2022-10-02 03:48:35 更新

概要

佐世保鎮守府本格始動かと思いきや過労によって倒れてしまった提督。混乱する鎮守府。いったいどうなる?

#4 始まります


前書き

登場人物

・提督(光信):20代半ば 男 妖精が見えるまでは地元で自営業を営んでいた
深海棲艦のクォーター。艦娘と遜色ない戦闘能力を持つ。水に浮くことができる

・吹雪:提督に初期艦に任命された艦娘。吹雪を含む初期艦達は全員バカ

・曙:佐世保鎮守府襲撃時の生き残り。執務室前で動けないところを提督に助けてもらい復活
提督love

・満潮:霞と部屋に隠れていた。提督が来たことにより安心するも恐怖心から提督に甘える
提督love

・霞:満潮と部屋に隠れていた。提督に主砲を撃つも躱され最終的には気絶させられる。
夜中に1度目が覚め提督の温もりを感じ主砲を撃ったことを後悔。その後甘えるようになる
提督love

・青葉:何かと写真を撮り記事にしたがるパパラッチ重巡。曙と同じく佐世保鎮守府襲撃時の生き残り
襲撃時のトラウマがあるようで1人では寝れないらしい。提督love


大淀:佐世保鎮守府襲撃時の生き残り。主に大本営との連絡役

明石:佐世保鎮守府襲撃時の生き残り
襲撃前は資材を勝手に使い発明していたが襲撃後は発明をしなくなり真面目に工作艦として働く

川内:佐世保鎮守府襲撃時の生き残り
天井裏で気配を消していたつもりが隠せておらず提督に見つかる
『気配の消し方が下手くそ』とダメ出しを食らう

鳳翔:佐世保鎮守府襲撃時の生き残り
普段は間宮と食堂を任されている
前線に出ると性格が変わるらしい

龍飛:鳳翔のもう一つの顔。普段のお淑やかな雰囲気とはうってかわり好戦的になる。なお鳳翔と龍飛は性格は変わるがお互いの記憶は共有している
※龍飛(たっぴ):大日本帝国海軍が「鳳翔」に改名する前の艦名。
起工時には「鳳翔」だったが、1919年10月の改名までは「龍飛」として起工する予定だった(wiki参照)

間宮:佐世保鎮守府襲撃時の生き残り
鳳翔とともに食堂を任される傍ら『甘味処間宮』も営んでいる

不知火:佐世保鎮守府所属。佐世保襲撃時、前提督から半年の長期休暇を強制的に取らされ鎮守府を留守にしていた。意外とビビり。青葉から鎮守府の現状を聞き酷く落ち込むが提督の優しさに心を開き甘え出す。提督Love

時雨:佐世保鎮守府所属。襲撃時は連休でプチ旅行に行っていた。夕立からの緊急連絡で引き返すも時すでに遅し。誰にも見つからないよう裏山で過ごしていた。隠れ提督love

瑞鶴:元大本営所属艦娘。佐世保鎮守府近海の哨戒のために派遣された。一航戦の加賀とは仲がいい

加賀:元大本営所属艦娘。意外と怖がり
五航戦の瑞鶴とは仲がいい

大和:元大本営所属艦娘。戦闘中は凛々しいがそれ以外はだらしなかったりする。意外と甘えん坊

古鷹:元大本営所属艦娘。青葉とは面識がある
たまにドジを踏む。甘えん坊な一面も

睦月:元大本営所属艦娘。なんか知らんけど語尾が特徴的。寂しがり屋

暁:元大本営所属艦娘。電がちゃんとやれているか心配で元帥にお願いして派遣された
他の鎮守府のように背伸びをするかと思いきや割としっかりしている

翔鶴:佐世保鎮守府の提督が変わって初のドロップ艦

~大本営~

元帥:お調子者。公人や他鎮守府の提督がいる時は真面目なフリをしているが、よく長門にシバかれている。今は霧島が〆ている

長門:元大本営所属艦娘。元帥の秘書艦であり提督と幼馴染でもある。尚、あえて言わないが他鎮守府のように危険な存在ではない。提督には弱い
意外と提督のことが好き?
提督と2人きりになると甘え癖が出る
佐世保所属になった

憲兵長:憲兵団のトップ。元佐世保鎮守府の提督。
佐世保に未練はあるものの当時の嫁艦である朝潮と幸せに暮らしている。元帥から佐世保勤務を言い渡される

朝潮:元佐世保鎮守府所属の艦娘。襲撃後奇跡的に生き残るが記憶を失っていた。元提督が現れたことにより記憶が戻るも佐世保には戻れないと解体を希望。憲兵長の妻である。面影は残っている。
佐世保に転属となった憲兵長と共に佐世保鎮守府の一室で暮らしている

陸奥:長門の妹で提督とは幼馴染。提督からは『むっちゃん』と呼ばれ可愛がられていた。人間時代に提督に恋をしていたが艦娘となり離ればなれに。今でも提督のことを好きでいる
佐世保所属になった

衣笠:大本営から深海棲艦本部特定のために佐世保に派遣された。青葉には劣るが情報収集能力は青葉も認めるほどの実力

夕張:工作大好き軽巡。大本営の明石が不調の時は代わりに改修を行うなど実力はホンモノ。明石のお墨付きである。たまに気まぐれで変なものを作ったりする

明石:変なものしか開発しない。だが改装、改修のように戦力に関わる部分は真面目。夕張より自由すぎるのが玉に瑕

〜深海〜

戦艦棲姫:佐世保襲撃時は非戦闘員。襲撃に反対していた1人。深海側の代表として話があると佐世保まで来た。艦娘時代は扶桑だったらしい

駆逐棲姫(わるさめ):戦艦棲姫と同じく佐世保襲撃時は非戦闘員。襲撃反対派の1人。意外と甘えん坊
艦娘時代は春雨だったらしい

深海提督:鎮守府襲撃計画は何も知らなかった。半年前の鎮守府襲撃の償いをどうするか考えすぎてしまい少し禿げた
深海本部叩きにノリノリである
深海提督『誰がハゲだ!』

