事です、か?」ボロッ


大淀(金剛さんが壁にめり込んでる)


大淀(というか艦娘をワンパンで吹っ飛ばすとか、どんな腕力してるんですか……)


提督「これが俺の答えだ金剛」ムネニオヤユビヲタテル


提督「俺のハート(命)はまだやれない」


提督「この身体は平和な海を取り戻すその日まで、俺だけのものじゃないからだ」


提督「だから……(俺を殺すのは)待っててくれないだろうか」


提督「君とはすべて終わった後で、正面から向かい合いたいんだ(殺し合い的な意味で)」キリッ


金剛「て、提督……」


大淀「なんでいい顔なんですか。やってること女の子殴ってるだけですからね」


大淀「ただのDVクソ野郎ですからね!?」


大淀(まあ、でもこれでいくらバk……金剛さんでも話の食い違いに気がついて……)


金剛「は、ハイ////」キュンッ


大淀「……」


大淀「あ、そういや大バカだったし、なんならドMしたこの人」



〜〜〜〜〜


大淀「まさか本当に艦娘を運ぶことになるとは思いませんでしたよ」ハァ


提督「それに関しては本当にすまん」


大淀「やりすぎです」


提督「しかしああしなければ俺の命が危うかったんだ」


大淀「金剛さんのことをなんだと思ってるんですか」


提督「英国生まれのシリアルキラー」


大淀「ジャックザリッパーかよ」


提督「かよって……口調変わってるぞおまえ」


大淀「誰のせいですか!あなたのせいですよ!」


提督「お、ひとりノリ突っ込みだ」


大淀「別に好きでしてるんじゃありません」


大淀(そもそもどうやったら金剛さんが殺し屋だなんて発想になるんだか)ヤレヤレ


大淀「もう止めにしませんか。疲れました」


提督「何を言っている。まだはじめたばかりじゃないか」


大淀「もういいじゃないですか」ハァ


大淀「この鎮守府の艦娘全員、ゲロ吐くほどあなたが嫌いってことでいいじゃないですか」


提督「いいわけあるか、悪化してるじゃねーか!」クワッ


提督「タイトルも、“嫌われすぎて廊下が艦娘の吐瀉物ですごい”になっちまうじゃねーか!」


提督「誰が読むんだよそんなの!?」


提督「というか、そこまでいくと艦隊運営に甚大な支障がでるわ!」


大淀(支障というなら現時点でもすでに、けっこうなところまで来ていると思いますけどね)


提督「」コホンッ


提督「話を戻すが」


提督「今度はきっと大丈夫だ。“あて”があるのを思い出したからな」


大淀「あて?」


提督「早速向かおう」カツカツ


大淀「……」


大淀(あんまり、いい予感はしませんが……)


大淀「ちなみにどちらへ?」


提督「ん、ああ」


提督「空母寮だ」


ー空母寮ー


提督「ついたな」


大淀「……」


提督「なんでそんなに浮かない顔をしてる?」


大淀「い、いえ」


大淀「別に」メソラシ


提督「?」


提督「!」


提督「いや、別に部下の部屋に押し入って家捜ししようとか考えてないからなっ。そこは安心してくれ」アセアセ


提督「そもそもおまえがいるのにそんなことできるわけないだろ?な?」ビクビク


大淀「別に何にも言ってないのに自分で言って動揺するの止めてくださいよ。逆にあやしいですから」


提督「あ、ああああやしくねぇし」オドオド


大淀「だからなんで挙動不審なんですか」


???「あら?なにやら楽しそうですね」


大淀「っ」ビクッ


提督「おお、翔鶴」


翔鶴「おはようございます。提督」ニコニコ


翔鶴「大淀さんも、ご機嫌よう」ニコニコ


大淀「ええ、どうも翔鶴さん」


大淀「そして瑞鶴さんも……大丈夫ですか?」


瑞鶴「……おはようございます。提督さん、大淀さん」ヨロッ


瑞鶴「ふたりとも元気そうで何よりだわ」ハハ


提督「おはよう瑞鶴」


提督「お前は相変わらずツラそうだな」


瑞鶴「……まあね」ズキズキ


瑞鶴「いつものことだし。私は薬飲んでるから。気にしないで」


提督「お前には気苦労をかける、瑞鶴」


提督「俺が不甲斐ないばかりに……すまない」


瑞鶴「そんなっ、提督さんはいっつもみんなのために頑張ってるよ」アタフタ


瑞鶴「不甲斐ないのは私の未熟のせいだもん……」


瑞鶴「こっちこそ心配かけてごめんね?」


提督「何を言ってるんだ。俺だけじゃない二航戦のふたりや赤城、あの加賀だってお前を認めてるんだ。胸を張っていい」


瑞鶴「加賀さんが?」


提督「ああ。“瑞鶴、いえ瑞鶴さんは頑張っているわ。もう、五航戦の苦労人の方とは呼べないわね”と」


大淀「それ、胸を張っていいんですか? 完全に哀れまれてますよね?」


提督「それにお前達ふたりは他の鎮守府でも有名だ」


提督「慈愛に満ちた笑顔で敵を容赦なく屠る翔鶴」


提督「その後ろで胃薬を噛み締めながら、撃ち漏らした敵航空機や砲撃から輸送艦や駆逐艦を守る瑞鶴」


提督「海を駆けるその二鶴の姿に、深海棲艦では“仏の翔鶴”“胃痛持ちの瑞鶴”として恐れられて……」


大淀「だからそれ、褒めてるんですか?みんなして褒めてるつもりなんですか??」


瑞鶴「そうなんだ……へへっ」テレッ


大淀「あっ、それでいいんですね、そろいもそろってチョロいなウチの艦娘」


提督「俺に出来ることがあったら言ってくれ。なんでもするから」


大淀「え、今なんでもするっていry」


提督「おまえには言ってない」


瑞鶴「な、なんでも。ほんとにいいの?」チラッ


提督「ああ、俺の応えられる範囲でなら」


瑞鶴「じゃ、じゃあ……」ゴクリッ


翔鶴「瑞鶴」


瑞鶴「!」ビクゥ


翔鶴「随分楽しそうね。瑞鶴」ニコニコ


翔鶴「久々に貴方の笑顔が嬉しそうにしているのを見れて私も嬉しいわ瑞鶴」ニコニコ


翔鶴「けれどあまり言葉をそのまま受け取りすぎてもいけないのよ?瑞鶴」ニコニコ


翔鶴「提督はお優しいからそう言ってくれているだけなの。むやみやたらにおねだりしては駄目瑞鶴」ニコニコ


翔鶴「品性を失っては、そこらの発情猫どもと変わらないですからね瑞鶴」ニコォ


翔鶴「ねえ、瑞鶴? 聞いている瑞鶴?」


翔鶴「私はあなたの為を思って言っているのよ瑞鶴?」


翔鶴「あなたはずっと私の後ろで守られていれば良いのよ瑞鶴?」


翔鶴「瑞鶴瑞鶴瑞鶴?」


大淀「」


瑞鶴「……」


瑞鶴「そ、そうだね。翔鶴ねぇ」


瑞鶴「ありがと提督さん。今は気持ちだけ受け取っておくね……」


提督「おいおい遠慮するなよ、瑞鶴俺とお前の仲(苦労人仲間)じゃないか」


提督「困りごともあれば相談に乗るぞ。いつでも頼ってくれていい」


提督「瑞鶴のためならいつでもどこでもとんでくr……いってぇ。なにすんだお前この野郎」バキッ


大淀「なにすんだはコッチ台詞ですよ、あなたのその発言が現在進行形で瑞鶴さんの胃の状態を悪化させてるって分からないんですか?」ヒソヒソ


