2019-06-18 11:20:45 更新

概要

この作品は【単独行動隊提督 14】の続きです
この作品は合同作品が存在します
合同作品名【反乱軍提督】
こちらの作品もよろしくお願いします


前書き

提督

【過去大きなミスを犯したと言って自ら単独行動隊に入った変わり者 目付きが悪いせいで他の者から距離を開けられる事の多い】
【首にはいつもネックレスをしてるところが特徴 そのネックレスの形も特徴的で1と6…?の形した数字が飾られている】
【単独行動隊66番 コードネーム:a maverick(通訳:はぐれ者) 現在は単独行動隊を辞めて南我原鎮守府の提督をやっている】
【過去 川内が沈んで息絶えた川内の亡骸を見つけた際に夜雷が鳴っていて、それ以来夜雷が鳴っている時に外へ出ると思い出して怖がる(言わばトラウマ)】
【過去 大湊警備府提督だったが伊19と川内が轟沈して提督をやめ、単独行動隊に入ったが再び提督に戻って南我原鎮守府提督になった(追記 伊19だけではなく、川内も沈ませてしまって罪を償おうと単独行動隊に入った…)】
【上官と会う前は北提督と一緒で人間同士の戦争が起きてた場所で育った 人体実験をして腕と足は常人を超えた力を持っていて、腕から日ノ丸と言う艦載機を発艦させることが出来る 搭載数は片手に5機 両手で10機】
【日ノ丸艦載機=戦、攻、爆を取り揃えた万能艦載機 ボーキサイトや弾薬を多く使うのが欠点だが援護射撃や単独行動をしてる提督にとっては優秀過ぎる艦載機である】
【過去のあだ名は特攻隊提督と呼ばれていた】


瑞鳳

【仕事熱心の働き者で面倒見のよい艦娘(軽母) 配属が決まっていなかったが今回の提督の所に着任する事が決まった】
【過去 元横須賀鎮守府の秘書であり元提督の事や横須賀鎮守府の事を聞いたり、話したり、思い出したりすると性格が急変する】
【過去何かをしてこの世界を危険な目に晒した張本人でもあるらしい→過去にした事をなんとかしようと1人で悩み続けていたが提督に助けを求めて手伝ってもらっている】
【如月の睨みつけの劣化版 気迫で敵を怯ませることができる 範囲は半径30m】


金剛

【いつもハイテンションで元気な艦娘(戦艦) 配属は東我原鎮守府に決まっていたが移動が決まって今回の提督の元に着任した】
【ほとんどティータイムの時しか出てない気がする…】




【元気が良くて悪戯好きな艦娘(駆逐艦) 元々は東我原の艦娘だったが上官と東提督が演習で賭けした際に南我原に移動が決まった】
【提督に酸素魚雷をぶつけて遊ぶのが趣味…?】




【礼儀正しく少しおっちょこちょいな艦娘(駆逐艦) 元々は東我原の艦娘だったが上官と東提督が演習で賭けした際に南我原に移動が決まった】
【提督の仲間思いや艦娘思いに心を打たれて好意を抱いている】


吹雪

【元南提督の艦娘(駆逐艦) 単独行動隊管理者の指揮者をやっていたが現在は南我原に着任している】
【瑞鶴と一緒で提督loveな所はあるが瑞鶴と違って人前など二人になれない場所では大胆に抱きついてきたりはしない…だが、二人っきりになった時は物凄く大胆になる】
【南提督の過去と瑞鳳の過去は青葉と同じくらい知ってる】
【元大湊鎮守府に着任していた頃は元秘書艦代理だった(追記 元大湊鎮守府に着任していた時は医務も担当していた)】
【過去、深海棲艦に直撃を食らって沈んだが、提督に救助され 今も滞在している…が、吉を引いたか凶を引いたかはわからないが1度沈んだことによって1ヶ月に1回ぐらいに深海棲艦化の発症が現れる※】
【※上記に追記 深海棲艦化が発症する代わりに駆逐艦とは到底思えないほどの力を手に入れた 駆逐艦でも戦艦だろうがなんだろうが一撃粉砕するほどの力を持っている…が、それを使うと深海棲艦化が一気に襲ってくるため、多用することはできない※】
【※さらに上記に追記 深海棲艦化を抑えるための薬が吹雪が沈んだことによって、すぐに開発された【即効性型深海棲艦化鎮圧粉末】と【長効型深海棲艦化鎮圧錠剤】というものを飲めば深海棲艦化を一時的に抑えることができる】
【提督と同じ睨みつけが使える(限度・制御が効かず、提督程ではないが広範囲で吹雪と目が合った者は敵味方関係なく気絶させる(1度使ったら丸一日目が開かなくなる))】


時雨

【南提督の元艦娘 元は佐世保鎮守府の艦娘だったが現在は南我原鎮守府に着任している(駆逐艦)】
【よくヤンデレキャラとして使われるがこの作品では通常なので予めご了承下さい】
【おとなしい性格で物静かなところが目立つ よく提督が寝ている時に密かに唇を重ねることが多いとか…?】
【自分の意思でキレることができて戦闘力を上げることがてきるが制御が効かないためあまり使えない】
【特殊能力ー直感を使うことができる どんなに選択枝があろうと二つに絞ることができる ただし、二つしかない場合には効果を発揮することができない】


夕立

【南提督の元艦娘 元は佐世保鎮守府の艦娘だったが、現在は南我原鎮守府に着任している(駆逐艦)】
【語尾に(ぽい)や(かも)とつけるなんとも可愛らしい艦娘(作者は瑞鳳が一番です!)】
【元気な性格で提督に甘えてくる時は飛びついて甘えてくる…正直、瑞鶴と変わらない(瑞鶴みたいに人前気にせずイチャイチャしようとは言わない)】
【特殊能力ー野生の本能を使うことができる 使うと獣のように暴れ回り、野生の勘を発揮させることができる …ただし、野生の本能を使うとコントロールがなかなか聞かないうえに野生の勘も勘だから使い時は非常に難しい(ほとんどキレた時と同じ)】


扶桑

【南提督の元艦娘 元は佐世保鎮守府の艦娘だったが今は南我原鎮守府の艦娘(戦艦)】
【不幸艦と言われている艦娘だが現在南我原提督にお前達は不幸艦じゃないと言われ自分が不幸艦だと思うのをやめた】
【元大湊警備府にいた時は戦艦のなかでもトップクラスの性能を持つ航空戦艦】


山城

【南提督の元艦娘 元は佐世保鎮守府の艦娘だったが今は南我原鎮守府の艦娘】
【扶桑と同じく不幸艦と呼ばれていたが現在南我原提督にお前は不幸艦じゃないと言われ自分か不幸艦だと思うことをやめた】
【元大湊警備府のにいた時は戦艦のなかでも二番目に強いと言われていた航空戦艦】


天龍

【元東南我原鎮守府に着任していたが移動が決まって現在南我原鎮守府に着任 子供に人気がある面倒見の良い艦娘】
【提督と一緒に先陣を切って敵艦隊を一網打尽にしたこともある軽巡洋艦準エース 実力は提督も認めるほど】
【特殊能力ー範囲識別 半径50メートル以内に入ったありとあらゆるものを100%識別できる 使うと燃料を大量に使う上に目をずっと開いていないといけないため、目に疲労が溜まりだんだんと痛みが襲ってくる 電探の強化版みたいなもの】


龍田

【元東南我原鎮守府に着任していたが移動が決まって現在南我原鎮守府に着任】
【普段は毒舌で目を細めて相手を睨みつけることが多いが意外にも押しに弱くて、提督にぐいぐい押されると普段の性格とは逆転し、オドオドしながら恥ずかしがる】


如月

【元東南我原鎮守府に着任していたが移動が決まって現在南我原鎮守府に着任】
【提督LOVE塾(っ'ヮ'c)<ウッヒョォォォォオな艦娘(もはや意味不明)】
【第二軍隊最強艦娘と呼ばれていて、一軍隊と比べれば戦力は劣るがなかなかの実力を持っている】
【吹雪とは仲が悪く、少しでも話すとすぐに喧嘩する(如月 吹雪が悪いのよ?私は悪くないわ)】
【睨みつけに近い睨みを使うことができる※】
【※上記に追記 提督たちが使う睨みつけとは違い、目を合わせても気絶はしない その代わりに提督たちよりもはるかに超える半径100m以内の敵に睨みつけると一瞬だけ動かなくなる しかも目を合わせる必要性がない】


東提督

【東我原鎮守府の女提督 艦娘思いの強い一面もあり、かなり人気のある提督】
【過去 南提督に金剛を取られた事で取り返す為、南に演習を挑んだが敗退(七体一 東が七)
その上雷と電も取られた】
【南方海域で第一艦隊がやられそうになった時に南提督に助けてもらって南提督に惚れた】
【過去 辛い事があったらしいが誰にも話していない→過去に好きな人であった元横須賀鎮守府提督が反乱軍になったことによって嫌いとまでは言わないが見損なったと思っている】
【南提督が自ら深海棲艦と戦うのに憧れて東提督も自身で戦う事を決意し、明石が作っていた南提督が使っている重攻撃型装甲を見つけて装備する(武器はいろいろと取り付けられている)】
B:Dって事は教えておくわ
W:キュッとしてるわ!
H:…(小さくて悪かったわね…)


加賀

【ご飯&ボーキサイトをいっぱい食べる東我原のクール艦娘(正規空母) 】
【東我原の艦娘だが元同僚の金剛、雷、電が南我原に居るので時々遊びに来る…が、最近は時々ではなくほぼ毎日来ている気がするが…】


赤城

【加賀と同じくご飯&ボーキサイトをいっぱい食べる東我原の艦娘(正規空母)】
【加賀と同じく南我原に遊びに来るが飯目的で来る ちょっと限度を考えて欲しい(南)】


青葉

【南提督の元艦娘だった現在東我原の艦娘(重巡)】
【提督の過去を一番多く知っている一人…だが、南提督の過去を話そうとはしない 上官に口止めされているのもあるが悲しすぎると言うこともあって口を開かない※】
【※上部に関連する追記 瑞鳳の情報も知っているみたいだが元提督より酷いと言って話そうとはしない】


明石

【工作関係を得意とする東我原鎮守府の艦娘 南提督の換装【重速度型装甲】を治した本人でもある】
【南提督の換装が珍しかったらしく同じのを作ったマニアック】


提督(北)

【北我原鎮守府の提督 南提督とは馴染みで昔南提督の鎮守府に良く遊びに来ていた元気っ娘】
【過去 人間同士の戦争が起こっていた村で生まれ、本当の兄貴が殺され上官に助けられた】
B:聞いたら殺す!(Aカップ)殺す!!
W:体重は気にしてるから痩せてるわ!
H:でかいのかしら?


神通

【元南提督の艦娘 今は北提督の艦娘(軽巡) いつもおとなしい感じが目立つ】
【南提督の過去を青葉程ではないが多く知ってる】
【川内が沈んだことは知らない…?】


那加

【元南提督の艦娘 今は北提督の艦娘(軽巡) 私はアイドルと言うところが一番目立つ元気っ子】
【南提督の過去を青葉程ではないが多く知ってる】
【川内が沈んだことは知らない…?】


瑞鶴

【南提督(元提督)loveの元南提督の艦娘 現在は北我原鎮守府に着任している(正規空母)】
【南提督を見かけた瞬間どこでも構わず抱きついていく】
【過去 初代提督(呉鎮守府提督)に五航戦は要らないと言われ鎮守府から追い出され捨てられた…だが南提督に助けられ、面倒を見てくれた事がきっかけで好きになった※】
【※上部に関連する追記 初代提督は南提督がなんとかしてくれた為、復讐することなどは考えていない】
【青葉程ではないが皆より多少多く知っている】
【特殊能力ー一点集中を使うことができる 10秒間的を見る必要はあるが条件が整ったら狙った的に100%当たる ただし、その的を見てる間は他のことに気を回してはいけないうえに100%当たるが防御されたら意味がない】


翔鶴

【瑞鶴の姉で南提督の元艦娘 現在は北我原鎮守府に着任している(正規空母)】
【おとなしい性格でいつも瑞鶴の面倒を見ている】
【過去 合同作戦を失敗した事があるが南提督が解決してくれたことがきっかけで惚れた】
【青葉程ではないと思っていたが青葉←吹雪←翔鶴の順番で元提督のことを知っている】
【提督と同じく睨みつけが使える(限度・半径五m以内にいる敵味方関係なく目を合わせた人を気絶する程度しかできない上一日一回しか使えない)】


提督(西)

【西我原鎮守府の提督 無口でいつも静かに本を読んでる事が多い】
【性別 女】
【最近は出番が一切ない】


不知火

【南提督の元艦娘 今は西提督の艦娘(駆逐艦) いつもクールでなかなか表情を崩さないところが特徴】
【南提督に睨みつけを教えた本人でもある】
【南提督の過去を青葉程ではないが多く知ってる】


提督(東北)

【東北我原鎮守府のショタ提督 見た目は小さいがかなり頭の良い指揮官(東より頭が良い)】
【提督の中でも評価がかなり高いが見た目が小さい為馬鹿にされることが少々…】


妙高

【南提督の元艦娘 現在は東北我原鎮守府の艦娘(重巡)】
【過去に演習で元提督の秘書艦を沈めようとした事で鎮守府から追い出された】
【元提督の事は酷く恨んでいるらしく、南提督を殺そうと考えている…?】


長門

【現在は東北我原鎮守府に所属する艦娘だが過去瑞鳳と一緒だった元横須賀鎮守府の艦娘】
【過去 瑞鳳のせいで元提督が島流しされた事を今でも忘れておらず、復讐心を今でも持っている】
【元横須賀鎮守府の時では戦艦のエースと言われていた 今現在裏切り説があがっているが本当かは不明…】



武蔵

【大和型戦艦で二番目に強い最強の艦娘(戦艦) いつも上官の補助をしている】
【出番は少なめなのであまり書くことがない為、この前の作品と同様また(また)しても出番があるか不明】
武蔵「…もう何言っても無駄だな?」


night

【単独行動隊の一人 艦娘に手を出して軽犯罪を受けて捕まった変態…だが、紳士である(手を出したと言っても性的な意味)】
【犯罪ランクはA】
【南提督とは仲が良く、共に戦闘を行動した事もある】
【身体能力は南提督程ではないがなかなか高い※】
【※上部に関連する追記 南提督の睨みつけは効かない+駆逐艦程度の攻撃はほぼ当たらない】
【武器は対敵艦隊型三十cm大砲とサーベル】
【南提督の過去は南提督が【誰にも知られて欲しくない事】を知っている(それ以外は良く知らない)】
【嫁である叢雲が一週間に一度会いに来てくれる 最高だぜぇぇぇっっっ!!!!!!(night)】
【過去三番目に最高提督と呼ばれていた提督…だが、その時は現在南我原提督とは面識がなかった】
【腕だけだが人体改造して南提督と一緒でサーベルで戦うほどの力を持っている】


ENDLESS Hell

【単独行動隊の一人 犯罪ランクは最高犯罪度E】
【過去横須賀鎮守府の憲兵をやっていたが瑞鳳を殺そうとした(フリ)事によってランクEの終身刑を言い渡された大犯罪者】
【顔や体中には痣や腫れ、殴られ跡が目立ち元の原形がない】
【武器などは一切不明】













数時間後…



夜ー提督室



提督 「うーん…東 この救出方法ならどうだ?説得も兼ねて作ってみたんだが」スッ


提督(東) 「どれどれ?」ペラッ


提督(東) 「…うーん 作戦内容はわるくないけど、この説得方法でいけるかしら?ちょっと心配ね」


提督 「かなり捻った説得方法にしてみたんだがやっぱりダメか ならこの作戦はやめとくか」


提督(東) 「そうね もう少し考えた方が良さそうね」スッ


提督 「んー…もう少し情報が欲しいな 元横須賀鎮守府提督がどういう頭の回転をしてたのかも知りたいがなんの深海棲艦を連れてるのかも知りたい」


提督(東) 「作戦指揮のことなら瑞鳳に聞いた方がいいわね あの子は元々秘書だったからよく知ってるはずよ」


提督 「そうだな それじゃ今からでも呼んで作戦を…」



コンコンッ


タツタヨ イマイイカシラ?