その他にも色々登場します


〜13章 鎮守府機能停止?〜



〜1845 艦娘寮 青葉の部屋〜


時雨「僕たちが呼ばれた理由聞いてもいいかい?青葉」


青葉「明日以降の指示です。現在司令官は過労で倒れ意識不明。前司令官から『明日の出撃は取り消しする。その代わり訓練に励むこと』との事です」


川内「提督が倒れたなら仕方ないよねぇ・・・」


不知火「そういえば先程大淀さんが新しい方引き連れて鎮守府の案内してましたね」


青葉「古鷹たちが見つけた方の事ですかね」


不知火「どうでしょう・・・銀髪で袴姿のようでしたけど・・・」


コンコン


青葉「空いてますよー」


ガチャ


大淀「みなさんここにお揃いでしたか」


青葉「どうかしたんですか?」


大淀「いえ、新しく鎮守府に所属になった方の紹介をと思いまして」


青葉「なるほど」


大淀「よろしいですか?」


青葉「いいですよ。なんなら上がってください。お茶入れますね」スタスタ


大淀「し、失礼します(相変わらず行動が速い・・・)」


翔鶴「え、えっと・・・」


川内「あなたが新しい艦娘?」


翔鶴「え、は、はいっ」ガチガチ


青葉「川内さん威圧しちゃダメですよー。はいお茶です」コト


川内「私ってそんな怖い顔してた?」


青葉「少なくとも夜戦の時や新しい方を見る時は怖いです」


翔鶴「あ、ありがとうございます」


青葉「大淀さんもどうぞ」


大淀「ありがとうございます」


青葉「では私たちからですね。青葉型重巡洋艦1番艦 青葉です」


川内「なんか納得いかない・・・私は川内型軽巡洋艦1番艦 川内だよ」


不知火「陽炎型駆逐艦2番艦 不知火です」


時雨「僕は白露型駆逐艦2番艦 時雨だよ。よろしくね」


大淀「そして軽くご挨拶した程度でしたが。大淀型軽巡洋艦 大淀です」


翔鶴「ご丁寧にありがとうございます。翔鶴型航空母艦1番艦 翔鶴です」ペコ


青葉「本来なら司令官が出迎えるんですが・・・」


翔鶴「提督に何か・・・?」


川内「大淀話してなかったの?」


大淀「えぇ・・・全員揃ってからがいいかと思いまして・・・」トイウヨリキコエテタトオモウンデスガ…

※前作後半に描写あります


川内「曙達呼んでくる。それでいいよね?」


青葉「お願いします」


川内「それじゃ行ってくる」ガチャ パタン


〜提督私室〜


川内「曙ーいるー?」ヒョコ


曙「何?」


川内「霞と満潮も一緒がいいんだけど青葉の部屋来てくれない?」


霞「毎回思うんだけどどこからともなく急に出てこないでくれる?心臓に悪いから」


満潮「まぁいいわ。今すぐ行かないといけないのかしら?」


川内「できることならね。」


曙「・・・わかったわ。その代わり誰も部屋に入れないで」


川内「了解っ」シュバッ


満潮「毎度のことだけどほんとに忍者みたいよね」


川内「ほめた?」ヒョコ


霞「褒めてない!さっさと行け!」ゲシ


川内「痛い!」


〜青葉の部屋〜


コンコン


青葉「はーい今行きます〜」ガチャ


曙「呼ばれてきたわよ」


青葉「お待ちしてました〜。ささ、どうぞ」


曙「えぇ」


霞・満潮「失礼します」


曙「それで?」


青葉「曙さんは新しい艦娘が所属されるのは知ってますよね?」


曙「えぇ、執務室で書類書いてもらったわ」


霞「新しい艦娘ってそこの銀髪の人?」


青葉「その通りです」


満潮「なるほどね・・・私は朝潮型3番艦 満潮よ」


霞「同じく朝潮型 10番艦の霞よ」


曙「特型駆逐艦18番艦、綾波型8番艦の曙よ。執務室で顔を合わせて以来ね」


翔鶴「よろしくお願いします」


青葉「翔鶴さん・・・司令官にはまだ会ってないですよね?」


翔鶴「は、はい・・・倒れたとか何とかというのは聞こえたような気が・・・」


霞「その時の様子なら大淀が詳しいわね」


大淀「・・・提督は青葉さんたちと通信を行っていましたよね」


不知火「確かに不知火たち全員、出撃中に司令の声は聞いていますが・・・」


大淀「青葉さんたちと通信を終えたあとその場に倒れ込んでしまったんです」


霞「そこで大淀がオロオロして取り乱していたところに私が入った・・・という事ね?」


大淀「その通りです」


翔鶴「あの・・・何故提督は倒れたんでしょうか・・・」


曙「・・・話さないと進まないような気がするわ」


青葉「青葉もそれは思います」


曙「みんなは?」


6人「・・・」コク


翔鶴「えっと・・・」


曙「とんでもない衝撃を受けることになるけど覚悟は出来てるかしら」


翔鶴「・・・はい」


曙「提督はね・・・深海棲艦の血を引いているのよ」


翔鶴「・・・え?嘘・・・では無いのですか・・・?」


満潮「残念だけど事実よ。私たち全員この目で見てるもの」


翔鶴「そんな・・・」


霞「安心しなさいな。司令官は深海棲艦の血は引いているけど私たちの味方よ」


翔鶴「安心できないです・・・」


曙「まぁそうよね・・・」


艦娘「・・・」


満潮「司令官が目を覚ますまでは待つしかなさそうね」


川内「そうだね・・・」


霞「ねぇ大淀、あそこは連れていったの?」


大淀「いえ、いきなりあそこに連れて行っても驚くと思いますから・・・」


時雨「それは今でも後からでも変わらないんじゃ・・・」


曙「翔鶴、案内するからついてきてくれる?」


翔鶴「え?あ、は、はい」


青葉「あっ、曙さん」


曙「何?」


青葉「あとから相談したいことがありますのでまた戻ってきて貰えますか?」


曙「・・・わかったわ」


青葉「お願いします」


ガチャ パタン


〜艦娘寮 廊下〜


曙「霞と満潮は私室に戻る?」


霞「そうするわ」


満潮「司令官の看病に戻るわね」


曙「お願いね」


2人「えぇ」


トテトテトテトテ


曙「行きましょうか」


翔鶴「はい」


トテトテトテトテ

コツコツコツコツ


曙「先に言っておくわ」


翔鶴「なんでしょう・・・」


曙「普通じゃありえない人(?)たちがいるから」


翔鶴「何故そこだけ疑問形なんですか・・・」


曙「見たらわかるわよ」


コンコン


『誰だ?』


曙「曙よ。今いいかしら」


『ああ、構わない』


曙「お邪魔するわ」ガチャ


〜艦娘寮 深海棲艦の部屋〜


戦艦棲姫「珍しいな。曙がここに来るとは」


曙「まぁね。あなた達に紹介したい人がいるのよ」


わるさめ「紹介したい人・・・ですか?」


曙「そう。入ってきて」


翔鶴「翔鶴型航空母艦 翔鶴・・・で!?!?」


曙「だから言ったでしょ・・・」


翔鶴「な、なんで深海棲艦がいるんですか!?しかも戦艦棲姫に駆逐棲姫まで!?」


ヲ級「まぁそうなりますね」


曙「今日着任した航空母艦 翔鶴よ。瑞鶴のお姉さんでもあるからよろしくお願いね」


深海「よろしく(お願いします)」


翔鶴「ちょっと待ってください!なんで深海棲艦が鎮守府に平然といるんですか!?」


戦艦棲姫「提督と海軍元帥から許可は出てるぞ?」


わるさめ「それに私たちは非戦闘派なので・・・」


翔鶴「え、えぇ・・・」


曙「仲良くして損は無いと思うわ」


翔鶴「・・・」コンラン


戦艦棲姫「・・・混乱しているみたいだな」


曙「また今度説明するわ・・・」


戦艦棲姫「そういえば今日出撃後から提督を見ていないが」


曙「・・・倒れたのよ」


深海「え?」


わるさめ「どういうことなんですか?」


曙「昨日ヲ級や戦艦棲姫なら知ってると思うけど、提督深海の力解放したんでしょ?」


戦艦棲姫「あぁ。わるさめは気絶して覚えてないと思うが・・・」


わるさめ「うぅ・・・」


曙「その時に無理したみたいでね・・・診断結果は過労。倒れてからまだ目は覚ましていないわ」


戦艦棲姫「そうなのか・・・提督の目が覚めたら教えてくれんか?」


曙「わかったわ。翔鶴、行くわよ?」


翔鶴「あ、はい」


曙「邪魔したわね」


戦艦棲姫「気にするな」


曙「明日はまた指示があると思うからそれまではゆっくりしててちょうだい」


深海「はい」


曙「それじゃあね」


ガチャ パタン


〜艦娘寮 廊下〜


曙「翔鶴は瑞鶴たちと同じ部屋ね」


翔鶴「は、はい・・・」


曙「混乱してるとは思うけど慣れてもらわないと困るわよ」


翔鶴「そうは言われても・・・」


曙「あ、着いた」


〜艦娘寮 大本営組の部屋〜


コンコン


加賀「どうぞ」


ガチャ


曙「みんないるかしら」


加賀「えぇ。どうかしたの?」


曙「翔鶴の部屋なんだけど」


瑞鶴「翔鶴姉ならここでいいと思うわよ?」


加賀「そうね。異論はないわ」


大和「私も問題ありません」


古鷹「人数は多い方が楽しいですから」


翔鶴「ありがとうございます・・・」ペコ


暁「zzz」スヤァ


睦月「zzz」ニャシィ


曙「暁と睦月はもう寝ちゃってるのね」


加賀「久しぶりの長距離出撃だったもの。疲れが溜まったんでしょう」


曙「提督も優しいからダメとは言わないと思うけど、夜這いはやめて貰えると助かるわ」


4人「大変失礼致しました」ドゲザー


曙「じゃあ翔鶴、私は提督の部屋に戻るから」


翔鶴「案内ありがとうございました」


曙「明日工廠に案内するから朝餉が終わったら執務室に来てちょうだい」


翔鶴「はい!」


曙「それじゃあまた明日」


ガチャ パタン


翔鶴「・・・はぁ」


瑞鶴「翔鶴姉疲れたの?」


翔鶴「まぁね・・・深海棲艦がいるとは思わないもの」


加賀「普通ならそうでしょうね。ただ深海棲艦より提督の方がまだ恐ろしいわよ」アオザメ


翔鶴「そうなんですか?」


瑞鶴「まぁ・・・その・・・」アオザメ


大和「あんなに怒った提督は・・・」アオザメ


古鷹「二度と見たくないです・・・」アオザメ


翔鶴「(一体何をしたのこの人達・・・)」


暁・睦月「zzz」


翔鶴「(このふたりは幸せそうな顔して寝てるし・・・私ここでやっていけるのかしら・・・)」


〜再び青葉の部屋〜


コンコン


青葉「はーい」


曙『曙よ』


ガチャ


青葉「無理言ってすみません・・・」


曙「大丈夫よ。それで相談って何?」


青葉「青葉たち4人で食堂で話してたんですが・・・いつも司令官と曙さんたちは一緒に昼餉とってますよね」


曙「そうね・・・それがどうかしたの?」


青葉「いえ・・・その・・・」


時雨「青葉らしくないね・・・僕が代わりに言おうか」


青葉「すみません・・・」


時雨「昼餉の時に満潮たちが提督と楽しそうにしていたのを遠目に見てて羨ましかったんだよ。特に青葉と不知火がね」


不知火「そんなことは・・・///」ポッ


青葉「・・・///」プシュー


曙「・・・何となくわかったわ・・・でもそれは私だけじゃなくて霞と満潮もいる状態で話してもらえるかしら?今ここで答えを言う訳にはいかないから」


時雨「大丈夫だよ。満潮たちに話を通してもらえれば」


曙「わかったわ。ところで川内は?」


時雨「夜戦だーって出ていったよ?」


曙「あんの夜戦バカァ!あんた食事抜きにするわよ!」


川内「それは困る!」シュバッ


曙「夜間出撃禁止」ベシッ


川内「痛いっ」


曙「次やったら容赦なく鳳翔さんの訓練に付き合わせるからね」


川内「それだけはご勘弁を・・・」


曙「だったら勝手に行動しないこと」


川内「はい・・・」シュン


曙「ともかく青葉たちの言い分はわかったわ」


青葉「すみません・・・お願いします・・・」


曙「もう行くわね?」


不知火「ありがとうございました」


曙「とりあえず詳しいことは明日にしましょ」


ガチャ パタン


〜提督私室〜


曙「戻ったわ」ガチャ


霞「おかえりなさい。遅かったわね」


曙「まぁ最後に瑞鶴たちの部屋に案内してたからね」


満潮「そういえば部屋決めてなかったわね・・・」


曙「いいんじゃない?まだ私たちも部屋が決まってる訳でもないし」


満潮「それもそうね」


曙「・・・まだ目を覚ましてないのね」


光信「」


霞「・・・えぇ」ウルウル


曙「・・・早く目を覚ましてよ」ウル


満潮「・・・」ジワ


曙「食器返してくるわね」


霞「私が行くから曙はここにいて?」


曙「・・・いいの?」


霞「翔鶴の事任せちゃったもの。ここは私が行くべきよ」


満潮「それを言うなら霞はさっき取ってきたじゃない。何もしていない私が行くわ。霞はここにいて」


霞「でも取ってきた私が返しに行く方が・・・」


満潮「いいの。たまには姉らしいことさせてよ」


霞「・・・わかった」


満潮「じゃあ行ってくるわね」


ガチャ パタン


曙・霞「・・・どうしたらいいんだろう」ボソ


〜食堂〜


満潮「間宮さん、鳳翔さんいる?」


間宮「はーい」


満潮「間宮さん、食器返しに来たわ」


間宮「・・・提督まだ目を覚ましていないのね」


満潮「えぇ・・・だから司令官の分の食事は残っちゃったわ」


間宮「わかりました。目を覚ました時はまた教えてくださいね?この料理は勿体ないけど捨てちゃわないといけないから」


満潮「わかりました。霞たちにもそう伝えます」


間宮「お願いね」


満潮「はい」


トテトテ


間宮「・・・はぁ」


鳳翔「間宮さん、大丈夫ですか?」


間宮「え、えぇ、ただ提督がいつ目を覚ますか・・・」


鳳翔「そうですね・・・」


間宮「少し休憩しませんか?」


鳳翔「・・・そうしましょう」


コシモイタイワ…

ワタシタチガトシトッタヨウニキコエルノデヤメテクダサイ

…ゴメンナサイ


〜提督私室〜


満潮「・・・ただいま」ガチャ


霞「おかえり」


満潮「間宮さんから伝言預かってきたわ」


曙「間宮さんから?」


満潮「司令官が目を覚ましたら教えて欲しいって」


霞「・・・わかったわ」


曙「深海棲艦たちも動揺してたわ」


満潮「全員?」


曙「そうね。特に動揺してたのはわるさめね」


霞「あの子司令官の事好きだって感情表に出てたものね」


曙「戦艦棲姫とわるさめの艦娘時代の名前、知っちゃったんだけどね・・・昨日・・・」


霞「わるさめはなんとなく予想つくわ」


満潮「白露型駆逐艦5番艦 春雨・・・かしら」


曙「その通りよ」


霞「戦艦棲姫は・・・」


曙「その時私は執務室にはいなかったんだけどたまたま執務室の前で聞いちゃってね・・・」


霞「戦艦棲姫だから戦艦級なのは間違いないのかしら」


曙「そうよ」


満潮「あの喋り方だから武蔵や日向が有り得そうだけど」


曙「どっちも外れね。あの喋り方からは想像できない艦娘よ」


満潮「じゃあ一体誰なのよ・・・」


曙「・・・満潮に縁のある戦艦よ」


満潮「私に縁のある・・・まさか・・・」


曙「そのまさかよ・・・西村艦隊には戦艦は2隻だったわね」


満潮「扶桑と山城はいたけど・・・」


曙「その姉の扶桑よ・・・戦艦棲姫の艦娘時代」


満潮「うそ・・・でしょ・・・」


曙「紛れもない事実よ。確認に行く?」


満潮「時雨も呼んでいいかしら」


曙「本人が承諾すればね」


満潮「時雨呼んでくるわ」


曙「わかった。霞はここにいて?」


霞「どうして?」


曙「提督の傍に誰かいた方がいいと思ってね」


霞「でもいいの?その間私が司令官を独り占めにすることになるのよ?」


曙「今更じゃない?私たちだけじゃなくても不知火や青葉も提督のこと狙ってるしね」


霞「それもそうね。司令官は私が見てるわね」


曙「お願いね」


満潮「曙?準備できたわよ?」


曙「わかった。でもお酒は持っていくな」ペシ


満潮「ダメなの?」


曙「当たり前でしょうが!」


満潮「はーい・・・」シュン


曙「落ち込むな!」ヒッパリ


満潮「ごめんなさいごめんなさい!引っ張らないで!髪型崩れるから!」ズルズル


ガチャ パタン


霞「私の姉はいつから漫才師になったのよ・・・」ハァ


〜またまた青葉の部屋〜


コンコン


青葉「今日は来客多いですねー」


川内「そうだね〜」


青葉「いいですよー」


ガチャ


曙「ごめん青葉。時雨いるわよね」


時雨「僕がどうかしたのかい?」


曙「ちょっとついてきて欲しいのよ」


時雨「曙が僕を呼ぶって何かあったのかな」


曙「呼んでるのは私じゃなくて満潮なの」


時雨「満潮が?」


満潮「髪型元に戻らない・・・」


時雨「満潮?」


満潮「ひゃいっ!?あ、時雨か」


時雨「そんな驚かなくても・・・」


満潮「急に声かけられたら嫌でもびっくりするわ!」


時雨「それで僕に用があるって聞いたけど・・・」


満潮「・・・単刀直入に言うわ。今から深海棲艦の部屋についてきて」


時雨「・・・それは絶対?」


満潮「絶対。というより私と時雨に関係することなの」


時雨「???まあいいよ。すぐにでも行こうか」


曙「青葉、しばらくの間時雨借りるわね」


青葉「はーい」


時雨「・・・僕は道具か何かなのかな」



〜14章 再会〜



〜深海棲艦の部屋〜


コンコン


戦艦棲姫「ん?いいぞ」


ガチャ


曙「ごめんね戦艦棲姫」


戦艦棲姫「それは構わんが・・・一体何事だ?」


曙「満潮と時雨が用事があるからって」


戦艦棲姫「私にか?」


曙「そうよ」


戦艦棲姫「駆逐棲姫、構わんか?」


わるさめ「大丈夫ですよ?」


戦艦棲姫「お前たちもか?」


ヲ級「問題ありませんね」


ル級「特には」


戦艦棲姫「だそうだ」


曙「ありがとう。満潮、時雨、入ってきて」


満潮「し、失礼します・・・」


時雨「お、お邪魔するね・・・」


戦艦棲姫「何かあったのか?」


満潮「まぁ・・・そうね・・・」


時雨「・・・」


戦艦棲姫「・・・」


満潮「さっきわるさめと戦艦棲姫の正体ではないけど艦娘時代の名前を聞いちゃってね・・・確認がしたいの」


戦艦棲姫「・・・」


わるさめ「!!」


戦艦棲姫「・・・」


満潮「わるさめは白露型の『春雨』でしょ?」


わるさめ「・・・はい、その通りです」


満潮「なぜ深海棲艦になったかはまだ聞かないわ。でも戦艦棲姫・・・あなたの正体を知った時は信じられなかった」


戦艦棲姫「・・・」


満潮「でも、会えてよかった・・・『扶桑』」


時雨「ふ、扶桑!?それにわるさめが春雨!?それは本当なの!?」


曙「紛れもない事実よ。たまたま扶桑と提督が話している内容が聞こえちゃってね・・・わるさめの話はその場にいたから知ってはいたんだけど」


戦艦棲姫「・・・確かに私は元々戦艦扶桑として別の鎮守府に着任していた」


時雨「でもその口調・・・扶桑とは思えないよ・・・」


戦艦棲姫「しかたないだろう。深海棲艦になってもう長い」


わるさめ「私はまだ短いのでなんとも言えませんけど・・・」


・・・・・・・・・


曙「ヲ級とレ級はこのふたりが元艦娘だってことは知ってたの?」


ヲ級「はい」


レ級「知ってるも何も轟沈した艦娘を深海棲艦化させているのは私だからな」


曙「そうなの?」


レ級「駆逐棲姫様の性格はあのままだったが戦艦棲姫様は変わりすぎた」


曙「その自覚はあったのね・・・」


レ級「戦艦扶桑はあの喋り方じゃないのは知ってたからな・・・」


ヲ級「レ級、思わず『あんた誰だよ!』って叫んでたものね〜」


曙「でもレ級とヲ級は元艦娘なの?」


レ級「どうなんだろうな・・・その辺の記憶は全くないからな・・・気がついたらこの姿だったから」


ヲ級「私は・・・少し残ってるかな・・・ただどんな艦娘だったのかまでは・・・ね・・・」


曙「そう・・・」


レ級「強がりではないんだが聞いてもらえるか?」


曙「何かしら」


レ級「私たちは戦艦棲姫様と駆逐棲姫様が艦娘に戻ることは反対しない」


曙「え?」


ヲ級「私も同意見です」


曙「あなた達の戦力が減るのよ?」


レ級「確かに戦力は減るが重要なのはそこじゃないと思ってる・・・」


曙「そう・・・」


レ級「それに私たちは元々敵対しているが・・・私たちの基地と横須賀沖の基地は艦娘側だからな・・・あの方たちが艦娘に戻りたいというのならそれに応えるのみ」


曙「ちょっと認識変わったわ。でも襲撃された恨みは晴れてはいない」


ヲ級「それは分かってます。でもあなた方の提督が戦艦棲姫様と駆逐棲姫様の話を聞いてくれたおかげで今の関係性が築けてますから」


曙「それは否定できないわね・・・」クス


ヲ級「それに私たちの提督からは『佐世保鎮守府の提督及び艦娘には恩がある。決して沈めるな』と通告されてますし」


曙「破ったらどうなるの?」


ヲ級「問答無用で処刑です」


曙「うわぁ・・・」


レ級「元々私たちの基地と横須賀の基地は戦闘を好まない深海の集まりだからな」


曙「それに今は目的は同じだしね」


ヲ級「これからもよろしくお願いしますね」


曙「もちろんよ」


・・・・・・・・・


満潮「・・・そんなことが」


戦艦棲姫「今はここの明石や夕張に頼んで艦娘に戻る方法を探してもらっている」


時雨「艦娘に戻った時その口調じゃないよね・・・」


戦艦棲姫「それはわからんな・・・」


レ級「戦艦棲姫様」


戦艦棲姫「ん?どうしたレ級」


レ級「戦艦棲姫様と駆逐棲姫様を艦娘に戻す方法、私も一緒に考えてもよろしいでしょうか」


戦艦棲姫「構わないが・・・どうしてだ?」


レ級「轟沈した艦娘を深海棲艦化させているのは私なのです」


時雨・満潮「え?」


戦艦棲姫「何?」


わるさめ「ええぇ!?」


レ級「深海棲艦化出来たということはその逆もできるかと」


戦艦棲姫「・・・そうだったのか」


レ級「黙っていて申し訳ありません」


戦艦棲姫「いや、いい。深海棲艦化にお前が関わっているとは予想外だったが・・・私から許可はだすが・・・曙はどうなんだ?」


曙「私は構わないわよ?明石と夕張に話してみるけど」


戦艦棲姫「わかった」


曙「とりあえず今日はもう遅いから明日でいいかしら?レ級」


レ級「・・・大丈夫です」


曙「わかった。満潮と時雨はどうするの?」


満潮「私はもう大丈夫よ」


時雨「僕も大丈夫。話せて楽しかったよ扶桑」


戦艦棲姫「あぁ」


曙「それじゃ戻るわね」


時雨「またね」


満潮「また明日」


ガチャ パタン


戦艦棲姫「明日から忙しくなるぞ」


わるさめ「・・・ですね」


戦艦棲姫「ところでル級はどうした」


レ級「寝てます」


戦艦棲姫「・・・はやいな」


〜2100 提督私室〜


曙「戻ったわ」ガチャ


霞「おかえりなさい」


満潮「ただいま」


霞「ちゃんと話はできたの?」


満潮「まあね。でもあの喋り方は私の知ってる扶桑じゃないわね」


霞「あれで扶桑ですって言われても周りは混乱するわね」


曙「もう2100なのね・・・もう寝ちゃおうかしら」


霞「そうね・・・明日になったら目覚ますかしら」


満潮「分からないわ。でも目を覚ました時に誰かがいた方がいいのは間違いないからね・・・」


曙「久しぶりに提督含めて4人で寝ましょ」


霞・満潮「そうね(えぇ)」


曙「おやすみ」


霞・満潮「おやすみ」



〜15章 心配〜



〜0000〜


曙「・・・」ムク


霞「・・・」ムク


満潮「・・・」ムク


光信「」


曙「寝れない」


霞「私も」


満潮「同じく」


曙「目を覚ました形跡は・・・ないわね」


霞「・・・ねぇ」


曙「どうしたの」


霞「艦娘寮まだ灯り点いてるわね」


満潮「ほんとだ・・・消灯時刻はもうとっくにすぎてるのに・・・」


曙「もしかしたら間宮さんたちも・・・?」


霞「ちょっと見回りがてら行きましょうか」


曙「私は食堂に回るわ」


霞「私と満潮は艦娘寮ね」


満潮「見回りが終わればまたここに集まるってことでいいわね」


曙・霞「」コク


ガチャ パタン


〜食堂〜


曙「やっぱり点いてる・・・間宮さん、鳳翔さんまだ起きてるの?」ガラララ


鳳翔「あ、曙ちゃん・・・」


曙「鳳翔さん。まだ寝れないの?」


鳳翔「・・・はい」


曙「その様子だと間宮さんも同じ感じかしら?」チラ


間宮「そうですね・・・」


曙「提督のことが心配なのはわかるけど・・・」


間宮「寝ないと明日に影響するってわかってるんですけど・・・もう半日も目を覚まされてないとなると・・・」


曙「・・・気持ちはわかるわ。でもそこで無理して倒れたら提督悲しむわよ?」


鳳翔・間宮「・・・」シュン


曙「とりあえず今は寝て欲しいわね。提督は霞と満潮と3人で交代で見てるから」


鳳翔「・・・わかりました」


間宮「提督のことよろしくお願いします・・・」


曙「じゃあおやすみなさい」


鳳翔・間宮「おやすみなさい」


トテトテ


鳳翔「これ以上起きてたら曙ちゃんに怒られちゃいますね」


間宮「あの子の言う通り寝た方が良さそうですね」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


〜同時刻 艦娘寮 廊下〜


霞「案の定ね・・・満潮は大本営組の部屋に行ってくれる?」


満潮「わかった。ここはお願いね」


霞「えぇ」


満潮「行ってくる」トテトテ


霞「・・・ふぅ」


コンコン


霞「青葉まだ起きてるの?」


ガチャ


青葉「あ、霞さん・・・」


霞「私室から電気点いてたの見えたから見にきたのよ」


青葉「・・・申し訳ありません」


霞「怒ってるわけじゃないのよ。ただ消灯時刻過ぎてるのに点いていたからね。もしかして司令官のこと考えてた?」


青葉「その通りです。川内さんも時雨さんも不知火さんも・・・」


霞「司令官のことなら私たちに任せておいて。あなた達には出撃任務があるんだから疲れ取らないと響くわよ?」


青葉「その通りですね・・・皆さんにもそう伝えます」


霞「お願いね」


青葉「わかりました。おやすみなさい」


霞「えぇ、おやすみ」


パタン


〜青葉の部屋〜


不知火「霞さんでしたか」


青葉「はい・・・電気点いていたために気になったようです」


川内「仕方ないよ。私たちと通信が終わるまでは声聞いてたんだし」


時雨「鎮守府に帰ってきたら倒れたって聞いてびっくりしたけど・・・」


不知火「やはり慣れない事をしたからでしょうか」


時雨「それもあると思う。それに不知火、冷静に言ってるつもりだろうけど動揺してるのバレてるよ」


不知火「・・・」


川内「青葉もね」


青葉「・・・」


時雨「提督のことが好きなのは分かるけど落ち着けないものなのかい?」


青葉「半日も目を覚まさないとなると焦りも出ますよ」


不知火「時雨こそ落ち着きないですよ」


時雨「そんなこと・・・」ソワソワ


〜大本営派遣組の部屋〜


コンコン


古鷹「あら、こんな時間に誰でしょうか・・・」


ガチャ


古鷹「満潮ちゃん・・・?」


満潮「・・・みんな起きてるわね」


古鷹「え、あ、はい・・・寝ていた暁ちゃんも睦月ちゃんも目を覚ましちゃって・・・」


満潮「どうせ司令官のこと考えてたんでしょ」


古鷹「まぁ・・・そう・・・ですね」


満潮「大和はまだ子供っぽいところがあるけど、加賀さんが起きてるなんてね」


大和「なんかサラッと酷いこと言われた気が・・・」グサ


加賀「事実でしょう。諦めなさい」


大和「・・・泣いていいですか?」ウルウル


暁「大和さん大丈夫?」ナデナデ


睦月「加賀さん、それに満潮ちゃん、酷いこと言っちゃダメだよ」ナデナデ


瑞鶴「駆逐艦に慰められる戦艦・・・」


翔鶴「微笑ましいですけど・・・戦艦としての威厳がまるっきりありませんね」クス


大和「うわーーーーん」ビェー


満潮「上がっていいかしら・・・」


古鷹「あ、どうぞ」


パタン


満潮「まぁ起きてる理由は何となく察してるつもりよ」


暁「まだ司令官は目を覚まさないの?」


満潮「えぇ。私と霞、曙で様子は見てるけど起きた様子はないわ」


睦月「睦月たちに出来ることはないの?」


満潮「ないわね・・・医師免許持ってる明石でさえ今はお手上げ状態ね」


暁「・・・そうなのね」シュン


満潮「1秒でも早く目を覚ますことを祈るしかないわ」


古鷹「明日の出撃は・・・」


満潮「今のところ予定が変わって待機か訓練か演習のどれかになるわ」


加賀「・・・瑞鶴、翔鶴、明日0600には哨戒機飛ばすから寝坊しないようにね」


翔鶴「は、はい」


瑞鶴「翔鶴姉は先に寝てて」


翔鶴「わかったわ」


大和「・・・」イジイジ


満潮「いつまでいじけてんのよ!」スパーン


大和「いったぁ!?」


満潮「そんないじけた顔で司令官に会うつもり!?」


大和「そ、そんな事言われても・・・」ウルウル


満潮「シャキッとしなさいな!司令官が見たら笑うわよ!」


瑞鶴「・・・満潮ってあんなに怖かったっけ」


加賀「いえ、私の知る限りだとあそこまで怒ることは無いはずよ」


古鷹「提督が倒れてからピリピリしてるのかもしれませんね・・・」


満潮「はぁ・・・あんた達も早く寝なさい!司令官が心配なのはわかるけど司令官が起きた時みんなの目の下にクマがあったら逆に心配させるわよ!」


瑞鶴「わかったわ。ここは満潮の言うことに従って寝ましょ」


満潮「私はもう行くわ。瑞鶴と加賀さんは0600哨戒機飛ばしておいて」


瑞加賀「了解」


満潮「じゃあね」


6人「おやすみなさい」


パタン


大和「うぅ・・・」ボロボロ


古鷹「・・・寝ましょうか大和さん」


大和「はい・・・」グスグス


〜艦娘寮 廊下〜


霞「そっちは終わったの?」


満潮「えぇ、今さっきね」


霞「クズ司令官と朝潮は寝てたわ」


満潮「深海棲艦の部屋も電気は消えてたわ」


霞「じゃあ戻りましょ」


満潮「そうね」


トテトテ


霞「そういえばさっき大きな声聞こえたけど・・・なにかしたの?」


満潮「大和がいつまでもいじけてたから喝を入れてあげたのよ」


霞「あぁ〜・・・納得してしまう自分が嫌だわ・・・」


満潮「初期艦たちの部屋は行った?」


霞「それならさっき曙とすれ違って・・・」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


霞『あら曙、食堂は終わったの??』


曙『まぁね。これから漣たちのとこに行くつもりよ』


霞『私も行こうか?』


曙『いいわよ、私ひとりで行ってくるから。提督の部屋に戻っててくれる?』


霞『わかったわ』


曙『お願いね』


〜〜〜〜〜〜〜〜〜


霞「と、いうわけよ」


満潮「なら曙の言うとりにした方が良さそうね」


『あんた達はこんな時間に何してんのよ!』


霞「・・・」チラ


満潮「・・・」チラ


霞「曙のところに・・・」


満潮「行ったほうがよさそうね・・・」


〜初期艦たちの部屋〜


曙「あんた達そこに正座しなさい」ゴゴゴゴゴ


初期艦's「はい・・・」セイザ×5


曙「こんな時間まで課題やってるかと思えば何よこれ。ゲームしてるわPC開いてるわどんちゃん騒ぎ・・・」


初期艦's「・・・」


曙「あんた達と同じ駆逐艦だからってナメられたものね」イライラ


霞「曙!」


曙「何しに来たのよ霞」


満潮「あんたの怒鳴り声が聞こえたからに決まってるでしょ!」


曙「仕方ないでしょ。こんな時間に電気点いてて真面目に課題やってるか提督の心配してるかと思ったらこの有様よ」


霞「ゲームにPCに・・・」


満潮「一部課題はゴミ箱に入ってる・・・」


曙「どう思う?」


霞「へぇ・・・随分とナメた真似してくれたじゃない」イライラ


満潮「どうやら地獄を見たいようね」イライラ


曙「明日司令官が目を覚ましたら相談してみるわ」


霞「そうしましょ。でも・・・」


満潮「とりあえずあんた達にはおしおきが必要みたいね」


曙「吹雪、叢雲、来なさい」ヒキズリ


霞「漣と五月雨はこっちよ」ヒキズリ


満潮「電・・・いやプラズマはコッチよ」ヒキズリ


初期艦's「いだだだだだだだ!痛い痛い!痛いからやめて!」


曙・霞・満潮「あんた達を信じた私が馬鹿だったわ!」ゲンコツ


吹雪「痛いっ!」ゴチン


叢雲「ぴいっ!?」ゴチン


漣「ぎゃん!?」ゴチン


五月雨「あいたっ!?」ゴチン


電「痛いのです!?」ゴチン


曙「今日はもう寝ろ!明日以降楽しみにしておくように!」


霞・満潮「帰りましょ」


曙「えぇ」


バタン!


吹雪「曙ちゃん容赦ない・・・」


漣「霞もなかなかに痛いよ・・・」


電「頭凹んでないですか・・・?」


叢雲「」チーン


五月雨「」チーン


吹雪「・・・もうこのまま寝よっか」


電「賢明な判断だと思うのです」


吹雪「おやすみなさい」


電「おやすみなのです」


〜0030 提督私室〜


曙「はぁ・・・」


霞「・・・どうするの」


満潮「どうするも何も・・・」


曙「提督は目を覚まさないし」


霞「青葉や加賀さんたちは司令官のことが心配で寝れないみたいだし・・・」


満潮「初期艦の5人はバカやらかすし・・・」


曙「・・・こんな流れで相談するのもおかしいとは思うんだけどさ・・・」


霞「何かあったの?」


曙「青葉達のことよ」


満潮「青葉?」


曙「時雨から聞いたんだけどね・・・青葉と不知火がいつも提督とお昼をとってる私たちが羨ましいんだって」


霞「そういえばいつも私たちが一緒にいたような・・・」


曙「それでたまにでいいから変わってほしいって相談されちゃって」


満潮「いいんじゃない?私たちだけの司令官じゃなくてみんなの司令官だものね」


霞「多分もう寝付いてるはずだから明日そのことについて話しましょ」


曙「そう言うと思って霞と満潮にもお願いするように伝えておいたわ」


満潮「だったら朝餉後にしましょ」


霞「そうね」


曙「寝ましょ」


2人「うん」


3人「おやすみなさい」



〜16章 提督復活〜



〜0630 提督私室〜


曙・霞・満潮「・・・」ムク


3人「・・・おはよ」


曙「提督まだ起きないのね・・・」


満潮「いつも私たちより早く起きてるんだけど・・・」


霞「・・・明石呼んで診てもらう?」


曙「そうね・・・電話してみるわ」


prrrrrr


明石『はーい明石ですー』


曙「おはよう明石」


明石『おはようございます!どうかしたんですか?』


曙「提督の様子を診て欲しくて」


明石『わかりました。提督の私室でいいんですか?』


曙「その通りよ。お願いできるかしら」


明石『準備していくので5分ほど待ってください』


曙「わかったわ」


ピッ


曙「5分くらいで来るらしいわ」


霞「意外と早いのね」


曙「それ明石の前で絶対言わないで。多分泣くから」


満潮「落ち込む通り越して泣くんだ・・・」


〜5分後〜


コンコン


曙「開いてるわよ」


ガチャ


明石「明石到着しました!」


曙「じゃあお願いしていいかしら?」


明石「お任せ下さい」


〜明石診察中〜


明石「終わりました」


曙「容態は?」


明石「異常なしです」


曙「そう・・・」


明石「早く目を覚まして欲しいですね」


曙「・・・そうね」


明石「では、私は工廠に・・・」


曙「明石、待って」


明石「はい?」


曙「朝餉終わったら戦艦レ級が工廠に行くと思うの」


明石「なぜレ級さんが・・・」


曙「戦艦棲姫とわるさめの深海化にレ級が関わってるようなの。もしかしたら力になれるかもしれないからって」


明石「・・・わかりました。ではレ級さんは朝餉後に迎えに行くと伝えてください」


曙「そのように伝えておくわ」


明石「では失礼します」


ガチャ パタン


曙「・・・霞、満潮、出てきていいわよ」


霞「あっつい・・・」


満潮「・・・」


曙「なんで服着てなかったのよ・・・」


霞「・・・えっと・・・」スッポンポン


満潮「そのぉ・・・」スッポンポン


曙「言わなくとも何となくわかったわ・・・」


霞「・・・」


満潮「・・・」


曙「提督が寝ている間に既成事実作ろうとしたけど直前になって恥ずかしくなったってとこかしら?」


霞・満潮「〜っ!」ボン


曙「だと思ったわ・・・早く服着て来なさい」


霞・満潮「はーい・・・」


〜霞・満潮 お着替え中〜


曙「気持ちはわかるけど提督そういうの嫌がると思うわ」


満潮「この前3人で裸で寝た時服着ろって怒られたものね・・・」


霞「でも曙も諦めてないんでしょ?」


曙「当たり前よ。私が1番先にってのは無理だけど3人一緒にケッコンカッコカリして欲しいもの」


光信「ん・・・」


3人「!?」


光信「んん・・・今・・・何時だ・・・」ムク


3人「提督!(司令官!)」


光信「曙・・・霞・・・満潮・・・」


曙「私たちが」ギュッ


霞「一体どれだけ」ギュッ


満潮「心配したと思ってるのよ・・・」ギュー


光信「・・・苦しい」


曙「私たちを心配させた罰よ!黙って受け入れなさい!」


光信「なんだそりゃ・・・」


〜30分後〜


光信「一体何があったんだ・・・」


3人「〜♪」スリスリ


光信「今まで以上に甘えてくるし・・・」


曙「満潮、霞、食堂に行きましょ」


光信「・・・体重い」


霞「なら司令官はここで待ってなさい。持ってくるから」


光信「いや、あとから顔を出す。だが3人とも待ちなさい」


3人「え?」


光信「まず曙来なさい」


曙「え、えぇ」スタスタ


光信「・・・こんなに寝癖付いてる状態で行くのか?」


曙「ふぇ!?」


光信「髪梳かすから動くなよ」トカシトカシ


曙「・・・ねぇ提督、美容師の経験でもあるの?」


光信「いや、ないが・・・」ムスビムスビ


曙「なんでそんなに上手なのよ・・・」


光信「はい終わり」


曙「しかも自分でやるより引っ掛かりないし・・・」サラサラ


光信「次霞」


霞「・・・」スタスタ


光信「なんで服乱れてんだお前は・・・」ナオシ


霞「手際ほんとにいいわよね・・・スタイリストの経験もないの?」


光信「全くないな。霞まで寝癖ついてんぞ・・・」トカシトカシ


霞「曙の言う通り本当に上手ね・・・」


光信「そうか?」ムスビムスビ


霞「美容師の資格でも取ったら?」


光信「うーん・・・よし終わりだ」


霞「自分でやるより綺麗だし・・・」


光信「満潮、おいで」


満潮「うん・・・」スタスタ


光信「満潮、お前なんでそんなに服はだけてんだ?」ナオシ


満潮「えっと・・・」フイ


光信「・・・まあ聞かないでおいてやる」


満潮「・・・」


光信「寝癖はないがところどころ髪傷んでるな・・・」ヘアオイルナジマセナキャナ


満潮「司令官って彼女か奥さんいたことあるの?」


光信「ないな」ムスビムスビ


満潮「ねぇ霞、曙、この手際の良さ嫉妬しそう」


曙・霞「・・・同感」


光信「よし出来た」


満潮「いつもの髪型まで再現されてるし・・・自分でやるより形整ってるし・・・」


3人「・・・」ジー


光信「なんだ?」


3人「・・・提督!(司令官!)」


光信「お、おう・・・」


3人「私たち3人とケッコン(ガチ)してください」ドゲザ


光信「・・・はぁ!?お前らそれ本気で言ってんのか!?」


3人「はい!」


光信「マジか・・・今思いつきで言った・・・とかじゃないんだよな・・・」


曙「思いつきで言うわけないでしょ」


霞「司令官に助けられたあの日から」


満潮「司令官に惚れたのよ」


光信「・・・このことは考えさせてくれ」


3人「いい結果待ってるわね」


ガチャ パタン


光信「・・・腹括らなきゃならんか」ハァ


〜0720 食堂〜


曙「遅くなっちゃったわね」


鳳翔「おはよう曙ちゃん」


曙「あ、おはようございます」


鳳翔「今から朝餉?」


曙「はい、そのつもりです。満潮と霞も」


鳳翔「3人分ね。準備するから待っててくれるかしら」


曙「わかりました。ところで間宮さんは・・・」


鳳翔「まだ寝てますよ。お昼には起きてくると思いますが」


曙「・・・提督の事ね」


鳳翔「・・・はい」


曙「大丈夫よ、今朝目を覚ましたわ」


ガタッ


曙「うおっ・・・どうしたのよみんな・・・」


青葉「司令官が」


戦艦棲姫「目を覚ましたというのは」


古鷹「本当なんですか!?」


曙「・・・本当よ。あとから来ると思うわ」


テイトクサンガメヲサマシタ!

ハンニチトイエドナガカッタ

シンパイサセナイデヨシレイカン


霞「好かれてるわね司令官」ヒョコ


光信「・・・みたいだな」


満潮「心配かけすぎよ」


曙「・・・何してんのあんたたち」


満潮「おんぶに」←おんぶされてる


霞「抱っこだけど」←抱っこされてる


曙「・・・鳳翔さんあの二人いらないって」


霞・満潮「ごめんなさい調子に乗りました」←降りた


光信「鳳翔、朝餉の準備頼む」


鳳翔「は、はい分かりました」スタスタ


光信「お前たちも席につけ」


3人「はーい」


曙「それと今日の昼青葉たちが一緒に食べたいって」


光信「ん、そうか。分かった」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


曙「レ級」


レ級「はい?」


曙「朝餉終わったら明石が迎えに行くって言ってたわよ」


レ級「分かりました」


曙「よろしくね」


レ級「はい」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


〜0815 深海の部屋〜


コンコン


戦艦棲姫「誰だ」


明石『明石です。レ級さんいますか?』


戦艦棲姫「ちょっと待っててくれ。おーいレ級ー」


レ級「お呼びですか?戦艦棲姫様」


戦艦棲姫「明石が呼んでいるぞ」


レ級「分かりました。しばらく留守にします」


戦艦棲姫「わかった」


〜工廠〜


明石「戻りました〜」


明石(本)「あ、おかえりな・・・レ、レ級!?」


夕張「ほ、砲撃準備!!」ガシャン


レ級「なぁ明石、お前このこと説明してないだろ」


明石「忘れてました」テヘ


レ級「しっかりしてくれ・・・」


明石「すみません・・・ということで2人とも艤装解除してください」


夕張・明石(本)「あ、はい・・・」



夕張「なるほど・・・」


レ級「ただ、艦娘から深海棲艦にするのは至極簡単なんだ」


明石(本)「そうなんですか?」


レ級「まぁそもそも深海に落ちるということは轟沈した艦娘しかいない」


夕張「確かに大破してますけど・・・」


レ級「私たちの基地にも高速修復材はある。だがそれを使う前にこのチップを使うんだ」トリダシ


明石「それって・・・どこに使うんですか・・・」


レ級「人間と艦娘の臓器の作りは一緒でな、心臓にこのチップを貼り付けるだけだ。その後にバケツをかけて深海化するということだ」


夕張「その時轟沈した艦娘はどうなるんです?」


レ級「これを貼り付ける時は意識を失ってるからな・・・完全に死んでしまった艦娘には効果薄い。仮に効果があってもイ級や私たちみたいになる。姫や鬼クラスにはなれん」


明石(本)「艦娘から深海棲艦になるまでは、轟沈した艦娘を運び、胸元を切り開いてそのチップを貼り付け縫合する・・・ということですか」


レ級「そういうことだ。もちろん麻酔はかけるがな」


夕張「そんな簡単な手順だったなんて・・・」


レ級「最後に高速修復材をかけてしまえば終わりだ。気がついた頃には深海棲艦と化している」


夕張「艦娘から深海棲艦になる時の条件っていうのは必ず轟沈していないとダメなんですか?」


レ級「その制限はない。小破未満でも深海化は可能だ」


明石「・・・ということは傷なに一つ負っていないあの二人でもチップを剥いでしまえば元に戻る・・・と」


レ級「あぁ」


夕張「なるほど・・・ではこのことはすぐに曙ちゃんたちに伝えましょ」


レ級「あぁ」


〜ほぼ同時刻 艦娘寮 元大本営組〜


曙「翔鶴、いるかしら」ガチャ


瑞鶴「翔鶴姉?ちょっとまってて」


曙「わかったわ」


瑞鶴「翔鶴姉ー」


翔鶴「どうしたの瑞鶴」


瑞鶴「曙が呼んでたわよ」


翔鶴「わかった。行ってくるわ」


瑞鶴「行ってらっしゃい」


〜工廠〜


曙「明石、いる?」


明石「曙さん、ちょうど良かった」


曙「え?」


明石「戦艦棲姫とわるさめちゃんを元に戻す方法がわかったんです」


曙「わかった。その報告はあとからでいいかしら」


明石「いいですよー。それで翔鶴さんを連れてこられたってことは・・・」


曙「彼女の艤装修復終わってる?」


明石「もう少し時間かかりそうです・・・」


曙「そう。翔鶴、出撃はもう少し先になるわね」


翔鶴「分かりました」


曙「それで、わるさめたちを元に戻す方法って」


明石「それがですね」


〜明石説明中〜


明石「ということなんです」


曙「・・・意外と簡単なのね」


明石「ただ

どこに貼り付けてあるかは分からないのでレ級さんの力を借りないといけませんけど」


曙「戦艦棲姫立ちにも同じ話をしておいてくれる?後でここに来るよう伝えておくから」


明石「了解しました」


曙「じゃあ行くわね」


明石「はーい」


〜執務室〜


コンコン


光信「ん?」


霞「私が出るわ」


光信「すまないな」


ガチャ


霞「あら、曙じゃない。どうしたの?」


曙「翔鶴はまだ提督に挨拶してないでしょ?」


霞「あぁ、そういうことね・・・」


光信「曙?」


曙「提督、昨日着任した翔鶴よ」


翔鶴「翔鶴型航空母艦1番艦 翔鶴です。妹の瑞鶴がお世話になってます」


光信「佐世保鎮守府提督、光信だ。これからもよろしく頼むぞ」


翔鶴「よろしくお願いします」


光信「すまないな、昨日は出迎えられなくて」


曙「翔鶴の着任に関する書類は書いてもらってるわ」


光信「気が利くな曙、助かる」ナデナデ


曙「えへへ〜」ギュッ


光信「扉の裏にいる瑞鶴。あとは任せていいな?」


翔鶴「え?」クル


ガチャ


瑞鶴「なんでわかっちゃうのかなぁ〜」


光信「気配隠せてないからなお前」


瑞鶴「まぁ隠密なんて川内型くらいしかできないし」


光信「あとは任せたぞ」


瑞鶴「はーい。翔鶴姉、行こ?」


翔鶴「え?ちょ、ちょっと待って〜」


ガチャ パタン


光信「騒がしいヤツらだな」


満潮「霞、曙、あのこと言わなくていいの?」


霞「そうだったわね」


光信「なんの事だ?」


曙「初期艦たちよ。提督が倒れたって聞いて全員に課題を出したのよ」


光信「ふむ」


霞「0000を過ぎても艦娘寮の部屋の電気が消えてなくて私たち3人で見回りをしたのよ」


光信「・・・」


満潮「結果から言えば大本営、佐世保生き残り、食堂の3箇所は司令官が目を覚まさないことで心配になってたんだけど」


光信「それはなんか申し訳ないな・・・」


曙「いいわよ。気にしてないって言ったら嘘になっちゃうけど・・・」


光信「そうか・・・それで、初期艦組はどうしたんだ?」


曙「提督の心配してるか課題やってるかなと思ってたんだけど・・・」


霞「課題捨ててるわゲームしてるわのどんちゃん騒ぎよ・・・」


光信「・・・」


満潮「そこで司令官にお願いがあるのよ」


光信「お願い?」


満潮「初期艦たちの座学は取り消し。その代わり司令官や私たち艦娘の演習に付き合わせるのよ」


光信「・・・お前たちの言わんとしていることがわかった気がする」


曙「どうかしら・・・」


光信「あいつらをお前たちに任せたのは俺だからな。お前たちがそうするべきだと判断したのならそれで構わん」


3人「やったっ」キラキラ


光信「ならば1300に初期艦5人、加賀、大和、青葉、川内、不知火に演習にに来るよう伝えてくれ」


曙「満潮、霞、お願いできるかしら」


霞「いいけど・・・曙は?」


曙「戦艦棲姫とわるさめを工廠に向かわせなきゃ行けないから」


満潮「わかったわ」


光信「じゃあお前たち1300には演習場に来てくれ」


3人「はーい」



〜17章 戦艦扶桑・駆逐艦春雨 帰還(?)〜



〜1000 艦娘寮 深海棲艦の部屋〜


戦艦棲姫「・・・駆逐棲姫」


わるさめ「どうしました?」


戦艦棲姫「お前は本当にいいのか?」


わるさめ「・・・何がですか?」


戦艦棲姫「艦娘に戻ることについてだ」


わるさめ「・・・えぇ、大丈夫です」


戦艦棲姫「・・・そうか」


コンコン


戦艦棲姫「開いているぞ」


ガチャ


曙「戦艦棲姫、わるさめ、いるわね」


戦艦棲姫「曙か。どうした」


曙「あなた達を元に戻す方法がわかったわよ」


わるさめ「本当ですか!?」


曙「ええ。だから工廠に来て欲しいの」


戦艦棲姫「わかった」


曙「準備が出来たら工廠に来てちょうだい。明石もレ級も待ってるわ」


わるさめ「すぐ支度します!うわぁ!」ツルッ


曙「わるさめ!?」


光信「間に合えっ」ガシッ


わるさめ「〜っ」


曙「提督着いてきてたのね」


光信「こいつらが艦娘に戻るのなら立ち合ってもいいだろう」


わるさめ「提督・・・?」ポロ


戦艦棲姫「なんという瞬発力・・・」


光信「体が反応しちまったがな」フラフラ


曙「病み上がりなんだから気をつけなさいよ・・・」


わるさめ「提督〜っ」ポロポロ ギュー


光信「慌てなくてもよかったろ」ナデナデ


曙「・・・」ムス


光信「嫉妬してんのバレてんぞ曙。お前はあとからな?」


曙「いいの?」


光信「私室・・・ならな」


曙「じゃあ許す」ニパ


戦艦棲姫「お前保育園の先生か小学校の先生に向いてるんじゃないか?」


光信「どうだかね〜、興味なかったし」


曙「そろそろ行きましょ。明石待ってると思うから」


光信「そうだな。わるさめ、準備してきなさい」


わるさめ「はい」テテテ‐


光信「戦艦棲姫お前もだ」


戦艦棲姫「あぁ」


〜5分後〜


わるさめ「準備出来ました」


戦艦棲姫「と言っても大してすることなかったがな」


光信「ん、じゃあ行くぞ」


2人「了解(はい!)」


光信「曙〜」


曙「ん〜?」


光信「行こか」


曙「うんっ」左腕抱き着き


わるさめ「私もっ」右腕抱き着き


光信「・・・」


戦艦棲姫「子供に好かれる体質だな提督・・・」


光信「それは否定できん」


〜工廠〜


曙「明石〜来たわよ〜」


明石「はーいお待ちしてました〜。って提督相変わらず好かれてますね〜」


光信「茶化すな・・・それで、元に戻す方法が分かったというのは本当なのか?」


明石「はい。詳しい話はレ級さんから聞いた方がいいと思います」


光信「わかった。明石は夕張と協力して艤装の点検と扶桑と春雨の艤装作成に入ってくれ」


明石「分かりました〜レ級さん、あとはお願いします」


レ級「わかった。ではこちらへ」


〜医務室〜


光信「詳しい話聞かせてもらえるか?」


レ級「分かりました。まず戦艦棲姫様と駆逐棲姫様は戦艦扶桑及び駆逐艦春雨だったことはご存知ですね?」


光信「本人から聞いた。そして轟沈艦でもあると」


レ級「そこまで聞いているのであれば問題ありませんね。我々深海棲艦は轟沈した艦娘にこちらのチップを埋め込んでいます」


光信「それは?」


レ級「深海棲艦化させるためのメモリーチップです。これを深海棲艦は皆心臓に貼り付けてあります」


光信「早い話そのチップを剥がせば艦娘に戻ると言うことだな?」


レ級「おっしゃる通りです。ちなみに提督、ここに高速修復材はありますか?」


光信「あぁ、元帥に言って1000個支給してもらったが」


曙「せ、1000!?いつの間に!?」


光信「ん?着任して間もないくらいにバケツが無いことに気づいてな」


曙「太っ腹すぎるでしょ・・・」


レ級「ではそのバケツ2つ頂いても?」


光信「あぁ、構わんが」


レ級「あとは必要な資材がこれだけ・・・」ピラ


メモ「燃料650、鋼材1000、弾薬450、ボーキ60」


光信「これだけでいいのか?」


レ級「はい」


曙「ならすぐ準備してくるわ」タッタッタッ


光信「わかった」


戦艦棲姫「本当にいいんだな、レ級」


レ級「ええ」


光信「わるさめ、いいな?」


わるさめ「・・・はい」


光信「レ級、あとは任せる。時間はどのくらいかかる」


レ級「今が1015ですから・・・オペに1時間半、その後入渠させバケツも使用して・・・特に問題が起きなければ1300には」


光信「わかった。では戦艦棲姫、わるさめ。待っているぞ」


戦艦棲姫「わかった」


わるさめ「待っててくださいね、提督」


曙「持ってきたわよ」


レ級「そこに置いてください」


曙「わかったわ」


光信「曙、行くぞ。1300にはまた来よう」


曙「はーい」


スタスタスタスタ トテトテトテトテ


パタン


レ級「では始めます。この薬を飲んでください」


戦艦棲姫「これは?」


レ級「睡眠薬と麻酔を合わせたものです。副作用は確認されていませんので御安心を」


わるさめ「わ、分かりました」ゴクッ


戦艦棲姫「・・・」ゴクッ


レ級「オペ・・・開始します」


〜1145〜


レ級「・・・予定通り。あとは縫合して」テキパキ


明石「レ級さんもう終わりですか?」


レ級「はい。あとは縫合さえ終われば入渠ドックに入れます」


明石「入渠ドックはいつでも空いてますので」


レ級「ありがとうございます。あとこのチップは深海基地に送り返します」


明石「ではこれだけ別梱包しておいておきますね」


レ級「ワ級があと1200頃には来ると思いますので、その時に渡してもらえれば」


明石「はーい。というよりチップ意外と大きいんですね・・・手のひらサイズはある・・・」


レ級「色々と試行錯誤したんですよ。小さすぎても深海化しない。能力が少し強化される程度ですがその力に耐えられず自滅・・・」


明石「・・・大きすぎたら」


レ級「深海化には成功しますが制御が効かずこれまた自爆・・・」


明石「大変なんですね」


レ級「もう慣れました。ただ深海棲艦から艦娘に戻すのは初めての試みですが・・・」


明石「でも成功してますよね」


レ級「えぇ。髪色も肌の色も戻ってきてますし。1200には入渠ドックにいれます」


明石「分かりました」


〜1200 入渠ドック〜


明石「このまま入れていいんですか?」


レ級「問題ありません」


明石「では・・・」ソローリ


レ級「・・・」ソローリ


明石「大丈夫です」


レ級「では高速修復材を入れましょう」


ーーーーー


明石「そういえばあの資材は・・・」


レ級「あれは艤装用です。まだ扶桑と春雨の艤装はありませんよね」


明石「確かにないですね・・・」


レ級「あれだけ資材があれば足りるかと。ここは私が見ますので明石さんはお二人の艤装の作成に行かれてください」


明石「分かりました。あとはお願いします」


レ級「はい」


〜同時刻 食堂〜


青葉「やっと司令官とお昼ですよ〜」モグモグ


時雨「ずっとソワソワしてたからね青葉」パクパク


不知火「時雨も人のこと言えませんよ。あなたも落ち着いていなかったでしょう」パクパク


川内「そういう不知火もでしょー」モグモグ


不知火「不知火に落ち度でも」ゴクッ


光信「あるわけねーだろ。一緒に食べたいってんなら言えばよかったろうが」モグモグ


青葉「いやぁ・・・ずっと曙さんたちが横にいましたから声を掛けづらくてですね・・・」


光信「アイツらもそこまでわがままじゃない。それはお前たちも知ってるだろ」


川内「でも提督が来てから曙たちだいぶ丸くなったよ」


光信「憲兵長や長門も同じこと言ってたな」


不知火「襲撃される前は色んな人にキツく当たってましたからね・・・前の司令にも同じでしたから」


光信「『クソ提督』や『クズ司令官』って呼んでたのもそのひとつか?」


時雨「そうだね。曙は綾波に、霞は朝潮によく注意されてたけど」


光信「まぁいいんじゃないか?当時がそれでも今変われてるならな」


青葉「司令官は怒らないんですか?」


光信「公人や上官が来た時はさすがに注意するが、それ以外はなぁ・・・あいつらの好きにさせればいいと思ってる」


不知火「前から思ってましたがやはり優しいですね司令は」


光信「そうか?」


艦娘「優しすぎるくらいだよ!」


光信「嘘だろ・・・」


川内「トラウマ抱えてるからって一緒に寝ること許容するのもなかなかありえないからね」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


曙「提督優しすぎるわよねぇ・・・」


霞「一緒に寝たいって言ったら一緒に寝てくれるし」


満潮「私たちの要望も可能な限り聞き入れてくれるし・・・」


3人「・・・そんなんだから好きになっちゃったんだけど」


曙「でもライバルは多いと思うのよね・・・」


霞「私たちだけじゃなくて青葉に不知火・・・」


満潮「幼少期の頃から知っている長門さん陸奥さんもだからね・・・」


3人「はぁ・・・」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


光信「そろそろ行かないとな・・・」


青葉「司令官どちらへ?」


光信「工廠だ。曙ー、そろそろ時間だから行くぞー」


曙「はーい」


光信「青葉、川内、不知火は指示が届いてるはずだ。遅れないように」


3人「了解っ」


時雨「僕はどうしたらいいのかな」


光信「演習の見学もよし、自室で時間を潰すもよし。時雨に任せる」


時雨「わかった」


曙「そろそろ行こ?」


光信「あぁ」


スタスタスタスタ トテトテトテトテ


カガ、ヤマト オマエタチモオクレルナヨ

リョウカイシマシタ


青葉「・・・」


時雨「青葉?」


青葉「かっこよすぎますよ・・・司令官・・・」


不知火「・・・」


時雨「・・・(大丈夫かな)」


〜1300 工廠〜


光信「レ級、どうだ?」


レ級「オペも問題なく終わり入渠も無事終わりました」


光信「そうか」ホッ


レ級「2人とも目を覚ましてますが如何しましょう」


光信「ここに連れてきてくれ」


レ級「分かりました。少しお待ちください」スタスタスタスタ


曙「レ級、うちの工廠班に入ってくれないかしら」


光信「元帥そこはうるせぇと思うぞ?馬鹿なのに」


曙「それもそうね・・・馬鹿なのに」


〜大本営〜


元帥「へっぶしっ」


霧島「元帥汚いです。また海に投げられたいですか?」


元帥「すまんすまん。誰か俺の噂でもしてるのか?」


霧島「それはありえません」


元帥「もう執務終わっていいだろ?」


霧島「・・・」ポキポキ


元帥「・・・ごめんなさい」


金剛「(相変わらず適当ネ・・・)」


〜佐世保鎮守府〜


レ級「お待たせしました」


光信「ん、来たか」


「この姿では初めまして・・・ですね」


光信「そうだな。口調もだいぶ変わったようだな扶桑」


扶桑「元はこの喋り方ですよ。これからもよろしくお願いします」


「え、えっと・・・」


光信「お前は・・・春雨か」


春雨「はいっ、これからもよろしくお願いします!司令官!」ギュー


光信「お前たちに聞くが深海棲艦だった時の記憶は残ってるのか?」


扶桑「そうですね・・・深海棲艦だった頃に艦娘時代の記憶は残ってましたし今でさえもその記憶は残ってますから・・・」


光信「しばらくはギャップに悩まされると思う。何かあったら明石や俺を頼れ」


扶桑「分かりました」


光信「春雨もな?」ナデナデ


春雨「はい!」ギュー


曙「提督、そろそろ行かないと」


光信「ん、そうだな。お前たちはまだ艦娘に戻ったばかりだ。明石に異常がないか検査してもらうこと。いいな?」


2人「了解しました」


光信「明石、任せたぞ」


明石「分かりました〜」


〜演習場〜


光信「お、揃ったな?」


大和「霞ちゃん、満潮ちゃんに呼ばれた人は全員揃いました」


光信「わかった」


吹雪「あの、司令官、座学は・・・」


曙「吹雪、あんた昨日のこと忘れてないでしょうね」ピキピギ


漣「ボノたん、顔怖いよ・・・」


曙「誰のせいだと?」ジロ


光信「ではこれより演習を行う。第一艦隊旗艦電、随伴吹雪、叢雲、漣、五月雨」


初期艦's「は、はいっ」


光信「第二艦隊旗艦青葉、随伴大和、加賀、川内、不知火」


5人「はいっ」


叢雲「私たち練度1よ!?どうやって戦えって言うのよ」


光信「お前ら昨夜課題やってなかったらしいな」


初期艦's「・・・」


光信「青葉」


青葉「なんですか?」


光信「地獄見せてやれ」


青葉「本気でいけと?」


光信「演習弾だから沈むことはねぇが・・・沈めるつもりで行け」


青葉「・・・分かりました。皆さんいいですね?」


4人「了解」


光信「では各艦隊定位置につけ」


ーーーーーーーーーー


電『第一艦隊定位置に到着したのです』


青葉『第二艦隊青葉以下5名定位置に到着しました』


光信「ではこれより演習を開始する。これは電たちのバツでもあり訓練でもある。本気で行かないと沈むかもしれんからな。気を抜くなよ」


初期艦's『了解しました』


光信「では始め!」


ーーーーーーーーーー


青葉「では大和さんやっちゃってください」


大和「分かりました。主砲一斉射!てーっ」ドォン


青葉「加賀さんも続いてください」


加賀「鎧袖一触よ」バシュ


〜初期艦side〜


漣「ぎょえ〜っ!もう砲弾飛んできた!?」カワシ


叢雲「油断してる暇ないわよ!」ズガガガガ


五月雨「ひゃああ」中破


電「五月雨ちゃん!魚雷発射するのです」ガコン


五月雨「は、はいっ」ガコン


吹雪「」大破(轟沈)


4人「戦闘不能になるの早すぎでしょ!」


〜第二艦隊side〜


青葉「電さんと五月雨さんが魚雷発射しました。避けてください」スィ~


川内「よっと」miss


不知火「沈め・・・沈め!」ドォン


青葉「吹雪さん轟沈判定出ましたね。五月雨さん中破・・・川内さん、かき混ぜちゃってください!」ドォン


川内「了解っ」


〜初期艦side〜


電「はわわ、かわされてしまったのです」


漣「川内さんが突っ込んできた!」ドォン


叢雲「!?漣!それは囮よ!」小破


漣「え?ぎゃああああ!」大破(轟沈)


五月雨「加賀さんの艦載機も来てます!」中破→大破


・・・・・・・・・


〜演習終了〜


光信「曙、どうだ?」


曙「あれなら私たちだけでも十分そうね」


光信「なら次は曙、霞、満潮で行くか?」


曙「そうね、それがいいわ。私たちも練度あげたいし」


光信「わかった」


曙「これ結果よ」


ーーーーーーーーーー

第一艦隊


電 大破(轟沈)

吹雪 大破(轟沈)

叢雲 大破(轟沈)

漣 大破(轟沈)

五月雨 大破(轟沈)



第二艦隊


青葉 無傷

大和 無傷

加賀 無傷

川内 小破未満

不知火 小破未満


ーーーーー


光信「まぁ当然の結果だな」


吹雪「司令官、これイジメですか?」ボロッ


光信「課題やってなかったそうだな」


叢雲「それは・・・」


漣「そのぉ・・・」


光信「・・・」


初期艦's「申し訳ありませんでした!」ドゲザ


光信「課題やらずに遊んでたことを認めるわけだな?」


初期艦's「おっしゃる通りです」


光信「お前たちの座学は無し。だが鳳翔やこいつらと演習を組む。いいな?」


電「ボコボコにされる未来しか見えないのです・・・」


光信「演習させる意味わかるか?」


五月雨「座学より経験を積ませた方が早いと・・・そういうことですか?」


光信「頭使うより体で覚えろ。それに演習やればお前たちの練度も上がる。一石二鳥じゃねえか」


電「それだけ聞くと聞こえはいいのです・・・」


光信「明日から朝5戦、夕方5戦、計10戦お前たちにはやってもらう」


吹雪「休憩は・・・」


光信「あるぞ?何当たり前のこと聞いてんだ」


吹雪「・・・」


曙「どうやら休み無しで連続5戦させられると勘違いしたみたいよ」


光信「やれやれ・・・」


曙「演習やめる?」


光信「最後に初期艦5人と曙、満潮、霞、朝潮の4人でやってもらう。朝潮は訓練も兼ねてだ。いいな?朝潮」


朝潮「分かりました。よろしくお願いします」


曙「いつの間に来たのよ・・・」


霞「私たちも」ヒョコ


満潮「いるわよ」ヒョコ


光信「今から20分後に始めてくれ。俺は執務室に戻る」


曙「わかった」


〜執務室〜


光信「大淀」ガチャ


大淀「おかえりなさい提督。いかがなさいました?」


光信「扶桑と春雨を呼んでくれ」


大淀「え?扶桑さんと春雨さんは着任してないはずですが・・・」


光信「呼べばわかる」


大淀「は、はぁ・・・」


『戦艦扶桑、駆逐艦春雨、以上2名は執務室まで』


光信「・・・」


大淀「・・・」


〜5分後〜


コンコン


光信「入れ」


ガチャ


扶桑「戦艦扶桑、呼び出しに応じ参りました」


春雨「駆逐艦春雨、同じく参りました」


大淀「え?」


光信「すまんな2人とも」


扶桑「いえ、ちょうど暇してましたので」


春雨「扶桑さんと2人で鎮守府内を見て回ってました」


大淀「どういうことですか?提督・・・」


光信「ん?戦艦棲姫とわるさめだが?」


大淀「ええぇぇえええええ!?」


光信「春雨については予想ついてたんじゃないか?」


大淀「まぁ何となく・・・」


光信「扶桑は戦艦棲姫だったからこそあの喋り方だったが、艦娘に戻った今、記憶は残ってても性格は戻ったようだ」


扶桑「元に戻していただいてありがとうございます」


春雨「これで遠慮なく司令官に甘えられます!」ギュー


光信「全く・・・わるさめだった時から甘えん坊だな」ナデナデ


扶桑「本当ですね」クスクス


光信「川内いるか?」


川内「呼んだ?」天井から


光信「間宮にこれを渡してきてくれ」ピラ


川内「ん?・・・ふむふむ。了解っすぐ行ってくるよ」スッ


春雨・扶桑「消えた!?」


光信「いつもの事だ。大淀、続けてですまないが明石と夕張を呼んでくれ」


大淀「了解しました」


〜数分後〜


明石「お呼びですか?提督」


光信「来てもらって悪いな。明石、夕張」


夕張「私たちを呼んだということは艤装のことですね?」


光信「現在の進捗を教えてくれ」


明石「翔鶴さんの艤装は完成しました。あとは本人に試していただいて調整するだけです」


夕張「扶桑さん春雨ちゃんの艤装もまもなく完成します。後ほど調整していただければと」


光信「明石(本)はどうした?」


明石「今艤装の点検と最終チェックに入ってます」


光信「わかった。では引き続きよろしく頼む」


2人「了解しました!」


ガチャ パタン


光信「ひとまず休息を取るとしよう・・・扶桑と春雨は来なさい。大淀は何かあれば隣にいるから連絡をくれ」


3人「了解しました」


〜1430 提督私室〜


ガチャ


光信「提督業ってのは慣れないもんだな」ノビー


扶桑「慣れない事をすると疲れますからね」


春雨「司令官・・・眠いです・・・」ウトウト


光信「昼寝するか・・・春雨、扶桑も横になるといい」


春雨「お邪魔します」キュッ


扶桑「お隣失礼しますね」スッ


光信「おやすみ2人とも」zzz


2人「おやすみなさい」zzz


〜1500〜


コンコン


曙『提督、いる?』


シーン


曙「提督いないの・・・ってそういう事か」ガチャ


光信「zzz」


春雨「zzz」


扶桑「zzz」


曙「言ってくれたら良かったのに」フフッ


パタン


〜執務室〜


曙「大淀いるかしら」ガチャ


大淀「はい?」


曙「扶桑と春雨の着任関連の書類出さなきゃ行けないけど準備できてる?」


大淀「はいこちらに」


曙「それ提督の机に置いててくれる?」


大淀「分かりました。しかし曙さん提督代理に向いてますね」


曙「そう?」


大淀「えぇ。霞さんも満潮さんも負けてませんけど・・・何かありました?」


曙「そうねぇ・・・強いて言えば今の提督の力になりたいって思ったからかしらね」


大淀「それはやはり助けてもらったからということもですよね?」


曙「それは否定できないわね。でも少なからず助けてもらった恩はあるの。それを返したいって思うのも頑張れる理由じゃないかしら」


大淀「そうですね〜」


曙「1700には提督起こしに行くわ」


大淀「分かりました」


曙「それまでは私はそこのソファーで仮眠とるわ」


大淀「お疲れ様です」


曙「えぇ」



〜18章 扶桑・春雨 正式着任〜



〜1700 執務室〜


曙「ん・・・」ムク


光信「起きたか?曙」


曙「あれ・・・提督・・・寝てたんじゃ」


光信「さっき起きたとこだ。扶桑と春雨はまだ寝てるがな」


曙「疲れたのかもね。深海棲艦から艦娘に戻るだけでも体力使いそうだし」


光信「あぁレ級も同じこと言ってたな。艦娘から深海棲艦になる時も体力はかなり持っていかれるって」


曙「そっか・・・あら、提督今何時?」


光信「今は1700を回った頃だな」


曙「そろそろ夕餉ね・・・扶桑と春雨起こさなきゃ・・・」


光信「それなら満潮と霞が行ったぞ?」


曙「そうなの?」


光信「あぁ。曙が気持ちよさそうに寝てるからってことでな」


曙「起こしてくれても良かったのに・・・」プクー


光信「でもゆっくり寝れただろ?」


曙「それはそうだけど・・・」


光信「ならいいじゃねえか。そろそろ食堂行くか?」


曙「手繋いでくれる?」


光信「あぁ」


〜食堂〜


ザワザワ


光信「お、全員揃ってるな?」


曙「ねぇ提督・・・この料理って・・・」


光信「今から説明する」


光信「よし、お前ら注目」


艦娘「」シーン


光信「今日新たに白露型駆逐艦五番感 春雨、扶桑型戦艦一番艦 扶桑が正式に着任した」


春雨「は、春雨です。よろしくお願いしますっ」ペコ


扶桑「扶桑型戦艦の扶桑です。よろしくお願いします」ペコ


光信「気づいてるやつはいると思うがこの2人は元深海棲艦だ」


トイウコトハ

モシカシテ…


光信「扶桑は元戦艦棲姫、春雨は元わるさめ・・・もとい駆逐棲姫だ。そしてなぜ料理が豪勢なのかも説明するが、今日は扶桑及び春雨、そして正式にできなかった元大本営派遣組、長門、陸奥の着任祝いだ!」


艦娘「さすが提督〜」


光信「では新たな仲間と共に新佐世保鎮守府を祈念して」


全員「乾杯!」



ーーーーー


明石(本)「提督」


光信「ん?」


明石(本)「扶桑さん及び春雨ちゃんの艤装が完成しました」


光信「済まないな色々押し付けた形になってしまって」


明石(本)「このくらいお安い御用です。メンテナンス等に関してはここに在籍している私に伝えています」


光信「そうか。色々と助かった。明日には発つのか?」


明石(本)「そのつもりです。元帥からメンテナンスが溜まってきたから帰ってきてくれと連絡がありまして・・・」


光信「そういえば夕張もうちに来てたな」


明石(本)「そのせいでメンテナンスする艦娘がいなくて・・・」


光信「わかった。そろそろ衣笠も大本営に帰らなきゃならん時期だ。2200に執務室に来てくれんか?」


明石(本)「夕張と衣笠さんを連れて・・・ですか?」


光信「あぁ」


明石(本)「分かりました。2人にはそのように伝えます」


光信「では後ほど」


明石(本)「はい」


ーーーーー


〜宴会の様子は番外編で〜



〜2000 執務室〜


光信「・・・春雨、扶桑来たか」


扶桑「提督、何かありましたか・・・?」


光信「いや、お前たちにこの書類を書いてもらわなければならん」


春雨「書類?」


光信「艦娘としてここ佐世保に着任するんだ。そのための申請書類だ。これを出さなければ出撃も演習もできんからな」


扶桑「分かりました」


春雨「これを書いたあとはなにかありますか?」


光信「いや、何も無い。書いたら教えてくれ」


2人「分かりました」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


扶桑「提督、これでよろしいでしょうか?」


光信「ん、ちょっと待ってくれ」ウケトリ


春雨「・・・」ドキドキ


光信「あぁ、大丈夫だ。明日の朝にはこの書類を出しておく。認可されるのは少し先になるそれまではのんびりしててくれ」


2人「了解しました」


光信「川内!」


川内「よんだー?」ヒョコ


光信「この2人をお前たちの部屋に案内してくれ」


川内「りょーかい。じゃあ2人とも着いてきて」


扶桑「では提督、行ってまいります」


春雨「行ってきます」


ガチャ パタン


光信「・・・あとは夕張たちだな」


〜2200〜


コンコン


光信「入れ」


夕張「失礼します」ガチャ


光信「来たな、明石(本)、夕張、衣笠」


衣笠「明日のことでしょ?」


光信「そんなとこだ。そろそろ帰らんとまずいだろ」


夕張「元帥からメンテナンス溜まってきたから早めに帰ってきてくれとしか言われてませんけど・・・」


光信「明石(本)は明日ここを出るということでいいんだな?」


明石(本)「はい。私が戻らないと妖精さんたちが赤疲労になってるかもしれないので」


夕張「私も明日の朝帰ります」


光信「わかった。艤装の開発及び点検任せきりですまなかったな」


夕張「このくらいなら大丈夫ですよ」


明石(本)「食堂でもお話しましたが引き継ぎ関係は終わらせていますので」


光信「わかった。衣笠はどうする」


衣笠「私は何も言われてないんだよね〜」


光信「・・・大丈夫なのかそれ」


衣笠「まぁあの元帥の事だし」


光信「それで片付く大本営が心配だよ・・・」


衣笠「でも明日には帰るよ」


光信「わかった。航空機はこちらで手配しよう。費用もこちらで持つ」


明石(本)「いえ、元帥に払わせますので」


光信「とことん元帥の威厳皆無だなぁ・・・」


夕張「いつも通りですよ」


光信「・・・なら必要な経費があればこちらで肩代わりということでいいか?」


夕張「領収書も切ってくださいね。元帥に渡しますので」


光信「わかった。すぐに手配するから明日の朝また来てくれ」


3人「了解っ」



〜18章 謎の電文〜



〜0800 執務室〜


コンコン


光信「入れ」


ガチャ


夕張「失礼します」


光信「待ってたぜ。これでいいな?」


夕張「ありがとうございます」ウケトリ


光信「大したものも準備できなかったがこれを大本営の艦娘たちと食べてくれ」


衣笠「これなに?」


光信「長崎と言えばカステラだろ?」


衣笠「そう言われれば・・・」


光信「それと俺の地元の銘菓『陣太鼓』と『武者返し』だ」


明石(本)「それって・・・熊本出身だってことですよね」


光信「あぁ、それに関してはお前たちだけだ。他の奴らにバレるなよ?」


3人「ありがとうございます」ペコ


光信「気にするな。ここから長崎空港までは遠い。俺の知り合いに案内させるから鎮守府正面に1000に来てくれ」


3人「了解!」


ガチャ パタン


光信「・・・で、霞はなにをしてたんだ?」


霞「ふえっ!?」


光信「・・・?」


霞「えっと・・・」


光信「・・・」ナデナデ


霞「・・・」ギュー


〜0900〜


コンコン


光信「ん?」


曙『曙よ。提督にお客さん』


光信「あぁ、入ってくれ」


ガチャ


曙「提督のお友達だって話聞いたんだけど・・・って霞そこで寝てるのね」


光信「ん?もう来たのか。晴隆」


晴隆「おう、てかお前子供に好かれるよなぁ」


光信「理由は知らんがな」


曙「そうなの?」


霞「zzz」


晴隆「高校時代の保育実習だったか?あの時も子供たちに懐かれてたもんな」


光信「ただあれは俺が身長高かっただけだろ」


晴隆「違いねぇw」


曙「え・・・えっと・・・」


光信「すまんな曙。こいつは晴隆。ガキの頃からの友人でな」


曙「あ、綾波型駆逐艦の曙です。提督の膝の上で寝てるのが朝潮型駆逐艦の霞です」


晴隆「よろしくな曙ちゃん」


光信「なぁ晴隆、長門と陸奥覚えてるか?」


晴隆「ん?長門に陸奥?」


光信「あぁ、艦娘になってからは知らねぇか。○○と△△だよ」


晴隆「あぁあの2人か」


光信「呼ぶか?」


晴隆「いいのか?」


光信「あぁ。曙、頼まれてくれるか?」


曙「わかった。今は演習のはずよね」


光信「そのはずだ」


曙「ちょっと行ってくる」トテトテ


ガチャ パタン


晴隆「お前も変わんねぇな」


光信「お前に言われるとはな」


晴隆「自営で生活してたはずのお前がいきなり海軍だって言われた時は驚いたが」


光信「仕方ないだろ。妖精が見えるヤツは提督になれって話なんだから」


晴隆「実は最近それっぽいのが見えてんだよな・・・お前の肩に乗ってるその子もそうなんだろ?」


光信「あぁ、そうだ」


妖精「僕の声は聞こえるのかい?」


晴隆「あぁ。」


このSSへの評価

4件評価されています


てがみんさんから
2022-09-25 20:00:05

ymtmさんから
2022-09-13 22:34:30

H.Curbler54さんから
2022-09-11 13:42:50

2022-09-10 13:29:40

このSSへの応援

5件応援されています


てがみんさんから
2022-09-25 20:00:11

SS好きの名無しさんから
2022-09-21 08:08:26

ymtmさんから
2022-09-11 21:37:12

H.Curbler54さんから
2022-09-11 13:42:51

2022-09-10 13:29:35

このSSへのコメント


このSSへのオススメ


オススメ度を★で指定してください