2022-05-05 22:08:16 更新

概要

つづきです。


11/3 文化の日 

「……人、多くないですか?」

『多い方が楽しいですから』

「……にしても」

『誘ってくれてさんがーつ!』

「姉様と遊園地来るなんて……」

『葵先輩に誘われただけだからね』

「結璃愛、私まで良かったの?」

「俺まで来る必要ないんじゃねーか?」

『漣君はウチの彼氏だし!』

「葵と来れて嬉しい!」

『真冬はさぁ』

「8人では乗れなくないですかね?」

『貸し切りました!』

(こっわ)

「お化け屋敷行かない?」

『行く!!』

「姉様!?」

「えぇ〜」

『本当ですか?』

『ウチは行く!ほら漣君?』

ぐいっ

「うおっ!?」

「ちょっ引っ張らないで下さいよ!」

(この人達怖い……)

数分後

「きゃあああっ!!」

『キャハハッ』

(怖すぎる……)

(やべぇ……)

(なんなんだよこれ……)

「うわぁああん!!!」

『杏菜…よわっ』

「姉様!?」

「次はどこにします?」

『メリーゴーランドです!』

「了解です」

『葵は馬に乗ってる時が一番楽しそうだよね〜』

『だって好きなんだもん♡』

「良いんですか?動かないやつで」

『旦那様と乗りたいからです』

「2人でまたがれば良くないですか?」

『それもそうですね』

「じゃあやりましょうか」

(なんか恥ずかしいな)

(でも密着できるチャンス!)

(ドキドキする)

「俺が前に乗りますね」

『はい♪』

ぎゅっ

(この感触は……結璃愛さんの…胸!?)

(や、やわらかい)

「動き出しましたよ!」

『はい!』

くるっ

「えっ?」

『えへへっ』

「ちょっと待ってくださいよ!」

『嫌で〜す♡』

「もう1回やり直せば良いじゃないですか!」

『きゃっ♡』

むぎゅっ

(あ、当たってますよっ!)

「ごめんなさい……」

『いえ……大丈夫です……///』


「楽しかったですね」

「どうだった?」

『旦那様の背中……頼もしかったです』

『意外に筋肉あるよね』

「何で姉様が知ってんのよ!」

『採寸したときに見てるからね』

「そっか……」

『旦那様に抱きついても良いですか?』

「良いですよ」

『ありがとうございます』

ギュッ

「後ろからなんですね」

『そういう気分です』

「顔見られるより安心するので」

『可愛いところありますね』

「結璃愛さんの方が可愛らしいですよ」

『……そんなことありませんよぉ///』

「お昼にしましょうか」

『はい♪』

「何食べんの?」

『ウチはピザ!』

「ハンバーガーかな」

「私はラーメンよ!」

『あ、被った』

「じゃんけんしましょ!」

『負けないぞー!』

「勝った!」

『負けたぁ!』

「これでラーメンは私のものよ!」

『じゃあうどんで良いや』

「俺はオムライスですかね」

「葵は何にする?」

『ハンバーグ定食!』

『葵先輩、一口交換しませんか?』

『もち!』

「結璃愛さんはどうします?」

『カルボナーラで!』

「分かりました」

注文後

「ここ広いですよね」

『桜坂家の所有する土地を使って20年前に建てられたんです』

「凄いですよ」

『ウチも欲しいな~!』

「土地なんて持ってても良い事ないわよ?」『えぇ〜』

「私達は家があるからいいけどね〜」

『羨ましい……』

「お待たせしました〜」

「いただきま〜す」

『美味しいね〜』

「うん!」

『旦那様の料理には敵わないけどね』

「そんな良いものでもないですよ?」

『美味しいです!』

「どっちに言ってんのよ」

『どっちにも!』

「美味しいですね!」

『はい♡』

(幸せだなぁ)

(こんな時間がずっと続けば良いなぁ)

「2人って本当仲良いわよね」

「当然です!夫婦なんですから!」

『……旦那様ぁ///』

「イチャイチャすんなぁ!!」

『あれ?食べないの?』

「俺が食べさせましょうか?」

『お願いします』

「はい、あ~ん」

ぱくっ

(恥ずかしい……)

(恥ずかしがる旦那様も素敵……)

「あんまり見せつけちゃダメだよ?」

「分かってますよ!あっ結璃愛さん、俺のも一口どうですか?」

『はい♪』

「はいあ〜ん♡」

『パクっ♡』

『おいひぃれふぅ♡』

(甘々すぎる……)

「ごちそうさまでした!」

『ご馳走様でした♡』

「デザート頼みます?」

『はい♪』

数分後

『さっきのお返しです♡どうぞ♡あーん♡』

「んっ!美味しいです!」

『良かったです♡』

「こいつらバカップルや……」

『うへへへへへへ』

「姉様キモいわよ」

『酷い!!』

「午後はどうします?」

『ウチまだ遊びたーい!』

「そうね!」

『賛成!』

「どこ行きたいですか?」

「ジェットコースター!」

『コーヒーカップ!』

「俺は酔うのでパスで」

『私と旦那様は…2人で何か別のものに乗りましょうか』

「そうですね」

「結璃愛さんは何乗りたいですか?」

『私は何でも大丈夫なのでお任せしますよ?』

「じゃああれにしません?空中ブランコ!」

『はい!』

『ウチらは観覧車乗ろっか♪』

「了解です!」

『行ってくる!』

「楽しんできて下さい♪」

〜その頃の3人は〜

『葵先輩、あの二人ヤバイです!』

『分かっちゃう?』

「何話してんのかしら?」

『気になるね』

「盗み聞きしてみようかな?」

「盗聴器でも仕掛けるか?」

『それ犯罪じゃない!?︎』

『バレたら怒られるかもね〜』

「バレなきゃ問題ないんだよ」

「最低ね……あんたら」

『杏菜も気を付けた方が良いよ』

「何がってうわあああっ!?」

『きゃーっ!』

「楽しー!」

「楽しいね〜♪」

「そ、そうね」

『次はアレにしましょ!』

「分かった!」


『次はこれです!』

「ジェットコースター!良いですね」

『……掴んでいても良いですか?』

「もちろんです!」

『ありがとうございます!』


「結構登りますね」

『祖父が絶叫好きなもので』

「なるほど」

「もうすぐ頂上だね〜」

『楽しみです♡』

「流石に高すぎません?」

『ぎゅってして良いですか?』

「あっはい」

ぎゅっ

「近くなあああっ!?」

『きゃあーっ!』

「怖かったぁ……」

『ドキドキしました……』

(近い……カッコよかったなぁ……)

(顔真っ赤にして可愛いなぁ)

(キスしたい……)

(今なら誰も見てないし、してもバレないかも……)

(よしっ)

ちゅっ

『えっ?』

「……///」ぷいっ

『……///』

(唇柔らかっ……)

(旦那様からしてくれた……嬉しい……)

「……///」

『……///』

((幸せぇ……))

「……何してんの?」

『仲良いよねー!』

「『あっ』」

「『なんでもない!!︎』」

((見られてないよね?))

「もう1回!もう1回!」

『ええっ!?』

『もう1回!もう1回!』

「姉様!?」

『杏菜もやんなよ』

「は!?」

「『やりませんよ!?』」

「残念……」

『ほんっと!』

『じゃ先輩がやってくださいよ』

『なっ!?』

「葵?どーする?」

『漣君がしたいなら……』

「マジで言ってる?」

『うん……』

「じゃあやりまーす……」

『ちょっまっ!』

「ん……」『んぅ……』

「『…………』」

(やばいめっちゃ柔らかい……)

『あんな風に見えていたんですね……』

「恥ずかしいですね」

『でも見てるとしたくなりません?』

「俺も同じ気持ちでした」

ちゅっ

「また来年も来たいな〜♪」

『そうですね♪』

「今度はみんな一緒に!」

『はい!』

〜その頃の3人〜

『なんかイチャイチャしてたね〜』

「そうね!」

『ああいうの見てると彼氏欲しいな~って思うなぁ』

「姉様はモデルが欲しいだけでしょ!?」

『バレた?』

「バレバレです!」

『だってさ〜、杏菜みたいな子が彼女だったら毎日楽しいだろうなって思って♪』

「姉様ぁ!?」

『私も葵先輩みたいなお嫁さんになりたいです♪』

「結璃愛さんまで!?」

『何だよそれ~っ///』

「あ、照れてる」

『ふふっ♡』

「うわっ!急に抱きつかないで下さい!」

『嫌です!』むぎゅーッ♡

〜その日の夜〜

「最後に観覧車乗りません?」

『はい♪』


「綺麗ですね〜」

『そうですね〜』

「今日は楽しかったです」

『こちらこそありがとうございました♪』

「あのっ」

『はい?』

「好きです」

『分かってますよ』

「可愛いです」

『……もぉ///』

「抱きしめて良いですか?」

『どうぞ……優しくお願いしますね?』

ギュゥ……♡

「好きですよ。大好き。誰よりも。ずっと側に居てください」

『はい……喜んで……♡』

((このまま時間が止まれば良いのに…))

「そろそろ帰りましょうか」

『はい。でもその前に……』

「分かっています」

ちゅっ……♡

『お家に帰ったら……もっかい……キス、しませんか……?』

「もちろんいいですよ」

『でもその前に』

チュッチュッ……♡

ガチャリ

『おかえりー!』

「そろそろ帰るか」

「そうね!」

「そうだな」「ただいまー!」

((あれ?どこに行ったんだろう?))

〜その後〜

『ねぇ!今から花火上がるから見に行きたいんだけど!』

「俺は別に良いけど……」

「私は行きたくない……」

((結璃愛と杏菜がいない!!︎))

「結璃愛さん?どこですか?」

『杏菜?ねえ杏菜!?』

『いないの?』

「はい!」

『ウチらも探してみる!』

「分かりました」

(絶対何かあったんだよな……)

その頃

『旦那様……?』

「姉様?……これもしや迷った?」

『どうしよう杏菜!』

「ケータイ繋がらない……」

(電話しても出ない……)

(メールも返信がない……)

「とりあえず探しましょ」

『うん……』

(どこにいるのかしら……)

その頃

「結璃愛さん?結璃愛さん!?」

『杏菜!どこ!?』

「姉様!」

『旦那様っ!』

『杏菜~!』

「結璃愛さん!大丈夫ですか!?怪我とかしてないですか!?」

『はい……。少しだけ擦り傷があるくらいで特に何もありません』

「良かったぁ〜!」

『心配かけてすみませんでした……』

「いえ、大きなケガがなくて良かったです!結璃愛さんに何かあったらどうしようかと」『本当にごめんなさい……』

「もう謝るのは無しにしましょう。無事だったんですからそれで十分じゃないですか?」

『……はい♪』

〜数分後〜

「じゃあそろそろ帰ろうぜ」

「えぇ、そうしましょ」

『夜ご飯何が良いですか?』

「結璃愛さんにお任せします」

『うーん……焼き肉食べたいです!』

『ウチらも一緒に行って良い?』

「もちろんです!」

『私達も加わろうかな』

「……そうね!」

「みんなで食べる方が美味しいもんな!」

こうして俺達は焼き肉に行く事になった。そしてその夜は焼肉パーティーになった。

「何頼みますか?」

「カルビ、ロース、ハラミ!」

『あとはタン塩、ハツ、ホルモン、クッパ、冷麺、ユッケ、上ミノ、レバー、コブクロ、豚トロ、鶏皮、トンテキ、牛テールスープ、キムチ、それから……』

「た、頼みすぎよ!?」

『7人だしこんなものじゃない?』

『……ないじゃん』

「えっ?」

『白米ないじゃん!』

「あっ……忘れてました……」

((確かにお腹空いたかも……))

「それから野菜頼みなさいよ!」

「サンチュとサラダ頼みますね」

『では注文しちゃいますね♪』

20分後

「結構来たな……」

「そうですね……」

((まだ来るの?))

ピンポーン

『はいはーい!』

((やっときたー!)

(早く食べたいな〜))

「ありがとうございます〜」

『さあ!どんどん焼いてくぞー!!』

「俺も手伝います」

『さんがーつ!』

「はい!」

「結璃愛さん焼けたものを皿に乗せていってください!」

『了解しました!』

「杏菜ちゃんもお願い!」

「うん!」

20分後

「よし!全部焼けたか?」

「そうだね」

『いただきまーす!』

『おいひ~♪』

「はい!」

「サラダが美味しいわー!」

『杏菜は肉食べた方が良いよ』

「ちょっとちょうだい!」

『自分で焼けよー!』

『それも美味しそうですね!』

「あーんしてあげましょうか?」

『お願いしま~す♪』

「はいあーん♪」

『んっ♪おいひ~でふ♡』

((なんかイチャイチャしてる……))

((やっぱり夫婦だよね……))

((でも羨ましい……))

