2024-04-12 16:06:59 更新

前書き

諸注意は第一作にて
消耗しつつもリースバートを抜けた政一達。
政一は遂に王都を攻める。
新たな敵も次々生まれる中で政一達は戦い続ける。
異世界での戦闘や日常を引続き御送りしよう。


ー第六十二章 戦の後に訪れる戦ー


ー街道 06:00ー

シロ 「んぅ…はぁ…」

クロ 「も、もう無理だぜ…」

弥生 「政一さん…愛してます…」

提督 「俺もだ…弥生が無事で良かった。」

弥生 「…あの時は…もう、貴方に会えないと……」

提督 「俺もお前を奪われて終わるかと思った。」

弥生 「…もう、あんなのは嫌です。」

提督 「……俺もだ、思い出すだけで嫌になる。」

弥生 「…貴方の総てで、私を…弥生を染めて下さい。

もう貴方以外考えられない様に染め上げて下さい。

貴方以外を容赦無く殺せる位に染め切って下さい。

貴方だけの女として、貴方の御傍に置いて下さい。」

提督 「…言われなくとも、そうするよ。」ギュッ

弥生 「政一さん…」

提督 「もうあんなのは御免だ…だから。」

弥生 「はい…私は大丈夫ですから。」

提督 「…今日は離さないからな。」

弥生 「勿論大丈夫です。」

ーー

白鷺 「待て、待てって!!」

紅魔 「待てません、主様…」スッ

白鷺 「もう朝だぞ!?夜からずっとヤってんだぞ!?」

紅魔 「足りません、終われません、まだまだです。」

白鷺 「だから待てって!!今ヤられたら乾涸びる!!」

紅魔 「乾涸びないようにシますから…」

白鷺 「一旦止まれぇ!!」

ーー

トリア 「……」頭抱え

マスター 「激しいな、彼等の夜は。」

鳳翔 「ふふっ…えぇ、本当に。」

大井 「…で、これから如何するの?私達はもう国から

命を狙われる立場よ?そう簡単には行かないわ。」

北上 「んぁ〜…如何しよ?正直だらけてたい。」

球磨 「今の所は魔法使いを鍛える事が最優先クマ?」

多摩 「其れはもう自主練に移ってるにゃ。」

木曽 「軽く見てきたが結構仕上がってるぞ?」

龍田 「みたいねぇ…」

天龍 「んな事より保護した連中を如何すっかだよ…

聞きゃあアンタは酒場の主だろ?戦闘能力なんざ、

全くねぇって言ってたな…如何すんだ?」

マスター 「私は彼と飲み明かしたくてね。」

天龍 「そんだけで此方に来たのかよ!?」

木曽 「…何か出来るか?料理とか洗濯とか…」

マスター 「この世界の酒なら粗方知ってるよ。」

龍飛 「…ならば料理酒に使える酒は有るか?」

マスター 「料理酒か…有るには有るが、大きい街で

専門の店に行けば半々で見つかるって所か。」

龍飛 「…矢張り政一に頼むしか無いか。」

鳳翔 「そうですね…あの夜戦が終わったら御願いに

行きましょう。其れはさて置き今日の朝御飯に何を

出すか決めましょう。政一達には精の付く物を。」

龍飛 「…だな。」


ー第六十三章 新編勇者パーティ結成ー


ー王都 謁見室 08:00ー

国王 「…良くぞ集まってくれた、感謝する。」

?? 「いえ、お気になさらず…」

??2 「で、何の用なんだ?」

国王 「先日、諜報員から情報が入ったのだ。奴等は今

リースバートにて鍛錬に勤しんでおると。」

??3 「あー、まだ強くなろうって事かな?」

??4 「其の様ね…小賢しい連中。」

国王 「貴君等には奴等を討伐して貰いたい。」

??5 「は?アタシ等は魔王を討伐する為に…」

??6 「…まさか、魔王が彼等と共に居ると?」

国王 「…其の通りだ。故に貴君等に頼みたい。」

??5 「要はアタシ等に連中打っ潰せって言うのね?

