浜風のSS一覧まとめ

「浜風」のSSを書いてみませんか?
SS投稿速報なら直ぐにSSを書き始めることができます。

提督「何!?新型の深海棲艦だと!!?」 深海棲艦「俺の目的は…。」

2017-09-20 17:21:06 更新

息抜きに新しいストーリー考えてみました。今回は、ただただ、艦娘達にやられていくストーリーです。単純に戦闘を楽しみたい人、艦娘が沈むところが読みたい人のみ読むことをオススメします。 誤字、脱字、文...

提督「第1回鎮守府バスケットボール大会!!」

2017-08-03 15:09:04 更新

なんかパっと案が浮かんだから書いてみた。 普段はこっち→提督「貞操観念が逆転した世界に行ける装置?」明石「その1」 提督がSFなのは主のポジションがそうだからです。 ★はキャプテンです。 不定期更新で...

海から来た人Ⅲ 【記憶の扉】

2017-09-19 02:03:45 更新

加賀が隠し続けた島の真実。そして海人が忘れてしまった過去の事件。その鍵を握る艦娘が島にたどり着く。これは絶望を知って壊れた艦娘が心を取りもどす物語。

「地図に無い島」の鎮守府 第五十五話 武蔵の決意

2017-07-13 23:12:26 更新

引き続き、深海側の要塞で苦悩する武蔵が出した答えと、それに沿う清霜。しかし追手がかかり、武蔵の圧倒的な力が発揮される。 早池峰泊地の浜風は、主任の奥さんの特製サンドイッチを味わっていたが、そこ...

筋肉痛社会人中川翔平が行く艦隊これくしょん編(リメイク版)

2017-03-04 15:35:45 更新

深海棲艦から海を取り戻すべく柱島泊地の提督達が艦娘達も大暴れする超ひっちゃかめっちゃかストーリー!

親潮「バレンタイン.....」

Haku 
2017-02-21 22:57:40 更新

バレンタインは一週間前? まだ大丈夫!!!..........ですよね?

【R-18】補佐官「ひたすら駆逐艦とイチャイチャラブラブしたい」

2017-02-13 22:52:28 更新

補佐官「…えっと…提督殿、佐世保鎮守府への遠征任務ですが、誰に任せましょうか?」カキカキ 提督「ああ、その事なら待機中の曙と潮にやってもらう」 補佐官「了解致しました。それともう一...

「地図に無い島」の鎮守府 第三十八話 気まぐれな姫

2017-01-30 05:56:13 更新

12月31日、深海側の要塞から。 艦娘側の大規模な作戦の動きに気付いた深海側は、対策を立てるべく動き始めるが、たまたま戻ってきていた「中枢戦姫・零姫」が大暴れを始める。 そして、同じ頃の堅洲島鎮守...

浜風「守れなかった…」

2017-01-29 21:00:18 更新

この物語は乳風こと浜風が鎮守府に来て色々と成長する物語です 一部史実にもとずいて物語を展開していきます

「地図に無い島」の鎮守府 第三十六話 深海の疑惑

2017-01-10 10:35:45 更新

12月30日夜の堅洲島鎮守府。 下田鎮守府の提督と瑞穂とともに、下田鎮守府の大量の書類を精査して、ある艦娘の深海化疑惑が持ち上がる。 そして、その場合を考慮して特務第七の川内を交えた打ち合わせを行...

「地図に無い島」の鎮守府 第三十五話 休みの方が忙しい

2016-12-30 11:10:22 更新

引き続き、12月30日、夕方ごろの堅洲島鎮守府及び、漂流中の熊野、名ばかり泊地の浜風。 二人の川内の夜戦演習で、ついに堅洲島の川内が一勝を挙げる。 ある質問の答えを貰って、放心気味の陸奥だったが、...

「地図に無い島」の鎮守府 第三十四話 川内、ふたり

2016-12-23 20:53:11 更新

引き続き、12月30日の午後。釣りを楽しんでいる提督をよそに、堅洲島鎮守府では二人の川内が自由に動き始めていた。 一方、太平洋をさまよう熊野と朝雲は、パルミラ環礁に到達する。 そこで、新たな出会いが...

艦娘と共に暮らす毎日

2017-07-22 05:52:24 更新

中卒でバイトの面接落ちまくり所持金832円の創汰に持ちかけられた、謎の仕事その依頼主は怪しいおじさんだった。簡単に仕事内容を説明すると敵の侵略を阻止しろとのこと だけどその仕事内容が...?

「地図に無い島」の鎮守府   第十七話  彼方の海で

2016-10-17 06:02:14 更新

音信不通になったアメリカの洋上ロケット発射基地『ダイナソア』を奪還すべく、 特務鎮守府第一から第五までの司令船が大兵力を展開する。 緒戦は順調だったがすべて敵の手のうちであり、さらに深海側の運用す...

海から来た人

2017-01-06 00:30:16 更新

嵐の夜。とある島に男と一つのジュラルミンケースが漂着する。名前もなく、地図にもない、もう終わってしまった島に流れ着いた彼には記憶がない。そんな彼と艦娘の物語。