『もう一口下さい♪』

「どうぞ!」

『んっ♪』

「美味しいですね!」

『私からもどうぞ♪』

「ありがとうございます!」

『あーん♪』

「はい!……うん!美味しいです!」

『良かったです♪』

「杏菜もほら!あーん!」

「ちょっ!?恥ずかしいんだけど!?」

『いいから!はい!あ〜ん』

「……パクッ……うん!おいしい!」

『良かったー』

「はいあーん」

『んっ♪とてもおいひーれふ♡』

「結璃愛さんが美味しそうに食べてるとこっちまで嬉しいです」

「私にもやって欲しいわね」

「はい、姉様」

『私も〜』

「じゃあ順番にやりましょうか?」

『それじゃあ旦那様が私以外のものになったみたいで嫌です!』

「……やめときますね」

『結璃愛って独占欲強いよねー』

『そんなことありません!!』

『あると思うけどなぁ……』

〜完食!〜

「ごちそうさまでした」

「ご馳走様でした」「ご馳走様でした!」

「お会計いくらですか?」

「私が払うわ」

「良いんですか?」

「桜坂ほどじゃないけど、全員分の食費を払う余裕はあるわよ」

「ありがとうございます……」

「気にしないで良いのよ?それより帰りましょう」

「はい!」

『また来てくださーい!』

「今度は1人で来ようかしら?」

『1人焼肉?寂しくない?』

「流行ってるわよ?」

「そうなんだ……」

「次はどこ行きます?」

「ゲーセンとか行ってみる?」 

『今日はもう帰りたいです』

「珍しいわね」

『……ふわあぁ』

「眠いんですね」

「そういえば朝早かったもんね」

「寝てもいいですよ」

『そうしますぅ〜♪』

「では解散ということで」

「そうね」

「明日は休みだからゆっくり休んでくださいね」

「そうさせて貰うわ」

「おやすみなさい」

『……すぅ……すぅ……zZ』

「帰りましょうか」

翌日

「おはようございます!」

『おはようございます!』

「昨日はよく眠れましたか?」

『バッチリです!』

「今日はどうします?」

プルルル

「あれ?電話鳴ってますよ」

『はい』

「もしもし桜坂です。えぇ……わかりましたすぐ向かいます」ガチャ

「何かあったのかしら?」

「桜坂さんのお父様からの呼び出しらしいです。急いで準備しましょう!」

「わかったわ!」

※杏菜は桜坂家に泊まってました


『お父さん!』

「よっ!」

「こんにちは」

『こんにちは!』

「元気にしてたか?」

『うん!私はいつでも元気だよ♪』

「それは何よりだ」

『それで用件は何?』

「実はだな……」

『はい』

「あっいやそんな重い話じゃないよ?」

『そっか』

「お前達を呼んでいる理由はわかるだろ?」

『はい』

「結婚祝いだ!受け取ってくれ!!」

『ありがとうございます♪』

「開けてもよろしいでしょうか?」

「もちろんだ!」

『綺麗なお皿ですね♪』

「そうですね~」

「それからこれ!」

『房総の旅館だ!』

「新婚旅行とか行ってないだろう?」

「確かにまだ行けていませんね」

「なので行ってきたまえ!」

『ありがとうございます♪』

「楽しんでこい!」

『うん♪』

「結璃愛さん、いつにしますか?」

『今度の土日にしましょう!』

「そうしましょうか」

「ついでに何か食ってく?」

『そうする!』

「じゃあ決まりだな」

「杏菜ちゃんも来るかい?」

「いえ遠慮しておきます。2人の邪魔をするわけにはいきませんから」

『そんな事言わないでよ!』

「そうですよ」

「でも……」

「ならこうしようじゃないか、3人で食事に行くというのはどうかな?」

「それくらいでしたら構いませんが……」

「よし決定!」


「あれ?お父様は?」

『帰っていったよ?』

「3人ってそういうこと!?いや連れ戻しなさいよ!?」

「まぁいいじゃないですか〜」

「良くないわよ……」

『来るそうだよ』

「何食べたいですか?」

「温かいものが良いわ」

『鍋焼きうどん!』

「あ~良いですね!」


『ここ美味しいんですって』

「楽しみね」

「すいませーん」

「はーい」

『鍋焼きうどん4つ』

「かしこまりましたー」

「お待たせしましたー」

「いただきます」

『いっただっきまーす!!』

ズゾッ……モグモグ……ゴク……ハフ……フゥ……

「おいしいです♪」

『おいひぃ〜』

「良かったわね」

「熱っ!」

『私が冷ましてあげますね!』

『ふーっ、ふーっ……はい!あーん♡』

「自分で食べるから大丈夫よ」パク

『むぅ〜……//』

「照れてる顔可愛いですよ」

『うるさいですぅ〜……//』

「じゃあ俺がもらいます!」

「ダメよ」

「えぇ……」

『私にもちょうだい♪』

『はいどうぞ!』

「ありがと」

『次は私の番だから早くして下さい!』

「わかっていますよ」

「ほら口開けて」

『あーん……うん!おいひ~れふぅ♪』

「飲みこんでから喋んなさいよ」

「ごめんなさいw」

「はい次杏菜ちゃんの分だよ」

「ありがとうございます♪」

『ずるいずるい!私もやるもん!杏菜さんだけズルい!杏菜さんばっかりズルい!杏菜さんばかりズルいってー!』

「何であんたがいんのよー!」

「初花さん……学校は?」

『午前で終わったから』

『しれっと勝手に頼んでるから…』

「失礼な人!」

『姉に向かって何それ?』

『それよりさっさと食べようよ!』

「それもそうね」

「冷めないうちに食べるかー」

『うん!』

完食

「美味しかったですね」

「そうですね」「また来ましょう!」

『今度はみんなで行こう!』

「そうしましょっか」

「結璃愛さんの奢りで!」

『調子乗らないでよぉ』

「そういえば結璃愛さん、今日は遅いので泊まっていきませんか?」

『良いけど、どこにですか?(笑)』

『もちろん旦那様のお部屋ですよ?』

「宿の話ですよ!」

「あら、もう夫婦なんだから別に問題ないでしょう?」

「それはそうですけど……」

『私は構わないよ?』

「なら決まりだな」

「こことかどう?」

『高そうだね』

「良いんじゃない?金は腐る程あるし」

『確かに……』

「ここにしましょう!」

「予約お願いします」

「かしこまりました。お名前は?」

「桜坂で」

「はい。ではこちらにサインを」

「わかりました。杏菜ちゃんも書く?」

「いえ結構です」

「名義別にしないと部屋同じになりますよ」「別々で良いわよね?」

『良いと思うよ』

「はい。これで良いですか?」

「確認します。桜坂様ですね」

「はい」

「お部屋の方は2階の203号室となります。エレベーターはそちらにあります」

「行きましょうか」ガチャ

「広いですね」

『綺麗だねー』

「荷物置いてきますね」

「行ってらっしゃい」

『いってら〜』

2人きりになった瞬間…… チュッ♡

『んっ……』

「んちゅ……ん……」

『んん……』

「ぷはっ……急ですね」

『我慢できなくて……』

「しょうがない子ですね……ベッドに行きますよ」

『はぁ〜い♡』


「疲れてるみたいですね…寝ましょうか」『えぇ〜……』

「明日もあるんですから……」

『わかった……でもキスして?』

「はい……ん……」

『ん……』

「じゃあ電気消してください……」

パチッ

「おやすみなさい……」

『おやす……み……』

1時間後

「夜ご飯まだでしょーっ!?」

「『うわっ!?』」

『杏菜…起こし方が雑』

「ごめんなさい……つい出来心で」

「まあ良いですよ」

「行きましょうか」

ビュッフェ会場にて

「いっぱい取りすぎじゃないですか?」

「育ち盛りなので〜」

『私も!』

「太っても知りませんよ?」

「その時はその時です!」

「『いただきまーす!』」

パク モグモグ

「美味しい!」

『うん!おいしい!』

「そっちも美味しそうですね」

『あげませんよぉ?』

「取ってきますね」

『あっ、待ってください!』ガシッ

「行かせてくださぃ!」ジタバタ

『ダメですぅ!』ギュウゥゥ

「じゃあ一緒に行きませんか?」

『はい……♪』

「仲良いわねあの二人」

『それが夫婦ってもんだよ』

「そうなの?」

『多分ね』

『ただいま戻りました〜』

「おかえりなさ……なんで手繋いでるのかしら?」

『離さないもんねぇ?』ニヤァ

「結璃愛さんが勝手に握ってきたんですよ!」

『ふーん?』

「信じてくださいよ!」

『ま、信じるか』

「……取りすぎじゃない?」

『2人分ですよぉ?』

「食べ切れる量ですかそれ?残しても知らないですよ?」

「大丈夫です!」

「ならいいですけど……」

『お腹空いたなぁ……早く食べたいなぁ……』チラッチラッ

(食べたいのかな?)

(可愛い)「はいはい」ヒョイパクリ

『ありがとうございます♡』

『口開けてください♪』

「じ、自分で食べられるわよ//」

『私がしたいだけなので気にしないで下さい♡』

「はいはいわかったわよ」アーン

「おいひいれふ(美味しいです)」

「良かったですね」

『はい♡』

「もう満足したでしょ?」

『はい!』

「次は俺にもお願いします」

『もちろんです♪どうぞ♪』

「あむぅっ…美味しいです!」

『それは何よりです』

「次は何を食べましょうかね〜」

「私はデザート取ってくるわね」

『行ってらっしゃい〜』

「結璃愛さんは何か欲しいものありますか?」

『特に無いですね〜』

「わかりました。行ってきます」

『それでも一緒に行って良いですか?』

「はい。構いませんよ」

『やったぁ♡旦那様と一緒だと安心します』

「嬉しいこと言ってくれるじゃないですか……」キュン♡

『本当ですよ〜?』

「わかってますよ。ほら、着きますよ」

『何取りますか?』

「ケーキとかですかね」

『ショートケーキにモンブラン……それにチーズタルトまで……こんなにあるんですね……迷っちゃいます……』

「ゆっくり選んでください」

『はい……』

数分後……

「決まりましたか?」

『決められないので全部食べます!』

「それは厳しくないですか?」

『旦那様となら!』

「分かりました」

「俺はこのチョコブラウニーを」

『じゃあ私はイチゴのミルフィーユを取りましょうか』

「『いただきまーす!!』」

パクッ モグモグ

『んーっ!甘くて美味しいっ!』

「確かにこれは甘いですね」

『それも美味しそうなんですけど……』

「どうぞ」

「はい!あーん」

『えへへぇ……いただきますっ♡』パクッ モグモグ

『これも美味しいです~っ♪』

「口にチョコ付いてますよ」

「拭いてあげますね」

フキフキッ チュッチュッ ペロリ

『ちょっ!?いきなりキスなんて……反則です……//』

「結璃愛さんの唇が甘かったもので」

『そういうこと言わなくて良いですから!』

『チョコの味ですよね!?』

「結璃愛さんの唇は元々甘いですよ」

『何ですかぁ///』

「だからつい……」

『も、もう一回してください……♡』

「はい、喜んで」

ちゅっ

「これでいいですか?」

『もっと……して下さい……♡』

「仰せのままに」

「……私らいんのよ」

『それでも良いさ。続けて』

「そうするわ」

『そろそろ終わりにしなさいな』

『はーい……』

「やっと終わったわね」

『お疲れさま〜』

ナデナテェー

「はいはい」(可愛い)

『部屋に帰りましょうか』ガチャ バタン

「今日は楽しかったですね」

『そうですね』

ギュゥウウー

(抱きしめてる)

(幸せだぁ)

『ねぇ、旦那様』

「なんでしょう?」

『大好きだよ♡』

(可愛い)

(可愛い)

(可愛い)(可愛すぎる……)

(やばい……理性飛びそうだ……)

(我慢しろ俺……耐えるんだ……)

(でも……少しくらいなら……)

「俺も好きですよ」

『はい♡』

「結璃愛さん」

『はい?どうかしましたk』チュッ

「好きです」

『ふぇ/////?』

翌日

『今日は歯医者に行きます』

「いい歯の日だからですか?」

『違います。虫歯が出来たので治療に行くんですよ』

「なるほど。頑張ってきてください」

『はーい。行ってくるね〜』

「行ってらっしゃいませっ!」

〜数時間後〜

『ただいま〜』

「おかえりなさi……」

『虫歯ありませんでした…』

「なら良いじゃないですか」

『良くないです!』

「どうしてです?」

『だって……』

「?」

『旦那様に……その……チュー出来なかったじゃないですか……』ボソ

「……」

「俺からすれば良くないですか?」

『それだと私が恥ずかしくて死んじゃうんです!』

「なら仕方ありませんね」

「今度からはちゃんと伝えてからにしてくださいね」

『はい……』

「ではご飯の準備しますか」

『お願いします……』

「はい」


「出来ました」

『おでんですか!』

「寒いので」

『ありがとうございます!』

パクッモグモグ

『美味しい……』

「朝から仕込んだので」

『凄い美味しい……♡』

「良かったです」

『熱々れふ~』

「ちゃんと冷まして食べないと火傷しますよ」

『旦那様がしてください!』

「はいはい分かりましたよ」

フーッ

『ひゃっ!?』ビクッ ペロリ

『ちょっ!?舐めないdんむぅっ!?』

チュッ チュッ チュッ

『んっ!?な、何しているんですかぁ!?』

「冷ましてますけど」

『私の口にもう入っているものは良いんです!』

「それは失礼」

『全く……』パクパク

『ご馳走さまでした!』

「食器洗っておきますね」

『はーいっ!』

「結璃愛さんはお風呂入って下さい」

『わかりまs……えへへ♡』

「どうされました?」

『一緒に入りませんか♡』

「ええ、良いですよ」

『やったぁ♡』(絶対襲わせてやるもん!)

入浴中

「背中流してあげましょうか?」

『はい♡』

(よしっ!計画通り♡)

(まずは普通に洗いっこして……)

ゴシゴシッ

『気持ちいい♡』

「そう言って頂けて嬉しいですよ」

『代わりますよ』

「俺は自分で洗えますから」

『遠慮しないでください♡』


『じゃあ次は頭ですね』

「はい。よろしくお願いしま……す?」

『どうかしました?』

(あれ?なんかおかしいぞ?)

「あの、結璃愛さん?」

(これってもしかしなくてもアレだよな)

(やばい。理性を保て…結璃愛さんはまだ16なんだ!俺みたいなやつに汚されて良い存在じゃないんだ!)

(耐えろ俺!!耐えるんだ!!!)