任せて頂戴、戦闘なら負けないわ。」

?? 「…御依頼、承りました。御任せ下さい。」

国王 「矢張り頼りになるな…期待しておるぞ。」

ー国王の間 09:20ー

国王 「…アルト・ラルカンス。」

アルト 「はい、御父様。」

国王 「跡継ぎはお前だけだ…余計な事をするな。」

アルト 「解ってます、御父様。」

国王 「…頼むぞ。」

ー王都街道 09:47ー

??3 「…で、如何しよっか?」

??6 「一先ず彼等を追い掛けましょう。」

??2 「奴等はリースバートに居るって言ってたな。」

?? 「…ユラストとテミタールを経由したそうだ。」

??4 「…一旦、ユラストに行く?」

??3 「うーん…同じルートで良いのかなぁ?」

??5 「如何いう事よ?」

??3 「諜報員に気付いてたら、移動してるかも…

其れに、結構な数の兵士と戦闘してたみたいだし、

テミタールなんか関所を強行突破したって聞いたよ?

若し移動を始めてたら、同じ街は通らないと思うよ?」

?? 「この道は最も早くリースバートに着ける道だ。

仮に動いていないならこの道一択だ。」

??2 「良いから行こうぜ!!」

??5 「アンタは考え過ぎなのよ、ホイミン!!」

??3→ホイミン 「そうかなぁ?」

?? 「行くぞ。」

ホイミン (…やっぱり動いてるかも知れない。)

ホイミン 「御免、ちょっと買い物したいんだけど。」

?? 「買い物?何故今…いや、良いか。行って来い。

極力早く戻るんだぞ?」

ホイミン 「うん。」タッ

??2 「良いのか?」

?? 「焦る事も無かろう。」

ー王都路地裏 10:12ー

ホイミン 「…何処に居るか調べないと……えっと…

[ワールド・アナライズ/マナ・サーチ]…見つけた、

けど…リースバートから離れてる?コルミカの方…

じゃあ、この儘進んでも会えないって事だよね…」

??6 「ホイミン、此処で何を?」

ホイミン 「あ、御免ね…ちょっとだけ気分が悪くて…

大丈夫、直ぐに戻るから先に戻ってて。」

??6 「…そうですか……では、戻りますね。」

ホイミン 「うん…」

ホイミン (既にあの人達は動いてる…なら、単独で

向こうに向かった方が早いかな…)

ホイミン 「…[ワールド・リスポーン]。」バシュッ

ー街道 10:24ー

赤城 「…うん、上々ね。」

加賀 「いえ、まだまだ出来る筈です。」

赤城 「今の私ではこれが限界の筈よ?」

加賀 「いえ、まだ上を目指せる筈ですよ。」

鳳翔 「こら、あまり赤城ちゃんを困らせないの。」

加賀 「…済みません。」

鳳翔 「少しずつ精度を上げましょうね。」

赤城 「はい、鳳翔さん。」

加賀 「…あら?あれは誰かしら…」

鳳翔 「…加賀さん、提督に[不審者発見]と連絡を。」

加賀 「は、はい。」

ーー

ホイミン 「…着いた、のかな?」

鳳翔 「大人しくしなさい。」つ三徳包丁

ホイミン 「ひっ!?」

鳳翔 「私の質問に答えなさい、貴女は何者ですか?」

ホイミン 「ゆ、勇者パーティの魔法使い、です…」

鳳翔 「貴女の名前は何ですか?」

ホイミン 「ほ、ホイミン・パレスティアです…」

鳳翔 「貴女の目的は?」

ホイミン 「私は、あの人に会いに…」

鳳翔 「会いに?不意討ちで殺す為では?」

ホイミン 「違います!!」

鳳翔 「…念の為拘束させてもらいます。」

ホイミン 「は、はい…」

ー12:40ー

提督 「……魔法使い、ねぇ…」つ即席書類

ホイミン 「……」

提督 「ホイミン・パレスティア…出身不明か。」

鳳翔 「話したくないとの事でして…」

提督 「知らん人間に話したい事ではないだろう…」

鳳翔 「…其れもそうですね、失念してました。」

提督 「…年齢二十四、勇者パーティ所属と…」

ホイミン 「……」

提督 「…此処に来た理由は、俺に会う為か。」

ホイミン 「はい。」

提督 「…成程、続きは中で話そうか。」

鳳翔 「移動ですか?」

提督 「あぁ…あの部屋は後始末が終わっていないから

君の部屋を使っても良いかな?」

鳳翔 「えぇ、構いませんよ。」

ホイミン 「……」

提督 「…行こうか。」

ホイミン 「はい。」


ー第六十四章 洗脳を解く為に為すべき事ー


ー仮設寮 鳳翔の部屋 13:24ー

提督 「…まぁ、大体は理解出来たかな…」

ホイミン 「……」

提督 「勇者パーティを抜け出して、態々此処に来る

程の事が有るとは思えないんだけどねぇ…」

鳳翔 「まぁまぁ、良いじゃないですか。」

提督 「…じゃ、今後君は如何するのかな?」

ホイミン 「其れは…」

コンコンコン!!