提督「俺は瑞鶴の為を思ってだな……」ヒソヒソ


大淀「TPOを考えろっつってんですよボンクラ」ヒソヒソ


提督「え、男子禁制の場所に長話で居座り続けるなってこと?」ヒソヒソ


大淀「それも確かにありますが、今はもっと分かりやすいのがあるでしょうが。今更どこに気を使ってるんですか」ヒソヒソ


大淀「大体、その論法で行くと女だらけの鎮守府に男ひとりの時点でアウトですよ?」ヒソヒソ


提督「た、確かに……だとすると、俺はどうすれば?」ヒソヒソ


大淀「もう色々手っ取り早く去勢しましょう」ヒソヒソ


提督「宦官かよっ!?」ヒソヒソ


提督「そこまでお国に忠誠を誓ってないわ」ヒソヒソ


提督「とったブツもどうすればいいんだよ。摩耶にでもプレゼントしろってか?」ヒソヒソ


大淀「ああ、喜ぶかもしれませんね?」ヒソヒソ


提督「なんてサイコパス」ヒソヒソ


提督「そこは”提督、セクハラですよ?”みたいなツッコミが欲しかったんだよ」ヒソヒソ


提督「なのに肯定するなよ怖いよ!?」ヒソヒソ


大淀「いや、それよりも今の状況のほうがよっぽどk」


翔鶴「先程からこそこそと、おふたりで何をお話していらっしゃるんですか?」


翔鶴「よければ私も混ぜてくださると嬉しいのですけれど」ニコッ


大淀「い、いや~、まだ通達がされてない極秘情報てきなアレなので、ちょっと……」


翔鶴「大淀さん?」


大淀「ひゃ、ひゃい」ビクッ


翔鶴「提督と仲が良いのは結構なことですか、少々態度がくだけすぎなのでは?」


翔鶴「一緒に働いている時間は長くとも相手は上官。そこに礼節があって然るべきでは?」


翔鶴「そんな風では秘書艦としての役割がまっとうできるか不安です」


翔鶴「どうでしょう、少し休暇を取って気分を一新してみるというのは?」


翔鶴「2、3日……いえ、日頃の疲れが取れるまで休んでいただいて結構ですよ」


翔鶴「この鎮守府には療養休暇、というものもありますから」


大淀(私に何する気ですか!? 長期治療が必要なほどの苦痛を与える算段をたててらっしゃるんですか!?)


提督「やーい怒られてやんのー」プークスクス


大淀(ぶっ◯ろされる前にぶっ◯ろしてやりましょうか、この男っ)イラッ


翔鶴「それで提督」


翔鶴「空母寮にいらしたということは、何かご用が?」


提督「ん、ああ。実はな」コホン


提督「今日はお前に会いに会いに来たんだ、翔鶴」キリッ


翔鶴「まあ。私に、ですか?」


翔鶴「嬉しいです」ニコ


提督「む、あまり驚いていないように見えるな」


提督「俺が空母寮に来るのは珍しいと思うが……」


提督(なんなら初めてくらいじゃないか?)


翔鶴「なんとなく、提督がいらっしゃるんじゃないかなと考えておりましたので」


翔鶴「“女の勘(GPS)“、というやつです」フフッ


大淀「えっ。いま、なんかとんでもねぇルビついてませんでしたか?」


翔鶴「それになにやらあちこちで売t……艦娘たちを訪ね回っていらっしゃったとか」


翔鶴「もちろんこれも“風の噂(盗聴)”で小耳にはさんだだけですが」


大淀「だからさっきから、物騒な振り仮名ふってませんか? ねえ???」


翔鶴「提督、私は悲しいです」ホロリ


翔鶴「何故最初に私の元へ来て下さらなかったのかと」


翔鶴「提督のためならこの翔鶴どんなことでも厭わないというのに」ヨヨヨ


提督「なにがなにやら分からないが、とにかく俺の行動が君を悲しませてらしいな」


提督「すまなかった。謝るから俺の胸を人差し指で“の”の字になぞるのはやめてくれないか?」


提督(超くすぐったいから)


翔鶴「分かりました。てわすらはやめましょう」スッ


提督「うん、それとねしなだれかかるのもやめてもらえるかな?」


翔鶴「それはできません」キッパリ


提督「よしっ、数行前のセリフを思い出そうか!」


提督「俺のためならどんなことも厭わないって言ってなかったっけ!?」


翔鶴「すみません、けれどどうしても許せないんです。この(他の女の)匂いが」スンスン


提督「え、匂い? 俺臭い?」クンクン


提督(女性の多い職場だから、風呂には毎日入ってるし、軍服には消臭剤、脇や足の裏には制汗剤つかってケアしてるつもりなんだけど)