提督 「っん いいぞ」


ガチャッ


龍田 「失礼するわ」


提督 「どうした?なにかようか」


龍田 「えぇ そろそろ夕飯だから伝えにきたわ もう夕飯の準備はできてるから食べに来ない?」


提督 「っえ もうそんな時間か?」


提督(東) 「はやいわね 時間が経つの」


提督 「わかった 今から俺たちも行くよ」


龍田 「早めに来てねー?はやく来ないと…わたしの槍でその足、切っちゃうからね?」スチャッ


提督 「切れるものなら切ってみろよ 切る前にお前の唇奪ってやるからな?」ニヤッ


龍田 「」///ボンッ!!


提督(東) 「ちょっみなみ!?」///


龍田 「あっえと、その…くっくちびるって……」///カァァ


提督 「んー?なぁに顔を赤らめてるのかな 奪うってもしかして、キスのことを思い浮かべたのかな?」(・∀・)ニヤニヤ


提督 「いつも切り落とすとか言ってるのに唇を奪うって言われるとそっちの意味で受け止めるのか?かわいいなぁ龍田!」


龍田 「ーっ…べっ別にそんなこと思ってないわよバカー!!」///ダッ!!



提督 「はははっ!やっぱり龍田はかわいいなぁ 予想外なことを言われると恥ずかしがって逃げるところはいつ見ても飽きないな!」


提督(東) 「…みなみ あなた悪趣味よ 恥ずかしがらせてどっか行かせるのを見て楽しむなんて気持ち悪いわ」


提督 「いやさすがに趣味とまでは言わないが…てか気持ち悪い言うな さすがに傷つくぞ?」


提督(東) 「ならその性格どうにかしなさい 辱めて喜ぶなんて性格悪いわよ」


提督 「でも東だって女体盛りさせた艦娘の裸体を徐々にあらわにしていくの見て楽しいだろ?」


提督(東) 「…」


提督 「…そうなんだろ?」


提督(東) 「…そっそんなこと、ないわよ?」メソラシ


提督 「…」( ≖_≖​ )ジトー


提督(東) 「…」


提督 「…まぁいい それより早く行くぞ」カタッ


提督(東) 「あっ先に行っててもらえる?わたし加賀ちゃんに電話してから行くわ」


提督 「っん そうか?わかった それじゃ先行ってるぞ」タッタッタッ…


提督(東) 「うん」スッ…ピッピッピッ


プルルルル…プルルルル…


ガチャッ


加賀 『加賀です どうしましたか?提督 なにかありましたか?』


提督 「今日の活動報告をしてもらっていいかしら?」


加賀 『活動報告ですね 分かりました』


加賀 『…いつも通りの遠征、演習は通常通り実行して演習は全てS勝利 遠征は燃料、鋼材、弾薬、ボーキサイトを一日のノルマ達成しています』


加賀 『開発資材や家具コイン、修復バケツも一日のノルマを達成しています 出撃は提督がいないと心配と仰っていたので出していません』


提督(東) 「報告ご苦労さま 赤城ちゃんはおとなしくしてる?」


加賀 『はい 今日はおとなしくしていました ご飯はいつも通り私と同じぐらい食べていましたがボーキサイトには手をつけていません』


提督(東) 『それならいいわ わるいけど今日も泊まるだろうから明日もおねがい 今日はもうみんな休ませて』


加賀 『また泊まるんですか?提督 仮にも相手は男性なんですから連日も泊まるのは些かどうかと…』


提督(東) 「だいじょうぶよ 南はやさしいから平気よ」


提督(東) 「…それに、もしそういうことしてくれるなら本望だし!」///


加賀 『…はぁ まぁあまり問題事を作らないでくださいね 私が言うのもなんですが』


提督(東) 「わかってるわ それじゃあね!」


ブツッ


提督(東) 「…さてと、確認も終わったし早く行かないと!」スッ…


タッタッタッ…













次の日



朝ー提督の部屋



提督 「すぅ…すぅ……」


提督(北) 「すぴー…すぴー……」南の隣で寝てる(北も東と同じく連日泊まり)


…ジリリリリ!!!!


目覚まし時計 『朝だ朝だ朝だ朝だ朝だ朝だ朝だ朝だ朝だっっっ!!!!!!』(ムダムダムダムダァ風)


提督 「…っん」スゥ…


提督 「…ふぁっ!もうあさか…今日は目覚ましつけたから起きれたな いつもは起きれないのに」カチッ


提督(北) 「むにゃむにゃ…お兄ちゃん……」グゥグゥ


提督 「こいつは相変わらず寝相悪いな 熱くなったら布団蹴って…まったく」スッ…パサッ


提督 「さてと、朝飯の準備っと!」スクッ


タッタッタッ…













食堂



提督 「…」ジュゥゥ…


提督 「…」カチャカチャッ…


提督 「…」トントントントン…



タッタッタッ…


瑞鳳 「…あっあれ 提督?おはようございます もう起きてたんですか?」


提督 「おう!おはよう瑞鳳 今日は早く起きれたんだ 珍しくな!」


瑞鳳 「…今日は嵐ですね 昨日に続いて雷が鳴るぐらいに」


提督 「おいそれどういう意味だ 人が早く起きたぐらいで大袈裟だろ」


瑞鳳 「いやだって…今まで提督が早く起きたことってほぼほぼないじゃないですか」


提督 「たしかにないけど、それで今日の天気は嵐とかひどすぎだろ」


瑞鳳 「では大雨の方が良かったでしょうか?」


提督 「どっちもひどいわ!」



吹雪 「…っえ 提督が起きてる…今日は天と地がひっくり返るのでは…?」タッタッタッ…


提督 「おうおはよう吹雪 お前までそういうか」


瑞鳳 「おはようございます吹雪さん 調子の方はどうですか?」


吹雪 「まだ少しだるいですがこのくらいならなんとか…」


提督 「辛いならムリすんなよ?今飯作ってるからできるまで座ってろ」


吹雪 「すみませんがそうさせてもらいます」カタッ…ストンッ


瑞鳳 「提督 わたしも手伝います」シュルッ…キュッ


提督 「っん そうか?なら瑞鳳は玉子焼きを作ってくれ 全員分な」


瑞鳳 「わかりました」カチャカチャ



吹雪 「…ふぅ」


吹雪 「(やっぱりまだムリですね なんとか歩けるものの頭がボーッとして目眩が…)」クラクラ…


吹雪 「(提督と瑞鳳が先に起きててくれて良かった…もし起きてなければわたしが朝食の準備をしようとしてたからほんとに…)」スゥ…



提督 「…っん 吹雪?」ジュゥゥ…


吹雪 「すぅ…すぅ……」


瑞鳳 「…寝てしまったみたいですね やっぱりまだ身体が完全に治ってないから…」


提督 「…テーブルで寝かせるのもなんだし 部屋に連れていくか」カチャッ


提督 「瑞鳳 わるいが吹雪を部屋に連れていくから少しの間飯の支度頼む」タッタッタッ…


瑞鳳 「はい わかりました」



提督 「よっと」スクッ


吹雪 「すぅ…すぅ……」


提督 「(…やっぱりまだ顔色悪いな まだ深海棲艦化を止めてから丸一日経ってないから完全に治ってないな)」


提督 「(もう少し休ませないと)」タッタッタッ…













数時間後…



全員 「「ごちそうさま(でした)」」


如月 「はぁぁ…おいしかったわぁ 司令官の手料理!」


天龍 「まったくだ!朝からこんなにもうまいもんが食えて最高だぜ!」


龍田 「瑞鳳の玉子焼きもおいしかったわよー 後味の悪くない甘さ控えめで!」


瑞鳳 「口に合ってよかったです!」


那珂 「那珂ちゃん 提督のご飯食べてパワーアップ!」


神通 「那珂姉さん 食べたあとに大声出しては体に悪いですよ」


時雨 「さてと、お皿とかは僕が洗うからみんな流し台に持ってってくれるかい?」


雷 「はーい!」カタッ


扶桑 「それじゃおねがいね?」


夕立 「提督さん!今日はなにするっぽい?」


提督 「今日は各自自主練をしてくれ 身体を鈍らせない程度にな」


金剛 「了解デース!」


提督(東) 「それじゃ南 今日は晴れてることだし、砲撃練習の指導をお願いしていいかしら?」


提督 「かまわないけどその前に今日は睦月と客人がくるからその後でもいいかな?」


山城 「睦月がくるんですか?なんでまた」


如月 「わたしが上官に頼んで移動させてもらったのよ!」


電 「移動なのですか?てことはここに着任するのですか?」


提督 「あぁ 今日来るって話だからもうそろそろ来るだろ」


提督 「時雨、瑞鳳 わるいが空いてる部屋の掃除などまかせていいかな?」


瑞鳳 「はい わかりました」


時雨 「了解だよ」カチャカチャ…


青葉 「それで元提督 睦月さんの次に言った客人というのは一体誰のことですか?」


提督 「っん それはだな…」



ピンポーン


提督 「っ!」ピクッ


瑞鶴 「っん 誰かきた見たね 噂をすればなんとやら」


翔鶴 「きっと睦月ちゃんよ ちょっと行ってくるわ」カタッ


提督 「いや 俺が行くからいいよ!みんなは座っててくれ!」(^∇^)ニッコリ


翔鶴 「…っえ?あっはい わかりました」ポカーン


提督 「(やっときてくれたか!昨日からずっと待ちわびてたから早くいって会いたいぜ!)」


提督 「(っあ 浮気じゃないからな?勘違いするなよ視聴者)」←誰に言ってる


タッタッタッ…



翔鶴 「…なんか、元提督すごく笑顔だったわね 」


瑞鶴 「うっうん…一体誰が来たんだろ」


提督(北) 「…?」













南我原鎮守府ー玄関前



足柄 「ーっ…」ウズウズ…


那智 「足柄 そんなソワソワしなくてもすぐくるから大人しく待ってろ みっともない」


足柄 「だって!あともう少しで狼さんに会えるのよ!久々の狼さんに!」


羽黒 「そっそれはわかりますがもう少し落着いては…」


足柄 「ムリ!」ドンッ!!


羽黒 「…」


? 「あぁあの、やっぱりわたしは来ない方が良かったのではないでしょうか?アポも取ってないのにいきなり来ては…」オロオロ


足柄 「へいきよ 狼さんはやさしいからアポ取ってなくても気にしないわ」


? 「でっですが…」



ガチャッ


提督 「…足柄!」


足柄 「っ! おっ狼さぁ〜ん!!」ガバッ!!


提督 「うぉっと!あっ足柄 いきなり抱きつくとあぶないだろ?」


足柄 「ごめんなさい狼さん 久々に会えたのが嬉しくて!」ギュー


提督 「ははっ!それに関しては俺も嬉しいよ ほんと久しぶりだな!」


那智 「久しぶりだなa meverick 元気そうでなによりだ!」


羽黒 「おっお久しぶりですa meverickさん すみません私たちもついてきてしまって」


提督 「おう!那智、羽黒も久しぶりだな 別に構わないよ気にしてないから!」


提督 「…それと」チラッ


? 「はぅっ!!」ビクッ!!


提督 「…おまえ達の提督か?軍服着てるが」


足柄 「そうよ!ほら提督 挨拶あいさつ!」


提督(東南) 「はっはい!えと、東南我原鎮守府提督の椿といいます 階級は中佐で…」オロオロ


提督 「あぁそんなに固くならなくていいよ それに名前と階級は言わなくていいから」


提督(東南) 「はっはい!すすすみませんご迷惑をかけて!」アワワワ


提督 「いやべつにめいわくじゃないが…」


那智 「提督よ この者は優しい方だからそんなに怯えなくて平気だぞ?」


羽黒 「そっそうですよ!顔は少し怖いかもしれませんがすごく優しい方ですよ!」


提督 「顔はよけいだ」


羽黒 「っあ!?すっすみません!!悪気があったわけじゃ…!!」アワワワ


足柄 「ねぇ狼さん 今日は暇かしら?ひまなら一緒にお茶とかしたいわ!」


提督 「あぁいいぞ みんなでお茶でもするか!」


那智 「っお!a meverickのお茶か 貴様が入れるお茶は美味だからそいつはうれしい!」


羽黒 「a meverickさんのお茶…!」

(º﹃º♡)ジュルリ


提督(東南) 「あぁあの、その…わっわたしもいいんですか…?足柄さんは事前に連絡してたみたいですがわたしは…」


提督 「かまわないよ それとそんなオドオドしなくてもなにもしないから落ち着けって」


提督(東南) 「はぅっ!ごっごめんなさい…」


提督 「いやだからなにもしてないのに謝られても…」


足柄 「仕方ないわよ狼さん 如月にあなたのこと話されてからその調子だから」


提督 「っえ そうなのか?」


那智 「うっうむ 如月に貴様のことをよく話されたらしくてな しかも主砲を突きつけながら…」


羽黒 「鎮守府内に悲鳴が響き渡っていました 普段声を荒らげることのない司令官さんの悲鳴初めて聞きました…」


提督 「…あいつは……」ハァ…


提督(東南) 「ーっ…」ビクビク…


提督 「…あーっその、なんだ たしかに俺の見た目からして怖いと思うのはわかるが別にそっちが何もしてこなければ俺も危害を加える気ないから安心しろ」


提督(東南) 「…でっですが 如月さんの話しだと艦娘のためならどんなことをしてでも助ける方だと聞いていますが…」


提督 「そうだが?」キッパリ


提督(東南) 「そっそれで、奪われた艦娘はどんなことをしてでも奪い返すとも聞いたんですが……」ビクビク


提督 「…っは?」


提督(東南) 「わっわたしは奪ってなんかいません!上官さんから頼まれてこちらで引き取ることになったんです!」ガクガクブルブル


提督(東南) 「しかも!まさかあの過去最高指揮官と呼ばれていた方の艦娘だったなんて思ってもなかったんです!天龍さんと龍田さんも!!」


提督(東南) 「なので殺さないでください…なんでもしますから命だけは……!!」ビクビク…


提督 「…」(#^ω^)ピキピキ


足柄 「…えっと、提督 さすがにそれはおかしいと思わない?どんなことをしてでも奪い返すって」


那智 「うむ さすがにそれはウソだとわかると思うが」


提督(東南) 「でっですが!元最高指揮官と呼ばれていた方なのでなにしても許されるのではないでしょうか…?」ビクビク…


羽黒 「司令官さん さすがにそれはないと思いますが…」


提督 「…ちょっと如月呼んでくる」



如月 「あらぁ?誰か来たかと思えば足柄さんたちじゃない どうしたのかしら?」タッタッタッ…


提督(東南) 「ひぃっ!!!?きっ如月さんっー!!!!」ビクッ!!


如月 「…あれぇ?元司令官じゃない なんでここにいるのかしら…?」ニタァ


提督(東南) 「ひぃぃっ!!!!!!」ゾクッ!!


提督 「…おう如月 ちょうどいいところに来たな」ガシッ!!


如月 「いやーん司令官!いきなり私の頭を掴んで高いたかいさせてくれるなんて…わたしSMプレイは好みじゃないんだ、け、ど?」ウフッ


提督 「おぉそうか ならこのまま屋上から逆さ吊りにしてやろうか てめぇマジでいいかげんにしろよ?」ギロッ


如月 「はぅぅっ!いいわその視線 興奮しちゃう!」///ゾクゾクッ


提督 「そうかそうか ならそのとろけきった脳みそを握りつぶしてやろうか!」ググッ…


如月 「イダダダダダッ!!!!しっ司令官やめて!!ごめんなさい謝るからわたしの司令官のことで頭いっぱいな脳みそを潰さないで!!」ミシミシッ


提督 「安心しろ 潰れてもドッグに入れば治るだろ?」


如月 「いやさすがにムリよ!艦娘でも頭をやられたらさすがに再生は不可よ!!」


提督 「お前なら平気だよ 根拠はないけど」


如月 「無理ムリ無理無理っ!!!!さすがの私でも死んじゃう!!おねがいだからやめてーっ!!!!」メキメキッ…


提督 「もう二度としないか?」


如月 「しない!しないからもうゆるして!!」


提督 「…まったく」パッ


如月 「あぁぁ…っ!!頭が本気でやれるかと思ったわ…」ズキズキ…


提督 「わるいな東南 このバカには後でよーく言っとくから許してくれ」


提督 「あとおれはそんなことしないからそれだけはわかってくれ それと!女がなんでもするなんて言葉使うな」


提督 「ましておれは男だ 男になんでもするなんて言葉使ったらなにされるかわかんねぇからな?二度と使うなよ」


提督(東南) 「…はっはい!すみません 気をつけます!」


足柄 「さっすが狼さん!やっぱり優しいわね まさに、男の中の男ね!」


提督 「そうか?おれは当たり前なことを言っただけだが」


那智 「その当たり前な事ができるからこそだ!普通の男ならなんでもと言われたら、必ず卑猥なことを要求するからな」


提督 「那智 それは女が言わない方がいいような…」


羽黒 「憧れる方…!」( °▽° )キラキラ


提督 「いやこれだけで憧れても…」


提督 「まぁいい とりあえず中に入るか?如月 俺の部屋でお茶の準備してくれ 変なもの入れたら…」ゴキゴキッ


如月 「いっ今すぐいれてきまーす!」ダッ!!


提督 「それじゃ入ってくれ」


足柄 「お邪魔するわ!」


那智 「邪魔するぞ」


羽黒 「a meverickさんのお茶…」

(´・ω・)


提督(東南) 「おっおぉお邪魔します!」


タッタッタッ…













食堂



ガヤガヤ…


明石 「提督 一応機銃の方も作ったのであとで試し打ちしてみてください 重かったらもう少し軽量化してみます」


提督(東) 「わかったわ 後で確かめさせてもらうわ」


若葉 「提督 今日の私たちの仕事はどうするんだ?」


提督(東) 「今日はあなたたちの仕事はなしよ ゆっくりしてなさい」


比叡 「いいんですか?本来なら今日は出撃があったのに」


提督(東) 「いいのよ ただ、今日南たちは各自自主練するみたいだからあなたたちも各自自主練してもらえるかしら」


青葉 「わかりました」


明石 「わたしは戦闘苦手なので、南提督から許可もらったら工房でなにかしてますね」


提督(東) 「わかったわ」



瑞鶴 「翔鶴姉 一緒に練習しよ?」


翔鶴 「いいわよ 一緒にやりましょ!」


那珂 「那珂ちゃんはアイドルだからダンスの練習しないと!」


神通 「那珂姉さん 砲撃訓練をしましょうね?」(╬^∀^)


那珂 「ひっ!?はっはい!」ビクッ


提督(北) 「(お兄ちゃんと遊びたいなぁ…)」



瑞鳳 「(今日は朝から夜まで練習しないと…もっと腕を上げるために!)」グッ…



時雨 「…提督遅いね なにやってるんだろ?」


夕立 「誰かきたのはたしかだけど、おそいね」


扶桑 「睦月じゃなかったのかしら もし睦月だったらすぐ中に入れてここに連れてきてるものね」


山城 「…もしかして、長門さんたちじゃ…?」ボソッ


南の艦娘全員(電&雷&金剛除く) 「「っ!!」」ピクッ


電 「…様子見に行った方がいいでしょうか?」


雷 「そうね ならわたしが見に行ってみるわ!」ガタッ


天龍 「いやまて 俺が行くからおまえ達は座ってろ」


雷 「…っえ?」


天龍 「時雨 わるいが一緒に着いてきてくれないか?念入りにな」


時雨 「わかったよ」


扶桑 「二人で大丈夫?なんなら私たちも行くわよ」


天龍 「いや、扶桑たちはここにいてくれ 人数が多すぎても逆に怪しまれる 主に提督にな」


山城 「…わかりました それじゃ何かあったら呼んでください すぐ加勢しに行きます!」


時雨 「うん その時はおねがい」カタッ


タッタッタッ…


金剛 「…どうしたんデしょうカ?二人とも なんかものすごく真剣な顔してたネ」


電 「なのです」


雷 「?」


瑞鳳 「…」カタッ


扶桑 「瑞鳳 あなたは行ってはいけないわ ここに居なさい」


瑞鳳 「ですが…」


扶桑 「居なさい いいわね?」スゥー 目を細めて瑞鳳を睨みつける


瑞鳳 「っ!」ゾクッ


山城 「お姉さま 睨みが出ています」


扶桑 「あら!ごめんなさい つい出ちゃったわ」


扶桑 「ごめんなさい瑞鳳 睨むつもりはなかったのだけど…」


瑞鳳 「…いえ わたしも後先のことを考えずに行こうとしてたのが悪いんです すみませんでした」


扶桑 「もしあの方たちだったら天龍たちに任せておいて平気だから安心してね」ヒソヒソ


瑞鳳 「はい わかりました」


提督(東) 「(あの方たち…?一体なんの話をしてるかしら さっき山城がボソッと長門たちじゃって言ってたけど)」地獄耳


提督(東) 「(…気になるわね 後で聞いてみようかしら)」














通路ー出入口近く



天龍 「時雨 もし長門たちだったら提督の近くをうろつき回るぞ 長門たちが提督に関する情報を聞いてきたら邪魔するぞ」タッタッタッ…


時雨 「了解だよ 僕も目をハイライトにさせて長門たちを睨みつけるよ」


天龍 「いやそれはやめろ お前が目をハイライトにさせたら洒落にならん」


時雨 「それどういう意味かな!ぼくはヤンデレじゃないからね!」


天龍 「それはわかってる お前がヤンデレじゃないのはみんな知ってるよ」


天龍 「ただお前がそんな目をしたら冗談でも冗談に見えないんだ 主に視聴者視点を考えて」


時雨 「メタいよ!」



提督 「…あれ?天龍 時雨 どうしたんだ?こんなところで」タッタッタッ…


天龍 「提督!…ってあれ?」


足柄 「あら天龍 あなたがここに着任して早々邪魔してるわ!」


那智 「邪魔してるぞ その隣の者はここの者か?」


羽黒 「はじめまして わたしは羽黒と申します」


時雨 「あっどうも ぼくは時雨だよ」


提督(東南) 「あっあの、わたしは東南我原鎮守府の提督です!よよっよろしくお願いします!」アワワワ


時雨 「っえ あっうん よろしく…?(なんでこんなにオドオドしてるの…?)」


天龍 「元提督 そんなにオドオドしなくてもここのヤツらはみんな優しいぜ?」


提督(東南) 「たったしかにそうかもしれませんが!でも、ここにいる艦娘の方たち大半が元最高指揮官の艦娘たちなんですよね?」


提督(東南) 「元最高指揮官の艦娘たちにもし、なにか無礼なことをしたら、なにされるか…!!」ビクビク…


提督 「いやなにもしないからな 変になにかしなければやらないからな?」


提督(東南) 「ひぃっ!ごめんなさい!!」ビクッ!!


提督 「いやだから、なにもしてないのに謝られても…まぁいいか」


提督 「時雨、天龍 俺は今から足柄たちとお茶するから自主練の方はしっかりしろよ?」


時雨 「わかってるよ ちゃんと練習するから安心して?」


天龍 「手を抜くような真似はしねぇから安心しろ!」


提督 「ならいい それじゃいくか」


足柄 「はーい!」


タッタッタッ…



天龍 「…なんだ 来たのあいつらか なら心配は無用だな」


時雨 「今の人たちって東南我原鎮守府の方達だよね 元天龍たちが着任してた」


天龍 「そうだ でも、一体何しに来たんだ?元提督だけなら挨拶しに来たってわかるけど」


時雨 「そうだよね あと秘書を一人連れてるならまだわかった 演習するわけじゃないんだからあんなに連れてこられても困るよね」


天龍 「まったくだ …まぁ、長門たちじゃなかったからよかったけどな」


時雨 「そうだね もし長門たちだったらいろいろと面倒だったからね」


天龍 「うっしゃ!それじゃ俺たちも長門じゃなかったことをみんなに知らせたら自主練するぞ!」


時雨 「しっかりやらないとね!」













提督の部屋



如月 「どうぞ」コトッ


提督(東南) 「あっありがとうございます!」スッ…


足柄 「…あら 意外に美味しい」


那智 「うむ あの如月が入れたお茶がここまで美味いとは…」


羽黒 「(*´▽*)」ホンワカ


提督 「如月が入れたお茶はなかなか美味いぞ?見た目によらず入れるのは上手いからな!」


如月 「はい司令官 お茶よ!」ダンッ!!


提督 「…あのー 如月さん?なんか俺のお茶だけ、お茶っ葉がそのまま入ってるんですが…」


如月 「その中にお湯入れれば?葉がじゃまして飲みにくいかもしれないけどね」プンプン


提督 「…そうか せっかく如月のお茶楽しみにしてたのになぁ?飲めないなんてざんねんだ」


提督 「まっ仕方ないか 如月が入れてくれないなら、自分で入れるしかないな 飲みたかったなぁ?如月が入れたお茶」チラッ


如月 「…そっそんなに飲みたいの?」///テレテレ


提督 「うん 飲みたい(チョロい)」


如月 「毎日…?」///ドキドキ


提督 「いや毎日はあきる」キッパリ


如月 「はいお湯!!」ブンッ!!


提督 「予想してた ポットごとありがとう」ガシッ


如月 「はいこれついで!」ブンッ!!


提督 「きゅうすもありがとう あと投げるな」パシッ


如月 「ふーんだ!」プンプン


提督 「…」コポポ…


提督 「はい如月 お前のお茶だ」コトッ


如月 「…っえ?」


提督 「みんなにお茶を入れてくれたお礼だ 俺のお茶美味いんだろ?俺的には普通に入れてるだけなんだがな」ズズッ…


如月 「ーっ…あっありがとう いただくわ」///ストッ


足柄たち 「(いいなぁ…狼さん(a meverick)さんのお茶が飲めて……)」


提督(東南) 「ふー…ふー……あつっ!」ビクッ


提督 「しかし、こうしてみんなとお茶を飲むのも久しぶりだな 何年ぶりだ?」


足柄 「約一年ぐらいかしら 私たちがあなたに助けてもらってから何度かお茶したことあったけど、それから会わなくなったわね」


那智 「貴様と会えなくなってから足柄は本気で落ち込んでいたんだからな?もしかして、もう飽きられたんじゃないかと何度も口に出していたほどだ」


足柄 「ちょっ!那智!?」


羽黒 「たしかに落ち込んでいましたね せっかく運命の人に会えたのにと、呟きながら布団に潜って…」


足柄 「やめて!それ以上言わないで!」///


提督(東南) 「そっそうなんですか?足柄さん そこまでこの方のことを…っは!?まっまさか!」


提督(東南) 「だっダメですからね!南我原提督さん 足柄さんは渡しませんからね!」


提督 「安心しろ これ以上もらおうとは考えてないから」


提督(東南) 「そっそうですか?ならいいんですが…」


足柄 「なんでよ狼さん!むしろ貰ってよ!」


提督(東南) 「ちょっ!足柄さん!?」


足柄 「提督 移動命令をちょうだい!那智と羽黒の分もお願い!」


提督(東南) 「いやいやいやいやいきなりなにいってるんですか!?あげれるわけないじゃないですか!」


提督(東南) 「私の鎮守府の戦力艦なのに誰かに渡すなんて無理ですよ!天龍さん達だって渡したくなかったのに!」


足柄 「それじゃ狼さん 上官に頼んで私たちも移動命令出してもらうよう頼んで!できるでしょ?」


提督 「…できなくはないが、さすがにまずいだろ?天龍たちは元々、俺のところに属してた艦娘だったから戻したがお前たちは別の鎮守府にいたじゃないか」


提督 「それにそっちの鎮守府の戦力をこれ以上下げたらまずいだろ ただでさえ、天龍たちを抜かれたことによってかなり下がってると思うのに」


足柄 「だいじょうぶよ なんとかなるわ!」


提督(東南) 「無理です!なんとかなりません!おねがいですからやめてください!!」


足柄 「提督邪魔しないで!今ここで婚期を逃したらもう終わりなの!」


如月 「婚期!?」


提督 「まて 俺はお前と結婚できないからな」


足柄 「仮でもいいわ!伊19の次でもいいから!!」


提督 「いやだから、そういう問題じゃ…」


那智 「足柄一旦落ち着かないか 騒ぎすぎだ」


足柄 「だって!!」


羽黒 「おぉ落ち着いてください足柄姉さん!騒いでいると他の方に迷惑かけてしまいます!」


足柄 「ーっ…」ギリッ



如月 「ちょっとどういうこと司令官!!あなた私以外に女を作るなんて!!」ガシッ


提督 「作ってねぇ!てか俺はお前の女じゃねぇ!!あと胸ぐらつかむな!!」


如月 「指輪くれたじゃない!指輪あげといて捨てる気!?」


提督 「Lv上限解放のためにあげたカッコ仮の指輪だろ!本命の伊19には本物の指輪もあげたが」


如月 「わたしもカッコガチの指輪欲しいわ!」


提督 「それはダメだ!ガチの指輪は伊19だけだ!」


足柄 「わたしもほしいわ!狼さん」


提督 「ダメだ!てかお前まで入ってくるな!ややこしくなる!」


如月 「ゆびわゆびわゆびわー!!」ワーワー!!


足柄 「指輪指輪ゆびわー!!!!」ギャーギャー!!


提督 「だーもう!うるせぇやつらだな!二人して騒ぐな!」


如月 「ゆーびーわー!!」


足柄 「ほーしーいーわ!!」


提督(東南) 「あっあの!足柄さん あまり騒いでは他の方の迷惑になるので、もう少し声を抑えて…」



…コンコンッ


ミナミー ナンカキキオボエノアルコエガキコエルノダケド ナカニハイッテイイカシラ?


提督 「っん いいぞ入って」


ジャマスルワ


ガチャッ


提督(東) 「…やっぱり東南じゃない なんであなたがここに?」


提督(東南) 「ひゃい!!!?ひっ東提督さん!」ビクッ!!


那智 「おぉ!これは東提督じゃないか なぜ貴様がここに?」


提督(東) 「ちょっと南に用があってね あなた達もなんでここに?」


足柄 「狼さんに結婚指輪を貰うためにきたのよ!」ドンッ!!


提督(東) 「…狼さん?」


提督 「だから結婚しねぇって言ってんだろ!他人の艦娘と結婚できるか!!」


如月 「それじゃ私となら…!」


提督 「お前にはもう渡してるだろ!カッコ仮の指輪!」


如月 「カッコ仮じゃなくてカッコガチがいい〜!!」ウー!!


提督 「却下!」


如月 「ふえぇぇん!!」(´;ω;)


提督(東) 「…狼さんって南のこと?なんでまた狼なの?」


提督 「かくしかだ(省略)」


提督(東) 「なるほど a meverickだから狼ね 納得だわ」


提督(東) 「にしても、まさかあなたが遊びに来てるとは思わなかったわ東南 いつも他人の鎮守府に行くのは恥ずかしだのなんだのと言って来ないのに」


提督(東南) 「そっそんなことありません!さすがに最低限は行きますよ!」


提督(東) 「私の鎮守府に来たこと、今までで1回ぐらいしかないわよね」


提督(東南) 「そっそれは……」


提督(東) 「それは?」


提督(東南) 「…一度東提督さんのもとにおじゃました際に……見てしまったんです」


提督(東) 「見た…?なにを?」


提督(東南) 「…ひっ東提督さんが、艦娘の胸を触っているのを……」///カァァ



提督 「」ブー!!


如月 「司令官!!!?」



提督(東) 「…っえ?わたしが…?」


提督(東南) 「はい…あっあれはたぶん加賀さんだと思うんですが、なにやら怒られていたように見えましたが……」


提督(東南) 「そっそのときに、東提督さんが…かっ艦娘の胸を触って……いっいぃイカ、かっ身体をはっ跳ね上がっていたので!そっそれでーっ!!!!」///


提督(東) 「っ!!!!!?」ギクゥ!!!!


提督(東) 「(っえ あっあの時!?うそでしょ!だってあの時はちゃんと部屋の鍵閉めたはず…なんで知ってるの!!!?)」ダラダラ…


提督 「…身に覚えがあるようだな?東 おまえ…だれか来てる時ぐらいガマンしろよ いくらそういう気持ちになったからって」ダバー…


提督(東) 「ちっちがうの!そうじゃないわ!あの時は、加賀ちゃんがその……か、勝手にボーキサイト食べたから!」


提督 「勝手に食べたから艦娘にセクハラか?それはいろいろとまずいと思うが」


提督(東) 「うっ…」ギクッ


提督(東南) 「そっそれで…東提督さんには、百合願望があるのかと思い いつ襲われるかと思うと、怖くて……」ブルッ…


提督(東) 「ちょっ!?変な誤解しないで!わたし百合じゃないから!」


提督(東) 「たしかに胸が大きい子とか、女の子の裸を見ると感情が高ぶるけど 断じて百合ではないわ!」


提督(東南) 「むっ胸が大きい方も対象ですか!?そっそれじゃ、わたしEカップなのでその中に……!!」ビクビク


提督 「おい 男の前で胸の大きさ言うな」


足柄 「狼さん わたしもEカップよ!」(wiki検索結果)


提督 「お前も言うな(まぁその大きさからしたらそのぐらいだとは思ってたが…)」


提督(東) 「東南 わたしはあなたの胸には興味ないわ いくら巨乳でも、性格がおとなしくて臆病だから触ってもおもしろくないわ」


提督(東) 「やっぱり加賀ちゃんみたいな性格じゃないと!いつもはクールぶってるのに、私とそういうことすると無表情な顔が崩れてはあま〜い声を漏らして…もうギャップ萌えよ!」ドンッ!!


提督 「」ブー!!


足柄 「狼さん!?」


提督(東南) 「やっぱり百合だー!那智さん わたしやっぱりこの人苦手です!!いつか本当に襲われてしまいます!!」ガバッ


那智 「だいじょうぶだ提督よ a meverickがきっと助けてくれるから!」


提督 「なんで俺なんだよ!てか東 お前はもっと恥というものを知れ!人前で変なこと言うな!」


提督(東) 「ごめん つい熱くなっちゃって!」( •̀∀•́ )b


提督 「熱くなったじゃねぇよ!まったく…」ハァ…


提督(東南) 「…あっあの!南提督さん」


提督 「っん?なんだ」


提督(東南) 「あっえと、その…もっもし、わたしが東提督さんに襲われたら……助けて、くれますか?」


提督 「もちろんだ 俺に言ってくれればすぐ助けてやるから安心しろ!」


提督(東南) 「あっありがとうございます!そっそれじゃ…連絡先を交換してもいいでしょうか…?」スッ…


提督 「いいよ 俺も何かあったとき、東南にお願いしたいことが来るかもしれないから俺からも頼む」スッ


提督(東南) 「はっはい!」(❁´▽`❁)パァァ


提督(東) 「ちょっ!?それずるいわ!なんで私とはしてくれなかったのに南とは交換するのよ東南!差別よ!」


提督(東南) 「ふぇぇ!!!?そっそんなこと言われましても…」アゥゥ…


提督(東) 「南と交換するんだったら私ともしなさいよ 同じ指揮官同士なんだからいいでしょ!」


提督(東南) 「いやその…、あぁの……!!」アワワワ


提督 「…まだ不安だから交換できないだとよ」


提督(東南) 「ふぇっ!?みっ南提督さん!?」


提督(東) 「だから東南は襲わないから安心しなさいよ!わたしは基本加賀ちゃんしか襲わないから!」


提督 「いやそこじゃねぇだろ てか襲ってる時点でアウトだ」


提督 「まぁそのなんだ もう少し時間かけて仲を深めろってことだ こんな警戒された状態で仲良くなるのは無理だから、こまめに電話したりして仲を深めろ」


提督(東) 「…わかったわ そうするわ」


提督(東南) 「お前もそれでいいだろ?東南 こまめに東と接していけば警戒心もだんだんと解けて来るはずだ てかそうしろ」


提督(東南) 「…はっはい!わかりました」


提督 「如月 東にもお茶を出してくれ」


如月 「わかったわ」カタッ


提督 「東 俺の隣で悪いがお前もよかったらお茶しないか?東南たちと交流を深めるなら今俺が間に入ってるときにした方がやりやすいと思うが」


提督(東) 「…そうね 今南がいる時にしないと仲を深められそうにないわね」


提督(東) 「それじゃ一緒にお茶させてもらうわ となり邪魔するわね」スッ


提督 「おう!それじゃ東南 俺の電話番号だが…」


提督(東南) 「はっはい!」


提督(東) 「(やったー!南の隣でお茶ができるなんて最高だわ!しかもこの気に東南との仲も深めることができるなんて一石二鳥だわ!)」


提督(東) 「(…それと、次からは誰も来てないときにお仕置きをしよ 誰か来てる時にやってまた誤解されたら変な噂流されるし…)」


如月 「どうぞ お茶よ」コトッ


提督(東) 「あら ありがとう」スッ…ズズッ



提督 「…っと これでお互いの連絡先交換できたな 何かあった時はよろしくな?東南」


提督(東南) 「はっはい!えへへー これで他の鎮守府の方と連絡先を交換できたのは三人目です 増えてよかったー」( ˶ˆ꒳ˆ˵ )エヘヘ


提督 「っえ 三人目…?」


提督(東南) 「あっはい わたしこういう性格なので、なかなか他の提督さんと連絡先を交換できなくて……」アハハ…


提督 「…それはいろいろとまずいから気をつけろよ 何かあったときに援護要請できないからな」


提督(東南) 「あっその心配は平気なんです 春さんがいつも私のサポートをしてくれているので!」


提督 「春…?春って小春のことか?」


提督(東南) 「っ! 知ってるんですか?北我原提督さんのこと」


提督 「あぁ 俺の妹だからな」


提督(東南) 「っえ!?そうなんですか!?南提督さんお兄さんなんですか!?」


足柄 「私も初めて知ったわ!妹いたの!?」


提督 「義理妹だけどな てか、そんなにおどかなくてもいいだろ?」


提督(東南) 「あっすみません まさか春さんにお兄さんがいたなんて知らなくて…」


足柄 「…てことは、わたしは北提督さんのおばさんになるわけね もしくは娘って設定でも…」ウーン


提督 「足柄 お前は何を考えてんだ?てか結婚しないからな」


足柄 「ゆーびーわ!!」


提督 「まだ言うか!」


提督(東) 「…たいへんね南も」













…演習場



提督(東) 「はあぁぁぁっ!!」ババババババァン!!!! 装備を変えて10cm連装砲を南提督に向けて放つ



提督 「…」ザー… バシャンバシャンッ… 普通に海上を走行して東の砲弾を避ける



提督(東) 「当たらない…ならもう少し先を読んで打たないと!」カチャカチャ…スチャッ 弾を装填して南提督に向けて構える


提督 「先読みの前に構えをちゃんとしろ その標準だと俺のところまで届かねぇぞ」ザー…


提督(東) 「っえ もっと上?」クイッ


提督 「上げすぎだ もっと下げろ」ザーッ


提督(東) 「…えっと、ここ?」スゥ…


提督 「それで打ってみろ」



提督(東) 「わかった!」バァン!!



ヒュゥゥッ!!


提督 「…」ガキィン!!バシャン 東提督が放った砲弾をサーベルで弾いて海に落とす


提督(東) 「あっ今度はちゃんと当たった」


提督 「止まった的にだけどな」


提督(東) 「うーん…やっぱり動く的に当てるのは難しいわね 反動は12.7cm連装砲と比べたら全然楽だけど」


提督(東) 「砲弾も打ったらしばらくは落ちないでくれたら狙いが楽なんだけどなぁ…ロケランみたいに」


提督 「いや海域にロケラン持ち込むやついねぇよ…あっでも対空用のロケランならあるか」


提督(東) 「っえ あるの!?」


提督 「あぁ 12cm30連噴進砲っていう対空装備のロケランがあるがそんなの俺でも装備できねぇからな?」


提督(東) 「っえ 南でもムリなの…?」


提督 「無理に決まってるだろあんな装備 あんなの付けて先陣なんて切れねぇよ」


提督 「手にはサーベル持ってるのにどうやって打つんだ 背中に背負って装備しても見ながら打つことできないからどこに当たるか想定できないしな」


提督(東) 「あっ装備付けることはできるんだ てか背中にって…」




提督(東南) 「おぉ…!南提督さんも東提督さんもカッコイイです!海の上を走って砲撃訓練をするなんて…!!」

(✪△✪)キラキラ 観客席から南たちの演習(砲撃訓練)を観戦している


足柄 「ほんとよね!狼さんの戦う姿ってほんっっっと!カッコよすぎるわ!!」///


那智 「しかし、まさか東提督もa meverickと一緒で自ら戦地に向かうための練習をしてるとはな」


羽黒 「驚きですね 女性なのにすごいです!」


如月 「…まぁ 隣と比べたら司令官たちは平和だけど……」チラッ




翔鶴 「彗星、烈風、流星 全機一斉射撃!!」


瑞鶴 「全艦載機撃てー!!」


全艦載機(翔鶴&瑞鶴) 「「撃てーっ!!!!」」ババババババッッッ!!!!!!



天龍 「ーっ…」ヒュヒュヒュヒュヒュン!!!!!! 艦載機が放つ機銃を無駄のない動きで全て紙一重で避ける


時雨 「っと!ほっはぁっやあ!」ザッ!!ザーッ!!ザパァン!! 華麗な動きで艦載機が打ち込んでくる機銃を全て避ける


夕立 「ポイポイポイポイポーイ!!」ザバァァァァッッ!!!!!! 勢いよく水しぶきを上げて迫り来る艦載機の機銃の弾薬を水で押し退けて届かせないようする



吹雪 「砲弾放ちます 放てー!!」ババババババァン!!!!


扶桑 「ファイヤー!!」ボボボボボォン!!!!!!


山城 「お姉様 それは別の方のかけ声です!」ボボボボボォン!!!!!!



天龍 「うらぁっ!!」ガキンガキンガキィン!!!!!!


砲弾 「」バシャバシャバシャンッ 天龍の刀で軌道を変えられ海に落ちる



時雨 「直感…そこだね!」ザーッザーッザー!!


砲弾 「」バシャバシャバシャンッ 時雨の特殊能力 直感で全ての砲弾の避け道を二分の一に絞らせ華麗な動きで避ける



夕立 「野生の本能!ポオォォォイ!!!!」ザッバァァァァァン!!!!!!


砲弾 「」バシャァァァァ!!!!!!…バシャバシャバシャン 夕立の特殊能力 野生の本能で凄まじい勢いで水しぶきを上げ砲弾が水しぶきに押し負けて海に落ちる



神通 「…三時と九時の方向 酸素魚雷発射!!」バシュシュシュシュシュン!!!!!!


那珂 「あったれー!」バシュシュシュシュシュン!!!!!!



天龍 「…範囲識別」スゥ… 眼帯を外して特殊能力 範囲識別を発動する


天龍の脳内 『ピピピピピピピ…』半径50m以内に入ったありとあらゆるものを識別し、どの位置まで来ているのかを測定する


天龍 「夕立 三時の方向に思いっきり水しぶきを上げろ!神通の放った酸素魚雷の方がはやく着弾するぞ!」


夕立 「りょうかいっぽい!」ザーッ!!!!


天龍 「時雨 那珂の打った酸素魚雷に目掛けて砲撃しろ!」スチャッ


時雨 「りょうかい!」スチャッ



龍田 「させないわよぉ?」ザーッ!!スチャッ 槍を構えて天龍たちに接近する


青葉 「酸素魚雷は止めさせませんよ!」ザーッ!!スチャッ 20.3cm連装砲を両手に装備して時雨と夕立に向けて構える



天龍 「うおぉぉぉっ!!!!邪魔するなァァ!!!!」ババババババァン!!


龍田 「ムダよぉ?はぁっはぁっやぁ!!」ガキンガキンガキィン!!!!



砲弾 「」バシャバシャバシャン 天龍の放った砲弾は龍田の槍の先っぽ部分に当てられて軌道を変えられ海に落ちる



青葉 「よく見えますねー?そんな攻撃当たりませんよ!」ザーッザーッザー!!


砲弾 「」バシャバシャバシャン 天龍の放った砲弾は青葉の無駄ひとつない動きで全て避けられる



天龍 「オラよォ!」バシュシュシュシュシュン!!!!!! 青葉、龍田に向けて無数の酸素魚雷を放つ



龍田 「あぁんもう 天龍ちゃんじゃましないでよ!でも…」スチャッ


龍田 「【わたしに酸素魚雷は効かないわよ?】」ニヤッ


青葉 「龍田さんお願いします!」ザーッ…スチャッ 龍田の後ろに移動して主砲を構える


龍田 「いくわよ!槍技 魚雷救い!!」ブォン!!!!


