2021-05-12 15:20:03 更新

概要

この作品は犯罪者に救いの手 8の続きです ゆっくり見ていってくださいね


前書き

蒼野夜一

【過去に人を何百人も殺めた犯罪者 現在は四季達と仕事して罪を解している】
【過去、天龍遥を佐久間グループから守る為に人を殺めていたが最後の最後で遥に守られ守りきれなかった…】
【体力、剣術、知識が高い万能型的存在(作者は頭悪いですがそこは置いておいてください…)】
【蒼野は死んだのかは不明 佐久間グループ殲滅後謎の人間?らしき者が突如出現し、その謎の人間が出したと思われる謎の空間によって蒼野は裁判所の目の前に居た】
【キレるとかなり危ない】


四季映姫

【幻想郷の閻魔を務める閻魔大王】
【蒼野と一緒に仕事をしている】
【蒼野は犯罪者だが四季映姫は蒼野が行為を持って人を殺してたとは考えられず、四季映姫と共に仕事の手伝いなどをして罪を償う刑にした】


小野塚小町

【四季の部下で亡くなった者の霊を裁判所まで運ぶ死神…だが、よくサボっている】
【よくサボって人里の団子やミスティアの夜雀に居る】


大閻魔

【四季達の上司…だけ(ひどい!)】












数時間後…



マミゾウ 「………。」唖然


美宵 「…うそ……!?」


小町 「マジか…そんなことってありえるかい?」


四季 「………。」( ゚д゚)ポカーン



萃香 「うぅー…ひっく!えへへ〜…こんにゃやつははじめへはぁぁ〜……」///ベロンベロン


蒼野 「…ひっく!んん……さすがに飲み過ぎた 頭がぼーっとする…」///ボー…


蒼野 「……何本飲んだんだ?おれ」///



酒瓶の山 「「」」ズラァ… 何十本も開けた酒瓶が散乱している


蒼野 「…けっこう飲んだな てかここまで飲めたのに驚きだ」///


蒼野 「わるい四季 飲み過ぎるなと言われたのにけっこう飲んじまって」///


四季 「…えっと、自我は保ってるんですか?酔ってはいるものの正常に見えるんですが」


蒼野 「…いや 自我は保ってるが正常じゃない 現に頭が回らない……」///


蒼野 「この状態で佐久間グループに襲われたらやられる…今だけは来ないでほしい」///


四季 「(けっこう回ってるように見えますが…)」


マミゾウ 「…あの呑んべぇを潰すとはすごいのう お前さん人間じゃよな?」


蒼野 「妖怪とかに見えるのか?この世界の妖怪は人間に見えるから見間違えるかもしれないが…」///


マミゾウ 「いやわしは妖怪人間見分けられるからお前さんが人間なことぐらい分かっておる ただ人間が萃香殿と飲み比べして勝つなんて今まで見たことがない」


マミゾウ 「腕だけではなく酒まで強いとは…いやはや恐れ入った 完全に舐めておったよ」


マミゾウ 「お主とは話しが合いそうじゃ …そういえば自己紹介がまだじゃったな」コトッ


マミゾウ 「わしは二ッ岩マミゾウ 化け狸の頭領じゃ お主のことは小鈴や阿求から聞いておる」


蒼野 「っ! 小鈴たちと知り合いだったのか てことはかなり聞かされたり…?」///


マミゾウ 「…二時間ぐらい聞いたよ 耳にタコができるかと思うたわ」ハァ…


蒼野 「…すまん」///


マミゾウ 「別にお主が謝ることはないじゃろ それにお主のことをよく知れたからむしろ好都合だった」


マミゾウ 「閻魔が犯罪者を連れてるなんて話しを聞いた時はどうしてくれようと思っていたからな?しかもこの人里にまで連れてきていたから始末する方向で考えていた」


蒼野 「始末する方向って…おっかないこと言うな あんたは人間嫌いなのか?人里には変装して入ってるって言ってたが」///


マミゾウ 「人間が嫌いだったら人里なんかに入っておらぬよ むしろ人間は好きじゃ」


マミゾウ 「お主が犯罪者という理由で警戒してただけじゃ 変な勘違いはしないでもらいたい」


蒼野 「そうだったか わるい変な勘違いして 人間は嫌いだけど酒が飲みたいから変装して入ってるのかと思ったよ」///


蒼野 「…いや待てよ?酒ならミスティアの屋台とかあるから酒が飲みたいがために人里入るのはおかしいか」///


蒼野 「あーダメだ…思考回路が回らねぇ 完全に飲み過ぎた ここまで飲むことなんてなかったのに…自己管理不足だなぁ」///


マミゾウ 「…ほんとに思考回路回ってないのか?十分過ぎるぐらいに回ってると思うが」


美宵 「(…ここまで強いと少量ぐらいじゃ記憶消せないかも 今回は消せるかもしれないけど…)」チラッ



四季 「蒼野 水を飲んでください 少しでも酔いを覚ましてください」スッ


蒼野 「あぁ わるいな…んっ」///ゴクゴクッ…


美宵 「(閻魔様は一口もお酒に手をつけてないからふたりの記憶を消したところでひとりが消えてないんじゃ意味がない 下手なことはしない方がいいかな)」


美宵 「(…まぁ閻魔様たちがこのことを誰かに言いふらすことは考えられないけど やっぱり心配……)」


蒼野 「…お嬢さん なんか視線を感じるがなにかしようとしてないだろうな?」///


美宵 「ーっ!?」ギクッ!!


蒼野 「酒飲んでからなにかしようとしてるってことは酔っ払った相手になにかするってことだよな 酒に毒は入ってなかったから」///


蒼野 「四季は酒飲んでないからなにかしたとしても無駄だぞ もし記憶を飛ばす系の能力なら四季は飲んでないから飛ばせない…そうなると能力使えないもんな?」///ヒック


美宵 「(バレたっ!!?)」ギクゥッ!!


四季 「蒼野 この方が記憶を飛ばす系の能力使いだとわかったんですか?」


蒼野 「んー…たぶん 酔わせてから使うとしたら記憶かなーと思っただけだ 飲んだ感じ、酒には毒入ってないから」///


蒼野 「酒は思考回路を低下させて記憶力を低下させる その原理を辿れば記憶の可能性が高いわけだ」///


蒼野 「もちろん絶対とは言えないけどなー しかも俺も思考回路が鈍ってるから安直な考え方しかできてないし」///


美宵 「(低下しても当ててるんですが!!?)」


マミゾウ 「はぁー…(こやつすごいのう たったそれだけの情報で答えを見つけるとは…しかもかなり酔ってるのに)」プカー…


小町 「…美宵ちゃん まだ時間平気なのかい?けっこう遅くなっちゃたけど」


美宵 「っえ あっえーと…そうですね そろそろ時間的に閉めた方が良さそうですね 明日も営業があるので」アセアセ


マミゾウ 「そうか それは残念じゃが仕方ないのう それじゃそろそろお開きとしようかのう」


マミゾウ 「今日は招かねざる客と飲むことが出来て楽しかったぞ また飲もうではないか!」


蒼野 「おう!次はお前と酒飲みで勝負してみたいぜ!」///


マミゾウ 「それはやめとこうかのう そこの酒豪が飲み潰れた時点でわしに勝ち目はない」


マミゾウ 「今度そやつよりも強いやつを連れてこよう きっとお前さんといい試合ができるであろう」カタッ


蒼野 「おっ萃香より強いやつがいるのか そいつは楽しみだ!」///


マミゾウ 「行くぞ萃香 お前さんが潰れるなんて珍しいのう?」ヨイショット


萃香 「えへへ〜…ほんろらろら〜」///


マミゾウ 「美宵殿 勘定を」


美宵 「今回は葉っぱで払わないでくださいね 毎回化かして払うんですから」

(¬_¬ )


マミゾウ 「はっはっはっ!今回はせんよ さすがに閻魔の前でそんなことしたら裁かれてしまうからのう!」


四季 「わたしの前じゃなくてもしないようしてください」


マミゾウ 「はいはいわかりましたよー」


蒼野 「お嬢さん俺たちも勘定をたのむ」///


美宵 「はーい」













迷いの竹林



蒼野 「あー…完全に飲みすぎたな ちょっとふらつく」///ザッザッザッ…


四季 「…それ、ふらついてるんですか?普通にあるってるように見えますが」


小町 「私は今回抑えたからそこまで酔ってないけど…夜一 ほんとにあんたお酒強いね」


蒼野 「そうかー?今かなり酔ってるから強いとは言えないと思うけどなー」///


蒼野 「しかも酔ってるからなんか声伸ばしちまうし これで強いというのは無理があるんじゃないかー?」///


小町 「それを自覚してる時点で強いよ…」



…ガサッ


蒼野 「っ!」チャキッ すぐさま刀に手を当てて構える


四季&小町 「「っ!!」」



てゐ 「まて わたしだ 敵じゃない」ガサッ 草陰から姿を現す


蒼野 「なんだてゐか 驚かすな」///スゥ…


四季 「てゐさんなぜこんな時間に?」


てゐ 「お前たちの帰りを待ってたんだ いつまで経っても帰ってこないから」


てゐ 「しかもお前酒臭いな…どっかで飲んできたのか?一応病人なのに」


蒼野 「もう病人じゃねぇよ あの薬使ってから一気に治ったからケガなんてないよー」///


蒼野 「先に帰ってからずっと起きてたのか?てゐは優しいなー 心配してくれてありがとよー!」///ナデナデ


てゐ 「ーっ…」ゾワッ!! 蒼野が不気味なくらいに優しく頭を撫でられて恐ろしがる


てゐ 「(えっな、なんだいきなり?こいつ酔ってるのか?いや酒飲んでる時点で酔ってるか)」


てゐ 「(こいつ酒弱いのか?いやでも さっき様子を見た感じそこまで酔ってる様子はなかった なのに何故、わたしを褒めて撫でてきた!?)」


てゐ 「(なっなにか裏があるのか!?さっき弄りまくったからその仕返しを…!?)」ガタガタ…



小町 「…なんか、ものすごく震えてますね てゐのやつ」


四季 「えっえぇ 酔ってないかと思っていましたが意外に酔ってましたね 蒼野がてゐさんに優しくするなんて」


小町 「その優しさに怯えてますね…」



蒼野 「さてと そろそろ行くか!てゐをもっと撫でてあげたいが時間が時間だしな」///


蒼野 「わるいが案内たのむ 案内し終わったらまた撫でてやるから!」///


てゐ 「いぃいいうさ!!撫でなくていい!むしろ撫でないでくれ!」ガタガタ…


てゐ 「おまえから撫でてもらうなんて何かありそうで怖い!なにを企んでるんだ!?」ブルブル…


蒼野 「んー?なんも企んでないぞー ただなんか無性に撫でたくなっただけだ」///


蒼野 「それともなんだー 撫でるより抱っこの方がよかったか?しょうがないなー」///スゥ…


てゐ 「ちょっやめ!」ビクッ


蒼野 「ほーら!たかいたかーい!」///ヒョイッ


てゐ 「ひゃあぁぁっ!!?」

(丶○□○´)ビックリ


蒼野 「あははー!てゐは軽いなー 見た目がちっちゃいから軽いとは思っていたがまさかここまで軽いとはな」///


蒼野 「よーし!このまま抱きしめちゃうぞー ほらむぎゅー♡」///ギュー


てゐ 「ーっな!!?おぉおま、マジでなにして!?」///アワワワ


蒼野 「あ〜…抱き心地いいねぇ 癒されるぅぅ〜……♡」///ナデナデ


蒼野 「はやく病院に戻りたかったけど少し寄り道ー ちょっとその辺で休もうぜー?」///ザッザッザッ…


てゐ 「その辺って…おまえ、まさか人気のないところに連れてって私を襲う気か!?」///


てゐ 「エロ同人のように、エロ同人のように!」///ドンッ!!


蒼野 「襲わないよー ただ撫でくりまわしたいだけだよー アニマルセラピーだと思って触らせてくれ」///ストンッナデナデ… 木が生えてる部分に腰かけててゐを撫で回す


てゐ 「はわーっ!!?」///



小町 「……べろんべろんだねぇ しかも意外に悪酔い……」


四季 「あっ蒼野 さすがにやり過ぎですよ そこまでにして…」


蒼野 「えーいいじゃん少しくらい 俺だってストレス溜まるんだぞ?」///ナデナデ


蒼野 「ストレス発散できる時にしないといつかは爆発しちゃうんだぞー 毎日仕事ばかりだとどうしても癒しが欲しくなる」///


蒼野 「てゐみたいに小柄で抱きしめたらすっぽり収まるのは最高だよ しばらくこの感覚味わっていたーい」///ギュー


てゐ 「ーっ!!」(//○□○//)パクパク


てゐ 「(ななな、なんでわたし こんなに恥ずかしがってんだ!?ただの酔っ払い+ガキ相手に恥ずかしがるなんて!!)」///アワワワ


てゐ 「(しかも小柄とかちっちゃいとかってバカにされてるのに…なんでこんなに胸が高まる!!)」///ドキドキ


てゐ 「(こいつの中に包まれてると意外にも落ち着くというか暖かいというか…撫でてもらうとうれしいというか……)」///ウトウト…


てゐ 「(あ…だめだ あまりに心地よすぎて眠気が……)」///スゥ…


てゐ 「……すぅ…すぅ………」


小町 「あっ寝た…」


四季 「…心地良かったんですかね 夜遅いというのもありますがすぐに寝てしまうなんて」


蒼野 「〜♪」///ナデナデ


てゐ 「すぅ…すぅ……」








数分後……



蒼野 「〜♪」///ナデナデ


小町 「…夜一 そろそろ戻らないかい?いつまでもここにいると蚊とか虫に刺されるから」


蒼野 「んー…そうだなぁ たしかに刺されちゃうかもしれないな」///


蒼野 「それじゃそろそろ戻るかー 今日はてゐと一緒に寝るかー!」///スクッ


四季 「いやいやさすがにそれはまずいかと 女性と一緒に寝るのはやめてください」


蒼野 「えーダメなのか?なにもしないぜ ただ抱き枕がわりにしたいだけなのに…」///


小町 「(酔っても紳士なところは変わらないんだね…)」


四季 「抱き枕がわりだったとしてもダメです 諦めてください」


蒼野 「ぶー…わかったよ じゃあひとりで寝るよ」///


四季 「おねがいします」













朝ー永遠亭 蒼野の病室



蒼野 「うー…頭痛い 完全に二日酔いだ……」ズキズキ…


妖夢 「病院抜け出してお酒飲んでるからですよ…しかも萃香さんと飲み比べして勝ったなんて化け物ですか?」


蒼野 「だれが化け物だ…いてて」ズキズキ



四季 「すぅ…すぅ……」ソファに寝っ転がって寝てる


小町 「かー…かー……」同じくソファに座って四季に膝枕させながら寝てる


てゐ 「すやすや…」隣のベッドで寝かされている



妖夢 「…なんでてゐさんが隣のベッドで寝てるんですか?」


蒼野 「っえ あー…うん まぁいろいろあった それだけで理解してくれ」←覚えてる


妖夢 「それだけじゃ全然理解できませんよ…」


蒼野 「…まぁ そうだよな(言えるわけがねぇ てゐを抱きしめて撫で回してたなんて)」


妖夢 「しかしお酒の臭いかなりキツイですね 歯磨きしたとはいえ、これは絶対バレますね」


蒼野 「あはは…怒られること間違いなしだな」


妖夢 「笑い事じゃないですよ…あなたはまだ一応病人なんですから無理しちゃいけません!」


妖夢 「お酒なんて体に毒なんですから病人が飲んでいいものではありません 飲むなら少量で健康体のときに飲んでください」


蒼野 「はい…気をつけます」


妖夢 「よろしいです!」


妖夢 「…それと夜一さん ちょっと聞いてもいいでしょうか?」


蒼野 「んっなんだ?」


妖夢 「夜一さんは過去も今も刀を振り続けていますよね?しかも自己流でと聞きました」


妖夢 「以前屋台であなたに刀を向けたときの反応からして腕は確かなものだと判断しました もしお時間があれば手合わせを願いたいです」


蒼野 「…今か?」


妖夢 「あぁいえ!今ではありません 暇ができた時だけで構いません」


妖夢 「あっもちろん真剣ではやりません こちらで木刀を用意しますのでそれでお願いします」


蒼野 「木刀でならいいよ 俺も大閻魔以外と手合わせしたかったからちょうどよかった」


蒼野 「時間があえばやりたいんだが…フランの家庭教師をすることになったから時間があるかどうか……」ウーン


妖夢 「っえ フランさんの?なんでまた」


蒼野 「かくかくしかじかでな…(省略)」


妖夢 「なるほど 佐久間グループの壊滅に協力する代わりですか」


妖夢 「……なら私も加わることは出来るでしょうか?それで手合わせする時間を作ってもらえれば…」


蒼野 「わるいがそれは俺から拒否させてもらう レミリア達にだって協力してもらいたくなかったのにこれ以上誰かを巻き込むことはしたくない」


蒼野 「それにお前だって自分の仕事があるだろ 仕事をほったらかしにして佐久間グループの殲滅に専念するわけにはいかないだろ?」


妖夢 「それはわかっています なので私は第二部隊として加わりたいです」


蒼野 「…第二部隊?」


妖夢 「要するに補助みたいなものです メインはレミリアさんたちでサブはわたし、レミリアさん達だけでは足りないと思ったときに私を呼んでもらえれば、そのときだけ行きます」