翔鶴「とっても臭いです。プンプンです」


提督「プンプン、なのか……」


翔鶴「ええ、もう吐き気を催すほどに」


提督「い、いやぁ。それはいいすぎじゃ……」


翔鶴「いいえ!!」


翔鶴「本当の本当に臭くて死にそう!!!……というか殺してしまいたいくらいです(他の女どもを)」


提督「殺したいほどなのか(俺を)」


翔鶴「辛うじて理性を保っている自分を褒めてあげたいもの」ギリッ


提督「そ、そこまでなのか」ナミダメ


翔鶴「まさか(女たらしの)ご自覚がない?」


提督「(腋臭の)自覚? そんなものがあったらこうして平然君の前に顔を出してはいないよ……」


翔鶴「いつ(私の気持ちに)気づいてくださるのかと思っていましたが、やはり言わないと提督は分かってくださらないみたいですね……」


提督(いや今滅茶苦茶に言ってたじゃん)


翔鶴「提督。この際ですから申し上げます」


翔鶴「私は提督が(他の女が会話していることすらも)許せないんです」


翔鶴「ですから金輪際(私以外の女性に)近づかないでくださいませんか?」


翔鶴「約束していただけないと、私もう(嫉妬で)どうにかなってしまいそうなんです。狂ってしまいそうなんです」



つづく


後書き

シリアスを挟まないように100%コメディーで頑張ります。
結構見切り発進なので、もし出して欲しい艦娘やシチュがあれば、コメントいただけると採用させていただくかもしれません(ただ、初期の方のキャラしか分からないのでご注意くださいませ)

2021/2/11 追記
いつも読んでいただきありがとうございます。
リクエスト制(安価?)のSSは初めてだったんですが、コメントいっぱいいただいて楽しく書かせてもらってます!

リクエストにお応え出来る艦娘について、どの辺りまで大丈夫なのか一応具体的に定義しておくと、艦これ改(PSVita)に出てくるキャラ+山風(好きなのでw)あたりまでは大丈夫です!参考までに!
なんだかこの鎮守府はみんなクセのあるキャラに仕上がっていて、中々筆の進みが鈍いですが、頑張って更新するのでこれからも応援して貰えると嬉しいです~


このSSへの評価

15件評価されています


セロリさんから
2021-02-14 23:38:28

SS好きの名無しさんから
2021-02-01 00:00:36

2021-01-21 20:34:25

多聞丸さんから
2021-01-18 07:44:33

たぴおさんさんから
2020-12-15 23:44:28

Abcdefg_gfedcbAさんから
2020-12-14 03:19:12

天邪鬼さんから
2020-12-13 10:16:44

メットールさんから
2020-12-10 15:18:26

かむかむレモンさんから
2020-12-09 20:30:21

S.L.KⅡさんから
2020-12-09 00:31:11

昌一さんから
2020-10-25 19:39:46

50AEPさんから
2020-10-25 15:55:40

SS好きの名無しさんから
2020-10-23 00:15:29

糞転虫さんから
2020-10-22 19:47:46

桃蜘蛛さんから
2020-10-19 02:20:41

このSSへの応援

16件応援されています


SS好きの名無しさんから
2021-02-27 23:50:42

ニンニク2さんから
2021-02-24 05:45:16

SS好きの名無しさんから
2021-01-24 22:42:24

2021-01-21 20:34:28

多聞丸さんから
2021-01-18 07:44:36

たぴおさんさんから
2020-12-15 23:44:28

Abcdefg_gfedcbAさんから
2020-12-14 03:19:14

天邪鬼さんから
2020-12-13 10:16:45

メットールさんから
2020-12-10 15:18:30

かむかむレモンさんから
2020-12-09 20:30:23

S.L.KⅡさんから
2020-12-09 00:31:12

SS好きの名無しさんから
2020-12-07 02:42:21

昌一さんから
2020-10-25 19:39:49

50AEPさんから
2020-10-25 15:55:41

糞転虫さんから
2020-10-22 19:47:42

桃蜘蛛さんから
2020-10-19 02:20:44

このSSへのコメント

21件コメントされています

1: SS好きの名無しさん 2020-10-28 11:50:54 ID: S:20zHUN

とても面白いので続きを楽しみにしています。金剛の様な直接好意を伝えて来る艦娘をどう脳内処理してるのか良ければ教えて下さい

2: kure 2020-10-29 07:57:49 ID: S:WBHTce

→1さん

コメントありがとうございます!
この提督は、金剛などからのアプローチは社交辞令だと思っているので、「気を使えるいい娘たちだな」くらいの認識ですかね。

折角なので、摩耶の次は金剛を登場させてみようと思います!

3: SS好きの名無しさん 2020-12-09 03:41:13 ID: S:_Ayvj-

始めて読みましたが、とても面白いです!是非、金剛のも見てみたいです!突然のリクエストになりますが、いいですか?金剛の次に、五航戦を出して欲しいです。表向きは優しそうでも、一言喋ると他の艦娘(空母除く)に対してかなり辛辣で、駆逐艦に至っては一隻も名前を覚えないレベルで嫌ってる(見た目の幼さや遠征などの利便さ含めて優しく貰ってるのが許さない嫉妬)、提督が瑞鶴と喋っても妹に対して舌打ちする位とことん提督好きだけど素直になれなくて、殺意レベルで嫉妬深くて一度不機嫌になると周囲に迷惑八つ当たりをかけるほど意地っ張りを拗らせて欲しいです!瑞鶴はそんな翔鶴の理解者かつ叱れる存在であり、フォローが滅茶苦茶上手な艦娘で一番に胃を痛める苦労人キャラ(提督の悪意あるセクハラ以外爆撃をしない)の設定でお願いします!

4: SS好きの名無しさん 2020-12-09 12:27:10 ID: S:phH4tD

3です。
好きだけど素直になったら死ぬと思う嫉妬深く意地っ張りなのを翔鶴、大淀と同じ提督の味方でフォロー上手の胃を痛める程の苦労人を瑞鶴でお願いします。言葉が足りずすみません!

5: かむかむレモン 2020-12-09 20:30:17 ID: S:o9r2eM

続きを…書くのです…

6: kure 2020-12-10 00:56:41 ID: S:hTcXcF

→3さん
リクエストありがとうございます!
自分では中々思いつかない設定だったので、是非書かせてもらえればと思います!
しばしお待ち下さいませ~

7: SS好きの名無しさん 2020-12-11 02:26:40 ID: S:qWlpUk

これは神作品の予感です!!自分もリクエストお願いします。キャラクターは龍田で、言ってる事は怖めだけど本当はすっごくピュアな恋する女の子で、提督と目が合っただけで顔を赤くする位の恥ずかしがりでお願いします。本当はもっと近づきたいけど、恋する女の子特有の恥ずかしさと龍田が関与した過去のトラウマ(友鶴事件など)で提督を失わないかという不安から、あえて遠ざける事を言ってしまうという性格でお願いします。とても寒い時期ですが、体を壊さないように勉学に励んでください!

8: kure 2020-12-13 23:59:45 ID: S:eDwOcp

→7さん
リクエストありがとうございます!
すごくいい設定なので、かわいい龍田に書けるよう頑張ります!!
(体調も気をつけますね)

9: kure 2020-12-14 00:03:14 ID: S:tmiwzj

→かむかむレモンさん
鋭意執筆中なので、温かい目で更新を見守っていただければ……

この作品の他にも、ヤンデレ時雨SSなど自信作もいろいろあるので、よろしければ是非!!(ステマ)

10: SS好きの名無しさん 2020-12-14 23:01:57 ID: S:D78m1R

リクエストいいですか?満潮と神通をお願いします。
何か不満げなことを言う度にニブチンな提督に「だったらほかの鎮守府へ異動するか?」と言われ、挙句に「そんなに自信が無い事を言ったら辛気臭くなって皆の士気が下がってしまう。だから、お前に強くなって欲しくて神通に特別訓練を頼んだ。安心しろ、彼女も喜んで受け入れてくれた。満潮が自信持てるまで骨の髄まで粉砕して死んでも訓練するって張り切ってたからな!良かったな!」と悪気なく言う提督、地獄の訓練に泣きながら連行される満潮、提督に頼られたからには!と張り切って死なせてでも扱く人殺し教官の神通、同情してしまう大淀をお願いします(笑)

11: SS好きの名無しさん 2020-12-14 23:10:24 ID: S:-W7GY8

出来ればほしい台詞で、
大淀「提督…少しは彼女の気持ちを理解してあげないと駄目ですよ…何ですかこの鈍すぎるすれ違いっぷり…アンジャッシュじゃないのに…(頭抱える)」
提督「え?(キョトン)」
神通「はい!満潮ちゃんが死ぬまで厳しく、徹底的に、骨の髄まで!この神通が自信持てる位辛気臭い性根を叩き直します!さあ満潮ちゃん、行きましょう。大丈夫ですよ、私も敵となって貴女を沈める気で訓練をします!勿論手加減はしません!提督、期待して下さい!満潮ちゃんを更生させますね!」
満潮「嫌!神通さんに殺される!司令官の馬鹿ぁー!!」

12: kure 2020-12-15 23:24:47 ID: S:1n-y8m

→10さん
リクエストありがとうございます!
セリフまで考えていただいたので、がんばって組み込んでみようと思います!!

13: たぴおさん 2020-12-15 23:44:22 ID: S:vpCcc5

これは…期待せざる終えません

14: SS好きの名無しさん 2021-01-10 02:54:22 ID: S:r2OIGU

瑞鶴ヲ求ム ( `・ω・´)

15: 多聞丸 2021-01-18 07:45:11 ID: S:z4gLpV

面白いです!吹雪を出来ればお願いいたします。

16: kure 2021-01-21 00:48:38 ID: S:CKHN31

→たぴおさん
ありがとうございます!
頑張ります~

→14さん
コメントありがとうございます。瑞鶴も出したいと思ってます!

→多聞丸さん
ありがとうございます!吹雪は最初から出そうと思ってたので、どんな登場をするか楽しみにして頂ければと思います!!

17: タウイ泊地の大将提督 2021-01-21 20:35:00 ID: S:TqMdVR

面白い...面白い...

18: SS好きの名無しさん 2021-02-07 21:11:10 ID: S:eXUFRx

加賀さんが気になりました!瑞鶴をさん付けするのは珍しいと思ったら、苦労人キャラだからなんですね…!リクエストになりますが、そんな苦労人瑞鶴の良き理解者枠で、瑞鶴のことで相談に来る加賀さんをお願いします!
内容→瑞鶴に長期休暇を与えて欲しい。翔鶴のせいで胃薬とケッコンしたらと思うと痛々しくて見ていられない。翔鶴は翔鶴で理不尽と駆逐艦嫌いを貫いてて、その度に瑞鶴がフォローしないといけないから。しかも二航戦も変人過ぎて癖が強くてそっちのフォローにも回らないといけないから、これは何がなんでも休ませたい!一度翔鶴から離さないといつか瑞鶴が死ぬ!

19: kure 2021-02-11 11:00:03 ID: S:Eimj-w

←タウイ泊地の大将提督さん
 ありがとうございます!楽しんでもらえて幸いです~
 村雨も出してあげたいと思います(結構前が詰まってますが……)

←18さん
 加賀さんいいですね、後日談とかでそういう話も書いてみたいです!
 (ただ瑞鶴がいないと、他の艦娘がヤバそうですけどね……)

20: SS好きの名無しさん 2021-02-11 12:23:39 ID: S:yDWNOE

二航戦いいでしょうか?かなり癖が強すぎて、一航戦でさえも手に負えないレベル(飛龍→相手を滅茶苦茶煽って自滅させる、蒼龍→地球一周回っても理解出来ない趣味。2人ともあの長門と加賀が頭を抱えてるレベルで艦娘から恐れられてる。瑞鶴の胃痛の元凶その2)で、提督からは「何を考えてるか分からない、武闘派のダブル首領パッチ」と恐れられている。

21: 爆鱗竜式爆撃機 2021-02-15 19:40:29 ID: S:cAgUJ-

ちょっと病み気味の翔鶴さんいいですねぇ…


このSSへのオススメ

2件オススメされています

1: 多聞丸 2021-01-18 07:45:19 ID: S:C8QZmd

頑張ってください!

2: タウイ泊地の大将提督 2021-01-21 20:35:51 ID: S:CBRjj0

すっごい面白いと思います!村雨の登場を望みます!


オススメ度を★で指定してください