「結璃愛さん?」

『はい?』

チュ

『ぷはぁ……♡』

「のぼせてしまうので上がりましょう」

『そ、そうですね/////』

(キスだけでこんなになるなんてぇ/////)

〜就寝前〜

「明日は何時に起きます?」

『9時くらいかな〜』

「了解です」

『ねぇ、旦那様』

「はい?」

『旦那様って私のこと、えっちな目で見ていないんですか?』

「そうですね」

『即答されると傷つくんですけど……』

「すみません。でも本当なので」

『私には魅力がないんですかね……』シュン

「そんな事ないです。魅力的だと思いますよ。でも……」

『でも?』

「まだ早いと思うんです。結璃愛さんは16ですよ?もう少し先でも良いと思うんです。今はまだこうして、純粋な結璃愛さんと一緒にいたいんです」

『ありがとうございます……』

ギュッ

〜翌日〜

「おはようございます」

「今日も可愛い寝顔でしたね」(さすが天使)

『ん……』

「起こしてしまいましたね」ナデナデ

『もっとぉ……』スリスリ

「甘えん坊さんなんですか?」

『違いますよ〜』プイッ

「嘘つきぃ……」フニャァ

『んっ!?んむぅっ!?ほっぺた触りました!?』

「いえ、何も」

『絶対触れてました!』

「気のせいでしょう」

『むぅっ!』

チュッチュッ

『んっ!?んむぅっ!?』

「機嫌直して下さい」

「嫌なら辞めますが……」(上目遣い&涙目のコンボ発動)

『うぅっ……ずるい……』

「何がでしょうか?」

『なんでもありません!』

「そうですか」

チュッ チュッ チュッ

『んっ!?ちょっ!?やりすぎです!』

「結璃愛さんが可愛すぎるのが悪いんですよ」

『もう知りません!』

「拗ねちゃいましたか?」

『別に……』

「結璃愛さんが好きな物作りますね」

『…………』コクリ

「何が食べたいですか?」

『親子丼食べたいです!』

「わかりました!」

(やっぱり子供っぽいところあるよなぁ)

「出来ましたよ〜」

『わーいっ!いただきまーす!!』パクパク モグモグ

(美味しそうに食べるなぁ)

(本当に幸せそうな顔をする)

(この笑顔を守り続けよう)

『ご馳走さまでした!』

「お粗末さまでした」

(食器洗うか)

「洗い物は私がしますから!座っていてください!」

『良いんですか?』

コクコク

(じゃあお言葉に甘えて)

数分後

「終わりましたよ。何か手伝うことあります?」

『じゃあ一緒にゲームしましょ♡』(絶対襲わせてやるもん!)

(よしっ!計画通り♡)

(まずは普通に遊びましょう!)

数時間後

「そろそろ休みましょうか」

『疲れましたね』

「少し昼寝します」

「結璃愛さんはどうされます?」

『私はいいです』

「そうですか」

『あの……その……』

(これはチャンスでは?)

「どうかしました?」

(結璃愛さんは何を言おうとしているんだ?)

(まあ良いや……寝よ)

「それでは失礼します」

『えっと……』

「はい?」

『膝枕……したいです……/////』

「え?でも……」

『ダメ……ですか?』ウルウル

「お願いできますか?」

『やったぁ♪』


『……zZ』

「結璃愛さん、起きてください」ユサユサッ

『ん……』

「起きないとイタズラしちゃいますよ」

『んん……ふぇ……旦那様……』

ムニュッ

『ひゃあっ!?』

「おはようございます」

「朝ごはんできてるんで早く着替えてきてくださいね」

〜朝食中〜

「今日は何をしようかな……」

『デート行きたいです……』ボソッ

「ん?」

『何でもないですよ〜だ』プイッ

「今日は出かけますよ」

『えっ⁉』キラキラ

「遂に呼ばれるようになってしまったんですよ…初花さんから」

『それじゃあ私は用無しですね』

「用無しってことはないと思いますけど」

「とりあえず準備してきます」

『私も行ってもいいですか?』

「もちろん」

数十分後

「お待たせしました」

『それじゃあ行きますか』


みなとみらい駅

『久しぶり』

「出来たんですね」

『君に合う服を数着作ったから』

「何ですか?」

『ティンカーベルの奴と、シンデレラっぽいやつと、振袖も作ったし、それから…』

「着るのは?」

『君』

※初花は男性に女装させるのが趣味です。

「そうなりますよね」

『じゃ行こうか』

ぐいっ

「痛たたたっ!」ギュッ

「腕組まないで下さい!」

『嫌だったら振りほどいてみなよ〜』

「くぅっ……!」

『顔真っ赤だよ』ニヤリ

「うるさいです!」

『可愛いなぁ君は』

「うぅっ……」

『ひとまずこれかな』

「シンデレラですね」

『着てみてよ』

(逆らったらろくでもないことになる)

「分かりました」数分後

「これで良いですか?」

『うん!似合ってるよ!』パシャシャシャシャ

「連写しないでください!!」

『良いじゃん別に!』

「良くないです!消してくださーい!!!」(何でこんなことに)

『次はこっち!』

「水着じゃないですか!しかも際どいやつ!」

『この子は自信作だよ!』

「なんというか……エロいです」(胸元開きすぎ)

『ほれほれ』ツンツン

「ちょっ!触らないで!」(恥ずかしすぎる)

(この人絶対楽しんでいる)

(もうヤケクソだ)

「わかりました!やりましょう!」

『君の体は素晴らしい!それに良い顔するからモデルとして最高なんだ』「モデルなんてやってませんよ〜」

数時間後「疲れました……」

『ごめんなさい……調子に乗り過ぎました……』シュン

「いえ……大丈夫です」

(流石に疲れた……)

(少し休憩するか)

『ねぇ……ちょっとだけキスしたい……』

「それは駄目です」

『妻帯者だもんね』

「そう言うことです」

〜昼食中〜

『美味しい?』

「はい……」モグモグ

『良かった』

「あの……そろそろ帰りたいのですが……」

『待ってる人がいるんだね』

「はい」

『分かったよ』

「それでは失礼します」

『また来てね』

「気が向いたら来ます……」

〜帰宅中〜

「ただいま戻りましt」バタンッ

『おかえりなさい♡』

「結璃愛さん!?」

『結璃愛ちゃんはどうしたの?』

「初花さんまで!?」

『結璃愛は今頃ベッドの上で寝てるよ』

「どうしてここに?」

『私から電話かけたよ』

「それで?」

『後は分かってるでしょ?』

「……俺は一線を超えませんから」

『そっか』

「それじゃあ」ガチャバタンガチャン

『残念だね』

〜翌日〜

「おはようございます」

『おはようございます旦那様♪』

「昨日は何をしていたんですか?」

『えっと……1人で家に居ました』

「初花さんとの付き合い方もそろそろ考える必要がありそうです」

『私は旦那様と居られればそれで良いです』

「俺もですよ」

『えへへ///』

『今日も頑張りましょ』

「はい」

『今日はポッキーの日です!』

「知ってますよ」

『なので……はい!』スッ

「何ですか?その箱」

『開けてください!』

ガサガサ

「チョコプレッツェルですか」

「食べさせてくれるのですか?」

コクッ

『違いますよ〜』

「違うのですか……」

『ポッキーゲームをします!』

「何ですか?」

『両端をお互いにくわえて、先に離したり折ったりしたら負けのゲームです!』

「なるほど」

『負けた方は勝った方のお願いを何でも聞くこと』

「なんでもですか?」

『もちろん!』

(これはチャンスかもしれない)

「分かりました」

『早速始めましょう!』


『私が持ち手側じゃないんですね』

「結璃愛さんの手汚したくないので」

「いきますよ」

「んっ」(近い……)

(緊張してきた……)

(でもここで引いたら男じゃない)

サクッサクッ(少しずつ近づいてくる)

チュッチュッ(唇同士が触れ合う)

(柔らかい……)

(もっと味わいたい……)

(後ろに手を回して引き寄せれば)

ぐいっ

「あっ……」(舌入れちゃった)

ピクッ(体が跳ねた)

ちゅぱぁ……(口を話して)

『ぷはぁ……』

「終わりにしましょうか……」

(これ以上はまずい)

『まだです』

「え?」(まさかもう一度?!)

(今度はこっちから)

(口の中に侵入してくる)

(逃げられない)

(頭がクラクラする)

(気持ちいい)

(このままずっとこうしていたい)

(もう何も考えられない)

(頭真っ白になる)

(好き)

(大好き)

(離れたくない)

(もう良いや)

『ぷはっ……♡』

「可愛いです」

『ありがとうござますっ♡』


〜夕食後〜

『お風呂沸いたみたいですね』

「先に入ってください」

『一緒に入りません?』

「遠慮します」

『むぅ〜つれないな〜♪』

(本当は嬉しい癖に〜♪)

「……あっ」

『何ですか?』

「米炊いてません」

『なら麺を食べれば良いじゃないですか』

「そう言う問題ではありません」

『そう言えばさっきのキスで思い出しましたけど』

「なんでしょう?」

『結璃愛のファーストキスは旦那様にあげましたよね?』

「そうだったかもしれませんね」

『セカンドキスも貰って欲しいのですが』

「……何ですかそれ?」

『ダメでしょうか?』ウルウル

「……」

『やっぱり嫌ですよね』(́・ω・)ショボーン

「別に構いませんが……」

『本当ですか!?︎』

『ではこちらに来て下さい』グイッ ドサッ

「ちょっと待ってくだs」

『あれ?』

「それよりセカンドキスって何ですか!?」

『えっと……それは……その……』モジモジ

『旦那様と初めて会った時に……///』

「……あれか」

〜数分後〜

「これで良いですか?」

『えへへぇ~♪』

「顔赤いですよ」

『誰のせいですか!』

「俺のせいですか」

『そうです!』

「そろそろ寝ますよ」

『はい!』

〜寝室〜

「電気消しますよ」パチッ

『旦那様♪』

「はい?」

『お腹空きました♪』

「今何時だと思ってるんですか?」

『夜食作ってくれないのですか?』

「仕方ありませんね……」

『やったー!』

「少しだけですよ?」

『はい!』

「何が良いですか?」

『ラーメン!』

「インスタントですか?」

『麺はあるのでスープを作って下さい!』

「そんな気力ないです……」

『頑張って下さい!ファイト!オー!」

「応援されても無理なものは無理です」

(眠いし面倒臭いし)

(どうしようかな?)

(そうだ!)

「結璃愛さん、目を閉じて下さい」

『はい?』

「早く」

『分かりました……』

(なーんてね)

(用意してるからね)

「もう開けて良いですよ」

『はい……えっ?これって……』

「スープ作っときましたよ」

『いつですか!?』

「2日前からです」

『凄い……』

(流石は私の旦那様♡)

(美味しい……)

「明日はちゃんとした物作りますよ」

『楽しみにしてますね♪』

「はいはい」

『では食べましょう♪』

「はい!」


「できましたー!」

『わぁ!綺麗です!いただきます』

「召し上がれ〜」

『うん!とても美味しかったです♡』

「良かったです」

(片付けしないと)

『私やりますよ〜』

「いえ大丈夫です。先に休んでてください」

『そうですか……』シュン

「すぐ終わらせてきますから」ナデナデ

『はい♡』パァア

(可愛いかよ)

「終わりました。もう休みましょ……」

(抱きつかれてる)

(しかも胸を押し付けられてる)

(理性が保たない)

(でも疲れているだろうから)

(今日くらい我慢するか)

「結璃愛さん?」

(返事がない)

(寝ちゃったのか)

「……俺も寝よ」


「結璃愛さん、起きて下さい」ユサユサ

『うぅ〜あと5分』

「ダメです」

『むぅ〜』

『ならキスしてくれたら起きます』

「はいはい」チュッ

『えへへぇ〜♪』

「おはようございます」

「朝ごはん出来ていますよ」

『ありがとうございましゅ』

(噛んだ)クスッ

「ほっぺにご飯粒ついていますよ」

『取ってください』

「はい取れました」

『えっ?嘘!?︎』

「な、何ですか?」

「あ〜ん♪」

「自分で取れるでしょう?」

『だって恥ずかしいですもん……』

「そうですか……」

『お願いします!』

「はい……」

パクッ

『エヘへ♪』

「顔赤いですよ?」

『旦那様のせいです!』

「そうですか」

『……今日は出かけますよ!』

「どこにですか?」

『天音さんって覚えていますか?』

「あっ!結婚式の!」

『そうです!そして私の近所さんです!』

「どうしたんですか?」

『その方が映画行かないかって』

「良いですね!」


〜映画館にて〜

「何見るんですか?」

『恋愛系らしいですよ?』

「そうなんですか?」

〜数分後〜

「こんにちはー!」

《やあ!天音だよ!》

『お久しぶりです!』

「お元気でしたか?」

《もちろんさ!君達も相変わらずだね!》

「おかげさまで」

『お陰で毎日幸せです!』

《それは良かった!ところで結璃愛は何をやってるのかな?》

『今はこの人の…お嫁さんです!』

《知ってるよー!》

「そろそろ行きませんか?時間なくなりますよ?」

《それもそうだね!じゃ行こうか!》

「はい!」


《この辺の席だよー!》

「なるほど」

《始まるよー!》

「はい!」

《…….》

「面白かったね!」

『はい♪また来たいです♪』

「そうですね!」

『次はどこに行きますか?』

《服とか見よう!》

『良いですよ♪』

「良いと思います!」

『これとかどうですか?』

「似合ってますよ♪」

《こっちも良いと思うよ》

「良いんじゃないでしょうか」

『これはどうですか?』

「いい感じじゃないですか?」

《これなんか?》

「良いですね!」

「それ買いましょう」

『はい!』

(楽しかったなぁ)

(今度はどこに行く?)

(結璃愛の好きな所に行きましょう)

『あのぉ〜』

「どうかしましたか?」

『少し休憩したいのですが……』

「分かりました。どこか入りましょう」

(喫茶店に入った)

《こういう純喫茶来たの大学以来だなー》

「俺もあまりないです」

「コーヒーをブラックで」

『私は紅茶とケーキセットで』

「かしこまりした」

(俺は本でも読むか)


【1時間後】

「ふぅ〜」

『美味しいです♡』

「美味しいですね」

『天音さんはいくつになったんですか?』

《それ聞いちゃう?》

「気になります」

《僕は今年27歳だよ♪》

『結婚してたりしますか?』

《まだ独身だよ♪》

「彼女いますよね?」

《……もしかして、君僕のこと男だって思ってる?》

「違うんですか?」

《僕女だからね!?︎》

「えっ!?︎すみませんでした……」

『ごめんなさい……』

《別に良いけどさ》

「許してくれるんですか?」

《うん♪》

「ありがとうございます……」

『ありがとうございます!』

《そんじゃ次行こうか!》


「どこに行くんです?」

《ゲームセンターにしよう!》

「良いですね!」

〜ゲームセンターで〜

《プリクラ撮ろう!》

「良いですね!」

『撮りましょ!』パシャッ

「上手く取れましたかね?」

『大丈夫です!』

「加工は任せて良いですか?」

《任せなさい!》

「お願いします」

〜数分後〜

《出来たよー!》

「見せてください」

《はいどーぞ!》

「どれどれ……」

『私にも見せて下さい!』

〜数分後〜

『可愛いです!///』

「よくできてますね!」

《でしょー?》「はい!」

『旦那様と一緒に写ってるから余計嬉しいです♡』

「そう言って貰えるなら撮った甲斐がありましたね」

《そろそろ帰らない?》

「そうしましょうか?」

『そうしましょう!』

《でもその前にご飯食べない?》

「そうしましょう!」

『賛成です!』

「何を食べましょうか?」

『オムライスが良いです!』

「じゃあそうしましょう!」

『はいっ!♪』

「ここのお店にしません?」

『そうしまょう!』


入店

「楽しみですね!」

『はい♪』

〜10分後〜

「お待たせいたしました。こちらがチキンラ・メニーオーパスタ、こちらはチーズインハンバーグデミグラスソース添えとなっております」

『わぁ!凄いです!』

「それにしても量多くないですか?」

《コメダよりはましだよー》

「そうなんですか?」

《そうだよー》

「ではいただきます」

『頂きます!』

パクパクモグモグゴクン「美味しいです」

『卵がフワトロで最高です!』

「確かに美味しいですね」

《おいひー!》モグモグ

「口の中に物を入れて喋るのは行儀が悪いですよ?」

《んぐっ……ごめん……》

「いえ……気にしないでください……(笑)」

(結璃愛さん可愛すぎだろ)

(こんな子が嫁だったらな)

(いや渡さねーよ?)

(お前には無理だ)

(なんだと?)

(事実だ)

(くそぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!)

完食

「ふぅ〜」

『美味しかったですね♪』

「はい♪」

《次はどこ行く?》

「結璃愛さん眠そうですよ?」

『少しだけ寝たいです……』

「分かりました。ホテル行きますか?」

『はぃ……zZZ……』

「もう寝てる……」

【数時間後】

『おはようございます……』

「起きましたか……」

『今は何時でしょうか?』

「夜の9時ですね」

『結構寝ちゃいましたね……』

「疲れていたんでしょう……」

『今日は楽しめましたか?』

「もちろん!とても楽しい一日を過ごせました。ありがとうございます!」

『良かったです!また遊びに行きましょ?』

「はい!」

『天音さんは?』

「帰ってしまいましたよ」

『えぇ!?︎なんで起こしてくれなかったんですか!?︎』

「気持ち良さそうに寝ていたので起こすのも悪いかなと思いまして……」

『むぅ〜!』

「風呂入った方が良いですよ」

『はい……入ります……』


〜数十分後〜

(遅いな……)

「結璃愛さーん?……大丈夫ですか!?」

『だいじょうぶ…れす……』がくっ

「結璃愛さん!?」

(運ばなきゃ!)


(とりあえず寝室に運んだ)

(布団を敷いてその上に寝かせた)

(……素っ裸だな)

(服どこだったかな)

(あった)

(よし、これでOK)

俺はリビングに戻った。

「……俺も寝るか」

30分後

「うっ……ん?」

(あれ?ここは……)

『起きたんですね♪』

「結璃愛さん?」

『はい♡』

「何やってるんですか?」

『お礼です♪』チュッチュレロレロッ

「んんんんっ!?」

『お礼なんですから…受け取って下さい♡』

「はぁはぁ……結璃愛さん……」

『はい?』

「……重いので離れて下さい」

『はーい』スゥー ゴロン

「……やっぱり大きいですね……」

『触っても良いですよ?』

「遠慮しておきます……」

『残念です……』

「嫌じゃないんですか?」

『全然平気ですよ?』

「そうですか……」

『あのそろそろ寝てもいいでしょうか?』

「いいですよ」

『では……zZZ……』

「寝るのはや……」


【翌朝】

チュンチュン

『おはようございます……』

「おはようございます。朝ごはん食べに行きましょうか……」

『はぃ……zZZ……』

「まだ寝てる……」

『zZZ……』

【数時間後】

『おはようございます……』

「やっと起きましたか……」

『今は何時でしょう……』

「朝の9時ですよ。もうすぐチェックアウトの時間なので急いで準備して下さいね」

『分かりました……』

〜数分後〜

「忘れ物は無いと思います」

『行きましょ?』

「はい」

ホテルを出た俺達はそのまま駅に向かう。「電車で帰りますよね?」

『もちろん!』

そして家に帰った。



「不在着信……?」誰だろう……。

天音:楽しかった!また遊びに行くからよろしくね!

天音さんからの電話か…… また遊びに来るのか……面倒くさいな…… まあいいか……

「結璃愛さん、天音さんが明日来るらしいですけどどうしますか?」

『入れてあげましょうよ』

「了解です」

ピンポーン

「どちら様ですか?」

「私よ!」

「鍵開いてるんで入ってきてください」

「わかったわ」


〜数秒後〜 ガチャ

「久しぶり!」

「どうぞ上がってください」

「おじゃましまーす!」

「お久しぶりです」

「どうも」

『杏菜が自ら家来るとか珍しいね』

「たまには来ないと忘れられちゃうかなって思ってさ」

「そんなこと無いと思うのですが……」

「あるわよ!」

「そうなんですかね……?」

『そんなことないよー!』

「そうかしら?結璃愛ならあり得る気がするんだけど……」

『むぅ……』

「何しに来たんですか?」

「特にないわよ」

「そうですか」

『お茶出すよ』

「ありがとう〜」

『はい!』コトッ

「美味しい……結璃愛が作ったの?」

『うん!』

「凄いわね……」

『えへへ……///褒められた!』

「結璃愛ってあざといわよね」

「確かに……」

『なんで!?︎』

『可愛いから良いじゃん!それに私はあざとくないし!普通だし!むしろ天然だよ!(ドヤァ)』

「自分で言うんだ……」

『だって本当のことだし!ねぇ?旦那様♡』

「ええっ!?……まあどっちであれ可愛いと思いますよ」

「……ふーん」ニヤリ

(なんか企んでんな)

(でもこの顔は絶対何かしてくる)

(警戒しておこう)

(何もしないのになぁ)

(とりあえず無視しよう)

『そうだ!みんなでゲームやろうよ!』

「いいですね」

「賛成」

『どんなゲームやる?』

(2人用だと1つしかないな……)

(4人で出来るやつにするか……)

(レース系が良いかな?)

(レーシングカートがあるなこれにしよっと)

「このレースのゲームやりませんか?」

「良いんじゃない?」

『私は強いですよ!』

「負けても文句言わないで下さいね……」

『望むところだもん!』

〜数分後〜

『負けた……』

「私の勝ちですね。では罰ゲームの件お願いします。」

『うぅ……分かりました……』

「何をすれば良いですか?」

『膝枕をして欲しいです……』

「それくらい別に構いませんよ。おいで下さい。」

ポンポン

『失礼します……』ポスン 〜数分後〜

「寝てしまいましたか……」

「寝てるわね……」パシャ

「写真撮らないであげてください」

「ごめんなさい。つい撮りたくなって」

「気持ちはよくわかります」


〜数時間後〜

『おはようございます……zZZ……』

「おはようございます……また寝た」

「また寝ちゃいましたか……」

「そろそろ起こさないとまずくないかしら?」

「そういえばもうすぐ昼になりますね……ご飯の準備しないと……」

「……そのままじゃ無理じゃない?」

「あっ……」

「私が起こすわよ」

〜数秒後〜

「結璃愛さん起きてくださ〜い」ユサユサッ

『ん〜あと5分だけぇ……』

「ダメです!」

『何でですかぁ……』

「ご飯作れないので」

「それは困るわね……」

『起きる……』

「はい、よくできました」ナデナデ

30分後

「できましたー!」

『今日は焼きうどんですか♪』

「はい、そうです」

『いただきまーす』

モグモグ

『美味しいです!』

「良かったです」

『旦那様料理上手いですよね〜』

「そうですか?」

『はい!毎日食べたいぐらい美味しいです!』

「嬉しい事言ってくれるわね〜」


《私も食べたいな〜》

「天音さんの分までは無いですよ」

《わかってるよ〜》

「……何かいるーっ!?」

《失礼だねー?》

「すみませんでした……」

《あれ?杏菜じゃん!》

「天音さん?」

〈久しぶり!〉

「おひさしブリッコボコォ!?︎」

ドゴーン!!︎

『大丈夫!?︎』

「痛ったいわね……」

「いきなり殴るのは酷いと思うのですが…」

「うるさい……」

《スキンシップだよー!》

「どこの世界に暴力を振るうのがスキンシップなのよ……」

「全くその通りだと思います」

「はあ……」

《そんなことより今から一緒に遊ぼー?》

「嫌よ面倒臭い」

《ひっど……》

「当たり前でしょう?私は暇ではないのだから」

《ええっ……ひどいなぁ……》

「それにあなたは忙しくないの?」

《え?私はいつも暇だけど?》

「はあ?ふざけてんの?」

《本当だって!何せ首切られたからね!》

「えっ!?」

《だから次の仕事探してて》

『それなら今ドライバー募集中なので家はどうです?』

《良いの!?》

『はい!』

《じゃあそうさせてもらおうかな!》

「ちょっちょっと待ってください!」

『?』

「なんで勝手に決めるんですか……」

『?私の家だからですよ?』キョトン

「確かに……」

「でもまだ仕事中……」

『明日休みだし問題ありませんよね?』

「はい……無いですね……」

『では決まりですね♪』

こうして天音はドライバーになった。


〜次の日〜

(眠い……)

(昨日夜遅くまでゲームやってたせいか……)

〜数十分後〜 ピンポーン

『私が出ます』

「おはよ!」

『お母さん!どうしたの?』

「親が帰って来たらまずおかえりでしょ?」

『あっおかえり!』

「ただいま〜!いい子にしてた?」

『もちろん!』

「そっかそっか〜偉いね〜よしよ〜し♡」

ナデナデ

『えへへ///』

「結璃愛はなでられるの好きね~」

『うん!』

「今日は私がご飯作るからね!」

「俺が作りますよ?」

「たまには休んでなさい!」

『私手伝おっうか?』

「ありがとう結璃愛ちゃん♪けど今日はゆっくりしていてちょうだい♪」

『わかった……』

「じゃあ行ってくるわね!」

「行ってきまーす!」

『いってらっしゃーい!』

〜数分後〜 ガチャッ!

『んぅ……zZZ』←寝てるフリ

「寝てんのかな」

「じゃあいいか」

『んん……』ゴロン(寝返りを打つ)

「ふーん……」

(寝たふりか)

(ちょっと振ってみようかな)

「もうお昼できてますよー」

「起きないとキスしますよ〜」チュ

「んっ」

『ひゃっ!?︎』ガバッ(飛び起きる)

「おはようございます」

『……』(顔真っ赤)プルプル

「どうかしました?」ニヤリ

『なんでもないです!!』

「そうですか?」

『迷いなくキスしないでくださいよ!』

「ダメですか?」

『だ、だめです!』

「残念です……」

『それより早く食べましょう!』

「はい」

『いただきます!』

「いただきます」モグモグ

『美味しいです!』

「良かったです」(可愛いなぁ)

(私からも何かしないと…!)

(よし!)

「結璃愛さん」

『はいっ』

「あーんしてあげますね♪はいあーん♡」

『えっ……あーん……パク……おいひぃれしゅ……///』

「なら良かったです」

『……私からしたかったんです!』

「すみませんつい可愛くて」

『可愛くなんかありません!』

「かわいいですよ〜」

『……もぉ///』


その夜

「ドンキ行くわよー!」

「は?」

『は?』

「何買う気ですか……」

『なんでですか?』

「なんででもよ!」

『はいはいわかりました〜』

「絶対わかってないでしょ……」

〜30分後〜

「ここよー!」

『夜のドンキって新鮮!』

「そうなんですね」

(高校の頃は結構夜に来てたな)

(ま、どうでもいいか)

~入店~

「ねぇこれ良くない?」

『良いね!』

「これはどうでしょう?」

『良いと思います!』

「こっちは?」

『良いですね!』

「……結璃愛さんは何が良いんですか?うんうん言ってばかりでは分かりませんよ」

「だってどれも良いんだもん!」

『どれも似合いそうだし迷っちゃいます!』

「なるほどね〜♪」

〜1時間後〜

「結局何も買いませんでしたね」

『楽しかったので満足です!』

「それはよかったです」



数日後

11/23 祝日

「今日休みだしどこか行きたいところありますか?」

『特に無いので任せます』

「了解です」

「じゃあお買い物に行こうかしら」

「いいと思います」

『賛成です!』

〜数十分後〜

「この服とか良さげじゃない?」

「似合うと思います」

「これもいいかも!」

『いいね!』

「試着してみてください!」

『はい!……どうですか?』

(やばいめっちゃ可愛い天使かな?尊死する)

「とてもよくお似合いですよ」

『本当ですか?嬉しいです!』

「では購入しますか」

「うん!結璃愛ちゃんどれにする?」

『私はこれがいいな……』

「じゃあそれも一緒にお願いします」

「ありがとうございましたー」

(次はどこに行くのかな?)

(結璃愛さんの好きな場所に連れて行ってあげたいかな)

『父にプレゼントを買います』

「勤労感謝の日だからですね」

「どんなものを買う予定ですか?」

『ネクタイピンです』

「それならあそことかいいんじゃないですか?」

『そうします!』

〜数分後〜

「これで大丈夫でしょうか」

『はい』

「ラッピングを頼んできますね」

『ありがとうございます』

「終わりましたよ」

『次はお母さんに買います!』

「何が良いんでしょうか?」

「時計とかどうかしら」

「それが無難かもしれませんね」

(自分で言うんだ)

『これにします!』

「包装はこちらになります」(店員さん手際が凄いな)

(俺には無理だな)

『お待たせしました』

「いえ、全然待ってないわ」

『はいこれ!いつもありがとう!』

「あら、バレてたか……」

(本当に優しい子だなぁ……涙が出ちゃう!出ちゃう!)ポロポロッ

「ど、どうしたんですか!?」

『えっ、泣いてる……?』

「良い娘を持ったなぁって」

「ちょっと感動しただけよ……」グスッ(泣かないでくださいよ〜私まで泣きたくなって来ましたよ〜)

その後3人は仲良く帰宅した。

「ただいま〜」

(お父さん帰って来てるかも!)