妖夢 「毎回行くわけではないので私の仕事も疎かになることはありません あまり手伝えないかと思いますが…どうでしょう?」


蒼野 「……だとしてもだ たしかに手合わせはしたいがそれでお前を入れることはできない いくら補助としてでも巻き込んでることには違いない」


妖夢 「ならなんでレミリアさんたちは許可したんですか 理由が理由で許可したと仰いましたが許可したのなら私も許可してもらいたいです」


妖夢 「それとも私が弱いと見えますか?幼い見た目で背丈に似合わない刀を腰掛けているのを見て役に立たないと思いますか」


蒼野 「だれもそんなこと言ってないだろ 俺も前回お前が刀を抜いたときの動作を見て素人だとは思ってない」


蒼野 「あれだけの速さで振れれば上等だ 弱そうだなんて微塵の欠片も思ってないから変に誤解するのはやめてくれ」


妖夢 「…すみません早とちりしました 少々頭に血が昇り変なことを…」


蒼野 「別に怒ってねぇよ むしろ剣士ならそのくらいの勢いでいい 舐められたと思ったら舐め返してやれ」


蒼野 「…まぁそれで勘違いされたら困るけどな 俺も勘違いさせるようなことを言って悪い」


妖夢 「あぁいや!別に夜一さんのせいではないですよ わたしが勝手に勘違いしただけで…」アタフタ


蒼野 「じゃあお互い様ということで話を終わらせよう それでいいか?」


妖夢 「はい 構いません」


妖夢 「…ですが、わたしも佐久間グループを殲滅するメンバーに入れてほしい話はまだ終わってません どうか許可してもらえないでしょうか?」


妖夢 「あなたには恩があります 私の主、西行寺幽々子様を助けていただいた恩がありますので協力させて欲しいんです!」


蒼野 「恩はもう返してもらっただろ ケガしてる間、世話してくれたんだ それでおあいこだ」


妖夢 「あれだけでは物足りません あなたは命を懸けて幽々子様を封印してた者たちを倒しました 救って下さった結果、あなたは両腕切断されてしまったんです」


妖夢 「その恩が介護ぽっちで返したとは言いません むしろ当たり前のことをしただけです」


妖夢 「なのでお願いします 私にも手伝わせてください!」


蒼野 「………」


妖夢 「…だめでしょうか?」


蒼野 「…ならいくつか守って欲しいことがある(だめだ この子は真面目すぎる 断ったところで聞かないな)」


蒼野 「命を懸けてまで戦おうとはするな お前が死んだら俺は責任取れない それだけは絶対にするな(だけど真面目なほど言うことは聞く ちゃんとした理由なら守るだろ)」


妖夢 「…ですが」


蒼野 「異論は聞かん いやなら許可しない」


妖夢 「……わかりました では無理せずに参加させていただきます」


妖夢 「そのかわり手合わせの時間をお願いします 毎日とは言いませんがこまめに願いたいです」


蒼野 「おう!俺もしたいから時間は作る 安心してくれ」


妖夢 「ありがとうございます!」



ガララッ…


鈴仙 「回診の時間でーす 容態はどうでーってお酒くさ!!」(`○□○´)


鈴仙 「え、なにこれものすごくお酒くさいんだけどこの部屋!?まさかお酒飲んだの!?」


蒼野 「おう看護婦さん えーっとだな…そのことなんだが」


鈴仙 「小町さんですね!まったくこの死神はなにを考えてるの!」ハァー


蒼野 「…っえ?いや看護婦さん たしかに小町も飲んだが…」


鈴仙 「はぁー…師匠にバレるまでに臭い取っておかないとわたしが怒られる すみませんが少し換気しますね」タッタッタッ…カパッ 蒼野のベッドが置かれてる近くにある窓を開けて換気する


蒼野 「…あの、看護婦さん?話聞いてるか?」


鈴仙 「なんですか……っん?」スンスンッ


鈴仙 「(あれ?お酒の臭いが強くなったような…夜一さんの方から?)」


鈴仙 「(あれ 夜一さんってお酒飲んだっけ?たしか未成年だから飲まないとかって言ってたような……)」スンスンッスンスンッ…


蒼野 「…あの、看護婦さん?顔近いんだが……(でかい胸も近い…)」///


鈴仙 「あっすみません」スゥ…


鈴仙 「…夜一さん つかぬ事を聞きますが、あなたお酒飲みましたっけ?」


蒼野 「…あぁ、昨日病院抜け出して飲んだ 萃香と飲み比べしてかなりな」


鈴仙 「…っえ あの鬼と……?」


鈴仙 「(ちょっと待って あの鬼と飲んだって…うそでしょ?あの飲んだくれと飲んでなにも症状ないの?)」


鈴仙 「(急性アルコール中毒どころか二日酔いの様子が見えない…あの鬼と飲んだら絶対なると思うんだけど)」ウーン…


蒼野 「…? どうした?看護婦さん さっきから俺の顔みて悩んでるが」


鈴仙 「…えっと、頭痛くないですか?」


蒼野 「軽くな そこまで痛いわけじゃないが…」


鈴仙 「……かるく、ですか?」


蒼野 「あぁ」


鈴仙 「………全然飲んでないんですか?」


蒼野 「いやかなり飲んだよ 酒瓶何本開けたかわからないくらい」


鈴仙 「そんなに飲んでかるく痛いだけですか!?」


妖夢 「みたいですよ しかもあの萃香さんに飲み比べで勝ったみたいです」


鈴仙 「えぇーっ!!?じょうだんでしょ!?あの呑んべぇに勝ったんですか!?」


蒼野 「ギリギリにな けっこう危なかったよ…」


鈴仙 「………」( ゚д゚)



ガララッ…


永琳 「ちょっとうるさいわよ?なに騒いでるの」


鈴仙 「しっ師匠!!」


蒼野 「あっまずい…」タラー…


永琳 「なんかお酒のような話ししてたみたいだけ……ど」スンスンッ


永琳 「……お酒の臭いがするわね なんでお酒の臭いがするのかしら?」ギロッ


蒼野 「あーえっと、そのー…」


永琳 「……はぁ まだ退院許可出してないんだから勝手なことはしないでちょうだい」


永琳 「ケガは完全に治ってるから今回は許すわ …次はないようにしなさい?」


蒼野 「はい すみません…」


永琳 「まったく ほんとはここからじゃないんだけど…まぁいいわ ここから診察してあげるわ」


永琳 「うどんげ 診察の準備を」


鈴仙 「はい!」











永琳 「…」ピトッ…ピトッ 蒼野の胸板部分に聴診器を当てて心音を確かめている


鈴仙 「(あいかわらずすごい傷…見慣れてるとはいえ、やっぱり見てると痛々しい……)」


蒼野 「…どうですか?先生 異常の方は」


永琳 「…とくに問題なしね 少し早いような気がするけど、多分これは二日酔いのせいね」スゥ…


永琳 「摂取量聞いた時は馬鹿じゃないかと思ってたけど、二日酔いだけで済んだのならまだ!なにも言わないわ」


永琳 「お酒飲んで死ぬことはないようにしなさいよ いいわね」


蒼野 「えぇ ちゃんと気をつけます」


永琳 「…よし 状態は正常 退院許可を出すわ」


永琳 「うどんげ 閻魔様たちを起こして 帰り支度をさせて」


鈴仙 「はい わかりました」


蒼野 「あっもう少し寝かせてあげてくれませんか?夜帰ってくるのかなり遅かったんで」


永琳 「構わないわ それじゃもう少しここに居ていいわ」


永琳 「うどんげ次行くわよ 順番変わったけど今から順番通り行くわ」スクッ


鈴仙 「はい!」


永琳 「それじゃふたりが起きたら私かうどんげのところに知らせに来てちょうだい そしたら退院していいわ」


蒼野 「わかりました」


鈴仙 「それでは失礼します」



ガララっ…ピシャッ


蒼野 「…さてと ふたりが起きるまで庭で体動かすか」


蒼野 「あとでてゐに謝っとかねぇとな…いやあえて覚えてないフリした方がいいか?変にあやまると今後、顔合わせたとき気まずくなるかも……」


蒼野 「…どうするか」ウーン…



キャアァァァァッ!!!!!!



蒼野 「ーっ!? なんだ今の声!今の声は…看護婦の声か?」


蒼野 「まさか佐久間グループの襲撃か!?急いでいかねぇと!」カチャカチャッ…スッ!! すぐにベッドの下に置いてある刀を拾い上げて腰につける


タッタッタッ!!…








通路ー入院患者個室通路



鈴仙 「ーっ!!」ガクガクブルブル… 永琳の後ろに隠れて避難している


永琳 「久しぶりね 遊びに来たのかしら?」


依姫 「はい!久々に八意様にお会いしたく参りました!」


豊姫 「お久しぶりです八意様 元気そうでなによりです」


永琳 「あなたたちも元気そうでなによりだわ」


鈴仙 「(なっなんで依姫様と豊姫様が来てるの!!?しかもよりにもよって私が薬売りに行ってないときに!!)」ガタガタ…


鈴仙 「(師匠じゃ助けてくれないし…どっどうしよう!!)」プルプル…


依姫 「…鈴仙 あなたは挨拶もなしですか?仮にも元上司ですよ」ギロッ


鈴仙 「ひぃっ!!すっすみません!おぉおはようございます!!」アワワワ


豊姫 「こらこら依姫 そんな睨みつけたらかわいそうでしょ?もっと笑顔えがお!」ニコッ


依姫 「お姉様…あなたは緩みすぎです

まして八意様の前でそんな」



蒼野 「鈴仙だいじょうぶか!!」タッタッタッ!!…


鈴仙 「っ! よっ夜一さん!」ダッ!!


蒼野 「…えっちょ!?」ガシッ!!サッ 背後に鈴仙が回り込み怯えながら隠れる


鈴仙 「ーっ…」ガタガタ…



永琳 「あらー わたしじゃ不安だったのかしら?それはそれでイラつくわね」ピクッ


依姫 「…八意様 この方は?」


永琳 「この人?この人はね…」


蒼野 「…おいアンタら 鈴仙になにをした?」ジロッ


蒼野 「見た感じ先生と知り合いみたいだが…返答次第では刀を抜くぞ」チャキッ


鈴仙 「ーっちょ!?よっ夜一さんそれはダメ…」



ドスゥッ!!!!


蒼野&鈴仙 「「ーっ!!?」」床から刀が突き出て蒼野たちを囲う



依姫 「…良い度胸ですね ただの人間がこの私に刀を抜くなんて」ググッ… 【衹園様の力】を使い床に刀を刺して蒼野たちの動きを束縛する


依姫 「見た感じ只者ではないようですね その眼光、構えでわかります」



蒼野 「ーっ…」ゴク…


蒼野 「(うっうそだろ…?あの人、いつ刀を抜いた?まったく見えなかった……)」


蒼野 「(それになんだこの床から出てきた刀は!危うく刺さりかけたぞ なにか変な気も感じるし、動いたら確実にまずい!!)」タラー…


蒼野 「(だが鈴仙を放っておくわけにはいかない 敵…かはわからないが怯えてる女を見捨てられるか!)」ギロッ!!


依姫 「っ! …これは予想外 まさか私の威嚇で臆さないなんて」


依姫 「少々見くびっていたようです しかもそこから動かないで警戒する辺り、動いたらまずいことも予測しているようですね」


蒼野 「………」ジリッ…


鈴仙 「…夜一さん……」


蒼野 「…安心しろ なにがあっても守ってやるから心配するな」


鈴仙 「…っえ」ドキッ



豊姫 「依姫 さすがにやりすぎじゃないかしら?しかもただの人間にそこまでするなんて」


依姫 「あれがただの人間に見えますか?私の威嚇にも臆さず睨み返してるんですよ」


依姫 「あの博麗の巫女より確実に力のない人間が震えることなく立っているんです これをただの人間とは言えません」


永琳 「…えっと、依姫 あの人は……」



妖夢 「なっなんですか先程の叫びは!?お花を積みに行ってる時に聞こえましたが!」タッタッタッ!!


四季 「蒼野大丈夫ですか!」


小町 「なんだなんだ 敵だって言うなら容赦しないよ!」スチャッ どこからともなく大鎌を取り出して戦闘態勢に入る


てゐ 「なにかおもしろそうな予感!!」



依姫 「…じっ地獄の閻魔様?なぜ閻魔様がここに」唖然


豊姫 「しかも白玉楼の庭師まで…なんでここにいるの?」


永琳 「そこの人が閻魔様の使いだからよ」ハァー…


依姫 「ーっえ えっ閻魔様の使いですか!?人間がっ!!?」


永琳 「えぇ だから早く刀をしまいなさい 無礼よ」


依姫 「はっはい!」スポッ



蒼野 「っ!」シュンッ… 蒼野たちを囲っていた刀が引っ込み自由になる


鈴仙 「…刀が、なくなった……」ペタンッ 安心したと同時に力が抜けて手を床につける


蒼野 「おっおい!だいじょうぶか?」


鈴仙 「はっはい…だいじょうぶです 少し力が抜けてしまって……」カタカタ…


蒼野 「…そうか 無理はするなよ」ピトッ 床についてる鈴仙の手に自分の手を当てて安心させる


鈴仙 「っ! …はい」///カァァ…



永琳 「ごめんなさい 私の元弟子たちが迷惑かけて」


蒼野 「…先生、その方たちは?」スクッ


永琳 「わたしが月に住んでたときに雇ってた弟子よ ふたりとも挨拶しなさい」


依姫 「はっはい!」ビクッ


依姫 「私は綿月依姫 月の都を管理する使者です」


豊姫 「わたしは綿月依姫 同じく月の都を管理する使者よ」


蒼野 「俺は蒼野夜一 先生から聞いた通り、閻魔の手伝いをしてる………」


蒼野 「……人間だ」


小町 「っ!」


四季 「(…殺人鬼であることを隠した?なんでまた)」



依姫 「すみませんでした!閻魔様の使いだとは知らず、とんだご無礼を!」バッ!!


蒼野 「あぁいや!俺もいきなりけんか腰でいったのもわるい だから頭を上げてくれ(この人確実に強いな 俺が殺人鬼だと明かすのはやめといた方がいいな…下手したら殺される)」


依姫 「はい!」スゥ…


蒼野 「…えーっと ちょっと聞いてもいいかな?」


依姫 「はい なんなりと」


蒼野 「……その前に、たしかに俺は閻魔の手伝いをしてるがそこまで身分高いわけじゃないから普通に話してくれないか?話しずらいんだが…」


依姫 「…そうなんですか?わかりました ではすみませんが普通に話させてもらいます」


蒼野 「たのむよ それで鈴仙のことなんだが…」


依姫 「私たちの元部下です」


蒼野 「……っえ 部下?」


依姫 「はい」


豊姫 「でも逃げちゃったのよ 私たちが厳しくしすぎたせいで……」


蒼野 「…そうなのか?」


鈴仙 「っえ え、えっと…その……」チラッ



依姫 「! ………」スゥ… 鈴仙の視線に気づくと目をつぶり話して良いと許しを与える


鈴仙 「っ! ……はっはい」


蒼野 「…そうか だから怯えてたのか それじゃ敵じゃないんだな」


鈴仙 「はい 敵ではありません」


蒼野 「……すまん 俺の早とちりした 鈴仙が怯えてたからてっきり敵だと思った」


蒼野 「しかも刀を抜こうとしてお前たちに傷つけようともした ほんとにすまない」スゥ… 頭を九十度下げて深々と謝罪する



依姫 「いえ、あなたが謝ることはありません あなたは抜かずに構えていただけじゃありませんか」


依姫 「それに対して私は刀を抜いて完全に敵視していました 申しわけありません」スゥ…


蒼野 「それじゃおあいこということで話を流そう あと頭は下げないでくれ あんまり女に頭下げられるのは好きじゃないんだ」


依姫 「そうなんですか?それはまた変わった方ですね」


蒼野 「っえ 変わってるのか…?」ピクッ


豊姫 「んー…謝るときはふつう頭を下げるからそれを嫌だという方はあまりいないわね」


永琳 「たしかにそうそういないわね 謝られるのが好きじゃない人って」


蒼野 「(…おれ、変わってるのか?いやまぁ殺人鬼だから異常者だということには違いないが……)」


四季 「…蒼野 そんな深く考えなくてもよいかと 考えるだけ無駄ですよ」


蒼野 「…そうか?」


四季 「えぇ 他の方がおかしいと言ってもあなたにとってはおかしくないと思うなら考えても意味がありません」


四季 「それと体の方はどうですか?見た感じ大丈夫そうですが」


蒼野 「昨日の酒が残ってる以外は平気かな 軽く二日酔いだ…」ハァ…


小町 「…全然痛がってるようには見えないけど」


蒼野 「そんな顔に出すわけないだろ 顔に出さないようガマンしてるよ」


妖夢 「我慢してることは言っちゃうんですか…」


てゐ 「…?」ピクッ



鈴仙 「っ…」///カァァ…


鈴仙 「(夜一さんの手、すごく暖かかった…震えてた手が一瞬で止まった)」///


鈴仙 「(依姫様相手に私を守ってくれるなんて…しかも威嚇されても動じず 真っ向から立ち向かおうとするなんて凄いよ)」///


鈴仙 「(夜一さんだって威嚇だけでどのくらい強いのかわかってたはずなのに…それでも私を守ろうとして……)」///ドキドキ…


てゐ 「…おやおやー?鈴仙なんか顔が赤いねー どうしたのかなぁ?」


てゐ 「まさか守られて惚れちゃったのかなー?」(・∀・)ニヤニヤ


鈴仙 「ーっえ!?いぃいやいやそんなわけないじゃない!!ただ守ってもらえただけで惚れるなんて 私そんな甘くないわよ!!」///アタフタ


鈴仙 「それに夜一さんは閻魔様の使いよ?恋愛どころか好きになること自体ダメなんだから好きになるわけないじゃない!」///アセアセ


てゐ 「じゃあ一人の男としてなら惚れてたのか?」


鈴仙 「……っえ」///ドキッ


蒼野 「おいてゐ お前またふざけてるなら血抜きして鍋にするぞ」


てゐ 「やめろ」


鈴仙 「(…ひとりの、男としてなら……か)」///カァァ…


永琳 「(あらー?これはもしかして)」ニヤニヤ


依姫 「…あの、八意様?なにかものすごく嫌な予感がするんですが…」


永琳 「…ねぇ依姫 ちょっと能力使わないで蒼野と戦ってみなさいよ!」


依姫&蒼野 「「……っえ」」


豊姫 「あら?おもしろそうじゃない ちょっとやってみて!」


依姫 「ちょっお姉様まで!さすがに能力なしでも人間相手にそれは…」


蒼野 「…俺もいいです 負けが見えてます」


全員 「「……っえ」」


依姫 「…なに?」ピクッ


小町 「…よっ夜一 今なんて?」


蒼野 「いや負けが見えてるからいいって言ったんだよ あの実力を見て勝ち筋が見えない」


蒼野 「これが佐久間グループの一員ならやるけど無理にやることもないしな それに相手もやる気じゃないみたいだし」


依姫 「では私がしたいと言えば相手してくれるんですか?」


蒼野 「えっ?あっあぁ それなら構わないけど…」


依姫 「では中庭に行きましょう 八億様、倉庫にしまってある木刀をお借りします」タッタッタッ…


永琳 「えぇ 構わないわ」


豊姫 「あらあら これはおもしろくなりそうね!」


蒼野 「…なんでいきなりやる気になったんだろ?最初はやる気じゃなかったのに」


鈴仙 「…夜一さんが負けが見えてると言ったからじゃないですかね」


鈴仙 「依姫さんはかなりプライドが高く、超がつくほど真面目なので戦う前から負けるのが見えてるなんて言われたら…」


永琳 「怒るわね あの子なら」


蒼野 「えぇ…それだけで?」


四季 「…蒼野 やるからには勝ちなさい いいですね?」


蒼野 「なっなんだよ四季まで まぁやるからには勝つ気ではいくけど」


小町 「がんばりなよ!勝ったらお昼ご飯奢るから!」


蒼野 「いやいいから…はぁ なんかやる気出ねぇな」


妖夢 「これはまたもないチャンス…夜一さん頑張ってくださいね!わたし、ふたりの剣さばきを見たいのでできる限り見せてください!!」

(*'∇'*)ワクワク


蒼野 「無茶ぶり言ってくるな…なるべく見せてやるよ」


妖夢 「わーい!」o(^▽^)o


てゐ 「………」ジー


蒼野 「…? なんだてゐ 俺のこと見てるようだが」


てゐ 「…いや なんでもないうさ(昨日のことは覚えてないようだな)」


てゐ 「(よかった もし覚えてたらどうしようかと思ったが…覚えてないならやる必要ないな)」


蒼野 「(て思ってるんだろうな…変な素振り見せなくて正解だった あぶないあぶない)」


永琳 「それじゃ私たちも中庭に行きましょう 依姫のことだから木刀二刀持ってくるはずよ」


蒼野 「そうですか わかりました」








永遠亭ー中庭



依姫 「それでは始めましょう 準備はいいですか?」ヒュンッ


蒼野 「あぁ 構わないよ」スチャッ お互い木刀を構えて戦闘態勢に入る



豊姫 「がんばれー!そこのお兄さん!」


小町 「…妹応援しないの?」


妖夢 「は〜っ!!ふたりの剣さばきが見れます〜!!」

:*・'(*°∇°*)'・*:


鈴仙 「まっ負けないでくださいね夜一さん!」


四季 「………」


てゐ 「…閻魔様はどっちか勝つと思う?」


四季 「実力なら完全に依姫さんが勝っています 蒼野があの方に勝てるとは思っていません」キッパリ


てゐ 「おっおぉ…そうか さっきと言ってることがちがうが……」


四季 「実力だけで考えたらです ですが蒼野は実力だけではありません」


四季 「実力以外の力も発揮すれば…もしかしたらっね?」クスッ


てゐ 「…なるほどね」



永琳 「…ふたりとも準備はいいわね?」


依姫 「はい だいじょうぶです」


蒼野 「俺もへいきです」


永琳 「それでは一本勝負で勝敗を決めるわ 構え!」


蒼野&依姫 「「………」」


永琳 「…はじめ!!」



蒼野 「…」スゥ… 木刀を鞘にしまうよう腰にかけ居合い構えをする


依姫 「っ!」



妖夢 「いきなり居合い構え……」


四季 「いきなり出しますか 早いですね」


小町 「まぁ相手が相手なんで仕方ないですよ 手抜いてたら確実に負けますし」


鈴仙 「………」ドキドキ…


てゐ 「…」


豊姫 「〜♪」



依姫 「(…いきなり居合い構えですか 一体なにをする気で…)」


蒼野 「…壱ノ太刀」スゥ…


依姫 「ーっ!!」ゾクッ!!


蒼野 「瞬殺 かまいたち!!」シュンっ!!


依姫 「(はやっ!?だが!!)」スゥ…


依姫 「ふんっ!!」ガッ!! 木刀を力強く握り、蒼野の攻撃を防ぐ


蒼野 「ーっち!やっぱり防がれたか スピードには自信あったんだが」ザッ


蒼野 「ならこれならどうだ!」スゥ… 刀を突き出して突き構えをする


蒼野 「弐ノ太刀 貫通 通刀斬!!」シュンっ!!


依姫 「(次は直進…だがこれも)」スゥ…


依姫 「受け流します」ガッ!!グイッ 突きつけられた木刀に自分の木刀を当て横に流す


蒼野 「ーっと!受け流したか やっぱりダメか」ザーッ!!スチャッ


蒼野 「(スピードがあるやつはダメか となると攻撃型の方がいいか?目で追いつかれるなら力で押せば!)」スチャッ


依姫 「いつまでもあなたの番だと思わないことですね 行きますよ!」ダンッ!!


蒼野 「っ!(はやい!!)」スゥ…


依姫 「はっは!!やぁーっ!!」ガッガッガンガン!!!!


蒼野 「ーっ…」ガンガンっ!!ガガ!! 依姫の攻撃を防いで次の攻撃を伺っている



妖夢 「……すっすごい 防いだ依姫さんも凄いですが夜一さんの剣さばきもすごいです!!」


鈴仙 「なっなにあの速さ…私の目でも追いつけなかった 一瞬にして依姫様の背後に回って……」


てゐ 「…現物を見せられるとすごいな まぁ化け物じみた技はまだ他にもあるが」


豊姫 「…ただの人間があんなにも早く動けるなんて これは驚きね」


四季 「………」


小町 「いけー!やっちまえーっ!!」



依姫 「はぁーっ!!」ヒュンヒュンッ!!!!


蒼野 「ーっと」シュンシュン…スタッ 依姫の攻撃を避けて後ろに下がる


依姫 「逃がしませんよ!」ザッ!! 後退した蒼野を追いかけ突っ込んで…


蒼野 「…肆ノ太刀」スゥ… 右上上段構えをする


依姫 「っ!(右上上段構え…これは一体)」スチャッ 刀を前に突き出してどんな体勢でも対応できるよう…


蒼野 「…刀崩し!!」ヒュンッ!!


依姫 「(刀崩し!?まずいっ!!)」スゥッ!! 身体を後ろに傾けさせ木刀を蒼野から離らかせる



コッ!!!! 蒼野の木刀が依姫の木刀にかする


蒼野 「(かすったか…さすが早いな 一瞬にして後ろに下がるなんて)」ザッ すかさず後方に飛び距離をとる


蒼野 「(なら次は…)」スチャッ 刀を片手で右下に構える


依姫 「(? なんでしょうあの構え…見たことがない構えですね 下段構えでもない…これは?)」


蒼野 「…花ノ太刀 開花 睡蓮花」フヨォ…



っ…


依姫 「ーっ!?」バッ!! 背後からなにかの気配を感じ取りすぐ確認する


依姫 「(なっなにもいない?けどなにか気配が……)」


っ…


依姫 「(またっ!?)」バッ!! また背後から気配を感じ取り確認するがなにもいない…


依姫 「(…っ! あの人間はどこへ……)」



蒼野 「…」スゥ…スチャッ 気配を完全に殺して依姫の背後を取る


依姫 「ーっな!!?(いつの間…)」


蒼野 「オラァ!!」シュンッ!!


依姫 「ーっく!(間に合うか!?)」グルッ!!


ガンッ!!!! 依姫は一瞬にして蒼野の方を向き攻撃を防ぐ


蒼野 「っ!」


依姫 「ーっ…間に合いました 今のはかなり危なかったです!」ガッ!!


蒼野 「ーっと …マジか 今のも防がれるか」ザザッ…スチャッ


蒼野 「(完全に気配を【分散】したはずなんだが…なぜ気づいた?剣術の達人なほど気配に敏感で完全に無にすればわからないはず)」


蒼野 「(…気配なくとも感じ取る程の実力持ちか ほんとに厄介だ)」



豊姫 「…どうしたのかしら依姫 敵を目の前にしていきなり後ろを向くなんて」


鈴仙 「しかも夜一さんも普通に後ろへ回って背後取ってましたよね もしかして手を抜いてる…?」


小町 「にしては焦りすぎのように見えるけどね あの驚いたような顔をして手を抜いてるとは考えにくいけど」


四季 「………」


てゐ 「(…あいつ、なにをしたんだ?)」



依姫 「…あなた 一体何をしたんですか?」


依姫 「あなたが技名を言葉にした瞬間 背後からなにか気配を感じとりました」


依姫 「気になり振り向きましたがなにもいませんでした しかもそれが二度もありました」


依姫 「花ノ太刀 開花 睡蓮花と申してましたね その技は一体どのような技で?」


蒼野 「…気配を分散させる技だ 自分の気配を相手の背後に移して欺くものだ」


依姫 「…気配を、分散させる?」


蒼野 「あぁ 生きてるものはみんな気を放ってるだろ?視線や殺気も一緒だ 剣術の達人や勘が鋭いやつなんかはその気にすぐ反応する」


蒼野 「忍びや暗殺者などはこの気を殺して活動するが俺の場合はその気を殺すんじゃなく、相手の背後に移すことができるんだ」


依姫 「ーっな!?そんなことが、できるんですか!?自分の気を相手の背後に移すなんて!!」


蒼野 「もちろん簡単じゃないけどな しかも何回も使えば気配で追うのをやめて姿形で見られるから一発勝負に近い技だ」


蒼野 「気配を移すだけであって相手が後ろを向いた瞬間に前へ向かせるようにまた気配を移して背後に回る ほんと単純な技なんだ」


蒼野 「でもお前はすぐ反応できたよな まさか防がれるとは思ってなかった 肉眼でも気配でも感じ取れないはずなのにすぐ気づいて俺の攻撃を防いだ…あっぱれだよ」


依姫 「っ…」唖然



妖夢 「そっそんなことできるんですか!?気配を操るなんて…普通の方ではありえません!!」


小町 「すごいねぇ まさか夜一がそんなことできるなんて」


鈴仙 「でも依姫様もすごいです 気配を消されていたにもかかわらず見抜くなんて…」


てゐ 「(…今度からあいつ怒らせるのやめとこ)」



蒼野 「それじゃ次の技行くぜ?最初が一緒だからって油断するなよ」スチャッ 再び右下に刀を構える


依姫 「(また右下に構えた!また同じような技を?)」スチャッ


蒼野 「…花ノ太刀 開花 月下美人」ユラァ…



ザッ… 蒼野の姿が歪むようにその場から姿を消す


依姫 「ーっな!?消えた!?一体どこに!!」キョロキョロ


依姫 「(また気配を消す技ですか!今目の前にいたのに見えなくなった!)」


依姫 「(背後は取られてない 目の前にもいない 横にもいない…となるとどこに!)」



…ユラァ……


蒼野 「…」スチャッ 気配を完全に殺して依姫の頭上から木刀を構えて突き降ろそうと…


依姫 「(っ! 頭上に影が…上か!!)」スチャッ


蒼野 「っ!」


依姫 「はぁっ!!」ヒュンッ!! 頭上に刀を突きつけて攻撃する


蒼野 「ーっと」ガッ!!…ザザッ 依姫の攻撃を木刀で弾いて横に身を投げ着地する


依姫 「…今度は完全に気配を消す技ですか 目の前でいなくなったように見えましたが…あれも気配を消して消えたんですか?」


蒼野 「ご名答 今度は完全に気配を消したことによって俺の姿を捉えることができなかったんだ」


蒼野 「俺が消えた瞬間、お前の真上にジャンプしてたんだが気づいてなかったよな 頭上で身構えたときに影に気づいてバレたが」


蒼野 「…ならこれならどうかな?今度の技は真刀でしか出来ないんだが花ノ太刀で最強の技だ!」スゥ…スチャッ 再び右下に木刀を構える


依姫 「(最強の技…先程二つの技もなかなかのものでしたがそれ以上に強い技があるんですか)」


依姫 「(この方の攻撃を食らってばかりでそろそろこちらからしかけたいですが…この方の技も気になる)」


依姫 「(ただの人間がここまで強いとは驚きを隠せません しかも能力もなにも使っていないのにこの強さ…どれほどの鍛錬を積んでいればここまで強くなれるのか……)」


依姫 「(…おもしろい この人間、もう少し様子を伺って見ていたい!知られざる技を見るのも修行のひとつ)」


依姫 「(あなたの実力 拝見させて頂きます!!)」スチャッ 刀を上段構えにして警戒態勢に入る



永琳 「っ!(上段構え…依姫 警戒態勢に入ったの?)」


永琳 「(ただの人間とか言ってたくせに警戒するなんて…まぁでも 警戒したい気持ちもわかるけどね)」


永琳 「(見慣れない構えに人間とは思えない瞬発力、さらに気配を消したり相手に移すなんてできるわけないものね)」


永琳 「(私も見させてもらうわよ 蒼野)」



蒼野 「……いくぜ」スゥ… 軽く息を吸って目をつぶる


依姫 「(…っえ 目をつぶった?敵がいる目の前でつぶるなんで……一体なにを)」


蒼野 「…花ノ太刀 開花 彼岸花」タンッ…


依姫 「ーっっ!!!!」ゾクッ!!スチャッ 蒼野が動き始めると同時に死を感じるような殺意を感じ取りすぐさま上にあげていた木刀を下ろし防御耐性にはい…



ガツンッ!!!!!! 腹部辺りを狙っていた蒼野の攻撃はすぐさま防御耐性に入った依姫の木刀で防がれる


依姫 「っ…!!(おもっ…!!)」ジーン… 蒼野の攻撃を防いだがあまりにも重すぎて手が痺れる


蒼野 「っ…マジか 今のも防ぐか……」ジーン… 瞬殺かまいたち同様、切り込んだと同時に依姫の背後に周り 同じく攻撃を防がれたことによって手が痺れている


蒼野 「けっこう本気出したんだけどな…彼岸花を防がれるとは思ってなかった」スチャッ


依姫 「…今の攻撃、一刀両断するものですか しかもものすごい殺意を出してましたね」


依姫 「先ほどふたつの技と違って気配を隠さないようですね 少しでも遅れていればやられてました」


蒼野 「俺的にはやられてくれれば良かったんだが…と思ってる反面、防いでくれてよかったと思ってるよ」


蒼野 「今の技はさっきも言ったように真刀じゃないとできない 胴体をぶった切って血しぶきをあげさせる…血がしぶき上がる姿はまさに彼岸花」


蒼野 「木刀じゃ切れないが本気で入れば痛いのは確実 ましてあんたは女だから傷つけさせたくないと思ってたんだ」


蒼野 「力を抜けば怒られるのはわかってたし、あんたは強いから手加減すれば俺は負ける」


蒼野 「防いでくれてありがとよ ちょっと安心したよ」


依姫 「……なんか、複雑ですね 攻撃を防いでお礼を言われるなんて」


蒼野 「たしかにな!」



妖夢 「(睡蓮花、月下美人、彼岸花……すごいです あのような技、今まで見たことありません)」


妖夢 「(その前に見たかまいたちも通刀斬も異常な速さで驚かされた…半妖半人である私でもあの速度を出すことは出来ない)」


妖夢 「(まだ他にも技はあるんでしょうか?もっと見たい もっと観察したい!)」



蒼野 「そろそろそっちから仕掛けてきてもいいんじゃないか?さっきから俺の攻撃防いでばっかだが」


蒼野 「プライドが高いなら受けてばっかだと屈辱でしかないと思うんだが…」


依姫 「…いえ 相手の動きを観察するために受けているので屈辱は受けていません」


依姫 「あなたの動きや技は実に興味深い 並の人間では不可能な動きや技を仕掛けてきて…逆にもっと見せていただきたい!」


蒼野 「っ! …そうか 見たいか」ニヤッ


蒼野 「なら期待に応えないとな!俺の技はまだまだあるからもっと見せてやるよ!」スチャッ 木刀を腰につけて居合い構えをする


依姫 「(居合い構え…ならこちらは中段構えで!)」スゥ…


蒼野 「…壱ノ太刀 雷切 風魔一閃」ダンっ!!


依姫 「(また一直線?でも技名は違う…なにか違いが?)」



蒼野 「」ヒュンッ!! 依姫に近づくと同時に手足首元に一人ずつ(五人)分身する


依姫 「ーっな!!?」


依姫 「(分身した!?しかも手足を狙って!!)」スチャッ


依姫 「ふんっ!!」ガガガガガっ!!!! 木刀を前に渦を描くように蒼野の攻撃を防ぐ


蒼野 「っ!」ザッ!!タタッ 攻撃を防がれて後ろに下がり距離をとる


蒼野 「(すぐに円を描いて防いだか この技は威力より急所を狙って倒す技だから防がれたら為す術がない)」


蒼野 「(やっぱり彼岸花を防いだほどだから並の技じゃ適わないか でもあれほどの技をそう何発も出せないんだよな)」


蒼野 「(体力を大幅に使うのはもちろん 気候状況や相手によって使える技と限られる…彼岸花を超える技はあるにはあるが……)」


依姫 「…今、分身しましたか?五人に見えたんですが」


蒼野 「んー…正確に言えば分身はしてない 今の技は攻撃より急所を狙う技で速度特化した技だから早すぎてそう見えただけだと思うぞ」


蒼野 「もし分身とか使えてたら初っ端から使ってるだろうしな 相手が相手だから出し惜しみはしないよ」


依姫 「五人に見えるほど早いとは……」


蒼野 「(しかたない 少しあぶないがやってみるか)」スゥ…スチャッ 姿勢を低くして木刀の持ち方を両手で掴み忍者構えのように後ろに回して右側に構える


依姫 「(…なんでしょうあの構え 木刀を両手で掴んで後ろに回した?)」


依姫 「(居合い構えではない 居合い構えにしては姿勢が低すぎるし両手で木刀を掴んで後ろに回さない…だとしたらこの技は?)」


蒼野 「…大剣ノ太刀 転害 蒼天回斬!!」ブンブンブンブンッ!!!!!! 勢いよく体全体を回転させてコマのように突っ込んでいく


依姫 「(力任せの回転斬り!?でもこれなら防がなくとも隙間をついて攻撃すれば!)」スゥ… 木刀を突き立てて隙間に刺そうと…


蒼野 「」ブンブンブンブンッ!!!!!!チラッ 回転しながら依姫の構えを見る


依姫 「っ!」ピクッ


蒼野 「ーっふん!!」ブォン!!!!回転させていた木刀を依姫に向けて振りかざす


依姫 「ーっと」ザッ!!スタッ すぐさま後ろに後退して攻撃を避ける


蒼野 「まだまだぁ!!」ブンブンブンブンッ!!!!!!


依姫 「食らいませんよそんな攻撃!」ザッザッザッ!!…



小町 「…なんだろあの技 なんかよく子供ががむしゃらに攻撃するような技に見えるんだけど」


妖夢 「そう見えますか?がむしゃらのように見えますが結構隙ありませんよあの技」


四季 「しかも隙を突こうとした依姫さんの攻撃も見抜いて反撃しましたね 単純で尚且つ隙がない攻撃なので意外にも強いです」


鈴仙 「(…あれ、気持ち悪くならないのかな?けっこう勢いよく回ってるけど)」



蒼野 「」ブンブンブンブンッ!!!!!!…


依姫 「(くっ力任せに見えましたが意外にもスキがない 突こうとすれば反撃される!)」


依姫 「(回転速度も早いから下手に攻撃できない…となると相手の体力が切れるまで待つしかなさそうですね)」


依姫 「(大振りだから長くは持たないはず 体力が切れたタイミングで切りつければ!)」



蒼野 「ーっ…」ブンブンブンブンッ!!!!!!……ザッ 足を突き出して滑り止めにさせて回転を止める


依姫 「っ!(止まった 今がチャンス!)」スチャッ 一瞬の隙を突こうと木刀を構え…


蒼野 「おえぇー…」ウェ…


依姫 「……っえ」


蒼野 「回りすぎた…きもちわるい………」ウプッ…


蒼野 「(さすがにやりすぎだ 相手が敵じゃないからいつもより長く……きもちわるい………)」


依姫 「……えっと、だいじょうぶですか?かなり気持ち悪そうですが」


蒼野 「なんとか…敵じゃないから回りすぎた いつもならこんな回らないんだが………」グラグラ…


蒼野 「ちょっとタイムしていいか 今動いたら吐きそう……」


依姫 「えっえぇ 吐かれても困るので一旦止めましょう」


蒼野 「わるい…うぇ………」



豊姫 「…まぁ当然ね あんなに回ったら気持ち悪くなるわね」


妖夢 「隙がない分代償が大きいですねあの技…あの技は真似できません」



永琳 「…蒼野 あなただいじょうぶ?」


蒼野 「はい…なんとか」ウプッ


永琳 「無理しないでよ ここで吐かれても困るから」


蒼野 「それはしないので安心してください …よし!もうだいじょうぶです」シャキッ


蒼野 「それじゃ再会しよう もう酔いは冷めたから次の技見せるぜ!」スチャッ 再び木刀を構えて次の技を…



こいし 「わーい!お兄ちゃんはっけーん!」ガバッ!! どこからともなく現れて蒼野に飛びつく


蒼野 「うぉっと!?」ビクッ!!


依姫 「ーっ!? だれですか!」


こいし 「おはー!こいしだよー!呼ばれて飛び出てジャジャジャーン!!」


依姫 「いえ誰も呼んでませんが…」


蒼野 「こっこいし なんでお前ここに?てかいきなり飛びつくのやめろ」


こいし 「ごめんなさーい お兄ちゃんを見かけたからつい飛び込みたくなっちゃった!」

(๑>؂•̀๑)テヘペロ


蒼野 「普通に姿を現した時にやってくれ 姿が見えない状態でやられると驚くから」ナデナデ…


こいし 「えへへ〜♡気をつけるねー」///



鈴仙 「(いいなー 私も撫でてもらいたい…)」ウズッ


豊姫 「あらあら かわいらしい光景だこと!」ウフフ


小町 「全然気づかなかった…相変わらずこいしは見えないね いたと思えばいなくなってるし、いなくなったと思えばいるしで」


四季 「そうですね でもあれがこいしさんでよかったです もし佐久間グループのひとりだったら…今頃、蒼野はどうなっていたことか」


妖夢 「………」



こいし 「ねーねーお兄ちゃん 一緒にあそぼ?こいし弾幕ごっこしたい!」


蒼野 「いや今忙しいんだが…あとおれ弾幕ごっこしたことないしできないから」


こいし 「えっそうなの!?」


依姫 「そうなんですか?珍しいですね 幻想郷に住んでいながら弾幕ごっこができないなんて」


依姫 「ここに住んでる方たちは全員できるものだと思っていましたが…なにか理由があるんですか?」


蒼野 「えっいやべつに理由はないが…」


永琳 「依姫 蒼野と手合わせしてどうだった?今の感想を聞かせてほしいのだけど」


依姫 「そうですね 普通の人間にしては常人離れした方です 構えも特殊で技も全て聞いたことがないうえ、見たことないものばかりでした」


依姫 「妖怪妖精ならまだできるかと思いましたが…この方は普通の人間ですよね?」


永琳 「えぇ 人間には違いないわ ふつうじゃないけどね」


依姫 「……っえ」


蒼野 「ちょっ先生 そのことは話さないで欲しいんですが…」


永琳 「だいじょうぶよ 穢れを感じ取れていないなら平気よ」


依姫 「穢れ…?えっこの方からですか?」


永琳 「えぇ 蒼野は殺人鬼よ」


依姫 「えっ!?さ、殺人鬼!!?」


蒼野 「…」


依姫 「うっうそですよね!?この方からは普通の地上民と一緒の穢れしか感じ取れませんよ!?」


依姫 「犯罪を犯してるなら穢れが多量に出てるはずです わたしが穢れを感じないわけが!」


永琳 「でも穢れを感じ取れないのよね?犯罪を犯したほどの穢れ」


依姫 「はっはい…それほどの穢れは感じ取れません」


依姫 「…あなた ほんとに殺人鬼なんですか?」


蒼野 「…あぁ 正真正銘殺人鬼だ 外の世界では無差別殺人鬼だと言われていた」


依姫 「無差別!?でもあなた 閻魔の使いと言ってましたよね…?」


蒼野 「こっちの世界に来てからは閻魔の使いとして活動してる 無差別と言っても関係ないやつは殺してない」


依姫 「…関係ない方は殺してない?それは無差別と言うんですか?」


蒼野 「本来なら言わないな 詳しく説明するよ」


蒼野説明中…


蒼野 「…というわけだ」


依姫 「なるほど…これはまた面倒なことになってますね」


依姫 「あなたほどの実力を持ってしても厄介な相手とは…しかも再び悪事を働こうとは懲りない方たちですね」


蒼野 「まったくだ だが俺はそいつらを始末しないといけない 俺がこっちに来たせいで連れてきちまった」


蒼野 「しかも関係ないやつまで巻き込んで…一度滅ぼしたのに再び悪事を働いてる」


蒼野 「もし俺の話が信用できないなら警戒してくれても構わない 犯罪者と一緒にいたくないと言うなら今後、関わらないようにするよ」


依姫 「…信用できない部分がなにひとつ見当たらないのでそれは平気ですよ」


依姫 「かなりの穢れを持っていたならそうさせてもらいましたが一般的な量の穢れしか感じ取れないのでそのようなことをする必要がありません」


依姫 「むしろあなたの実力に興味が湧きました これからもよろしくお願いします!」スッ


蒼野 「っ! そうか ならよろしくな!」ガシッ お互い握手して改めて挨拶する


こいし 「ねーねー?もう終わったよね 早くあそぼうよ!!」


蒼野 「いやだから まだ終わってないって…」




…パシュンッ


蒼野 「っ!!」


こいし 「? お兄ちゃんどうしたの…」



狙撃弾 「」ヒュンッ!! 依姫の頭部に目掛けて突き進んでいく


蒼野 「ーっ依姫!!」シュンッ!!



コツンッ!!コロコロ… 狙撃弾に木刀の先が辺り軌道がズレて誰にも当たらず地面に転げ落ちる


依姫 「なっ…!?」


依姫 「(そっ狙撃!?一体どこから…)」


四季 「蒼野 まさかっ!!」


蒼野 「全員物陰に隠れろ!!狙撃手だ!!」


妖夢 「狙撃手!?」


鈴仙 「妖夢てゐ隠れて!」ガバッ!!サッ 妖夢とてゐを抱き寄せて中庭に置かれている庭石の影に隠れる


妖夢 「むぎゅっ!」


てゐ 「なっなんだよ いつにも増して気合入ってるな?」


鈴仙 「当たり前でしょ!こんな場所で狙撃手とか相性最悪よ!」


鈴仙 「この辺全体竹林だから隠れて狙撃するのは絶好なのよ!私は元々月にいた頃に模擬戦やってたから狙撃手が得意とする場所はほぼ知ってる!」


鈴仙 「しかも私たちは隠れられてないから狙撃手にとって最高すぎるわ 今ここで顔出せば殺されるわ!」


てゐ 「…マジか(目がマジだ これは本気でやばいな…)」



四季 「蒼野っ!!」ポイッ


蒼野 「サンキューっ!」パシッシャンッ!! 闇の刀と対魔剣を受け取って鞘から抜き取り構える



豊姫 「…ならわたしは参戦させてもらうわ 悪党が鈴仙はおろか、先生にまで迷惑をかけてるなら倒さないといけないわね」スクッ


豊姫 「依姫 やるわよ」ザッザッザッ


依姫 「はい お姉様」


蒼野 「お前たちも下がってろ ここにいると危ない!」


豊姫&依姫 「「……っえ」」


蒼野 「さっきも説明しただろ?奴らは無効石を持ってるから能力での攻撃は全部防がれる」


蒼野 「能力関係なしにお前たちを巻き込んだのは俺だ 誰かが死ぬ以前に女に傷つくことは絶対にさせたくねぇ」


蒼野 「だからみんなと一緒に下がってろ 俺がやつを倒す!」


依姫 「………」


豊姫 「…ふふっ!あなたほんとに殺人鬼なの?そんなに優しい性格で殺人鬼だなんて やっぱり信じられないわね」


豊姫 「ならあなたに任せるわ もし危険だと判断したら参加させてもらうわ」


蒼野 「安心しろ 危険だと思わせないから」


豊姫 「依姫 私たちも物陰に隠れるわよ」


依姫 「しかし…」


永琳 「なにかあれば私が守るわ だからふたりは隠れてなさい」


依姫 「……わかりました」


蒼野 「こいし お前もついていけ あとで遊んでやるから」


こいし 「うん 気をつけてね」


蒼野 「あぁ!」


ザッザッザッ…



蒼野 「先生も隠れててください いくら不老不死でも痛覚はあるはずです 撃たれれば痛いですよ」


永琳 「逆に不老不死であることを利用する手はないわ 死なないならあなたの心配はないはずよ?」


蒼野 「傷つく時点で心配です 死ぬ以前の問題なので隠れててください」


永琳 「万全じゃない患者に任せっきりなんてひどいと思わない?あなたを治療してる以上 守らせてもらうわ」シュン…ギリリッ どこからともなく弓矢を取り出して構える


蒼野 「……なら援護だけお願いします ケガしないよう気をつけてください」


永琳 「わかってるわ 安心して」



…パシュンッ!!


蒼野 「ふんっ!」カキンッ 飛んできた狙撃弾を断ち切る


蒼野 「(やっぱり音が小さい…サプレッサー付いてるな また厄介なものを)」


蒼野 「(しかも命中精度もかなり高い 依姫を狙ったときもそうだが二発とも脳天に向かってた…かなりの腕だな)」


蒼野 「(佐久間グループの狙撃使いは数人いたな その中でもサプレッサーを使うやつは…)」


蒼野 「…サイレントか 完全隠密型暗殺特殊部隊のやつか」


永琳 「…敵は知り合い?」


蒼野 「はい 知り合いと言っても敵ですがね 完全隠密型の暗殺者です」


蒼野 「スナイパーライフルにサプレッサーをつけて最小限の音でターゲットを殺す姑息なやろうです コソコソと動くやつなので肉体は強くありません」


蒼野 「…ですが、鈴仙が言ってたとおり ここは隠れるに最高のポジションです」


蒼野 「しかも俺たちは隠れられる場所が限られてるので立場としては最悪です …敵の居場所を割り出すのがかなり困難です」


永琳 「…探り出すことはできる?たしか気配を感じ取って居場所がわかると言ってたわよね」


蒼野 「……かなり集中しないといけません その間無防備になります」


永琳 「わたしが守るわ あなたは敵の居場所を割り出して」


蒼野 「…わかりました それじゃすみませんがお願いします」スゥ… 刀を下にさげて気配を感じ取るのに集中する


永琳 「………」スチャ…


蒼野 「………」スゥー…



…パシュンッ!!


永琳 「そこっ!」バシュンッ!!



カツンッ!!ドスッ 蒼野に向けて撃ち込まれた狙撃弾を矢で粉砕して木に刺さる


永琳 「…やらせないわよ」ギリリッ…


蒼野 「………」ハァー…



……っ


蒼野 「…見つけた」スゥ…スチャッ 右手に闇の刀を真上に構えて左手に対魔剣を一時の方向に構える



妖夢 「(? なにあの構え、二刀流でほぼ真上に構えた?)」


依姫 「(あんな構え見たことない…先ほどあのような構えは見せてこなかった 一体どんな技で……?)」



蒼野 「…時ノ太刀 壱時 一刀斬撃飛ばし!!」クルン…シャンっ!! その場で一回転させて勢いをつけて対魔剣を振るう



かまいたち(斬撃) 「」ヒュンっ!! 飛ばされた斬撃は竹と竹の間をすり抜けて目標に向かっていく


永琳 「ーっな!?斬撃を、飛ばした!!?」




? 「ーっ!!」ザッ!!


ズドンッ!!!!… 斬撃は目標に当たらず地面に切れ込みが入る



蒼野 「避けたか…だが想定済み!」ポイッ…スチャッ 対魔剣を手放して闇の刀を居合構えを取る


蒼野 「壱ノ太刀 風神 鎌鼬!!」ザンッ!! 目標がいる場所にかまいたちを飛ばす



スパパパパパパっっ!!!!!!… かまいたちに触れた竹は次々と切れていき倒れる


? 「じょうだんだろ!!?」ザッ!! その場でしゃがみこむ



スパパパパパパっっ!!!!!!……ズドォォォン!!!!!! 蒼野の目の前に生えている竹は倒れて見渡しが良くなる


蒼野 「…やっぱりおまえか あいかわらずコソコソと殺しにくるな」スチャッ


サイレント 「……お前こそ、相変わらず化け物じみた技を使うな かまいたちを作るなんて異常だ」スクッ


蒼野 「まぁな 練習したからな」



妖夢 「ーっ…か、かまいたちを作って飛ばした……!!?」唖然


依姫 「なんですかあの人間!?刀を振って斬撃を飛ばすとかありえません!!」


依姫 「ほんとにただの人間ですか!?私でもあのようなことできません!!」


四季 「…」


小町 「…夜一も心配ですが他のみんなも守らないといけませんね あの月の民ふたりなら心配ないと思いますが」


四季 「そうですね ですが警戒はしないといけません 夜一も含め、危険と判断したら動きますよ」


小町 「了解です!」



蒼野 「さてと、お前は近接戦苦手だったよな 狙撃でターゲットを殺すだけ特化して襲撃された時の対処はまったく素人」


蒼野 「力もなければ足も遅い…過去にかまいたち飛ばして殺したが無様な死に方だったな 遅い走りで無防備な背中を見せて喰らい死亡…ふっ今思うと笑いがでちまうぜ」


蒼野 「死ぬことを望むなら苦しませないで殺してやるよ まぁ…望まなくても殺すけどな」スチャッ


サイレント 「…殺すっか やってみな!」ニヤッ


蒼野 「っ!(わら…)」



…ーっバァン!!


蒼野 「ーっ!!」ヒュンッ!! 切れていない竹林方向から蒼野の目の前に銃弾が通り過ぎる


蒼野 「(外した?いやちがう!!)」バッ!!



チュンッ!! 中庭に置かれている石に銃弾が跳弾して鈴仙たちの方にに向かっていく


鈴仙 「(跳弾!?やばっ!!)」ギュッ!! ふたりを強く抱きしめて守る


妖夢 「鈴仙さん!?」


てゐ 「おまっ!!」


蒼野 「(まずい!!)」スゥ… 闇の刀を投げて銃弾を弾こうと…


サイレント 「どこ見てる」パシュンッ!!


蒼野 「ーっ(この!!)」



ザシュンッ!!!!


鈴仙 「っ!!」カキンッ!!


蒼野 「ーっな!?」地面から刀が出てきてふたりの銃弾を防ぐ



依姫 「…鈴仙を守ろうとする行動は良いとします ですがそれで自分の身を疎かにするのはダメですよ」スゥー… 【衹園様の力】を使って蒼野たちを守る


依姫 「そいつにも向けたんですが出てきませんでした あなたの言ったとおり能力を無効にしてるようですね」


依姫 「守りは任せてください そいつの始末は任せますよ」



サイレント 「っち!しくじったか やっかいな奴がいたもんだ」


サイレント 「ハンティング!スナイパー!撃ちまくれ!!」ザッ!!


