2022-06-25 05:39:21 更新

概要

この作品は犯罪者に救いの手 11の続きになっています 見なかったら有罪です


前書き

蒼野夜一

【過去に人を何百人も殺めた犯罪者 現在は四季達と仕事して罪を解している】
【過去、天龍遥を佐久間グループから守る為に人を殺めていたが最後の最後で遥に守られ守りきれなかった…】
【体力、剣術、知識が高い万能型的存在(作者は頭悪いですがそこは置いておいてください…)】
【蒼野は死んだのかは不明 佐久間グループ殲滅後謎の人間?らしき者が突如出現し、その謎の人間が出したと思われる謎の空間によって蒼野は裁判所の目の前に居た】
【キレるとかなり危ない】


四季映姫

【幻想郷の閻魔を務める閻魔大王】
【蒼野と一緒に仕事をしている】
【蒼野は犯罪者だが四季映姫は蒼野が行為を持って人を殺してたとは考えられず、四季映姫と共に仕事の手伝いなどをして罪を償う刑にした】


小野塚小町

【四季の部下で亡くなった者の霊を裁判所まで運ぶ死神…だが、よくサボっている】
【よくサボって人里の団子やミスティアの夜雀に居る】


大閻魔

【四季達の上司…だけ(ひどい!)】












ライブ会場前



蒼野 「ふんっ!!」キンキンキンッ!!!!


ローラン 「くらえっ!!」ガキガキィン!!!!


キャラ 「はははははっ!!甘い 甘すぎる!そんな攻撃ではわたしは倒せないぞ!」キンキンキンッ!!!!


キャラ 「たしかにお前たちは強いがそれでも私の足元にも及ばない もっと私を楽しませろ!!」


蒼野 「ーっち!こいつほんとに強い ナイフ一本なのに異常だ!」


ローラン 「まったくだ 今までいろんなやつと戦ってきたがナイフ一本でここまでやるやつは初めてだ」


ローラン 「だが俺たちでやればなんとかなる 今だけかもしれないが頼むぞ?相棒」


蒼野 「ははっ!お前に相棒と呼ばれるとはな 十六の俺を頼ってくれるとは」


蒼野 「なら俺もそう呼ばせてもらうぜ 先輩よ」


ローラン 「やめろ 先輩はむず痒い」


キャラ 「…ずいぶんと余裕だな 勝てないとわかって気が狂ったか?」


蒼野 「いーや?むしろ勝ちが見えた!」スチャッ


ローラン 「たしかにお前は強いが俺たちの敵じゃない もうお前の動きは把握した」


キャラ 「ほう?それはおもしろい ならばわたしの動きを読み取ってみろ!」スチャッ


蒼野 「いいぜ 行くぞ!」ザッ!! キャラの元へ突っ込んで行…



ーっズドォォォン!!!!


全員 「「ーっ!!?」」



メタトン 「さぁステージ会場にとうちゃーく!!」


小鈴 「おっおぇ…お、お腹が……」プルプル… 急落下して着地した衝撃で腹にもろ反動が来る


雷鼓 「あ、あんた…もう少し優しく着地してよ……」ピクピク…


メタトン 「あらごめんなさい 私ロボットだから衝撃のことは考えてなかったわ」


メタトン 「少し休憩時間をあげるわ 平気になったら始めましょ?」


小鈴 「あ、ありがとうございます…」ハァ…ハァ…


雷鼓 「(話は通用するのね…少し休憩時間もらえるの助かる)」ズキズキ…


蒼野 「小鈴!?それと雷鼓…だったよな なんでお前らが!?」


ローラン 「あの黒いやつは一体何者だ?まさかこいつの仲間か!」


キャラ 「メタトン ここでなにしてる?お前には村人を殺すよう命令したはずだ」


メタトン 「あら命令はちゃんと聞いてるわよ 今からこの子たちと殺し合いをするのよ?」


蒼野 「ーっな!?」


キャラ 「なぜふたりだけ?もっと人数はいるだろ まとめて殺せ」


メタトン 「そう慌てないの!私は楽しくて美しく、観客に喜ばれるようなショーをお披露目したいの!」


メタトン 「ただ殺戮するだけじゃつまらないでしょ?それにこの子たちが負けたら他のやつも殺すから安心して」


ローラン 「負けたら?…お前が負けたら殺さないのか」


メタトン 「えぇ わたしが負けたら彼らは見逃す…私は約束守るわ 他の方たちは聞かないと思うけど」


キャラ 「お前が負けたらわたしが殺す 負けることは許さん」


メタトン 「なるべくはそうするわ!」


蒼野 「おいまて!雷鼓はわからないが小鈴は戦闘できないんだぞ!できないやつと戦うなんてそんな…」


小鈴 「だいじょうぶです 今の私には戦う術を持ってます!」


蒼野 「…っえ」


雷鼓 「今の小鈴は付喪神を操ることができるから戦えなくはないよ けど慣れてないことには違いないから私も一緒に戦うんだ!」


雷鼓 「こいつのことは私たちに任せて あなたはそこのよくわからないチビを倒して!」


キャラ 「チビ…」ピクッ


ローラン 「だとよ蒼野 どうする?あいつらを信じて俺らはこいつをやるか」


蒼野 「…絶対に勝てよ 勝ったら一日俺をフリーにできる権利をやる!」


小鈴 「っ!! 絶対に倒します!!」


メタトン 「現金な子ね でも嫌いじゃないわ!」


キャラ 「確実に殺せ 負けたら解体する」


メタトン 「負けた時点で解体するわよ あなたも頑張りなさい」


雷鼓 「行くよ小鈴!」


小鈴 「はい!」


蒼野 「それじゃ向こうは任せて俺たちはこのチビを殺るか!」


ローラン 「そうだな このチビをさっさと始末しよう」


キャラ 「……お前ら、本気で死にたいらしいな?」ビキビキッ


キャラ 「いいだろう ならば死ね!!」スチャッ























命蓮寺ー客間



神子 「…なるほど 最近の騒ぎはそういうことでしたか」


神子 「わざわざ私をここへ呼んで報告したいことがあると聞いて来てみましたが…納得しました」


神子 「しかしなにもここではなく私のところでも良かったのでは…と言うのは野暮ですかね」


白蓮 「そんなことはありません ただ宗教争いをするもの同士、敵の館に閻魔様を連れて行くのはご迷惑かと思い私のところでお話しすることにしたんです」


四季 「私はその争いに関わっているわけではありませんが万が一のことを考えおふたりの中間に入り、争わずに話をするため参加しています」


四季 「おふたりにこのことを話せば宗教争いのことは一旦置いて、現在起きてる異変を解決するために共に手伝ってほしいんです 可能でしょうか?」


神子 「幻想郷の危機とあらば聞かないわけにはいきません 閻魔様に言われずとも手伝わさせてもらいます」


四季 「ありがとうございます」


小町 「これでまた戦力が増えましたね」


四季 「そうですね 今はかなりの戦力を必要としますからもっと増やさなくては…」



…パタパタ


白蓮 「…っん?」ピクッ


神子 「……なにやら足音が聞こえますね しかもかなり小さい」


小町 「通路の方からですね ちょっと見てみます」スクッ


四季 「気をつけてくださいね 佐久間グループの連中かもしれません」


小町 「わかっています」タッタッタッスー… 警戒しながら襖を開けて通路を確かめる



たぬき 「っ……」ハッハッ… 息を荒くしたたぬきが襖の前に佇んでいる


小町 「…たぬき?なんでたぬきがここに」


白蓮 「…そのたぬき もしかしてマミゾウさんの……」


たぬき 「」ドロンっ


変化したたぬき 「勝手に上がってすみません!緊急事態です 今人里で敵襲を受けてます!」


変化したたぬき 「現在親分たちが戦っていますが相手も多数いてかなりの戦力を持って苦戦してるんです!手伝ってください!!」


小町 「ーっな!?」


四季 「人里に襲撃!?まさか佐久間グループが来たんですか!!」


変化したたぬき 「いいえ佐久間グループではないみたいです 自分も詳しく見たわけではないので断定としては言えませんが違うと聞こえた気が…」


白蓮 「佐久間グループではない?ではまた別の組織が…」


神子 「さっそくお出ましというわけですね ならば向かいましょう!」スクッ


白蓮 「私も向かいます みんなに声をかけ手伝います!」


神子 「たぬきよ 神霊廟に行って私の部下にも知らせてくれ 私、豊聡耳神子の名の元とな」


変化したたぬき 「わかりました!」ドロンッ


パタパタ…



四季 「急ぎましょう 里の者に被害が出る前に!」


小町 「はい!」













ライブ会場前



蒼野 「一ノ太刀 瞬殺 かまいたち!!」ビュンッ!!


ローラン 「見まね 瞬殺かまいたち!!」ビュンッ!!


キャラ 「ムダだァ!!そんな攻撃喰らわんぞ!!」ガキガキィンッ!!


蒼野 「…花ノ太刀 開花 彼岸花!!」タンッ…


ローラン 「デュランダル!!」ダンッ!! キャラの腹部に目掛けて大振りをかざす


キャラ 「っ!!」ザッ!! ふたりが大技のためその場から離れようと…


蒼野 「逃がすかよ!!」ガキィィン!!!! 攻撃を防がれるが逃がさずに済む


キャラ 「ーっち!」


ローラン 「死ね」ブンッ!! 追い討ちのようにナイフに目掛けて剣を振るう


キャラ 「ーっあまい!!」ガキィィン!!!! ローランの攻撃をナイフに滑らせて横に受け流す


蒼野 「(防がれるか…防がれるならそのナイフぶち壊せば!)」スチャッ


蒼野 「肆ノ太刀 崩刀 刀崩し!!」ビュンッ!!


キャラ 「ムダだ!!」ガキィィン!! 蒼野の攻撃をナイフでふせ…



パキィィン!!… 防いだところからナイフが折れて攻撃が止まらない


キャラ 「ーっな!?」ガクン…タンッ!! 体の力を抜いて体制を崩れさせ横に身を投げる


蒼野 「ーっち 力抜いたか 上手く避けたな」スゥ…


ローラン 「だがおかげで隙ができた!今度こそ…」スチャッ 再びデュランダルを出そうと構え…


キャラ 「…アズゴア わたしを守れ」



ーっドスゥン!!!! キャラの目の前に何かが降ってきて勢いよくす砂煙が舞う


ローラン 「なんだ!?なんか降ってきたのか?」ザッ!!ザザッ 警戒して後ろに飛び跳ね下がる


蒼野 「…まじかよ また援軍か」



アズゴア 「…君が僕を呼ぶなんてね よっぽど手強い相手のようだね」ズボッ…スチャッ 降りてきた際に地面に突き刺さった槍を抜いて構える


キャラ 「まぁな だが勝てない相手ではない 私ひとりではいろいろと面倒なだけだ」


アズゴア 「そうか」



小鈴 「なっなんですかあの人!?でっかい槍を持って…」


メタトン 「あら王様じゃない あなたも呼ばれたのね?」


雷鼓 「王様!?」


アズゴア 「強制的にね 本当なら僕はこんなことしたくないんだけど」


アズゴア 「…一度この子に殺されたことによって僕は力を失った 力を失って支配下も奪われた この子のせいでいろんなモンスターたちは……」


蒼野 「(…こいつ、あいつのことよく思ってないのか?口ぶりからすると好んでないように聞こえるが)」


蒼野 「(説得すれば仲間にできるか?戦いながら聞いてみるか)」


キャラ 「私はあの子供をやる お前はマスクかけたやつを殺れ」


アズゴア 「わかった」スチャッ


蒼野 「…ローラン あのアズゴアってやつ」ヒソヒソ


ローラン 「安心しろ 同じことを考えてた 警戒して聞いてみる」ヒソヒソ


蒼野 「さすが たのんだ」


アズゴア 「青年よ 悪く思わないでくれ 君を殺す理由なんてないんだが」


ローラン 「殺し合いに理由なんていらない 殺すか殺されるかだ」スチャッ


アズゴア 「…そうか」



蒼野 「さてと、俺はお前とか 俺を選んだということは俺の方が弱いと思ったからか?」


キャラ 「あいにくだがお前たちの強さは同じくらいだと見てる どちらも人間離れした動きをしてる」


キャラ 「お前を選んだ理由はガキと呼ばれたからだ あの男も言ってたがあいつよりも若いお前に言われた方が腹が立った」


キャラ 「この見た目だからよく言われてたんだ ガキだのちっちゃいだの…腹が立って仕方なかった」


蒼野 「あぁやっぱイラついてたか まぁイラつかせるためにやったんだがな」


蒼野 「さぁナイフを折られたお前はどう戦う?まさか素手でやろうなんて思ってないだろ」


キャラ 「当たり前だ お前相手に素手でやったら殺されるだけだ」


キャラ 「先程使っていたのはおもちゃのナイフだ 次使うのは…」スゥ…


キャラ 「本物のナイフだ!」スチャッ ポケットから禍々しい色をしたナイフを取り出して構える


蒼野 「…さっきのおもちゃだったのか?にしては衝撃波とか出てたが」


キャラ 「衝撃波くらい出すことなんて容易い 本物と比べたら劣るがな」


キャラ 「そしてこれが…本物のナイフの衝撃波だ!!」ヒュンッ!!



赤い刃 「」ビュンッ!! キャラがナイフを振りかざすと同時に赤い衝撃波が蒼野に向かって飛んでいく


蒼野 「(さっきよりも強いか…なら俺も強い弾き技を出すか 今度は本気で!!)」スチャッ


蒼野 「参ノ太刀 抜剣 水路流し!!」ザンっ!!


ガキィン!!!!シュゥゥ… キャラの赤い刃は蒼野の水路流しで軌道を変えられ真上に飛んでいき消滅する


キャラ 「なに!?今の攻撃を防いだだと!」


キャラ 「この私が本物のナイフで出した衝撃波を…!!」


蒼野 「…たしかにさっきのよりも強いな 刀にぶつけたときの衝撃が全然ちげぇ」


蒼野 「まぁでも、本気を出した俺の手にかかれば余裕だな?所詮お前はその程度だったということだ」ニヤッ


キャラ 「ーっいい気になるなよ!たかが衝撃波を防いだぐらいで!!」ビキッ


キャラ 「本物のナイフの力はこれからだ これが最高だと思うな!!」ダンッ!!


蒼野 「なら見せてみろ お前の本気をな!」



小鈴 「〜っ…!!」シュゥゥ…ビュンッ!! 呪文を唱えて物に宿らせた付喪神を操りメタトンに向けて放つ


雷鼓 「くらえ!!私のビート魂を!!」ダンダンダンダンッ!!!! 太鼓のリズムに合わせて弾幕を飛ばす


メタトン 「いいわねそのリズム!最高よ!!」バシュゥゥゥン!!!! 自分の右手についてるブラスターを放ちふたりの攻撃を軽々と防ぐ


メタトン 「でも私の前には効果なし その程度じゃ倒せないわよ!」ババババババッ!!!! 細かい弾幕を二人に向けて無造作に発砲する


小鈴 「食らいませんよ!〜…!」シュゥゥ…ボスボスボスボスッ 付喪神を操り自分の前に茶器などで壁を作りメタトンの攻撃を防ぐ


メタトン 「いいわよその動き!ゾクゾクするわ アイドルをやってた時みたいに!」ゾクゾク


メタトン 「でもまだまだ足りないわ もっと私を楽しませて!」


小鈴 「楽しませるつもりはありませんがあなたを倒す気で行きます!」フヨォ…


雷鼓 「余裕こいてられるのも今のうちさ!」



ローラン 「おらおら!!そんな動きじゃ俺を倒せないぞ!」キンキンガキィン!!!!


アズゴア 「くぅ!なかなかやるな」キンキンキンッ!!!!


アズゴア 「だが僕もやられるわけにはいかない すべてはモンスターのため!」ブンブンギィン!!!!


ローラン 「力だけで俺に勝とうなんて甘い!お前の動きは単純すぎる」キンキンキンッ!!!!


ローラン 「素人とまでは言わないが戦闘経験はあるようだな ただお前にはかなりの迷いがある」


ローラン 「そんな迷いを持ってるといつ死んでもおかしくないぞ」ガキィンッ!!


アズゴア 「………」ギリギリ… 槍でローランの攻撃を防ぎ力勝負をする


ローラン 「…なぁ あんた、あいつの言いなりなのか?それによっては俺も考えがあるんだが」ギリギリ…


アズゴア 「…僕があの子のことをよく思ってないことかな?」ギリギリ…


ローラン 「そうだ おまえはあいつに殺されたと言ったな?なら今あいつを殺らねぇか」


ローラン 「よく思ってないなら無理に俺達と戦う必要はない すぐに返答くれ」


アズゴア 「…たしかにあの子を倒すことは僕も望ましい できるならやりたいものだ」


ローラン 「…できるなら、か」キィンッ!!ザザッ 剣を弾いて後方に下がる


アズゴア 「すまないな人間よ 君の誘いはありがたいものだが断らせてもらう」スゥ…


アズゴア 「倒せれば僕も願ったり叶ったりだがあの子の命令に背くことはできない」


アズゴア 「背けば僕は存在を消される あの子が出したモンスターや人間はあの子の管理下で行われている」


アズゴア 「モンスターを全員生き返らせるには多くの魂が必要なんだ 僕はモンスターたちを生き返らせたい」


アズゴア 「あの子に殺されたみんなをどうしても助けたいんだ だから裏切ることはできない」


ローラン 「…そうか お前もいろいろ事情があるんだな」


ローラン 「仲間を生き返らせたいか 俺も過去に失った嫁を生き返らせたいよ 叶うならな」


アズゴア 「君も大事な人を失っているのか?」


ローラン 「あぁ 世界で一番大切な人をな…殺したやつもわかってる」


ローラン 「だから俺は大切な人のために今の上司に従ってる ここでお前にやられるわけにはいかないんだよ!」


ローラン 「手を貸してくれるなら無駄な殺生はしなくて済んだんだが…悪く思うなよ」


アズゴア 「それはお互い様だ 気にすることはない」


ローラン 「そうか なら遠慮なく殺らせてもらうぜ!」ダンッ!!


アズゴア 「こちらもそうさせてもらう!」スチャッ



蒼野 「壱ノ太刀 風神 鎌鼬!!」ビュンビュンっ!!!!


キャラ 「そんな攻撃食らうか!」ザンザンっ!!ザッザッザッ!! ナイフでかまいたちを切り刻み突き進んでいく


蒼野 「壱ノ太刀 瞬殺 かまいたち!!」ダンっ!! キャラにものすごい速度で突き進んでいく


キャラ 「喰らわん!!」ガキィンッ!! 蒼野の攻撃をいとも簡単にナイフで防ぐ


蒼野 「っち!ほんとにナイフで防げんのが不思議だよ まじでありえねぇ」ザザッ


蒼野 「(普通の攻撃じゃ当てることができないな なら特殊技でやるのがいいか?)」


蒼野 「(特殊関係は普通の技と比べて骨が折れるんだが…やるしかないな)」スゥ…スチャッ 対魔剣を抜き取り二刀流になり、闇の刀を真上に向け対魔剣を二時の方向に立てる


キャラ 「ほぅ?二刀流か だが二刀になったところで私に叶うはず…」


蒼野 「…時ノ太刀 弐時 時空切り」シュン… 二刀の刀をゆっくりとその場に振り下ろす


キャラ 「? なにをしてる そんなところから攻撃を」



…バツンっ!!


キャラ 「して………?」ブシャァァァ!!!! いつの間にか左肩から右脇腹を切られ血が吹きでる


キャラ 「(なっ…ば、かな………!?)」ガクッ…


メタトン 「あらやだ!うそでしょ!?」


アズゴア 「人間!!」


蒼野 「…やっぱりこれは食らうか 初見じゃ見抜けないよな」スチャンッ 対魔剣を鞘に収めてしまう


蒼野 「この技は体力を多く消費させるから使いたくなかったんだが通常の技じゃお前を倒せなかったからな」


キャラ「ーっ……」ドクドク…


キャラ 「(っ…ありえない このわたしが、やられるなんて……!!)」ガタガタ…


キャラ 「(今の技はなんだ!?まったく見えなかった 衝撃波のようなものじゃなかった)」


キャラ 「(突如切られた!やつの刀には触れてない 衝撃波も出てないから直接的な攻撃が当たったわけじゃない…なのになぜ!!)」ハァ…ハァ…


蒼野 「最初からこの技使えばよかったな 無駄に時間かけたな」


蒼野 「今のでかなり深手を負っただろ もう諦めて楽になれ」スチャッ


キャラ 「ーっ…」ギリッ!!



ローラン 「…意外にも早かったな もう決着がつくか」


ローラン 「あいかわらずあいつの技は化け物じみてる 子供の力じゃない」


アズゴア 「……キャラ 撤退するかい?もう回復アイテムはないだろう」


アズゴア 「今ここで無理強いしても勝てるかわからないよ 君がやられたら僕たちは負ける」


キャラ 「……だれが撤退なんてするか 続行だ…!!」スクッ…


メタトン 「本気!?あなたが死んだら私たちも死ぬのよ!今の現状わかってるの!?」


アズゴア 「キャラ 無理はするな なにも今日中にやらなくてもまた次があるじゃないか ここは引いて建て直した方が…」


キャラ 「黙れ!!お前たちの意見などどうでもいい こいつらを殺さねば気がすまん!!」


キャラ 「お前たちが戦う気ないと言うのであればあいつを呼ぶ 最終兵器のやつを!!」


メタトン 「なっ!?バカ言っちゃいけないわ!あのひとは出しちゃダメよ!!」


アズゴア 「キャラあのひとはダメだ 実験に失敗して闇のようなところに飛ばされてからおかしくなってるだろ」


アズゴア 「今ここで出したら僕たちも被害を受ける!まだ出すべきときじゃ…」


キャラ 「ならば巻き込ませればいいだけだ!貴様らも死ね!!」パチンッ



スゥゥ…


? 「…」スタッ キャラの目の前にだんだんと姿が濃くなって黒い服を来た顔が骨…?のモンスターが現れる


蒼野 「(…なんだ?また変なやつがでてきたな 妙な気を出すやつだな)」ピリピリ…


蒼野 「(近寄り難いが遠くから攻撃すれば近寄らなくて済む けどまだ敵対してると決まったわけじゃ…)」


キャラ 「殺れガスター!!目の前にいるガキを殺せ!!」


ガスター 「………」



小鈴 「…なんですかあの方?あの黒い服を着た方みたいな同じ格好してますが」


雷鼓 「なんか不気味だね かなり怖いよ」


メタトン 「……あなたたち、急遽変更よ 今すぐ逃げなさい」


小鈴&雷鼓 「「…っえ」」



ローラン 「(…なんだ?この感じ 今まで味わったことない気配が……)」ゾクッ


アズゴア 「ガスター!!今すぐ帰るんだ キャラの言うことは聞かなくていい!!」



ガスター 「…×××」(ガスター語だと載せるのも読むのも大変なので×で載せています)


蒼野 「? 今なんて…」



ズンっ!!!! 蒼野の周り一体が一瞬にして暗闇になり自分の姿さえも見えなくなる


蒼野 「ーっな!?」


蒼野 「(なんだ!?急に辺りが真っ暗闇に…!!)」


蒼野 「(……あれ?おかしいな 手の感覚が…刀は?)」手の感覚が一切なくなり刀を持っているのかさえわからなくなる


蒼野 「(いや手だけじゃない 体全体感覚がない!?手が動いてるのかもわからないし気配なんかも感じ取れない!どうなってやがる!?)」


蒼野 「(あの黒服はどこいった?ローランや小鈴たちは一体……)」



…×××× 背後から誰かの声が聞こえてくる


蒼野 「ーっ!!」


蒼野 「(この声はさっきの…後ろにいるのか!!)」ブンッ!! 感覚のない手を振り刀を持っていると思い振るう


×××××!!


蒼野 「ーっ!!」ビタッ!! 多分止めたであろう手をそのまま動かさないようする


蒼野 「(なんだ?今…怒鳴られた?誰かに大声を出されたような…)」タンッ…タタッ 感覚のない状態で後ろに飛び跳ねて距離を取った感覚でいる


蒼野 「(一体誰がどこにいる?いや近くに誰かいるのか?それすらもわからない)」


蒼野 「(これは能力の類か?なら無効!!)」



シーン…


蒼野 「(…ちがいそうだな 能力の類じゃないか となるとこの暗闇はいったい……)」






ローラン 「あっぶね 危うく首が吹っ飛ぶところだった…」蒼野の様子が変に気づき、近づいて声をかけたら刀を振られてあと数ミリで首が吹っ飛んでいた


アズゴア 「ぶじだったか よかった切られてなくて…」ホッ



小鈴 「なっなんで夜一さん あの方に攻撃を…?」


雷鼓 「それ以前になんか様子が変だ 辺りを見渡してなにかを確認してる なんで周りを確かめてる?」


メタトン 「見えないのよ 自分の姿すら見えないほどの闇の中にいるの」


小鈴&雷鼓 「「……っえ」」



キャラ 「ははははっ!!まさか視覚、触覚、聴覚を奪われているのに動けるか 大したやつだ!!」


キャラ 「…だが聴覚は少し聞こえてるようだ ガスター、お前聴覚だけ残したのか?」


ガスター 「…×××」


キャラ 「…なに言ってるかわからんが残してるようだな だが誰の声かは判断できてないようだ」


キャラ 「いいぞこの調子であいつを殺せ!!闇に包まれた状況で死んでいることすら気づいてない恐怖を味わらせるんだ!!」パクッシュゥゥ… グラマーバーガーを食べた。キャラは体力を回復した。



蒼野 「………」キョロキョロ 周りが見えていなく、音もうまく拾えずに辺りを警戒してる


ローラン 「…くそ あいつ今なにも分からない状態か だとしたらかなりまずいな」


ローラン 「(あいつを死なすわけにはいかない なんとしてでも助けないと!)」


アズゴア 「……君、僕を味方につけたがっていたね やっぱり手を組まないか?」


ローラン 「…っえ」


アズゴア 「あのモンスターは僕の大事な部下なんだ 僕のせいであぁなってしまったんだ…元々は心優しいモンスターだったのに」


アズゴア 「あの子供はそれを利用してガスターを使ってる…それがどうしても許せない!!」ビキッ!!


アズゴア 「あれほどやるなと言ったのにあの人間はやった それがどんなに許されないことか!!」ググッ!!


ローラン 「…手組んでるのはありがたいな 蒼野もあの様子じゃ戦えない こっちとしてもあいつを失うわけにはいかない」


ローラン 「俺は蒼野をなんとかあいつから離れさせる その間お前はあの子供を足止めしてくれ」


アズゴア 「わかった!」



メタトン 「(…王様はあの人間と手を組むようね なら私も加担しないと)」


小鈴 「…メタトンさん 今の状況を教えていただてもいいでしょうか?」


雷鼓 「なんでいきなり逃げろなんて言ったの?あんなに楽しそうだったのに」


メタトン 「あのクソガキはやってはいけないことをしたのよ あのモンスターだけは絶対に出しちゃいけないと何度も念押しに言ったのに」


メタトン 「今はあの子だけで済んでるけど私たちもいつやられるかわからないわ 広範囲でやろうと思えばできるのよ」


小鈴 「えぇ!?で、できるんですか!?」


雷鼓 「それでどうするの?まさかあの子供を裏切るの?」


メタトン 「そのまさかよ 元々乗り気じゃなかったから裏切ってもいいやと思ってたけど…まさか本人からそういうことしてくるなんてね」


メタトン 「あなた達は逃げなさい 戦闘を得意としないなら無理してやることないわ」


小鈴 「…そうしたいのは山々ですが夜一さんを放っておくとはできません 私たちもここに残ります!」


雷鼓 「そうだよ あの子は私たちのために戦ってるんだから少なからず手を貸すよ!」


メタトン 「仲間思いなのは素敵だけど相手が悪すぎるわ いいから早く…」



ガスター 「…×××」



ずんっ!!!! 全員の辺り一帯が真っ暗になりなにも見えなくなる


全員 「「ーっ!!」」


ローラン 「(これは…あいつの能力か!辺りが一瞬にして見えなくなった)」


ローラン 「(感覚は…なくなってる 今自分が立ってるのかもわからない 蒼野が状況判断できないのも納得だ)」


ローラン 「(だがどうする このままだとやられたことすら気づかないでやられそうだ 今この状況を打開する方法は…)」



…×××


ローラン 「っ!!」キィンッ!! 辺り一帯が見えるようになり感覚と視覚を取り戻す


アズゴア 「…どうかな?見えるようになったかな」ローランの肩を掴んで平常にさせる


ローラン 「……おまえ、戻すことできたのか」


アズゴア 「軽めならね 本気を出されていたら無理だ」スゥ…



小鈴 「なっなに!?目の前がまっくらに……!!」アタフタ 視界が奪われて慌てている


雷鼓 「小鈴!!どこ!?小鈴っ!!」視界と聴覚を奪われて辺りを見渡している


メタトン 「王様!!聞こえてたらこの子たちを先に戻してあげて!戦いに慣れてない子に戦闘させるわけにはいかないわ!」視覚と聴覚を奪われてなにも見えていないし聞こえない



アズゴア 「…まだ触覚と視覚だけで済んでるから戻せたがこれが五感全てだったら不可能だ しかも僕が触らないと戻せないからガスターと距離が近いあの子には触れられない」


ローラン 「なら今のうちに他のヤツらも解いてあげてくれ あのガキと骨は俺がなんとかする」


アズゴア 「先ずそっちを優先する 戻したら加勢する」ザッザッザッ!!…


ローラン 「…さてと、戻ったところで反撃と行きますかね」



ガスター 「………」


キャラ 「…アズゴア 貴様裏切るのか」ビキビキッ!!


キャラ 「メタトンも私を裏切るようだな せっかく生き返らせてやったというのに」


アズゴア 「裏切る?なにを言ってるんだ 約束を破ったのは君の方だろ」パシッ…キィンッ!!


アズゴア 「あれほどガスターは出してはいけないと言ったのに出した君が悪い みんなから言われていたよね?」


キャラ 「だまれ!!使えるものを使ってなにが悪い 貴様なんかよりこいつを使った方がよっぽど扱いやすい」


キャラ 「力はあるのに本気を出そうとしないお前なんかより役立つ存在だ!おとなしく言うことを聞いてればよかったものを…」


メタトン 「あら?それはずいぶんな言い方ね 聞いててもどうせ用が済めば捨てる気だったでしょ?」


メタトン 「あなたの考えてることなんてぜんぶお見通しよ 私たちがあなたを仲間と思ったことは一度もないわ」


キャラ 「…そうか ならば死ね」スチャッ



ローラン 「そうはさせねぇよ」タンッ… 目を光らせてガスターとキャラの真ん前に現れ剣を構える


キャラ 「ガスター 殺れ」


ガスター 「…×××」ブゥンッ!! ローランの目の前に巨大な顔だけの骨が大口を開けて口の中から発光させる


ローラン 「っ!?」ゾクッ


ローラン 「(これは…まずいっ!!)」ザッ!! すぐさま危険を察知しその場から離れる


ガスター 「×××」



ガスターブラスター 「」バシュゥゥゥン!!!! ローランが元いた場所に白い咆哮が発射され地面がえぐり取られる


ローラン 「ーっな!?」


ローラン 「(なんだあの威力!!地面をかなりえぐっただと!?)」


ローラン 「(あんなの食らったら一溜りもないぞ あれは絶対に避けないとまずい!!)」


ガスター 「×××××」



無数のガスターブラスター 「「」」ブゥンッ!!!!!! 大量のブラスターが現れてローランを囲う


ローラン 「ーっ!!」


アズゴア 「人間!!(まずいっ逃げ道が!!)」


キャラ 「あーっはははは!!!死ねぇ!!」


ガスターブラスター 「「」」シュゥゥ… 再び白い咆哮を出そうと口に溜めて…


ローラン 「…同じ技は二度喰らわない」スゥ…



ザンっ!!!! 体を回転させて剣を振るう


ガスターブラスター 「「」」シュゥゥ… すべてのブラスターはまっぷたつに切られて消滅する


キャラ 「……っは?」


ローラン 「デュランダル!!」ダンっ!! ガスターに突っ込んで切り刻もうと…


ガスター 「×××」ブゥンッ!! 自分の前に口を閉じたガスターブラスターを呼び出す


ローラン 「じゃまだ!!」ザンっ!!シュゥゥ… 目の前に現れたガスターブラスターを一刀両断して消滅させる


ガスター 「×××」ヒュンッ!!


ローラン 「っ!」ブンッ!! ガスターとキャラがその場から一瞬にしていなくなり空ぶる



ガスター 「…」スタッ ローランから離れた場所に移動して現れる


キャラ 「…まさかあのブラスターを全て壊すとはな さすがだな」


キャラ 「ガスター本気を出せ 今のお前じゃ勝てない」


ガスター 「…」



ローラン 「…あいつも瞬間移動が使えるのか めんどうだな」スチャッ…


ローラン 「だが蒼野から距離を取らせられた おっさん!蒼野を戻してくれ!」


アズゴア 「今行く!」ザッザッザッ!!…


メタトン 「私も行くわ!」ブシュー!!…


小鈴 「わたしも行きます!少しでも加勢します!」


雷鼓 「遠距離からなら行けるはずだ 手伝わせてもらうよ!」


メタトン 「あなたたちは逃げなさいと言ってるでしょ!ここは私たちに任せて逃げなさい」


メタトン 「あいつはあのキャラとは桁違いの強さを持ってるのよ!この辺りを破壊するほどの…」


小鈴 「どうせ逃げてもやられるなら戦ってやられた方がいいです ここら一体破壊することができるなら逃げても無駄です」


雷鼓 「やられるだけならやり返す ただ殺されるなんてごめんだ」


メタトン 「…戦闘を得意としないのに戦う意思があるなんて、かっこいいじゃない」


メタトン 「なら私の後ろから援護しなさい 防げる攻撃は全て防いであげるわ!」


小鈴 「はい!」


雷鼓 「悪いけどたのむわ!」



蒼野 「………」スチャッ… 未だ辺りが見えず微弱ながら働いてる耳を頼りに警戒してる


アズゴア 「(あの子はかなり警戒心が強く微弱ながら働いてる耳を頼りに動いてる 下手に音を立てて行くとやられる!)」ザッザッザッ!!…


アズゴア 「(ならば…!!)」ダンっ!! 蒼野との距離数メートルのところでその場に踏み込み飛び跳ねる


ローラン 「っ!(飛んで足音を立てずに進んだか だが服の羽音でバレるぞ!)」



蒼野 「…っ!」ピクッ 微弱に聞こえた音を感知して刀を握る


アズゴア 「(構えてくる だが!)」スチャッ 手に持ってる槍を構える


蒼野 「ーっ」ザンっ!! 飛んでくるアズゴアに向けて刀を振るう


アズゴア 「僕の槍はそう簡単に切れないよ!」ガキィンッ!!ガバッ 蒼野攻撃を槍で防いで片目を蒼野に向けて伸ばす


蒼野 「ーっ」ブンッ!! 防がれたことがわかっていたのか刀を引かせて再び振るう


アズゴア 「この子ほんとに見えてないのかい!?僕の位置や防がれたこと把握してるが!!」キィンッ!!


アズゴア 「(でも攻撃を防げた これなら届く!)」ガシッ!! 蒼野の腕をなんとか掴むことに成功する



キィンッ!!


蒼野 「っ! 目が…」


アズゴア 「戻ったかい?ならすぐに現状を把握して欲しい」


蒼野 「…おまえ、敵なはずじゃ」


ローラン 「裏切りだ!今は俺たちの味方だから安心しろ」


蒼野 「っ! わかった なら敵はあいつらだけか」


アズゴア 「そうだ あの子供はやってはいけないことをした だから裏切った」


アズゴア 「すまないが協力してくれ 我々も全力で戦う!」


蒼野 「ありがたいよ 俺も本気であいつを殺す!」



キャラ 「………」


ガスター 「…」スゥ…



パチンっ


ガスター 「…」シュゥゥ… 指パッチンすると同時に周りから黒い煙が放ち姿が変わっていく


キャラ 「…やっと溜まったか 待っていたぞ」



ローラン 「なんだ?あいつの姿が変わっていくぞ」


蒼野 「…あれは何が起ころうとしてる?」


アズゴア 「ーっ…ガスター まさか……!!」タラー…



メタトン 「あなたたち!!全力であいつに攻撃してっ!!」バシュゥゥ!!!!… 全速力でガスターの元へ突っ込んでいく


小鈴 「わかりました!」ユラァ…ビュンッ!!!! 付喪を操ってあらゆる物をガスターに向けて放つ


雷鼓 「なにがなんだかわからないけど了解!!」ビュンッ!!!! 大量の弾幕をガスターに向けて放つ


アズゴア 「僕たちも全力で攻撃しろ!!」ググッ…ビュンッ!!!! 持ってる槍を全力で投げつける


蒼野 「あいよ!壱ノ太刀 風神 鎌鼬!!」ビュンッ!!!!


ローラン 「見よう見まね 鎌鼬!!」ビュンッ!!!!



ガスター 「…闇は深い 漆黒のように」パチンッ


ひゅんっ… みんなが飛ばしてきた攻撃を一瞬にして黒いモヤにして消滅させる



蒼野 「ーっな!?」


ローラン 「なんだ!?俺たちの攻撃が…ぜんぶ消された!?」


アズゴア 「ーっメタトン!!退けぇ!!」


メタトン 「っち!間に合わなかったわ 捨て身の勢いで突っ込んだのに!」シュボォォォ!!!! すぐさま足から出していたジェット噴射を前に出して後ろに下がる



ガスター 「…久しぶりだねキャラ 相変わらず好き勝手暴れてるようだね」


ガスター 「君の行動にはいつも驚かされるよ 呆れるほどにね」


キャラ 「つまらないよりかはいいだろ 無駄口叩いてないで早く殺れ」


ガスター 「そんな急かさなくてもやる 少し黙ってなさい」


アズゴア 「ガスター…」


ガスター 「久しぶりですね王様 私が失踪して以来ですかね」


ガスター 「まぁその間と私は動いてましたがね 暗闇の中でずっと研究をしてあなた達の様子を伺っていました」


ガスター 「私がいなくともDr.アルフィーが居ればなんとかなっていたみたいですね 結果的にキャラに虐殺されましたが」


ガスター 「あなたは少々優しすぎる だから…」スゥ…


ガスター 「【闇に落ちて暴れなさい 光の見えない絶望にね】」パチンッ


アズゴア 「ーっ!!!!」ゾワッ!!


ローラン「おっさん!!」


メタトン 「王様っ!!」



アズゴア 「………」


蒼野 「…アズゴア?」


アズゴア 「……人間を、殺す」スチャッ


蒼野 「っ!」スチャッ すぐさま防御耐性に入り身構える


アズゴア 「ふんっ!!!!」ガキィンッ!!!!


蒼野 「ーっ!!」ザザーッ!! 攻撃を防いだものの威力が強すぎてその場から電車道(地面にえぐれ)ができる


蒼野 「(力強っ!!こいつ、こんなに力あったのか!!)」ギリギリ…


蒼野 「(だが打ち直してもらった闇の刀はそんな簡単には折れない どんな攻撃が来ようとも全部防ぐまでだ!)」キィン!!


アズゴア 「ウガァァァーッ!!!!」ギィン!!ガンガンガキィン!!!! 完全に自我を失い蒼野に猛攻を仕掛ける



小鈴 「夜一さん!!」


雷鼓 「あの骨野郎!!あのでかいひと操ったのか!」


メタトン 「まずいわ 王様はかなりの強者よ!いくらあの子が強いといってもさすがに…」



サンズ 「よっと!おいおいなにが起きてんだ 王様の雄叫びが聞こえたが」ひゅんっ


アンダイン 「っ! おい…これは……!!」


フリスク 「…が、ガスター……」


ガスター 「…おや久しぶりだね 元気にしてたかな?サンズ」


サンズ 「……なんでお前がここにいる?そしてなんで王様が暴れてる?」


サンズ 「…ガキンチョ おまえ、出したのか?あれほど出すなと言ったのに」


キャラ 「役立たずどもにいつまでもやらせられないからな お前たちよりもこいつの方が役に立つ」


キャラ 「さっさと始末すれば出さなかったのに…お前たちが悪い」


サンズ 「……てめぇ!!」ビキビキ!!


アンダイン 「……サンズ、フリスク 目標変更だ あのバカを殺すぞ!」ブチッ!!


フリスク 「その方がよさそうだね 王様もあいつにやられてるし」


サンズ 「…お前たちは王様とガスターをやってくれ オイラはあのクソガキを殺す!」


アンダイン 「お前ひとりじゃ厳しいだろ わたしも手伝う」


サンズ 「い い か ら や れ ! ! 」


アンダイン 「ーっ!!」ゾクゥッ!!



キャラ 「どうやらわたしの相手はお前のようだな?サンズ お前たち全員裏切るとはなんとも愚かな」


サンズ 「愚かだぁ?なにを言ってんだ 散々オイラたちを含むモンスター人間を殺しといて、むしろ裏切られない方がおかしいと思わなかったか?」


サンズ 「しかもオイラの大事なモンスターまで操るなんて…冗談になってねぇんだよ」


サンズ 「お前みたいなやつは…」スゥ…


サンズ 「地 獄 の 業 火 に 焼 か れ て し ま え ば い い ! !」ブゥン!!!! 自分の周り一帯に無数のブラスターを出現させる


ガスターブラスター 「「」」バシュゥゥゥン!!!!!! 無数のブラスターから咆哮が放たれてキャラたちに向かっていく


キャラ 「ガスター あれを消せ 消したらあいつは私がやる!」


ガスター 「ふっお安い御用」スゥ… 先程と同様に相手の攻撃を消そうと…


サンズ 「おぉっと?そうはさせないぜ」キィン!!


ガスター 「っ!」ググ… 体全体の動きを封じられて動けなくなる


サンズ 「わるいなガスター オイラはお前の相手をしてる場合じゃないんだ」


サンズ 「キャラと一緒に死ね!!」


ガスター 「…君にこの技を教えたのはわたしだ 見慣れた技にやられるわけがない」キィン!! サンズの拘束を解いて自由になる


ガスター 「バリア」パチンッ


バリア 「」ギィィィン!!!!!!… キャラを含む自分の周りにバリアを張りブラスターを防ぐ



サンズ 「だろうな オイラがお前に勝てるなんて思ってないぜ」


サンズ 「だからお前の相手はあの子供だ オイラはそこのクソガキをやる」



アンダイン 「王様落ち着け!!そいつは敵じゃない!!」グググッ!!… 背後からアズゴアを取り押さえて落ち着かせようとしてる


メタトン 「うぐぐ…!!ロボットなのに力負けしてる…!!もっと攻撃用として使ってもらえばよかったわ!」グググッ!!…


アズゴア 「グォォーッ!!!!」グググッ!!…


フリスク 「ボクじゃとてもじゃないけど抑えられないよ 足を掴んでも飛ばされる…」


蒼野 「はぁ…はぁ……わるい、助かった おかげで傷つけずに済んだ」ハァハァ…


アンダイン 「安心するのまだはやい!私たちでもギリギリだ いつ力負けされてもおかしくない!」


メタトン 「今は敵じゃないからそこは覚えといて わるいけどあのバカどもを倒して!」


蒼野 「あぁ!まかせとけ!!」


ローラン 「俺も手伝うぜ 一緒にあいつらを倒すぞ!」



小鈴 「私たちも援護します!サポートは任せてください!」


雷鼓 「あぶなかったらちゃんと引いてよ!」



キャラ 「…ふふふ、ふふふふふ……!!」ククク…


キャラ 「あーっはははは!!いいぞ みんなして私に殺されに来るとはなんとも滑稽!!実におもしろい!!」


キャラ 「私を倒す?できるものならやってみろ!!」パチンッ



ブゥン…スタッ!!!!


トリエル 「………」キャラが作り出した異次元空間から呼ばれて姿を見せる


アルフィー 「…あら、私も呼ばれたのね 珍しいわ」


パピルス 「ぬわーっはっはっは!!人間共は捕獲だ!!」


マフェット 「あらぁ?私まで呼ばれるなんて」


アズリエル 「………」



フリスク 「っ!! あ…アズリエル」


アンダイン 「アルフィー!?なんでお前まで!!」


サンズ 「っ…パピルス、女王様……」


蒼野 「また仲間を呼びやがったか …あいつらは殺ってもいい奴らか?」


アンダイン 「だめだっ!!全員私たちの仲間だ あの人間以外は…!!」ギリッ!!


フリスク 「でもまって!もしかしたらみんな協力してくれるかもしれないよ サンズやアンダイン、僕がいるから…」


キャラ 「ガスター 全員あやつり人形にしろ」


ガスター 「…気が進まないね あやつり人形にするのは好きじゃないんだが」パチンッ


全員(敵側) 「「っ…」」スゥ… 目の中の光が消えて呆然と立ち尽くす


ガスター 「君の好きなようにするがいい 全員君の言うことを聞くようにした」


キャラ 「さすがだ パピルスお前はサンズを、アルフィーはアンダイン トリエルはアズゴア、アズリエルはフリスクをやれ」


キャラ 「マフェットは全員の援護をしろ 接近戦は慣れてないから前には出るな」


全員(敵) 「「…了解」」ダンッ!! 一斉に蒼野たちの元へ向かって攻撃態勢に入る


蒼野 「ローラン 傷つけずに倒すとなるとかなり骨折れるが…いけるか?」


ローラン 「やれるだけやってみるさ 多少の怪我は目をつぶれ」


蒼野 「同感だ いくぞ!!」ザッ!!


ローラン 「おう!!」ダンッ!!



小鈴 「夜一さんたちが動きました 私たちも援護します!!」ブゥン…


雷鼓 「ちゃんと狙いを定めなよ 仲間に当てないでよ!」バババババッ!!!! 大量の弾幕を敵に向けて放つ


小鈴 「わかってます!」ビュンッ!! 古い骨董品に付喪神を宿らせ操り放つ



パピルス 「…死ね」ズボズボズボズボッ!!!!!! 地面から無数の骨を出してサンズに攻撃する


サンズ 「ーっパピルス!やめろ!!」バッ!! その場から離れて攻撃を避ける


サンズ 「オイラがわからないのか?お前の兄貴だぞ!!」


パピルス 「……死ね」ビュンッ!! 骨を飛ばしてサンズに攻撃する


サンズ 「ーっ…クソガキ!!テメェ!!」ビキビキッ!!!!



アルフィー 「ミサイル発射 狙い…アンダイン」ピッピッピッ


ミサイル 「「」」バシュシュシュシュン!!!!!! どこからともなくアルフィーの背後からミサイルが現れてアンダインに攻撃する


アンダイン 「うらぁっ!!そんな攻撃食らうか!!」ビュンッ!! 持っている槍をミサイルに向けて投げる



ドスンっ!!ボボボボボゥン!!!!!! 槍はミサイルに当たり全て爆発する


アルフィー 「…目標無傷 次の攻撃を…」ピッピッピッ


アンダイン 「アルフィー!!目を覚ませ そいつの言うことなんか聞かなくていいんだ!!」


アンダイン 「私がわかるだろ!?お前のことを大事に思ってる…」


アルフィー 「目標補足 次で仕留めます」ピッ


アンダイン 「ーっち!!」



アズリエル 「…本気を出すよ」スゥ…


キィンッ!!


アズリエル 「……いくよ」シュゥゥ… 一瞬にして姿形が変わり鬼のような視線でフリスクを睨みつける


フリスク 「アズリエル…それはシャレにならないよ」


アズリエル 「…死ねぇ!!」バッ!!



雷 「」チュドゥゥゥン!!!! フリスクの真上に雷が落ちてくる


フリスク 「ーっと!」バッ!!ズドゥゥゥン!!!!… その場から離れて元いた場所に雷が落ちてくる


アズリエル 「ほらほらほらほらっ!!早く死ねよ 丸焦げになってさ!!」ズトンズドンズドンズドゥゥン!!!!


フリスク 「ちょっ連続でやるの反則!!」ザッザッザッ!!!!… 走りながら雷の落下地点から離れ避ける



メタトン 「王様正気に戻って!女王様が攻めてきてるわよ!!」グググ…


アズゴア 「ウガァァァァーッ!!!!」グググ…


トリエル 「……哀れね 相変わらず」


トリエル 「死になさい」バシュゥゥン!!!! 魔法で作った砲弾をアズゴアに向けて放つ


メタトン 「ーっち!こんな状況でよく攻撃してくるわね!」グググ…


メタトン 「なら王様!女王様をやっつける気で行きなさい!!」ポイッ 抑えていたアズゴアをトリエルの方へと投げ込む


アズゴア 「グオォォォーッ!!!!」ブンッ!!



魔法の砲撃 「」バツンっ!!シュゥゥ… アズゴアの槍にぶつけられて消滅する


トリエル 「…理性を失っても危険は察知できるようね さすがね」


トリエル 「でもあなたじゃ私を倒せないけどね はぁっ!!」バババババッ!!!!!! 大量の小さい火の玉を作り出し放つ


アズゴア 「ガァァァーッ!!!!」ブンブンブンブンッ!!!!!! 槍を回転させて大量に迫ってくる火の玉を防ぐ



マフェット 「ほーら!子蜘蛛ちゃんたち あの子たちを食べちゃいなさい!!」


子蜘蛛の大軍 「「」」バババババッ!!!!!! マフェットが操った子蜘蛛が蒼野たちに向かって放たれる


メタトン 「なら私はあなたの相手でもしようかしら 全員によけいな被害が出ないように!」スチャッ 両腕からバスター砲を出して子蜘蛛に向ける


マフェット 「あらそれはまずいわね 子蜘蛛ちゃんたち!あいつは美味しくないから避けて目標だけを攻撃しなさい!」


子蜘蛛 「「」」ガサガサガサガサ!!!!… メタトンの射線上から逃れるため四手に別れて分散する


メタトン 「四手に別れても連続で打てるから意味ないわよ!喰らいなさい!!」バシュゥゥン!!!!


子蜘蛛 「「」」ジュゥゥ!!!!… 一部の子蜘蛛にメタトンのバスター攻撃が当たり焦げていく


メタトン 「それ!もうふたつ!!」バシュゥゥン!!!!


子蜘蛛 「「」」ジュゥゥ!!!!… 残りの子蜘蛛たちにもバスター攻撃か当たり焦げていく


マフェット 「きゃーっ!!私の大事な子蜘蛛ちゃんたちが!!よくもやってくれたわね!!」


マフェット 「ならこの子でどうかしら やっちゃいなさい!!」バッ!!


大蜘蛛 「」ドスゥゥゥン!!!!!! どこからともなく巨大な蜘蛛が現れて着地した風圧で砂埃が舞う


メタトン 「あらその子もいたの?でも私には勝てないわよ その子じゃ実力不足で到底私に勝てるわけない」


メタトン 「まぁそもそもあなた自身、戦闘慣れてないからどっちにしても実力不足だけどね!」バシュゥゥン!!!!


大蜘蛛 「」ジュゥゥ!!!!…


マフェット 「あらそう?なら実力不足の足掻きを見せてあげるわ はぁっ!!」ブンッ!!


ブーメラン 「「」」ヒュンヒュンヒュンヒュンッ!!!!!! 無数のブーメランがメタトンに向かって放たれる


メタトン 「あら多いわね でも私のバスター砲なら余裕で防げるわ!」スチャッ


メタトン 「連射型よ 喰らいなさい!!」バババババッ!!!!!!…


ブーメラン 「「」」ガガガガガガッ!!!!!!ジュゥゥ… メタトンのバスター砲で撃ち落とされて消滅する


メタトン 「ふふふっ!やっぱり防がれちゃうわね でも負けないわよ!」



蒼野 「壱ノ太刀 風神 鎌鼬!!」ビュンッ!!


キャラ 「おっと 結局お前の相手は私か?まぁサンズは弟と戦ってるから仕方ないか」ヒュン…


キャラ 「貴様には一度ならず二度までも攻撃を受けてるから今度こそ殺してやる!」スチャッ


蒼野 「上等だ 返り討ちにしてやる!!」



ローラン 「デュランダル!!」ザンザンッ!!!!


ガスター 「バリア」キンキィン!!!! ローランの攻撃をいとも容易く防ぐ


ローラン 「(真正面じゃキツいか なら…)」タンッ… 一瞬にしてガスターの目の前から消える



ガスター 「……背後か」パチンッ


ブラスター 「」ブゥンッ ガスターの真上にブラスターが現れ背後側に大口を開け構える


ローラン 「っ!」スチャッ ガスターの背後に回って剣を構える


ローラン 「(一瞬にして予測したか まずいっ!)」ザッ!! すぐさま横に身を投げてブラスターの射線から逃れる


ブラスター 「」バシュゥゥン!!!!!! ローランが元いた場所に砲撃が放たれて地面がえぐれ砂煙が舞う


ローラン 「(砂煙が舞った 姿が見えない今がチャンス!!)」タンッ… 足音を立てずにガスターに向かって走る



ガスター 「…近づいてるな 砂煙が舞っていてもわかる」


ガスター 「なかなかおもしろいじゃないか 状況判断が早くて強い…データを取るには最適だ」パチンッ


ローラン 「【クリスタルアトリエ!!】」ザザンッ!!!! どこからともなくもう一本剣を取り出し、ほぼ同時に両手に構える剣で切りつける


ガスター 「」シュン ローランの攻撃が当たる直前で消えていなくなる


ローラン 「っち ワープしたか どこに行った!」スチャッ


ガスター 「君の背後だよ」シュン… ローランの背後に周り魔法を…


ローラン 「だろうな 気配でバレバレだ!」ブンッ!! すぐさま構えを変えて背後に回ったガスターに剣を振るう


ガスター 「っ!」ガシッ!! 魔法では間に合わないと判断して素手で剣をつかみ防ぐ


ローラン 「…マジかよ 素手で受け止めるのか」ググッ…


ローラン 「これは予想外だったな まさか力まで強いとは(ぜんぜん動かねぇ…嘘だろ 特色の俺が力負けするとは)」


ガスター 「いや君と戦う前に肉体強化をしておいたのさ 骨しかないがね」ググッ…


ガスター 「しかし肉体強化した私の力を持ってしても君と同じくらいとは驚いた これを使って今まで勝るものはいなかった」


ガスター 「ほんとに素晴らしい…君のような人材が世界に存在するなんて思ってもいなかった 私の実験にはもってこいだ」


ローラン 「悪いがお前のあやつり人形になるのはごめんだ 操るならあのガキンチョにするんだな!」ブンッ!! もうひとつの剣を降って攻撃する


ガスター 「あの子はダメだ 決意が強すぎて操れない 操れたらとっくに操ってる」バッ!!…スタッ 剣を離して後ろに飛び下がる


ガスター 「君も操りたいが…無理そうだね 君もかなり決意が強い 五感は奪えるだろうけど」


ガスター 「…なら君には本当の闇を与えようじゃないか 絶望以上の闇に君は耐えれるかな?」スゥ…


ローラン 「絶望?そんなのもう味わってるよ 過去に大事な人が死んだからな」


ローラン 「仕事にもしくじって特色を剥奪されてどべに落とされた これ以上の絶望なんて存在しねぇ!!」ダンッ!! その場で踏み込んで一気にガスターの前に立つ


ガスター 「そうか だがそれは甘い」パチンッ



………っ


ローラン 「ーっ!!?」ザッ!! ガスターに向けて構えていた剣を止めてその場に立ち止まる


ローラン 「(なっ…なん、だ アタマが……!!)」ガクガク…


ガスター 「……本当の闇は、誰も知らない それがどんな生き物でも」



蒼野 「ーっ…!? ローラン!!」ガキィンッ!!ザッ!! キャラの攻撃を弾いてすぐさまローランの元に駆け寄ろうと…


キャラ 「行かせない!」ビュンビュンッ!!!! 赤い刃を飛ばして蒼野に放つ


蒼野 「そんなんで止まるかよ!」ヒュンヒュンッ 刃の気配を感じとり背後から向かってくる攻撃を避ける


キャラ 「っち!」



ローラン 「っ……っ………」ピク…ピク…


ローラン 「…アン、ジェリ カ………」スゥ… 目の中の光が消えてハイライトになる


ガスター 「…絶望の始まりだ もう彼は戻れない」


蒼野 「弐ノ太刀 貫通 通刀斬!!」ビュンッ!! 刀を突きつけて目にも止まらぬ早さでガスターに突っ込んでいく


ガスター 「おっと それは防げない」ヒュンッ…スタッ その場からワープして蒼野と距離をとる



蒼野 「ローランだいじょうぶか!」ガシッ ローランの肩を掴んで理性があるかを確かめる


ローラン 「………」ツツー… 絶望に落ちた顔をして涙を流すが反応がない


蒼野 「おいローラン!!お前そんなに弱かったのかよ!俺よりも強いだろ あんときの威勢はどこいったんだ!!」


蒼野 「目を覚ませ ローラン!!」



ガスター 「…君も同じ目に合えばわかるよ」スゥ…パチンッ 蒼野の背後に現れて指パッチンをする


蒼野 「ーっ黙れ!!」スチャッ



ズバンッ!!!!


ガスター 「ーっ!!?」ブシャーッ!!!! 腹部を切られて血が吹きでる


ガスター 「(ーっばかな なぜ絶望に落ちない!?)」ヒュンッ…スタッ すぐに蒼野から離れて距離をとる


ガスター 「(わたしの力で絶望に落ちない者など今まで……いや、ちがう)」シュゥゥ… 自分の力を使って切られた部分を修復していく



蒼野 「ーっ………」ググッ…ガクッ 刀だけは離さないと意地を見せ膝を地面に付ける


蒼野 「(…あたまが、なんだ……これ………)」ガクガク…


蒼野 「(奥から…闇が…暗いものが……ひろがって………!!)」スゥゥ… 目の光がかすみはじめハイライトになりかけていく


小鈴 「夜一さん!!」


雷鼓 「まずいよ!あのままじゃふたりともやられる!!」


小鈴 「ーっ…私が行きます!!」バッ!!


雷鼓 「ちょっ!?バカっあなたひとりじゃどうしようもできないでしょ!!」バッ!!


小鈴 「でもなんとかしないと!!(このままじゃ夜一さんがやられる!私の力でなんとか連れ出せれば…!!)」ザッザッザッ!!…



ガスター 「…時間差か まさかここまで予想外なことが起きるなんて」シュゥゥ… 完全に傷口が塞ぎ出血も止まる


ガスター 「驚かされるね 今までこんな者たちはいなかった ほんとに研究材料に持ってこいだ!!」


ガスター 「だがキャラは君たちを排除しようとしてる…もったいないが排除させてもらうよ」スゥ… トドメを刺そうと力を使用す…


蒼野…? 「……はぁ ほんと、馬鹿らしいや」ザンッ!!


ガスター 「……っえ」ズル…ボトッ 首を切られて地面に転げ落ちる



全員 「「ーっ!!?」」


キャラ 「がっガスター!?」


アズゴア 「っ!? わ、私はなにを…」ハッ


トリエル 「あっ…か、からだが動く」


アルフィー 「や、やった!やっと操りが解けた!!」


パピルス 「おぉー!開放されたー!!」


マフェット 「私のこぐもちゃんたちー!!」


アズリエル 「や、やっと開放された…」


アンダイン 「なんだ!?みんなが戻ったぞ!」


フリスク 「たぶんガスターがやられたからだよ でも…!!」



蒼野…? 「……どいつもこいつもよ 俺を付け狙いやがって」スチャッ


蒼野…? 「ふざけんなよ!!」ザンッ!!


ガスターの頭 「」ザシュンッ!!!!ブシャーッ!!!! 刀で傷つけられてさらに血が吹きでる


蒼野…? 「あーっはははは!!!!おいおいどうしたよ?さっきまでの余裕わよ 首切られて死んじまったのか?」ザシュザシュザシュザシュッ!!!!


蒼野…? 「舐めといて一撃とかウケるんだが!あーっはははは!!!!」ビチャビチャッ!!!!



小鈴 「ーっ…な、なに?なにが起きてるの…?」フイッ


雷鼓 「…あの人、さっきのひと…なの?さっきと全然……ちがう」ゾクッ!!



アンダイン 「…おい あれ、やばいんじゃないか?あのガスターを一撃で仕留めたぞ」


フリスク 「それだけじゃない 今のあの人…尋常じゃない殺意が!!」ガタガタ…


キャラ 「ーっき キサマ!!どうやってガスターを殺った!?」


キャラ 「お前ごときにガスターがやられるなどありえない!なにをしたんだ!!」


蒼野…? 「…はぁ?別になんもしてねぇが ただ首切っただけだ」


蒼野…? 「んなことよりもよ 俺と遊ぼうぜ?血祭りという名の殺し合いでな!」ニヤリ


キャラ 「…な、なに?(なんだこの感じは?このわたしが…背筋を凍らすなんて!)」ゾクッ


キャラ 「(ありえない!今まで背筋が凍るような感覚なんて味わなかったのに なぜこの男に!!)」


蒼野…? 「さぁ血祭りの始まりだ!すぐ死ぬんじゃねぇぞ」タンッ… その場から消え去り姿をくらます


キャラ 「またそれか その攻撃は把握済み!」スチャッ どこから来ても対応できるようにナイフを構え…


蒼野…? 「」ガキィンッ!! 一瞬にしてキャラの目の前に現れナイフを弾き飛ばす


キャラ 「…っえ」カァーン…


キャラ 「(ばっばかな…ナイフが、飛ばされた?)」


キャラ 「(まずいっ!!)」チャラ… すぐさま首に下げてるロケットを握りしめ最大防御を張る


蒼野…? 「あーっはははは!!まずは一本!!」バツンっ!!



…ボトッ


キャラの右腕 「」ドバァ… 刀で切られて地面に落ちる


キャラ 「ーっ…ば、バカな 最大防御が……破られた…!!?」ブシャーッ!!… 切られた右腕から血が吹きでる


キャラ 「(さっきまでとは桁違いの強さ…これが、この男の闇なのか!?)」


キャラ 「(だがまだだ!まだ打開策は…)」


蒼野(闇) 「はいもう一本」バツンっ!!


キャラ 「ーっ…!!」ブシャーッ!!… 左腕も切られて血が吹きでる


キャラ 「(は、早すぎて見えない…最大防御がまったく効かない!!)」バッ!! 近くにいるとまずいと判断し蒼野から距離をと…


蒼野(闇) 「逃がさねぇよ」バツンっ!! 距離をとったキャラに一瞬にして追いつき左足を切り落とす


キャラ 「がぁぁーっ!!!!」バタンッ!! 左足を切り落とされてバランスを崩しその場に倒れる


キャラ 「(あっ足まで切られた…一瞬にして追いつかれた……!!)」ガタガタ…


キャラ 「(まずいっこのままではやられる!死ぬわけにはいかない この私がやられるなんて…!!)」


蒼野(闇) 「あと一本しか残ってねぇから切ってやるよ どうせ一本あっても使い物にならねぇだろ」バツンっ!!


キャラ 「あぁぁーっ!!!!」ブシャーッ!!!!


蒼野(闇) 「無様だねぇ 四肢切り取られてさぞ屈辱的だろ?」


蒼野(闇) 「もう自慢のナイフ捌きを見せることできねぇな まぁ今まで人を殺してきたんだから満足しただろ」ゲラゲラ


蒼野(闇) 「さぁてと ここから苦痛を味わらせて死なせてやるよ?ガマンすればするほど生きるのが辛くなるがな!」スチャッ


キャラ 「ひぃっ!!だっだれかーっ!!」




慧音 「蒼野無事か!!」ザッザッザッ!!…


妹紅 「わるい 里のみんなを避難させるのに遅くなった!」


霊夢 「まったくみんなパニクってて困ったもんよ!」


早苗 「仕方ありませんよ みなさん戦えないんですから」


依姫 「ーっ!! こっこれは…!!」




蒼野(闇) 「あーっはははは!!!!もっと叫べ 泣け!喚け!!もっと悲鳴を聞かせろ!!」ザシュザシュザシュザシュッ!!!! 刀で浅く切りつけて痛みを味わらせていく


蒼野(闇) 「苦痛を味わえるなんて光栄だと思えよ!!今まで散々殺してきたんだからよ!!」ゲシィッ!! 顔面を蹴って痛みを植え付けていく


キャラ 「ゴフゥッ!!!!がっあぁぁ……」ダラダラ… 体全体から出血して意識朦朧としながら痛みが全身に行き渡っていく



魔理沙 「……な、なんだこれ なにがどうなってんだよ!?」


マミゾウ 「…洒落にならんぞ あの殺人鬼、快楽を味わっているぞ」


依姫 「だれか状況を教えてください!」


小鈴 「っ! はっはい!」




蒼野(闇) 「ほらよ そろそろ殺してやるから最後に苦痛を味わって死にな!」ドスッ!!グリグリ… 背中から腰辺りに刀をぶっ刺してグリグリ弄くり回す


キャラ 「がはぁっ!!あぁぁーっ!!!!」ビチャビチャッ!!!!…



小鈴 「…ということなんですか」


霊夢 「なるほどね それで夜一はあぁなってるのね…」


魔理沙 「あいつの絶望って一体なんなんだよ 絶望を見せられてあぁなってんのか?」


妹紅 「なにがどうなったらあぁなるんだろうな …慧音、あいつの頭ん中見れないか?」


慧音 「さすがに見れない 過去のことなら見れるが考えてることは…」


早苗 「…殺人鬼だから殺人衝動に襲われたとかでしょうか?」


依姫 「…いや、ちがうと思います 蒼野がそれだけで絶望に落ちるとは思えません」


依姫 「ですが今はそんなことよりも先に蒼野を止めなくては あの元凶を倒した後なにしてくるかわかりません」


雷鼓 「たしかにそうね 早くとめないと!」


アンダイン 「やるなら私達も協力する あのガキがやられた今 私たちはお前たちと戦う理由がない」


サンズ 「おいらもないぜ あのガキンチョを殺してくれたから手間が省けたぜ」


フリスク 「基本戦うこと自体得意じゃないけどできる限り協力するよ」


アズゴア 「我々は僕の指揮で動かそう そちらはそちらで指揮を取ってくれ」


アズゴア 「あぶないと判断したらすぐに助ける あの子を助けなくては!」


霊夢 「ありがたいわ あなた達から嘘をついてる様子が見えないから信用するわ」


依姫 「急いで止めましょう!」




蒼野(闇) 「…おーい?もう死んだのか まだ生きてんだろ?」ゲシィッ!!


キャラ 「」グシャァッ!!ドバァ… 顔面の骨を折られて血が流れ出てるが反応がない


蒼野(闇) 「……んだよ 死んだのかよ つまんねぇの」


蒼野(闇) 「じゃあいいや 次はあいつらで遊ぶとするか!」ニタァ



ズボォッ!!!!


蒼野(闇) 「っ!」回りに刀が出てきて身動きを封じられる


依姫 「…蒼野 すみませんが今は動かないでください」スチャッ 刀を地面に刺して祇園様の力で閉じ込める


依姫 「動けばあなたは無事ではすみません …よけいなことはしないでください」


蒼野(闇) 「…っへ いやだね!!」ブォンっ!! その場で足を刀の横部分に目掛けて回転げりをする


祇園様の刀 「「」」バキバキバキバキバキバキッ!!!!!! 蒼野の蹴りですべてへし折れる


依姫 「っ…やはり能力を無効にされては閉じ込められませんか」


サンズ 「ならオイラの骨ならどうだ?」シュンッ



蒼野(闇) 「【震脚 地裂破却!!】」ダンッ!!


グシャァァッ!!!!!! 蒼野が踏み込んだ場所の地面が蜘蛛の巣を描くように割れてサンズの骨と同時に破壊する



サンズ 「マジかよ…それは聞いてないぜ」タラー…


霊夢 「早苗 能力は使っても無駄よ 蒼野はありとあらゆる能力を無効にするわ」


早苗 「聞いてるのでわかっています となるとどうすれば…」


アンダイン 「わたしが前に出る!接近戦なら得意だ」


アズゴア 「ならばボクも出よう 他のみんなは殺さない程度にあの子に攻撃するんだ!」


アズゴア 「彼を見る限り無効にするタイミングは任意のようだ 隙を見て当てればダメージを与えられるはず!」


全員 「「了解(わかった)!!」」


依姫 「私も前に出ます 能力を使わなければこの刀一本でいきます!」


妹紅 「私も出るよ 能力は無効にされるけど目眩しはできるからね」


魔理沙 「…私は力になれないな 悪いがたのむ」


依姫 「任せてください!援護は任せましたよ」



蒼野(闇) 「おいおい俺ひとりに対して数が多すぎじゃねぇか?さすがにドン引きだよ」


蒼野(闇) 「…まぁいいか 数が多い方がやりがいがある!」ニヤリ


蒼野(闇) 「だがその前に…」スチャッ



ローラン 「………」ダラー… いまだに精神崩壊して涙やヨダレが流れてる


蒼野(闇) 「まずお前から殺すか じゃまだ」スゥ… 刀を上に振り上げて下ろそうと…



依姫 「させませんよ」シュンッ サンズの力を借りて蒼野の背後に瞬間移動する


蒼野(闇) 「っ!」ヒュンッ!!


依姫 「はぁっ!!」ガキィンッ!!


蒼野(闇) 「…あいつの力を借りて来たか おもしろいことをするじゃないか?」ギリギリ…


蒼野(闇) 「だがお前から殺意を感じない むしろためらってる…図星だろ?」キィン!!キンキンキンッ!!!!


依姫 「っ…蒼野 戻ってください!私はあなたと戦いたくありません!」ガキィンッ!!


依姫 「仲間同士で戦うなんて言語道断!おねがいです 刀を下ろしてください!!」タタッ


蒼野(闇) 「あーっはははは!!!!仲間だと?俺に仲間なんているか!」ダンッ!!


蒼野(闇) 「俺の近くにいるやつはみんな敵だ!仲間なんかいねぇ!!」キィン!!キィン!!


蒼野(闇) 「俺は無差別殺人鬼 誰であろうと殺す世界を敵に回した男だ!!」キンキンッ


蒼野(闇) 「だれでも殺すのに仲間がいるわけないだろ!いてもすぐ殺してる!!」ガィィン!!


依姫 「いいえあなたにはたくさんの仲間がいます 無差別殺人鬼でもありません!」ギリギリ…


依姫 「誰よりも優しい心を持ってる素敵な方です 間違えてはいけません!!」キィン!!


蒼野 (闇) 「間違える?あいにくだが間違えてなんかない」


蒼野(闇) 「優しい心なんて殺人鬼に必要ない!そんなものを持ってなんの意味がある?」


蒼野(闇) 「いいかげんうっせぇから死ねぇ!!」スチャッ


蒼野(闇) 「花ノ太刀 開花 彼岸花!!」ビュンッ!!


依姫 「(まずいっ!!)」スチャッ 刀の切れない部分をもう片方の手で抑えて防御耐性を…



妹紅 「おらぁっ!!目くらましだ!!」ボゥゥン!!!! 蒼野の進んだ方向に勢いよく炎を飛ばす


蒼野(闇) 「っ! 能力無効!」キィン!!ボゥン… 炎が体に触れた瞬間一気に弾け飛んで消える


依姫 「っ!(隙が…!!)」スチャッ


蒼野(闇) 「っち!壱ノ太刀 風神 鎌鼬!!」ビュンッ!! 構えを変えて前方に鎌鼬を出した勢いで前進してた勢いを殺す


依姫 「愛宕様の火!!」ボゥゥッ!!シュゥゥ… 愛宕様の火で鎌鼬を粉砕する



アンダイン 「背後ががら空きだ!」スチャッ サンズの力を借りて蒼野の背後に回り槍を構える


アズゴア 「ふんっ!!」ブンっ!!


蒼野(闇) 「あまいっ!!」ガキィィン!!!! 闇の刀と対魔剣を抜き取り片方ずつでアズゴアたちの攻撃を防ぐ


アンダイン 「おいマジかよ 片手で防がれるのは予想外だ」ギリギリ…


アズゴア 「ーっ…この僕が力負けするとは」ギリギリ…


蒼野(闇) 「ははははっ!!弱ぇ 弱すぎる!てめぇらの力はそんなもんか!」ギリギリ…


蒼野(闇) 「俺に片手で止められるようじゃ俺を倒すなんて不可能だ!邪魔だから早く死ね!!」キィンッ!!


アンダイン 「うぉっ!?」グラッ 擦り付けていた刀を押されて弾き飛ばされる


アズゴア 「まずいっ体勢が!!」ヨロッ


蒼野(闇) 「死ねっ!!」シュンッ!! ふたりの腹部に目掛けて刀を振る…



霊夢 「結界!!」キィンッ!!


蒼野(闇) 「っ!」ガキィンッ!! 結界で防がれて切れない


霊夢 「早く逃げなさい!!無効にされる前に!」


アンダイン 「助かった!!」ザッ!!


アズゴア 「すまない!」ザッ!!


蒼野(闇) 「ーっち!無効にしてないときに邪魔しやがって」キィンッ!!シュゥゥ… 結界を無効にして打ち消す


蒼野(闇) 「いちいち出すのめんどくせぇからずっと出してねぇが…邪魔すんならずっと出してやるよ」キィンッ!!



早苗 「ずっと…これで能力が使えなくなりましたね」


慧音 「そうだな だが物理は効くからそれでなんとかするしかない 相手が悪すぎるが…」


魔理沙 「悪すぎるぜ 相手は夜一だぞ?接近戦最強のあいつとやりあうなんて自殺行為だ」


マミゾウ 「しかも刀を手放したところで体術も凄いからのう 傷つけてもいいなら鉄砲とかでなんとかするんじゃが」


依姫 「ダメです!蒼野に傷一つつけてはいけません」


フリスク 「ならどうする?このままだとジリ貧だよ」


アズリエル 「僕が本気出せばなんとかいけるかな?長時間は持たないけど倒すことができれば」


アルフィー 「む、無理だと思うわ あの子の実力、見た感じだけでもかなりのもの たぶんあなたが本気出しても勝てない……」


トリエル 「そもそも一斉攻撃にも対応してる時点で勝てる見込みはないわ あのアズゴアやアンダインの攻撃を片手で防いでるのだから」


マフェット 「…わたしも小蜘蛛ちゃんたちじゃどうにもならないわ 全員切られて殺されるのが目に見えてる…」


メタトン 「私もエネルギーが尽きるわ…最初の方で使いすぎたようね」



小鈴 「夜一さん止まってください!!」ビュンッ!! 付喪神を操りあらゆる小物を投げつける


雷鼓 「ほらよ!目くらまし程度の弾幕だ!!」バババババッ!!!!


蒼野(闇) 「ははっ!!食らうかよ!!」キキキキキキィン!!!! 小物をすべて切り刻み弾幕は体に触れて消滅する


小鈴 「くっ…やはり喰らいませんか このままでは夜一さんが!」ギリッ!!


雷鼓 「小鈴 一旦距離をとろう!みんなの近くにいた方が安全だ」


小鈴 「ですが夜一さんが…!!」


蒼野(闇) 「死ね…弐ノ太刀 貫通 通刀斬!!」ビュンッ!! 小鈴に刀を突きつけて素早い速度で突っ込んでいく


小鈴 「(はやいっ!!でも…)」スゥ… すぐさま付喪を操ろうと準備を…



メタトン 「ーっふん!!」ドスゥッ!!!! 自身の腕を犠牲にして手のひらから腕までまっすぐ刀を入れさせる


雷鼓 「っ!! あんた!!」


小鈴 「メタトンさん!!」


蒼野(闇) 「…じゃまだな ロボットのくせに邪魔すんじゃねぇ!!」ヒュンッ!! もう片方の手に持ってる対魔剣を振るい闇の刀を止められてる腕に目掛けて攻撃を…


メタトン 「ロボットだからって甘く見んじゃないわよ!!」ザンっ!!ガチャガチャッ…!!!! 腕の真ん中辺りまで切られるが瞬時に修復させて刀を埋め込ませて止める


蒼野(闇) 「っ!」ググッ… 刀が機械の中に埋め込まれて抜けない


メタトン 「あなたのことを思ってるこの子たちを殺そうなんてひどいじゃない 品がないわね」グググ…


メタトン 「闇に落とされたぐらいで暴走してんじゃないわよ いいかげん戻りなさいよ!!」バッ!! 思いっきり両手を外側に広げて蒼野の刀を奪い取る


依姫 「っ! 刀が!!」


アンダイン 「よし!これなら一気に攻めることが…」



蒼野(闇) 「…禁忌 発勁ー四肢断裂」ヒュン…



バギィィィっ!!!!!!


メタトン 「……っえ」ガシャーン… 蒼野から発勁を喰らい右腕が吹っ飛ばされる



全員 「「ーっ!!?」」


蒼野(闇) 「…良い気になるなよ 刀がなくても武術でどうにでもなるんだよ」


蒼野(闇) 「禁忌 発勁ー四肢断裂!!」ヒュン…


メタトン 「ーっあなたたち早く離れなさ!!」



バギィィィっ!!!!!!


メタトン 「ーっ…」ガシャーン… 左腕も発勁を喰らい吹っ飛ばされる


雷鼓 「ーっ小鈴 離れるよ!!」ガシッ!!


小鈴 「ちょっ雷鼓さん!!」ザッザッザッ!!…



メタトン 「(…よし、離れたわね 多少被害が出るかもだけどこの子を止めるためにはこれしか…!!)」カチッ 自ら自爆スイッチを作動させて爆発しようと…


蒼野(闇) 「禁忌 発勁ー胸部風穴!!」ヒュン…



バギィっ!!!!ボゴォォォン!!!!!!…


メタトン 「っ…うそ、でしょ……?」ガクガク… 胸部に発勁を喰らい大きな穴が開き爆発不可能になる


メタトン「(一番強固な胸部を…一撃で………!!)」


蒼野(闇) 「終わりだ 禁忌 発勁ー頭脳滅却!!」ヒュン…



グシャァァァッ!!!!!!


メタトン 「」グラ…ガシャーン!! 顔面に発勁を喰らい粉砕されて残された機械部分が地面に倒れる



アルフィー 「めっメタトン!!」


アズリエル 「洒落にならなくなったよ!フリスク行くよ!!」ザッ!!


フリスク 「僕戦い苦手なんだけど!」ザッ!!



アズゴア 「アンダイン!僕たちも止めるよ!!」ザッ!!


アンダイン 「おう!!」ザッ!!


蒼野(闇) 「いいねぇいいねぇ!全員でかかってこいよ!!」ゴキゴキッ


蒼野(闇) 「禁忌 手刀 心刀斬!!」ダンッ!!



…ドスゥッ!!!!


アンダイン 「……はっ?」ゴフッ!! 蒼野の手刀が心臓部に刺さり貫く


フリスク 「ーっな!?」


アズゴア 「アンダインっ!!」


アズリエル 「ーっうぉぉぉぉ!!!!」スチャッ 巨大な剣を構えて蒼野に振る…


蒼野(闇) 「…うぜぇんだよ」ブンッ!!


アンダイン 「ーっ…」ビュンッ!!… 蒼野の手が抜けてアズリエルに目掛けて投げ飛ばされる


アズリエル 「っ!! アンダイン!!」シュン…ガシッ!! すぐさま剣を消してアンダインを受け止める



蒼野(闇) 「…へー お前の血って赤なんだ?あの骨も赤だったけど人間と同じなんだな」ポタポタ…


蒼野(闇) 「違う色ならおもしろかったんだが…まぁいいか もっと血が見てぇから全員血まみれにしてやるよ!!」



アズゴア 「アンダイン!!だいじょうぶか!?」


アンダイン 「ーっがは!!…あっあぁ まだ……へいきだ だが………」ハァ…ハァ……


アズリエル 「ママっ!!」


トリエル 「今治療するわ!」ザッザッザッ!!…


霊夢 「早苗 あんたも治療に加わりなさい なにがなんでも助けなさい」ザッザッザッ…


早苗 「えっ霊夢さんは…?」


霊夢 「……やりたくなかったわ あの子は四季の使いで、みんなのために命をかけてるから殺り合いたくなかったのよ」ザッザッザッ…


霊夢 「でも今ので変わったわ 今ここであいつを倒さないと被害が広がる…だから」バサ…


霊夢 「【…悪く思わないで】」シュゥゥ…スチャッ お祓い棒の形が変わって細長い剣になる


魔理沙 「ーっ!!? おい待て霊夢!!お前それっ!?」ゾクッ!!


マミゾウ 「……おまえさん それ使えば自分がどうなるかわかっておるのか?」


霊夢 「わかってるわ でも…今あいつを止めるにはこれしかないわ」


霊夢 「私がやらないで誰がやるって言うのよ」


マミゾウ 「…もう少し待て 今わしの使いが帰ってきた」


霊夢 「…っえ」



蒼野(闇) 「おいおいなんだよその武器?お祓い棒が剣になったがそれで俺と戦おうってか?」


蒼野(闇) 「いいねぇいいねぇ殺し会おうぜ!!誰でもいい 俺と戦って血を流せ!!」


蒼野(闇) 「痛みを味わいながらじわじわと苦しんで死ね!!俺に殺されることを光栄に思え!!」


蒼野(闇) 「あーっはははは!!みんな死ね 死んじまえ!!あーっはははははははは!!!!」



…っ


蒼野(闇) 「ーっがぁ!!ぐぅぅ…!!」ズキンっ!! 突如激しい頭痛が襲ってきて頭を抑える


依姫 「…っえ」


蒼野(闇) 「うぐぐ…!!ぎぃっ……げっ…!!」ズキズキズキズキッ!!!!


蒼野(…) 「っっ…のや、ろう……!!」ギリッ!!…



慧音 「…なんだ?いきなり頭を抑え始めたぞ」


妹紅 「痛がってるのか?でもなんでいきなり」


魔理沙 「だけど止めるなら今がチャンスだ!無防備な状態なら抑えられる!!」


サンズ 「ならオイラが閉じ込めてやるぜ!」キィンッ!!



サンズの骨 「「」」ズボズボズボズボズボズボッ!!!!!! 蒼野の周りにサンズが出した骨が地面から突き出て閉じ込められる


パピルス 「にゃーっはっはっは!!ならこのパピルス様も協力する!!」キィンッ!!



蒼野(…) 「ーっ…」ズシィッ!!!! 重力を上げられて下に押し付けられる


アルフィー 「おぉすごい!あの人間を押さえつけた!これなら抑えられるかも」


霊夢 「押さえつけられたなら話しは別ね あんたたち抑えときなさいよ!!」バサッ!! どこからともなく霊符を取り出してすぐに退治しようと…



蒼野(…) 「ーっ…能力無効!!」キィンッ!! パピルスの重力攻撃を無効にして元の重力に戻す


パピルス 「ぬおぉぉっ!!このパピルス様の青攻撃が消された!」


霊夢 「ちっ再び能力無効にしたのね 間に合わなかったか」


依姫 「ですが接近戦は有効なはず!私が前に出ます!!」バッ!!



蒼野(…) 「っ…っ……」ハァ…ハァ… 未だうずくまって動けないでいる


依姫 「(今の状態なら抑えるのは簡単なはず ですが警戒して抑えなければ!!)」スチャッ 刀を構えて警戒しながら蒼野に近づいていく


蒼野(闇) 「ーっ舐めるなよ!!これごときでぇぇ!!」ヒュンッ!!


依姫 「ーっく!」ガキィンッ!!


蒼野(闇) 「邪魔すんじゃねぇよ偽善者が!!お前は出てこなくていいんだよ!!」ギリギリ…


蒼野(闇) 「いつまでも猫かぶってんじゃねぇ いいかげん目を覚ましやがれ!!」キィンッ!!


依姫 「っ…? あなた一体なにを言ってるんですか?私に向けて言ってますか?」タタッ


蒼野(闇) 「お前じゃねぇよ お前なんかに話しかけてねぇ」


蒼野(闇) 「このバカに言ってんだ!殺人鬼のくせに善人ぶりやがって!!」


依姫 「殺人鬼のくせに…?まさか 蒼野が!?」




…そこまでです 全員動かないでください



全員 「「ーっ!!」」



四季 「…どうやらまだそこまで被害が出てないようですね」フワー… 大人数を連れて空から現れる


小町 「そのようですね ですがこれは…」


聖 「…なにが起きてるんですか?状況が掴めません」


神子 「見たことない方たちがいますね 敵…ではなさそうですね」


命蓮寺メンバー 「「…」」


神霊廟メンバー 「「…」」



魔理沙 「聖!?それに神子まで!!」


妹紅 「これはまたすごいメンバーだな まさかあいつらも協力関係になったのか?」


マミゾウ 「受け入れたみたいじゃのう これは非常にありがたいのう」


慧音 「…だが相手が悪すぎる 相手はあの蒼野だ 援軍が来てくれても能力を無効にされては……」



アズゴア 「…援軍か?」


トリエル 「みたいね しかも私たちは敵として認識してないみたいよ」


アズリエル 「それはありがたいね とりあえずはアンダインの治療はできそうだね」


サンズ 「パピルス 下手に動くなよ?あいつらは味方だ」


パピルス 「わかってる!下手に動けば危ないことはさすがの俺様でもわかってるぞ!」



依姫 「閻魔様…」


蒼野(闇) 「……四季か なんでてめぇがここに?」


四季 「援軍要請を受けたのでここに来たんです …それよりもあなたはなにをやってるんですか?」


四季 「現状を見る限り暴れてるのはあなたのように見えますが?」


蒼野(闇) 「おいおい暴れてるなんて人聞きの悪い 俺は本来の目的を思い出して行動してるだけだぜ?」


蒼野(闇) 「俺は無差別殺人鬼 蒼野夜一!日本国内で恐れられてた大犯罪者だ!」


蒼野(闇) 「殺人鬼が人を殺さないでどうする?今まで俺を捕まえようとしてきた奴らや佐久間グループ、関係ねぇ民間人も全員殺す!!」


蒼野(闇) 「俺を除け者扱いしてきたんだ そのくらいの罰は受けてもらう!!」


四季 「…蒼野……」


小町 「…なんで夜一、あそこまでおかしくなってんだい?あいつはあんなやつじゃ……」


小鈴 「閻魔様!夜一さんは敵にやられて絶望を見せられてからあぁなったんです!だから本人の意思ではありません!!」


四季 「わかっています 蒼野が自分からこんなことをするとは思っていません」


四季 「すみませんがみなさんは周りに被害が及ばないよう守りを徹底してください」ヒュー…


聖 「閻魔様はどうするんですか?」


四季 「説得します 私ならいけるはずです」


神子 「わかりました」



四季 「っと」スタッ 空から降りてきて地面に足をつかせる


依姫 「…すみません閻魔様 蒼野のことをよろしくお願いします」ザッザッザッ…


四季 「任せてください 私が来るまで食い止めていただきありがとうございます」


蒼野(闇) 「………」


四季 「…さて、蒼野 あなたにいくつか聞きたいことがあります」


蒼野(闇) 「…お前の返答に応えるとでも?」


四季 「答えてもらいます 今のあなたの心情を聞かせてください」


蒼野(闇) 「…っは?心情?んなもん聞いてどうする 聞いたところで反発するだろ」


四季 「いいから聞かせてください あなたはなぜこのようなことをしてるのですか?」


四季 「ただ人を殺したいがためにやってるとは思えません 理由も兼ねて聞かせてください」


蒼野(闇) 「……やなこった」


蒼野(闇) 「どうせ俺は裏切られる それをわかってるのに説明するバカがどこにいる」


蒼野(闇) 「まして犯罪者の言うことを信じるやつはいねぇ お前だって信じねぇだろ?」


四季 「信じます あなたは犯罪者の中でもまともな方です 殺す対象にもちゃんとした理由が存在します」


四季 「もちろんそれで殺っていいとは思っていません 人を殺めることはいかなる場合でもやってはいけません」


蒼野(闇) 「なら…」


四季 「ですがあなたはどんなに恨んでる方でも殺すときは一撃で仕留めています 痛みを与えず、拷問をするようなことは今までしていませんよね」


四季 「今回あなたは絶望に落とされてその真逆をしてるみたいですが…あなたの絶望はどのようなものなんですか?」


蒼野(闇) 「………」



霊夢 「…まともに話してるわね さっきまでとは大違い」


早苗 「そうですね 私たちでは攻撃しながら殺すなど邪魔だのって言ってたのに…」


依姫 「一番信用してるのが閻魔様ですからおそらくそのおかげかと」



魔理沙 「…これで収まってくれればいいんだが」


慧音 「…たのむぞ 閻魔よ」



蒼野(闇) 「………」


四季 「…蒼野 答えてください あなたの絶望はどういったものなんですか?」


四季 「私はあなたを信用しています 教えてください」


蒼野(闇) 「……だまれ」ギリッ


蒼野(闇) 「黙れ黙れだまれだまれっ!!ふざけたこと言ってんじゃねぇぞ!!」


蒼野(闇) 「俺を信用する?信じる?バカかてめぇは!!犯罪者の言うことを信じるやつがどこにいる!!」


蒼野(闇) 「閻魔であるお前が罪人を放っておくわけがない どんなことをしてでも地獄に送って罰を償わせるのが普通だろ!!」


蒼野(闇) 「罪人に情けをかけて楽しいか!助ける気もない相手に救いの手を伸ばして偽善ぶってんじゃねぇ!!」


四季 「私は嘘をつきません ましてあなた相手に嘘ついてもバレるのが目に見えています」


四季 「偽善?楽しい?そんなものどうでもいいです 私は正直に話し、本気であなたを救いたいと思い手を伸ばしています」


四季 「それはあなた自身が一番わかっている事じゃないんですか?現に地獄に落とさず私の下に着いて罪を償っているんですから」


蒼野(闇) 「ーっ…だまれぇぇ!!!!」ダンっ!! 四季に向かって勢いよく走り出す


小町 「四季様!!」スゥ… 能力を使って四季を連れてこようと…


四季 「手だし無用です 信じてください」


小町 「っ!」ビタッ



蒼野(闇) 「死ねぇっ!!禁忌 手刀 心刀斬!!」ビュンッ!! 四季の心臓部に目掛けて手刀を…


四季 「…」







四季 『…蒼野 無理しないでくださいね』脳裏に横切る過去の記憶






蒼野(闇) 「ーっ!!」ビタっ!! あと数センチの距離で届くところで手を止める


四季 「………」その場から一歩も動かず、蒼野に臆することなくじっと見つめている



妹紅 「……と、止めた?あいつが自分から……」


魔理沙 「…夜一……」



蒼野(闇) 「っ……」グググ…


四季 「…どうしたんですか?殺らないのですか?」


四季 「今の私は無防備なので殺すなら余裕のはずですが…それとも怖気付いたんですか?」


蒼野(闇) 「ーっ…てめぇ!!」ギリッ!!


蒼野(闇) 「禁忌 発勁 四肢断裂!!」ビュンッ!! 四季の左腕に目掛けて発勁を…


四季 「………」


蒼野(闇) 「ーっ…」ビタッ… 先程と同様に当たる直前で寸止めする


四季 「……またですか なにをやってるんですか?」


四季 「ふざけているなら本気でやりなさい あなたの覚悟はその程度ですか!!」


蒼野(闇) 「くっくそぉ…!!」プルプル…


蒼野(闇) 「(なぜ殺せない 無差別殺人鬼である俺がなぜ…!!)」


蒼野(闇) 「(なにを躊躇う なぜ攻撃を止める!止める理由なんてないのに…なんで、なんで……!!)」ギリギリ…


四季 「…あなたは本当に優しいですね 殺人鬼だとは思えないほどに」


四季 「その優しさは絶望に落ちても健在でよかった さすが私が見込んだだけあります」


四季 「あなたの絶望というのは闇というものですよね 過去にあなたが教えてくれましたね」


蒼野(闇) 「ーっ!!」


四季 「最初は遥さんと出会ったことで無差別に殺人しなくて済み、次に私と会ったことで遥さんがいなくなっても平気でいたんですよね」


四季 「私があなたを光に導き闇から救い出した…間違った方向に進まなくて済み正しい道を歩めた」


四季 「ですがそのきっかけを作ったのはあなたです あなたが私を必要としなければ抑えることはできませんでした」


四季 「私を必要としていただきありがとうございます そして私もあなたを必要としてるので戻ってきてください」


四季 「今ならまだ間に合います ……お願いです もう罪を乗せないでください」


蒼野(闇) 「ーっ………なにが、間に合うだ………!!(動け俺の体!!早く殺さないと…!!)」ギリッ!!


蒼野(闇) 「(俺は無差別殺人鬼 罪を増やしたところで判決は変わらない 結果が同じなら罪を増やしたところでなにも問題ない!!)」


蒼野(闇) 「(人を殺すことが俺の生き甲斐 快楽を求め無様に苦痛を味わいながら死んでいく姿を見るのを好む)」


蒼野(闇) 「(こいつの無様な姿を見たくてしょうがないはずなのに…なんで、動かない!!)」プルプル…


蒼野(闇) 「(俺は殺人鬼、俺は殺人鬼!俺は………)」ググッ…






蒼野 『光に導いてくれた人だから守りたいんだ それが命を賭けてまでもな!』






蒼野(…) 「ーっ…俺は、閻魔の……使い……!!」ジワァ…


四季 「っ!」


蒼野(…) 「……四季………」ツツー… 一旦落ち着きを取り戻し涙が流れる


蒼野(…) 「すまない……俺が、弱いばかりに……!!」ポタポタ…


四季 「なに言ってるんですか あなたは弱くなんてありません 少なくとも今まで会ってきた方たちの中でもかなり強い方です」


四季 「事態が大きくなる前に止められて安心しました あなたがいなくなったら誰が佐久間グループを退治するんですか?」


四季 「まだまだやることはあるんですからこんなことで暴れないでください わかりましたか?」


蒼野(…) 「………」スゥ… 突き出していた手を引っ込めてその場で立ちつくす


四季 「……蒼野?」


蒼野(…) 「……ははっ」ニタァ


蒼野(闇) 「あーっはははははは!!騙されてんじゃねぇよバカが!!閻魔が犯罪者を心配するわけねぇだろうが!!」


蒼野(闇) 「弱さを見せるなんてアホにも程がある!自分の立場を考えろ」


蒼野(闇) 「利用してボロ雑巾のように扱ったらそのままポイだ!疲れきったところを不意ついて殺害 閻魔なんてそれくらい普通にする!」


蒼野(闇) 「誰も信用するな 誰の協力もするな!誰の指図も受けるな!受ければ自分の死が訪れる!!」


蒼野(闇) 「惑わしやがって…さっさと死ねぇ!!」スゥ… 手刀を構えて四季の溝部分に狙いを定める


四季 「っ!」ザッ 危険だと判断してすぐさま身構えて攻撃を避けようと…




…手刀 自刃毒抜き


蒼野(闇) 「……っは?」ドスゥッ!!!! 自身の左肩より下に手刀を刺す


全員 「「ーっ!!?」」


四季 「…っえ」


蒼野(闇) 「があぁぁぁぁっっ!!!!!?」ブシャァァァッ!!!!… 刺した部分から血が吹き出て辺り一面に撒き散らす


蒼野(闇) 「(ばっバカな!!こいつ、また俺の支配から…!!)」


蒼野(…) 「(まずい…意識が……!!)」


蒼野 「ーっ…四季には、手出しさせねぇぞ たとえこの命か尽きても……!!」ダラダラ…


四季 「蒼野!!あなた自分で……」


蒼野 「…四季 わるい、俺の闇…根強いみたいだ 俺でも制御ができない」ハァ…ハァ…


蒼野 「でも解決策がある 制御ができないなら……答えはひとつ」スゥ… 右手に作った手刀を【自分の首元】に持っていき押し当てる


四季 「ーっ!? 蒼野!あなたなにを!!」


蒼野 「ーっ…誰かを傷つけるくらいなら 俺は……今ここで!!」ググッ…


四季 「やめなさい!!あなたにはまだやることが残っているんです 今ここで死なれては困ります!!」


四季 「あなたの罪はまだ完全に晴れていません それに自害は罪の中でもかなり重く…!!」



四季は蒼野を死なせまいと必死に説得する。死なれては今後の佐久間グループ対処に影響を及ぶからだ



それだけではない。罪を償っている者が自害して更に罪を増やしては元の子もない 今まで償ってきたことが水の泡になってしまう



……いや、それは建前であろう 本当は死んでほしくない。部下としてではなく、ひとりの仲間として!



それはみんな同じだった 蒼野が死んだら今ここにいる者たちの半数以上が悲しむ 今となっては蒼野は必要不可欠な人材だ!



罪人だろうが殺人鬼だろうが関係ない みんなにとって蒼野はいなくてはならない だからここで死なれては…!!



…だが蒼野は犠牲者を増やすくらいなら自害して止まった方が得策だと考えている



四季が止める理由もなんとなくわかる。あいつは閻魔のくせに甘すぎる 殺人鬼である俺に対して、砂糖よりも甘い罰を与えている



本来なら俺は地獄の最下層まで落とされているはず 何百という数の人間を殺してきた者を軽い刑罰にするはずがない



仲間を殺したら更に罪が増える。それだけじゃない 罪悪感も襲いかかり、この先生きていくことが辛くなる…



殺さなくても深い傷を負わせたりしても同じ 傷つける可能性もあるから確実に止まる自害を選んだ方がいい



他に方法はないと思う。他の案を考えてる時間はない 今理性があるうちに自害しなければまた闇が俺の体を乗っ取る



それだけはさせない 俺の闇が誰かを殺すから今ここで自害を……



光の刀 「」カタカタカタカタ…


蒼野 「っ! 光の刀…?」


蒼野 「(……怒ってるのか?自害は許さないのか)」


光の刀 「」カタッ


蒼野 「……っは そうか ならお前に頼みがある」


蒼野 「【俺を裁け!!俺は今から自害する!!】」


光の刀 「」キンッ!! ひとりでに鞘から抜けて蒼野の頭上に飛んでいく



依姫 「ーっ!? なにか飛んでいきましたよ!」


霊夢 「あれは……夜一が抜かなかった刀ね」


早苗 「ですが夜一さんは刀に手を触れてませんでしたよ なぜ飛んで…」



四季 「…あれは光の刀 なぜひとりでに飛んで…」


光の刀 「」ヒュンヒュンヒュンヒュンッ!!!!



ドスゥッッッ!!!!!!


蒼野 「ーっがはぁ!!!!」ビチャァッ!!!! 光の刀が背中から心臓部に突き刺さり血を吐き出す


四季 「ーっな!!?」


四季 「(光の刀が…蒼野を突き刺した!!?)」


光の刀 「」ズボっ!!


蒼野 「ーっ…」ブシャー!!!!…バタッ 血を吹き出してその場に倒れる


四季 「蒼野っ!!」



ヒュンヒュンヒュンヒュンッ!!!!


光の刀 「」ドスゥッッッ!!!!!!


ローラン 「ーっごふぅ!!!!」ビチャァッ!!!! 前から心臓部に刀が刺さり蒼野と同様血を吹き出す



アズゴア 「ーっな!?あの人間にも刀が!!」


アズリエル 「まさかあの刀敵!?」スチャッ



光の刀 「」ズボっ!!


ローラン 「ーっ…」ブシャー!!!!…バタッ



光の刀 「」ポタポタ… 空中に浮かんで血が滴り落ちる


四季 「蒼野!!しっかりしてください 意識はありますか!」


蒼野 「」ドバァ… 血が流れでて意識を失っている


四季 「(意識がない 刀が心臓を貫いて血が止まらない…このままだと蒼野が!!)」ググッ…


四季 「魔理沙さん!今すぐ永琳さんを呼んできてください!!早急に!!」


魔理沙 「わ、わかったぜ!」ヒュンッ…ビュン!! すぐさま箒を出して永遠亭に向かう


小鈴 「なら私たちも夜一さんの治療を…」


マミゾウ 「その力は治療型ではない 攻撃のみだからそれで治療はできんよ」


マミゾウ 「わしらよりも他の者に任せたほうがよいからここで大人しくしとるぞ 力になれんのが悔しいがのう」


雷鼓 「っ…」ググッ…



霊夢 「四季どいて 永琳が来るまで気を送るわ 少しでも延命させるためにね」


聖 「では私は魔法を使って蒼野さんとそこの男性の自然回復を強めます 瀕死状態で効果があるかわかりませんが」ヒュー…スタッ


神子 「では私たちはその刀の対処をしましょう とても味方だとは思えません」ギロッ


光の刀 「…」ポタポタ…



四季 「…光の刀、でしたよね なぜあなたがひとりでに動いてるんですか?」


四季 「それになぜ蒼野とこの男性を刺したんですか 蒼野に関しては私の大事な部下…返答次第では粉砕します」ビキッ!!


光の刀 「………」スゥ…ビュン!!


四季 「…」ビチャァッ!! 光の刀に付いた血が真横に飛ばされ地面に付着する


光の刀 「…」


光の刀 『…光の裁きを受けさせただけだ 蒼野夜一は大罪を犯そうとしたから実行した』キィィン テレパシーで四季の脳内に直接話しかける


四季 「っ! 脳内に直接…」


光の刀 『閻魔よ 貴様が蒼野夜一を生かして佐久間グループを壊滅させることに理解し難い…奴は殺人鬼だ』


光の刀 『本来ならば裁きを与えて地獄を送るのが当たり前 いくら優しさがあっても罪は罪、優しさなど関係なしに送らないでどうする』


光の刀 『私にはわからない なぜ殺人鬼を生かして自分の部下につかせるのか 腕はあっても所詮は殺人鬼、そんなやつを利用するなどできん』


四季 「利用?生憎ですが利用するつもりはありません 佐久間グループを壊滅するために手伝ってもらっているんです」


四季 「それを利用してるというなら私も利用されています 蒼野は私を信頼してくれてると同時に私を守ってくれています 私よりも弱い立場でありながらも命懸けでやっています」


四季 「蒼野を地獄に送らなかったのはあの方にはまだ希望があったから私の下につかせたんです 見てわかりませんか?蒼野自身、人を殺すことはやってはいけないと何度も言っていたのを」


光の刀 『所詮は罪人の戯言 罪人の言葉なんざいちいち聞いてられん』


四季 「甘いですね それこそがあなたの欠点です 聞いていないからわかっていないんです」



慧音 「…? さっきから閻魔は誰と話してるんだ?」


妹紅 「刀がずっと浮かびっぱなしだけど…まさかあの刀と話してんのか?」


小鈴 「…あっあの、夜一さんのもとに寄ってもいいですか?心配なので…」オロオロ


マミゾウ 「寄るくらいならいいじゃろ じゃが血がかなり出てるからあまり見ない方がよいぞ」



光の刀 『…っふ 聞いてないからわからないか 確かにそうかもしれない』


光の刀 『だが知ろうとは思わない 犯罪者であることには違いない 閻魔の貴様と私では分かり合えなさそうだ』


四季 「そのようですね 私もあなたとは分かり合えそうにありません」


四季 「蒼野は助かりますよね?闇も治るんですよね」


光の刀 『ふたりとも余裕で助かるだろう 闇も私の光で打ち消したから再び落ちることはない』


光の刀 『だがまた落ちるようなことがあれば落ちるから気をつけろ 犯罪者の心配なぞしていないが貴様は閻魔だから助言しておく』


四季 「警告どうも いらない心配ですがね」


光の刀 「」ヒュー…スチャンッ 蒼野の腰にかけられている鞘に収まり話が終わる


霊夢 「…この刀 どっかぶん投げといた方がいいかしら?また抜けて暴れられても困るから」


光の刀 『安心しろ よけいなことはしない』


霊夢 「っ! 脳内に直接…」


依姫 「刀はなんと?」


霊夢 「よけいなことはしないって ほんとかしら?勝手な行動しといて信じられないわね」


小鈴 「…でも夜一さんがずっと肌身離さず持っていた刀なので下手に外すのは悪いかと」


依姫 「そうですね この刀は家宝で大事にしているものですから、その価値を知らない私たちが無下にするわけにはいきません」


霊夢 「…そう じゃあ私も信じるわ 下手なことしたら折るからね?」コンコンッ


光の刀 「」



四季 「…聖さん、神子さん あなた方は人里のみなさんに安全になったこととこの周囲に近づけさせないよう伝えてください」


四季 「小町はその指揮を取りなさい 私はこの場にいる方たちの話しを聞きます」


小町 「わかりました!」


聖 「私もいいんですか?治療の方は…」


霊夢 「私がなんとかするわ ある程度回復したから後は私だけでなんとかなる」


依姫 「私も少なからず治療できるのでそちらはお願いします」


聖 「…わかりました 絶対に死なせてはいけませんよ」


霊夢 「言われなくてもわかってるわ ましてこんな仲間思いなやつを死なすわけにはいかないわ」


霊夢 「絶対死なせないから安心して行って そっちは任せたわよ」



早苗 「…これでだいたいは治りました 体の方はどうですか?」シュゥゥ…


アンダイン 「あぁ…だいぶ楽になった 助かった」ハァ…


アズゴア 「アンダインは助かるのか?死なない…よな」


早苗 「平気ですよ ここまで回復したなら後は休めば治ります」


アズリエル 「よかったー…僕たちの誰かが欠けることなくて」


サンズ 「あのガキンチョはどうでもいいとして…ガスターは生かしてほしかったぜ」


サンズ 「オイラの大事なモンスターだったから死んでほしくなかった…でもあそこまで暴れてたら仕方ないよな」


パピルス 「兄ちゃん…」


マフェット 「…ねぇ メタトンは治るのかしら?結構バラバラになっちゃったけど」


アルフィー 「え、えっと…なんとかしてみるわ 多分治らないと思うけど……」


トリエル 「…っ! 誰かこっちに来たわ」



四季 「…初めまして別の世界から来た方々 私は地獄の閻魔、四季映姫・ヤマザナドゥと申します」


四季 「一見敵ではないと思いますが見た目だけでは判断できません 今までなにが起きていたか説明できますか?」


アズゴア 「…わかった ここは僕が説明するよ」



アズゴア説明中…


四季 「…なるほど あなた方はキャラという人間に使われて仕方なく動き、その方がやってはいけないことをして裏切ったと」


アズゴア 「そういうことだ 信じてもらえるかな?」


四季 「もちろん信じます 今のあなたたちに敵意がないうえ嘘をついてるように見えません」


四季 「他にも霊夢さんたちがあなた達を見る目が至って普通の目なので疑うこともありません なのでご安心ください」


アズゴア 「そうか それはよかった」


サンズ 「地獄の閻魔様ってこんなにも小さい人だったんだな?オイラ驚きだよ」


パピルス 「ちょっ兄ちゃん 閻魔様に失礼だぞ!」


四季 「構いません 死んだら地獄に落とすので」


サンズ 「そいつは勘弁願いたいぜ」


アルフィー 「え、えっと…閻魔様 今ここにいるモンスター達で地獄行きが確定してるモンスターとかわかるんでしょうか?」オロオロ


四季 「わからなくはありませんが私はこの幻想郷の管理下なので別世界の方たちにむやみやたら言うわけにはいきません ただ善行を積むことは徹底した方がいいですね」


マフェット 「つまり…そういうことね」


四季 「ご想像は任せます …さて、そろそろ治療は終わりましたかね」



アズリエル 「うん 大体は終わったよ」


トリエル 「立てる?アンダイン」


アンダイン「あぁ かなり回復したからもう平気だ 助かったぞ」ムクッ


早苗 「一時はどうなるかと思いました 心臓部に手刀を入れられ貫通したんですから…」



魔理沙 「よっと!連れてきたぜ」スタッ


永琳 「これはまたひどいわね また騒ぎが起きてたの?」スタッ


小鈴 「永琳さん!!」


永琳 「しかももう一人も同じようなケガしてるわね…容態の方は?」


霊夢 「今治療しながら生気を送ってるわ この様子なら死ぬことないわ」シュゥゥ…


依姫 「しかも心臓も動いてます 刀で刺されたのにすごいですね」


永琳 「それが蒼野よ 超人的な体力を持って悪運だけは強いから死ぬなんてありえないわ」カチャカチャ… 持ってきた医療用具を開けて治療の準備をする


永琳 「もうひとりも心臓動いてるの?焦って治療してるようには見えないけど」


霊夢 「動いてるわ 蒼野と一緒でこいつも悪運と体力ありそうね 同じくらいに治療できてるわ」


永琳 「好都合ね 蒼野の身体はだいたい把握してるから先にこの男をやるわ 悪いけどそのまま生気送り続けて」カポッ


霊夢 「わかったわ」



四季 「永琳さん すみませんが蒼野たちの治療をお願いします 何度も迷惑かけてすみません」


永琳 「別に迷惑なんて思ってないわ 医者は患者を治して当たり前よ」カチャカチャ…


永琳 「悪いけど今から集中するから話しかけないで 閻魔様相手に失礼だろうけど」


四季 「構いません 治療に専念してください」


四季 「…しかし、この建物はなんですか?なにやらライブ会場のように見えますが」


慧音 「うっそれは…」ドキッ


四季 「…慧音さん?まさかあなた、この状況下でライブなんてしてませんよね いつ佐久間グループが襲ってきてもおかしくないこの状況で」ギロッ


慧音 「ーっ…」ダラダラ…


妹紅 「…わるい 発案したのは私だ いつまでも緊迫した状況だとストレス溜まるだろうからと思ってライブを開催したんだ」


慧音 「…っえ」


四季 「嘘ですね 発案したのは慧音さんですよね?堂々としてますがバレバレですよ」


妹紅 「うっ…」ギクッ


四季 「でもストレスケアは本当のようですね たしかにこの状況が続いてると皆さん苛立ちを覚えることは私も把握しています」


四季 「そこで蒼野ならライブ開催することに賛成するから警備を任せたということですよね 連絡が来たときに蒼野を借りたいと仰っていましたね」


慧音 「…その通りだ 閻魔は反対するだろうと思ってな」


妹紅 「ただまさか両目が潰れてるとは思ってなかったがな 来たとき驚いたよ」


四季 「……っえ 両目が潰れてた?」


慧音 「おい妹紅!そのことは…」


妹紅 「あっいけね」


四季 「…それはどういうことですか?両目が潰れてるなんて私は聞いてませんが」


妹紅 「あぁいや!今のは…」タラー…


四季 「永琳さん あなたは知ってたんですよね?治療するとすればあなたしかいません」


永琳 「……話しかけないでって言ったでしょ 今治療してるの」プスッチュー…


永琳 「たしかに治療はしたわ でも蒼野は目が見えてなくてもなにがどこにあるのかは把握してた グレーラインで動きに支障はないと判断したわ」


四季 「それはグレーではなくブラックだと思いますが?なにをどう考えたら平気だと思ったんですか」


四季 「…まぁ大方、蒼野が私には伝えるなと言ったに違いありませんがね 無理するなと言ってるのに無理するぐらいですから口止めするでしょう」


永琳 「わかってるならいちいち聞かないで あと治療してるから黙ってて」ジョキジョキ…ググッ


四季 「…あとで蒼野に叱らないといけないので必ず治してください 死なせたらあなたにその叱りを向けます」


永琳 「理不尽にも程があるわ …必ず治すから安心なさい」スパッギッ


四季 「お願いします」



…パカッ


紫 「はぁーい!みんな元気かしら」霊夢たちの近くに隙間を作り湧く


霊夢 「やっと来たわね 来るの遅いわよ」


紫 「ごめんなさいね 夜だから寝てたわ」


霊夢 「…年寄りは寝るの早いわね」ボソッ


紫 「なにか言ったかしら?」ビキッ


霊夢 「べつに」



アズゴア 「次から次へといろんな人間が来る…いや、人間ではないのか?」


サンズ 「見た目は人間だから人間でいいんじゃないか?それよりもオイラたちってどうなるんだ?」


フリスク 「たしかに…どうなるんだろ」


パピルス 「もう死ぬのはいやだぞ!!」



このSSへの評価

1件評価されています


SS好きの名無しさんから
2022-05-23 16:32:05

このSSへの応援

1件応援されています


SS好きの名無しさんから
2022-05-23 16:32:06

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください