神通のSS一覧まとめ

「神通」のSSを書いてみませんか?
SS投稿速報なら直ぐにSSを書き始めることができます。

病んだ艦娘から逃れて…第2部

2022-01-14 23:21:45 更新

病んだ艦娘から逃れての第2部です。1部を知らない人はそちらから読んでください!

夜間鎮守府の日常 原点回帰

DOES 
2022-01-14 06:48:10 更新

夜間に活動する鎮守府の日常SSです 提督有給→叢雲代理→(色々あってそんでもって)→復職(今ココ!)前回からの引継ぎです。

デビルと仲間たち No.20 【デビルの過去】

2022-01-12 11:05:54 更新

20○○年8月○日 クーデターから9日後 8時30分 横須賀鎮守府 今日、俺たちは拠点を横須賀鎮守府から東京第1連邦基地へ移す事になった。今は多く隊員が車両へ持てる物を積み込む作業をしている。 司令官「重要...

デビルと仲間たち No.19 【二度目の異動】

2022-01-09 17:47:58 更新

20○○年 7月○日 午前9時 連邦本部 会議室 クーデターから早くも2日が経過した。現在、クーデターが起きた東京では、連邦は政府と協力して被害受けた建物などの復旧作業へと移っていた。そんな中、俺たちは...

デビルと仲間たち No.18【守り抜いたもの】

2022-01-08 10:20:23 更新

20○○年 7月○日 午後6時 日本連邦本部包囲網の前線基地 俺は椿と別れた後、敵の抵抗をほとんど受けることなく本部の目の前までに迫った。今まで抵抗していた残りの部隊は、椿が降伏したことにより、戦う意志...

デビルと仲間たち No.17 【本当に伝えたい気持ち】

2022-01-06 02:04:06 更新

20○○年7月○日 クーデター実行日 5時半 開始予定時刻の2時間前 東京から1キロ離れた空き地 今俺たちは、予定時間まで待機している。ここには、俺たち部隊の他にも何部隊かが来ていた。開始時刻の1時間前か...

デビル(司令官)と艦娘たち No.14【会議と縁談】

2021-12-16 20:42:45 更新

20○○年6月○日 北海道 午前11時 俺たちは、北海道の戦いが終わった後、兄貴と共にある場所へと来ていた。 司令官「ここから、帝国軍は上陸してきたのか。」 龍斗「そのようだな。」 俺たちは、帝国軍が突...

デビル(司令官)と艦娘たち No.13【目標!敵対戦車陣地】

2021-12-13 19:28:19 更新

20○○年5月○日 午前7時 前線基地(テント) 現在俺たちは、北海道で帝国軍に対して反撃を行なっていた。敵は、もはや打って出ることは不可能であり退却し始めていた。しかし、そんな状態でも未だに抵抗してくる...

デビル(司令官)と艦娘たち No.10【デビルのもう一つの姿】

2021-12-06 17:38:57 更新

20○○年5月○日 午前9時 4月が終わり、5月に入った。俺たちは、いづれくる帝国との戦闘に備え、艦娘以外の兵士は訓練を開始した。今は、戦車での訓練をしていた。 司令官「全車!そのまま前進!」 俺は、自ら...

デビル(司令官)と艦娘たち No.9【地獄からのショッピング】

2021-12-05 16:28:31 更新

救出作戦から5日後 20○○年4月○日 午前8時 提督室 俺は、朝から提督室で一村や清岡、そしてロニエとティーゼの部隊の編成を考えていた。 司令官「アイツらの編成はどうしよかねぇ~。」 何より、一村と清岡...

奇跡の果て 人類の光 −第一話−

2021-10-05 18:15:42 更新

 地球へのアクシズ落下を阻止した男アムロ。地球へアクシズを落下させようとした男シャア。サイコフレームの奇跡により地球は救われ、二人は消息不明となっていたが…。

逃亡提督…艦娘から逃れろ!第5部

2021-05-26 20:12:08 更新

逃亡提督…艦娘から逃れろ!第4部の続きです!第1部を見てない人は1部を読んでください(安価制)。

ある男の高校生活

2021-05-25 16:50:02 更新

龍之介という男が、ただただ高校生活を楽しむ物語。初めに前書きの注意事項を見てください。

提督「艦娘が淫乱化した!?」

2021-04-09 21:45:47 更新

とある鎮守府で明石の薬によって淫乱化してしまった艦娘と提督の話です。この話は読者のコメントで話が進んでいくのでどうかコメントよろしくお願いします

提督「艦娘が甘えてくるボタン、Mk.2?」

2021-03-04 22:18:49 更新

明石「あ、どうも提督。お疲れ様です」 提督「おう、どもども。なんか用か?」   明石「用事…そうですね、ちょっとだけ。今でなくともまあ良いんですが…」 明石「…今、あのボタン持ってます...