蒼野 「逃がすか!!」シュンっ!! 刀を突きつけて刺そうと…


サイレント 「ムダだ」スゥ…



グニャア…ヒュンッ!! サイレントは突きつけられた刀の軌道に小さい空間を作り出し、蒼野はその空間に刀を刺すと自分の目の前に現れた空間から刀が飛び出てくる


蒼野 「ーっな!?」シュンッ 目の前に突き進んできた自分の刀を避ける


蒼野 「(なんだ!?俺の刀が変なのに入ったら俺の方に!?)」



バァンッ!!バババァンッ!!!!!! 再び切られていない竹林から狙撃弾が四発、蒼野に向かって飛んでいく


蒼野 「ーっち ふん!!」キキキィン!!!! 全て断ち切って攻撃を防ぐ


ガサガサ…… サイレントは隙ができたタイミングと同時に竹林へと進み隠れる


蒼野 「…隠れたか たくっほんとめんどくせぇやろうだ」スチャッ


蒼野 「(サイレントだけじゃなくハンティングとスナイパーまでいるのか なんでそんなバランスの悪い構成で来たんだ…)」


蒼野 「(全員遠距離型の暗殺部隊で接近戦が誰もいない…竹林をいいことに全員隠密型にしたのか?だとしてもバランスがわるい)」


蒼野 「(なにか裏があるのか?それにさっきの空間…あれはいったい)」


永琳 「…敵は三人いるようね しかも全員狙撃型の殺人鬼みたいね」


蒼野 「はい サイレントは先ほど話した通りで二人目のスナイパーは単発型狙撃手です」


蒼野 「音がかなりでかい狙撃銃を使ってターゲットを排除するのが特徴です サイレントとは違い地味に目立ちたがり屋なやつです」


蒼野 「三人目はハンティング 三発連射させて的確に急所を当てて始末する狙撃手です」


蒼野 「一発一発の殺傷率は弱いですが急所に当てて殺すことが得意なので一発でも喰らえば命に係わります 気をつけてください!」


永琳 「わたしは不老不死だから平気だけど…まぁ喰らわないよう気をつけるわ」


蒼野 「お願いします」



ダァンっ!!…チュンッ!! 再び岩に狙撃弾を打ち込み跳弾させて今度は四季たちのほうに…


蒼野 「ふんっ!!」キィンッ!! 跳ね返ってきた狙撃弾を断ち切って食い止める



バンバンバァンッ!!!! 蒼野の隙をついて急所を狙…


蒼野 「オラァっ!!」スチャッキキキィン!!!! 対魔剣を拾い向かってきた狙撃弾を断ち切る


蒼野 「(っち!さっきから隠れながら撃ってきやがって 守りながら奴らを仕留めるのはきつい!)」


蒼野 「(依姫が守りを専念してくれてるけど…万が一、奴らの攻撃を許したら……)」ジリッ…



豊姫 「…なんであの人攻めないのかしら 依姫がみんなを守ると言ってるのに」


豊姫 「怖気ついてる…ようには見えないわね 八意様も着いていながらなんで…?」


依姫 「…おそらく私のことを完全に信用できてないからだと思います」


依姫 「会って間もない方に守備を任せてるんですから信用できないのも無理はありません 腕はわかっていたとしてもこの場にいる方々を守れるかどうかはわかりません」


依姫 「信用してもらえれば攻めることも可能かもしれませんが…今の私にはそれを証明することはできません」


豊姫 「…なるほど そういうことね」


依姫 「(とはいってもこのままでは埒が明かない 能力が効かないのではわたしの援護は役に立たない)」


依姫 「(目の前に敵がいれば加勢できますが隠れて遠くから撃っているんじゃここから離れるわけにはいかない)」


依姫 「(一体どうすれば…!!)」ギリッ



パシュンっ!!バァンッ!!


蒼野 「ふんっ!!」キンキィン!!


蒼野 「(くそっ鎌鼬が撃てねぇ!構えようとするとすぐに次の弾が来て構えられない!)」


蒼野 「(接近戦でやるか?いやでも もし依姫が守れなかったら被害が出る!もし誰かが死んだりなんてしたら…!!)」タラー…



依姫 「…ーっち!仕方ありません」


依姫 「蒼野夜一!!」


蒼野 「っ!?」ビクッ!!


依姫 「わたしを信用しなさい ここにいる方たちは私が必ず守ります!だからあなたは攻めて奴らを倒してください!」


依姫 「もしこの場にいる方たちに被害が出た場合は私が責任取ります!八意様に頼んで不老不死の薬を作ってもらい生き返らせます!!」


永琳 「えっ最終的に私まかせなの?」


蒼野 「……信用していいんだな?」


依姫 「はい!」


蒼野 「……そうか わかった」


蒼野 「じゃあ信用させてもらうぞ みんなの守りは任せた!」ザッ!! 一気に走り込み敵がいるであろう場所に駆け込んでいく


依姫 「任されました!」


永琳 「…依姫 あなた私に任せるのは構わないけどいきなりね わたしに任せるなら確認して欲しかったわ」


依姫 「申しわけありません八意様 ですが今あの方を信用させるにはこうするしかないと思い行動に移してしまいました」


依姫 「あとで罰は受けます なので今はあの方の援護をお願いします!」


永琳 「別にこのくらいで罰なんて与えないけど…まぁいいわ ならなにがなんでもここにいる者を守りなさい」


依姫 「はい!」



四季 「…小町 あなた距離を操って全員を遠くに動かすことは出来ますか?狙撃銃の射程圏外まで」


小町 「できなくはありませんが…能力使ってるときに狙われたら防ぎようがありませんよ?依姫の能力で守ってもらうにしても位置がズレたら…」


四季 「…たしかにそうですね 下手なことはしない方がいいですか」



妖夢 「…鈴仙さん 夜一さんひとりでだいじょうぶでしょうか?相手は隠れて遠距離で攻撃してくるのに接近武器だけじゃ……」


鈴仙 「…正直きついわ さっき夜一さんが使った探知するやつもかなり集中しないと使えないみたいだし むやみやたらにかまいたちを飛ばしても体力を大幅に使うだけ」


鈴仙 「相手には居場所筒抜けだから完全に不利だわ なんとか援護してあげたいけど…」


てゐ 「…なら部下のうさぎ使うか?あいつらは今ここら辺で隠れてるはずだ 見つかるリスクはあるが…」


鈴仙 「リスク背負わないと戦いなんてできないわ …ただ、非戦闘員のうさぎを使うのは気が引けるわね」


鈴仙 「ここのうさぎたちは弾幕遊戯しかしないから本物の戦闘を知らない そんな子たちを危険に晒すことは…」


てゐ 「…そうだな」


妖夢 「っ…」ギリッ…








迷いの竹林ー竹林内部



蒼野 「…」ザッザッザッ!!…


蒼野 「(…ここら辺から気配は感じる 視線と殺意が混ざってるな)」


蒼野 「(だけどひとり分の気配しか感じ取れない…他二人はもう少し離れてるのか)」


蒼野 「(ひとりでも見つけ出して始末しねぇと これ以上みんなに危険な目に合わせられない!!)」スチャッ


ザザァ… 少し強めの風が吹いて竹林の笹がカサカサと動いてなびく


蒼野 「………」スゥー… 呼吸を整えて集中し、近くにいる気配を感じ取ろうと…



バァンっ!!


蒼野 「っ! そこか!!」ヒュンッ…ザッ!! 放たれた狙撃弾を避けて飛んできた方向へ突き進む



バンッ!!バンッバァン!!!!


蒼野 「当たるかよ!」ヒュンヒュンヒュンッ



ザザァッ!!


スナイパー 「っ!」ジャキッ 隠れているのがバレてすかさず狙撃銃を蒼野に向けて…


蒼野 「おそい はぁっ!!」シュンッ!! 刀を突きつけてスナイパーの脳天に突き刺そうと…


スナイパー 「ーっち ファイヤー!!」ボゥンッ!! 目の前に火の玉を作り出して蒼野に向けて放つ


蒼野 「ーっな!?」ボゥゥ… 放たれた火の玉を避ける


蒼野 「(火を出した!?こいつの能力か!)」スチャッ バランスを崩したが体制を治してすかさず刀を構える



バババァンッ!!!!


蒼野 「っ!」ヒュンヒュンヒュンッ 別の方向から狙撃弾が三連発で放たれて避ける


蒼野 「(ハンティングか だがぜんぶ避けた!こいつを仕留めれば!)」スチャッ


蒼野 「はぁっ!!」シュンッ!! 体制を変えて右下から左上に切り込むようにスナイパーの首元目掛けて振るう


スナイパー 「くぅっ!!」ザンっ!!ポロッ… 狙撃銃を盾にして真っ二つにされる


蒼野 「往生際の悪いやつだ さっさと死ね!!」シュンッ!! 首元に目掛けて切りつける


スナイパー 「ーっ!!」火を出そうにも間に合わず首元を切られ…



…グイッ!!


スナイパー 「ーっ!?」ヨロッ 何者かに襟元を掴まれて後ろに引っ張られる


蒼野 「ーっな!?」ヒュンッ 後ろに下がられて攻撃が空振る


蒼野 「(避けた!?あの体勢で!?)」


蒼野 「(…いやちがう スナイパーの襟元に変な空間ができて手が出てきてる サイレントのやろうか!!)」ギリッ


スナイパー 「助かった!ファイヤー!!」ボゥンッ!!


蒼野 「(また火か…だが攻撃が単調だ 一度見た技は効かねぇ!!)」スチャッ 右手だけで左上に刀を上げて構える


蒼野 「参ノ太刀 抜剣 鏡流し!!」ヒュゥンッ!! スナイパーが出した火の玉の大きさサイズの円を描き、動きを止める


スナイパー 「ーっな!?火の玉を止めた!?」


蒼野 「お返しするぜ オラよ!」ブンッ!! 動きを止めた火の玉をスナイパーに向けて打ち返す



ボゥゥンッ!!!!!!


スナイパー 「ぎゃあァァァっっっ!!!!!!」メラメラメラメラッ!!!! 自分の火の玉が返され当り身体全体に燃え上がる


蒼野 「まずひとり…ふんっ!!」ザンッ!!



ーっバツン!!!!


スナイパー 「」ボロッ…ボトッ 燃えながら首を切られて地面に転げ落ちる


蒼野 「…多少苦しんだが文句は言うなよ 苦しみながら死んだわけじゃないんだから」ヒュンッ


蒼野 「(残りふたり…次はどこにいる?)」スチャッ



…バンバンバァンッ!!!!


蒼野 「ーっ!」ヒュンヒュンヒュンッ!! 飛んできた狙撃弾をすべて避ける


蒼野 「(ハンティングはそっちか!)」ザッ!! 狙撃弾が撃ち込まれてきた方向へと走り込む



…ピンッ


蒼野 「ーっ…」ピクッ


蒼野 「(なんだ今の音?なにかピンを抜くような音が…)」



ーっガサ!!


手榴弾 「」シュー… 安全ピンが抜かれて煙が出ている


蒼野 「(手榴弾!?まずい!!)」スチャッ 刀を逆刃にして構える


蒼野 「ふんっ!!」カァンッ!! 切れない方の部分でバットのように手榴弾をはじき飛ばす



ボガァァァンッ!!!!!! 空高く飛ばされた手榴弾は爆発して竹林の笹を盛大に揺るがす


蒼野 「ーっ…のやろう んでんなもん持ってんだよ!しかも的確に狙ってきやがって」


蒼野 「(今の隙に別の場所に逃げやがったな っち!小賢しい真似を!)」ギリッ


蒼野 「…」スゥ… 呼吸を整えて集中する



ザザァ………


蒼野 「……あれ?気配が消えた…なんで」


蒼野 「(まさか逃げた?スナイパーがやられたから勝てないと思ったのか?)」


蒼野 「(いやまさか あいつらがそんなことで撤退するとは思えない 仲間の仇を取るため…はないがやられたらやり返す奴らだ)」


蒼野 「(むしろ始末できずに帰ったら罰を与えられると綾瀬が言ってた…幹部であった綾瀬はお咎めなしになったと聞いたが)」


蒼野 「(幹部が変わったからなくなったのか?いや、ならrideとleftが帰ったら処刑されると言ってたことが合わなくなる 幹部級じゃないあいつらが帰ったら処刑されるはずだ)」


蒼野 「(…わからない なぜ撤退したのかかまったくわからない なにか罰を受けない方法があるのか?)」


蒼野 「……まぁいい 撤退したならこれ以上警戒することはないな とりあえずみんなのところに戻ろう」スゥ…スチャンッ


蒼野 「(みんなのところに攻めてなければいいが…)」


ザッザッザッ…








永遠亭



妖夢 「………」


てゐ 「…音が止んだな 倒したのか?」


鈴仙 「わからないわ 夜一さんがやられたとは考えにくいからもう少し様子見た方がいいわ」



四季 「…夜一……」


小町 「(…夜一、早く帰ってきておくれ あんたがいないと四季様が安心できない……)」



こいし 「…お兄ちゃんだいじょうぶかな やられてないよね?」


依姫 「…あれほどの実力を持っている方がそんな簡単にやられるとは思えませんが」


豊姫 「でも相性はわるいわね 接近戦の武器しか持ってないあの子に対して遠距離攻撃してくる相手には最悪よ」


依姫 「……たしかに、そうですね」



永琳 「………」


永琳 「(…血の匂いが風に乗って来てるわね しかもかなりの量が……)」スンスンッ


永琳 「(ひとりぐらい殺ったのかしら?もしくはやられた…はないわね あの子が殺られるとは考えにくい)」


永琳 「(悪運は強いからやられてたとしても数発撃ち込まれたぐらいならありえるわね …でもさっき爆発音が聞こえたからもしかしたら………)」



…ーっズドォン!!!!



全員 「「ーっ!!?」」



ーっズドォン!!!!ズドォンッッ!!!!…… 先程とは桁違いでとてつもなく大きい発砲音が竹林全体的に響いてくる



永琳 「…なに?この音 さっきとは全然ちがう……」


鈴仙 「この音…まさか、対戦車ライフル!?人間相手に対戦車ライフル使うの!!?」


てゐ 「な、なんだ?その対戦車ライフルって」


鈴仙 「例えで言うならにとりのつくったロボットを数発で破壊するための銃よ!生物じゃなく機械や兵器なんかを破壊するために作られたライフルで威力はもちろん、普通のライフルよりもさらに離れた場所からでも当てられる代物よ!」


鈴仙 「あんなので撃たれたら胴体切り離されるわ!腕なんかに当たっても一瞬にしてなくなるわよ!」


妖夢 「そんな…それじゃ夜一さん、先程より不利に!!」


四季 「ーっ…小町 私たちも参戦しますよ!」ザッ!! 岩陰から出て蒼野を助けようと…


小町 「だめです四季様!今あなたが出たところでなんも役に立てることはありません 相手は能力を無効にしてくるんですから!」ガシッ


四季 「ですがこのままでは蒼野が!!」


依姫 「…なら私が行きます 能力使わなくとも刀を使えば戦えます」ザッ


依姫 「殺人鬼は蒼野夜一を狙っているのでこちらに撃つことはないでしょう 助けるなら今しかありません」


依姫 「八意様 すみませんがここを守ってもらえませんか?私はあの者を助太刀して来ます!」


永琳 「……あなた、それ本気で言ってるの?」ピクッ


依姫 「はい!今助けに行かなくてはいつ行きますか 今敵がこちらに視線を向けていないなら攻めるべきかと…」


永琳 「あなたを信用して立ち向かったあの子の決心に泥を塗るつもり?」ギロッ


依姫 「ーっ!!」ゾクッ!!


永琳 「依姫 あなたは自分から信用しろと言ったわね?ここにいる者たちはあなたが守るから蒼野に倒しにいけと言ったわよね」


永琳 「なぜここを守ると言った本人がここを離れて隠れてる敵を倒そうとするのかしら おかしくないかしら?」ビキッ


依姫 「ーっ…」ビクッ…


永琳 「あなたはここにいてみんなを守りなさい あの子と約束したことを守りなさい」


永琳 「いいわね?依姫」


依姫 「…わ、わかりました もうしわけありません あの者の決心を無駄にしようとしてしまって」


永琳 「わかればいいわ」ザッザッザッ…


依姫 「? 八意様、どちらへ?」


永琳 「私が加勢しに行くわ あなたはここを守りなさい」


永琳 「豊姫 あなたも依姫と一緒に守ってくれるかしら?万が一のことを考えてね」


豊姫 「っ! わかりました 必ずお守りします!」


永琳 「頼もしいわね …閻魔様」


四季 「はい なんでしょう」


永琳 「万が一、あの子がやられた場合はどうする?私の力を持ってすれば…不老不死にして生き返らせることが可能よ」


依姫&豊姫 「「ーっ!?」」


四季 「…蒼野がやられるとでも?」


永琳 「思ってないわ だから万が一のことを言ってるのよ もしあの子がやられた場合は生き返らせていいのかを聞いてるの」


永琳 「あの子は外の世界から来た犯罪者組織を始末するために動いてるのでしょ?その排除する子がいなくなったらみんな困るのよ あなただけじゃなくてね」


四季 「………」


永琳 「もし閻魔様が許可してくれればやられた場合に限り、あの子を不老不死にして生き返らせるわ もちろん私や姫様と同じ完全体に!」


依姫 「やっ八意様!?いけません!これ以上禁句を犯しては!!」


豊姫 「そうですよ!輝夜の一件で八意様は自分にも責任を感じ取り自ら月の都から出たじゃありませんか 私たちが引き止めたにもかかわらず!」


豊姫 「不老不死の薬はむやみやたらに作って飲ませていいものではありません!どうかそれだけはやめてください!!」


永琳 「もう私は月の民じゃないわ あなた達には関係ないことよ」


永琳 「それともなに?月から出た私はまだあなた達に関係があるのかしら 遊びに来る程度ならかまわないけど月のやり方を今の私に押し付けないでくれるかしら」ギロッ


依姫&豊姫 「「ーっ!!」」ゾクッ!!



四季 「…永琳さん あなたのご行為は凄くありがたいものですが、その必要はありません」


四季 「蒼野は必ず生きて帰ってきます どんなに危険で窮地に立たされたとしても、蒼野は私の元に帰ってきます!」


四季 「多少ケガはするかもしれませんが死ぬことはありません あの方は悪運が化け物級に強いですから!」


永琳 「…ふふっ!たしかにそうね あの子の悪運は化け物級ね?」クスッ


永琳 「いらない心配だったわね ごめんなさいね」


四季 「いえ あなたが蒼野と私のためを思って提案したとわかっていますので謝罪はいりません むしろこちらがお礼を言わなくてはいけません」


永琳 「別に礼なんて言わなくていいわ 私の提案も必要なかったのだから言われるのは変だわ」


永琳 「…うどんげ あなたも依姫たちと一緒に守りなさい 銃のことに関してはあなたが一番詳しいはずよ」


鈴仙 「はっはい!わかりました」


永琳 「(急がないと!)」ザッザッザッ!!…



依姫 「………」


豊姫 「…依姫 いつまでも落ち込んでないでみんなを守ることを考えなさい」


依姫 「わかっています ですが……」


豊姫 「言いたい気持ちはわかるわ 私だって同じことを考えてるもの また不老不死の薬を作って使おうとしてたのだから…」


依姫 「………」


四季 「…豊姫さん、依姫さん 申しわけありません うちの部下が万が一、やられらと想定して考えた結果がこのような事態を引き起こしてしまって 私から謝罪を申し上げます」


依姫 「いっいえ!そんな、閻魔様から謝罪を申されるようなことは…」


豊姫 「そうです 別に閻魔様が悪いわけではないんですから…」


四季 「ですが永琳さんは私たちのことを思って提案してくれたんです 蒼野のことを考えてなければ不老不死の使用を思わなかったはずです」


四季 「しかし安心してください 蒼野はそのような物に頼らずとも生きて必ず帰ってくるので使うことはありません」


四季 「どんなときでも、両手両足切断されようとも、瀕死になろうとも必ず生きて私の元に帰ってきます!」


依姫 「…ほんとに、あの方を信用してるんですね 閻魔様がそこまで言うとは……」


依姫 「…わかりました あなたの言葉、信じます 八意様が不死の薬を使わないと信じています」


依姫 「姉様 みなさんを守りますよ!」


豊姫 「えぇ!」













竹林内部



ズドォンッ!!…ズドォンッ!!


蒼野 「ーっ…くそ!」ザッザッザッ!!… 竹々を無駄のない動きで通り抜けて走っていきライフルの弾を避けていく


蒼野 「(じょうだんだろ!?なんで対戦車ライフルなんか持ってんだよ!さっきまで持ってなかっただろ!)」


蒼野 「(それに奴らの気配を感じなかったのにどこにいた!?対戦車ライフルだからより遠くに離れてたのか?)」


蒼野 「(位置がバレてるから隠れることができない 隠れても対戦車ライフルじゃ竹の後ろや影に隠れても撃ち抜かれるのが目に見えてる!)」


蒼野 「(どこにいる 近くにいないことは確かだ いるとしたらかなり離れてるはず!)」


蒼野 「(撃ってきてる方向はわかるが対戦車ライフルは普通のライフルより向かってくるのが早いから避けにくい…しかも向かってくる方向に走るとなるとさらに早くなる)」


蒼野 「(完全に不利な状況になっちまった 斬撃を飛ばしたいが位置が分からないし技を出してる暇がない 避けることで精一杯だ!)」ヒュンヒュンッ


蒼野 「(てかなんでこんなにも連射ができる?対戦車ライフルの装填数ってこんなに多かったか?)」


蒼野 「(スナイパーライフル自体の装填数はそこまでないはず…なのになぜ?)」



ズドンズドォンッ!!!!…


蒼野 「ーっち あいつら弾何発持ってんだよ!しかも腹立つことに正確に撃ってきやがって」ザッザッザッ!!…


蒼野 「どこまで離れてるかわからないが…しかたない また竹を伐採するしかない!」スチャッ その場で立ち止まり、狙撃弾が飛んでくる方向に闇の刀を持ち居合い構えをして鎌鼬を出そうと…



ズドォンッ!!!!


蒼野 「ーっ!?」バシュッ!! 間一髪先程まで向いていた方向から飛んできた狙撃弾を頬にかすめて直撃を避ける


蒼野 「(背後から撃ってきただと!?バカな さっきまで俺の背中を狙ってたのに、いつの間に回り込んだ!?)」ツゥー…


蒼野 「(サイレントの能力で移動したのか?あいつ異次元みたいなものを使って俺の刀を防いでたよな その原理で自分またはハンティングを移動させたならわかる)」


蒼野 「(…だが、だとしたらなんでスナイパーを助けなかった?俺が攻撃したときに襟元を掴んで避けさせてたが…あの時、そのまま異次元空間の中に入れちまえばよかったはず)」


蒼野 「(今の状況で見捨てるなんてしないはず 俺を殺すためなら生かして体制を戻した後にまた発砲してくるはず…なのにそれをしなかった)」


蒼野 「(……いや、しなかったじゃなくて できなかった……?俺のときも刀が入る分の大きさしか作ってなかったからもしかしたら、あの大きさサイズしか作れないのか?)」


蒼野 「(まだ能力が身についたばかりだからフルじゃ使えず大きいサイズは作れないのか?それなら腕だけ出して引っ張って助けたことにも納得がいく)」


蒼野 「(それならその空間を使って俺の背後に狙撃弾が飛んできたのも納得だな 地味に見えて意外に厄介だ)」


蒼野 「(となると今まで撃ってきた方向も当てにならないか… ……いや待てよ?サイレントはその能力だが、ハンティングの能力は?)」


蒼野 「(あいつの能力はまだ見てない 同じ能力なら当てにならないが同じだとはまだ決まってない もしかしたらどちらかの方向に奴がいる?)」


蒼野 「(狙撃弾が飛んできた方向は俺から見て十二時と六時の方向…だが今まで背後の六時の方向からは飛んできてなかった)」


蒼野 「(六時の方向から飛んできたライフル弾は能力だとしたら十二時の方向は奴がいる……とみていいか?推測するとそうなるが)」


蒼野 「(……とりあえずその線で行ってみるか 背後から飛んでくる狙撃弾を気をつけながら攻めよう!)」ザッ!! 十二時の方向に足を弾ませて一気に走り込む



ズドンズドォンッ!!!!ズドォンッ!!


蒼野 「ーっぶね 目の前から来る弾も避けるのがつらい!」ヒュンヒュンッヒュン!!


蒼野 「(だけどこのまま行けば奴らと対面できる 一発も当たらずに行かないと!)」ザッザッザッ!!…



ズドォンッ!!!!


蒼野 「ーっ!!」ヒュンッ!! 三時の方向から狙撃弾が飛んできて蒼野の目の前を横切る


蒼野 「(次は三時の方向から…能力で向きを変えてきたか 音ですぐ反応できたが少しでも反応が遅ければ頭に撃たれてたな)」


蒼野 「(いろんな方向から撃ってくるのは厄介だがその分、音で飛んでくる向きがわかる 瞬時に反応さえすれば…)」



…パシュンッ


蒼野 「?」ピクッ


蒼野 「(なんだ今の音?サプレッサー付きのスナイパーライフルか?いきなり銃を変えてきた…?)」


蒼野 「(音からして十二時の方向…だが身構えても狙撃弾が飛んでくる様子がない だとしたら今の音は一体……)」



パシュンッパシュンッパシュンッパシュンッパシュンッ!!!!!!…


蒼野 「(何発撃ってんだ?音は全部十二時の方向から聞こえてくる…射撃数は十七発?)」


蒼野 「(でもどこからも飛んでこない…だとしたらこの音は?)」



無数の弾幕 「「」」バッ!!!! 蒼野の周りに至る方向から狙撃弾が現れて囲まれる


蒼野 「ーっな!!?」


蒼野 「(全方向っ!!?やば…)」スチャッ


蒼野 「うらぁーっ!!(せめて足と頭だけは!!)」ヒュンッ!!



キキキキキキキキィン!!!!!!…ブスブスッ


蒼野 「いぃっ!!」ズキィッ!! 頭と足に向かってきた弾丸は全て防ぐが腕や背中に何発か撃ち込まれる


蒼野 「(ーっ…くそ やっぱり全部防げなかったか 左手と背中に数発撃ち込まれた!)」ザッ!! 一旦竹の後ろに隠れてケガの状態を確認する


蒼野 「(背骨に当たるのは避けたから痛いだけで背中の動きに問題はない 左手は…)」クイクイッ


蒼野 「(…問題ないな このくらい動けるなら上等 まだいける!)」ザッ!! 再び立ち上がり銃声が聞こえた方向へ突き進む


蒼野 「(さっきいきなり銃弾が現れたのはサイレントの能力だな 何発も撃って空間を操りまとめて放ったのか…全方向からとかエグすぎる)」


蒼野 「(だがそれと同時に攻略法も見つけた 一刀じゃ防げないが二刀流なら全方向からの攻撃を防げる!)」スー…スチャッ 右手に闇の刀、左手には退魔剣を構える



ズドォンッ!!!!


蒼野 「ーっ」ヒュンッ 前から対戦車弾が飛んできてスレスレで避ける


蒼野 「(また対戦車ライフルか さすがに対戦車ライフルは跳ね返せねぇ 跳ね返したら刀がダメになる!)」


蒼野 「(…ほんとにどこから狙ってきてんだ?いくらあいつらが狙撃型の暗殺部隊とはいえ、こんな竹林で見通しの悪いところから正確に俺を狙ってくるなんてやばすぎるだろ)」


蒼野 「(目がいいとかそういう問題じゃない 離れていれば離れているほど竹が邪魔して俺の姿なんて見えなくなるはず)」


蒼野 「(ほんとに見えてるのか?こんな竹林のなかで俺の姿が常に見えてるなんてありえないぞ)」


蒼野 「(だが近くにいる気配はなかったし、もし近くにいればさっき気配を感じとった時に反応するはず…だがそれがなかったからおそらくいない)」


蒼野 「(だとしたら一体どこから打ってきて…?)」



バンバンバァンっ!!!!


蒼野 「っ!」キキキィン!!!! 十一時の方向から三発のスナイパー弾が飛んでくる


蒼野 「(三連発…ハンティングか 多少向きを変えてきたか)」


蒼野 「(このままじゃ埒があかねぇ もう一回探知するしかねぇか)」スゥ… 呼吸を整えて敵の位置を把握しようと…



ズドォンッ!!!!


蒼野 「…」ヒュンッ!! 呼吸を乱さず華麗に避ける


蒼野 「(呼吸を乱すな 落ちついてれば避けれる 今は集中するんだ)」ヒュー…



バンバンバァンっ!!!!


蒼野 「すぅー…」キンキンキィン!!!! 落ち着いた状態で刀でスナイパー弾を弾く


蒼野 「(…やっぱり近くにいない 永遠亭の方から誰か来るけどこれは敵じゃない 気配的に先生か?)」


蒼野 「(なんで来てるかはわからないがもっと遠くまで探知しないと もっと集中…もっと呼吸を整えて!)」スゥー…



…ピンッ


蒼野 「っ!」ピクッ


蒼野 「(またピンを抜くような音…手榴弾か?だが近くに敵はいない なんで……?)」



…ガサッ


手榴弾 「」シュー… ピンが抜けて煙が出た状態で投げ込まれる


蒼野 「……そうか そういうことか」スチャッ


蒼野 「やっとわかったぜ!お前の能力がよ!」カァンッ!!



ボガァァァアン!!!!!!… 上空に打ち上げられた手榴弾が盛大に爆発する


蒼野 「通りで俺の位置が筒抜けなわけだ 俺が探知しても探知できないから近くにはいないと思っていたが違ったよ」


蒼野 「【ずっと近くにいたんだな しかも能力で気配を隠してたから俺の探知にも引っかからなかった!】」


蒼野 「ハンティング お前の能力は気配を消す能力だな!そこにいるんだろ!!」スチャッ


蒼野 「壱ノ太刀 風神 鎌鼬!!」ザンッ!!



っ!ガサッ


ズバンッ!!!!…バサァ 鎌鼬を放った前方に立っていた竹々が切られて倒れる



ハンティング 「ーっち!バレたか」


蒼野 「やっと見つけたぞ 俺の探知を無効にしてくるとはなかなか厄介な能力じゃねぇか」ザッザッザッ


蒼野 「だが戦闘に役立つものじゃないからバレたら手の打ちようがないな 苦しまないように殺してやるからおとなしくしてろ!」スチャッ


ハンティング 「だれがおとなしくするか!死ねぇ!!」スチャッ スナイパーライフルを構えて放とうと…


蒼野 「遅い」ザンッ!!



ズバンッ!!!!


ハンティング 「」グラッ…ボトッ 首を削ぎ落とされて即死する


蒼野 「…あとはサイレントのみ あいつはどこに……」



トンっ


サイレント 「チェックメイトだ!」ニヤッ 蒼野の背中に対戦車ライフルを突きつけて背後を取る


蒼野 「ーっしま!?(いつのま…)」



ズドォンッ!!!!



蒼野 「ーっ……!!」ゴフッ… 心臓部に対戦車ライフルを撃ち込まれて大穴が空く


サイレント 「ーっ(やった…!!)」ニヤリ


蒼野 「…ーっ」ガチンッ


サイレント 「(? なんだ今の音……)」


蒼野 「ーっふん!!」ザンッ!!


サイレント 「……っえ」ブシャーッ!! 首元を切られて血飛沫が上がる


サイレント 「(…バカな なぜ生きて………)」グラッ…


バタンっ………


サイレント 「」ドバァ… 首元を切られて目を開けたまま即死する


蒼野 「…間に、合った……っ」ガクッ


蒼野 「(まずいな…心臓を完全に持っていかれた もっと早く舌噛んで痛覚遮断しておけば……)」ボタボタ…


蒼野 「(死ぬなこれ…いや、ふつうに考えて死ぬか さすがに助からない………)」ハァー…ハァー…



…ザザっ!!


永琳 「蒼野っ!!」ハァハァ…


うさぎ達 「「先生ダメっ!引き返して!」」ワーワー


うさぎ達 「「ここにいたら殺される!早く逃げて!!」」ギャーギャー 永琳にしがみついて引き返させようと説得している


蒼野 「っ…先生、、、」フラ…


永琳 「(まずいーっ!!)」スゥ… すぐさま激瞬時治療薬を取り出す


永琳 「まだ死ぬんじゃないわよ!!」ブスッ!!


蒼野 「っ…」ズズッ… 薬が体内に入りまだ動いてる血管内に巡っていく


永琳 「死ぬんじゃないわよ!まだあなたにはやることがあるでしょ!!」バッ!!キュポッ 万が一に備えて持っておいた蒼野専用の栄養剤を取り出して蓋を抜く


永琳 「あなたが死んだら佐久間グループはどうするの!閻魔様だって困るし悲しむわよ!!」バシャッ!! 穴の空いた胸部分に栄養剤をぶちまけてより早く再生をさせる


蒼野 「」ボコボコボコボコ… 穴の空いた胸部分から新たな肉が盛り上がって再生していくが完全に意識を失っている…


永琳 「お願い起きてっ!!身体は再生されてるわ あなたなら起きられるでしょ!!」


永琳 「目を覚ましなさい!あおのっ!!」


蒼野 「」ボコボコ… 身体の治療が終わり完全に治るが……


永琳 「(完全に治ったわね 心臓は…動いてない)」スッ


永琳 「(心臓マッサージと人工呼吸!!これで息を吹き返さなかったら…!!)」グッ 蒼野の溝部分に手を広げてもう片方の手で上から握りしめ押し込む


蒼野 「」グッグッグッ!!…


永琳 「(普通の人間が心臓止まって約五分以内に息を吹き返せば日常生活に支障は出ない…でもそれを過ぎたらなにかしら支障が出る!)」グッグッグッ…


永琳 「(この子の場合は身体が異常だけどそれを考えちゃダメ!いくら超人的な身体でも心臓が止まってたら発揮しない可能性だってある)」


永琳 「(お願いだから起きてっ!!はやく…!!)」フーッ!!


蒼野 「」














蒼野 「……っん」スゥ…


蒼野 「…ここは?」ムクッ 地面に寝っ転がっていて起き上がり、辺り一面まっくらで自分の周り以外なにも見えない


蒼野 「……なんも見えねぇ ライト付けるか」ゴソゴソ…スッ スマホを取り出してライトを付ける


蒼野 「…なんもねぇ あるのは俺が寝っ転がってた道なりと思われる地面と道なりから外れた地面……これを辿ればどこかに行けるか?」


蒼野 「とりあえず進んでみるか」ザッザッザッ…











ザッザッザッ…


蒼野 「…」ザッザッザッ… ライトを構えながら警戒して道なりを進んでいく


蒼野 「……」ザッザッザッ…


蒼野 「………」ザッザッザッ…


蒼野 「(…なんもねぇ ずっと同じところをあるってるみたいで進んでるのかわからなくなってくる)」


蒼野「(ほんとに進んでるのか?なんかの能力にかかって永遠に戻されてるんじゃ…)」


蒼野 「(いやでも、今までの経歴からして範囲系能力は俺に影響されてなかったはず それを考えたらその線はないか)」


蒼野 「(だとしたらいつまでこの道が続いてるんだ?この先になにがある 着いたところでここがどこなのかわかるのか?)」


蒼野 「………」ザッザッザッ…


蒼野 「(……てかおれ、なんでこんなところにいるんだ?ここに来る前、なにしてたっけ)」


蒼野 「(たしか永遠亭にいて入院してたはず…その後、依姫と木刀ぶつけ合って………)」


蒼野 「(……その後、なにしてた?たしか……なにか飛んできたような………)」


蒼野 「………」ザッザッザッ…



…よいち


蒼野 「…っん?」フイッ 背後から呼ばれて振り向く


? 「…なにをしてる こんなところで」腰に黒い刀と白い刀をかけた老けた親父が蒼野の背後に立っている


蒼野 「……だれだ?なんで俺の名前を知ってる」


? 「だれだとは…いや、仕方ないか 今のお前は意識が朦朧としてる状態だ わからなくてもしょうがない」


蒼野 「あいにくだが意識はハッキリしてるが」


? 「いやはっきりしてない 今のお前は死ぬ一歩手前の状態だ 生と死の間をさまよっている」


? 「お前はその先に進むべきじゃない 早く来た道を戻れ!!」


蒼野 「…いやだと言ったら?」


? 「死にたいなら行け 死にたくないなら戻れ」ザッザッザッ…


蒼野 「……なんだよあいつ いきなり現れたと思えば変なこと言って」


蒼野 「…まぁいい どうせ進んでもなにも見えなかったし戻るか とりあえずあいつの言うことを信じてやるか」


蒼野 「はやく四季のところに戻らないと」ザッザッザッ…











永琳 「ーっあおの!!目を覚ましなさい!!あおの!!」グッグッグッ!!…


鈴仙 「夜一さん!! 」フーッ!!


四季 「蒼野目を覚ましなさい!あなたはまだ死んではいけません 今死んだら地獄行きですよ!!」


小町 「夜一!頼むから目を覚ましておくれ!ほんとに、たのむよ!!」ジワ…


依姫 「ーっ…やはり援護しに行くべきでした あのとき行ってればこんなことには!!」ギリッ


豊姫 「………」


てゐ 「………」


こいし 「お兄ちゃん死んじゃダメ!生き返ってよ!!」ポタポタ…


妖夢 「夜一さん!!」


蒼野 「」グッグッグッ…


永琳 「うどんげ!今何分経った!?まだ五分経ってないわよね!!」グッグッグッ!!…


鈴仙 「……っ」ググッ… 持っている時計を見て顔をしかめる


永琳 「ーっ…まさか、経ったの………?」サー…


鈴仙 「…五分、二十秒です………タイムオーバーです」ツツー…


四季 「…そんな………」ガクッ…


小町 「っ…よいち!!」ポタポタ…


蒼野 「……っ」ピクッ


永琳 「ーっ!! 今指が…!!」


鈴仙 「っえ!!?」


四季 「あおのっ!?」


蒼野 「……し、き………?」スゥ… うっすらと目を開けて意識を取り戻す


四季 「ーっ…あおの!!」ジワ…


鈴仙 「師匠っ!!夜一さんが!?」


永琳 「急いで検査室に運んで!全身精密検査するわ!」


鈴仙 「はいっ!!」カタッ 用意していたタンカを蒼野の隣に置く


小町 「運ぶの手伝うよ それじゃ乗せるよ!」


鈴仙 「せーの!」ヨット


蒼野 「……わるいな みんな心配かけて」


四季 「ほんとですよ!無理しないと約束したのに…また、ムリして……!!」ポタポタ…


蒼野 「無理はしてないよ 俺が油断しただけだ…まったく、弱くなったなおれも」


永琳 「…あなた、なんともないの?ふつうに話してるけど」


蒼野 「……少し意識が朦朧してるぐらいですかね それ以外はなんとも」


永琳 「五分以上心臓止まってたのよ 生存率もそうだけど後遺症が残る可能性だって…」


蒼野 「あぁ それなら心配いりません 過去に十分ぐらい心臓止まってなんともなかったので五分くらいなんともありませんよ」


鈴仙 「十分っ!!?うそでしょ!?十分はもう生存率ほぼ0よ!!それで生きてたの!!?」


蒼野 「外の世界にいた先生もお前みたいに驚いてたよ 普通なら死んでるのにってな」


鈴仙 「ーっ…」唖然


永琳 「…で、でも一応精密検査はするわ 普通の人間なら後遺症が残ってもおかしくないわ」


蒼野 「すみませんがお願いします」


小町 「よし!それじゃ運ぶよ 鈴仙行くよ!」


鈴仙 「はっはい!せーの」ヨット


小町 「…ほんとに軽いねあんた ふたりで運ぶと凄く軽いよ」


蒼野 「なぜか太らないからな 体重だけは軽いよ」


こいし 「お兄ちゃん…!」ガシッ 蒼野の腕をつかんで涙を流し続ける


蒼野 「…こいし ごめんな?今日は遊んでやれなさそうだ また今度にしてくれるか?」


こいし 「そんなのどうでもいいよ!遊びなんかより…はやく体治して」ポタポタ…


蒼野 「あぁ 元気になったら遊んでやるからな!」ポンッ こいしの頭を撫でて慰める


こいし 「……うん!」グシッ













朝ー蒼野の病室



ガラッ…


菫子 「おはようございます!夜一いるー…?」



妖夢 「すー…すー…」


四季 「すやすや…」


小町 「かー…かー…」さんにん同じ長椅子に座って寝ている


こいし 「すぅ…すぅ…」蒼野のベッドの上に体を乗せて椅子に座りながら寝てる


蒼野 「………」可も不可もない顔色でベッドで寝てる



菫子 「……なんか増えてる」


菫子 「てかまだ起きてないの?いつもならみんなこの時間起きてると思うけど…」



鈴仙 「回診でーす…って菫子さん なんであなたがここに?受付来ましたか?」


菫子 「鈴仙さん 受付誰もいなかったので直接来ました!」


鈴仙 「…無断で入らないでくださいね」


菫子 「まぁそれは置いといて!夜一の様子を見に来たんですけど…なぜまだみんな寝てるんですか?もう起床時間では」


鈴仙 「今絶対安静中なんです 昨日心臓部を木っ端微塵にされたので…」


菫子 「……っえ」


鈴仙 「…あまり言ってはいけないんですがあなたが口外する方ではないとわかっているので教えます」


鈴仙 「昨日ここで佐久間グループの暗殺部隊三人組が襲撃に来て夜一さんが戦いに挑んだんです」


鈴仙 「しかも最悪なことに相手が狙撃手で完全に不利な状況で挑んで…さらに相手は対戦車ライフルまで持ち込んでいたんです」


鈴仙 「夜一さんは不意をつかれて背後から心臓部を撃ち抜かれ…一応劇薬を使って一命は取り留めました 五分以上心臓が止まってたのでもう助からないかと思っていたんですが」


鈴仙 「その後精密検査をして後遺症は残らなかったもののあまりにも体に負担がかかってしまって明日まで安静が必要だと師匠が診断しました」


鈴仙 「…ですが夜一さんの性格上、確実と言っていいほど起き上がろうとするので睡眠薬を投与して寝かせました 明日まで昏睡状態なので起きません」


菫子 「…そうなんだ また夜一ケガしたんだ……」


菫子 「……夜一は明日になったら元気になるの?」


鈴仙 「師匠が言うにはなるみたいです わたしも見る限りだと元気になると思います」


菫子 「それならよかった 元気になるなら心配しなくていいわね!」


菫子 「夜一はわかったけど他のみんなが寝てるのはなんで?そしてなんでこいしがここにいるの?」


鈴仙 「こいしさんは昨日遊びに来たんです その後に襲撃があったのでそのまま滞在してます」


鈴仙 「閻魔様たちはおそらく夜一さんの様子を見るために遅くまで起きてたかと…」


菫子 「……そうなんだ やっぱりみんな心配なんだね 夜一は良い人たちに囲まれたね?」


菫子 「………」スゥ…パシャッ ポケットからスマホを取り出して蒼野の寝顔をカメラで収める


鈴仙 「ちょっ菫子さん あなたなにやってるんですか 寝てる方の寝顔を写真に収めて」


菫子 「いやぁ!夜一って無防備に寝てることほぼほぼないのでこういう時に撮らなかったら収められないんですよ」


菫子 「いつも警戒して寝てるときに写真を収めようとするとすぐ起きて撮れないんです だから今がチャンスだと思い撮りました!」

d('∀'*)


鈴仙 「チャンスって……」



蒼野 「……っんぅ?」スゥ…


菫子 「…あれ、起きた?」


鈴仙 「っえ!?うそっ!!」


蒼野 「ーっ……」ムクッ…ポケー 半寝ぼけの状態で体を起こし起きあがる


菫子 「……あの、明日まで寝てるんじゃ……?」


鈴仙 「そのはずだけど…なんで!?」


蒼野 「っ……」スゥ…ガシッ


菫子 「……っへ?」蒼野に腕を掴まれる


蒼野 「まだねむい……」グイッ


菫子 「ちょっなんわぷ!!」ポスンッ 引っ張られて布団の上に倒れ込む


蒼野 「んー…体勢悪い……」ヨット ベッドの枕元まで腰を持ち上げて壁に寄りかかる


蒼野 「寄りかかりクッション…」グイッ


菫子 「ちょっよいち!!?」///さらに引っ張られて蒼野の太もも辺りまで体を持っていかれる


蒼野 「ちょうどいい……すー…すー…」腕を横になった菫子の背中の上に乗せて寝る


菫子 「ちょっと!?夜一起きて!さすがにこの体勢だとわたし動けないんだけど!!」///


菫子 「乗せるなら仰向けの状態で乗せてよ!そっちの方が私もて動かせるのに!」///


鈴仙 「いやそういう問題じゃないでしょ!」ビシッ


蒼野 「すー…すー……」


鈴仙 「…しかし、起き上がったまま寝てしまいましたか 本来寝っ転がって寝て欲しいんですが」


菫子 「…あの、助けてくれませんか?さすがにこの体勢だといろいろ困るので」


鈴仙 「あっはい 今助けますね」スゥ… 蒼野の手をつかんで菫子の上からどかそうと…


蒼野 「邪魔するな」ガシッ


鈴仙 「…っえ きゃあっ!!」グイッ…ポスンッ 蒼野に腕を捕まれ引っ張られて菫子の上に乗っかる


菫子 「グェェッ!!」ズシッ


蒼野 「すー…すー……」鈴仙の背中の上に手を乗せて寝てる…


鈴仙 「ちょっ夜一さん!?私まで巻き込むことありましたか!?てかなんで私のときだけすぐ気づくんですか!」ムニムニッ


菫子 「…鈴仙さん その胸を押し付けてるのはわざとですか 貧乳に対する嫌味ですか!」ギリギリ


鈴仙 「いや違いますから!夜一さんに引っ張られて菫子さんの上に乗っかってしまっただけです!」


鈴仙 「というかあなたは超能力使えるんですからそれで夜一さんの手をどかせばよかったのでは?」


菫子 「……っあ」ハッ


鈴仙 「…菫子さんって意外に抜けてますね 頭良かったはずでは?」


菫子 「いっいやぁ 夜一が寝ながらとはいえ、寝ぼけて私を引き寄せてきたし、好きな人にそういうことされると気が動転するというか慌てるというか……」///カァァ…


鈴仙 「…好きな方相手だと」


菫子 「夜一 手どかすから変に力入れないでね?」スゥ… 超能力を使って蒼野の手をどかそうと…


蒼野 「…解除」キィンッ


菫子 「……っえ」超能力が強制的に無効されて効果を失う


菫子 「(なっなに?能力が解除された!?夜一が解除って言った瞬間に……)」


鈴仙 「…ねぇ 今能力解除された?背中が軽くなったなと思ったらまた重くなったんだけど」


菫子 「はっはい 夜一の手を持ち上げようとしたら強制的に解除されました なんか解除って言った瞬間に…」


鈴仙 「…夜一さんってなにか能力使えましたっけ?ある意味あの強さが能力ですが」


菫子 「能力は結界を操る能力だと言ってました まだ詳しいことはわからないみたいですが」


鈴仙 「結界を操る?結界を操るってことは…まさか博麗大結界も操れるってこと!!?」


菫子 「うーん…そうなんですかね そこまで強力なものなんでしょうか?」


菫子 「でも今能力が無効にされたのとは別ですよね 私のは結界じゃありませんし」


鈴仙 「たしかに…それじゃなんで能力が解除されたんでしょう」



四季 「…んっ」スゥ…


四季 「……あさ、ですか んんっ!」ググッ…


四季 「ふぅ……っん?」チラッ



菫子 「よいちー起きてよ わたし鈴仙さんに胸押し付けられてキレそうなんだけど!」イライラ


鈴仙 「怒りを私に向けないでくれませんか!?やりたくてやったわけじゃないんですが!」


蒼野 「すー…すー…」


四季 「……えっと、どういう状況ですか?」


菫子 「あっ閻魔様!ちょうどいいタイミングで起きてくれました!」


鈴仙 「助けてください 夜一さんに引っ張られて腕を置く台にされてるんです!」


四季 「なにをどうしたらそうなるのかわからないんですか…今どかしますのでちょっと待ってください」スクッ


四季 「蒼野 手どかしますよ」ヨイショット 鈴仙の背中の上に乗せられてる蒼野の手を普通にどかす


蒼野 「すー…すー…」


鈴仙 「…なんで閻魔様は普通にどかせるんですか?私のときは掴まれて邪魔するなと言われたのに」ヨット


菫子 「おそらく警戒してるかしてないかの違いだと思います 閻魔様には完全に警戒してないから寝てるときでも反応しないんだと思います」ヨイショッ


菫子 「わたしは写真が普通に取れたのでおそらくタイミングが悪かったのかと」


鈴仙 「っえ てことはわたし、警戒されてるってこと?看病してるのに!?」ガーン


菫子 「いえ、警戒はそこまでしてないかと思います もし完全に警戒してたら掴まれるどころか拳や刀が振ってきますから」


鈴仙 「なにそれこわい 拳はともかく刀で切られたら死ぬわよ」


鈴仙 「よかったーそこまで警戒されてなくて もしこれで警戒されてたらショックが大きいわよ 入院してるとき毎日看病してるのに」


菫子 「…それ、仕事だからしてるだけじゃ」


鈴仙 「仕事以外でもしてますよ 休みの日も夜一さんだけ特別に診察や看病を……っ!!」ハッ


菫子 「……特別に?」


鈴仙 「あっい、いえ!!なんでもないです 今のはつい口に出てしまっただけで……」///カァァ…


菫子 「………」ジー


鈴仙 「っ……」///タラー…


四季 「…まぁそれはさておき 鈴仙さん蒼野の様子はどうですか?とくに問題はなさそうですか」


鈴仙 「っえ あっはい!今見て見ます!」///アセアセ


菫子 「(…鈴仙さん 夜一に惚れたわね じゃなきゃ特別扱いなんてしないはず)」


菫子 「(夜一はほんといろんな人に好かれるなー これ以上惚れられるとわたしの出番が減らされちゃう!?)」←メタイ!!


鈴仙 「………」スッ…グッ おでこに手を当てたり手の脈を測って検査してる


鈴仙 「(脈拍異常なし 熱もなし 睡眠に異常は見られない…状態は正常ね)」


鈴仙 「(睡眠薬を投与したのに起きたのが謎だけど なにもないようでよかった)」


鈴仙 「(これなら明日になったら元気になってるわね ほんとに特殊な身体してるなこの人…師匠が目をつけるのもすごくわかる 私も興味が湧くなぁ)」


鈴仙 「(…昨日依姫様相手に立ち向かってくれてかっこよかったなぁ 夜一さんだって依姫様の強さを見せつけられたから勝てないことはわかってたはずなのに……)」///


鈴仙 「(…これが誰かを好きになるって気持ちなのかな?ただ嬉しかっただけなのかな こういう気持ち初めてだからよくわからない……)」///


鈴仙 「(しかも相手は人間よ?妖怪が人間相手に惚れるなんて…)」///



四季 「小町起きなさい もう朝ですよ」ユサユサ


小町 「んぁ…?あ、おはようございます もう朝ですか」パチッ…


四季 「妖夢さん起きてください 朝ですよ」ユサユサ


妖夢 「んっ……あさ?」スゥ…


妖夢 「……っは!?しまった!夜一さんの様子を見てる間に寝てしまいました!」


妖夢 「夜一さんはだいじょうぶで……」



菫子 「おはよう妖夢!夜一ならだいじょうぶだよ」


四季 「今鈴仙さんに見てもらっているところです 見た感じでは平気そうです」


鈴仙 「っ……」///プシュー…


妖夢 「……あの、鈴仙さん?なんか顔が赤くなってますがどうかしたんですか?」


鈴仙 「っえ!?あっいや、別になんでもないよ ちょっと暑いから赤くなってるのかな?」///アセアセ


妖夢 「…暑いですか?そこまで暑くないような気がしますが」


鈴仙 「私は暑いんです!あなたは寒くなくても私は暑いのです!!」///


菫子 「鈴仙さん言葉がおかしくなってます だれも寒いとは言ってません」


四季 「………」


小町 「ふぁぁ…!よく寝たよくねた」フゥ…


小町 「夜一の様子はどうだい?とくに問題はなさそうだけど」


鈴仙 「え、えっと そうですね…とくに問題はありません おそらく明日には元気になってるかと思います」///


小町 「それならよかった!それを聞いて安心したよ」


小町 「四季様 夜一は平気そうですしどこか朝飯食べに行きませんか?人里の食堂になってしまいますが」


四季 「…そうですね どこか食べに行きましょうか」


菫子 「それじゃ私が夜一を見てるので安心して食べてきてください!」


妖夢 「私も残って様子を伺っています 菫子ひとりではなにかとあぶない気がするので」


菫子 「それどういうこと!?わたしひとりだとなにか危ないの!?」


妖夢 「ある意味あぶないです 夜一さんを見る目がかなりいやらしいので寝てる間になにかするんじゃないかと思っています」


菫子 「さすがに寝込みを襲うよなことはしないからね!?写真くらいなら撮るけど、それ以上のことは起きてる時にしか頼まないから!」


鈴仙 「頼んでるんだ…その言い草だと」


菫子 「あっ…」


四季 「…あまり変なことは頼まないようにしてくださいね 蒼野は罪を償ってる最中なんですから」


菫子 「はーい…(まぁふつうに頼むけど)」


四季 「それでは妖夢さん すみませんが蒼野のことをよろしくお願いします」


妖夢 「はい 任せてください!」


菫子 「あれ!?わたし最初から期待されてない!?」ガーン


四季 「あなたは蒼野に害を与えるものが現れたとき対処をお願いします それ以外はしなくていいです」


菫子 「ひどいっ!!」











ヒュー…ヒラヒラ…… 蒼野の病室にかけられているカーテンが風でなびいて心地よい空気が吹いている


蒼野 「すぅ…すぅ……」


こいし 「むにゃむにゃ…すぴー……」未だに蒼野のベッドに身体を預けて寝てる


菫子 「………」パシャシャシャシャシャシャ… スマホの連写機能を使って蒼野の寝顔をめちゃくちゃとってる


妖夢 「…あの、菫子さん さっきからものすごい音が鳴ってるんですが」


菫子 「気にしないで それより今は話しかけないで どの角度で撮ればきれいに撮れるか考えてるから」ンー…


妖夢 「…そうですか(これ睡眠薬飲んでるから寝られますがただ普通に寝てたらぜったい起きますね…音もけっこううるさいし)」


妖夢 「…こいしさん朝ですよ そろそろ起きてください」ユサユサ


こいし 「えへへ〜…もう食べられない……すぴー…」


妖夢 「あなたは幽々子様ですか… いつまでも寝てたら体に悪いですよ 起きてください」ユサユサ


こいし 「んー…んぅ?」スゥ…


妖夢 「おはようございますこいしさん もう朝なので起きてください」


こいし 「ふぇ?もう朝かー まだ眠いよー…」ファァ…


こいし 「……そうだ お兄ちゃんは?」


妖夢 「だいじょうぶです 今日一日はずっと寝てるみたいですが明日には元気になるそうです」


こいし 「それならよかったー!お兄ちゃんが無事でほんとによかったよ」


こいし 「もし死んじゃったらどうしようかと思ったよ ほんとに…よかった」


蒼野 「すー…すー……」


こいし 「…それにしても なんでお兄ちゃん座りながら寝てるの?横になって寝てなかったっけ」


菫子 「さっき起き上がって私と鈴仙さんを襲ったときにこうなったの」パシャシャシャシャシャシャ…


こいし 「……っえ 襲った?」


妖夢 「菫子さん…それだと誤解されるのでちゃんと説明してあげてください」


菫子 「だってほんとだもん 寝ぼけながら腕引っ張ってきて私をベッドの上に乗せたもん」タタタ…


妖夢 「引っ張りあげただけでなにもされてませんよね?鈴仙さんから話し聞いた限りだと」


菫子 「背中を触られました」パシャシャシャシャシャシャ…


妖夢 「触られたって…乗せられただけですよね というか何枚撮ってるんですか……」



ガラッ…


依姫 「邪魔します」


豊姫 「失礼するわね」


妖夢 「依姫さん豊姫さん おはようございます」


依姫 「おはようございます 蒼野の様子はどうですか?八意様が申される限りだと問題ないと仰っていましたが」


菫子 「だいじょうぶですよ 今のところ私たちが見ても平気だとわかるほど安定してます」


菫子 「まぁ少しトラブルはありましたが…」


依姫 「トラブル…?」


妖夢 「私が説明します 菫子さんに話させると誤解を招くので」



妖夢説明中…


妖夢 「…ということがありまして」


依姫 「なるほど…今の現状はそういうことでしたか」


豊姫 「睡眠薬を投与して起きるなんて…やっぱり普通じゃないわねこの人間」


こいし 「お兄ちゃんすごーい!まるで化け物みたい!!」

*・'(*°∇°*)'・*


妖夢 「ちょっこいしさん さすがにそれは失礼かと……」


菫子 「でもほんとに化け物みたいだよね ただの人間が斬撃を飛ばしたり常人をはるかに超える速度で走ったり、16だとは思えないほどの力を持ってたりといろいろありえないことばかりよ」


菫子 「わたしは超能力使えるから常人離れした力を使えるけど、それに対して夜一は自分に対する力を上げる能力じゃないのにあの動きだよ?化け物って言われてもしかたないよ」


菫子 「……てか、夜一を化け物と思わない方っているのかな?大抵の方は化け物と思うけど」


依姫 「………」思ってる方1


豊姫 「………」思ってる方2


妖夢 「………」思ってる方3


こいし 「………」思ってる方4


菫子 「……やっぱりみんな思ってるのね まぁわたしも思ってるけど」思ってる方5



ガララっ…


鈴仙 「失礼します 点滴を入れ替えに来まし…」


依姫 「…おや鈴仙 あなたちょうどいいところに」


鈴仙 「」ダッ!! すかさず通ってきた道を全速力で戻り出す


依姫 「逃がしませんよ」スゥ… 刀を出して【衹園様の力】を出そうと…



蒼野 「…刀は抜くなよ 敵として見てないならよけいな敵意は見せるな」


全員 「「ーっ!!?」」ドキッ!!


蒼野 「すー…すー…」


妖夢 「……よ、夜一さん?あなた起きて……?」ジー


菫子 「…夜一?」ツンツンッ


蒼野 「すー…すー…」


こいし 「……寝てる、よね?寝息たってるけど」


豊姫 「嘘でしょ!?今話しかけられてじゃない!!まさか寝言なの!?」


依姫 「私の行動に反応したと言うことですか…でも睡眠薬を投与されてるにもかかわらずそれに気づくことができるとは」


全員 「「(やっぱり蒼野(夜一)は化け物だ…)」」


蒼野 「すー…すー…」




? 「………」竹の枝の上に乗って蒼野の個室に取り付けられてる窓から様子を伺っている


? 「………」カチャカチャッ…スチャッ ハンドガンを構え、寝てる蒼野の頭部に狙いを定める



バァンっ!!!!バスッ


全員「「ーっ!!?」」



蒼野 「……不意打ちか 姑息な真似を」ウトウト… 殺気に勘づいてすぐ起き上がり壁に銃痕を付けられるが睡眠薬がまだ身体中に効いていてだるさが取れない


菫子 「夜一!あなた起きて…」


蒼野 「菫子 俺たちを囲うように念力の壁を張れ!銃弾を跳ね返せるようにしろ!」


菫子 「っ! わかったわ!」キィィン!!!!…


蒼野 「ーっ…くそ」ボー…


蒼野 「(視界がぼやける…頭もぼーっとする 睡眠薬がまだ抜けてない……まともに動けねぇ)」ウトウト…


蒼野 「(やっぱり睡眠薬は投与するもんじゃねぇ このままだとまずい…!!)」ギリッ


依姫 「…蒼野 あなたは下がってなさい ここは私が相手します」スー…スチャッ 刀を抜いて窓の方へ向けて構える


蒼野 「お前が相手しなくていい 俺は奴らの始末許可を出されてるがお前は出されてないだろ」


蒼野 「下手に殺して悪者になっても困る だからよけいなことはするな」スチャッ… ベッドの下に置いてあった闇の刀を鞘から抜き構える


依姫 「今のあなたの容態は最悪だと見受けます その状態でまともに戦えるんですか?」


蒼野 「だいじょうぶだ 昔も大熱出してるときに奴らが攻めてきたことがあったが全員倒してやった だから心配しなくても…」


依姫 「…」スゥ…



トスッ!!


蒼野 「かはっ!? っ…」バタンッ… 依姫に首元に手刀で叩かれ気を失う


依姫 「…すみません これ以上あなたに無理はさせられません」


依姫 「お姉様 蒼野のことをよろしくお願いします」


豊姫 「あなたひとりでだいじょうぶ?」ヨイショッ


依姫 「はい この程度の攻撃なら防げます あとは能力無効と相手の能力に気をつければいけます」


妖夢 「私も行きます!ひとりでは危険です まだ未熟者ですが微弱ながらも加勢します!」


依姫 「いりません 私ひとりで充分です あなたは万が一、奴らがここへ攻めてきたら皆さんを守ってください」


菫子 「守りなら私がなんとかします ひとりでは危険すぎます!」


菫子 「相手は佐久間グループのひとりです いくら依姫さんが強くても相手が悪すぎます!!」


菫子 「蒼野がやっとの思いで倒した相手です 警戒してもひとりでは絶対に行ってはいけません!!」


依姫 「……そこまで強く言われると多少なりとも不安が過ぎりますね わかりました」


依姫 「では妖夢 あなたの力をお借りします ついてきてください!」


妖夢 「はい!」



ガァアァァァーッ!!!!


全員 「「っ!!」」


妖夢 「今の声は…もしかして、誰かが襲われてる!?」


依姫 「急いで行きましょう!」


妖夢 「はい!」


タッタッタッ!!…








竹林内部



? 「…御館様からケガしてる蒼野を狙うなと言われてよな 貴様は掟も守れないのか」


? 「ーっだ だって!弱ってるところを狙った方があいつを殺せる……!!」ガタガタ…


? 「それでは計画が進まないと言われたよな 貴様は計画そのものを破綻させるつもりか!!」


? 「ひぃぃっ!!」ビクッ!!


? 「もういい 死ね!!」ダンっ!!



? 「」ぐしゃぁっ!!!! ?がその場で足を踏み込むと?は押しつぶされて骨がぐちゃぐちゃになる


? 「…ふん 使い物にならないやつめ」



…ザザっ!!


依姫 「いました はぁーっ!!」サンッ!!


? 「っ!」シュンッ 依姫の攻撃を軽々と避ける


依姫 「っ!(この方、不意打ちをいとも簡単に…)」



妖夢 「やぁーっ!!」ヒュンッ!! 依姫とは真逆の方から攻めて背後から攻撃を…


? 「甘い」ダンっ!!


ぐしゃぁっ!!!!


妖夢 「ーっかはぁ!!?」ミシミシッ 骨は折れていないものの重力が何倍も重くなり押しつぶされる


依姫 「妖夢!!」


? 「…刀 蒼野と同じ類か」


? 「だがそんなものでは俺を倒せんよ 接近戦なんかで勝てると思うなよ」


依姫 「きさま…妖夢になにをした!!」ダッ!! ?に駆け込み切りつけようと…


? 「無警戒すぎる」ダンっ!!



ぐしゃぁっ!!!!


依姫 「ーっくぅ!!」ミシミシッ… 同じく重力が何倍も重くなり押しつぶされる


? 「……お前たちは蒼野の仲間か かわいそうに…あいつの仲間じゃなければ手を出すマネはしなかったのに」


? 「わるいが俺は弱いものいじめをする趣味はない このままだと苦しみながら死ぬから楽に殺してやるよ」スゥ…


依姫 「ーっなめるなぁ!!」グググッ…サンッ!! 重くなった重力に逆らい刀を突きつけ…


? 「じゃまするな」ダンっ!!



ぐしゃぁっ!!!!!!


依姫 「かはぁーっ!!!!」ガハッ!! さらに強く押しつぶされてヨダレが吹き出る


? 「……驚いた この重力を耐えるか 貴様なかなか鍛えてるようだな」


妖夢 「ーっ…じっ重力……?」ミシミシッ…


グラビティ 「俺はグラビティ その名の通り能力も重力を操る」


グラビティ 「対象者または部分箇所の重力を何倍にも上げて押しつぶす それが俺の能力だ」


グラビティ 「そこの小娘は三倍上げてるがお前は六倍に上げている なのに耐えてる」


グラビティ 「だがその状態ではどうにもならんだろ ここまで重力を上げられたら身動きひとつ取れん」


依姫 「ーっく…!!」ミシミシッ…


依姫 「(迂闊でした…この方がこんな能力を使うなんて!!)」


依姫 「(このままではまずい どうにかして体制を取り戻さなくては…!!)」


グラビティ 「これ以上苦しむのは嫌だろう じゃあな」スゥ… 足を上げて踏み込もうと…



…ーっシュン!!


グラビティ 「っ!」ヒュンッ…スタッ 矢が脳天めがけて向かってきて瞬時に能力を解除し避ける


グラビティ 「(矢か…先ほどの銃声でバレたか)」


依姫 「今の矢は…八意様!!」



永琳 「…これは一体どういうことかしら?」ザッザッザッ…


永琳 「しかも私の弟子が倒れてるなんて…あなた、なにをしたのかしら」ビキッ


グラビティ 「別になんもしてない ただこの者たちのいる場所だけ重力を何倍にもしてるだけだ」


グラビティ 「いつまでもこのままじゃかわいそうだからトドメを誘うと思ってたんだが…邪魔が入ったよ」


八意 「殺そうとした…へぇ 私の弟子を殺そうとするなんて、あなた いい度胸してるわね」ブチッ


八意 「いいわ なら私が相手してあげるわ 簡単に死ねるとは思わないことね!」スゥ…ギリリッ!!!!


グラビティ 「っふ やってみろ?」スゥ… 足を上げて踏み込もうと…


依姫 「ーっ!! 八意様逃げてくださ…」



ーッヒュオォォン!!!!!!


全員 「「ーっ!!!!」」ゾクゥッ!!



…ザッザッザッ


蒼野 「………」ザッザッザッ 闇の刀を片手に持ちグラビティから約五m離れた場所で立ち止まる



永琳 「蒼野!?なんであなた、まだ睡眠薬が聞いてるはずなのに!!」


依姫 「ーっ…もう目を覚ましたんですか?」



蒼野 「……てめぇ いったいなにをしてんだ?」


蒼野 「おれの仲間に手を出すたァいい度胸してんじゃねぇか 殺してやるよ」スー…スチャッ 刀を抜いて構える


グラビティ 「ーっ…」タジ…


グラビティ 「(なっなんだ?この気迫 近くにいるだけで気が狂いそうだ 殺意と圧が一緒に襲って…!!)」ジリ…


蒼野 「…」スゥ…



スパッ!!


妖夢 「ーっえ!?」



蒼野 「…」ポタッポタッ… 自分の親指を軽く切り血を流す


永琳 「…あ、蒼野?あなた一体なにを……」


蒼野 「………」ビチャッツツー… 刀に自分の血を擦り付けて赤くさせる


依姫 「(…いったい、なにをしてるんでしょうか?自分の指を切ったと思ったら血を刀に擦り付けて……?)」


グラビティ 「…なにしてんだおまえ わけわかんねぇことしてんじゃねぇそ!!」スゥ… 足を上げて踏み込もうと…


蒼野 「…闇ノ太刀 逆鱗 魂吸両断」ヒュンッ…



グラビティ 「ーっな!?(消え…)」



蒼野 「」ザンッ!! 光の速さでグラビティの中心を下から上へ切りつけ背後に回る


グラビティ 「た……?」



妖夢 「……っえ」


依姫 「(みっ見えなかった……早すぎてなにも………)」


蒼野 「……全員見るな 目を閉じろ」スチャンッ


妖夢&依姫 「っ!」グッ


グラビティ 「はっ?見るなってなにを言って……」ズル…


グラビティ 「…あれ?なんだ 視界がおかしく……」グラ…


ドサッ…ビチャビチャ……… 縦真っ二つに切られて臓器がボトボトと地面に撒き散らし倒れる



永琳 「ーっ……」ウッ…


蒼野 「…先生 目を閉じるよう言いましたよね なぜ開けてるんですか?」


蒼野 「見て気持ちいいものじゃないから見るなと言ったのに…」


永琳 「……あなたはすぐ無理するから目を閉じずに見てたのよ まして睡眠薬を投与してるのに起きてるんだからよけいに気にするわ」


蒼野 「それは…すみません 無理をして起きていま……」フラ…



バタンっ…


永琳 「……っえ ちょっ蒼野!?」ザッザッザッ!!


蒼野 「ーっ…(体力使い果たしたか…さすがに闇ノ太刀を今の状態で使うのはきつかった)」


蒼野 「(闇ノ太刀は一気に体力持っていかれるから病み上がりの状態じゃ無理か 身動き取れなくなるのは誤算だった)」


永琳 「蒼野だいじょうぶ!?意識ある?」


蒼野 「あります…ただ、今の技を使ったせいで完全に体力使いました 身動きひとつ取れません」


蒼野 「なにか体力戻す薬はありませんか?前にもらった増強剤でも戻りそうですが」


永琳 「また無理して身体崩してもこまるからダメよ 部屋まで運ぶからじっとしてなさい」ヨット


蒼野 「ですが死体を片付けないと さすがにあの状態で放っておくのは…」


永琳 「私が片付けておくわ あと臓器なんかは洗って使える部分は回収させてもらうから」


蒼野 「……恐ろしいこと言いますね ちょっと聞きたくなかったです」


永琳 「依姫、妖夢 あなたたちの目の前では目を開けちゃダメよ 開けるなら後ろを向いてからにしなさい」


依姫 「わかりました」ヨット…クルッ


妖夢 「こっちはだいじょうぶですよね」


永琳 「えぇ そっちはへいきよ ぜったいに後ろ向いちゃダメよ」


妖夢 「わっわかりました」


依姫 「…蒼野 すみません、助かりました あなたを無理させまいと気絶させておきながら助けていただいて…」


蒼野 「気にすることはない むしろ俺の方が謝らないといけない」


蒼野 「お前たちを巻き込んだのは紛れもなく俺だ 俺と関わってなければこんなことにはならなかった…危ない目にあわせてすまない」


依姫 「そんなことは…」


永琳 「依姫 今は休ませることを優先したいから話しはまた後でにしてちょうだい」


依姫 「…わかりました」


妖夢 「夜一さん 刀を持ちます!」スチャッ


蒼野 「わるい 助かる…」


永琳 「(あとで閻魔様にも伝えないと)」


ザッザッザッ…