「おかえりー」

『お父さーん!』

「おっどうだった?」

『喜んでくれたよ!』

「良かったね〜」

〜夕食時〜

「美味しいね〜」

『はい♡』

「今日の料理は自信作なんです!」

『そうなんですね!』

「はい!」

「俺唐揚げ好きだから嬉しいよ」

「喜んでもらえて光栄です!」

「明日は何しようか?」

『ゲームしたいです!』

「良いね!何のゲームをするんだい?」

『マリカです!』

「わかった!」

『でもその前に…はいこれ!』

「ん?ネクタイピン?」

『いつもお疲れ様!』

「ありがと〜♪大事に使うね♪」

『はい♪』

〜翌日〜

「おはよう」 

「おはよう結璃愛さん」

『おはようございます!』

「今日は何をする予定なんだい?」

『まずは朝ごはんを食べましょう!』

「そうだね」

「何食べます?」

『卵焼き食べたいです!』

「わかりました」

〜数分後〜

「できましたよ」

『いただきま〜す!』モグモグ

(やっぱりうまいな〜)

「今日は何かやりたい事ある?」

『今日は……特に無いです……』

「じゃあ家でゆっくりしてようか」

『お父さんがいるのも久しぶりだからね!』「確かにw」

「たまにはこういうのも良いよね!」

『そうですね!』

「UNOでもやる?」

『やる!』

「じゃあ準備するね!」

『お願いします』

〜数時間後〜

「そろそろお昼ご飯にしません?」

『賛成〜』

「じゃあ作るね!」

〜数十分後〜

「できたよ!」

『ありがとうございます!……あれ?』

「焼きそばよ~!」

「結璃愛さんの好物ですよね?」

『覚えてたんですか?嬉しい……』(照れ)

(可愛い……)

『ありがとうございます!』

「召し上がれ」

(結璃愛さんの笑顔を見ると元気が出る…)

『おいひぃです!』

「それはよかったです」

「午後からはどうするか?」

(結璃愛さんに決めてもらおうかな?)

『あの、私の買い物に付き合って欲しいのですが』

(結璃愛さんの頼みなら断れないな)

「いいですよ」

『ありがとうございます!』

「何を買いに行くんですか?」

『それは内緒です♪』

「そうなんですね」(気になるなぁ)

『はい!』

「どこにある店に行くのかな?」(ショッピングモールとか?)

『ここのデパートに行きます!』

「そういえばこの前リニューアルオープンしたらしいですね」

『そうなんですよ!』

「楽しみだなぁ」


「ここですか」

『はい!』

「結構広いんですね」

『迷子にだけはなりたくないです……』

「俺から離れないようにね」

『はい……』

「どこに行けば良いんですかね」

『とりあえず服屋に行ってみましょう!』

「了解しました」(何着るのかな……)

服屋

『どっちが良いですか?』

「右です!」

「左じゃないのか……」

『次はこっちと、どっちの方が似合います?』

「真ん中で!」

『どっちもダメなんですね!』

「すみません……」

『次はこれとこれで悩んでるんですけどどっちが好きですか?』

「両方好きです!」

『ではどっちも試着してみます♪』

「頑張ってください!」

その後10種類程試着した。

『ど、どうでしょうか?』

「全部良いと思います……」

『えっ!?』

「あっごめんなさい……」

(本音が出てしまったな)

その後会計を済ませて、家に帰った。

「おっも……」

『たくさん買いましたね!』

「ちょっと休憩したいです……」(疲れたな〜)

〜数分後〜

「やっと着きましたね」

『お疲れ様です!』

(結局どれ買ったんだろう……)

〜帰宅〜

『ただいま〜』

「おかえりー!」

『それ何?』

「温泉旅館のチケットよ!」

「へぇ〜」(そんなのあるんだ)

『行きたいです!!』

「じゃあ今度の休み行く?」

『うん!』

〜当日〜

「おはよう」

『おはようございます!』

「今日は何します?」

『お出かけしたいです!』

「じゃあ行きましょうか!」

「今日はどこへ行く予定なんだい?」

『旅館行くんでしょ?』

「そうだったなー」

「……旅館?」

『温泉旅館に行きます!』

「そうなのか」

「どんなところだろうね?」

〜到着〜

「大きいね!」

『そうですね!』

「部屋まで案内してくれるみたいだよ!」

『お願いします!』

〜移動中〜

「こちらの部屋になります!」

「ありがとうございます!」

『広いですね~』

「ここには混浴もあるのよ~」

「そうなんですね!行ってみたいなぁ」

(結璃愛さんと一緒に入りたいな……)

『私は遠慮しておきます……』

「残念だね」

「何がですか!?」

「入りたいんじゃないの~?」

「……それはそうですけど」

「私達だけで入っちゃうよ?」

「それは困ります!!」

(一緒に入るってことはそういうことだもんな……)

『旦那様がどうしてもと言うなら……』

(これはチャンスなのでは……?)

「はい!ぜひ一緒に入りたいです!」

(このタイミングで旦那様を誘惑すれば…)

「先に私達が入っちゃうわね」

『わかったー!』

「わかりました」

この後めちゃくちゃイチャイチャした。

「そろそろ夕食の時間だな」

『楽しみですね!』

「そうだな」

「あっ来ましたよ!」

「美味しそうね~」

『いただきまーす!』

「うまっ!」

『美味しいですね!』(幸せ♡)

「そうですね」

『それ下さい』

「じゃあはい、あーん♪」

『おいひぃれふ』

(可愛いなぁ)

「ありがとうございます」


「それじゃあ風呂に入りましょうか」

『……はい♡』

(何その反応……)

『先に入ってて下さい///』

「あっはい」

「結璃愛のやつどうしたんだ?顔真っ赤だけど……」

「さぁ……」

〜入浴中〜

「気持ちいいですね」(なんか緊張するなぁ)

『はい!』

「背中流して欲しい……」

『良いですよ♪』

(やったぁ!!︎)

ごしごし

『旦那様って筋肉ありますよね』

「そうですか?ひょろがりですよ?」

『でも腹筋とか割れてるので』

「鍛えてたので……」

ごしごし

『終わりました!』

「ありがとうございます!」

(結構恥ずかしいなこれ)

『次は私を洗ってください!』

「分かりました」

ごしごし

「かゆいところはないですかー?」

『……谷間とかです///』

「えっ?」

『冗談です///』

「前は自分で洗ってください!」

『はい///』

(どうにかして旦那様を誘わないと!)

「洗い終わりました」

『じゃあ湯船に浸かりましょう!』

「そうですね」

〜数分後〜

「もう出ようかなー」

『えっ?もう少しゆっくりしません?』

「しょうがないですねぇ」

ちらっ

「……結璃愛さんは肌綺麗ですね」

『嬉しいです!触っても大丈夫ですよ?』

「……いやそれは」

『良いんですよ?旦那様なら』

「……」さわさわ

『あんまり胸ばっかり見ないで下さい!』(そんなに見られたら意識しちゃいますぅ〜)

〜数分後〜

「そろそろ上がろうと思います」

『また入りましょうね?』(次こそは!)

「料理来てるわよ~」

「早く食べよ!」

『待ってくだしゃい!』(噛んじゃった〜)

『「「「いただきます!」」」』

「めっちゃうまい!」(語彙力低下中)

『ほんとうですね!』

「それも美味しそうです!」

「はい、あーん」

『あむ』もぐもぐ

『おいしいです』

(間接キス……ドキドキしますね……)

その後、寝る時間。

「布団敷いておきました」

『ありがとうございます』

(今日は頑張らないと……)

(ついにこの時が来た……)

ちゅっちゅー♡

(柔らかい……もっとしたい……)

『どうぞ♡///』

「失礼しましゅ」ガバッ

『きゃっ!?︎』

(押し倒されちゃいました……♡)

「結璃愛さん……大好き…愛してます……」

ちゅっ……

『んっ///』

ぺろっぺろっ……

『んんっ///んぁっ♡』

「可愛いですよ」

『……もぉ!寝ます!///』

「そうですね。おやすみなさい」


「おはようございます、結璃愛さん」

『んん……んぁ、だんなさまぁ〜』

ぎゅうううううっ

「ちょ、ちょっと苦しいですよ〜」

(朝からこんなことされたら理性飛ぶよ)

「朝食にしますよ」

『はい』

「いただきま〜す!」

(やっぱり美味しい)

『美味しいですね!』

(結璃愛さんの笑顔可愛いなぁ)

この後めちゃくちゃイチャイチャした。

「そろそろ帰るか」

『そうですね!』

「じゃあ荷物まとめてくるわ」

『はーい』

こうして旅館を後にした。


翌日

「……雨ですね」

「どうしようか……」

『私は構いませんけど』

(せっかくの旅行なのに……)

「俺が嫌だ!」

『じゃあどうするんですか?』

「そうだな……」

(遊園地行きたいんだよなー)

『あっ!』

「どうしました?」

『屋内の遊園地に行ってみません?』

「良いですね!」

〜移動中〜

「ここですか?」

『そうみたいですね!楽しみです♪』

「じゃあ入ろう!」

〜入園〜

「まず何に乗りましょうかね?」

『あれなんてどうでしょう?』

「良いですね!」

『じゃあ乗りましょう!』


「これ回る系ですね……」

『酔っちゃうんですか?』

「酔い止め飲んだので大丈夫です!」

「では出発です!!」

『はい!』

〜数分後〜

「楽しかったですねー」

『はい!』

「次はどれにしましょうかねー」

『これなんかどうですか?!』

「ジェットコースターですか?良いですよ」

『やったぁ♪』

(この笑顔のために生きてる)

「行きましょうか!」

『はい!』


『キャァアア!!』

(怖いぃい!!怖がってる顔も可愛いな〜)

「意外と速かったですね!」

『はひ……』

(旦那様がカッコよく見えますぅ)

『怖いので手繋ぎましょう』

「はい」

「もうすぐ終わりますね」

『はい』

(あと少し!)

「ゴール!」

『やりましたね!旦那様♡』

「はいっ!」

『最後は観覧車に行きますか?それとも他の乗り物?』

「結璃愛さんの好きなものに乗りますよ」

「じゃあ最後に観覧車にしましょう!」

『わかりました!行きましょう!』

〜到着!〜

「結構高いですねぇ」

『そうですね』

「夕日綺麗ですし、景色も良いですし」

『ほんとうです!写真撮っちゃいますね!』パシャッ!

『雨止んで良かったです』

「本当です」(結璃愛さん可愛すぎ……)

その後、夜ご飯を食べて、お風呂に入って、寝た。

〜翌朝〜 今日も晴れていた。

「今日も天気が良いですし、どこか出かけますか?」

『そうですね』

「どこに行きますか?」

『寒くなってきたので冬服が欲しいです!』

「いいですよ」

〜ショッピングモールにて〜

「どの店に入ります?」

『こことか良さそうじゃないでしょうか?』

「確かに」

『入りましょっ♪』

店内に入ると……

「カップルさんにはこちらの商品がオススメですよ〜」

『かっぷ……///』

「じゃあこれ1つ」

「ありがとうございま〜す♡」

(店員さんニヤけてますよ)

『可愛いですね♡』

「結璃愛さんには敵いませんよ」

『……全くもぉ///』

「あれ?食べないんですか?」

「結璃愛さんの口元にクリームついてますよ」ペロッペロッ♡

『んっ!?︎///』

ちゅっ♡

「美味しいですね」

『ば、バカぁ///』

「賢かったらこんなことできませんよ」

『……そっちがその気なら』

ちゅ~っ♡

「んっ!?」

『えへへ♪仕返しです♪』

「……美味しいです」

『口移し、ってやつです♡』

「……」

『恥ずかしくなって来ちゃいました』

「俺も同じです……」

『……でも旦那様にしてもらいたいです///』

「帰ったらいっぱいしてあげますから……」

チュッ♡

「でも今しますね」

『おいひいれふ~♡』

(キスしながら喋らないでくださいぃい!!)

この後めちゃくちゃセ○クス…するかよ。

〜帰り道〜

『楽しかったですね〜』

「また行きたいですね!」

『はい!』

「今度はどこへ行きましょうかねー」

『海なんてどうですか?』

「良いですけど今冬ですよ?」

『なら温水プールにしましょう!』

「良いですよ」

(水着姿見れるかもだし)

『楽しみにしててくださいね?』

「はい!」

(どんな水着かな?)

そんなことを考えながら家に帰った。

翌日

「おはようございます」

「今日も寒いですね」

『そうですね』

「朝ごはんは昨日の残り物で申し訳ないのですが…」

『オムライスが食べたい気分なので作ってもらってもいいですか?』

「もちろん良いですよ!」

(やったぁ!旦那様の作ったオムライス美味しいから楽しみだな~♪)

「では作りますね」

数分後

「できました」

『わぁああ!いただきます!!』パクパクモグモグ!

「お味はいかがでしょう?」

『とっても美味しいです!!』

「それは良かった」

(幸せそうな顔で食べるな)

(作って良かった)

『旦那様、あ~ん♪』

「はい」あーん♪

『あーん♪』

(旦那様の料理最高ですぅ♪)モグモグ

「ごちそうさまでした」

『洗い物は私がするので、旦那様はゆっくりしていて下さい』

「いえ一緒にやりましょう!その方が速く終わりますから!」

「じゃあお願いします」

「終わったらデートに行きましょうか?」

『行きます!』


〜食器を洗う音〜

「結璃愛さん今日は何着ますか?」

『そうですね、この前買ったコートを着て行こうと思います!』

「あれ似合ってましたよ」

『ありがとうございます♪』

「それ取って下さい」

『これでs……あっ!』

つるっ

「危ない!!」ガシッ!

『きゃっ!』ドサッ

「大丈夫ですか?」

『はい……』

「怪我はないみたいですね。よかった」

『…………』

「あっ」

『……割れちゃいましたね』

「けがしてませんか?」

『大丈夫で!でもそれ……』

「これは気にしないでください」

(最悪だ…結璃愛さんとお揃いだったのに……弁償しよう……)

『お皿なんていくらでも買えますよ』

「それはそうですけど」

『それよりデートしましょ?』

「準備してきます」

今日は温水プールに行く事になってしまう。


「寒くなってきましたね」

『そうですね』(もうすぐクリスマスなのに何も予定がない私に何かイベントが起きて欲しいです!!︎)

「ここですよ」

『結構広いんですね』

「では着替えて来ます」

『行ってらっしゃいませ』

15分後

(結璃愛さん遅いな……あっ来た)

『遅くなりましたー!』

「全然待って無いですから安心してください」

『はい』

「可愛いですよ」『ありがと///』

「さっそく入りましょう」

『はいっ♪』

30分後

『ぷはぁああ♡気持ちいいですねぇ♡』

「もっと泳ぎましょう!」

『はい!』

1時間後 〜更衣室〜

「そろそろ上がりましょうか」

『はい!』

〜帰り道〜

『楽しかったですね!』

「ですね!」

〜帰宅〜 ガチャッ

「ただいま帰りま……!?︎」

『そう…ですね……』

「疲れたんでしょうか」

『……zZ』

「楽しかったですね」チュッ♡


〜翌朝〜 チュンチュン

「おはようございます」

『おはようございます♡』

「昨日は楽しめましt……」

『昨日の事は忘れて下さいぃい!!』

「どうしたんですか?急に大声出して」

『……なら良いです』

「何だろう?」

(良い夢見てたのかな)

(昨日のキスは現実にあったことなんだろうか?)

ピロン♪

(誰からだろ?)

(……葵さんからだ)

『週末ウチらボウリング行くけど来る?』

「なるほど……どうします?」

『行きます!』

「分かりました」

『楽しみにしてます♪』

「はい」(楽しみにしてるんだな)

『はい!おやすみなさい♪』

「お休みなさい」(寝ようかな?)


そして週末

『葵~!』

『おひさー!』

「久しぶり〜」

『元気そうだね~!』

『うん!みんなも元気?』

「おう!俺はいつも通り」

「俺もです!」

『ウチはちょっと風邪気味だけど』

「大丈夫ですか?」

『心配してくれてるの?』

「そりゃお世話になってますから」

『さんがーつ!』

「今日はたくさん遊びましょう!」

〜1ゲーム目〜 ピンポーン カコン!×2

『やったぁああ!ストライク!』

「すごいですね!」

『次は旦那様と一緒ですね!』

「頑張りましょう!」

〜2ゲーム目〜

「パーフェクトだ……」

『凄いです!』

「タダ券もらった……」

『料理頼もー!何にする?』

「……ポテト」

「当の本人が放心してどーすんだよ!?」

「結璃愛さんは何食べたいですか?」

『私は何でも大丈夫なので旦那様のお好きな物を』

「じゃあこのチーズバーガーセットで」

『じゃあ私も同じ物お願いします!』

「了解しました」

〜数分後〜

『美味しいですね!』

「あーんしましょうか?」

『お願いします♪』

「はい、あーん」

『パクっ♡』

「おいしいですよね」

『旦那様が食べさせてくれるので♡』

『あー!らぶらぶだねぇー!羨ましー!』

「兄さん…もっと構ってやんなよ」

「お前が特に凄いだけなんだよ!」

「はい、結璃愛さんの分です」

『ありがとうございます♡』

「そういえば今週暇だったんでしょ?」

『どうしてそれを?』

「これやるよ」

「これは兄さんが使ってよ」

「えっ?」

「兄さんにも彼女いるんでしょ?葵さん」

「まぁ一応居るけど」

「それならその人にあげて」

「分かった」

「結璃愛さん、これを」

『開けてもよろしいんでしょうか?』

「はい!」

『ネックレス……綺麗です♡』

「付けてみて下さい」

『はい!』


「とてもよく似合っていますよ」

『嬉しいです!』

『次結璃愛投げる番だよー!』

「頑張って来てくださi……」

『行ってきまぁああす!!』

「行っちゃった……まぁいっか」

(楽しそうにやってるし)

『あ~3本しか倒せません!』

「貸してみてください」

『はい』

パコーン!!︎(全部倒した)

『すごぉおおい!!』

「良かったですね!」

〜数時間後〜

『楽しかったですね!』

「また来ましょうね」

『はい♡』

『ここラウンドワンだしカラオケ行こっ!』

『うん!』

「賛成です!」

〜10分後〜

『旦那様の歌素敵でしたね♪』

「そっちこそ上手かったじゃないですか」

『ふぇ///』

「どうされましたか?」

『なんでもないですぅう!!』

「次はデュエットしませんか?」

『良いですね!』

「何歌います?」

『『恋ダンス』とかどうでしょう?』

「良いと思います!では行きますよ〜」

『もちろん踊ってくださいね♪』

「ええっ!?」

「はーやーく!」

『はやくはやく〜』

「分かりました!」


『楽しいです♪』

「それはよかったです!」

『はい、お疲れさまでした。お会計はこちらになります』

「はい!」

『じゃあご飯行きましょうか!』

「どこが良いですか?」

『どこでも大丈夫ですよ!』

「じゃあお寿司でも行きますか?」

『はい!喜んで!』

(なんかデートみたいだなぁ……)

「結局いつもの店にしました」

「お待たせいたしました〜」

『いただきます」

『頂きます』(美味しいなぁ〜)

「美味しいですね」

つーん

『んーっ!?わしゃびがぁ~!』

「大丈夫ですか!?」

『だぃじょうぶれひゅ!』

「無理しない方が良いですよ」

つんつん

『んーっ!?』

(ほら言わんこっちゃ無い)

「はいお茶です」

つんつん

『あ、ありがとうございましゅ』

「俺そっち食べるのでこっちのサビ抜きを食べてください」

「すみませーん!注文いいですか?このマグロと大トロを1つずつお願いします!あとこのサーモンもお願いします!それとこのエビもお願いします!」

「かしこまりー!少々お待ちをー!」

〜数分後〜

「はいあーん」

『んっ♪』パクッ♡モグモグ♡ゴクン♡

『おいひっ♡』

「良かったですね!」

『はい♡』

「今日はありがとうございます!」

『いえいえ私の方が感謝したいくらいです♡』

「そう言って貰えるだけで嬉しいです!」

『明日はどうしましょうか?』

「どこか出かけたい所ありますか?」

『私は特にありませんが……旦那様は何かあるんですか?』

「俺は特に何も」

『なら家でゆっくりしましょう』

「そうしましょうか」


〜次の日〜

ピンポーン

「はいはいどちら様でしょうか?」ガチャ

「おはようございます結璃愛さん」

『あっ、旦那様♡朝ごはん作ってきたんですよ♡食べて下さい♡』

「わざわざありがt……」

『はい、召し上がれ♡』

「ありがとうございます!」

「とても美味しかったですよ」

『良かったぁ……』

「洗い物は俺に任せて下さい」

『は、はい……』

「どうかなさいましたか?」

『何でもないですよ……』

「そういえば結璃愛さん」

『なんでしょうか……』

「結璃愛さんって誕生日いつなんですか?」

『12月24日です!』

「クリスマスイブじゃないですか!」

『はい♡だからプレゼント楽しみにしていますからね♡』

「あっはい」

「そろそろ時間なので行ってきますね!」『はい!気をつけて行ってきてくださいね!』

〜帰宅後〜

「ただいま帰りました!」

『おかえりなさぁあい♪』

「これどうぞ!」

『開けてもよろしいですか?』

「どうぞ!」

『お菓子ですか?』

「はい!」

「いつものお礼です!」

『そんなこと気にしなくても良いのに……でも、ありがとうございます♪』

『大切に食べますね♪』

「一緒に食べましょう!」

『えっ?』

「えって独りで食べるんですか!?」

「せっかく作ったんだし2人で食べた方が楽しいですよ?」

『それもそうですね♪ではいただきます♪』

「どうぞ〜」

『うんま~っ!美味しいっ!?』

「やっぱり誰かと一緒に食べるご飯はとてもおいしいですね!」

『ふぇ!?そ、そうですね!』

「……?」

(ってこれ酒入ってるーっ!?)

「ちょっ!?お水お水!!」

(うぅ……)

(あれ?寝ちゃった?)

(可愛いなぁ)

「んっ……んんっ」

ちゅっ♪

「……可愛いなぁ」

「んっ……んんっ」

チュッチュッ

(柔らかっ……)

ぷはぁっ!

『んーん?』

「……起きてました」

『んーん』

「そっか」

『んーん!』

(ん?何だこの手)

『だんなしゃまぁ……』

(寝かせとこ)

「んーん」(すやぁ……)

『んーん』(スヤスヤ……)

「んーん」(ぐぉー……zZZ)

「んーん」(ぎゅー……むにゃむにゃ……)


チュンチュン

『んーん』

「……はっ!寝てた」

「おはようございます結璃愛さん!」

『おはようございます』

「昨日の事は覚えていますか?」

『……はい////』

「そうですか……」

『あの……その……ごめんなさい!!』

「別に謝らなくていいですよ」

『怒ってませんか?』

「全然」

『良かったぁ……』

「それより今日は何しますか?」

『今日も家でゆっくりしましょうよ♡』

「11月最後の日でしたね」

『ですね!』

「明日は何か予定あるんですか?」

『特に無いですよ♡』

「なら明日デート行きましょう!」

『はい♡』

「どこに行きたいですか?」

『私はどこでも大丈夫ですよ♡』

「じゃあ水族館に行きましょうか」

『はい♡』


〜翌日〜

「着きましたね」

『大きいですね〜』

「チケット買いに行ってきますね」

『私もついていきます♡』

〜数分後〜

「買えたので中に入りましょうか」

『……』

「手、繋ぎましょうか」

『はい!』

「イルカショー見れるといいですねぇ」

『そうですねぇ〜♡』

「あっ、始まりましたね!」

『わぁ〜♡』

「綺麗ですねぇ」

『はい♡』

「あっ、結璃愛さん!」

『なんですか?』

「これ、プレゼントです!」

『開けてもよろしいですか?』

「どうぞ!」

『腕輪ですか?』

「はい!」

『嬉しいです♪ありがとうございます!』

「喜んでくれてよかったです!」

『付けてみますね♪』

「とてもよくお似合いです」

『ありがとうございます♪』

「次はどこへ行きますか?」

『お昼にしません?』

「良いですけど、どこか良いところありますか?」

『なか卯とかどうですか?』

「良いですね!」

『では向かいましょう♪』


「何頼みます?」

『親子丼で!』

「俺はカツカレーにしようかな〜」

『美味しそうですね♪』

「ですね!」

『いただきます♪』

「いただきます♪」

『美味しいっ!』

「美味しいっ!」

(可愛いなぁ)

『旦那様♪』

「はい?」

『あーんっ♡』

「えっ?」

(えっ?これって……)

「良いんですか?」

『はい♪』

パクッ モグモグ

「美味しいっ!!」

『ふふっ♪』

(可愛いなぁ)

『美味しかったですね♡』

「はい!また来ましょうね!」

『もちろんです!』

(可愛いなぁ)

「ごちそうさまでした!」

「さてと帰りますか」

『はい!』

(可愛いなぁ)

(可愛いなぁ)

『ただいまーっ!』

(可愛いなぁ)

「おかえりなさいませ奥様」

『はーい』

「ご飯できてるから食べてねー」

(可愛いなぁ)

(食べるかー)

「ご馳走様でしたーっ!!」

『お粗末様でしたーっ!!』

「洗い物しておきますね」

『お願いしまーすっ!』

「ふぅーっ!終わったーっ!」

『そろそろ寝ましょうか』

「そうですね」

「明日は何時に起きましょうか?」

『8時くらいに起こしてくれませんか?』

「わかりました」

『それじゃあおやすみなさい♡』

「おやすみなさい♡」

〜翌朝〜

「結璃愛さん!朝ですよ!」

『んんぅ……あと5分……』

「ダメですよ!」

『う〜ん……』

〜10秒後〜

『おはようございます……』

「おはようございます!」

『今日はデートですよね……』

「はい!」

『準備するので待っていてください……』

〜数分後〜

「できました!」

『私もです!』

「行きましょう!」

『はい!』

「ゲーセン久しぶりですね!」

「UFOキャッチャーやりましょうよ」

『いいですねぇ!』

「どれが欲しいですか?」

『このぬいぐるみです!』

「取れそうですかね……」

『頑張ってください!』

「よし、やってみるか!」

ウィーン(クレーンが上がる音)

ガシッ!

「来たっ!」

ぽとっ

「あっ」

「くっそ〜」

『まあまあ、次頑張りましょう♪』

「そうですね!」

『あっ、あれやりたいです!』

「プリクラですか?」

『撮りたいです♪』

「良いですよ!」

パシャリ(シャッターの音)

「加工お願いしても良いですか?」

『がんばります!』

「楽しみだな〜」

『出来上がりまで少し時間がかかりますので、そこら辺をぶらついてきますね♪』

「行ってらっしゃい!」

『はい♪』


「あっ、結璃愛じゃない!」

『杏菜?珍しいね』

「ゲーセンくらい行くわよ?」

「それよりあんたこそなんでここにいるわけ?」

『旦那様と一緒に来てるんだよ』

「へぇー」

「ところでその旦那様はどこに居るのかしら?」

『今トイレに行ってるけどすぐ戻ってくると思うよ?』

「そうなんだーっ♪」

『あっ来た!』

「杏菜さん!お久しぶりです」

「どうも」

「どうしたんですか?」

「いえ別に」

『杏菜はこれから暇?』

「まあそうね」

「良かったら一緒に遊びませんか?」

「良いんですか!?」

「もちろん良いですよ!」

「ありがとね!」

『何する?』

「カラオケとかどうでしょうか?」

「良いわね!」

『賛成〜』

「では向かいますか」


『満室ですって!?』

「すいません」

「どうします?」

『……何してんの?』

「初花さん!?」

「姉様!?」

『何でここに?』

『私ここで1人なんだけど、良かったら私の部屋入る?』

「えっ?でも迷惑じゃ無いですか?」

『全然大丈夫だよ!』

「ありがとうございます」

『それなら私は帰るね』

「えっ?帰っちゃうんですか?」

『だって邪魔でしょ?』

「そんなことないですよ!」

『ふーん』

『そうですよ!一緒に歌いましょ?』

「そうよ!せっかくなんだからね!」

『じゃあそうするか』

こうして4人で歌うことになった。

「それじゃあまず誰から歌いますか?」

『私が先に歌ってもいいかしら?』

「良いですよ!次は誰が最初に歌いますか?」

「じゃあ俺から行かせてもらいます」

「わかりました」

〜数分後〜

『ふぅー楽しかった』

「次私ね!」

「結璃愛さんも歌いたかったんじゃ……」

『気にしないでください!』

「わかりました」

〜数分後〜

「結璃愛さん上手いですね!」

『それほどでもないです……///』

「次は……どうします?」

『じゃ2人で歌えば?』

「それもそうですね!」

『私もそれでいいです……♡』

「決まりですね!」

『私ちょっと飲み物買ってくるね』

「あっ、私も行くわ!」

『私の分も頼める?』

「何飲むのよ?」

『オレンジジュースかなぁ〜』

『わかった!』

「俺はコーラにしようっと」

ウィーン(自動販売機の音)

『はい』

「ありがとうございます」

『お金払うよ!』

「良いよこれくらい」

『ダメ!』

「そう言うと思ってもう払ってきたわ!」

「すいません……」

『そんくらい構わないよー』

「次は何を歌います?」

『あれなんてどうかしら?』

「良いと思います!」

『あれにするの?』

「はい!」

そして曲が流れ始める。

「行きますよ!結璃愛さん!」

『はい♪』

「せーの!」

『「あーなーたーにー♪」』

『「会ーいーたーくーてー♪」』


「うっま……」

『凄っ……』

「光栄です」

「そろそろ時間なので帰りましょうか?」

『そうね』

「また来てくださいね!」

『もちろんです!』

「じゃあね!」

翌日 12/1

「おはようございまーす」

『おはようございます♪』

「今日は早いんですね?」

『まあそうです』

「何かあるんですか?」

『プラネタリウムに行きたくて調べていたんですよ』

「なるほど」

『それでいつ行こうか迷ってるんです』

「じゃあ今日行きません?」

「良いんですか?」

『もちろんですよ!』

「ありがとうございます」

『じゃあ準備してきて下さい!』

「わかりました」

『私も行ってきます!』

「いってきます」


「ここです!」

『楽しみでしょうがないです!』

「俺もですよ!」

『早く入りません?』

「そうしましょう!」

『綺麗……』

「ほんとだ……」

『星が降って来るみたい……』

「結璃愛さん?」

『えっ?な、なんですか!?』

「いえ、ぼーっとしてたので」

『大丈夫ですよ!それより次見に行きましょ?』

「そうですね」

〜数時間後〜

「楽しかったですか?」

『はい!とても』

「それは良かったです!」

『ありがとうございます』

「じゃあ帰りますか」

『何なら本物の星見に行きません?』

「良いですね!」

〜数分後〜

「着きましたね〜」

『ここなら良く見えますね〜』

「じゃあ寝転びながら話しましょうか」

『そうですね』

〜数分後〜

「眠くなりましたね」

『少しだけなら大丈夫じゃないですか?』

「いや2人とも寝るとまずいので俺は起きていますよ」

『そうですね……お休みなさい……』

(スヤスヤ)

「結璃愛さん……好きですよ」

『私も……大好き……よ……旦那様……♡』

数分後

「結璃愛さん起きてください!流れ星が流れていますよ!」

『んぅ……本当……?』

「ほら!」

『わぁ……願い事しました?』

「はい!結璃愛さん何てお願いしました?」

『内緒です♡』

「そうですか」

「さぁ帰りますよ!」

『はーい』

「明日もよろしくお願いします!」

『こちらこそ♡』

次の日 12/2

「おはようございます!」

『おはようございます♡』

「昨日の流星群どうでした?」

『とても良かったです♪』

「それは何よりです!」

『今日はどうします?』

「ゲームやりましょう!」

「良いですよ!」

『何のゲームが良いかな〜』

「これなんてどうでしょうか?」

『良いと思います!』

「じゃあ始めますか!」

『負けないから!』

「こっちだって!」

『あっ、負けた〜』

「やったー!」

『もう一回やる?』

「いいですよ!」

『次は勝つもん!』

「望むところだよ!」

『あーまた負けた〜』

「勝ったー!!」

『もう一戦!!』

「良いですよ!」

『あー勝てると思ったのに!』

「残念でした♪」

「もうこんな時間だし終わりにしましょうか?」

『そうだね!』

「じゃあお疲れさまです!」

『またね!』


12/3

「おはようございます!」

『おはようございます!』

「今日の予定はありますか?」

『特に無いのよね……』

「それなら一緒に出かけませんか?」

『どこに行くんですか?』

「服を買いに行こうと思ってまして……」

『じゃあ行きましょっか♪』

「はい」

『この店って男性用のもあるんですね?』

「そうらしいです」

「とりあえず入ってみます?」

『そうしましょ!』

「いらっしゃいませっ!」

『こんにちは!』

「今日はどのような物をお探しですか?」

『冬物を探しているんですけど何かオススメってありませんかね?』

「こちらとかどうでしょう?」

「似合いそうな気がするのですが……」

『確かに……でもちょっと派手すぎないと思うんですが?』

「そんなことは無いですよ?お客様にはこれが一番合うと思うんですよねぇ……」

『う〜ん……わかりました買ってきます……』

「ありがとうございました〜!」

「結璃愛さん大丈夫ですか?無理してませんか?」

『大丈夫ですよ!それより次に行きませんか?』

「わかりました!じゃあ次に行きますか!」

〜数時間後〜

「結構買い込みましたね……」

『そうですね!まだまだ行きますよー!』

「……やっぱり無理してません?」

『大丈夫ですよ!それより次に行きます!』


〜数時間後〜

「そろそろ帰りませんか?」

『そうですね!帰りましょう』

「荷物持ちましょうか?」

『大丈夫です!それより早く帰りましょ!』

「……話してくださいよ」

『えっ?』

「無理してますよね?夫婦なんですから隠し事はなくしません?」

「俺にも話せない事なんですか?」

『……』

「黙っていても分かりませんよ」

『……』

「……話してくださいよ」

『怖いんです』

「えっ?」

『みんないつか子供を作って、母親になるんだと思うんですけど、私は……』

「最初に言いましたよ?気にしないって」

「だから安心してください」

『……』

「結璃愛さん?」

『……』

(バタ)

「結璃愛さん!?」

『……良かったぁ』

「ん?」

『いずれ私も捨てられるんじゃないかなって思っていたから』

「捨てたりなんか絶対しませんよ!」

『本当に?』

「本当です!」

『良かったぁ』

「結璃愛さんはずっと側に居てくれますか?」

『もちろんです♡』

「良かったぁ」

『これからもよろしくお願いします♡』

「じゃあ帰りま……えっ?」

『もう少し……このままいたいです♡』

「良いですよ」

『旦那様…大好き♡』

「結璃愛さん…俺も好きです」

チュッ

『んぅ……♡』

「ぷはぁ……」

『もう一度……』

「良いですよ」

『んむ……♡』

「はふ……」

『もっとぉ♡』

「良いですよ」

『んちゅ……はむ……れろ……』

「はあ……はあ……」

『はあ……はあ……』

「流石に帰りましょうか」

『それもそうですね』

「じゃあ帰りましょうか!」

『はい♪』

この後めちゃくちゃ…いや何もしてねーよ?


12/4

『寒いですね』

「今日は鍋にしましょう」

「材料は揃っているので作っちゃいますね」

『楽しみにしておきますね♪』

「はい!」


『美味しい〜』

「それはよかった」

『毎日食べたいなぁ』ボソ

「何か言いました?」

『いえ、なんでもないですよ♪』

「そうでs……熱っ!」

「水!」

『はい!』

『大丈夫ですか?』

「なんとか大丈夫です」

『気をつけてくださいね?』

「はい!」

『今日はもう寝ますね?』

「そうしてください」

『お休みなさい♪』

「お休みなさい」

12/5

「葵さんがですか?」

『はい!』

「それは楽しみです!とりあえず行ってみましょうか!」

『はい!』

〜数分後〜

「ここが会場ですか……」

『大きいです』

「とりあえず入りますか……」

『そうですね』


『おひさー!』

『葵~!久しぶり!』

『元気だった?』

『うん!結璃愛も元気?』

『もちろん!』

「どうも」

『2人とも相変わらずだねw』

『そうかな?』

「そうですかね?」

『そうだよ!らぶらぶじゃん!羨ましい!』

『そう?ありがと!そういえば彼氏は?』

『遅刻してんだよねー!』

『そうなんですか?珍しいですね!』

『確かに!』

「あの〜」

『あっ!遅いよー!』

「わりぃ!電車乗り遅れたわ!」

『大丈夫!』

「遅刻は良くないと思いますけど」

『旦那様は一度も遅れたことがないんです』『へぇー!凄いね!』

「そうですか?普通だと思うんですけど」

『そうだよ!それにしても……』チラッ

「えっ?なっ何?」

『漣君は遅れすぎ!この前なんて1時間も遅れてきたんだからね!』

『1時間!?』

「あれは電車止まったからしゃーなくね?」『それでもだよ!』

「ごめんってば!」

『まあまあ、落ち着いて下さい』

『でもさぁ』

『結璃愛ちゃんありがとう』

『いいえ、大丈夫ですよ』

「結璃愛さん、そろそろ行きません?」

『はい!』

「じゃあまたな!」

『ばいばーい!』

『バイバーイ』



ここからはサブストーリーとして、葵と漣の日常をご覧ください。

『ねーねー』

「ん?」

『今度デート行こーよ!』

「良いけど」

『やった!どこ行く?』

「葵の好きなところで良いよ」

『じゃあウチ水族館に行きたーい!』

「OK 」

『じゃあ決まりっ!今からねー』

「い、今から!?」

『だってウチ今行きたいんだし』

「……まあ良いけどさ」

『券は結璃愛からもらってるから』

「あっそうなの?」

『うん!』


水族館

『ここだよー!』

「何か大学生のデートって感じだな」

『それどういう意味?』

「別に深い意味では無い」

『ふぅーん……』ジーッ

「そんなに見つめられると恥ずかしいんだけど……」

『良いじゃん♪』

「はいはい……」

『見てみてー!ペンギン可愛いー♡』

「おー!そうだな!」

『……それだけ?』

「はぁ?」

『葵の方が可愛いって言えよー!』

「ええっ!?わかんねーよ!?」

『君の弟は結璃愛にめっちゃ言ってるよ?』

「あれについてはあいつが特殊なだけだ!」

『そうかな〜?』ニヤニヤ

「うぜぇ……」

『ねぇ漣君〜?』

「今度はなんだ?」

『キスしよっか〜』

「嫌だけど」

『なんで〜?』

「いやいやって言われても無理なものは無理だから」

『うるさい!漣君に拒否権はないよ!』

グイッ チュッ

「ちょっ!まっ……」(ドサッ)←押し倒された音


〜数分後〜

『ぷはぁ〜!気持ちよかった〜!満足したし帰ろ〜っと!』スタタタッ

「おい待てよ!」

『何だ~?エロい事でもしたいのかな~?』

「ちげぇよ!」

『じゃあ何?』

「お前が急に押し倒してきたからだろ!」

『それはごめんね?でも抵抗しなかったじゃん』

「そりゃそうだろ!」

『やっぱりエッチなこと考えてたんじゃんww』

「違うわ!……いややっぱそうかも」

『あれ?』

「だって葵エロいし」

『ふ、ふぇっ!?///』ボンッ

「顔真っ赤になってるけど大丈夫か?」

『大丈夫だし!バカァー!!』バシッ

「痛った!殴ることないだろ!?」

『ふんっ!知らないもん!』

「はぁ〜」

この後めちゃくちゃ仲直りした。そして……

「良いのか?本当に挿れて」

『漣君になら……良いよ』

「分かった」

(ズプゥ)

『ひゃんっ♡』ビクッ

「動くぞ」

(パンッパンッ)

『あんっ♡あぁん♡』

(ビュルル)

「はぁはぁ……」

(ピコン)

『はやいよぉ……♡』



結璃愛さんと旦那様の日常に戻ります。

「ただいまー!」

『おかえりなさいませ、旦那様』ニコッ

「ただいまです」

『ご飯にする?それとも……?』

「じゃあご飯作りますね」

『……あっはい』

「今日は何が良いですか?」

『何でも良いですよ』

「じゃあオムライスにしましょうかね」

『分かりました』

「じゃあ作ってくるんでゆっくりしててください」

『はい、ありがとうございます』

数十分後……

「出来上がりましたー…あれ?」

『すぅ……すぅ……zZ』

(しばらくこのままにしてあげるか)

「いただきまーす」モグモグ

『んんっ……ん?』パチッ

「おはようございます」

『ああっ!1人で食べないで下さいよ!』

「あっすみません……寝てる結璃愛さん可愛かったもので……」

『もう……仕方ありませんね……許します……』テレッ

「良かった……」

『では私も頂きます……んんっ♡美味しいですね♡』

「そう言ってもらえると嬉しいです」

『あーんしてください♡』

「ええっ……」

『早く♡』

「じゃあはいあーん」

「どうですか?」

『とっても美味しかったです♡』

「そっか……」

『お風呂一緒に入りたいな〜♡』

「ええっ……」

『駄目、ですか?』ウルウル

「はいはい……」

『やった〜♡』

〜お風呂〜

(そろそろ慣れないとな…あっ来た)

『は〜い♪』

「どうぞ」

ぽちゃん

『そんな緊張しなくても良いんですよ』

「いや無理ですから!」

『む〜!』

「はいはい悪うございましたね」

『じゃあ私が洗ってあげますね〜』

ザバーザバー

「ちょっ!自分で洗いますから!」

『遠慮しないでくださいよ〜♡』

「え、ええ…?」

『背中流しますね』

「お願いします」

ゴシゴシ

『痒いところは無いですか?』

「特に無いです」

『次は前を』

「前は結構です!」

『恥ずかしがらなくて良いんですよ?』

「嫌なものは嫌なんです!前は自分で洗えますから!」

『むぅ……それもそうですね』

「はぁ〜」

(やっと終わった..)

『さて湯船に浸かりましょうか』

「そうですね」

(チャポン)

『ふぁぁ……気持ちいいですね』

「そうですね〜」

『ねぇ……旦那様?』

「何でしょう」

『キス…しません?』

「良いですよ」

「んっ……チュッ」

『もっと……♡』

(ちゅっちゅー)

「ぷはっ……これで満足しましたか?」

『まだ足りないです……♡』

「これ以上すると逆上せちゃいますよ?」

『でもしたいです……♡』

「はいはいわっかりましたよ」

『じゃあ……♡』

「はいよっと」

(チュッ)

『んんっ……♡』ビクッビクッ

「はい終わり」

『えぇ……もう少しだけ……♡』

「これ以上は一線を超えてしまうので」

「また今度してあげるので我慢して下さい」

『約束ですよ?絶対ですからね?破ったら怒りますからね?』

「分かってますよ」

『じゃあお布団行きましょう?』

「はいはい」

(パタン)


翌日 12/7

「おはようございます結璃愛さん」

『おはようございます旦那様』ニコッ

「今日は何するんでしたっけ?」

『今日は特に何も無かったと思いますよ』

(コンコン)

「失礼致します。旦那様と結璃愛さん朝食の準備が出来ております」

「……?」

『行ってみましょうか』


「何これ……」

『誰がこんな凄い朝食を?』

「私で御座います」

「すいません」

『ありがとうございます』

「いえいえ」

『では頂きましょうか』

「そうですね」モグモグ

『美味しいです♡』

「ありがとうございます」

「こんな朝食の当番あったんですね」

「そうですね」

〜数時間後〜

「ただいま帰りましたー」

(ガチャリ)

『おかえりなさい♡ご飯にしますか?お風呂にしますか?それとも……』

「焼き肉行きましょう!」

『あれ?』

「福引で当てました!」

『……そ、そうですか』

「はい!」

「じゃあ準備してください!」

『わ、分かりました』


焼き肉屋

『何から焼きます?』

「とりあえずカルビとロースでしょ、あとハラミも食べたいです!」

『私は特上セットでお願いします』

「かしこまりました」

数分後

「焼けたやつからどんどん持って来てください!」

『はい!』

「焼きましょう!」

『いっぱい食べますよー!』


「はいあーん」

『んっ!おいひ~れふ♡』

「それは良かったです!」

『次は私のをどうぞ♡』

「いただきます!」パクッ

『どうですか?』

「めっちゃおいしいです!」

『嬉しいです♪』

「次は俺がやります!」

『はいっ♡』

「あーんっ」

「はい次はこれですよ〜」

『ん〜♡これも美味しいですね♡』

「ですね〜」

『今度は私がやってあげます♡』

「お願いしま〜す」

『あーん♡』

「うんまぁ〜」

『えへへ♡』

「お肉美味しいですか?」

『はい♪』

「じゃあもう1回あーんしてください」

『あーん♡』

「はいあーんっ」

『んっ♡』

「あぁ幸せだぁ」

『私もです♡』

この後めちゃくちゃイチャイチャした。

「美味しかったですか?」

『まだ食べますよ!』

「まだ食べるんですねw」

『デザートまでしっかり食べたかったので』

「なるほど」

『さてと会計して出ましょうか』

「はい」

レジにて

店員「合計で4万8千円になります」

「えぇ!?」

『こんなのはした金ですよ』

「うわぁ……」

(金持ちこわいよぉ)

『旦那様もこの資金を使えるんですよ』

「それは知ってますけど」

「なんか怖いなぁって思って」

『大丈夫ですよ。ちゃんとした使い方なら良いのですから』

「そうなんだ」

『はい』

「ごちそうさまでした」

『ありがとうございます』ニコッ

「こちらこそですよ」ニコッ

(ギュッ)

『……///』

「手、冷たそうだったので」

「嫌だったら離しますね?」

『いえ……このままが良いです//////』

「じゃあそのままで行きましょうか」ニコッ

『はい///』

帰宅

「先に風呂入ってください」

「結璃愛さんの方が冷えてると思うんで」

『わかりました』

〜入浴中〜

「私も入りますね〜では失礼します」

『どうぞ~……きゃあっ!』

「危ない!」ガシッ

(しまった……裸の結璃愛さんを!)

「すいません……」

『いいんです……その、助けてくれましたから』

「ありがとうございます……」

(恥ずかしくて死にそうだ)

(でも綺麗だよなぁ)チラッチラッ

(ダメだ!理性を保て俺!)

(こんなの見られたら嫌われるかもしれないんだよ!?)

『別に見ても良いんですよ?///』

「えっ?今なんて言いました?」

『なんでもありません!』プイッ

「そ、そうですか」

『はい!』

「じゃあどうぞ」

『隣に来ては下さらないのですか?』

「えっ?それだと色々まずいというかなんと言うか」

『私は気にしないのでどうぞ♡』

「わ、分かりました」スゥーハァー

「じゃあ失礼します」

『はいっ♡』

ちゃぷん

(な、何かまた胸大きくなった?いや!そんな事気にするな!)

「気持ちいいですね」

『はい♡』

「今日は楽しかったです」

『私もです♡』

「これからもよろしくお願いします」

『もちろんです♡』チュッ♡

「んむっ!」ビクッ!

『ん?どうしました?』

(あ、危ない……性欲を抑える薬飲んでいなかったら襲っていたかも……だ、駄目だ!彼女はまだ16なんだぞ!)

「い、いえ何でも無いです」

『そうですか♡』

「はい」

『お背中流してあげますね♡』

「えっ?」

ゴシゴシ

「んっ♡」ピクッ

『どうかされましたか?』ニヤリ

「い、いやちょっとくすぐったくて」

「あとは自分で洗いますよ」

『遠慮なさらずに』

「いや本当に大丈夫なので」

『そうですか。残念です』シュン

「はい。ありがとうございます」

『はい♪』

「じゃあそろそろ上がりましょうか」


「それじゃあもう寝ましょう」

『はい!』

「電気消しますよ〜」パチ

「ふぅ」

『旦那様♪』

「はーい」

『ぎゅってしてください♡』

「はい喜んで」ギュウ

『旦那様あったかいです♡』

「おやすみなさい」

『おやすみなさい♪』

「zZZZ」

(可愛いなぁ)


翌朝

「おはようございます」

『んんぅ~あと5分……』

「朝食作りました。今日はオムレツです」

『んーん』

「起きないとキスしますよ?」ボソッ

『起きます!』ガバッ!!︎

「うおっ!」

『朝ごはん食べましょうか♡』

「はい」ニコッ

〜食事中〜

『美味しいですね♪』

「光栄です!」

「ごちそうさまでした」

『ごちそうさまでした』ニコッ


〜歯磨き中〜

「歯医者行ってきます」

『虫歯ですか?』

「定期検診ですので心配しないで下さい」

「では行ってくるので留守番頼みます」

『はい!』

(ガチャバタン)

(よし!行くか!)

歯医者

「では口を開いてください」

「はーい」

「右上7番斜線」

「左下6番斜線」

(良かったぁ)

「特に異常はありません」

「ありがとうございました」

(何か買って帰ろうかな)


「ただいま帰りました」

『おかえりなさい!どうでした?』

「異常なしです!」

「結璃愛さんのおかげですね」ニコ

『よかったです♡』

「夕食は何がいいですか?」

『ハンバーグが良いです!』

「了解しました」

「じゃあ作っちゃいますね」

『私も手伝います!』

「えっ?でも……」

『大丈夫です!』

「いや料理の腕じゃなくてですね」

「包丁とか火を使うので危ないですよ」

『大丈夫です!任せてください!』フンスッ

「わ、分かりました」

「怪我だけはしないように気をつけて下さい」

『はいっ!』

数十分後

『できました!』ドヤァ

「おおっ!!」

『凄いでしょう?』

「はい!」

(焦げてるのは言わないでおこう)

「いただきます!」パクパクモグモグ

『どうですか?』ドキドキ

(うんめぇーーー!!!)

「とっても美味しいです!」

『やったー!!』

「また腕を上げましたね」

『嬉しいです♡』

(やっぱり笑顔が一番だな)

「味噌汁も美味しいです!」

『今日のは自信作なんですよ?』

「毎日食べたいくらい美味しいです!」

『本当ですか!?』キラキラ

「はい。嘘じゃないです」

『これからもずっと一緒に居てくれるんですか!?』ウルウル

「もちろんです」

『これからよろしくお願いします』ニッコリ

「こちらこそ末永く宜しくお願い致します」

『では寝ましょうか』

「歯は磨いてからにしましょう」

『てへっ♪』

「じゃあ寝ましょうか」

『はい!』

「電気消しますよ〜」パチ

『旦那様♡』

「ん?」

チュッ

「んむぅ♡」ピクッ

『ぷはぁ♡』ハアハア

「ゆ、結璃愛さん?」

『キスくらいはいつでもできます!』

「じゃあもう1回……」

ちゅっ

「んんぅ♡」ビクッ

『おやすみなしゃい♡』トローン

「おやすみなさい」

〜翌日〜 チュンチュン

『んんぅ〜』モゾモゾ

「おはようございます」ナデナデ

『おはようごじゃいます♡』

「今日は何しますか?」

『特に予定はありませんよ』

「そうですか……ではデートに行きませんか?」

『行きます!』

「では準備して下さいね」

『はーい』

数分後

「では出発しましょっか」

『はい!』

〜移動中〜

「着きましたね」

『映画館ですか』

「見たい映画があったので」

「何にするか決めてるのでチケット買いましょ」

『はい!』

「ポップコーンLサイズで良いですか?」

『私はMで十分ですよ?』

「いえ!半分こします!」

『なるほど!ではそれでいきましょう!』

「飲み物は何がいいですか?」

『オレンジジュースがいいです!』

「了解しました」

「僕はコーラを貰おうかな」

「あと席はどこが空いているかな?」

『真ん中辺りがいいです!』

「じゃあ隣がいいですね」


「良い席開いていましたね」

「座りましょう」

『はい!』

「楽しみですね」

『どんな内容なんでしょうか?』

上映開始

『うわあああっ!!!』

「……」

(結璃愛さんはこういうの苦手なのかな?)チラッ

『ひゃあ!』

(可愛い)

『うわっ!』ぎゅーっ

(くっついてきたー!?)

「大丈夫ですか?」ボソッ

(耳元で囁いたら余計ダメだったみたいだ)

(顔真っ赤にしてる)

(こんなの反則だよ)

(理性保つのキツいな)

(でも我慢しないと)

(嫌われたくないし)

(でも抱きしめたくなる)

(今はこのままにしてようかな)

終了後

「そろそろ出ますか?」コショコショ

(ビクンってなった)

(可愛すぎるんだけど)

(もっといじめたくなってきた)

「まだ時間ありますけどどうしますか?」

『えっと……』

(困っているな)

(どうしよう)

『も、もう出ますよぉ////』

「照れ顔も可愛いですよ」

(何かないか)

「そうだ。服を見に行きましょう」

『はい!』

「これなんかどうですかね?」

『似合いますか?』テレリ

「とてもよくお似合いです!」

『ありがとうございます♡』ニコッ

(天使だなあ)

「こっちも試着してみてください」

『旦那様がそう言うなら……///』

「やっぱり良くお似合いです」

『じゃあこれにします♡』

「これはどうです?」

『素敵だと思います♡』

「じゃあ買っちゃいますね」

『はい!』

「次はどこに行こうかな〜」

『あの、旦那様』

「ん?どうかしましたか?」

『私、旦那様と一緒ならどこでも楽しいんですよ♡』ニッコリ

「俺も同じ気持ちなので安心して下さい」

ナデナデ

『嬉しいです♡』ギュッ

「俺もですよ」なでなで

『えへへぇ~♪』

「じゃあそろそろ帰りますか?」

『はい♪』

〜帰宅後〜 ガチャ バタン

「今日はおでんです!」

『ではおでん屋に行きましょう!』

「そういえば最近行ってないですね」

『行きたいです!』キラキラ

「じゃあ行きますか」

〜移動中〜 ガラガラー カランコロン〜

「いらっしゃいませ」

「2名様ですか?」

「はい」

『大根とたまご食べます!』

「俺はこんにゃくをお願いします」

「かしこまりました」

「ではごゆっくり」

「美味しいですね」モグモグ

『はい!』パクパクモグモグ

「そう言えば結璃愛さんは明日何します?」

『たまには旦那様の行きたい場所に付いて行きたいです!』

「特にないんですよね」

『そうですか?……あつっ!』

「あっ!大丈夫ですか!?」

『はい』

「俺がふーふーしますね」

「はいあーん」

『あむっ!』

「熱かったですね」

『はい』

「すみません。俺が変なこと言ったので…」

『いえ!私が勝手にやったことですので!』

「でも……」

『じゃあこうしましょう!』

『私もふーふーして旦那様にあーんします』

「良いのですか?」

『はい!』

「それじゃあお言葉に甘えて……」

『あーん』

「あーん」

『どうですか?』

「凄くおいしいです!」

『良かったです!』

(可愛い)

「今度は俺からですね」

『お願いします!』

「はいどうぞ」

『いただきまぁす♡』

(可愛い)

「どうですか?」

『おいひいれふぅ〜』

(可愛い)

「それはよかったです」

(可愛い)

「そろそろ出ましょうか?」

『えっ?まだ頼んでますよ?』

「おまたせしましたー」

(細いのによく食べるよなぁ)

「ありがとうございます」

『旦那様!あーんしてください♪』

「えっ?あ、あーん」

(恥ずかしいなこれ)

(顔赤くなってる)

(結璃愛の顔も赤い)

(幸せだな)