提督 「ん?」

「磯風だ!!火急の用件で参じた!!」

提督 「入れ、如何した?」

チャッ

磯風 「提督、今直ぐに来てくれ!!」

提督 「だから如何したんだ、何が有った?」

磯風 「トリアさんが暴れてて、誰も抑えられない!!」

提督 「…あの馬鹿弟子め……案内しろ。」

磯風 「此方だ!!」タッ

提督 「ホイミン、お前は待機だ。」ダッ

鳳翔 「…念の為、控えておきましょうか。」

ホイミン 「…若しかして、シオラが?」

鳳翔 「シオラ、とは?」

ホイミン 「シオラ・クルセア…皆からは[賢者]って

言われてる人で、勇者パーティに混ざるって…」

鳳翔 「…賢者であれば遠く離れた場所の特定人物に

魔法を掛ける事も出来る、という事ですか!?」

ホイミン 「た、多分出来ると思う…」

鳳翔 「…ホイミンさん、行きましょう!!」

ホイミン 「え?」

鳳翔 「若しかすると、狙いは提督かも知れません!!」

ホイミン 「えぇっ!?」

ー街道 13:37ー

トリア [……]

武蔵 「…この大和型を以てしても止められんか……

これは相当厳しいな。」中破

大和 「如何するの…提督はまだ御話中よ?」大破

提督 「おうおう、随分やってくれたなぁ?」

武蔵 「提督か!?」

大和 「提督!?御話は!?」

提督 「さっさと切り上げて来た…で、状況。」

武蔵 「…艦娘、深海棲艦、魔軍全てが半壊している。」

大和 「提督、彼女は私達の手には負えません…」

提督 「だろうな……俺が対応する、負傷者の手当は

お前達に任せるぞ…少し梃子摺りそうなんでな。」

武蔵 「提督…分かった、任せろ。」タッ

大和 「…死なないで下さいね。」タッ

提督 「…俺の死に場所は此処じゃねぇよ。」スラッ

トリア […アンダー…テイカー……]

提督 「あぁ、葬儀屋だよ。」

トリア […死ねぇ!!]ダッ

ガキィン!!

提督 「生憎、死ぬ事を許されてはいないもんでね…

殺したいなら死ぬ気で来いや、馬鹿弟子。」

トリア 「…ウアアアアアア!!」ダッ

バギィン!!

トリア 「!?」

ドスッ

提督 「…誰が半人前如きに一級品の武器を渡すんだ?

お前の剣は唯の魔鉄製だよ。大して硬くも柔くもない

脆い剣で無理矢理叩き斬ろうとすれば当然折れる。」

トリア 「……」

提督 「俺の刀はお前の得物より数段上の特製品だ。

量産品如きに圧し折られる程柔くはねぇよ。」

トリア 「…グアアアアアア!!」

提督 「…はっ、漸く本番ってトコか?」

トリア 「ウガアアアアア!!」キィィィン…

提督 「魔力の刃か…トリアの魔力量では厳しい筈…

なら後ろに誰かしらが居る、となれば…」ザッ

トリア 「ガアアアアア!!」ダッ

提督 「有り得るは勇者パーティ…魔法使いがもう一人

居るとして、残りは…勇者、剣士、武闘家、盗賊…

聖女とかも抱えてるか?六、七人位で居るとして、

トリアの暴走は…連中の魔法か?」サッサッ

トリア 「ウバアアアアア!!」ザッ

ドスッ

提督 「…気は済んだか?」

トリア 「フーッ…フーッ…」

提督 「この馬鹿が…」クイッ

トリア 「……」ギロッ

提督 「好い加減に目を覚ませ!!」グッ

トリア 「!?」グイッ

んちゅーーー

大和 「!?」

武蔵 「……」

鳳翔 「まぁ…」

ホイミン 「!?」

提督 「…目は覚めたか?」

トリア 「……ほへっ?」

提督 「起きろ、馬鹿弟子。」ぐにー

トリア 「痛っ!?痛いです師匠!!」

提督 「起きたか…じゃ、謝って来い。」

トリア 「へ?」

提督 「見ろ、お前が操られてる間にこうだ。」

トリア 「…うわぁ……」

提督 「謝るだけ謝りな。」

トリア 「はい…済みません師匠……!?」

提督 「…気付いたか、コレは後で良いから。」

トリア 「は、はい!!」タッ!!

提督 「…魔力の刃か……」スッ

ズバァッ!!

ホイミン 「あっ!?」

鳳翔 「提督!?」

提督 「……そういう、物なんだな…」ドサッ

鳳翔 「提督!?提督!?」

ホイミン 「酷い…上下に真っ二つ…」

鳳翔 「提督!!死なないで下さい!!」

ホイミン 「如何しよう、治療魔法は覚えてない…」

提督 「…やってくれる……」

鳳翔 「提督!?」

提督 「…一度死んで出直す…直に戻る……」パタッ

鳳翔 「提督…分かりました、御待ちします。」

ホイミン 「そんな…死んじゃった…」

鳳翔 「提督は直に戻られます。今は待ちましょう。」

ー彼岸ー

提督 「…で、戻りたい訳よ。」

閻魔頭 「…面倒臭い事を。」

提督 「ほう、潰されたいと言うんだな?」グッ

閻魔頭 「あっちょっ待っ分かりました手配します!!」

提督 「もう遅い。」メキッ

閻魔頭 「痛い痛い痛い痛い痛いいいい!!」

提督 「此方も不本意の死なんだよ、分かれよ。」

閻魔頭 「理解りました!!理解しました!!御助けを!!」

提督 「とっとと手配を済ませろ。」スッ

閻魔頭 「は、はい…」

ー王都近辺 14:08ー

??7 「…目標の死亡を確認しました。」

?? 「素晴らしいな、シオラ。流石は賢者だ。」

??7→シオラ 「光栄です、アルキス様。」

??→アルキス 「様は要らないぞ、シオラ。」

シオラ 「…然し。」

アルキス 「互いに呼び捨てが良かろう。」

シオラ 「…畏まりました、アルキス。」

アルキス 「…敬語も辞めれば良かろうに。」

シオラ 「私は賢者である前に貴方に仕える従者です。

この言葉遣いは従者である以上は必要です。」

アルキス 「…仕方の無い奴だ。国王への報告は?」

シオラ 「私達二人だけで行いましょう。」

アルキス 「ふむ…奴を殺した証拠は有るか?」

シオラ 「殺害した瞬間の再現映像を出せます。」

アルキス 「ならば良かろう、行くぞ。」

シオラ 「はい。」

ー街道 15:27ー

イルミア 「……」三角座り

トリア 「……」正座

鳳翔 「……」直立不動

大和 「……」三角座り

ーー

武蔵 「…アレは?」

磯風 「皆提督を待っているんだ。」

武蔵 「…そうなのか?」

磯風 「提督は皆の心を掴んでいるからな。」

武蔵 「…そうか。」

磯風 「…今はそっとしておくと良い。」

ー15:54ー

イルミア 「……!?」

提督 「…よっと……ただいま。」

イルミア 「!!」ギュッ

トリア 「……」ギュッ

大和 「提督…」ギュッ

鳳翔 「…御待ちしておりました、提督……」ギュッ

提督 「…悪いな、アレの本質を見抜けなかった。」

鳳翔 「構いません…こうして戻られたのですから。」

提督 「…さぁ、移動しよう。」

大和 「何故ですか?」

提督 「奴等は俺が死んだと思っている筈だからな…

今の内に動いて一瞬だけでも行方を暗ますぞ。」

鳳翔 「…分かりました。」

提督 「急げ、大移動の始まりだ。」


ー第六十五章 一時の油断一生の傷ー


ー五月一日 01:20 街道ー

提督 「…少しは離れろ、歩き難い…」

武蔵 「諦めろ、大和は私以上に依存している様だ。」

提督 「…お前は俺に興味無しか?」

武蔵 「私か?私は[貴方は必ず何処かで生きている]と

信じているからな…居なくなったら探す迄さ。」

提督 「…素直じゃないな。」

武蔵 「貴方が其れを言うか?」

提督 「言いたくもなるさ…」

武蔵 「…何処迄歩く?」

提督 「…この辺りで一度休もう。」

武蔵 「分かった。」

暗闇 「…馬車が来るわ。」

提督 「馬車?」

?? 「…済まない、食べ物を分けては頂けないか?」

提督 「…其の格好を見るに、其れなりの身分だな?