酸素魚雷 「」ガキンガキンガキィン!!!!!! 龍田の持ってる槍先で当てられて金魚すくいのように海から打ち上げられる



龍田 「今よ!青葉!」


青葉 「…狙い夕立さんと時雨さん 打ちます!」ボンボゥン!!!!



青葉の砲弾 「」ヒュゥゥゥ!!!!!! 夕立と時雨に容赦なく向かって着弾しようと…



天龍 「…邪魔すんなって言っただろ?」スゥ…


天龍 「剣技 弾返し!」ヒュンヒュンッ!!!!


青葉の砲弾 「「」」ガキガキィン!!!!…バシャンッ 天龍の弾返しで青葉の砲弾は打ち返されて動力を失い海へと落ちる



時雨 「ありがと天龍さん これで落ち着いて酸素魚雷に打てるよ」スゥ…


時雨 「うおぉぉぉっ!!」ババババババァン!!!! 那珂の放った酸素魚雷に向けて主砲を放つ



夕立 「ポオォォォイッ!!!!大波警報発令っポオォォォイ!!!!」ザバァァァァッッ!!!!!! 先ほどよりさらに勢いよく水しぶきを上げて高波を作りあげる



神通の酸素魚雷 「」ザバアァァァァン!!!!!! 夕立の手によって作られた波に当てられて、押し流されて軌道が変わり的となっていた天龍たちから外れる



那珂の酸素魚雷 「」ボボボボボボゥン!!!!!! 時雨の砲弾が命中して全部の酸素魚雷にも連爆して巻き込み攻撃を防がれる




天龍 「…ふぅ 全部防げたな やっぱり十字方向から一気に攻められるとキツイな」


時雨 「そうだね すぐに次の対処方を考えないといけないからね」


夕立 「夕立も野生の本能を制御するのつかれるっぽい 使いすぎたら理性が切れるからあんまり使えない」


天龍 「たのむから使いすぎるなよ?お前が暴れたら洒落にならん」



吹雪 「天龍さん、夕立さん、時雨さん 今の評価ですが100点中100点です 見事な判断でした 十字方向から一気に砲撃されても冷静に判断し、対処されて素晴らしかったです」


吹雪 「翔鶴さん、瑞鶴さん 開幕戦の命中精度は完璧です この調子なら開幕で一気に相手を倒すことができます」


吹雪 「那珂さん、神通さん 神通さんに関しては問題ありませんが那珂さんは神通さんのかけ声と共に酸素魚雷を発射された時、若干遅かったので息を合わせられるよう練習してください」


吹雪 「青葉さん、龍田さん 龍田さんは酸素魚雷返しのときの動きなんですが、少し無駄な動きが多かったです 青葉さんも夕立さんと時雨さんに狙って打ってましたが標準がブレブレでした 100点中75点です」



青葉 「あぅ…やはり気づいてましたか さすが吹雪さん…」


龍田 「あらあら 手厳しいこと?」ウフフ



瑞鶴 「いい評価貰ったね!翔鶴姉」


翔鶴 「そうね でも、自己評価的には当てられなかったから100点中30点といったところだけどね」


瑞鶴 「んー…たしかにそうね 当てれたら100点だったわね」



那珂 「那珂ちゃんダメ出しされちゃったー!でも那珂ちゃんはポジティブだから気にしない!」( • ▽•́ )✧キラーン


神通 「那珂姉さん…?」

( ͡ ͜ ͡ )ゴゴゴゴゴッッ!!!!


那珂 「ヒィっ!!」ビクッ!!



扶桑 「あの、吹雪さん 私たちの評価は…」


吹雪 「扶桑さんと山城さんも良かったですよ 私のかけ声と同時に砲撃できていたので」


吹雪 「着弾点もかなり正確だったので注意するべき点はありません 心配しなくても平気ですよ」


山城 「それならよかったです!なにも言われないから、もうどうしようもないぐらいに酷くて言う気にもならないのかと思いました…」ホッ…


吹雪 「いやそんなわけないじゃないですか…というか、わたしの性格からしたら言わないのではなく、はっきりズバッと言ってるじゃないですか」


山城 「…言われてみれば、たしかに」



天龍 「おーっし!あともう3セットやるからお前ら本気で来いよ!」


吹雪 「もちろんその気でやらせてもらいます 全員、戦闘準備!」




提督(東南) 「わぁぁ…なんか、地獄の光景を見てるような感じです うちの艦娘たちの演習とは大違いです」


足柄 「さすが狼さんの艦娘たちね 過去最高鎮守府と呼ばれてただけあるわ」


那智 「というか、天龍も龍田もあんなに強かったのか 私たちの鎮守府にいた頃はあそこまでの動きは見たことなかったが」


羽黒 「たしかにそうですね 言われてみれば、天龍さんと龍田さんがあのような動きをしてるところは一度も…」


如月 「元大湊警備府の艦娘だと知られないために隠していたのよ 移動してきた艦娘が異常に強かったらみんな調べるでしょ?」


如月 「調べられると司令官が単独行動隊に入ったことがバレちゃうから隠してたの 最高司令官と呼ばれてた人が単独行動隊に入ったなんて知られたら大変でしょ?」


提督(東南) 「なるほど…たしかに元最高指揮官と呼ばれていた方が単独行動隊に入ったなんて知られたら大変ですね 騒動が起こることは確実、軍のものはおろか、民衆にもこの事が漏れたら暴動が起きてもおかしくありません」


足柄 「でも天龍たちがこっちに来てから、一瞬にして上位3位を独占したわよね 天龍、龍田、如月の順番で…」


那智 「たしかに…あれで手加減してたと思うと恐ろしいな 手加減しても3位まで常時独占してたしな」


羽黒 「私たちと演習したときも全く歯がたちませんでした…あの方たちは強すぎます」カタ((((꒪꒫꒪ ))))カタ


如月 「いやあの時の演習でも、私と龍田はまだ半分しか出してないわよ?天龍は30%しか出てないし」


足柄 「30%!?嘘でしょ!?あれで半分も出てないの!?」


如月 「それどころか天龍は能力も使ってないから実際のところ20%ぐらいかも…」




天龍 「おい如月!それはさすがに盛りすぎだ!たしかに能力使ってなかったがさすがに20%なわけないだろ!」


天龍 「あれでも30%だ!能力使ってればだいたい25%ぐらいだ!」



那智 「さほど変わってないぞ!てか聞こえてたのか!?」


羽黒 「地獄耳ですね…天龍さん怖すぎます!」;;(∩´o`∩);;


提督(東南) 「…というか、天龍たちもあれですが瑞鳳さんのほうも……」チラッ




比叡 「ひえぇぇぇぇっ!!!!」ザーッ!!


金剛 「crazyネ!あの娘crazy girlネー!」ザーッ!!


雷 「死にたくなァァい!瑞鳳さん私まだ生きてたいわ!」ザーッ!!


電 「いぃぃ電の逃げ足をみるのですぅぅぅ!!!!」ザーッ!!


若葉 「やばいぞ!だが、悪くな…」



彗星 「うてー!!」バババババッ!!!!!!


流星 「当たれー!」バババババッ!!!!!!



バァンッ!!!!


若葉 「ぐはぁ!!痛いぞ!だが、悪くない…!」小破(偽)←演習のため小破判定



瑞鳳 「逃げてないで反撃してきてください!いつまでも逃げていては私に勝てませんよ!」バシュンッ!!



金剛 「勝てるかデース!こんな大量の艦載機に目をつけられて、反撃なんてできるわけないネ!!」


比叡 「パッと見100機ぐらいいますよ!軽空母の搭載数じゃありませんよ!!」


雷 「なんでそんなに多いのよ!対空装備で打っても間に合わないじゃない!」


電 「ひゃわぁぁぁぁ!!」ザーッ!!…


若葉 「やばいぞ!だが、悪くない」



瑞鳳 「あなた達がわたしと演習したいと言ったんじゃないですか ちゃんとやってくれないと困ります!」



金剛 「こっちが困るデース!てか、瑞鳳の搭載数ってたしか48機じゃありませんでしたカ!?明らかに数超えてるネ!」


瑞鳳 「本来なら改だと48機で改二だと57機、改ニ乙だと50機です ですが、私には元提督が作ってくれた搭載数拡張装備を積んでいるのでそこから100機上乗せです」



比叡 「100機上乗せ!?軽空母なのに100機越えってやばすぎます!」


雷 「化け物よ!司令官と同じくらい化け物よあの人は!!」



瑞鳳 「…雷 あなたはほんっと!口が減らないですね」スッギリリ…


瑞鳳 「」バシュンッ!!



ヒュンッ!!


雷 「ひぃっ!!!?」チュンッ 瑞鳳が放った普通の矢が目の前を通り過ぎていく



瑞鳳 「次変なこと言ったら本気で当てますからね 偽物の弾よりこっちの矢の方が当たったら痛いですからね?」



雷 「いやあぁぁぁぁっ!!!!!!」ザーッ!!




那智 「…こっちもまたすごいな 駆逐艦たちは愚か、戦艦たちも逃げる一方だなんて」


羽黒 「あの子も強すぎます…あの子も元a meverickさんの艦娘なんですか?」


如月 「いいえ 瑞鳳は別の鎮守府から来た艦娘よ 別の鎮守府の元秘書をやってたわ」


提督(東南) 「別の鎮守府の秘書さんですか?なんでそのような方が移動してきたんですか?普通秘書艦を移動させるなんて考えられないんですが…」


足柄 「…」


如月 「…」


那智 「…? 如月?どうした いきなり黙って」


如月 「…なんでもないわ 気にしないで」


那智 「…そうか?」


足柄 「提督 そのことは誰にも聞かないでちょうだい いいわね?」


提督(東南) 「っえ?なんでですか…?」


足柄 「なんでもよ いいわね」


提督(東南) 「…?」


如月 「(元司令官は反乱軍もとい、元横須賀鎮守府提督のことをよく思ってないから瑞鳳が元横須賀鎮守府の秘書艦とは言えないわね)」


足柄 「(狼さんたちは元横須賀鎮守府提督を助けようとしてるけど、提督は絶対助けようとしないわね むしろ殺そうと…)」




吹雪 「ーっ…」ハァ…ハァ…


扶桑 「…吹雪 だいじょうぶ?顔色悪いけど」


吹雪 「ーっだいじょうぶです 少し息切れしてるだけです…」ハァ…


山城 「無理はしない方がいいですよ まだ病み上がりなんですから無理するとまた身体を壊しますよ」


吹雪 「へいきです みなさんが演習するのに、私だけしないのはおかしいです なので病み上がりだろうがなんだろうが関係……」



天龍 「…」スッ… 右手を上げて翔鶴たち、神通たち、龍田たちに合図を送る



全員 「「っ!」」ザーッ 全員行動を止めて待機状態に移行する



天龍 「吹雪 一旦休め ムリしてやってもらってもまわりに迷惑がかかるだけだ」ザーッ


吹雪 「平気ですよ わたしは駆逐艦以上の力を持ってるんですからこれくらいどうってこと…」


天龍 「提督ー!ちょっと来てくれ!」



提督 「っん 今行く!」



吹雪 「ちょっ!天龍さん 提督を使うのは反則です!」


天龍 「こうでもしないとお前休まないだろ わるいが無理やりでも休んでもらうぞ?」


吹雪 「うぐぐ…きたないです!」



提督 「どうした天龍 だいたい把握してるが」ザーッ


天龍 「把握してるなら聞くなよ 悪いがたのむ」


提督 「わかった」


吹雪 「休みませんよ 誰がなんと言おうと私は演習しますよ!」


提督 「じゃあ無理やり連れていく」ガバッ


吹雪 「…っへ?」提督に抱きかかえられてお姫様だっこされる



翔鶴 「あら?これは…」


瑞鶴 「」バキッ 手に力入れすぎて弓をへし折る



時雨 「あらら…これは」


夕立 「お姫様だっこだっぽい!」



提督 「これなら抵抗もできないだろ このまま医務室に連れていくぞ?」


吹雪 「っえ あっいや!っちょ 待ってください提督!ななっなんでお姫様だっこなんですか!?連れていくならもっと別の方法ありますよね!」///


提督 「だって運びやすいんだもーん」


吹雪 「気持ち悪いです!そんな女子高生が使いそうな言葉を使わないでください!」///


提督 「きも…あぁそうかい!ならみんなに見せびらかしながらお前をお、ひ、め、さ、だっ、こで運ぶとするかな!」ピキッ


吹雪 「っあ ごっごめんなさい!きもいと言ってすみません!謝りますのでお姫様だっこしながら連れていくのは…!」///


提督 「聞く耳持たない!」


吹雪 「いやぁー!やっやめてくださーい!!」///


ザー…



提督(東) 「…めちゃくちゃ恥ずかしがってたわね よほど恥ずかしかったようね…」


提督(東) 「(まぁこんな人前でお姫様だっこなんてされたら 誰でも恥ずかしがるわね)」



青葉 「いやぁーいいですね!いい絵が撮れましたよ!」ピッ


龍田 「…青葉 あなたいつからビデオカメラで撮影してたの?てかどこにしまってあったの?」


青葉 「吹雪さんとやり取りが始まってから撮影してました!このカメラはいつも懐の中にしまっているんです いつでも撮影ができるように!」(☆∀☆)キラーン


龍田 「用意周到ね…」



翔鶴 「…瑞鶴 その弓…どうするの?あなた折っちゃったけど」


瑞鶴 「……どうしよう………」ダラダラ…



提督(東南) 「…だっ大胆ですね このような大勢いる中でおっお姫様だっこで運んでいくなんて……」///カァァ


足柄 「いいなぁ わたしもして欲しい…」ハァ…


那智 「頼んでみればいいじゃないか 言えばしてくれるんじゃないか?」


足柄 「えぇ!?いっいや、そんな お願いしてまでやって欲しいとは……」///アタフタ


羽黒 「わっわたしも、してもらいたいです…お姫様だっこ……」///カァァ


足柄 「あぁ?」ピキッ


羽黒 「ひぃっ!!ごっごめんなさい……」ビクビク


那智 「やめないかばかもの!大人気ない」ゴンッ


足柄 「あいったー!」


如月 「(後でしてもらおっと♪)」ニヤッ



天龍 「…瑞鶴 お前は工房に行って弓直してもらってこい それじゃ打てないだろ」


瑞鶴 「…うん そうするわ ちょっと直してもらってくる」ザー…


天龍 「時雨、夕立 お前たちはこのまま残った人数で演習をしててくれ」


時雨 「わかった」


夕立 「了解っぽい!」


天龍 「東提督 提督の代わりに俺が教えてやるが、どうする?」


提督(東) 「そう?ならお願いしようかしら」


天龍 「翔鶴 扶桑たちと組んで、護衛しながら主砲を打ってくれ 同時攻撃された時の対処方を訓練してくれ」


翔鶴 「わかりました」



瑞鳳 「天龍さん なんでしたら私がそっちに行きましょうか?合同で訓練した方が効率がいいかと思いますが」


天龍 「…合同って お前それ本気で言ってるのか?」


瑞鳳 「? えぇそうですが」


天龍 「…その状態で合同にするのか?」スッ



金剛 「」プカー… 瑞鳳の艦載機の弾が命中&訓練のし過ぎで気を失い、プカプカと海の上で浮いている…


比叡 「」プカー…


若葉 「」0(:3 _ )~チーン… 瑞鳳の艦載機の弾が当たり過ぎて気絶している


雷 「」プシュー… 後頭部に瑞鳳の放った鏑矢(かぶらや)がクリティカルヒットして気絶している


電 「はぁー…はぁー……!!」ハァハァ… 全力で逃げてなんとか当たらずに済んだが赤疲労(疲労MAX)



瑞鳳 「はい そのつもりですが」キッパリ


天龍 「……いや、それはやめとこうぜ さすがにそれはかわいそうだ………」


瑞鳳 「ですが、強くなるためには訓練しなくてはいけません みなさんにも強くなってもらわなくては」


天龍 「…」スッ 口元に人差し指を立てて話すなと合図をする


瑞鳳 「っ! …すみません ほかの方がいるのに口を滑らしそうになりました」


天龍 「わかればいい それと強くならないといかないのはわかるが、さすがにそれ以上やったら体を壊す だからお前だけ訓練に参加してくれ」


瑞鳳 「…わかりました そうします」


天龍 「よし!翔鶴 やっぱりさっきと同じ作戦にしてくれ 瑞鶴の代わりに瑞鳳と組んで訓練を続行してくれ」


翔鶴 「わかりました」


瑞鳳 「翔鶴さんよろしくおねがいしま なるべく足を引っ張らないよう頑張ります」ザー…


翔鶴 「わたしも引っ張らないようにがんばるわ よろしくね」



時雨 「(…あれ、これ……キツくない?僕たちの援護してくれる天龍さんが抜けたから実質こっちの組が一人抜けたことになる……)」


時雨 「(しかも瑞鳳は艦載機100以上積んでるみたいだし 瑞鶴さんより搭載数が多いから……)」タラー…


夕立 「…ねぇ時雨 これ…まずくない?これ、私たち避けられるっぽい…?」タラー…


時雨 「…うん たぶん避けられないかも……」


夕立 「…聞きたくなかったっぽい」


時雨 「(あっでも吹雪も抜けてるからいけるから…いや、ムリだね どっちにせよ吹雪は本気出してなかった上に駆逐艦の実力までしか出してなかったから いてもいなくても変わらない強さだし、やっぱり変わってないや……)」



翔鶴 「それではいきますよ!」ギリリ…


瑞鳳 「目標捕捉 敵は駆逐艦二人…彗星、流星 発艦!!」バシュン!!


シュボッ!!


彗星&流星 「「了解!」」ブゥゥン… 翔鶴と瑞鳳の艦載機が一斉に時雨たちの元へ近づいていく



時雨 「多っ!?瑞鳳の艦載機多すぎだよ!!」


夕立 「絶望だー!翔鶴さんと合わせて軽く200はいるっポーイ!!」



翔鶴 「200は超えてますよ 私の搭載数は改装前だと75機のままですから」


翔鶴 「瑞鳳も改装前だと48機よね?そこから搭載数を増やす装備を付けてるから、そこから100機上乗せして合計148機よね」


瑞鳳 「はいそうです 今は改装前の姿なので、合計148機です」


翔鶴 「それで私のと合わせれば223機で200は超えてます 二人合わせて200超えるなんて凄いですね!」ニコッ



夕立 「ぜんっぜん凄くないっぽい!夕立達からしたら絶望だっぽい!!」


時雨 「…夕立 僕たちも本気だそうか てかそうしないと洒落にならない」


翔鶴 「いやそっちの方が洒落にならないわ!お願いだからやめて!」


瑞鳳 「私は構いませんが?」


時雨 「そう?なら…」


全員 「「絶対やめて!」」




如月 「あらあら?みんな大変ね あんなに拒んじゃって」


提督(東南) 「あっあの…みなさん 時雨さん達が本気を出すと言ったら拒否していましたが、そんなにやばいんですか…?」


如月 「かなりやばいわよ 時雨たちが本気出したら、司令官しか止められなくなるわ」


足柄 「っえ!?狼さんだけしか止められないの!?天龍たちじゃ無理なの!?」


如月 「ムリじゃないけど司令官に任せた方が一番よ 天龍たちだとケガさせちゃう恐れがあるから…」


那智 「…そうまでしないと止められないのか?」


如月 「えぇ 逆に一瞬でも気を抜いたらこっちが殺されるわ」


羽黒 「えぇ!?こっ殺される…!!」ゾクッ


提督(東南) 「ほっほんとに南提督さんの元艦娘方たちは怖いです…」カタ((((꒪꒫꒪ ))))カタ



…シュンッ!!


? 「…にゃし 背後ががら空きぞよ?如月ちゃん」(☆∀☆)キラーン


如月 「っ! そのこ…」


? 「挨拶初めに我の右手を受けてみよー!」シュッ



ガシッ!!


如月 「あひゃあァァッッ!!!!」///ビクゥン!!!!


全員 「「ッ!!!!!?」」///


睦月 「にゃしし!奇襲攻撃成功!一瞬にして如月ちゃんを倒したぞー!」



如月 「あっあへぇ…!!」///ビクン…ビクン……


足柄 「(っえ!?きっ如月が一瞬にして倒された!?てか、如月がだれにも見せられない顔に!!)」


那智 「(バカな!如月が一瞬にしてアヘ顔ダブルピースするなんて…こいつ、なにやつ!?)」


羽黒 「はわわわわ!?しっ司令官さん!!あぁあの如月さんが一瞬でアヘ顔ダブルピースして倒されてしまいました!!どどっどうしましょう!!!?」ガクガク


提督(東南) 「あっあぁぁあなたは一体、誰ですか!!!?」ガタガタ


睦月 「およ?私のことか てか、あなたここの司令官…?」


提督(東南) 「あぁいえ!わたしは、その…!!」ブルブル


睦月 「おかしいにゃ…たしかここには元大湊警備府司令官が着任してると話を聞いたんだけど…?」( ¯•ω•¯ )


睦月 「…もしかして、間違えた…?」



天龍 「いや 間違えてないぜ そいつらは提督に挨拶しに来たんだ」ザー…ヨット


睦月 「あっ天龍!久しぶりにゃし 元気してた?たしか天龍もここに着任したんだよね?」


天龍 「あぁ!龍田と如月もここに着任したぜ また今日からよろしくな!」


睦月 「にゃし!よろしくにゃー!」スッ 左手を差し出して握手を…


天龍 「…」スゥー… 左手を後ろに回して握手を拒否する


足柄 「…っえ?(拒否した…なんで?)」


那智 「てっ天龍…?」


羽黒 「…?」


提督(東南) 「てっ天龍さん!?」


睦月 「…あれ 天龍?」


天龍 「…睦月 右手出せ」


睦月 「っえ?…っあ ごっごめんにゃし よろしくね!」スッ 左手を引っ込めて右手を差し出す


天龍 「あぁ!」ガシッ 右手を差し出して握手をする



時雨 「…あぶなかったね 今の触れてたら…天龍昇天してたね」


夕立 「ぽい 睦月の左手だけはぜったいに触れられたくないっぽい」


提督(東) 「っえ なにかあるの?」


時雨 「睦月は左利きなんだ その手で握手や触られたりすると…」


時雨 「【相手はほぼの確率で絶頂しちゃうんだ】」


提督(東) 「えぇっ!?さっ触られただけで絶頂!?」///


夕立 「ぽい 如月は睦月ちゃんに弱いから右手でもアヘ顔ダブルピースしちゃうけどね」


時雨 「もしよかったら、東提督も本当の絶頂を味わってみたらどうだい?すごく気持ちいいのは保証するよ 意識が一瞬にして飛ぶけどね」


提督(東) 「絶対いやよ!遠慮しておくわ!」



睦月 「それで天龍さん 司令官はどこにいるかな?みんなが演習してたからここにいると思って来たんだけど」


天龍 「提督なら今吹雪を連れて医務室に行ったぜ …例の症状が出て病み上がりなんだ」ヒソヒソ


睦月 「っ!」


天龍 「お前が来たならちょうどいい 医務室に行って吹雪の様子を見てきてくれ 提督もそこにいるからあいさつも兼ねてできるぜ?」


睦月 「わかったにゃし それじゃ行ってくるね!」タッタッタッ…


天龍 「おう!たのむぜ」


如月 「アハッアハハ…!む…睦月っちゃんたら……激しいん、だから……!」///ビクン…ビクン…


天龍 「お前は敏感すぎだ 右手だけでイくなよ…」


如月 「えっえへへ、だってぇぇ……!!」///ピクピク…ピクピク…



提督(東) 「天龍ー そろそろ教えてもらえないかしら?時間があるうちにもっと練習したいんだけど」


天龍 「おーう!今行くぜ」


天龍 「元提督 如月は放っておけば勝手に治るからそのまんまにしておいてくれ」


天龍 「それと!睦月と握手とか、左手で触られるようなことをしてきた場合にはぜったい触られるなよ!如月みたいになるからな」


提督(東南) 「はっはい!わかりました!」ビシッ


足柄 「でも天龍 如月はさっき右手でやられたわよ?天龍は平気みたいだったけど」


天龍 「如月は睦月に弱いんだ 如月の場合は左右関係なく、触れられたら一瞬にしてアヘ顔ダブルピースしちまうんだ」


天龍 「他のやつなら右手で触れても平気だ 如月が異常なだけだから安心しろ」


足柄 「そう ならよかったわ」


天龍 「それじゃ俺は行くから 時雨たちの演習でも見ててくれ!いろいろと参考になるかもしれないぜ?」


那智 「いやムリだろ…あんな化け物じみた行動 参考にならんよ…」


羽黒 「私も無理です あんな動きしたら死んでしまいます…」


天龍 「いや死にはしないと思うが…まぁこういう動き方もあるということだけでも把握しといてくれ」


那智 「把握できる自信はないが…わかった」


天龍 「よーし!お前ら演習再開だ!俺は東提督と演習するから そっちは頼むぞ?」


瑞鳳 「わかりました」


時雨&夕立 「「(本気出したい…)」」


天龍 「電ー 悪いが金剛たちを引き上げといてくれ そのままにしておくといろいろとまずいから!」


電 「はぁ…はぁ……っはい わかったのです……はぁー……」ゼェ…ゼェ…


電 「(もう瑞鳳さんと演習したくないのです…走馬灯を2、3回見たのです……)」ゼェ…ゼェ…


電 「(みなさん引きあげたら少し休憩しましょう…休まないと身体が持たないのです……)」フゥ…フゥ…



足柄 「…電も相当疲れてるわね 瑞鳳との演習も相当なものだったものね…」


提督(東南) 「南提督さんの艦娘たちとは演習したくありませんね やったらみなさん赤疲労で次の日休みそうです…」


那智 「うむ 私なら休む」キッパリ


羽黒 「すっすみませんがわたしも…」ガクガク…


足柄 「わたしは狼さんとイチャイチャしてるわ!」(☆∀☆)キラキラ


提督(東南) 「…そうですか」













医務室



提督 「…。」


吹雪 「ーっ…♡」///ギュー… ベッドに座りながら提督に抱きついてる


吹雪 「(はぁぁ…しあわせぇぇ♡誰もいないところで提督に抱きしめてもらえて…♡)」///


吹雪 「(まだ少し頭がふらつきますが 提督に抱きしめてもらえれば痛みが緩和される…これぞ抱きしめ治療法(人物提督のみ)!)」ドンッ!!


提督 「…あの、吹雪?そろそろ休まないか?俺に抱きついてるより寝た方が…」


吹雪 「もう少し…♡」///ギュー…


提督 「…この後 東に接近戦闘術を教えないといけないんだが……」


吹雪 「提督 他の女性の名前を出さないでください 今は私を抱いてるのにデリカシーがないですよ!」


提督 「いや二人きりになった瞬間に抱きついてるやつにデリカシーとか…」


吹雪 「いいですね!」


提督 「…はいはい」


提督 「(いつまで抱きしめてればいいんだ…)」


吹雪 「〜♡」///ギュー…



…スーッ…


提督 「っ…」ピクッ


吹雪 「? どうしましたか?ていと…」



睦月 「睦月の奇襲攻撃 受けてみよー!」ガバッ!! 提督の背後から襲いかかろうと…


提督 「」ガシッ 睦月の両腕を掴んで掴まれるのを阻止する


睦月 「にゃんと!?我の奇襲攻撃が防がれた!?」


吹雪 「むっ睦月さん!?」


提督 「おう睦月 あいかわらずお前はイタが過ぎるイタズラをしてくるな?お前の左手に触れたらシャレにならん」


睦月 「にゃしぃ!そんなことないよ!司令官のアへ顔ダブルピース 見たことないから見てみたいぞよ!」


提督 「男のアへ顔ダブルピースなんて誰も得しねぇだろ…てか気持ち悪いだけだろ」


吹雪 「あっわたし見てみたいです 提督のアへ顔ダブルピース」


提督 「なんで!?」


吹雪 「提督のイキ狂ってる顔 見たことないので一度でもいいので見てみたいです」


提督 「俺が得しないから絶対やだ!」


睦月 「それより吹雪ちゃん 体の方は平気そう?結構つらいならマッサージしてあげるよ?」


吹雪 「いえ大丈夫です 提督に抱いてもらえれば痛みなどは緩和されるので…」


提督 「睦月 着任早々わるいが吹雪に痛み緩和のマッサージ頼む」


睦月 「了解にゃし!」


吹雪 「…」( ᯣωᯣ )


提督 「…」フイッ


睦月 「それじゃ吹雪ちゃん 司令から離れてベッドに寝っ転がって!」


吹雪 「…わかりました」スッ…ポスッ


睦月 「にゃしし!さぁて吹雪ちゃん 我の前でそんな無防備な姿を見せるなんて…おじさんがいろんなところを触っちゃうよぉ?」ワキワキ


吹雪 「…普通にやってくださいね もし変なことしたら…絞めますよ?」ギロッ


睦月 「おぉこわいこわい!安心して吹雪ちゃん さすがに吹雪ちゃんにはまじめにやるから!」


吹雪 「お願いします」


提督 「(他の奴にはやるのか…)」


睦月 「よぉし!それじゃ始めるねー!」スゥ…


ムギュッ


吹雪 「んっ…」ピクッ 睦月の手が腰あたりに置かれて押される


睦月 「おぉ…吹雪ちゃん けっこう体調悪いみたいだね?まだ押しただけなのに、結構ガタがきてるよ?」ギュッギュッ…


吹雪 「人をババァみたいに言わないでください…はぁ!」ビクッ


睦月 「だれもおばさんとは言ってないにゃし…」グリグリ…


吹雪 「んんっ!やっあぁぁ〜…!!」ビクンッ


睦月 「ふんふふーん♪」ギュッギュッグリグリ…


吹雪 「あぁぁ〜……!はぁんっんん〜…!!」ビクッビクッ


提督 「…」 イタクナイ?フブキチャン


提督 「(…吹雪 たぶん無意識に出してると思うが、あまり変な声を出すなよ……俺、男だからな?)」 ハイ ダイジョウブデス


提督 「(そんな色っぽい声出されたら反応しちまうだろ…何に反応してるのかは言わないが)」 ソレジャモウスコシツヨクスルネ?


睦月 「ぐりぐり〜♪」グリグリ…


吹雪 「あぁ…そこだめぇ……!気持ち良すぎますぅぅ……」///トローン


吹雪 「睦月ちゃんもう少し弱めにやってぇぇ〜……」///ハァ…ハァ…


睦月 「…ちゃん?」ニヤリ


提督 「っ!」ピクッ


吹雪 「…っは!?なっなんでもないです もう少し軽くしてください」コホンッ


睦月 「はーい!わかったにゃし!」


睦月 「(にゃしし!吹雪ちゃん いま睦月のことちゃん付けで呼んだね?あまりにも気持ち良すぎて 落ちそうになったね?)」ニヤニヤ


睦月 「(いつもは睦月のこと さん付けで呼ぶのに、ちゃん付けで呼んだってことは一瞬思考回路が鈍ったにゃしね!)」ニャシ!


睦月 「(この調子でいけば 吹雪ちゃんとあんなことやこんなことを…!!)」グヘヘ


提督 「…睦月 お前顔がにやけてるぞ?思考だだ漏れだからな」


睦月 「にゃしっ!?」ドキッ!!


提督 「今は普通にやってるみたいだが もしこの後、上手くいけば吹雪とやろうとなんて考えてないか…?」


睦月 「そっそそそんなことないにゃしよ!我はそんなこと、1ミリたりとも考えてなんて!」アワワワ


吹雪 「…睦月さん」


睦月 「にゃっ!?」ビクッ!!


吹雪 「もし私に変なことをしたら…どうなるかわかってますよね?」ギロッ


睦月 「あっえぇと…その……」ダラダラ…


睦月 「…その時は、優しくして?」

(●´▽`●)にぱー☆


吹雪 「あぁ?」ピキッ


睦月 「ごめんなさい お願いします何も手出しはしませんので許してください」


吹雪 「ならいいでしょう ではマッサージの続きをお願いします」


睦月 「はーい…」ショボーン…


提督 「まったく…」ハァ…


睦月 「んしょ!よいしょ…」モミモミ


吹雪 「はぁぁ…きもちぃぃ……もっとそこをお願いします」///


睦月 「了解!」モミモミ


吹雪 「ふぅぅ……」///ウットリ


提督 「(…吹雪のことは睦月に任せて平気かな さてと、それじゃ俺は東提督のところに行って教えに行かないと)」


睦月 「あっそうにゃし」ギュッギュッ…


睦月 「司令官 ちょっと聞きたいことがあるんだけど」ギュゥゥ…


提督 「っん なんだ?」 アァー…///


睦月 「最近吹雪ちゃんとヤッた?」


提督 「」ブー!!


吹雪 「ちょっ!?睦月ちゃん!?」///


睦月 「吹雪ちゃんの身体からすごく欲求不満な臭いがするよ?最近抱いてないでしょ」


提督 「…いや、抱いてはいるぞ?抱きしめては……」


睦月 「それで吹雪ちゃんの欲求不満が解消されると思う?」


提督 「…」


睦月 「もう!ダメだよ?吹雪ちゃんは溜まりやすいんだから定期的に発散させてあげないと」


睦月 「溜まりに溜まって爆発したら 吹雪ちゃん見境なくなっちゃうからね?」


吹雪 「いやなりませんからね!?睦月ちゃんなに言ってるの!」


吹雪 「わたしは提督とだけしかしないからね!ほかの男となんてしないから!」


睦月 「いや吹雪ちゃん たしかに見境なくなるとは言ったけどね?誰も他の男とするなんて言ってないよ」


睦月 「わたしが言った意味は吹雪ちゃんは誰か近くにいると大胆にならないでしょ?だけど我慢してた分が一気に爆発したら如月ちゃんみたいになっちゃうよって意味で言ったんだよ」


吹雪 「いやどっちにしてもしないから!誰かいるところでなんてやりたくないし!」


吹雪 「もしほんとにしたくなったら夜提督の部屋に行って 起こしてからしますから!」


提督 「あっ起こしてくれるんだ それはありがたい」


吹雪 「当然です わたしは寝込みを襲うようなことはしません するなら起こしてからします」


睦月 「その時は睦月もしたいにゃし!久々に3人で一緒に気持ちよくなりたい!」


提督 「…時間が空いた時にな」


睦月 「にゃし!」



ヴゥー…ヴゥー…


提督 「っん?電話か 誰からだ?」スッ


携帯 『着信:馬鹿』


提督 「上官からか なんの用だ?」ピッ


提督 「もしもし」


上官 『おっす!a meverick 元気にしてるか?』


提督 「今のところはな それよりどうかしたのか?」


上官 『うむ ちょっとばかし、お願いがあるんだが』


提督 「おねがい?なんだよ」


上官 『…』


提督 「…? 上官?」


上官 『…いや、やっぱりやめとこうかのう たぶんお主はいいかもしれんが吹雪がものすごく嫌がると思うから……』


提督 「吹雪が嫌がる…?」


吹雪 「…はい?私が嫌がる?」


上官 『うむ ちょっとある者をお主の鎮守府に着任させたいんだが…いいかのう?』


提督 「ここにか?誰をだ?」


上官 『……nightじゃ』


提督 「っ! nightをここに!?」


吹雪 「っ…」ピクッ


睦月 「(あっ…吹雪ちゃん 今一瞬だけ殺意が出た……)」


提督 「っ…ちょ、ちょっと待て上官 それマジで言ってんのか?(やべぇ…今吹雪から殺意が出てたぞ)」


提督 「nightは元々ブイン基地の提督だろ?なんでここに配属しようとするんだ」


上官 『…いや、そのな?最初はそうするつもりでやったぞ?今着任させてる指揮官とnightを共同でやってもらおうとしたんじゃ』


上官 『…だがな あのバカは今着任させてる指揮官と大喧嘩してぶん殴ったんじゃよ……』


提督 「…なんでケンカした?」


上官 『…その指揮官は叢雲に惚れたらしいんじゃ それで叢雲に一度プロポーズして断られたんだが、どうしても諦めきれなかったらしくてな』


上官 『あのバカはnightに直接、叢雲をくれと言ったらしいんじゃ……』ハァ…


提督 「バカだろ」即答


上官 『大バカじゃよ たしかに惚れた女を欲しがるのはわかるが、既婚者を取ろうとするなんてアホとしかいいようがない』


提督 「たしかにな それが俺だったとしても相手ぶん殴ってるわ 顔が変形するまで」


上官 『お主が言うと洒落にならんからあまり言わんでくれ 本気でやるだろうから』


提督 「もちろん」キッパリ


上官 『…それで、nightの着任はいいかのう?』


提督 「いや…おれは構わないんだが、ちょっとほかの艦娘たちがな…?」


上官 『だよな…nightを釈放させたはいいが、今はどこの鎮守府も埋まってるからな』


上官 『憲兵として着任させてもいいんだが、あやつの性格上 絶対なにか起こしそうだから下手に着任させることができないからほんとにどうするか…』ウーン


提督 「…」


吹雪 「…提督 ここに着任なんてさせないですよね?もし着任なんてさせたら……」


吹雪 「【nightを殺しますからね?】」ギロッ


提督 「(おぉこわい…目が本気だ 殺意もめちゃくちゃ出してる……)」


上官 『…ダメそうじゃのう 今吹雪が嫌がる声が聞こえたが』


提督 「…そうだな ちょっとnightをここに着任させるのはムリかな」


提督 「てか、俺もあまり気が進まないしな あいつ小さい子に手を出そうとするから着任させたくないし…」ハァ…


上官 『だから困ってんじゃよ…あのバカはロリコンだから下手に着任させると手を出しそうで……』ハァ…


提督 「仲間としては非常に心強いやつなんだがな あいつもけっこうな手練だから共に戦場に行くことに関しては俺は賛成するが…」


上官 『…ほんとにどうしよう……』


提督 「んー…そうだなぁ」ウーン


吹雪 「…あんなやつ ずっと牢屋に入れとけばいいじゃないですか?釈放なんてさせなくていいですよ」


上官 『a meverick ちょっとスピーカーモードにしてもらっていいか?』


提督 「っん?あぁ わかった」ピッ


上官 『吹雪 今牢屋に入れ続けてもいいと言ったよな?』


吹雪 「はい言いました あんな変態で最低なやつはずっと牢屋に入ってればいいんですよ 罪も載ってるんですから指揮官に戻したりなんてしたら、他の指揮官たちからブーイングが来ますよ」


上官 『たしかにそうかもしれんが それでもあ奴は過去三番目に最高指揮官と呼ばれていたほどの実力を持つものだ そんな有能な指揮官をいつまでも軽犯罪で牢屋に入れておくのはもったいないだろ?』


吹雪 「もったいなくなんてありません いくら三番目に最高指揮官と呼ばれていたほどの実力を持っていたとしても、所詮犯罪を犯した者です そんな落ちぶれを指揮官に戻す必要性がありません」


上官 『今の現状が、でもか?』


吹雪 「っ…」


上官 『お主ならよぉくわかってるはずだ吹雪 今の状況がどれだけ大変なことになっているか』


上官 『元横須賀鎮守府提督が敵側に回ってから今の今までなにも対抗できず

各鎮守府の艦娘たちが出撃後に連れ去られた』


上官 『今はまだ襲撃はされていないがこれでもし、あやつの率いる艦隊が一斉に総攻撃なんてしてきたらどうなると思う?』


上官 『いくらa meverickがいるとはいえど、a meverick一人では到底太刀打ちできない だからどうしても有能な指揮官が必要となるんだ』


吹雪 「…ですが、なにもそれがnightじゃなくとも…」


上官 『それじゃ他に誰を選ぶんとするんだ?』


吹雪 「…にっ西我原提督に……」


上官 『ムリだな 西提督では到底元横須賀提督に太刀打ちはできん いくら現三番目に最高指揮官と呼ばれている者でもな』


吹雪 「っ…」


提督 「っえ!?西提督って現三番目に最高指揮官と呼ばれてるのか!?」


上官 『そうじゃよ あ奴は現三番目に最高指揮官と呼ばれている腕利きの指揮官じゃ 基本無口で何を考えてるかわからんやつだが常に冷静で的確、緊急時でも冷静に指示をして艦隊を勝利に導いている』


上官 『あの者の艦隊も何度か元横須賀提督に拉致されそうになったが西指揮官の的確な判断のおかげで拉致られずに逃げてきている それが4度も成功している』


上官 『…だが、お主たちと比べたらペーペーじゃがな 過去最高指揮官と呼ばれていた者たちと比べたらまだまだだ ヒヨっ子どころかまだ卵から孵化もしてないわ』


上官 『…吹雪 お主がnightの釈放を認めんとする理由は知ってるからあまり強くは言えんが、今の現状からしたら仕方ないことだと思わないか?』


上官 『今の状況だと有能な指揮官を集めて解決しなければならない 過去二番目に最高指揮官と呼ばれていた者を助けるためにはそうしなければならないんだ』


上官 『もし元横須賀提督を助けられなくて処刑、もしくは殺してしまったら…瑞鳳はどう思うだろうな?もしかしたら自害することも考えられるぞ』


吹雪 「っ…」ギリッ…


睦月 「じょっ上官さん さすがにそれ以上は……」オロオロ


提督 「睦月 今は黙ってろ 上官は正しいことを言ってるんだから口出しはするな」


睦月 「でっでも…」


提督 「お前が言いたいことはわかるよ でも吹雪だって上官が正しいことを言ってるのはわかってるんだ 反論しないのがなによりの証拠」


提督 「たしかに犯罪者を指揮官に戻すのはおかしい…けど、そうでもしないと瑞鳳の元提督を助けることができない」


提督 「瑞鳳の元提督も犯罪者だからそいつを助けるのもおかしいと思うだろうがそいつを助けなければ、瑞鳳を助けられない」


提督 「瑞鳳は今まで一人で悩み続けて、他の人に手を借りずになんとかしようとしてたんだ そんな責任感の強いやつを見捨てる方が罪が重い」


提督 「…たとえ、吹雪がnightに襲われたことよりもな」


吹雪 「……」


睦月 「…」


上官 『…吹雪 お主の気持ちはわかるが、nightはまた指揮官に戻す もしくは憲兵として再び海軍に戻す』


上官 『南我原には移動させないようするから安心してくれ 別の鎮守府にでも着任させるから…』


吹雪 「…あんなやつをどこに移動させるんですか それこそまた問題になりかねないじゃないですか!」


吹雪 「また犯罪を犯したら二の舞になるじゃないですか!出所してまた単独行動隊に入れるんですか!?馬鹿なんじゃないですか!?」


吹雪 「そんなことが起きるくらいならここに着任させてください!他の鎮守府で問題を起こされる方が迷惑です!」


吹雪 「わたしは元々単独行動隊管理者です!なのであの変態を見るくらい余裕ですから他の鎮守府に移動なんてさせないでください!」


提督 「吹雪…」


睦月 「吹雪ちゃん……」


上官 『…ほんとにいいんだな?』


吹雪 「構いません!もし私に手を出してきたら提督がぶっ殺してくれますので!」


提督 「おいちょっと待て 最終的には俺がやるんかい」ビシッ


吹雪 「ならわたしがnightに犯されてもいいんですか?」


提督 「うん 絶対殺す」キッパリ


睦月 「即答だね…」


提督 「当たり前だろ 人の艦娘に手を出すなんてとんでもねぇ nightだろうが誰だろうが関係ねぇ」


睦月 「睦月も…?」


提督 「当たり前だろ お前だけ省くわけないだろ みんな一緒だ!」


睦月 「ーっ…ごっごめんにゃし 次からはやらないから許してください!」土下座!!


提督 「っえ…っあ!ちがうちがう!今のは俺の鎮守府以外の奴らが人の艦娘に手を出したら許さないという意味だ!お前には手を出さない!」


睦月 「ほんと…?」


提督 「あぁ 逆に他の奴らがお前に手を出そうとしてきたら、俺はそいつを許さない 容赦なくぶっ殺す!」


提督 「俺の大事な艦娘だからな だれかを省いたりなんかしねぇよ!」ニカッ


睦月 「〜っ…えっえへへ!そっそんなんだ うれしいにゃし!」///テレテレ


上官 『…おーい 盛り上がってるところ悪いが話し続けていいかのう?』


提督 「別に盛り上がってはねぇけど…いいぞ」


上官 『吹雪にはわるいがそっちにnightを送らせてもらう あっそれと叢雲もいいかのう?』


提督 「っえ 叢雲も?なんでまた叢雲もこっちに移動させるんだ?」


上官 『叢雲もそっちに送ればあ奴も多少はおとなしくするだろ 暴走しても叢雲が抑えてくれるだろうしな』


提督 「…なるほどな」


上官 『あともう一つ頼み事していいかのう?』


提督 「もうひとつ?なんだよ」


上官 『ちょっと偵察をしてきて欲しいところがあるんじゃ』


提督 「偵察か 見てくるだけでいいのか?」


上官 『とりあえずわのう ちょっと南方海域に行ってきて欲しいんじゃ』


提督 「南方海域か 別にかまわないけど、なにを見てくればいいんだ?」


上官 『南方海域にいくつか孤島があるだろう?そのどれかの孤島を拠点としてる深海棲艦がいるらしいんだ』


上官 『…a meverick ちょっとスピーカーモードを切ってもらっていいか?』


提督 「っん わかった」ピッ


提督 「切ったぞ それで?その孤島を探せばいいのか?」


上官 『あぁ 見つけたらわしにだけ教えてくれ ほかの者には言わないでくれ』


提督 「っえ…なんでだ?」


上官 『【…もしかしたらなんだが、元横須賀鎮守府提督が拠点としてる基地があるかもしれないんだ】』


提督 「っ!」ピクッ


吹雪 「?」ピクッ


提督 「…わかった 今日は無理だが明日にでも行くよ …一人でな」ボソッ


上官 『たのむぞ 今回に関しては他のものに知られたくないんだ 知るとしたらもう少し対策を考えてからがいい』


提督 「わかってるよ 俺も理解してるから安心してくれ」


上官 『察しが良くて助かる それじゃのう』


ブツッ…


提督 「…」スッ…


吹雪 「…提督 上官はなんと?」


提督 「…」


睦月 「…司令官?」


提督 「…悪いが今回の件に関しては極秘だ 誰にも話せない」


吹雪 「元横須賀鎮守府提督のことですか?」


提督 「…さてな どうだろうな」


提督 「睦月 吹雪のことをたのむ 俺は東に稽古をつけてくる」タッタッタッ…


睦月 「っえ?あっうん わかったにゃし」 ガラッ…



パタンッ…


睦月 「…なにを言われたんだろうね 睦月たちに話せないって言ってたけど」


吹雪 「…」













工房



明石 「」ジジジッ…ジジジッ……


瑞鶴 「…どう?明石さん すぐに治りそう?」


明石 「…もう少し時間もらっていいですか?なにしろポッキリ折れてるので精密なところまでまだ治せてないので…」


瑞鶴 「あぅ…やっぱり……」


妖精 「換装の一部だからね 普通の弓なら新しく作ってたんだけど、そういうわけにはいかないからね…」


明石 「妖精さんはどれくらいで治ると思いますか?わたし的には1時間ぐらいだと思うんですが」


妖精 「私もそのくらいかかると思うよ 精密なところまで治すとなるとそれくらいかかっちゃうね」


明石 「ですよね 瑞鶴さんすみませんがあと1時間ほどお待ちください」


瑞鶴 「ながい……」



提督(北) 「ふぎーっ!!」グググッ…


提督(北) 「はぁ…はぁ……全然持ち上がらない……お兄ちゃんの重防御型装甲重すぎ………」ゼー…ゼー…


明石 「…あの、北提督 いつまでそれやってるんですか?さっきから若干浮いては落ちてますが」


提督(北) 「ちゃんと持ち上げられるまで!ふぎぃぃぃっっ!!!!」グググッ…


明石 「…腰痛めないよう気をつけてくださいね」


瑞鶴 「てか、なんで着ようとしてるの?しかも重防御型なんて」


提督(北) 「これを着てお兄ちゃんを手伝うの!この装備なら前線に出て戦うことないでしょ!」


瑞鶴 「…いやムリでしょ それ並の人じゃ着れないわよ」


瑞鶴 「しかも女じゃよけい無理よ 私なら余裕だけど」


提督(北) 「へいきよ!こんなの余裕なんだから……!!」グググッ…


瑞鶴 「いや さっきより持ち上がってないわよ…」


提督(北) 「ふぎぎぎ…!!こっこれから上がるからっ!!」ヴヴゥ…


明石 「あのー そろそろ本気で腰痛めるのでやめたほうが…」


提督(北) 「だいじょうぶ…!!」グググッ…



提督 「…なんかさっきからうめき声が聞こえるんだが?」タッタッタッ…


明石 「っあ 南提督」


瑞鶴 「提督!」•:*+:.\( °▽° )/.:+*:•


提督(北) 「っえ!?おっお兄ちゃん!?」


提督 「北 お前はなにやってんだ?さっきから姿が見えないと思ったが」


提督(北) 「いやあの、これは…」アワワワ


提督 「…まぁその様子からするとだいたい把握したがな とりあえずそれ脱げ」


提督(北) 「はい…」スルッ…


提督 「瑞鶴 お前はなんでここにいるんだ?なんか弓見てもらってるみたいだが」


瑞鶴 「…弓折っちゃった」


提督 「……なんで?」


瑞鶴 「提督が吹雪をお姫様抱っこしたときにイラついて…」


明石 「おっお姫様抱っこ…」


提督 「…それでいちいち腹を立てるのはやめてくれないかな しかも今回に関しては深海棲艦化が治まってからまだ完全に治ってないんだからどうしようもできないだろ」


瑞鶴 「だとしてもよ!だからってお姫様抱っこで運ぶことなかったじゃない!おんぶでも抱っこでもよかったじゃない!」


提督 「体の負担から考えたらお姫様抱っこの方が負担少ないだろ?それにお姫様抱っこの方がパッと持つことができるしな」


瑞鶴 「吹雪だけずるいわ!だったら私にもして!」


妖精 「っえ!?」///


提督 「結局お前がしてもらいたかっただけじゃないのか…?」


瑞鶴 「…」


瑞鶴 「そんなことないわ!わたしはそんな下心を考えてなんかいないわ!」


提督 「今あいだがあったが気のせいか?」


瑞鶴 「…きっ気のせいよ」メソラシ


提督 「…はぁ あとでしてやるよ 今は忙しいから夕方とかにな」


瑞鶴 「っ! ぜったいよ!」


提督 「あぁ」


提督(北) 「ずるい!なら私もしてほしい!」


提督 「言うと思ったよ お前も一緒にやってやるよ」


提督(北) 「わーい!」o(^▽^)o


提督 「それと北 お前は今日も泊まっていくのか?泊まっていくならいくで構わないけど 一度自分の鎮守府に連絡して今現在の状況を聞いとけ」


提督(北) 「わかった!今聞いてみる!」スッ


提督 「いやあとででも…まぁいいか」


提督 「明石、妖精 わるいが瑞鶴の弓をたのむ 前よりもっと良くしてもらえると助かる 資材は遠慮なく使っていいから」


明石 「わかりました!」


妖精 「了解!」


提督 「(さてと、そろそろいかないと東を待たしちゃってるからな)」


タッタッタッ…













お昼ー食堂



足柄 「…ーっおいしい!いやまって 冗談抜きでほんとにおいしいわ!」モグモグ


那智 「うむ!なかなかの味だ ほんとにうまいな!」モグモグ


羽黒 「ーっ…!!!!」(´✪н✪`)♡モグモグ…


提督 「大げさだな…俺の手料理でそこまで声を上げるほどじゃないだろ?」


足柄 「いやほんとに美味しいわよ!そこらのファミレスや居酒屋より美味しいわ!」


提督 「いっ居酒屋て……」


那智 「んー…!ここの鎮守府にいる者は毎日こんなにもうまいご飯を食べているのか!羨ましすぎる!」


提督 「いや毎日じゃないぞ 基本的には瑞鳳が作ってるぞ」


羽黒 「あっあの…おかわり、もらってもいいですか?ほっほんとに美味しすぎて…!!」(☆H☆)キラキラ


提督 「あっあぁ…構わないけど」



時雨 「…提督のご飯人気だね みんなして目を輝かせてるけど」


山城 「そうですね たしかに提督のご飯は美味しいのは私たちも納得するけど」


夕立 「ポムっもぐもぐ…うまー!!」


扶桑 「…それにしても、東南提督の方もすごいわね あの顔……」



提督(東南) 「ーーーっ…!!!!!!」

(//✧н✧//)プルプル


提督(東) 「…とっ東南 すっごい顔がとろけきってるけど…だいじょうぶ?」


提督(東南) 「っ…だっダメです こっこんなにもおいしいごはん……初めて食べました!」///ンンー


提督(東南) 「っほ ほっぺたが落ちてしまいそうです……だれか、助けてください……!!!!」///プルプル


後書き

提督の装甲&技


重攻撃型装甲

攻撃重視の機装
武器は機関銃片手に四丁(計八丁)(二十口径)
サーベル二刀
ミサイル(直径4cmの小型ミサイル)【5発】
バズーカ(直径1mの小型バズーカ)【1発】
ブースター(主に海上を走るために必要な機械)

攻撃(火力) 40 物理武器(サーベル) ?
防御(装甲) 10+5
速度(速力) 普通
殆んど戦闘用


重防御型装甲

防御中心の換装
武器はサーベル二刀のみ
超最速ブースター(重いため速度は出ない)
全体的にミサイルを受けてもなかなか壊れない鉄の盾防御装備
艦娘を治す機材付き(時間かかる)
バケツスプレーも付いてる(一瞬で修理できる)

攻撃(火力) 0 物理武器(サーベル) ?
防御(装甲) 100
速度(速力) 低速
使い時が難しい


重速度型装甲

速度重視の装甲
武器はサーベル二刀のみ
最速ブースター

攻撃(火力) 0 物理武器(サーベル) ?
防御(装甲) 0
速度(速力) 超高速
殆んど遠征用…?けっこう戦闘にも使っている





提督の技


睨みつけ(手加減)

メリット 「相手を気絶させるだけだが戦闘不能にする事が出来る」

デメリット 「これを使った後、目が一時間ほど開かなくなる上に手加減をしているので相手に傷が付く事はない為、攻撃性がない」


睨みつけ(本気)【禁技】

メリット 「【半径十m以内に居る者を大破】 【半径十m〜二十mに居る者をを中破】【半径二十m〜三十mに居る者を小破】【半径三十m〜五十mに居る者を被弾程度】のダメージを与える上、目を閉じていても関係なしにダメージを与えるとができるチート技」

小メリット 「手加減の睨みつけとは違う為、使ったら目が一時間ほど開かなくなることはない」

デメリット 「敵艦隊だけでなく味方にも被害を与えてしまう為、味方が近くにいると被害を受けてしまう上に避け方がいくつかあり、それを知られていれば避けられてしまう為油断できない」





提督の刀技


弾返し

メリット 「相手が打ってきた弾をはじき返す(はじき返した弾を相手に当たる確率はかなり低い)」

デメリット 「両手ではじき返せばそこまで体力を使わないが片手ではじき返すと両手ではじき返すより二倍体力を使うのであまり連続では使えない」



高速弾返し

小振りにして振る速度を早めて小さい弾を跳ね返す剣術

メリット 「早く振れる為、艦載機の弾や弱い対空系の弾なら素早く多く弾き返せる」

デメリット 「艦載機の弾と弱い対空系の弾以外ははじき返せない」



装備剥ぎ取り斬り

空中に飛んで敵の装備している武器をサーベルで斬りつける技

メリット 「装備を外すだけであって相手にダメージを与えるわけじゃない為メリットはあまりない」

デメリット 「ダメージは一切与えることが出来ない上、敵が一箇所に纏まって居れば一気に装備を外すことが出来るがバラバラだと一体一体に斬りつけないといけない為、正直使いづらい」



一ノ太刀 一騎当千

一振りで数回切り 貫通性のあるなんとも凄い剣術

メリット 「艦載機などは一片に片付けられ、戦艦凄戦姫なども一撃で倒すことが出来る」

デメリット 「連続で出せない上に大振り攻撃の為、外した時のスキが大きいため出すタイミングが難しい」



禁止技一覧


睨みつけ(本気)【禁技】

メリット 「【半径十m以内に居る者を大破】 【半径十m〜二十mに居る者をを中破】【半径二十m〜三十mに居る者を小破】【半径三十m〜五十mに居る者を被弾程度】のダメージを与える上、目を閉じていても関係なしにダメージを与えるとができるチート技」

小メリット 「手加減の睨みつけとは違うので使ったら目が一時間ほど開かなくなることはない」

デメリット 「敵艦隊だけでなく艦娘にも被害を与えてしまう為味方が近くにいると被害を受けてしまう上に避け方がいくつかあり、それを知られていれば避けられてしまう為油断できない



二刀剣乱舞【禁技】

サーベルと小刀を持ってキレる技
はっきり言って禁技の中でもかなり危険な技

メリット 「ー」

デメリット 「敵味方関係なく攻撃する上、自分で制御できない」



即死 居合い斬り(禁技)

首元に小刀で切りつける単純&最大的に危険な技
キレた時しか使わないがこれを食らったものは即死で済めばいい方だろう?痛がって死ぬよりかは…

メリット 「ー」

デメリット 「敵にさえ傷をつけたくないこの提督にとって苦痛だろう」


東提督の装甲


重攻撃型装甲(南提督の装甲とほぼ一緒)

攻撃重視の換装
南提督の換装とは違って武器がかなり多くつまれている
右腕に12.7cm連装砲(装弾数5発)と左腕に軽量型鉄板盾(長さは縦1mの横0.5m)
背中にミサイル(直径4cmの小型ミサイル)
背中にロケラン(直径15cmの小型ミサイル)
両足に12.7cm連装砲の弾の小型弾薬庫を2つずつ付けている(一つの小型弾薬庫に付き3発で計12発)
両足にブースターを付けている
腰にはサーベルを二刀付けている

攻撃(火力) 40 物理武器(サーベル) 0に近い
防御(装甲) 20
速度(速力) やや低速


このSSへの評価

この作品は評価を受け付けていません

このSSへの応援

31件応援されています


Chromeさんから
2019-06-09 16:53:01

SS好きの名無しさんから
2019-06-07 20:48:44

SS好きの名無しさんから
2019-05-19 17:54:50

SS好きの名無しさんから
2019-05-17 22:39:59

SS好きの名無しさんから
2019-05-11 16:14:18

sasanekoさんから
2019-05-06 13:41:13

2019-05-03 21:37:03

SS好きの名無しさんから
2019-04-17 19:00:09

SS好きの名無しさんから
2019-04-16 00:22:32

石窯さんから
2019-04-14 23:08:48

SS好きの名無しさんから
2019-04-03 11:57:12

2019-03-24 01:33:58

SS好きの名無しさんから
2019-03-13 16:29:10

歩提督さんから
2019-03-11 22:52:42

SS好きの名無しさんから
2019-02-20 21:13:30

SS好きの名無しさんから
2019-02-18 20:16:14

けっけさんから
2019-02-18 18:46:56

SS好きの名無しさんから
2019-02-15 18:47:00

SS好きの名無しさんから
2019-02-09 22:57:22

明提督さんから
2019-01-11 22:23:15

SS好きの名無しさんから
2019-01-02 02:22:49

SS好きの名無しさんから
2018-12-30 18:40:17

這い寄る混沌さんから
2018-12-25 01:38:13

SS好きの名無しさんから
2018-12-24 13:54:00

SS好きの名無しさんから
2018-12-24 02:31:43

SS好きの名無しさんから
2018-12-21 21:38:33

SS好きの名無しさんから
2018-12-18 23:10:10

SS好きの名無しさんから
2018-12-18 21:48:48

2018-12-18 21:35:51

暗闇(くらや)さんから
2018-12-18 21:11:53

きゅーびさんから
2018-12-18 17:33:08

このSSへのコメント


この作品はコメントを受け付けていません

このSSへのオススメ


この作品はオススメを受け付けていません