食糧配分を間違えたのか、逃げる為に捨てたのか…」

?? 「……」

提督 「其の馬車は捨てた方が良いな、轍でバレる。」

?? 「…歩けと?馬も居るのだぞ?」

提督 「物資は此方で受け持とう、先ずは服からだ。」

?? 「何?」

提督 「其の服では直ぐに気付かれるぞ。着替えろ。」

暗闇 「私食べ物取って来るわ。」タッ

提督 「早くしろ、捕まりたいか?」

?? 「…頂こう。」

ー01:54ー

?? 「…美味しいな。」

提督 「当たり前だ、不味くては食う気も起きん。」

?? 「…貴方は何故この大人数で移動を?」

提督 「この国相手に戦争を仕掛ける為。」

?? 「…我が国にもこれ程の戦力があれば……」

提督 「…圧力を受けた小国の人間、国王クラスか。」

?? 「あぁ…私は元々クリース王国の国王だった。」

提督 「クリース王国ね…勇者パーティとの関係は?」

?? 「…何人も、無理矢理持って行かれた。」

提督 「…下らないねぇ、本当に。」

?? 「国一番のホイミン・パレスティアも連中に…」

提督 「ん?ホイミン?ホイミン・パレスティアって

今言ったか!?」ガタッ

?? 「あ、あぁ…そうだが。」

提督 「…彼奴、クリース王国の出身だったのか。」

?? 「…知っているのか?」

提督 「知ってるも何も今ウチに居るぞ…」

?? 「何だって!?」ガタッ

提督 「偶然にも連中に打撃が入ったか…」

?? 「彼女が居るのか!?本当にか!?」

提督 「本当に居るから落ち着け。」

?? 「…そうか……」ギシッ

提督 「…貴方はこれから如何する心算で?」

?? 「…私は、貴方々と共に行きたい。」

提督 「…そうか、歓迎しよう。」

?? 「有難う…漸く味方が見つかったよ…」

提督 「皮肉なもんだな、無理矢理小国から引き抜いた

魔法使いが寝返った上に引き抜き元の小国の国王も

此方側に着くのだからな。まぁ、其の勇者パーティに

刃を突き付けられる様になってしまったが。」

?? 「構わないさ、最早捨てた様な命なのだから。」

提督 「…一時の油断、一生の傷ねぇ……」

?? 「如何した?」

提督 「観測魔法を使われているが…身元偽装をせずに

使っている様でね、相手が分かってしまった。」

?? 「油断していたら逆探知を受けたと。」

提督 「…コルミカより先にハルーラに向かうか。」

?? 「…着いて行くよ。」

提督 「まぁ、一先ず休もう。」

?? 「移動しないのか!?」

提督 「高々国王に探られた所でねぇ…」

?? 「…余裕だな。」

提督 「死神持ちに喧嘩は売らない方が良いのにね…」

?? 「…其の様だな。」


ー第六十六章 暗殺失敗の後ー


ー王城 謁見室 10:20ー

国王 「貴様には失望した。」

アルキス 「……」

国王 「暗殺に成功?残るは魔王だけ?何を言うか!!

この通り健在ではないか!!巫山戯るな!!」

アルキス 「然し、シオラが確かに…」

国王 「黙れ!!」

アルキス 「……」

国王 「覚えておけ、次は無い。」

アルキス 「…了解。」

ー王都 11:50ー

??2 「…何で生きてたんだ?」

??4 「分からない…何で?」

??5 「間違いなく真っ二つにしたのよね!?」

アルキス 「あぁ…」

??6 「相当優秀な回復術師が居るってことかな?」

シオラ 「分かりません…確実に殺した筈なのに…」

アルキス 「ホイミンの無断離脱に暗殺失敗…」

??2 「訳分かんねぇ事の連続だな…」

アルキス 「パイラ。」

??5→パイラ 「何?」

アルキス 「クリスと共に連中の動向を探ってくれ。」

パイラ 「…了解。」

??6→クリス 「分かりました。」

アルキス 「ミアはハリスと一緒に鍛錬だ。」

??2 →ハリス 「おう。」

??4→ミア 「了解。」

アルキス 「シオラ、奴を殺す術を練り直そう。」

シオラ 「畏まりました、アルキス。」

ー街道 14:20ー

提督 「……」

ホイミン 「……」

提督 「何が言いたい?」

ホイミン 「いや、重くないのかなぁって…」

提督 「愛という名の重石よりは軽い。」

ホイミン 「へぇ…」

トリア 「……えへへ…」ギュゥゥ

イルミア 「……」ギュゥゥ

ホイミン 「一人抱っこで一人おんぶでしょ?」

提督 「歩けるだけまだマシだな。」

ホイミン 「動けなくなった事有るんだ…」

提督 「大和も鳳翔も一時間の抱擁で何とかなったし、

川内も安定したから幾らか真面に動ける様になった。

連中を相手取るには少し梃子摺るかも知れないが。」

ホイミン 「…シオラ、あんな事も出来たんだね。」

提督 「手の内を晒せば殺り難くなる。」

ホイミン 「…手札が一枚切れたって事ね。」

提督 「警戒だけはしておけ。」

ホイミン 「うん。」

トリア 「えへへへ…生きてる師匠だ…」スリスリ

ホイミン 「…其の子壊れちゃってない?」

提督 「壊れても直せば良い、術は有る。」

ホイミン 「…成程、強い訳だよ。」


ー第六十七章 愛するが故の再会ー


ー19:20ー

提督 「……」

パチッ…パチパチッ…

提督 「……」つ散弾銃

ジャキッ…ガシャッ…シャコッシャコッ…

提督 「……」

パチパチッ…パンッ…パチッ…

提督 「……フゥ…」つ煙草

?? 「煙草は御身体に障りますよ?」

提督 「…知ってる……だから人前で吸わない。」

?? 「えぇ、存じております。」

提督 「…何年振りだ?お前と話すのは。」

?? 「さぁ…あの御舘を出られてからはずっと。」

提督 「…駄目だな、年を食うと記憶が曖昧になる。」

?? 「でも、私の事は声だけで判るんですね。」

提督 「お前には色々[した]し[された]からな。」

?? 「まぁ、覚えているのですね。」

提督 「あぁも濃い時間を過ごしたんだ、忘れる事は

一生無いだろうな…なぁ、小悪魔。」

?? 「であれば尚の事名前で呼んで下さい。」

提督 「名前、ねぇ…そんなに気に入ったか?」

?? 「えぇ、私だけの名前ですもの。」

提督 「…そうかい……久し振りだな、ヴィエラ。」

??→ヴィエラ 「あぁ、漸く呼んでくれましたね…

私の事を、貴方がくれた名前で…」

提督 「全く、大袈裟じゃないか?」

ヴィエラ 「いいえ…名前を持たない私達にとって、

名前を戴くというのは、[個]として認めて貰えた

[証]ですもの…大袈裟じゃありませんわ。」

提督 「そうか…で、お前は何で此処に?」

ヴィエラ 「図書館で御暇が出ましたので。」

提督 「…彼奴の使い魔はお前だけの筈だが。」

ヴィエラ 「二人目の召喚に成功したから、と…」

提督 「あの魔法使い、絶対に扱き使うぞ…」

ヴィエラ 「…貴方は私に名前をくれた……私を私に

したのは貴方です。ですから、これからは貴方に

使い魔として仕えさせて下さい、諫田政一様。」

提督 「…何処から其の名を知ったのか……」

ヴィエラ 「皆様と御話だけはしてきましたから。」

提督 「話の流れで聞き出したか、この小悪魔め。」

ヴィエラ 「小悪魔じゃなくて、ヴィエラですよ。」

提督 「余程其の名前が気に入った様だな。」

ヴィエラ 「はい、もう有象無象ではありませんよ。」

提督 「…髪、切ったのか?」

ヴィエラ 「はい、少々長過ぎたので。」

提督 「…短髪も案外似合うな、元が良いからか。」

ヴィエラ 「私だって考え無しには切りませんよ?」

提督 「…似合うと確信してか、矢張り小悪魔だ。」

ヴィエラ 「ヴィエラです。」

提督 「今のはお前個人を指した訳じゃない。」

ヴィエラ 「と言いますと?」

提督 「性格を指す言葉に[小悪魔]が有る。」

ヴィエラ 「まぁ…そんな言葉が?」

提督 「お前の性格は其の[小悪魔]に合致する。」

ヴィエラ 「名実共に小悪魔、ですね。」

提督 「名は体を表すと言うが、実在するとはな。」

ヴィエラ 「…御話、楽しいですね。」

提督 「まぁな…で、本当に使い魔になると?」

ヴィエラ 「はい、其の為に此処まで来たんです。」

提督 「…相変わらずの物好きめ。」

ヴィエラ 「名も無き小悪魔に態々名を与える様な

貴方程では無いですよ?」ニコッ

提督 「言ってくれる…」ニヤッ

ーー

江風 「…あれは一体……」

白鷺 「態々世界線を跨いで逢いに来た物好きと、

名も無き小悪魔に態々名を与える物好きの会話だ。

あれを人は惚気と言うんだ。」

江風 「…成程。」


このSSへの評価

このSSへの応援

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください